南の島で過ごす夏も、日本で過ごす夏も! BARBA/バルバのカプリシャツ!!

 GLORY GUYが構えるガーデンプレイスの敷地内には緑が多く、ここ最近の晴天ときどき雨のお陰で草木がしっかり芽吹き、養分たっぷりの葉が青々としています。ただ、私たちが管理している訳ではないので、撮影時に勝手に拝借しているのですが、この時期のアイテムをご案内する時に、背景として丁度良い引き立たせ役になってくれます。

 本日のblogですが、今シーズンのアイテムは既に全てを紹介済みですので、過去にご紹介したアイテムをプレイバックしていきます。本日のご案内は、実家から海まで数メートルという海の町で育ったタカイがご案内する【BARBA/バルバ】のカプリシャツです。

IMG_9726.JPG

 言わずと知れた、イタリア南部のリゾート地・カプリ島で過ごす夏をイメージして名付けられ、日焼けした肌が似合う夏シャツ。プルオーバータイプで、胸元を大きく開いたゆとりのあるフィッティングは、胸元や裾、袖先からすーっと入ってくる風によって、リラックス気分を味わえる快適な着心地です。

 生まれは海の町と言いましたが、実は漁港です(汗)。しかも、色白のインドア派です。ただ、今年は夏に向けて日々トレーニング&日焼けをしてきている成果?か、なんとか夏をイメージできる画になったのではないでしょうか。服をカッコ良く着るには体造りも大切ですね。

  DSC08121.JPG

 本日ご紹介するのは、こちらの3色。リネン100%のネイビーシャドーストライプとホワイト無地、そしてリネンコットンのサッカーストライプです。

   IMG_9747.JPG

  IMG_9742.JPG

  IMG_9710.JPG

 夏のネイビーリネンは、顔つきや体つきを精悍に見せてくれる鉄板シャツです。ショーツを合わせたリラックスしたコーデにも、どこか色気を感じさせるオトコっぽさがあります。

 ホワイトの柔らかな見た目は、一見ラフにも見えがちですが、【BARBA/バルバ】のカプリシャツは違います。台襟を付けてしっかりとした芯地を入れる事で、襟がピンと立ち、襟元の開きがきれいなラインを描きます。

  インディゴネイビーにコーディネートしたパンツはVIGANO、バッグはTORAMONTANO、シューズはParaboot。ホワイトにコーディネートしたパンツはINCOTEX、ニットはGran Sassoです。

 モデルは身長180㎝、体重67㎏、胸囲93㎝で、サイズ38を着用しております。

MODEL:「CAPRI 4899」 リネンホワイト&リネンインディゴネイビーカプリシャツ
SIZE:37・38・39・40
COLOR:インディゴネイビー・ホワイト
MATERIAL:リネン100%
PRICE:¥30,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

  FullSizeRender.jpg

 乾いてサラッとした着心地のサッカー地は、夏に最適な一枚。ストライプに派手さはなく、ブルーの濃淡2色で作られたストライプには奥行きを感じさせます。

モデルは身長180㎝、体重67㎏、胸囲93㎝で、サイズ38を着用しております。

MODEL:「CAPRI 4899」 コットン・リネン ストライプドカプリシャツ
SIZE:37・38・39・40
COLOR:ホワイト×ブルー
MATERIAL:コットン65%・リネン35%
PRICE:¥32,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

   IMG_9740.JPG

 以外にも、インナーとしても活躍するカプリシャツ。オープンカラー(開襟)シャツのようにざっくりと開いた襟元が、コロニアルやラテンを意識した今の気分にぴったりです。

 INCOTEXのリネンパンツに、Gran Sassoの襟付きカーディガン、そしてZANELLATOのバッグにDOUCAL'Sのシューズと。いわゆる、ラテンアメリカに根付くカラフルで陽気な側面ではなく、これはサファリルックにも通じるところがありますが、乾いた大地に足を踏み入れるトラベラーのイメージでしょうか。

 

cachette blogmagazzino blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

今日はご報告のみで...

 フラ仲間のIさんから、「昼ご飯、一緒にどう?」とお誘いを受け、訪ねたのは、最近、近所にオープンしたイタリアンレストラン。通りから一本入った住宅地の中に、ひっそりと佇む、隠れ家的なお店です。出来たばかりの真新しい店内は、時が経てば、良い味を出してくれそうな、そんな頼もしさも備えています。店の名は、「Santo Sprito/サント スプリト」。イタリアのフィレンツェ、アルノ川沿いに同じ名前の教会があります。カウンターに席を取りましたが、話好きの私でも、初めての店では行儀はいいほうです。店に戻り、イタリア料理通のナグラサンに聞けば、(そう彼は既に彼女と一緒に夜の食事を楽しんだようで)オーナーさんはフィレンツェ、シエナで修行を積まれたそうです。店名、コクのあるロングパスタ、肉料理の多いメニューを見れば、なるほどです。衣・食の違いはあれ、イタリアという共通点を持っているだけに、今後の関わりが楽しみです。

