世代を越えたタイムレスなデザインと高い機能性をもつPAUL&SHARK/ポールアンドシャークの名品ブルゾン&カットソーです!!

IMG_0642 (3).JPG

 車の荷台は、大切な仕事場。ここに趣味の物が乗ったことは一度もありません。タータンチェック柄のハリスツィードの敷物は、かつてバンデンブラスに乗っていた頃、ピクニック用に購入。反対側がナイロン素材になっていて湿った地面でも濡れることはありません。英国車好きの仲間と時々出かけてはランチやアフタヌーンティーを楽しんだものです。そういえば、WEDGWOODのピーターラビットシリーズのピクニックボックス、どこに行ってしまったんでしょうね。

IMG_0686 (2).JPG

 ありました。店の片隅に置き忘れた時間のように埃まみれになって...。ナグラさんがきれいにしてくれたおかげで、移動したJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のニットのように隠れ場Cachette/カシェートに持って行くことができます。

 本日のご案内は、移動後に皆さんの目に留まっている【PAUL&SHARK/ポールアンドシャーク】。昨日に続き、ご覧ください。

IMG_0555 (2).JPG

 移動早々、S/M/Lの3サイズ展開の内、Mサイズのみとなってしまいました。ご紹介の途中だけに、嬉しくもあり、ちょっぴり残念です。

 同じ代理店さんが扱うPT TORINO(ピーティートリノ)のデニムを穿き、被ったのが素材切り替えのセミアノラック。アノラックの前にセミを付けさせていただいたのは、寒冷地や山岳登山などに使われるハードなものではなく、もっとソフトな雰囲気をもちます。参考までに、アノラックの原形は、アラスカ先住民のイヌイットが着るアザラシ皮のアウターウェアでした。

IMG_0647 (2).JPG

 身頃はウール・ナイロン・ポリのボア。袖部分はウール・アクリルのニット。フードやショルダー部分にナイロンが使われています。フードが収納されている襟にはポリエステルの中綿入りで襟元をしっかりガードします。

IMG_0652 (2).JPG

IMG_0654 (2).JPG

 フロントの収納ポケットはフラップ付きのジップ仕様。その下にハンドウォーマーポケットが付き手に優しい装備です。さらに温もりある裏地で、ほっこりな着心地です。

IMG_0558 (2).JPG

 モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズSを着用しております

MODEL:切り替えアノラックタイプブルゾン
SIZE:S ・ M ・ L
COLOR:ネイビー×ダークブラウン
MATERIAL:身頃:ウール65%・ナイロン25%・ポリエステル10% 袖部分:ウール60%・アクリル40% フード部分:ナイロン100% 中綿:ポリエステル100%
PRICE:¥68,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


IMG_0618 (2).JPG

IMG_0635 (2).JPG

IMG_0638 (3).JPG

 大胆な配色で個性をみせるスウェットシャツは、1976年のアーカイブから。生地は、希少価値の高いエジプト産の超長綿のオーガニックコットンを使用。裏起毛のやや厚手のスウェット地は既にご案内の「WINTER FLEECE」と同じで、温々(ヌクヌク)の肌触りです。

IMG_0616 (2).JPG

 モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズSを着用しております

MODEL:ARCHIVIO1976 スウェットシャツ
SIZE:XS・S ・ M
COLOR:マルチカラー
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥32,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


無題.png

IMG_0600 (2).JPG

 ここからは既にご案内を済ませたアイテムを焼きまわしてご覧いただきます。上の写真はジュニアが紹介した際のもの。身長181cm・体重74kg・胸囲96cmで、上下ともサイズMを着用。下の写真は新たに撮影したもので、コーディネートが同じになっており、やはり親子?でしょうか。私シニアは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で上下ともサイズSを着ております。

L1100238-thumb-600xauto-86396.jpg

L1100222-thumb-550xauto-86408.jpg

 「WINTER FLEECE」と名をうたったスウェットパーカー。名前の通り、裏起毛の冬場に重宝するアイテムです。先にご案内の「ARCHIVIO1976 スウェットシャツ」と同じエジプト産の超長綿のオーガニックコットンを使用しております。個人的な話ですが、持っているスウェットパーカーは、イタリアの制服屋フライツォーリのネイビーのもの。裏起毛のがっしりした厚手の生地で、もう15年ほど前から愛用しているのですが、やや重い。もう少し軽くて暖かいものはないかと探していた時に出会ったのが、この【PAUL&SHARK/ポールアンドシャーク】。思わずブラックを上下で購入してしまいました。これで冬の部屋着、いやフラ用のウェアが充実です。

