冬の間に休眠する戦略を取った落葉樹を横目に提案し続けるグローリーガイ&隠れ場カシェートです!!

20201211_152152.jpg

 隠れ場カシェートの今日の風景。本格的な冬を前に最後の色づきです。クマと同じように冬の間に休眠する戦略を取った落葉樹。紅葉は、その準備期間。もうすぐ落ち葉となって休眠に入ります。そろそろ私も同じ戦略を...と、残念ながら、そういうわけにいきません。でも、これからの寒い季節、少しペースダウンした方が良さそうです。

20201211_153804.jpg

20201211_154252[4810].jpg

 紅葉から落ち葉に代わる時季、散策するなら...と選んだのが、英国ブランド。まだ未公開のDrake's(ドレイクス)のギンガムチェックのボタンダウンシャツにWILLIAM LOCKIE(ウィリアムロッキー)のクルーネックセーター。ボトムはCORDINGS(コーディングス)のチノパンツコーデュロイパンツ。どちらもブリスベンモスの生地です。足元は、サイズ6のみとなってしまいましたが、Drake's(ドレイクス)のデザートブーツが気分でしょうか。アウターは、チノパンツならBARACUTA(バラクータ)のG9コーデュロイを選びます。チノ、コーデュロイとどちらにも合わせることのできるGRENFELL(グレンフェル)のボア付きマウンテンパーカー「SCAFELL」なんかも保温性も高い上にテンションも上がるでしょう。

IMG_0871 (2).JPG

 もっと気楽にというなら、これもいい。SAVE THE DUCK(セイブザダック)の「中綿入りフーデットブルゾン」。11月7日のブログにて、私がサイズSをタイトに着てしまったため、サイズ選びにご迷惑をお掛けしてしまいました。実際はMサイズがジャストになります。

PC150169.JPG

 ちょうど、タカイが担当している「あのコーディネートをもう一度のReCHECK」にも登場しております。ぜひ、ご覧になってください。

cachetelastone-thumb-550xauto-91041.jpg

 なにやら企んでいる隠れ場カシェートの販売員ジュニア。蔵庫/マガジーノでかつてコンビを組んでいたマスヤマと一緒に秘かに準備しております。詳しくは、SUGURU blog(Cachette MEN'S)にて今夜中にご案内させていただきます。もう暫くお待ちください。

☆少数派の為のYou Tube「SUGURU STORY by gloryguy」。宜しければ、こちらも覗いてやってください。

ほっこり暖かな冬を過ごすなら、Bark/バークのBark編みニットアウターがお勧めです!!

IMG_7830.jpg

 3年ぶりの再会です。懐かしのブートニエール君が「ここで待っていたよぉ」と手を振って出迎えてくれました。2021年秋冬より再始動するLARDINI(ラルディーニ)。まずはご報告です。

IMG_0799 (2).JPG

 最高気温は、15度。日差しもあります。本日、私スグルが選んだのは、BARACUTA(バラクータ)のG9ブルゾン。迷ったのは、PAUL&SHARK(ポールアンドシャーク)のプルオーバーブルゾン。迷うものがあることは良いことです。

IMG_0831 (2).JPG

IMG_0827 (3).JPG

 その日の服装を選ぶ際に忘れてはならないのは、夜の気温。この日、夜の出勤はないとものの、いつ呼び出しがあるか分かりません。3か所の首は温めておかなければなりません。幸い、袖はリブ仕様。首はタートルネックで、足首はウールのソックスで固めました。

IMG_0748 (3).JPG

 昨日公開のYou Tube「おまけ動画」で話題に上がったマスヤマ。着ていたのが、色違いで購入したPAUL&SHARK(ポールアンドシャーク)のプルオーバーブルゾン(彼はブラックのS、私はネイビーのXS)。被らなくて良かったぁ~が、朝の挨拶でした。ただ、カシェートに移動し、ジュニアがBARACUTA(バラクータ)のG9を着ていたのには驚き。色も全く同じダークネイビー(私は38、彼は40)です。使いやすいアイテムだけに、どちらも制服みたいなものです。

