PT TORINO/ピーティートリノから「ACTIVE」のご提案です!!

 この2日ほど、長い前置きになりました。1990年(平成2年)に店を立ち上げて、今年で30年。過去のブログを見ていると様々な記憶が蘇り、ついつい話がながくなりました。

 本日のご案内は、【PT TORINO/ピーティートリノ】。「ACTIVE」シリーズからお届けします。

 かつてのコレクション名は「KULT」。Kinetic Ultimate trousers(キネティック ウルティメイト トラウザース)の頭文字から名付けられ、イタリアデザインカーの巨匠 G.ジュウジアーロの息子F.ジュウジアーロとのコラボによって作り出されたコレクションです。

IMG_9312 (3).JPG

IMG_9318 (4).JPG

IMG_9320 (3).JPG

IMG_9324 (3).JPG

 フロントウエスト部分をスッキリと見せながらも、後ろ部分はゴム仕様。ドローコードでラフな印象を持たせながら、ループ付きで端正さも失いません。マチなしのカーゴポケットにはベルクロ開閉のフラップ(雨蓋)付き、尚かつ防水ジップの縦ポケットも装備。素材は、トラベラーで使用しているウォッシャブルウールを採用。ドレスとスポーツの共存パンツとして幅広いシーンで活躍しそうです。

IMG_9249 (2).JPG

IMG_9258 (2).JPG

 モデル名は「LAMDA」。タイト過ぎない、程よくゆとりをもたせたスッキリフォルム。機能美と高いスペックが創造性を駆り立てる、そんな時代が求めたパンツと言えるかもしれません。

IMG_9242 (2).JPG

 同時に入荷してきた HERNO(ヘルノ)の「Resort」ライン。その中でもハイブリッドな「ダウン×ニット切り替えブルゾン」に合わせてみました。インナーはJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)の半袖モックネックセーター。足元はPantofola d'Oro(パントフォラ ドーロ)のスエードレザーシューズで引き締めます。

 モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を穿いております。

MODEL:「ACTIVE」LAMDA ウォッシャブルウール カーゴパンツ
SIZE:44・46・48・50
COLOR:ブラック
MATERIAL:ウール60%・ポリエステル38%・ポリウレタン 2%
PRICE:¥44,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


IMG_9325 (3).JPG

IMG_9327 (3).JPG

IMG_9335 (3).JPG

IMG_9330 (2).JPG

 「ACTIVE」シリーズの中では、最もシンプルで定番モデルといえる「ALPHA」。360度の驚異的伸縮性を実現したナイロンストレッチパンツは、ノンストレスな穿き心地です。さらに形状回復、UVカット、速乾性や吸湿性にも優れ、家庭での洗濯も可能と、盛りだくさんの機能を装備。シンプルなデザインだけに主張は控えめですが、穿いている本人だけが分かる魔法のパンツとなるでしょう。

IMG_9270 (2).JPG

IMG_9275 (2).JPG

 もう少し足が長ければ、そのままでいけたのに...。残念ながら、折り返して穿いております。裾はダブルですが、ラフに穿かれるなら、シングルやタタキでも良いかもしれません。足元の選択肢も広いパンツですが、PHILIPPE MODEL(フィリップ モデル)で存在感を。秋には新作をご用意...なんて、アピールです。

 モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を穿いております。

MODEL:「ACTIVE」ALPHA 360度ストレッチナイロンパンツ
SIZE:44・46・48・50・52
COLOR:ブラック
MATERIAL:ナイロン78%・ポリウレタン 22%
PRICE:¥37.000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

3F935EFA-E8DD-4A3C-B906-E3D51B7C9449-thumb-autox778-85986[1].jpg

 グローリーガイからカシェートに移動となったBAUDOIN&LANGE(ボードインアンドランジ)。SUGURU blogにて熱く語っております。ぜひ、ご覧ください。

20SFTF1.jpg

 継続中の"SALE for the Future" は、 8月10日(月)で終了させていただきます。

「SUGURU STORY by glory guy」の第19弾【親子対談】洋服のプロが今、"リアル"に欲しい一押し商品とは! 公開中です。

SUGURU blog,Re CHECKも更新しております。

バカンスだけではなく、日常の中で季節と季節を繋ぐHERNO/ヘルノの「Resort」ライン!!