MODEL:「WINTER FLEECE」スウェットパーカー
SIZE:XS・S・M
COLOR:グレイ・ブラック
MATERIAL:表地:綿100% 
PRICE:¥32,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

L1110257-thumb-550xauto-87234.jpg

 型崩れのしにくい、温もりのあるスウェットパンツをお探しなら、これはお勧めします。満足度は高いはずです。

L1110369-thumb-autox842-87256.jpg

MODEL:「WINTER FLEECE」リブ付きフリース(スウェット)パンツ
SIZE:XS・S・M
COLOR:グレイ・ブラック
MATERIAL:表地:綿100% 
PRICE:¥24,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 You Tube「SUGURU STORY by gloryguy」。こちらもご視聴いただけますようにお願い申し上げます。

201127蔵2.jpg

 暫くは続けます。通販サイト「SUGURU SHOP」の蔵出し均一SALE"。OUTLETに入庫してある商品が、さらにお値打ちに。驚きの価格でご提供です。全ての商品は、こちらからご覧ください。

SUGURU blog,CACHETTE blog,Re CHECKも更新しております。こちらも、ぜひ覘いてみてください。

それぞれの理想のショップを目指して、PAUL&SHARK/ポールアンドシャークがグローリーガイへ、JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレーがカシェートに移動します!!

 一足早く、本格的な冬を体感してきました。まさか、恒例の慰安旅行で北海道へ?いえいえ、今年はそんな余裕は今のところありません...が、年が明けたら考えないわけではありません。一昨日の東京は、最高気温が10度前後の小雨が降ったり止んだりの真冬を感じさせる寒い一日。移動する際にクローブが欲しいぐらいでした。先々週からスタートした2021年秋冬プレコレクション。サンプルが揃わないブランドも多く、いつものようにはいかないバイイングですが、これも仕方のないこと。じっくり、ゆっくりと構えるしかありません。

IMG_0567 (2).JPG

 どこかで見たような...そう【PAUL&SHARK/ポールアンドシャーク】です。このビッグブランドの凄さは、ヨーロッパを中心に73か国400以上のショップで展開されていることでもお分かりいただけるはずです。詳しくは、こちらからご覧ください。

L1060396-thumb-500xauto-81729.jpg

 創業と同じ75年に上映していた映画「ジョーズ」に運命を感じ、ブランド名にSHARKを取り入れたように、子供の頃から水族館が大好き、特にサメが大のお気に入りだったジュニアがこのブランドに反応するのに時間はかかりませんでした。ただ本格的な海を趣味とするセレブや旅慣れた洗練された大人たちに支持されている世界観の明確なブランド。大きな海原を見るより、彼の目線で見た現実的なギアをセレクト。昨年の春夏より、コンセプトショップCachette/カシェートで展開することになりました。今年の3月4日のSUGURU blogからストーリーが始まったのです。

L1100605-thumb-550xauto-86656.jpg

 ジュニアが愛着を持って、大切にご提案してきた【PAUL&SHARK/ポールアンドシャーク】。引き継いだのは、

IMG_0573 (2).JPG

 父である私です。本日より、グローリーガイに移動してご提案させていただきます。

 コンセプトショップから私の理想とする隠れ場的ショップに近づいているCachette/カシェート。任せたのは、ジュニア。そして若い彼が今、集中している服飾の世界がイギリスとフランス。アウターで言えば、BARACUTA(バラクータ)やGRENFELL(グレンフェル)、そしてこの秋より加わったBarbour(バブアー)。パンツは、まだまだ紹介しきれていないフランスのBERNARDZINS(ベルナールザンス)やイギリスのCORDINGS(コーディングス)。以前より展開しているSpring Court(スプリングコート)に、この秋よりイギリスのWALSH(ウォルシュ)も揃い、足元も強化。さらにニットブランドとしてはスコットランドのWILLIAM LOCKIE(ウィリアムロッキー)を別注も含めセレクトです。

 ただ、まだまだ品揃えとしては、片手落ち。そんな思いがお互いにあり、【PAUL&SHARK/ポールアンドシャーク】が抜けた分、グローリーガイで扱っていた【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】を彼に任せることにしました。これからはレディースのスメドレーの横に並ぶことになり、共通のワールドビューの中でご提案できるかと確信しております。グローリーガイで長年に亘り、慣れ親しんでいるブランドだけに、皆様にはご不便をおかけしますが、ぜひご理解いただけますようお願いいたします。

私(タカイ)的なコーディネートでお送りする、PIACENZA/ピアチェンツァのマフラーコレクション!!

