ビスポーク靴職人が作り上げる、特別なレザースニーカー!! ANTONIO PIO MELE/アントニオ・ピオ・メーレの履き心地には、きっと驚かされるはずです!!

 皆さん、こんにちは。本日はマスヤマがご案内役を務めますので、よろしくお願いします。いやはや、暑い日が続きますね。時折通り雨はあるものの、毎日晴天が続き、夏本番を迎えております。

fullsizeoutput_7d2a.jpeg

 夏を理由に顔出しでの登場は、こんがり焼けた肌の自慢...ではなく、夏に合わせて購入した、BAGUTTA(バグッタ)の「NABE」ウール ビッグシルエットシャツをお見せせんが為。この時期単調になりがちな上半身に、さらっと羽織れます。ウール素材の上品な生地感も魅力でして、連日の大活躍とくれば、アピールしない訳にいきません。

 インナーはカシェートで展開中のJOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)。今季も好調のようです。ところで、夏にデニムは暑くない??、との声も出そうですが、現在グローリーガイでは、イタリアのデニムTRAMAROSSA(トラマロッサ)のイベントを開催中。本日再入荷がありましたので、詳しくはブログの最後にご案内をさせていただきます。

 さて、お待たせしております。本題に入りましょう。

fullsizeoutput_7d2f.jpeg

 今の夏物、これからの秋冬物と、心の揺れ動く時期ではありますが、そんな時こそ、足元のシューズ、バッグや小物類に目を向けてみるのも、良い頃合いかもしれません。一足早く入荷をしてきた【ANTONIO PIO MELE/アントニオ・ピオ・メーレ】のシューズ類をご紹介していきます。

 【ANTONIO PIO MELE/アントニオ・ピオ・メーレ】は、ビスポーク靴職人であるアントニオ・ピオ・メーレさんが、1999年にミラノにて創業。現在もミラノ市内に店舗とショールームを構えています。ご紹介するのは、そんなビスポークシューズ店が手掛けた「レザースニーカー」。デザインこそシンプルですが、最高品質のアッパー素材・ソール素材を惜しみなく使用し、確かな職人技術で作り込まれたスニーカーは、他の追随を許しません。その販売先も限られていた為、知名度こそ他ブランドに劣りはしますが、まずは足を入れに店頭までいらしてください。足を包み込むような上質な履き心地に、必ずや驚きを感じられるはずです。

DSC_0040.JPG

 アッパーを1枚の革で仕立てたホールカット型は、シンプルなデザインです。角がなく、全体に丸みを帯びたフォルムも印象的でしょうか。

fullsizeoutput_7d25.jpeg

fullsizeoutput_7d21.jpeg

 毛羽の細やかなスエード素材に、トーンを抑えたライトベージュ。カラー名TORTORAは、イタリア語で"野鳩"を指し、ブラウンとグレイを合わせたような上品で美しいカラーで、イタリア製品ではしばしば用いられるカラーリング。前回はホワイトソールでご用意していましたが、今回は飴色のソールに変更。アンティーク調のゴールドを配した鳩目(靴紐の穴)を含め、同系色でマイルドに仕上がりました。

DSC_0054.JPG

 見た目だけでは伝えきれないのが、アントニオ・ピオ・メーレの履き心地、フィット感。足を入れると、ドレスシューズのようにスポッと空気の抜ける音が鳴り、履き口こそ広めにとってありますが、くるぶしから土踏まず、踵に至るまで、しっかりと足をホールドします。サイズが合うことが前提ではありますが、靴の中で足が殆ど動かず、私自身、これがスニーカーの履き心地か、と感心してしまいました。

