2020年秋冬のバイイング。最も頭を悩ませているのが、ボトムなんです!!

 皆の意見をまとめる必要のない、一人の気楽な東京出張。急激に冷え込んだ朝、クローゼットから取り出したのは、今年初となるダウンコート。そして出番を待っていたのは、アウターだけではありません。ボトムも今季、初の出番となったモールスキンのパンツ。コーデユロイよりぬくもりを感じる素材で、下半身を固めます。大寒のような寒さ。本日、同じ思いの方が選ばれたのは、INCOTEX(インコテックス)のワークパンツでした。

IMG_5620 (2).JPG

 パンツはTHE GIGI(ザ・ジジ)の「TONGA」。展示会で一目惚れしたものの、今までにないフォルムにドキドキしながらのセレクト。入荷を待ち望むこと半年。ようやく、足入れをすることができたのは、真夏の盛りでした。撮影後に色違いで購入するほど、気に入ってしまったパンツ。選ぶ靴に迷いましたが、今はスニーカーで合わせています。ノープリーツの細身のテーパードパンツが主流だった時だけに、股上の深いキャロット(人参)型のフォルムは一部の人にしか受け入れてもらえませんでした、トレンドが追い付いてきた今、改めてお勧めしたくなります。ただ、当時はどこの展示会場に行っても、「それ、どこの?」と声をかけていただいたのに、今では...と残念でなりません。

IMG_5625 (2).JPG

 そんな思い入れのあるパンツに合わせたジャケットは、THE GIGI(ザ・ジジ)ではありません。日頃、"Don't look back/過去を振り返らないで"と言っているにもかかわらず、ついに過去を振り返ってしまったBOGLIOLI(ボリオリ)。この秋冬より再開です。

IMG_5628.JPG

IMG_5622 (2).JPG

 なぜかジャケットの写真が横を向いてしまいます。どうやら、新しくなったパソコンにまだ慣れていないようです、と言い訳です。

 かつて着用分としてオーダーしたDe Petrillo(デ・ペトリロ)のコート。自分のサイズから売れてしまい、似たコートを探索中。このブランドならあるだろうと期待しての訪問です。

 見つけたのはコートだけではありません。このダブルブレストのストライプ柄ジャケットを素通りすることができませんでした。ひとりバイイングの良さでもあり悪いところでもあります。売れるものより、自分の欲しいものを探している展示会。自由な気楽さと責任感は表裏一体。今から共感していただけるお客様を見つけないといけません。

IMG_4445.jpg

 2020年秋冬のバイイング。最も頭を悩ませているのが、ボトム。展示されているサンプルは、ドローコード付きのスポーティーなものが中心。世の流れは、完全にカジュアル志向。ただ、対極にあるクラシックパンツは疎かにできません。素材や縫製の良さだけでは物が売れない時代。中途半端なものは売り場から消えつつあります。ただ中途半端なものとは何か。その見極めの難しい時代です。

3564.jpg

 例えば、2月6日のSUGURU blog。コンセプトショップ「Cachette by suguru shop」の情報をジュニアが発信していますが、PYRENEX(ピレネックス)のダウンジャケットに合わせていた(彼は以前から気になっていたらしく、いつのまにか購入)のが、2016年の秋にご提案させていただいたINCOTEX(インコテックス)。その際にはワイドパンツと表記しましたが、今ではセミワイドストレートとでも言いましょうか。さほど太さを感じない、膝から裾までストレートに落としたフォルムです。スリムフィットのテーパードパンツが主流だっただけに反応は良くありませんでした。ところが、今なんですね。翌日には注文が入っておりました。価格を戻して、改めてご案内したいほどです。

419.JPG

019.JPG

 個人的には大好きで、色違いを狙っているBorelio(ボレリオ)の「DANNO」。やや深めの股上をもつワンプリーツパンツで、一見、クラシカルに見せて、実は足元にスニーカーを合わせることできるモダンフォルム。知名度の問題か、穿きなれていないせいか、店頭でもさほど盛り上がりを見せていませんが、トレンドを意識しながらも、やり過ぎない大人のウールパンツです。素材も作りも確かな、次を見据えるパンツブランドになるでしょう。

 とりとめのない話になりました。今回、展示会を回り、例年以上にバイイングの難しさを感じています。まだ、しばらく終わりそうもありません。来週、再来週と出かけていきます。またご報告させてください。

20190702_114946.jpg

 明日は、新作のご案内です。タカイが案内役となる【HERNO/ヘルノ】。ご期待ください!!

