気分は、リブ編みニットにデニム。ならば、これです!! RICHARD J. BROWN/リチャード ジェイ ブラウンの「本藍染めデニム5Pパンツ」 各色50本限定モデルです!!

 東京の代官山で開かれたエージェントさんの結婚披露パーティー。詳しくは、後日、SUGURU blogに載させていただきますが、本日、目出度き日にご招待頂きました。披露宴は11時半の始まりでしたが、朝の苦手な私は昨夜、仕事を早めに切り上げ、東京入り。20時46分の新幹線に豊橋から飛び乗り、23時前にはホテルに到着です。「夜は長いぜ、さぁ!!」とはいかず、最近、真面目で大人しい私は部屋でのんびり。寝るだけなら、そんな立派なホテル、取らなくても...そんなご意見もありますが、宿泊する目的は、彼女?に会う為なんです。

20171027_223220.jpg

 今夜はまた格別にきれいです。同じ年に生まれ、同じ時代を歩んできた東京タワー。今夜の衣装は、東京オリンピック1000日前を記念してのダイヤモンドヴェール。色それぞれにメッセージが込められ、輝くライトは276台。メッセージの中心となっているのは、愛、地球、環境、平和を守る心を育むことです。旅行会社を経営する辻観光の辻さんに頼むことは、必ず東京タワーが見えるコーナーダブル。もう7年は続いているでしょうか。昨夜も彼女に会う為、この部屋をとってもらいました。

 できれば前置きと結びつけたかったのですが、...がない頭を捻っても難しいようです。

002.JPG

 本日のご案内は、LEON11月号のP238に掲載されていた【RICHARD J. BROWN/リチャード・ジェイ・ブラウン】の「本藍染めデニム」。少し遅くなりましたが、ご案内させていただきます。

096.JPG

 ニットとデニム。当たり前の組み合わせですが、今季、とても気になる理由としては、リブ編みニットが増えたからでしょうか。ケーブル編みが人気を締めていた昨年までと比べると、スポーティな印象だけにデニムの登場は多くなりそうです。

そして今回ご紹介させていただくデニムが従来のストレッチデニムと異なるのは、雑誌の言葉を借りるなら、デニムが最もデニムらしかった時代の武骨でオトコらしい1本に仕上げていることです。デニム王国日本の生地と本藍染めを駆使して生まれたタテ落ちの風合いとイタリアンブランドならではの洗練されたエレガントなシルエットを楽しんでいただける、まさに欲張りなジーンズです。

114.JPG

118.JPG

120.JPG

 まずは、水洗いのデニム。

122.JPG

127.JPG

128.JPG

 こちらは、お茶洗いのデニム。一見、大きな差がないように見えますが、全体に生成りがかり、ノスタルジックな雰囲気に仕上がっております。

010.JPG 018.JPG

071.JPG 072.JPG

 各色限定50本ということも必筆しなければいけませんね。

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ30を着用しております。

MODEL:「ICON」本藍染めデニム5Pパンツ
SIZE:28 ・29 ・30 ・31 ・32 ・33
COLOR:ウォターウォッシュドブルー ・ ティーウォッシュドブルー
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥62,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

cachette blog,magazzino blog,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

初登場は、フランス・アルザス地方からやって来たHESCHUNG/エシュン!!  クリーンフェイスが魅力です!!

 少々、親バカな話です。いつもなら蔵庫/マガジーノBlogを担当しているのは、店長のマスヤマ。ただ昨日ご案内のDREW&CO.(ドリューアンドコー)については、ジュニアに任せてみました。もともと、このブランドは私スグルが展示会で一目惚れ。グローリーガイのニットブランドの一翼を担う存在としてバイニングをしておりますが、プライベートでの着用率がジュニアの方がはるかに多く、ブランドに対する思い入れも強いようです。並んでいる洋服を見てるだけでは分からないことも、実際に生活の中で活用する事で、そのものの良し悪しを含めた価値が分かるというものでしょう。語彙、文章力はまだまだ、また感じていることを上手く伝える表現力も乏しい彼ですが、好きなものを伝える思いは人一倍強いはずです。どうか長い目で見守ってやってくださいますよう、お願い致します。