DSC_0062.JPG

DSC_0064.JPG

 もう一つ特筆すべき点が、ソールの素材。フランスRELTEX社の「LACTAE HEVEA(ラクト・エヴィア)」のラバーソールを採用しています。パラゴムの木から採取される、100%天然のヴァージンミルク(乳液)を使い、50工程以上もの手作業により手間をかけて作られたもので、究極のラバーソールと称する声もあるほど。何が凄いかと言えば、その軽さと反りの良さ(柔らかさ)。足を入れた際には、是非チェックしてみてください。

fullsizeoutput_7d2d.jpeg

 スニーカーと言えば白が定番ですが、円やかなライトベージュのスエードが、きっと違いを生み出すことでしょう。これからの秋冬パンツとも積極的に合わせたいですね。

MODEL:「LEVANTE」スエードシームレススニーカー
SIZE:39 ・ 40 ・ 41 ・ 42
COLOR:ライトベージュ(TORTORA)
MATERIAL:牛革(スエード) ソール:ゴム(LACTAE HEVEA)
PRICE:¥59,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

DSC_0066.JPG

 続いては、シングルモンクストラップのブーツ、と言いたいところですが、底はスニーカーのラバーソール。かと言って、ミッドカットスニーカーでは、この面構えに相応しくないような気も...。いや、何でもカテゴライズしたくなるのは悪い癖です。2つの属性を併せ持つからこそ、魅力的な提案となるアイテムでしょう。

fullsizeoutput_7d23.jpeg

 アッパーは、ほんのり丸みのあるカッティングに、きめ細やかなステッチ。端正なドレスシューズのように、エレガントなフォルムを描き出しています。

DSC_0076.JPG

 一方で、ソールはスニーカーのラバーソール。先に究極のラバーソールとご案内した、フランスRELTEX社の「LACTAE HEVEA(ラクト・エヴィア)」です。革靴にはない、軽やかで、柔らかな履き心地を実現しています。

fullsizeoutput_7d28.jpeg

DSC_0082.JPG

 最も汎用性のある形の一つとして、よく名前が上がるのが、チャッカブーツ。くるぶし丈や、ラウンドのトゥのフォルムは、あの慣れ親しんだチャッカブーツと、どこか似た雰囲気を感じます。シングルのストラップでシャープさを付け加えるとともに、スニーカーのソールで気楽さを手に入れつつ、オンにオフにと、多様な場面で"使いやすい"、そんなモデルになりそうです。リモートワークをはじめとした働き方の変化が顕著な今、ビジネスでも使いたいというニーズにもマッチすることと思います。

fullsizeoutput_7d2e.jpeg

 スニーカーブランドが作るドレススニーカーは、どうしてもカジュアルに寄りがち。ビスポーク靴職人が手掛けるスニーカーだからこそ、ここまでエレガントになるのです。履き心地の良さを含め、価値ある選択となると信じています。

 普段は8サイズ、42サイズを合わせる私ですが、本商品も42がジャスト。いつもと同じサイズから足を入れていただくと良いかと思いますが、足の形には個人差もあります。サイズ感に不安のある方は、下記項目より、お気軽にお問い合わせください。

MODEL:「TRAMONTANA」シングルモンクストラップ スエードミッドカットシューズ
SIZE:39 ・ 40 ・ 41 ・ 42
COLOR:ダークブラウン・ブラック
MATERIAL:牛革(スエード) ソール:ゴム(LACTAE HEVEA)
PRICE:¥68,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

fullsizeoutput_7d31.jpeg

 冒頭で言及した通り、【TRAMAROSSA/トラマロッサ】のイベントに嬉しい再入荷がありました。好評でサイズ欠けをしていたウォッシュドブラウンのデニムと、アイスグレイのデニム。サイズも再び揃い、早速オンラインショップの在庫を反映しておりますので、是非チェックしてみてください。

✴︎ SUGURU blogCachette blogReCHEKも更新しております。こちらも、ご覧ください。

☆彡少数派の為のYouTube「SUGURU STORY by gloryguy」。最新回 シン・俺を信じろ!第4弾「秋冬HERNO 第1弾」が公開されました。こちらにもお立ち寄りください。

サンダルやスニーカーもいいけど、旅スタイルにはタッセルローファーが似合います!!