 本日のご案内は、前回に引き続き【PIACENZA/ピアチェンツァ】のマフラーです。今回は、タカイ的コーディネート提案にてご紹介をしていきます。

 まずご案内するのは、前回ご紹介したダブルフェイスコレクション。

 素材や色については、すでに直近のblogでマスヤマから詳しく説明がありましたので、それを参考にしながら、コーディネート画像をご覧ください。

 巻き方や色の出し方によって、大きく表情を変えるダブルフェイス。今回ご用意している5つは、どれもバラエティに富んだ組み合わせで、ウェアに色を馴染ませるのか、差し色に使うのか。または、色同士の相性探りながら、自分の好きな組み合わせを見つけるのか。様々なコーディネートを楽しんでいただけるはずです。

IMG_1216.jpg

IMG_1229.jpg

IMG_1252.jpg

IMG_1249.jpg

IMG_1189.jpg

IMG_1198.jpg

IMG_1403.jpg

IMG_1429.jpg

IMG_1297.jpg

IMG_1306.jpg

 マフラーの合わせは、ウェアの色を拾うのが"タカイ的"な好みで、今回も、アウターやジャケットにある色を関連付けてコーディネートしています。この色合わせ良いねなんて、コーディネートの参考にしてもらえたら嬉しいです。

MODEL:シルクカシミア ダブルフェイス無地マフラー
SIZE:30×175cm(フリンジ除く)
COLOR:ピーコックブルー×ブラウン ・ ローズ×ブラウン ・ グリーン×グレイ ・ ダークブラウン×ライトグレイ ・ ブラック×グレイ
MATERIAL:シルク51%・カシミア49%
PRICE:¥22,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

IMG_1168.jpg

IMG_1175.jpg

 チェック&チェックのダブルフェイスは、無機質なナイロン系アウターとの相性が良いでしょう。色を合わせれば、なお良しですね。

 素材や色をごちゃごちゃとさせるよりも、スッキリとシンプルに。そんな潔さが、チェック柄を落ち着きのある大人な雰囲気に仕上げてくれます。

MODEL:アルパカ混 シルクカシミア ダブルフェイスチェック柄マフラー
SIZE:30×180cm(フリンジ除く)
COLOR:ネイビーチェック×グレイチェック
MATERIAL:シルク51%・カシミア46%・アルパカ2%・ナイロン1%
PRICE:¥22,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 ここからは新作のご紹介です。

IMG_1369.jpg

 まずご紹介するのは、TAGLIATOREのバルカラーコートに合わせた伝統的なグレンチェック柄マフラー。大きめな柄行きが、コートの中に垂らし、チラリと覗くくらいであっても、しっかりと表情を見せてくれます。

IMG_1354.jpg

 素材は、テキスタイルの老舗【PIACENZA/ピアチェンツァ】が得意とするシルク&カシミア、通称"シルカシ"。手で触れた瞬間、そして首にかけた瞬間、その柔らかさと優しい肌触りに、うっとりと心安らぐ、心地良さを感じさせてくれます。

 さらに、滑らかでツヤやかな風合いは、伝統柄のグレンチェックを、都会的でモダンな表情に見せます。

IMG_1321.jpg

MODEL:シルクカシミア グレンチェック柄マフラー
SIZE:38×172cm(フリンジ除く)
COLOR:モノクロ
MATERIAL:シルク51%・カシミア49%
PRICE:¥23,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

IMG_1144.jpg

 TAGLIATOREに合わせたこちらのマフラー。昨日ご紹介したものと同じダブルフェイスですが、少し趣が異なります。

DSC02637.jpg

 チェック柄は真ん中部分でだんだんと薄くなって消え、最終的にはダークグレイの無地になっていきます。裏面は、柄と無地の方向が逆転して、同じく、グラデーションのように柄が消えていきます。