Unknown-thumb-450xauto-80189[1].png

まだまだ続けます。寒さ対策に、そして来年の為にも、この機会をぜひご利用ください。

期待の新スニーカーは、PHILIPPE MODEL/フィリップ モデルでした!! 我々グローリーガイは、シンプルの中にさり気なく遊びや表情のある2型をご用意しております!!

 こんにちは。マスヤマです。昨日の記事にもありましたが、スタッフ総出の東京出張。行ってきました。その際のことは、またどこかで小話に...と思っていますが、今日は大事な使命があります。昨日の予告通り、新登場のスニーカーをご紹介していきましょう。

DSC_0143.JPG

 2020年SSからグローリーガイでデビューとなるのは、【PHILIPPE MODEL/フィリップ モデル】のスニーカー。知名度のあるブランドなので、既に知っている方も少なくないのでしょうが、簡単にブランド・ヒストリーからお話していきましょう。

 【PHILIPPE MODEL/フィリップ モデル】は、フランス人アーティストのフィリップ・モデル氏と、ルブタンの元デザイナーであるパオロ・ガンバート氏の共同プロジェクトとして、2009年にファーストコレクションを発表。製品は、フランスの芸術的な感性とデザインをベースに、イタリアの熟練の職人技術を駆使して製造されます。特殊な加工や素材使いにも定評があり、ココでしか生み出せないような独創的なスニーカーを作ります。瞬く間にファッション感度の高い人々の注目を集めることとなり、2017年にはミラノに初の旗艦店をオープン。今後更なる飛躍が期待されています。

 ...と、コレクションの幅も数も多いブランドではあるのですが、我々グローリーガイでご用意するのは、シンプルで、さり気なく遊びや上質感のあるもの。今季、2型をご用意しました。 

DSC_0073.JPG

 シンプルなデザインの白スニーカーは、何時見ても魅力的な選択肢。何にでも合わせやすく、足元もパッと明るくなります。春の陽射しに映えること間違いなし!!...ですね。

fullsizeoutput_35bc.jpeg

fullsizeoutput_35bd.jpeg

 アッパーには、厚みのあるカーフレザー。一体化したデザインのトゥとタンには、スエードレザーを。サイドのブランドアイコンにも、スエードが配置されていますね。スエードはほんのりグレイがかったアイスグレイ。素材をコンビにすることで、さり気なく表情が生まれています。

fullsizeoutput_35ba.jpeg

 ところで、ミッドソールにあるのは、汚れ? いえいえ、これも加工です。履き古して、良い感じで味が出たようなヴィンテージ加工。見れば見るほど、細かいところまで、徹底したデザインを感じ取ることでしょう。アウトソールは、ブラックのラバー素材が採用されています。

fullsizeoutput_35b9.jpeg

 ヒールには、ブラックのレザーをワンポイントで配置。ライニング(裏地)には、綿のパイル生地が仕込まれ、着用時の気持ち良さに繋がるはずです。サイズ感については、後述しますので、後ほどご覧ください。