  IMG_4142.jpg

 夏のセールが絶賛開催中の最中、今はまだその時を待ちながら店頭の隅っこでひっそりと佇み、しかしながら確かな存在感を放っているのがこちら。あの【HERNO/ヘルノ】が、新たなライフスタイル提案として展開する「Resort」ラインです。

 イメージするのは、夏の暑さを逃れた涼しい山岳地方でのバカンス。冬のダウンジャケットほどボリュームはなく、程よく防寒されたシンプルなデザインは、日本でバカンスと言えば大げさですが、秋から冬、冬から春へと季節を繋ぐ、日常にも適した汎用性の高いコレクションとして提案しています。

 今回の案内人は、タカイ。私もblogを担当するレギュラーコレクションとは違い、旅をイメージする「Resort」ラインだけは、各地を飛び回るスグルの妄想による独断と偏見の領域(?)だったのですが、今回は私。

 ただ、その妄想については、スグルが次回のYouTubeでご紹介することとなっておりますので、ぜひご期待ください。

  IMG_0148.jpg

 そんな私も、実は旅好きでして。これは、この頃に毎年のように出掛けていた沖縄ではなく、涼を求めた初夏の長野県蓼科の風景。遠くの山肌にはまだ雪が残り、夜になれば気温は10℃前後。そんな7年前の旅行を思い出し、これがあったらと思わせてくれる3型をラインナップです。

  IMG_3587.jpg

 まずご紹介するのは、ダウンとニットのハイブリットモデル。軽やかな見た目と、切り替えのデザインが目を見張る人気のシリーズです。

 季節を繋ぐブルゾンには、Settefili Cashmereのフォーシーズンラウンドネックセーターと、クリームかかった色が優しいBRIGLIAのパンツを。バッグは、旅行のお供にしたいCHAMBORD SELLIERです。

IMG_3606.jpg

  IMG_3644.jpg

 前身頃とフードはナイロン、肩から伸びるラグランのスリーブと背面はニットのコンビ。

 20デニールという超極細糸で織られたナイロンは、ダウンをパック詰めするのではなく直接注入するインジェクション製法にすることによって、圧倒的な軽さと柔らかさを実現しています。また、表面には撥水加工とダウンを出にくくするダウンプルーフ加工が施されています。

 そして、ニット部分には、'20秋冬から新たに発足した【HERNO/ヘルノ】のニット部門が開発した、フェルト地に天竺編みのニットを重ねた4者混の新素材を使用。伸びにくく適度なハリを持たせ、ブルゾンらしい生地感に仕上げています。

IMG_3647.jpg

 カラーは、ナイロンとニット部分にコントラストをつけず、同色系でまとめた大人の配色。ナイロンはややベージュかかったグレージュで、ニット部分はライトグレイです。

IMG_3688.jpg

 そして、もう一色の提案は、ダークブルーナイロン×ネイビーニットの同色系コンビ。大人の雰囲気があったグレージュ×ライトグレイとは違い、スポーティな雰囲気です。

 コーディネートしたのは、日常での機動力を高めるJOHN SMEDLEYのモックネックセーターと、PT TORINOのナイロンストレッチパンツです。

  IMG_3750.jpg

  IMG_3740.jpg

 モデルは身長180㎝、体重67㎏、胸囲94㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:「Resort」ダウン×ニット切り替えブルゾン
SIZE:44・46・48・50・52
COLOR:グレージュ×ライトグレイ・ダークブルー×ネイビー
MATERIAL:表地:ナイロン100% 切り替え部分:ウール42%・ポリエステル38%・ナイロン20%・その他繊維2% 中綿:ダウン90%・フェザー10% フード中綿:ポリエステル100%
PRICE:¥72,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