 できれば送ってきてほしくない請求書とともに郵送されてくるのは、取引先の夏季休暇の案内状。もうそんな時期かと思いながら、カレンダーをめくった今日。Augustという響きはいいけど、時の過ぎる早さに気持ちは焦ります。そんな時は、自分の休暇をイメージして、のんびりブログを書くことにします。

20210729_111439.jpeg

 長閑な休暇に欠かせないのが、読書。待望の小説が発刊されました。浅田次郎さんの「兵諫」。字のごとく、兵を挙げてでも主の過ちを諌めることを意味します。「蒼穹の昴」から読み始め、夢中になった「中原の虹」。「マンチュリアン・リポート」を経て、最近読み上げた「天子蒙塵」。そして遂に出た第6部。気持ちはリゾート地と言わずに、我が家のソファー(上の写真)。Tシャツスタイルに肩にかけるのは、サマーニット(Settefili Cashmere)です。

IMG_3033.jpg

 さらにコーディネート写真も旅をイメージ。

IMG_0123-thumb-450xauto-95388.jpg

ORIAN(オリアン)のリゾート感溢れるワンピースカラーの鹿の子ポロに、

158940580_o3.jpg

 リネン・コットンのざっくり編み込まれたショールカラーのカーディガン(Settefili Cashmere)を羽織り、

IMG_8044 (2)-thumb-450xauto-93623.jpg

 クラシックな表情を持つミディアムブラウンのストライプ柄パンツ(BRIGLIA)は、リネン100%。全体を、リラックス感のあるラフな雰囲気ながら、上品に仕立て上げます。

DSC00607-thumb-400xauto-54666.jpg

IMG_4566-thumb-400xauto-54662.jpg

 昨日、急遽、価格を下げさせていただいたZANELLATO(ザネラート)のボストンバッグ。ビジネスやデイリーに使うバッグは濃色でも、旅で使うなら、カラー「CUBA/キューバ」。その名の通り、キューバの旅からインスピレーションを受けて誕生したカラーで、キューバで有名なハバナシガーを連想させるロマン溢れるカラーリングになります。

IMG_3042.jpg

 足元は、昨日の続きです。DOUCAL'S(デュカルス)のタッセルローファー、モデル「2633」。昨日の「2540」より積み上げは高くなく、アンティーク調に仕上げたスエードのタッセルローファーは、よりカジュアルに履いていただけます。深みのあるロッソが気分を盛り上げてくれるはずです。ご提案できるサイズは、40と41のみ。私スグルは、「2540」、「2633」ともにサイズ41がジャストになります。

IMG_3051.jpg

 サイズ41のみですが、グレイもご用意しております。

MODEL:「DU2633」スエード タッセルローファー
SIZE:39 ・ 40 ・ 41 ・42
COLOR:レッド・グレイ
MATERIAL:牛革 ソール:牛革
PRICE: ¥54,000(本体価格)+税→¥37,800(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


IMG_2845.jpeg

IMG_2864-thumb-autox666-97431.jpeg

 ついに公開です。「シン俺を信じろ! 秋冬HERNO第一弾」。ブログの方が先行しましたが、夏を楽しみながら、来たる秋冬を意識していただければよいでしょうね。

IMG_2591.jpeg

 房飾りを結ぶ紐の形状が網目になっているのが特徴のモデル「1020」。柔らかなサビアベージュの色合いを引き締めているのは、トップラインのダークブラウンの縁取り。優しいながらも引き締まった表情が素敵です。お勧めの色ですが、サイズは41のみとなっています。

MODEL:「DU1020」スエード タッセルローファー
SIZE:39 ・ 40 ・ 41 ・42
COLOR:サビアベージュ
MATERIAL:牛革 ソール:牛革
PRICE: ¥57,000(本体価格)+税→¥39,900(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

148422536.jpg

 忘れてはいけないのが、香り。旅のお供に、YOUFIRST/ユーファーストのフレグランスを。思い出は、香りと共に蘇ります。

 YouTube更新のお知らせです。シン・俺を信じろ!第4弾は、「秋冬HERNO 第1弾」。次の季節の新入荷が、気になる時期になってきましたね。是非ご視聴ください。

カジュアルからドレスシーンのハズシとして幅広く使えるボロネーゼ製法のタッセルローファー。ブランドはイタリア・マルケ州の【DOUCAL'S/ドゥーカルス/デュカルス】です!!