 「ところで、もっと寒くなったら、どうする?」が、本日のテーマです。

IMG_0771 (2).JPG

 答えは、「BARK/バークを着ましょう」です。今季、久しぶりに再会。バイイングした理由は、これからの季節を見込んでです。来週からかなりの冷え込みが予想されます。気温は一桁、最低気温は氷点下ともなれば、遂にダウンやウールコートの出番です。その選択肢として選んだのが、世界特許をもつBark編みのニットアウター。周囲との差をつけるなら、間違いのない選択です。詳しくは、You Tube「SUGURU STORY by gloryguy」でご紹介させていただいております。

IMG_0810 (2).JPG

 私も負けじとバラクータの上に羽織ったのは、ブラウンのXSサイズ。マスヤマはSを羽織っております。

IMG_0492 (2).JPG

 チャコールグレイは、ジャケットの上にSサイズで羽織っております。サイズの目安としては、XS=44、S=46、M=48、L=50でしょうか。あくまでもアウターとして着る場合のサイズ感です。Bark(バーク)を着て、ほっこり、暖かい冬をお過ごしください。

IMG_4413 (2).jpg

MODEL:Bark編みニットアウター
SIZE:XS・S・M・L
COLOR:オフホワイト・ダークブラウン・チャコールグレイ
MATERIAL:ウール80%・ナイロン20%
PRICE:¥68,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


SUGURU blog,CACHETTE blog,Re CHECKも更新しております。こちらも、ぜひ覘いてみてください。

来年の仕入れを考える為に、今季のセレクトを振り返ってみました! まずは、羽織ることのできるニット編です。

 半年ぶりの大阪です。3ブランドのバイイングを終え、その足で東京へ。本来なら泊りのスケジュールでしたが、本日、大切なお客様がご来店する予定になっており、遅い時間の新幹線で戻ってまいりました。

20201208_134718.jpg

 新大阪駅で購入した駅弁。車窓の景色を見ながらの食事は楽しみの一つ。特に大阪から上る新幹線の進行方向左側の景色に飽きることはありません。京都を過ぎて、琵琶湖東を走ると遠く見えてくるのが、井伊直政の彦根城。そしてすぐに石田三成の佐和山城跡。左に伊吹山を望み、トンネルを抜ければ、そこは天下分け目の舞台となった関が原古戦場。何回通ってもワクワクする景色です。名古屋駅に入る直前に清州城が見えますが、これは観光用。この当たりから富士山が見える辺りまで、読書か居眠りです。

 来年の仕入れを考えるためにも、今季のセレクトを振り返ってみます。まずは、ニット。中でも前開きの羽織れるニットを各ブランドからピックアップします。

 まずは、【ZANONE/ザノーネ】から

IMG_0291 (3).JPG

 【ZANONE/ザノーネ】の立ち襟ジップアップセーターです。今回、「URBAN TRAVELLER」からミリタリー調の弾力性のあるニットが登場しました。

IMG_9584 (2).JPG

 前回のコーディネートが、こちら。サイズ48で着用していますが、タイトなフィット感です。ただ、じわっと伸びてくる伸縮性が動きを邪魔することはありません。ミリタリーグリーンのニットを揃えるなら、このデザインはお勧めです。

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ48を着用しております。

MODEL:「URBAN TRAVELLER」ウール・アクリル立ち襟ジップアップセーター
SIZE:46 ・ 48 ・ 50
COLOR:ミリタリーグリーン
MATERIAL:ウール50%・アクリル50% 
PRICE:¥48,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


087.JPG

 サイズは44と50のみとなってしまいましたが、温かさとリラックス感を楽しむなら、ローゲージのショールカラーカーディガン。静かな時間を過ごすには、強い色合いより、彩度のないニュートラルカラーがお勧めです。