 本日のご案内です。久々のフランスブランドは1934年、アルザス地方で創業した靴ファクトリー【HESCHUNG/エシュン】。早速、ご説明いたしましょう。

 「創業当時からの熟練した職人の手により1足ずつ作られる靴は、瞬く間に高い評価を得ます。その後、ジョンロブ(John Lobb)のコテージラインや、adidasのフランス製スーパースター、スタンスミスを手掛けた事は非常に有名な話です。ジョンロブと同じ革を全てのモデルに使用しており上質さ、経年変化の表情は他のフランス靴ブランドとは一線を画します。またクッション性の高い柔らかな履き心地も特徴の一つ。1990年代に入りパリに最初の直営店をオープン、現在はパリ市内に4つの直営店舗を展開し、創業以来続く家族経営、熟練した職人、そしてどんな時代にも通用する靴を作り続けています。」

132.JPG

136.JPG

137.JPG

139.JPG

140.JPG

 柔らかなカーフスウェードの編み上げブーツ「PIN」。アスファルトグレイをセレクトです。

036.JPG

 Sealup(シーラップ)の「ナイロン フーデットブルゾン」のご案内の際に履いておりました。ワークテイストのブーツを、こんなにもソフトにエレガントに見せる【HESCHUNG/エシュン】。クリーンと言う言葉がぴったりなブーツです。

MODEL:「Pin」スウェード編み上げブーツ
SIZE: 6 ・ 6.5 ・7
COLOR:アスファルトグレイ
MATERIAL:牛革(スウェード)
PRICE:¥86,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

144.JPG

147.JPG

154.JPG

156.JPG

161.JPG

167.JPG

 同じスウェードのプレーントゥ「Arum」で選んだ色は、オリーブとボルドー。ブラックやブラウンもありましたが、そろそろ足元も遊びたい時期。今季の気分を反映し、秋らしく美味しそうな色目に挑戦です。

063.JPG

008.JPG

 ニットにデニムと、シンプルでいて、今、気になるコーディネートに合わせてみました。ニットはSettefili Cashmere(セッテフィーリ カシミア)、デニムはRICHARD J.BROWN(リチャード ジェイ ブラウン)、どちらも近日中に公開です。

MODEL:「Arum」スウェードプレーントゥシューズ
SIZE: 6 ・ 6.5 ・7
COLOR:オリーブ ・ ボルドー
MATERIAL:牛革(スウェード)
PRICE:¥67,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

cachette blog,magazzino blog,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

私達がセレクトしているのは、ブランドだけでありません!? 今、欲しいニットは、Gran Sasso/グランサッソの12ゲージと8ゲージです!!

 本日のご案内は...なんて前置きがないのが前置きなんです。来月中旬から始まる2018年秋冬のプレコレクション。その前にと代理店さんのご来訪が続きます。昨日はHERNO JAPANのAさん、本日は、もう少しすれば、Sealup(シーラップ)やISAIA(イザイア)などの代理店を務めるSDI(エスディーアイ)のOさんが来られることになっています。本日ご紹介させていただく【Gran Sasso/グランサッソ】も同じ代理店さん。上手くお伝えしなければなりませんね。

 来られる前に、このブログが出来上がればよいのですが、たった今、電話で岡崎に着いたとの連絡がありました。約束の時間より、ずいぶん早い到着です。

087.JPG

 ミドルゲージのニットのご案内が続きましたが、久しぶりにハイゲージをご覧いただきましょう。ハイゲージと言っても12ゲージの浅Vネックですので、ボリュームも程よくあり、まさに最低気温が10度に近づいた今、着たいニットです。