 年間を通して、数々のコーディネートで最もよく使う靴のモデルといえば、タッセルスリッポン。最近は、英国とフランスのブランドを集約して提案させていただいている隠れ場カシェートで展開中のBAUDOIN&LANGE/ボードインアンドランジとなるのですが、グローリーガイにとって親しみ馴染んだブランドといえば、

002-thumb-410xauto-47903-thumb-450x310-95849.jpg

 中世の面影を残す美しい街並み、穏やかな曲線を描く丘陵地帯、アドリア海沿いの180㌔にわたる美しい海岸線、そして豊かな文化のあるイタリア・マルケ州に1973年に創業された従業員60人を率いる靴ファクトリー【DOUCAL'S/ドゥーカルス/デュカルス】。イタリアで最も"まじめ人間"が多いとされる地域で作られる、丁寧で美しい靴です。

 今までの代理店さんの持っている在庫を協賛していただき、ちょっぴりお値打ちにてご提供しております。新しい代理店さんも決まっておりますので、ご迷惑をおかけしないためにも、8月15日までの期間限定とさせていただきます。ぜひこの機会をご利用ください。

どんなモデルがあるのか、ご紹介していきます。

IMG_2397.jpeg

IMG_2363.jpeg

 7月19日のブログをご覧ください。TRAMAROSSA(トラマロッサ)のご案内の際に足元を飾ったのが、こちらの「2540ALANUF」。カジュアルからドレスシーンのハズシとして幅広く使えるボロネーゼ製法のタッセルローファーです。

 ボロネーゼ製法とは、袋仕立てにしているボロネーゼ式の前中底の縫い割り部をリブに見立て、すくい縫いを施したあとに、グッドイヤー・ウェルテッド製法同様の出縫いをかけています。グッドイヤーウェルテッド製法ほどの耐久性はありませんが、履き心地は軽く、抜群の返りが魅力です。基本的な構造はグッドイヤー・ウェルテッド製法と同じなので、修理をしやすいというのも長所の一つです。最もこの靴をお勧めする理由としては、ソールが滑らないということです。かつて、何度もレザーソールの靴を履いて、危ない目にあったことのある方ならお分かりかと思います。

IMG_2430.jpeg

IMG_2446.jpeg

 色違いのネイビーです。TRAMAROSSA(トラマロッサ)のホワイトデニムジャケットに、BERWICH(ベルウィチ)のチェック柄パンツを合わせて履いてみました。

MODEL:「DU2540」スエード タッセルローファー
SIZE:39 ・ 40 ・ 41 ・42
COLOR:ネイビー・ブラウン・ブラック
MATERIAL:牛革 ソール:牛革
PRICE: ¥52,000(本体価格)+税→¥36,400(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

船遊びに最適なコーディネートと、小粋に見せる小道具特集です!!

 できれば、涼しい部屋で読書と昼寝を楽しみたかったと前日までボヤいていた久しぶりの休日。重い腰を上げて出かけたのは、岐阜。名鉄の東岡崎から終点の岐阜駅まで一時間。乗ってしまえば、あとは車窓を楽しみながら、あっという間に到着です。

20210727_143452.jpg

 知らない土地に来たなら、移動はタクシーよりバスの方が楽しい。街並みを眺めながら、のんびり。バスの揺れも心地よいのです。

20210727_144234.jpg

 最初に向ったのは、金華山(旧 稲葉山)の頂上にそびえる岐阜城。かつては稲葉山城と呼ばれ、戦国時代の斎藤道三によって本格的に整備された山城です。その後、この地を治めた織田信長によって岐阜城と改名。