026.jpg

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:ローゲージ ショールカラーカーディガン
SIZE:44・46・48・50
COLOR:グレー ・ インディゴブルー
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥59,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


 そして【Drumohr/ドルモア】からは、

IMG_8742 (2).JPG

 カシミアにガーメントダイ加工(製品染め&製品洗い)を施したジップアップセーターです。このさり気なさが贅沢の極みになるか、ならないかは人によって異なります。かつて、ボリオリがカシミア素材のジャケットに同じ加工を施し、洋服好きのため息を誘ったように、着込んだだけでは出せないヴィンテージ感が魅力です。

IMG_8755 (3).JPG

 モデルは身長175cm、体重64k、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:カシミアガーメントダイ加工ジップアップセーター
SIZE:44 ・ 46 ・ 48 ・50
COLOR:ダークグレイ
MATRIAL:カシミア100% 
PRICE:¥76,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


IMG_8367 (2).JPG

IMG_8324 (2).JPG

 こちらは対照的です。表面をクリアに見せたエクストラファインメリノウールリブ編みのジップアップブルゾン。両サイドにポケットを付けることで、よりアウターの要素を持たせています。先にご案内のニットを普段着に、こちらを出かけ着にする贅沢を味わってください。

IMG_8401 (2).JPG

IMG_8404 (2).JPG

モデルは身長175cm、体重64k、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL: ジップアップ ニットブルゾン
SIZE:44 ・ 46 ・ 48 ・50
COLOR:アイボリーホワイト・ダークブラウン
MATRIAL:ウール100% 
PRICE:¥61,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


 もう少しご提案を進めていきたかったのですが、時間切れです。友人との約束時間が迫ってきておりますので、本日はここまでとさせていただきます。明日、またお会いしましょう!!

 暖房設備が足元の電気ストーブだけの事務所。営業時間が過ぎ、店内の暖房スイッチが切られてしまうと、更に寒さが増します。皆さんも温かくしてお過ごしください。

 少数派の為のYou Tube「SUGURU STORY by gloryguy」。宜しければ、覗いてみてやってください。

気になる二ブランド、PYRENEX/ピレネックスとGRENFELL/グレンフェル。季節に合わせてコーディネートしてみました!!

 これからの仕事着は、これっ!! と今日も着ているPAUL&SHARK(ポールアンドシャーク)の「TYPHOON 20000クルーネックストレッチプルオーバーブルゾン」。着ていると仕事がはかどるんだわぁ~なんて、気分を盛り上げながらブログを書いております。マスヤマも予定通り、ブラックのSサイズを購入。趣味がサーフィンの彼は海で、私は仕事用兼読書用になりそうです。この後、一緒にお茶する女友達の反応も楽しみです。

 本日は、今、隠れ場Cachette/カシェート展開の気になるアウターを2型、コーディネートを交えて書き綴っていきます。お付き合いください。

IMG_0694 (2).JPG

 ボトムをチャコールグレイにし、トップスをネイビーのワントーンで組み合わせたコーディネート。ブラックよりスポーティーで若々しい永遠の青春カラーのネイビー。再び注目が集まりそうです。選んだダウンジャケットは、【PYRENEX/ピレネックス】。少数派の為のYou Tube「SUGURU STORY by gloryguy」の中でも断トツの視聴回数を誇るフレンチダウンブランドです。気温が下がりだしてからの数字の伸びに、注目度の高さをうかがい知ることができます。

《2019年12月1日に公開された動画です》

 羽織ったモデルは、ミドル丈のフード付きダウンジャケット「BELFORT/ベルフォール」。今季より全てのカラーが一新。その中で正に紺色というネイビーに釘付けです。もともと好きなネイビーですが、特にこの深みのある色合いには惹かれました。詳しくは、11月28日のSUGURU blogをご覧ください。本当は実際に見ていただきたい今シーズンのカラー。どの色も素敵です。サイズS(46相当)を着用しております。