073.JPG

077.JPG

 トスカーナと言えば、【TIBERIO FERRETTI/ティベリオ フェレッティ】。錚々たるブランドのOEMを請け負う信頼の高いベルトファクトリーですが、昨年秋よりデビューしたイントレチャートのレザーリュック「ZAINETTO」が大人気。この秋には、新色も。来年にはトートタイプの新型も登場し、目の離せないブランドとなっています。

 そして、この後、本日のご案内となるはずでしたが、日曜日とあって、グローリーガイ、マガジーノとも朝からご来店される方が多く、撮影が出来ませんでした。また、私が愛する小料理屋"エキュメ"のオーナー、ハナちゃんの結婚が決まり、今からお祝いに駆けつけます。本日は、少々荒いブログとなりました。お詫び申し上げます。

 

買い物気分です!! 蔵庫/マガジーノで探す、お気に入りのアイテム。コーディネートでお見せします。

101.JPG

 何色、あるのでしょうか? ショートスリーブのラウンドネックTシャツで作られた色見本。日本人には難しい色も多くあり、選ぶことができたのは、

107.JPG

 この4色。2018年春夏の【FEDELI/フェデーリ】です。今季の展開カラーと比べてみてください。昨日ご案内したFIRO BIANCO UNO/フィーロ ビアンコ ウーノのラウンドネックTシャツとともに店頭で盛り上がりを見せています。フィーロはインド綿、フェデーリはエジプト綿と使うコットンの産地は違いますが、どちらも"手摘み"に拘った、お勧めのTシャツです。

038.JPG

010.JPG

 今季、グローリーガイでセレクトした新作。昨日を最後に、全てをご案内してしまいました。考えた末、向ったのは、蔵庫/マガジーノ。バイニングの全てをマスヤマとジュニアに任せておりますので、見るものが新鮮です。気になるアイテムをピックアップしてご紹介させていただきます。

024.JPG

 実はゴルフより、自信があるのがバスケット...ということで、こんなコーディネートになってしまいました。

056.JPG

 蔵庫/マガジーノができるまでは、グローリーガイで展開していたフランス・シャンパーニュ地方のニット・カットソーブランド【Letroyes/ルトロワ】。海外出張はもとより、日常生活の中で欠かせない寛ぎのウェアです。そろそろ買い替え時期になっているだけに、まずは手に取ったのが、このブランドでした。マガジーノの店長マスヤマが上手く紹介しておりますので、こちらもご覧ください。

058.JPG

 こちらもファンの多いカットソーブランド【veil/ヴェイル】。フィーロと同じ日本のブランドですが、趣は異なります。樹脂加工されたマーセライズコットンは、端正な顔つき。カットソー同士を合わせる場合、質感は重要ですね。ルトロワの凹凸感のあるものと、このシルクのような生地は、抜群の相性をみせます。重ね着した際のごわつきは、ストレスさえ感じますから、インナー選びは慎重になります。

DSC_0030.JPG

DSC_0054.JPG

 そして、ずっと気になっていた【BRIGLIA 1949/ブリリア 1949】のパンツ。マガジーノの二人から、ぜひ取り扱いたい、そんな熱い要望があり、この春より展開です。価格がこなれているだけに、やや心配をしておりましたが、取り越し苦労でした。先日、来季のコレクションを見てきたのですが、なかなかのもの。これからも目が離せない、ナポリのパンツファクトリーです。

049.JPG

 一旦は上がった気温。あの夜の雷以来、かなりクールな日々。ロングスリーブのサマーニットが恋しく感じる時です。暑くなれば、腰に巻いたり、肩にかけたりと使い道の多いアイテムだけに、もう一度、振り返ってみるのもいいでしょうね。

055.JPG

 展示会で、ときめいてしまった【PANICALE/パニカーレ】。ニット好きな私ですが、既に多くのニットブランドが...。これ以上は展開できない、そう思っていた矢先に、蔵庫/マガジーノのオープンが決まりました。バイニングは、当然の成り行きです。選んだのはインディゴカラーのハウンドトゥース柄。マスヤマがコーディネートしたように、やはり、デニムに合わせてしまいますね。

060.JPG

 季節柄でしょうか。あわせたいデニムは、明るめ。【entre amis/アントレ アミ】のいい塩梅のブリーチ加工されたクロップドデニムがありました。このブランドも蔵庫/マガジーノができたことによって、展開。グローリーガイだけでは難しかったでしょうね。

 いかがでしたか。2018年春夏のプレコレクションを交えながら、マガジーノセレクトの商品をご紹介する、新企画? 明日も、この調子で行きましょう!!

そう、忘れてはいけないのが、現在、蔵庫/マガジーノで開催中の【Pantofola d'Oro/パントフォラ ドーロ】の"スニーカーフェア"。5日の月曜日までです。お見逃しのないようにしてください。

※現在、開催中の"リネン素材に特化したシャツフェア"。6月5日(月)までとなります。

cachette blogmagazzino blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております

 

ふんわりと包み込む優しさは、FIRO BIANCO UNO/フィーロ ビアンコ ウーノ MADE IN JAPANにもありました!!