 しかも、これはプリントではないということにも驚き。うっすらと柄が消えていく様を、編み地で表現しているからすごいんです。編み地だからこそできる、奥深さや表情があります。

IMG_1153.jpg

 デザイン重視のアイテムは、素材を疎かにしてしまう傾向もありますが、これに関しては全くの杞憂でした。

 素材は、こちらもシルカシ。しっとりと柔らかなカシミアに、滑らかでしなやかなシルクの風合い。贅沢な肌触りを、繊細な首元で感じ取ることができます。

IMG_1150.jpg

MODEL:シルクカシミア グラデーションチェック柄マフラー
SIZE:38×185cm(フリンジ除く)
COLOR:レッドチェック×ダークグレイ無地
MATERIAL:シルク51%・カシミア49%
PRICE:¥27,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

IMG_1255.jpg

 最後は、グレンチェックにレッドのペンを走らせた大柄マフラー。

 やや太めの糸を使用した温かみのあるマフラーは、コーディネートしたBarkのように、ザックリとしたニットや表情のあるコートなどと相性が良いでしょう。

IMG_1271.jpg

 モノクロのチェックに入ったレッドのペンが、単調な表情にアクセントを加えてくれます。暖色系の差し色によって、コーディネートも少し明るくなりますね。この"少し"のアクセントが、丁度良いんです。

IMG_1282.jpg

MODEL:グレンチェックオーバーペン柄マフラー
SIZE:38×175cm(フリンジ除く)
COLOR:グレイチェック×レッドオーバーペン
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥20,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

201127蔵2.jpg

 暫くは続けます。通販サイト「SUGURU SHOP」の蔵出し均一SALE"。OUTLETに入庫してある商品が、さらにお値打ちに。驚きの価格でご提供です。全ての商品は、こちらからご覧ください。

SUGURU blog,CACHETTE blog,Re CHECKも更新しております。こちらも、ぜひ覘いてみてください。

You Tube「SUGURU STORY by gloryguy」。こちらもご視聴いただけますようにお願い申し上げます。

 

300年近い歴史を持つ老舗カシミアメーカー・PIACENZA/ピアチェンツァのマフラーは、シルク・カシミア&ダブルフェイスで、何とも欲張りなマフラーです!!

 日差しのない冬空。ただ風もなく、気温もさほどではなく、コートの襟を立て駆け足で通り過ぎる...そんな風景はもう少し先のようです。

 本日は、そんな間近に迫った冬将軍到来にお役立ていただける【PIACENZA/ピアチェンツァ】のマフラーをご案内させていただきます。ナビゲートさせていただくのは、マスヤマ。コーディネートは、水曜日にタカイコレクションでご覧いただけるはずです。明日から東京出張の私スグルは、今からサボり...ではなく、ジュニアに代わってSUGURU blogに登場。緊張感と責任感とで胸がいっぱい?です。

 みなさん、こんにちは。本日は、私マスヤマがバトンを受け、【PIACENZA/ピアチェンツァ】のマフラーをご紹介していきます。早速ですが、ブランドのヒストリーからお話させていただきますと、

DSC_0004.jpg 

 【PIACENZA/ピアチェンツァ】は、なんと、1733年の創業。300年弱の歴史を持つ、イタリア・ビエラを拠点とする老舗カシミアメーカーです。ブランドのタグに注目してみてください。描かれているのは、チーゼルという植物の棘(アザミの棘)。旧くは織物を起毛する際に使われていたといいますが、ピアチェンツァのカシミアは今でもこの伝統的な方法を使って起毛されているそうです。多くの高級サルトでピアチェンツァの生地が採用されていることでも知られ、高級テキスタイルメーカーとしての顔も持ち合わせたブランドでもあります。

fullsizeoutput_61cb.jpeg

 その歴史の長さから、世界最古の毛織物、との声もある程です。気になる(?)無地系のマフラーは、嬉しいことに、ダブルフェイスのスグレモノ。バリエーション豊富に5色展開となります。

fullsizeoutput_61e9.jpeg

 目を引くのは、毛足の長さ。シルク・カシミアのとろけるような素材感とともに、優しく首回りを包み込んでくれます。順番に色をお見せしていきますが、緑味のあるピーコックブルーは、鮮やか且つ深みのある色合い。カシミアの発色の良さが光ります。コンビネーションはブラウン。アズーロ エ マローネですね。