144.JPG

005.JPG

159.JPG

 【Gran Sasso/グランサッソ】で必ずセレクトするのが、「Vintage」ライン。ガーメントダイの自然な風合いを楽しめるコレクションです。JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)ほどではありませんが、着る際にほんのり香りが漂い、まるでイタリアの空気に触れているかのような感覚に浸ることができます。

モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:「55115」12Gガーメントダイ浅Vネックセーター
SIZE: 44 ・ 46 ・ 48 ・ 50
COLOR:オリーブ ・ キャメル ・ ブルーネイビー
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥24.000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

078.JPG

 同じくガーメントダイ加工の「Vintage」ラインより、ハウンドトゥースのクルーネックセーターを2色セレクト。こちらも12ゲージです。

052.JPG

038.JPG

 昨年、同素材、同柄でセレクトしたのは、ジレ。今回はクルーネックでご提案です。クラシックな柄行きは飽きることなく、単調になりがちな重ね着のアクセントとして、重宝するはずです。

モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:「57110」12Gガーメントダイ ハウンドトゥース柄クルーネックセーター
SIZE: 44 ・ 46 ・ 48 ・ 50
COLOR:ブルー ・ グレイ
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥31.000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

095.JPG

 スポーティーで使い勝手の良さから、今季、様々なブランドから提案されているフルジップのブルゾン型ニット。こちらは、8ゲージでご用意しました。ガーメントダイではありません。

122.JPG

075.JPG

 【Gran Sasso/グランサッソ】の得意技は、地柄。斜めにデザインされた変形の畦編みがモダンな印象を与えます。一枚で着るのはもちろん、重ね着しても、羽織るものの邪魔をしない、ちょうど良い塩梅のニットに仕上がっています。

 モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:「23114」8Gフルジップ ブルゾン型ニット
SIZE: 44 ・ 46 ・ 48 ・ 50
COLOR:ダークグレイ ・ ネイビー
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥43.000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

100.JPG

 SDI(エスディーアイ)のOさん。25歳で入社して7年。今回、初めて私どもを担当してくださいます。先ほど、一緒に珈琲を飲みながら、この業界の将来について?語り合いましたが、とても真面目で良い方です。セレクトするブランドも大切ですが、代理店さんの雰囲気は、そこで働く人たちが作るもの。お付き合いする上で、ブランド以上に重要なことかもしれません。

 最後に、LEON12月号(早いですね)のP39に掲載されているZanella(ザネッラ)。実は、このパンツブランドも今季よりSDIさんが代理店に。ちょうど私どもでセレクトしている「111D05 DANDY」が大きく載っていましたので、お知らせします。今回ご案内の【Gran Sasso/グランサッソ】のコーディネートにも使っておりますので、見つけてみてください。

cachette blog,magazzino blog,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

この冬を託すならHERNO/ヘルノのアウターに! ダブルに見えるレイヤード型ダウンコート!!

 本日は、タカイがご紹介する【HERNO/ヘルノ】です。

 前回ご案内のblogでも、その期待値の高さをお伝えしていましたが...、いやぁ恐れ入りました。

 レイヤードタイプのチェスターコートは即日完売、バルカラーダウンコートの動きも上々と、期待以上の反応の速さに、自信を持ってセレクトしてるんだから当たり前だろとドヤ顔をしつつ、皆さんを惹きつける【HERNO/ヘルノ】自身の魅力を再認識させられました。

 今回ご紹介するアイテムも、先週の日曜に未来の日本を託して投じた一票のように、今年の冬を託すならと、皆さんの清き一票を投じて頂くに値するものになるでしょう。きっと、ご満足頂けるはずのレイヤードダウンシリーズ第2弾です。

IMG_6591.jpg

 外は生憎の雨模様。でも、そんな時に丁度良いアイテムのご紹介になりました。

 先シーズンも類似モデルをご案内しておりましたが、その時もにわかに注目を浴びたフェイクデザインのダウンコート。一見、ダブルのような見た目ですが、実はシングルというスッキリとした見た目で、だまし絵のように遊び心のあるデザインです。