IMG_0709 (2).JPG

 インナーに着たニットはSettefili Cashmere(セッテフィーリ カシミア)の「カシミア100% メランジ タートルネックセーター」。昼食も本日は女性と一緒でした。ジャケットの下はドルチェヴィータ。ドルチェヴィータはイタリアで"甘い生活"の意味。パスタの後にドルチェを頂き、甘い時間を楽しんできました。サイズ48(やや小振り)を着用しております。

 スーツやネクタイなどを必要とせず,終始タートルを着ていることが出来る人は常に自由で,寒い冬でもぬくぬくと暖かい"甘い生活,気ままな自由な生活"を送る事が出来る人と言う意味で、タートルネックセーターをドルチェヴィータと呼びます。

157-thumb-450xauto-77080.jpg

 タートルネックの中でも特に甘いのは、カシミア100%のもの。さらに編み成す糸はロイヤルブルーとブラックの奥深い配色。さらにさらに、手間のかかる稀有なスイス製ヴィンテージ編立て機で編まれたニットは、ただ甘いだけではなく、豊かな風味も備わっています。

048.JPG

 ボトムは、端正な顔つきながらも、ちょっぴり揺れ感のあるBorelio(ボレリオ)の「ベネシャンウールストレッチパンツ】を。穿いているのは私物。昨年、購入して以来、最も出番の多いパンツです(サイズ46を着用)。

IMG_0723 (3).JPG

 気になるといえば、やはり【GRENFELL/グレンフェル】。前回、SUGURU blogにジュニアに代わってご紹介させていただいた「Shooter」。多くの方からお声がかかり、サイズ36が完売。次回に期待です。そうなると、次の標的はマウンテンコートの「SCAFELL」。ダウンジャケットやウールコートが十分にクローゼットを満たしているだけに、この流れは自然なことかもしれません。このモデルはスリムフィットなのでしょうか。「Shooter」はサイズ36でしたが、38サイズがジャストでした。

IMG_0711 (2).JPG

 今の気分なら、こんな感じ。トラディショナルな雰囲気を出しながら、リラックス感のあるコーディネートです。

IMG_0717 (2).JPG

 シャツとニットの組み合わせです。冬の寒さから身を守るには、重ね着が一番。温度調整もできます。Tシャツにニットでは見た目にも寒そうです。Tシャツをシャツに替えるだけで知的さも増します(サイズShortを着用)。

IMG_0742 (2).JPG

 選んだニットは、フランス語の"出会い"を意味するRencontrant(レンコントラント)。ディレクションは、ニットと旅を愛するフランス人女性で日本製になります。カシミア80%、セーブル20%のケーブル編みのクルーネックセーターは見るからに温かそう。スティーブ・マックイーンが愛用していたアランセーターの柄と同じと訊けば、ときめかれる方もあるはずです。

IMG_0745 (3).JPG

 ニットの下に着るならオックスフォード地のブルーがお勧めです。重ね着のしやすさと、ニットの質感と相性がとてもいいんです。タックアウトがお好みであれば、Giannetto(ジャンネット)の「VINCH FIT」をお選びください(サイズ39を着用)。

IMG_0734 (2).JPG

 同じくBorelio(ボレリオ)の「DANNO」です。そろそろ色柄違いで欲しいパンツです。ブラウン×ブラックのグレンチェック柄が全体の表情を豊かにまとめ上げてくれます(サイズ46を着用)。

 入荷時期が早く、まだ冬を実感できないままにご案内したアイテムも多いはず。12月に入り、本格的な冬が目の前です。暫くは、より季節に合わせたコーディネートで改めてご提案させていただきます。

 You tube「SUGURU STORY by gloryguy」Vol.29が公開されました。今回の注目したブランドはBarbour(バブアー)GRENFELL(グレンフェル)PYRENEX(ピレネックス)の3ブランド。季節到来の今、ぜひご覧いただき、ワードローブの充実にお役立てください。