IMG_4100.jpg

 続いては、光沢のあるシャイニー系のダウンブルゾン。

 こちらも、インジェクション(ダウン直注入)製法による軽量ダウンで、膨らみを抑えたコンパクトなスタイリングです。

IMG_4025.jpg

 フードが一体型となっており、無駄がなく、シンプルでミニマルなデザインが、まさに【HERNO/ヘルノ】らしいスタイルです。

IMG_4077.jpg

 白の横糸と黒の縦糸を使用した20デニールの超極細ナイロンは、染色が施され、角度や光によって見え方が変わる、カンジャンテ(玉虫色)に仕上げています。

 平面でしか見れない画像では、この奥深さを伝えきれないのが残念ですが、シンプルながら、グレーやオリーブに見える、その独特の風合いに惹かれてしまいます。

IMG_4096.jpg

IMG_4080.jpg

 さらに、生地にはリップストップ加工が施されております。極地用のダウンジャケットにも使われる、耐久性と強度を持たせたナイロンで、画像を拡大してよーく見てみると、特徴の細かな格子柄がお分かりいただけるかと。

 袖のリブ仕様は、ちょっと暑くなった時、袖を捲し上げるための嬉しいデザインです。

 モデルは身長180㎝、体重67㎏、胸囲94㎝で、サイズ46を着用しております。コーディネートしたニットはSettefili Cashmere、パンツはPT TORINO、シューズはParabootです。

MODEL:「Resort」リップストップナイロン フーデッドダウンジャケット
SIZE:44・46・48・50
COLOR:オリーブグレイ
MATERIAL:表地:ナイロン100% 中綿:ダウン90%・フェザー10% 袖口部分(パイピング):ナイロン85%・ポリウレタン15% 裏地:ナイロン100%
PRICE:¥85,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

  IMG_3896.jpg

 最後にご案内するのは、表面をカシミアで包んだラグジュアリーなダウンジャケット。まさに、ラグジュアリー&コンフォートな旅をテーマにした「Resort」ラインらしいコレクションです。

 シックな装いで楽しむ秋の旅行は、こんなスタイルでしょうか。FEDELIのニットKinlochのネッカチーフを挿し、パンツはJACOB COHENのデニム、シューズはCROCKETT&JONES。個人的に履きなれた靴ですが、もっとリラックスしたものを選んでもいいですね。バッグは、挿し色になるZANELLATOです。

IMG_3939.jpg

 ただ、このご時世、今までと少し趣が異なります。

 【HERNO/ヘルノ】が、他ブランドに先駆けて提唱してきたサスティナブルの理念の基、表面のカシミアはリサイクルカシミアを使用し、パイピング部分は人工皮革のアルカンターラを使用しています。言わずもがなではありますが、リサイクル素材とは思えないほどの上品な光沢と滑らかな肌触りに、一切の疑問を挟む余地はありません。

 それでいてこの価格というのは、皆さまにもご満足いただけるのではないでしょうか。

IMG_3945 2.jpg

 高めに設定された襟は、フードへと繋がり、キレイなラインを描きます。

IMG_3951.jpg

 フロントは、スポーティに見えるジップではなく、オーセンティックなボタン仕様に。

 モデルは身長180㎝、体重67㎏、胸囲94㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:「Resort」カシミアダウンジャケット
SIZE:44・46・48・50
COLOR:チャコールグレイ
MATERIAL:表地:カシミア100% 中綿:ダウン90%・フェザー10% フード中綿:ポリエステル100% 裏地:ナイロン100% パイピング部分:アルカンターラ(人工皮革)
PRICE:¥209,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

20SFTF1.jpg

 継続中の"SALE for the Future" は、 8月10日(月)で終了させていただきます。

 新着の「SUGURU STORY by glory guy」の第19弾【親子対談】洋服のプロが今、"リアル"に欲しい一押し商品とは! 公開されました。

SUGURU blog,cachette blog,Re CHECKも更新しております。

2020年秋冬のバイイング。最も頭を悩ませているのが、ボトムなんです!!