DSC_0020.jpg

 こちらも良い発色です。やや落ち着いたトーンながら華のあるローズに、シックなブラウン(写真より幾分か濃いめのブラウンです)の組み合わせです。

DSC_0022.jpg

 続いて、やや淡めのグリーンです。隣にいるナグラ先輩からは、アストンマーチンのようなグリーンだね!との声が聞こえましたが、裏面のグレイと共に、今回の色の中では、最も光沢感のある配色かもしれません。

fullsizeoutput_61ea.jpeg

 深みのある濃色は、ダークブラウン。セクシーな色合いです。組み合わせがライトグレイということもあり、濃い色・薄い色とメリハリを付けた使い分けが可能な点も魅力でしょうか。

fullsizeoutput_61cc.jpeg

 そして、ブラック。フォーマルでも利用可能なブラック×グレイの無彩色コンビです。シルク・カシミアの贅沢な素材感に、2色使いも可能と、何とも欲張りなマフラー。しかも、グッドプライス。これは見逃せないマフラーとなるはずです!! 

MODEL:シルクカシミア ダブルフェイス無地マフラー
SIZE:30×175cm(フリンジ除く)
COLOR:ピーコックブルー×ブラウン ・ ローズ×ブラウン ・ グリーン×グレイ ・ ダークブラウン×ライトグレイ ・ ブラック×グレイ
MATERIAL:シルク51%・カシミア49%
PRICE:¥22,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

fullsizeoutput_61eb.jpeg

 無地の次に気になるのは、チェック柄のマフラー。ネイビーをベースに、グレイとレッドの配色は、安心感のある組み合わせです。

fullsizeoutput_61ed.jpeg

 こちらも、ダブルフェイスなんです。チェック柄と無地のダブルフェイスはよく見掛けますが、チェック×チェックは珍しいかも...。素材は、シルク・カシミアにベースに、アルパカを混紡、起毛も先の無地に比べ、やや控えめに変わります。

fullsizeoutput_61ee.jpeg

 裏面のチェックは、グレイベース。ネイビーとレッドとの配色は同じですが、シンプルな格子に様変わり。普段無地系のアイテムが多い方は、首元に2種類のチェックを差し込めますので、お勧めのマフラーです。

MODEL:アルパカ混 シルクカシミア ダブルフェイスチェック柄マフラー
SIZE:30×180cm(フリンジ除く)
COLOR:ネイビーチェック×グレイチェック
MATERIAL:シルク51%・カシミア46%・アルパカ2%・ナイロン1%
PRICE:¥22,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 ここからは、水曜日のタカイ先輩にバトンタッチです。本日ご紹介出来なかった分を含め、タカイコレクションでご覧ください。是非お楽しみに!! 

 

201127蔵2.jpg

 暫くは続けます。通販サイト「SUGURU SHOP」の蔵出し均一SALE"。OUTLETに入庫してある商品が、さらにお値打ちに。驚きの価格でご提供です。全ての商品は、こちらからご覧ください。

SUGURU blog,CACHETTE blog,Re CHECKも更新しております。こちらも、ぜひ覘いてみてください。

You Tube「SUGURU STORY by gloryguy」。こちらもご視聴いただけますようにお願い申し上げます。

来秋冬バイイングの試行錯誤中です! 良いセレクトは余談から生まれるのかもしれません!!

 映画談議に花を咲かせた昼食時。相手はジュニアです。彼がまだ観ていない映画の題名を出しては得意げになっているオヤジでした。その後は、ジョニーマティスのMistyを聴いての珈琲タイム。あんな風に歌えたらいいなぁなんて憧れながら穏やかな時間が流れます...が、今は営業中。昼から忙しくなることを願います。

IMG_0488 (3).JPG

 本日の出で立ちです。顔は隠します。次の秋冬に向けてのバイイング中だけに、どんなテーマで行こうかと自分のワードローブを持ち出しては、試行錯誤中です。ブラックのコーデュロイジャケットは5.6年前のボリオリ、そろそろDrake'sのB.Dシャツが欲しいなと思っている着古したフィナモレのシャツ。ニットは別注をかけたSettefili Cashmereのニットベスト。パンツはこれは古く、10年以上前のヤコブ・コーエン。靴も数年前のデュカルスのプレーントゥ。良いものは色褪せないと思いながらも、次のシーズンのことが気になる季節です。