20210727_144355.jpg

 岐阜城で降りれば良いのに、なぜか一駅超えてしまいました。まぁ、歩くのも気持ちが良いものです。急ぐ旅ではありません。旅のお供は、学生時代からの友人。先月、購入してくれたBARENA(バレナ)のポロシャツがよく似合っていました。それにしても人がいない。連休明けの平日だからでしょうか。

20210727_161239.jpg

 標高329mに建つ岐阜城。ロープーウェイを降りてから暫く歩きます。こんなときに日頃の運動不足が祟るんですね。近くに天守閣が見えているのに、なかなかたどり着けない、そんなもどかしさです。ところで人がいない。オリンピックが開催されたせいでしょうか。

20210727_173711.jpg

 旅の一番の目的が、長良川の鵜飼見物。夕方の6時45分船出です。ここへ来て、ようやく家族づれやカップルで賑わいを見せます。

20210727_180815.jpg

 観覧船には一番乗り。少しでも早く、疲れた足を伸ばしたかった...が、本音です。同じ船に乗られたのは、家族連れ1、カップル2、母と娘の親子1、ひとり旅の青年1、そしてオヤジの二人連れ1の計13名。ゆとりのある空間に、物静かな人たちで心地よい空間でした。敢えて、煩かった人といえば、友人かもしれません。

1627454730054.jpg

 鵜飼場所まで移動して、始まるのを待ちます。私たちが選んだのが、弁当付き。ここで美しい夕日を眺めながら、食事をします。鵜飼の期間は、5月11日から10月15日まで。時期によって周りの風景も気候も変わります。遅い時期なら、肌寒さを感じるかもしれませんね。

1627454678325.jpg

 打ち上げ花火を合図に鵜飼が始まると、周りは静寂に包まれます。長良川の鵜飼は、1300年の歴史を持つと言われ、かつては織田信長などの有力者の保護を受けながら、現在は、日本で唯一の皇室御用であり、鵜匠は職名を宮内庁式部職鵜匠といい、鵜飼用具一式が重要文化財にもなっています。さらにこの鵜飼漁法が民俗文化財となっていると聞けば、自然と神妙になります。

20210727_202157.jpg

 最後に"総がらみ"といって、6隻の鵜舟が横隊になり、浅瀬に鮎を追い込んで巻き狩りする漁法を披露。幻想的な風景です。旅の初めから連発する「日本人に生まれてきてよかった」の友人の言葉に、この時は思わず賛同してしまいました。8時半に下船。このまま帰るには惜しい夜。岐阜駅で軽く一杯、いや2杯引っ掛けて、帰路につきました。いつもは寝付きの悪い私スグル。この日は刺激的ではなく、優しい夜のせいか、ベッドに横になるなり朝まで爆睡でした。

 長い前置きになりましたが、この流れでのご提案して行きますので、引き続きご覧ください。

IMG_2969.jpeg

IMG_2980.jpeg

 鵜飼見物にオススメの和テーストを盛り込んだコーディネートです。まず注目していただきたいのが、ボトム。BERWICH(ベルウイッチ)のリネン100のパンツのモデル名は、「SAKE/サケ」。モデル名からして、和。さらにリネンのかすれ感が夏祭りのイメージにぴったりです。合わせたシャツはBAGUTTA(バグッタ)の「NABE/ナベ」。変換すれば、鍋になり、ホワイトのコットンポプリンにビッグシルエットの開襟シャツがレトロな雰囲気を醸し出します。船にちなんで、マリンテーストを入れたのが、ボーダーのTシャツ(私物)。足元はParaboot(パラブーツ)の「NOUMEA」ストラップサンダルで涼やかに。

IMG_2987.jpeg

IMG_3005.jpeg

 同じくBERWICH(ベルウィッチ)の「SAKE」。色違いのインディゴブルーでは、日本の船頭さんに対抗して、ベネチアのゴンドラ風にアレンジしてコーディネートです。合わせたニットは、PHIL PETTER(フィルペター)、足元はParaboot(パラブーツ)のデッキシューズです。乗船すれば、必ずや船頭さんからお声がかかるはず?です。