IMG_6609.jpg

 釦位置はダブルブレストのように中心からややズレた場所に位置し、左右の襟が折り重なるように設定されています。襟は胸元を大きく逆三角形にみせるような効果もあり、シングルブレストながらダブルブレストが持つ男性的な厚みを感じさせます。

 右胸にガンパッチ、袖元にはベルトが付き、大人な【HERNO/ヘルノ】が匂わせるミリタリーな雰囲気も良いですね。

  IMG_6614.jpg

  IMG_6636.jpg

 襟元のダウンレイヤードは取り外しが可能で、ご覧のように、外せばダブルブレストのコートのような見た目。くどいようですが、実際にはシングルですので、ダブルのコートでボタンを外したときにありがちな、胴回りがモタモタと抜けてしまうような緩さはありません。

  IMG_6819.jpg

 生地は、雨風はシャットアウトする撥水加工をした「SUB-ZERO」シリーズ。内側はキルティング仕様で、パッキングされたダウンが体を温かく包み込み、雪が降るような寒冷地でもコート内は36℃に保ってくれます。

 ポリエステル×コットン×アクリルの3者混素材は、シャカシャカテロテロの薄軽な物足りなさはなく、コシのあるマットな質感がいい塩梅です。

IMG_6779.jpg

 雨が上がって、真打ちの登場です。

 私たちにとってもチャレンジ的提案のウィンターホワイト。他ではあまりお目にかかれないレアカラーではないでしょうか。オーダー時には、HERNO JAPANのスタッフにもお褒めの言葉(?)を頂いたイチオシのセレクトカラーです。

 展示会場では、もちろんこのカラーで作成されたサンプルはなく、ごくごく小さな色見本だけを頼りにオーダーしましたが、出来上がりを見て、さらにコーディネートして着てみて...良いじゃんッ!! なんて自画自賛しています。

IMG_6799.jpg

 ツヤツヤと光ってしまうようないやらしさはなく、マットな質感だからこそ表現出来る、とっても品の良いまろやかなアイボリーホワイトです。

 そして、【HERNO/ヘルノ】と言えばコレ。振り返れば、【HERNO/ヘルノ】のプレートロゴが輝きます。

  IMG_6815.jpg

 モデルは180㎝・67㎏、胸囲93㎝でsize:46を着用しています。現在、両色ともsize:44の入荷が遅れておりますが、ネイビーブルーは後日入荷予定で、アイボリーホワイトについては入荷するか否か確認中です。ネイビーブルーは、明日掲載するオンラインショップではご購入頂けますが、現物の入荷まではもうしばらくお待ち下さい。

 ネイビーブルーで合わせたニットはJOHN SMEDLEY、パンツはPT01、シューズはDOUCAL'S、バッグはDaniel&Bobです。アイボリーホワイトで合わせたパンツはBERWICH、シューズはParaboot、バッグはZANELLATO、マフラーはJOHNSTONSです。

MODEL:「PI0390U」フェイクダブル レイヤードダウンコート
SIZE::44 ・ 46 ・48
COLOR:ネイビーブルー(9225)・アイボリーホワイト(1100)
MATERIAL:ポリエステル43%・コットン29%・アクリル28% 中綿:ダウン80%・ポリエステル20% 襟前立て部分:ナイロン100% パイピング部分:ウール100%
PRICE:¥113,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

cachette blog,magazzino blog,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

 

自然と力が入るのは、Sealup/シーラップのサーモア中綿入りトレンチコートだからです!!