 皆の意見をまとめる必要のない、一人の気楽な東京出張。急激に冷え込んだ朝、クローゼットから取り出したのは、今年初となるダウンコート。そして出番を待っていたのは、アウターだけではありません。ボトムも今季、初の出番となったモールスキンのパンツ。コーデユロイよりぬくもりを感じる素材で、下半身を固めます。大寒のような寒さ。本日、同じ思いの方が選ばれたのは、INCOTEX(インコテックス)のワークパンツでした。

IMG_5620 (2).JPG

 パンツはTHE GIGI(ザ・ジジ)の「TONGA」。展示会で一目惚れしたものの、今までにないフォルムにドキドキしながらのセレクト。入荷を待ち望むこと半年。ようやく、足入れをすることができたのは、真夏の盛りでした。撮影後に色違いで購入するほど、気に入ってしまったパンツ。選ぶ靴に迷いましたが、今はスニーカーで合わせています。ノープリーツの細身のテーパードパンツが主流だった時だけに、股上の深いキャロット(人参)型のフォルムは一部の人にしか受け入れてもらえませんでした、トレンドが追い付いてきた今、改めてお勧めしたくなります。ただ、当時はどこの展示会場に行っても、「それ、どこの?」と声をかけていただいたのに、今では...と残念でなりません。

IMG_5625 (2).JPG

 そんな思い入れのあるパンツに合わせたジャケットは、THE GIGI(ザ・ジジ)ではありません。日頃、"Don't look back/過去を振り返らないで"と言っているにもかかわらず、ついに過去を振り返ってしまったBOGLIOLI(ボリオリ)。この秋冬より再開です。

IMG_5628.JPG

IMG_5622 (2).JPG

 なぜかジャケットの写真が横を向いてしまいます。どうやら、新しくなったパソコンにまだ慣れていないようです、と言い訳です。

 かつて着用分としてオーダーしたDe Petrillo(デ・ペトリロ)のコート。自分のサイズから売れてしまい、似たコートを探索中。このブランドならあるだろうと期待しての訪問です。

 見つけたのはコートだけではありません。このダブルブレストのストライプ柄ジャケットを素通りすることができませんでした。ひとりバイイングの良さでもあり悪いところでもあります。売れるものより、自分の欲しいものを探している展示会。自由な気楽さと責任感は表裏一体。今から共感していただけるお客様を見つけないといけません。

IMG_4445.jpg

 2020年秋冬のバイイング。最も頭を悩ませているのが、ボトム。展示されているサンプルは、ドローコード付きのスポーティーなものが中心。世の流れは、完全にカジュアル志向。ただ、対極にあるクラシックパンツは疎かにできません。素材や縫製の良さだけでは物が売れない時代。中途半端なものは売り場から消えつつあります。ただ中途半端なものとは何か。その見極めの難しい時代です。

3564.jpg

 例えば、2月6日のSUGURU blog。コンセプトショップ「Cachette by suguru shop」の情報をジュニアが発信していますが、PYRENEX(ピレネックス)のダウンジャケットに合わせていた(彼は以前から気になっていたらしく、いつのまにか購入)のが、2016年の秋にご提案させていただいたINCOTEX(インコテックス)。その際にはワイドパンツと表記しましたが、今ではセミワイドストレートとでも言いましょうか。さほど太さを感じない、膝から裾までストレートに落としたフォルムです。スリムフィットのテーパードパンツが主流だっただけに反応は良くありませんでした。ところが、今なんですね。翌日には注文が入っておりました。価格を戻して、改めてご案内したいほどです。

419.JPG

019.JPG

 個人的には大好きで、色違いを狙っているBorelio(ボレリオ)の「DANNO」。やや深めの股上をもつワンプリーツパンツで、一見、クラシカルに見せて、実は足元にスニーカーを合わせることできるモダンフォルム。知名度の問題か、穿きなれていないせいか、店頭でもさほど盛り上がりを見せていませんが、トレンドを意識しながらも、やり過ぎない大人のウールパンツです。素材も作りも確かな、次を見据えるパンツブランドになるでしょう。

 とりとめのない話になりました。今回、展示会を回り、例年以上にバイイングの難しさを感じています。まだ、しばらく終わりそうもありません。来週、再来週と出かけていきます。またご報告させてください。

20190702_114946.jpg

 明日は、新作のご案内です。タカイが案内役となる【HERNO/ヘルノ】。ご期待ください!!