IMG_3014.jpg

 これはなんだ。でも和です。どうやら、今度、カミさんが踊りで使う衣装のようです。踊る曲は、♩め組の人♩。倖田來未さんバージョンでしょうか。それにしても派手な...元気は出そうです。

IMG_3018.jpeg

 持っていけばよかったと後悔したのが、ヴィンテージを中心としたアクセサリーデザイナー、わたなべ ひろこ氏とコラボしたグローリーガイ別注のリネン素材の巾着。レザーにはない和のテーストが盛り込まれた、他にはない巾着です。女性の視線を釘付けにするのは、実は洋服ではなく、こんな小物なんですね。一時、完売しておりましが、彼女が持っていた在庫を分けてもらうことにしました。優しい配慮です。残り一点ずつです。少しだけ価格を抑えたのは、私スグルの優しい配慮と思ってください。

 もう一つ、船遊びに必要なのは、涼風に紛れ込む優しい香り。日中の暑さも和らいできた夕暮れ時、かすかな香りは、気持ちを落ち着かせます。タイミングよく、カシェートに入荷してきたYOUFIRST(ユーファースト)のフレグランス。これで夏祭りを迎える準備が整いました。今度、船遊び?鵜飼がいつの間にか船遊びに代わってしまいましたが、できればオヤジ二人連れではなく、浴衣を着た女性とカップルで乗船したいものです。

L1210325-thumb-450xauto-97534-1.jpg

 【YOUFIRST/ユーファースト】については、SUGURU blogにてご案内しております。

5BB63FAC-8C46-4388-B199-9C8FA68C34D4 2.jpeg

 まだまだ続く夏のセール。今だからこその価格でご提供しております。ぜひこの機会にご利用ください。

IMG_5C4E84CA7A62-1.jpeg

 7月15日から11月下旬にかけて、ここ竜美丘ガーデンプレイスの駐車場の修復工事が行われます。しばらくの間、スーパードミーさん側の入り口は使えません。ご来店の際は、正面の入り口をご利用ください。また、現在、グローリーガイ店舗裏側にご用意させて頂いた専用駐車場も工事のため、正面ウィンドウ前に移ります。車止めにブロックやカラーコーンを置いて表示させて頂きますので、こちらをお使いください。この場所をさらに活性させていく工事です。しばらくの間ご不便をおかけしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

HERNO/ヘルノが提案するリゾートコレクションならではの、贅沢でラフなアウターです!!

 誕生日前、密かに飲み屋さんで囁かれていたのは、「プレゼントを何にしよう?」。ある人は、「彼は洋服屋さんだから、有名ブランドのTシャツなんかはどう?」それを横で聞いていた人は、「洋服屋さんだから、洋服じゃない方がいいんじゃない?」一番、よく私を知る人は、「一度、聞いた方がいいよ。好みがあるだろうから」。何かと気を使っていただき、ありがとうございます。ということで、ちゃっかり自分の好みを聞いていただき、贈っていただいたのが、

20210726_142723.jpeg

20210726_142703.jpeg

 現在、隠れ場Cachette/カシェートで、Whitehouse Cox/ホワイトハウスコックスと並べてイベントを行っているDAVIDE ALBERTARIO/ダビデアルベルタリオの長財布です。

20210726_135310.jpg

 色違いの赤と迷いましたが、最近、赤のものが増えておりますので、ここはクールな青に決めました。自分が持つとなれば、このDAVIDE ALBERTARIO/ダビデアルベルタリオの小物たち。フェアが終わったら、グローリーガイに並べたくなるのが、人情。そうなると、必然的に英国ブランドであるWhitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)は JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のように、カシェートでの展開になりそうです。

IMG_2728.jpg

 好評につき、期間を延長してお届けしている"Basic leather goods fair"。一部、欠けているモデルもありますが、取り寄せすることも可能です。ご覧になれば、バリエーションの多さに驚かれるはずです。ぜひ、この機会に足をお運びください。