MODEL:「PARIS」カーフ×スエード レザースニーカー
SIZE: 40 ・ 41 ・ 42 ・ 43
COLOR:ホワイト
MATERIAL:カーフレザー/スエードレザー 一部:テキスタイル ソール:ゴム
PRICE:¥49,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

fullsizeoutput_35be.jpeg

 予想ですが、先のホワイトとどちらにしようかと、真剣に悩む方も出てきそうな...。そんなネイビーのレザースニーカーが登場です。

fullsizeoutput_35bf.jpeg

 やや明るめなネイビーの色感に、シボの表情が前面に出たレザーの質感。履き込んでいくと、堪らなく魅力的な顔つきになるでしょう。こちらのネイビーは、全てがネイビーのカーフレザー。シューレースにグレイ、

fullsizeoutput_35c2.jpeg

 ヒールの上部とミッドソールにホワイトを配置。心憎いディテールが、控えめながらも全体の表情を整えます。

fullsizeoutput_35c1.jpeg

 対して、インソール・ライニングはブラックでクールな表情に。ほんのりとヴィンテージ感漂うネイビーのレザースニーカーは、ありそうで中々ない提案です。もし迷ったときは、思い切って白と共に揃えてしまう...というのもお勧めです!!

MODEL:「PARIS」カーフレザー ネイビースニーカー
SIZE: 40 ・ 41 ・ 42 ・ 43
COLOR:ネイビー
MATERIAL:カーフレザー 一部:テキスタイル ソール:ゴム
PRICE:¥49,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

 さて。最後にサイズ感について少々言及いたしますが、フィリップ モデルで特徴的なのが、そのシューレース。

fullsizeoutput_35c3.jpeg

 紐を結ばなくて良いように、意図的に短めになっています。写真のように、中に入れてしまうか、

fullsizeoutput_35c6.jpeg

 外に出して、ひと結びしておくか。紐の太さに対してアイレット(紐を通す穴)が小さく設計されており、紐を結ばない状態でも緩みにくいように設計されております。スニーカー好きのお客様に度々言われることですが、紐を縛る必要がなく、簡単に脱ぎ履き出来る仕様に。非常に便利ですよね。大まかな目安にはなりますが、40で25.5~26cm、41で26~26.5cm、42で26.5~27cm、43で27~27.5cm程度のサイズ感です。是非一度、店頭まで足を入れにご来店ください。

 

Unknown.tif

 昨夜は、この冬一番の冷え込みでした。今のお買い得な内に購入しておいて、来年もたくさん着る...そんな視点も大いにアリ。「MORE SALE」是非ともご活用ください。

一人一人が考える、全員参加のバイイング ご報告です!!

 グローリーガイのスグルです。昨日は、スタッフ総勢のバイイングの為、臨時休業させていただきました。皆様には、大変ご不便をおかけしましたが、中身の濃い東京出張となりました。簡単ではありますが、道中のご報告をさせていただきます。

500.jpg

 一昨日の4日、豊橋駅を8時47分発のひかりで東京に向かいます。天気予報では、2日間とも晴れ。この日の気温も高めです。皆、この時期にしては比較的軽装。ただ寒がりなマスヤマだけはムーレーのダウンを着込んで、しっかり重装備。そのことが翌日の夜に威力を発揮するとは誰もが予想をもしなかったことでしょう。

333.jpg

IMG_4477.jpg

4596.jpg

IMG_4530.jpg

 初めての総勢でのバイイング。存在感を現したのは、やはりナグラさん。展示会場での彼のポーズは、スポットが当たるほどに一貫しておりました。

IMG_4539.jpg

 ちょっと違いますが、こんな感じです。さすが、25年勤続の大先輩。思慮深い彼ならではのポーズですが、私にとってはやや歯の、いや頭の痛いことです。

IMG_4553.jpg

20200205_151005.jpg

 もちろん時には変わります。どうやらポーズは2型用意しておられるようです

IMG_4608 (3).jpg

IMG_4516.jpg

IMG_4442.jpg

 展示会では、各々が気になるものを羽織ったり、穿いたりしますが、どうやら彼はロダンの"考える人"になっております。何をそんなに考えているのでしょうね。

IMG_4636.jpg

 そんな彼が動き出したのは、今回の出張、最後の訪問先であるトレメッツォさん。今まで一度も脱ごうとしなかった上着を、おもむろに脱ぎ、羽織ったのがTAGLIATORE(タリアトーレ)でした。