Unknown-thumb-450xauto-80189[1].png

まだまだ続けます。寒さ対策に、そして来年の為にも、この機会をぜひご利用ください。

一人一人が考える、全員参加のバイイング ご報告です!!

 グローリーガイのスグルです。昨日は、スタッフ総勢のバイイングの為、臨時休業させていただきました。皆様には、大変ご不便をおかけしましたが、中身の濃い東京出張となりました。簡単ではありますが、道中のご報告をさせていただきます。

500.jpg

 一昨日の4日、豊橋駅を8時47分発のひかりで東京に向かいます。天気予報では、2日間とも晴れ。この日の気温も高めです。皆、この時期にしては比較的軽装。ただ寒がりなマスヤマだけはムーレーのダウンを着込んで、しっかり重装備。そのことが翌日の夜に威力を発揮するとは誰もが予想をもしなかったことでしょう。

333.jpg

IMG_4477.jpg

4596.jpg

IMG_4530.jpg

 初めての総勢でのバイイング。存在感を現したのは、やはりナグラさん。展示会場での彼のポーズは、スポットが当たるほどに一貫しておりました。

IMG_4539.jpg

 ちょっと違いますが、こんな感じです。さすが、25年勤続の大先輩。思慮深い彼ならではのポーズですが、私にとってはやや歯の、いや頭の痛いことです。

IMG_4553.jpg

20200205_151005.jpg

 もちろん時には変わります。どうやらポーズは2型用意しておられるようです

IMG_4608 (3).jpg

IMG_4516.jpg

IMG_4442.jpg

 展示会では、各々が気になるものを羽織ったり、穿いたりしますが、どうやら彼はロダンの"考える人"になっております。何をそんなに考えているのでしょうね。

IMG_4636.jpg

 そんな彼が動き出したのは、今回の出張、最後の訪問先であるトレメッツォさん。今まで一度も脱ごうとしなかった上着を、おもむろに脱ぎ、羽織ったのがTAGLIATORE(タリアトーレ)でした。

IMG_4635.jpg

 どうやら自分の着用分を見つけたようです。この他にもスーツやコートも羽織って、似合うかどうかを確認をしておりました。顔つきまでが生き生きしてきて、まるで別人のようです。

IMG_4642.jpg

 ただ帰り際には、また、いつものポーズに戻っているナグラさんでした。

 品川、21時37分のひかりに乗るため、展示会場を後にします。建物を出た瞬間、寒風の洗礼です。コート要らずの昼間の気温からは想像できないくらいの寒さと、前を見て歩くのにも大変な強い風。全員総出のバイイングを無事に終えた安堵感と疲労感が一気に吹き飛ばされました。

 この急激な気温の変化の中、春物が随時入荷してきております。明日は、マスヤマが今季初登場となるスニーカーをご案内させていただきます。私は、やり残しを埋める為、引き続き、明日も東京に出かけてきます。今度は一人で、ナグラさんを見習って、じっくり考えながらセレクトしてきます。

Unknown.tif

 本格的な寒さは今から。春物も魅力ですが、定番品が多いだけに、お値打ちなものを今揃えておかれるのもいいでしょうね。バイヤーとしての意見でした。

2020年秋冬の傾向を見ながら、いま揃えておきたいものは、JOHN SMEDLEY/ジョン スメドレーとDrumohr/ドルモアのポロニットです!!