SUGURU blog,CACHETTE blog,Re CHECKも更新しております。こちらも、ぜひ覘いてみてください。

 追記です。冒頭で述べた女友達の反応です。まず質感の良さを褒められました。マークも可愛いとのことです。下のパンツがあれば上下で欲しいとも言われました。ラグジュアリーだとも。さすがです。もと服飾に携わっており、目の肥えた女性からお褒めの言葉。「よしっ!!」です。価格も45.000から55.000円の間ぐらいとお見事でした。

世界的に有名なイタリアの高級レーベル、PAUL&SHARK/ポールアンドシャーク 扱えるだけで名誉なことです!!

20201203_204053[4416].jpg

 無性に食べたくなるオムライス。できればデミグラスではなくトマトケチャップがいい。久しぶりに顔を出した昔ながらの喫茶店。いつもならケチャップソースなのに、なぜかこの日はデミグラスソースでした。閉店前のお客さんがほとんどいない時間帯。席に座れば、注文しなくても出てくる毎度の料理。いつも同じだから、店主が気を利かせてくれたのかどうかは分かりませんが、これからは「トマトケチャップ」と声に出さないといけなくなりました。

IMG_8456 (2).JPG

 10月29日のブログで、PAUL&SHARK(ポールアンドシャーク)の「中綿入りウェーブキルティングブルゾン」のサイズXSを着ております。思わず、購入してしまいそうな勢いでしたが、実はよく似たブルゾンをHevo/イーヴォで持っていることに気づき、一時的に断念。お気に入りのモデルだけに気温に合わせて羽織って出かけてみると、運転中の肩の動きに違和感が。デザインは良いのですが、どうも機能性を考えると...なんて、またまた購買意欲が沸々とです。

PRIMALOFT

NASAが開発したと言われている新素材PRIMALOFT(プリマロフト)を採用。
その特徴は、軽量性/保温性/耐水性です。
独自の極細繊維が密集した空気層を形成し、体からの熱を閉じ込めて冷気を遮断するので、その軽量さに対して優れた保温性を発揮。一般的なダウンウェアは濡れると空気層を失うため保温効果がなくなることがほとんどですが、プリマロフトは耐水性を備えているので、保温効果が失われることはありません。また特殊な繊維加工により水分を弾くので、水が侵入した場合にもよりドライな状態を保ちます。
極細の生地のため、滑らかな素材感も魅力。さらに肌からの水分を蒸気として発散させる透湿性も備えています。

IMG_0614 (2).JPG

 スウェットの上下に合わせたのは、サイズS。こんな風に着る機会の多いブルゾン。サイズはこちらの方でしょうか。タイトに着るカッコよさもありますが、生活の一つの道具として考えた場合、少しゆとりを持った方がよさそうです。軽量性・保温性・耐水性にプラスされるのは、ゆとりあるオトナのラグジュアリー感です。

MODEL:中綿入りウェーブキルティングブルゾン
SIZE:XS・S・M・L
COLOR:ブラック
MATERIAL:表地:ナイロン100% リブ部分:毛100% 裏地:ナイロン100% 中綿:ポリエステル100%(プリマロフト)
PRICE:¥82,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


IMG_0567 (2).JPG

 前回も登場したコーディネートです。合わせているパンツはBorelio(ボレリオ)、靴はPantofola d'Oro(パントフォラドーロ)です。

IMG_0582 (2).JPG

 【PAUL&SHARK/ポールアンドシャーク】の展示会で注目したのが、このクルーネックのプルオーバーブルゾン。ジュニアがネイビーとブラックの2色を選んだほど、心に刺さったアイテムです。何が凄いかと言えば、

pshark_03.png

Typhoon

  • High waterproof (20.000mm) and windproof performance (ultra thin membrane)
  • Thermoresistant
  • Breathable
  • Heat-taped seams