IMG_4635.jpg

 どうやら自分の着用分を見つけたようです。この他にもスーツやコートも羽織って、似合うかどうかを確認をしておりました。顔つきまでが生き生きしてきて、まるで別人のようです。

IMG_4642.jpg

 ただ帰り際には、また、いつものポーズに戻っているナグラさんでした。

 品川、21時37分のひかりに乗るため、展示会場を後にします。建物を出た瞬間、寒風の洗礼です。コート要らずの昼間の気温からは想像できないくらいの寒さと、前を見て歩くのにも大変な強い風。全員総出のバイイングを無事に終えた安堵感と疲労感が一気に吹き飛ばされました。

 この急激な気温の変化の中、春物が随時入荷してきております。明日は、マスヤマが今季初登場となるスニーカーをご案内させていただきます。私は、やり残しを埋める為、引き続き、明日も東京に出かけてきます。今度は一人で、ナグラさんを見習って、じっくり考えながらセレクトしてきます。

Unknown.tif

 本格的な寒さは今から。春物も魅力ですが、定番品が多いだけに、お値打ちなものを今揃えておかれるのもいいでしょうね。バイヤーとしての意見でした。

全員参加のバイイングの為、4日(火)、5日(水)は連休となります。

 46年ぶりの再会です。昨日、中学3年の同級会に出かけてきました。爪入りの学生服に坊主頭と、まさに昭和の素朴な中学生。男女合わせて40人ほどのクラスのうち、参加したのは、23名。もうすぐ80歳になられる恩師も出席されました。卒業アルバムが見当たらなく、誰がだれか分からないだろうという心配は男子に限ってなく、一番変わったのは私かもしれません。席順は抽選。隣席の女子は高校も同じで顔知り。旦那も同級生だけに話が弾みます。ただ、一瞬会話が途切れたのは、その隣に座る男子から聞こえてきた「スグルは来てないのか?」の声。「俺、ここにいるよ」って、メガネのせいにして、当時とは程遠い髪形を恨むしかありません。女子からは「相変わらず、ダンディで優しいね」なんて、15歳でダンディ?と視線が宙に浮きながらも、ほめ言葉に頬が緩みっぱなしの単純さ。ただ残念なのは、卒業式の後、告白されて付き合ったのに半年も経たないうちに振られてしまった失恋の相手が来ていないこと。いや、人生、願いが叶わない方が幸せなことも多い...なんちゃってです。

33147.jpg

 昨夜、閉店前の写真です。何をしているかといえば、明日から出かける展示会についての打ち合わせ。新幹線のチケットを渡しながら、日程の確認です。他にもカシェートのオーナーである上さんとジュニアが同行。総勢6人で出かけていきますが、なぜか緊張の面立ちは、名倉さん。ほとんどバイイングには携わらない彼。まるで初めて新幹線に乗るような、そんな緊張感が周囲の笑いを誘います。

suguru12_2019DM.jpg

 上の写真は、我々の所信表明。一人一人がバイヤーとして、愛着と責任をもって皆様にご提案すること。全てのブランドにとはいきませんが、なるべく"Buy goods together"の機会は増やしていくつもりです。ただ、明日の定休日の他に、明後日、5日の水曜日が臨時休業となります。ご不便をおかけしますが、なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

 本日、Re CHECK Cachette blogを更新しております。こちらも、ぜひご覧ください。

Unknown.tif

 一部商品の割引率を変更し、今まで除外品だったあのアイテムも加えた「MORE SALE」を開催しております。ぜひ、こちらからご覧ください。

大きな期待を寄せるDe Petrillo/デ ペトリロのスーツと、厚〜い信頼を寄せるWhitehouse Cox/ホワイトハウスコックスのベルト!!