 今年2回目のフラ教室。前日が足を棒にしての展示会巡りでしたので、かなりしんどい時間でした。練習後は、いつもの小料理屋へ。入るなり待っていたのは、「ずっと用意して待っていたのに...」と大将のふくれっ面。原因は年末に発した私の我儘のようです。年明けに訪れた際に、干し柿、栗きんとん、黒豆があると嬉しいな、なんて口にしていたことをすっかり忘れていたのでした。年明けの忙しさと思いがけない出来事に時間も心も取られていた1月。31日の昨夜、なんとか言い訳のできる日に行くことができました。お雑煮まで作って頂いて、感謝しっぱなしの夜の食事会でした。

20200130_084352[90].jpg

 30日、木曜日に出かけた東京。豊橋駅のホームでの一枚。気になるのは、コロナウィルス。流行に乗りたくないと駅でマスクを買い、万全の装備。でも、この写真を上さんに送ったら、「鼻を隠さないと意味ないよ」の返信。実は私も知らなかった、慣れないマスク付け。早い時期の収束を願うばかりです。それにしてもお気に入りの服を全身にまとったジュニア。マスクと手に持った稲荷寿司以外はすべてグローリーガイです。

IMG_4904.JPG

20200130_192913.jpg

20200130_192905.jpg 

20200130_172919.jpg

 この日のバイイングは、MooRER(ムーレー)とJACOB COHEN(ヤコブ コーエン)を除き、昨年秋よりカシェート内にできたコンセプトショップのセレクト。私よりジュニアの方が真剣です。ただ写真一番下のJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)は共通の為、意見も分かれます。新しい提案に関しては、やはり若いジュニアの柔軟な目利きに委ねることにしましょう。

IMG_5585 (2).JPG

 本日の出で立ちですが、ダッフルコートだけは購入検討中。注目していただきたいのは、中に着ているポロニット。JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のものですが、展示会でも一押ししていたモデルです。

245.JPG

 入荷案内の際の写真です。イタリアンフィットやスタンダードフィットに比べ、ゆとりをもつイージーフィット「EASY FIT」の「DORSET 」30Gポロセーター。他のモデルはサイズMを選びますが、こちらはワンサイズ下げて、Sを選んでいます。本日、着ていたのは別のブランドのもの。ややゆとりのあるシルエットをもつBorelio(ボレリオ)の「DANNO」だけに、上半身にゆとりがほしく、また寒がりな私にとって必要なのは、腰回りを温めてくれる着丈の長さなんです。次の秋冬シーズンの説明をしていて急に欲しくなり購入してしまいました。袖口がダブルになっているのも、個人的な好みです。

 大好物のポロニット。今季は、Drumohr(ドルモア)でもご提案させていただいております。

116.JPG

050.JPG

099.JPG

 次の秋冬にJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)から提案されていたのが、「MODERN FIT」。従来の着丈短めの「ITARIAN FIT」の着丈の長さはそのままに、内側に入った肩線を少し外に出し、アーム下から裾口にかけての見頃にゆとりを持たせています。一枚で着た際に、よりモダンに見せる、そんな効果を狙ってのニューモデルです。そして、このモダンフォルムをいち早くコレクションに加えたのが、トレンドに敏感なニットブランド、Drumohr(ドルモア)。さすがですね。コンパクトなニットが好き、でもピタピタは苦手と言われる方には、お勧めなモデルです。旬なモデルで春先まで着ることのできるハイゲージニット。気になられる方は、ぜひ、セール期間中にお試しください。

Unknown.tif

 一部商品の割引率を変更し、今まで除外品だったあのアイテムも加えた「MORE SALE」を開催しております。ぜひ、こちらからご覧ください。

臨時休業のご案内です。

 2月4日(火)は定休日ですが、5日の水曜日は臨時休業とさせていただきます。この2日間は、スタッフ総勢でバイイングの為、東京に出かけます。一人一人がバイヤーとして、愛着と責任をもって皆様にご提案できるように、これからも"Buy goods together"の機会は増やしていくつもりです。ご不便はおかけしますが、なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます

 SUGURU blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Instagram更新中!! **

 Instagram更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

 

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る