20210726_135342.jpg

 「そろそろベルトが欲しいな」と思っているときに目にしたWhitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)のメッシュベルト。かつて、ラルフローレンが惚れ込んでオーダーしたベルト。カシェートの商品を見ていると、ついつい昔を懐かしんでしまう...そんな年頃です。

 暑さのせいか、前置きがダラダラとなりました。本日のご紹介は、昨日に続き、【HERNO/ヘルノ】のリゾートコレクション。本日、You Tube「シン俺を信じろ!」第4弾としても収録しました。思い返せば、昨年の同じ時期、You Tubeの「SUGURU STORY」でもご提案していました。

IMG_2773.jpeg

 "Simple is Best"の言葉がぴったりのフーデットハーフコート。マウンテンパーカーといっても良いかもしれません。

IMG_2793.jpeg

IMG_2798.jpeg

 薄い中綿入りのナイロンストレッチ素材で作られるパーカーは、軽さはもちろん、伸縮性のある心地よい着心地です。ハンガーにかかっているより、着た方が素敵に見えるのは、今日の収録でも実証済み。各方面?から、「それいいね!!」のお声をいただきました。

IMG_2799.jpeg

 縦型のジップ付きポケットは、両サイドに。タウンユースには充分な機能です。動画ではハイゲージのタートルネックでご紹介。冬のダウンジャケットほどボリュームはなく、早い時期から春先まで気軽に羽織っていただける便利なアイテムになります。

IMG_2911.jpeg

IMG_2916.jpeg

 このパーカーをさらに魅力的にしているのが、パッカブルの機能。どんな状態になるかは、少し前のブログから借りましょう。

IMG_2974 2-thumb-450xauto-91615.jpg

IMG_2847-thumb-450xauto-91573.jpg

 どうでしょうか。さすが、タカイさんですと、さん付けに。綺麗に包み込みました。

IMG_2787.jpeg

 モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:中綿入りナイロンストレッチ マウンテンパーカー
SIZE:44・46・48・50
COLOR:オリーブ
MATERIAL:表地:ナイロン86% ポリウレタン14%(合成樹脂ラミネート加工) 中綿:ポリエステル100% 袖口:ナイロン85% ポリウレタン15% 裏地:ナイロン(ポリウレタン コーティング)
PRICE:¥108,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


IMG_2806.jpeg

 ウール素材のバルスター型ブルゾン、いやポケットの仕様が異なるので、立ち襟ブルゾンが正解でしょうか。リゾートコレクションならではのラグジュアリー感漂う佇まいです。

IMG_2906.jpeg

IMG_2908.jpeg

IMG_2820.jpeg

IMG_2825.jpeg

 スノウホワイト、とでも言うのでしょうか。黄味の少ないクリーンな色合いです。かすかな織り柄がウールの柔らかさと、丸みのあるシルエットをシャープに、そしてモダンに見せています。

IMG_2831.jpeg

 裏地をつけないことで、ニットのような柔らかな着心地に。さらに、パイピングとポケットに配したグレイカラーが、より高級感のあるブルゾンに仕上げています。

IMG_2816.jpeg

 モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:ウールヘリンボーン柄立ち襟ブルゾン
SIZE:44・46・48・50
COLOR:スノウホワイト
MATERIAL:表地:ウール100% ニット部分:ウール100%
PRICE:¥112,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

IMG_8209 (2)-thumb-450xauto-94005.jpg

IMG_8473 (2)-thumb-450xauto-94003.jpg

IMG_8500 (2)-thumb-450xauto-94007.jpg

 ところで、持っているバッグ、気になりませんか?なんて、取って付けたような書き出しですが、そこそこの容量があって、気軽にモテるバッグを探されている方にお勧めなのが、【ORCIANI/オルチアーニ】の「シボ革トートバッグ」。他のアイテムとともに、こちらのブログでご案内しておりますので、宜しければご覧ください。

※ スタッフ、タカイがご提案する「Re CHEK」も更新しております。ぜひご覧ください。

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る