 先日のHERNOに続き、【De Petrillo/デ ペトリロ】からも新作が届いています。

 ナポリサルトの伝説・アントニオ ピニョッラ氏に師事していたペトリロ氏。日本人と欧米人との間で、どうしても埋めることができない体格差がある中、【De Petrillo/デ ペトリロ】では、その培った職人技術と細部にまで行き届いた洞察によって、日本人の体型に合わせたフィッテイングを作り出しています。

 また、現代のクラシコイタリアを、新たなステージへと誘う"ネオクラシコ"の牽引役としても知られるペトリロ氏。仕立ての良さはもちろん、トレンドを加えたスタイルと豊富な生地コレクションには、私どもも厚い信頼と大きな期待を寄せるブランドの一つです。

 本日は、その中からスーツを1型。タカイがご案内致します。

  fullsizeoutput_356f.jpeg

 ご紹介するのは、GLORY GUYで提案するスーツでは基本モデルとなる「Napoli Z/C」。

 ハーフキャンバス芯で、柔らかな芯地で構築された肩から緩やかで滑らかに流れるウエストライン。ワンプリーツの膨らみのあるパンツとのバランスを考え、ジャケットの着丈はヒップラインにかかる程度に。

 パンツは緩やかなテーパードで、折り目正しいクリース線が裾にかけてストンと落ちるエレガントなシルエットです。

IMG_4134.jpg

  yJf8FHhTRHCbWGgaSUCePQ.jpg

 コーディネートしたのは、AVINO NAPOLIのロイヤルオックスフォードシャツ。8工程をハンド仕上げにした、ナポリ伝統のカミチェリアです。精悍な表情を見せる襟型に、胸や肩を大きく男性的なシルエットに見せる立体裁断は見事。ぜひ、こちらもチェックしてください。

 なお、結んでいるネクタイはFRANCO BASSIの新作ですが、こちらのご紹介は、もうしばらくお待ちください。

  IMG_4145.jpg

  IMG_4184.jpg

 ミディアムグレイをベースに、柔らかなホワイトのラインが走ったピンストライプ柄。

 ウール100%ですが、モヘアが入っているかのようなドライでシャリ感のある風合いは、暑い夏をイメージしても、快適に過ごすことができる一着になるでしょう。

 モデルは身長180㎝、体重67㎏、胸囲94㎝で、サイズ46を着用しています。

MODEL:「NAPOLI」 ピンストライプスーツ
SIZE:42 ・ 44 ・ 46 ・ 48
COLOR:ミディアムグレイ
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥172,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入頂けます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

  fullsizeoutput_3560.jpeg

 もう一つご紹介するのは、ベルト。GLORY GUYでご案内し続けること20余年と、こちらも厚〜〜い信頼を寄せる【Whitehouse Cox/ホワイトハウスコックス】のフレンチカーフベルト「B1859」です。

 新たな季節の始まりを前に、定番アイテムを新調する方は多いですね。ただ、ベルトに関しては、年末からの暴飲暴食がたたったが故の、サイズアップによる買い替え需要も多く、急遽、【Whitehouse Cox/ホワイトハウスコックス】から定番のドレスベルトをご用意しました。

fullsizeoutput_356c.jpeg

  fyVxkKpER46jV1XYAv4Fpg.jpg

 今回は、もともとご用意していたブラックに加え、マホガニーという赤褐色のブラウンを加えた定番2色をご用意。

 フレンチカーフの柔らかく滑らかな風合いを生かした、ナチュラルな仕上がりのベルトです。

MODEL:「B1859」フレンチカーフドレスベルト
SIZE:75・80・85・90 ベルト幅...3.0㎝
COLOR:ブラック・マホガニー(赤褐色)
MATERIAL:牛革 バックル...真鍮
PRICE:¥17,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

Unknown.tif

 一部商品の割引率を変更し、今まで除外品だったあのアイテムも加えた「MORE SALE」を開催しております。ぜひ、こちらからご覧ください。

臨時休業のご案内

 2月4日(火)は定休日ですが、5日の水曜日は臨時休業とさせていただきます。この2日間は、スタッフ総勢でバイイングの為、東京に出かけます。一人一人がバイヤーとして、愛着と責任をもって皆様にご提案できるように、これからも"Buy goods together"の機会は増やしていくつもりです。ご不便はおかけしますが、なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます

 SUGURU blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Instagram更新中!! **

 Instagram更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る