 厳しいヨットレースにも耐えうる、PAUL & SHARK独自の加工技術。
高い防水性/防風性はもちろん、シームにテーピングを施すことで風を遮断し保温性を高めるなど、製品の細部にまでこだわっています。ロロピアーナをはじめとした高級素材にも応用可能な技術で、機能性だけでなくエレガントな雰囲気も忘れません。
どんな場所/天候にも耐えうる唯一無二の技術です。

DSC02317-thumb-500xauto-90201.jpg

DSC02322%20(1)-thumb-500xauto-90193.jpg

L1140413-thumb-500xauto-90296.jpg 

 そんな本格的な素材を使った普段着。過酷な条件の中で着る方は、お客様を含め、私たちの周りにも少ないはず。ただ、日常着としての必要性はあります。特に、このモデルのテーマは「TRAVEL」。普段の生活の中に取り入れていくには最適なアイテムとなっています。

IMG_0585 (2).JPG

 脱ぎ着が楽なように両サイドはジップ仕様に。 11月18日のSUGURU blogで詳しく説明しておりますでで、ぜひご覧ください。

IMG_0589 (2).JPG

 これからの季節なら、中にタートルネックのニットを合わせれば、防寒性は抜群です。実は、このブルゾンを着ながらブログを書いておりますが、暖房の効かない事務所でも温々(ヌクヌク)。それにストレッチが利いていて、楽々。どうやら、今までにないアイテムが私のワードローブに加わりそうな...そんな予感です。移籍後、反応したのはマスヤマ。彼はブラックのSサイズ。ならば、私はネイビーのXSサイズとなるでしょうか。

 モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、Sをゆとりをもって着用しております。

MODEL:「TRAVEL」TYPHOON 20000クルーネックストレッチプルオーバーブルゾン
SIZE:XS・S・M・
COLOR:ブラック・ネイビー
MATERIAL:表地:ポリエステル58% 42%ポリウレタン 裏地:ナイロン100% 
PRICE:¥49,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


IMG_0573 (2).JPG

 そして、最後は「ボア付きフーデットダウンベスト」。このブランドへの思いは、ジュニアに及びはしませんが、グローリーガイに移動し、身近に置いてみると、その魅力にどんどん引き寄せられていく自分がいて、とても不思議に感じています。

 SUGURU blogにて詳しくご紹介しておりますが、少しだけ補足です。

IMG_0666 (2).JPG

 このクラスなら当たり前と言えば、そうなんですが、やはり芸の細かさは格上です。フードを外した際の留め釦は、きれいに収まります。

IMG_0669 (2).JPG

 フロントのジップが当たらない為の保護布の処理も見事です。さらに襟元が自然に立つように別布を当て、スナップで留める仕様になっています。

IMG_0672 (2).JPG

 裾のドローコードも当たり前の仕様ですが、パーツを含め、一つ一つの作りが優しいのです。着る人の為だけではなく、周囲の人たちにも、そして環境に配慮しながら、しいては地球への負荷軽減を目指している、そんな企業の姿勢が商品を通して感じることのできるブランドが【PAUL&SHARK/ポールアンドシャーク】なんです。

IMG_0579 (2).JPG

 モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、Sを着用しております。

MODEL:ボア付きフーデットダウンベスト
SIZE:S・M・L
COLOR:・ゴールドブラウン
MATERIAL:表地:ポリエステル100% 中綿:ダウン80%・フェザー20% 別地:毛65%・ナイロン25%・ポリエステル10% 裏地1:ポリエステル100%:裏地2ナイロン100%
PRICE:¥86,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

SUGURU blog,CACHETTE blog,Re CHECKも更新しております。こちらも、ぜひ覘いてみてください。

You Tube「SUGURU STORY by gloryguy」。こちらもご視聴いただけますようにお願い申し上げます。

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る