 温かい日が続いただけに、気温の低下に敏感です。昨日、収録後の打ち合わせを終え、乗り込んだ車の温度計は4度。寒いはずです。本日の出で立ちに何を着るか...が本日のテーマです。

IMG_0492 (2).JPG

  まず思いついたのが、Bark(バーク)。You Tube「SUGURU STORY by gloryguy」の最新版だけに、やはりお勧めしたいアイテムです。滑りの悪いコーデュロイだけにどうかと思いましたが、世界特許の"Bark編み""のニットアウターは優しく包み込んでくれました。ダウンジャケットを多く持たれている方が次に狙うモデルでしょうか。サイズSを着用しております。

IMG_0518 (3).JPG

 さらに許容応力を求めるなら、このAHIRAIN(アーリーン)。未来形モッズコートです。時代を遡る作業をしているカシェートとは真逆のブランドと言えるかもしれませんね。ゆったりとしながら計算されたサイジング。ファッションとテクノロジーとの融合は、新鮮であり、心地よい着心地を体感できます。店頭でもこのモデルは人気。サイズはXSを着用しております。

IMG_0502 (2).JPG

 HERNO(ヘルノ)の中でも最も気楽なグレンチェック柄バルカラーコート。モノクロとは違う優しい表情が包容力を高めてくれます。サイズ46を着用しております。

IMG_0503 (2).JPG

 昨日ご案内させていただいたのは、フィレンツェで創業された革手袋の専門ブランドGIGLIO FIORENTINO(ジリオ・フィオレンティーノ)。でもこのコートの色なら、DENT'S(デンツ)のヘアーシープグローブ。撮影中、ふと思ったのが、表と裏面の色の違い。ジュニアに確認したところ、色違いというわけではないとのこと。ただ、光に当たると、

IMG_0545 (2).JPG

IMG_0549 (2).JPG

 表面はトープがかったブラウン。裏面はオリーブがかったブラウンと、確かに色が異なります。たぶん製造過程による革の染色の微差でしょうが、このコントラストがとてもモダンで素敵です。エジプト周辺の砂漠地帯に生息する特殊な羊の皮革"ヘアシープ"。スマホ対応可も寒い季節には嬉しい機能です...と、ややカシェート寄りのブログになっております。本日は、ここまでです。

 残るご案内アイテムが、マフラーだけ(たぶん)となっています。少し余談でのご案内となりました。

1544.jpg

 もう少しお付き合いください。急な気温低下に私のデスク下の電気ストーブにスイッチが入りました。更に膝の上には、JOHNSTONS(ジョンストンズ)のカシミア大判ストール

8bc90cdccfc255e3f4572888d2b592a9d365831e64d96aac1ecff7fdcf4cbaf7.0.jpg

 この日のYou Tubeの収録は、隠れ場カシェート。閉店後に移動です。まったり気分の私を盗み撮りしたのは、行方氏。ただ、この写真のおかげで前の写真と結びつきました。そう、冷やしてはいけないのは、首以外に肩。肩冷え防止に大いに役立つ大判ストール。この後、彼女も新柄のOrenge Stewartを購入。

IMG_8498.jpg

 こちらです。収録後の食事会にはペアルックで出かけてしまいました。ただ私の大判ストールはカミさんのもの。先週の東京出張にも借りており、もうすぐ私のものになる...かもしれません。

IMG_8515.jpg

 こちらが、そのSilver Bannockbane。またまたカシェート寄りの余談となりました。

201127蔵2.jpg

 暫くは続けます。通販サイト「SUGURU SHOP」の蔵出し均一SALE"。OUTLETに入庫してある商品が、さらにお値打ちに。驚きの価格でご提供です。全ての商品は、こちらからご覧ください。

SUGURU blog,CACHETTE blog,Re CHECKも更新しております。こちらも、ぜひ覘いてみてください。

You Tube「SUGURU STORY by gloryguy」。こちらもご視聴いただけますようにお願い申し上げます。

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る