20160114235731.jpg

 「自分が大好きです」なんて話ではありません。昨年1月、イタリア出張の際、フィレンツェの街を流れるアルノ川沿いでの1コマ。何を言いたいかといえば、トレンチコートの似合うワタシ...いや似合うオトコになりたいということです。20代で初めて手にしたトレンチコート。若気の至りとでも申しましょうか。全く似合っていなかったはずですが、洋画好きの私は着ることで、ハンフリー・ボカードやアラン・ドロンになりきっていたのです。ただ洋服の師匠の一人である林勝太郎氏が書いた「トレンチコートとバラの国:英国の贅沢なこだわり生活術」を読んで、トレンチコートは、ある程度、歳を取らないと似合わないと教えられ、じっと我慢して月日を重ねてみましたが、50歳を過ぎても似合わない。どこのブランドかといえば、トレンチコートと言えば、やっぱりバーバリーかアクアスキュータム。結局、日本人の顔や体型にトレンチコートは合わない、似合うとすれば高倉健さんだけと諦めかけた時に出会ったのが、私が黄昏ながら着ているトレンチコート。日本人の為のトレンチコートは、ここイタリアにあったんです。そのブランド名は、本日ご案内する【Sealup/シーラップ】。前置きが長く、ようやくご紹介できます。

032.JPG

049.JPG

 昨夜の嵐が嘘のように晴れ渡った秋空の下、Tシャツ(私物)の上に浅Vのカシミアセーターを着て、ハウンドトゥースのウールパンツ(INCOTEX)スニーカ(SPRING COURT)で合わせたトレンチコート。英国物では、こんなスポーティーなコーディネートはできません。

20170208_155326.jpg

 左は私物。国内での展示会でも最も出番の多いのがトレンチコート。エージェントさんの間ではトレンチコートと言えば、スグル?なんて話はさておき、ショールームにサンプルとして飾ってあったのは、20番色のサンドではなく、写真右の26番色のタンブラウン。散々迷った挙句、今回、展開する季節も考慮して、深みのあるタンを選びました。平面的な和顔には、この色のほうが顔映りが良さそうです。

040.JPG

 ベルトは敢えてせずにポケットに入れて着るのが好きです。もちろん風が強く寒い時はベルトを締めます。女性の方が後で結んでいる姿を見かけますが、男性にはどうでしょうか。ダメとは言えないのですが、あまりお勧めはしません。

036.JPG

 柄物のパンツを合わせているので、シンプルにブラック無地のカシミアマフラー(未公開のJOHNSTONS)を選びました。

005.JPG

 またまた個人的な話で恐縮ですが、今回、ダークネイビーのトレンチコートに挑戦しようと思っております。既に事務所に隠してあります。コーディネートは私物のシャツにブラウン無地のタイ(FRANCO BASSI)を締め、気になるジャケット(ISAIA)を羽織り、揃えておきたいミディアムグレイのパンツ(PT01)を穿き、持っていないスムースのチャッカブーツ(Paraboot)を履いてみました。

012.JPG

 申し遅れましたが、詰め物はお馴染みの高性能素材「Themore」です。ライナー取り外し付きのトレンチコートより軽く、保温性もあるので真冬でも十分に防寒用コートして活躍します。晩秋から春先まで、考えてみれば花見の季節もまだまだ寒く、着る時期は半年に亘るのではないでしょうか。

014.JPG

 ベルトの長さもジャストです。垂らすのは昔。パンツに巻くベルトも同じですね。ぎゅっとウエストで締め、下から吹き込む冷たい風を遮断すれば、更に保温性を高めることができます。

051.JPG

 袖口の二重構造も防寒に一役買います。最後の褒め言葉になってしまいましたが、コットン・ナイロンにポリウレタンの入った表地は、若干ながら伸縮性もあり、活動の場を広げてくれるはずです。

025.JPG

 モデルは身長175㎝、体重64K、胸囲92㎝で、サイズ44をややタイトに着用しております。

MODEL:「40638」サーモア中綿入りトレンチコート
SIZE::44 ・ 46 ・48
COLOR:タンブラウン ・ ダークネイビー
MATERIAL:コットン64% ナイロン32% ポリウレタン4%  裏地:ポリエステル100% 中綿:ポリエステル
PRICE:¥150,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

cachette blog,magazzino blog,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る