 ついつい時間を忘れて...は、楽しい夜遊び。昨夜、終わりを告げたのは、カラオケのモニター。いきなり曲が止まり、画面が配信停止の文字に変わり、何事かと思えば、外は雨のカーテンに走る稲妻。窓のない店内。カラオケの音に消された外の様子は、浮かれた気分を現実に戻すのに十分でした。昨夜の雨のせいでしょうか。今日は気温も上がらず、ヒンヤリとした空気が冷房要らずの店内を、そして、強い風が遠くの景色をクリアにしています。気持ちのよい日ですが、頭部のみ煩わしさを感じる一日となりました。

 店内を見渡し、確認したところ、今季最後のご案内となりそうです。

008.JPG

 久しぶりのカシェートテラスでの撮影です。Gran Sasso(グランサッソ)のカットソージャケットに購入したばかりのBERWICH(ベルウィッチ)のパンツ、本日履いていたFERRANTE(フェランテ)のスリッポンでコーディネートしたのは、【FIRO BIANCO UNO/フィーロ ビアンコ ウーノ】のラウンドネックTシャツ。イタリアブランド...ではありません。MADE IN JAPANの優れものです。

023.JPG

 既にレディースでは展開しており、リピートされるお客様も多いカットソー。今季、レディースの雑誌でも取り上げられ、また、ある有名人が着ていることから話題になっているとも噂されております。

 その人気の秘密とは、コットンなのにシルクのような滑らかな肌触りと、光沢感のある上質な素材感。Tシャツには珍しいバイアスに使われた生地でしょうか。油脂分が多く、独特のヌメリ感があるインド綿。この綿を手摘みで収穫することで油脂分が損なわれないのです(FEDELI/フェデーリで使われているGIZA45も同じく手摘み)。そして、この摘みとった超長綿を何種類かブレンドして、80単糸の糸を紡績した後、限界まで強撚します。その後、36ゲージの丸編機で、天竺にすれば、生地が斜行してしまいますが、ここからが腕の見せ所...なんて、難しい話ですよね。

 着てみると、通常のコットンより吸水性と速乾性があります。また糸の撚りと編む針の工夫で伸縮性に優れ、素肌にふんわり纏う優しさを感じるはずです。また、襟元や裾の独特な撚りが、他のラウンドネックにはないニュアンスを生み出しています。

019.JPG

015.JPG

020.JPG

 モデルは身長175㎝、体重63K、胸囲92㎝で、サイズ44を快適に着ております。

MODEL:バイアス ラウンドネックTシャツ
SIZE:44 ・ 46
COLOR:ネイビー ・ カーキグレイ ・ ブラック
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥18,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入頂けます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

※現在、開催中の"リネン素材に特化したシャツフェア"。6月5日(月)までとなります。

cachette blogmagazzino blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております

コロニアルスタイルがテーマの2018年春夏PT01/ピーティーゼロウーノ&襟元を飾るFRANCO BASSI/フランコ バッシのバタフライ蝶タイ

090.JPG

091.JPG

 いきなりの写真は、PT01/ピーティーゼロウーノの2018年春夏プレコレクションです。掲げているテーマは、「colonial」スタイルで、カラーは「spice route」。コロニアルには"植民地"の意味があり、昨日、ご紹介したTAGLIATORE/タリアトーレのテーマ「キューバ」も中南米におけるスペインの統治時代のことを指すなら、共通したものがあります。英国的にみれば、白麻素材のサファリジャケットやパンツがイメージされる植民地スタイル。そこにカレー、ペッパー、マスタードなどの香辛料カラーが加わったと連想すれば、全体のイメージがつかめるはずです。詳細は、後日ですね。

 本日のご案内は、前文とは全く関係のない、いや少しは関係するバタフライを【FRANCO BASSI/フランコバッシ】よりご覧ください。

016.JPG

 シルク100%のニットで結ばれたバタフライの蝶タイ。ナチュラルなベージュとネイビーのメランジでご用意しました。初めから結び目が作られていて、首の後で留めるピアネスタイプですので、誰にも簡単に使っていただけます。

012.JPG

006.JPG

 遊び心のある蝶タイ。早速、ジュニアがブレイシーズと共に購入しましたが、どんなコーディネートをするのでしょうか。夏のヴァカンス、あるいはオケージョン用として、結び下げのネクタイにはない雰囲気をお楽しみください。

 ベージュで合わせたシャツはFinamore、パンツはINCOTEX。ネイビーで合わせたシャツもFinamore、パンツもINCOTEXです。

MODEL:バタフライ蝶タイ
SIZE:幅...6.5㎝
COLOR:ベージュ ・ ネイビー
MATERIAL:シルク100%
PRICE:¥12,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

cachette blogmagazzino blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る