非実用だからこそ面白い!! FRANCO BASSI/フランコ バッシの今季最後のご紹介は、ネクタイです!!

005.JPG

 週に一度のタイドアップ。別に特別な予定があるわけではありませんが、自分の決め事として実践しております。いつ締めるかも決めていません。その時の気分です。よくTPOという言葉を使いますよね。Tは、Time時間のこと、Pは、Pleceで場所。Oは、Occasionで場合のことですが、必ずネクタイを必要とするのが、社会的や社交的な行事を指すソーシャルオケージョン。ただ、公的を意味するオフィシャルオケージョンでは、クールビズの導入や働く環境の変化により、残念ながら、ネクタイを付ける機会は減ってしまいました。であれば、プライベートオケージョンでのタイドアップはいかがでしょう。バイニングする際も、どちらかと言えば、スカーフやストールを選ぶのと同じ感覚でセレクトしています。ネクタイは、男が漢(オトコ)であるための最後の砦...なんて大袈裟に考えているのは、私だけでしょうか。

 今季、最後にご案内するネクタイブランドは、【FRANCO BASSI/フランコ バッシ】です。

113.JPG

 まずは、こちらの4本を。全てシルク100%です。

131.JPG

 パープルにワイン、間にネイビーと情熱的な配色のストライプ柄。実は、10月8日のブログに色違いを先に紹介していました。ネイビーとブルーのストライプ柄です。配色で、こんなにも雰囲気が変わるんですね。

IMG_2185.jpg

082.JPG

133.JPG

 10月10日のブログ、TAGLIATORE(タリアトーレ)のご案内の際に、また11月2日にはDe Petrillo(デ ペトリロ)のスーツにフライングしてタイドアップしていたのが、黄金色に海老茶を濃紺で囲んだスクエアのオールオーバー。色の説明が難しく、日本の色名になってしまいます。

032.JPG

148.JPG

 今季、購入予定のDe Petrillo(デ ペトリロ)のウールギャバジンスーツに合わせたのが、色違いのオールオーバー柄タイ。こちらも日本の伝統色にみる露草色の名が浮かびます。茶に黄金色の古典柄です。

019.JPG

136.JPG

 本日、着用のスーツ(THE GIGI)に締めていたのが、杢ベージュとブルーの2段ストライプ柄タイ。我ながら、良い感じです。

MODEL:伝統色シルクタイ
SIZE:全長...147㎝・大剣幅...8㎝
COLOR:パープル×ワインストライプ・黄金色オールオーバー ・ブルーオールオーバー ・杢ベージュ×ブルーストライプ
MATERIAL:シルク100%
PRICE:¥16,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

110.JPG

 今日は、風が強く、日が沈むと寒くなりました。店頭も賑やかになりそうです。急ぎましょう。

149.JPG

156.JPG

 深みのある落ち着いたグリーンと、シックなブラックベースのオールオーバー柄。小紋とドットの組み合わせで、動きのある柄行きです。

151.JPG

 細やかな織地のブラックに、大胆に入った太織りの艶やかなキャメルと寄り添うシャンパンゴールド。華やかシックでいて、華やかなVゾーンを演出してくれます。

162.JPG

 最後は、上のストライプ柄と同じ細織りのブラックに、キャメルとグレイを配したスクエアの飛び柄。無地のシャツに置いていますが、距離感のある飛び柄は、無地のように大胆な組み合わせをも可能にしてしまうはずです。

MODEL:ダークグリーン&ブラック シルクタイ
SIZE:全長...147㎝・大剣幅...8㎝
COLOR:グリーン小紋&ドット・ブラック小紋&ドット ・ブラック×ゴールドストライプ ・ブラック飛び柄
MATERIAL:シルク100%
PRICE:¥16,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 ネクタイは、実用的な意味がなく、服本来の機能という点からは、全く無用ともいえるアクセサリーの一つかもしれません。でも、長い歴史の中でネクタイが男の服装から消えなかったことには、何らかの意味があるはずです。それに、非実用だからこそ面白い...そんな思いでセレクトしています。

 合わせたシャツは、着用しているものを含め、全てMario Muscariello(マリオ・ムスカリエッロ)です。このシャツが好きな理由は、着心地の良さはもちろん、衿とカフスのフラシ芯使い。対するのは、接着芯ですが、フラシの良さは、薄くて、ソフト。その代わり、接着芯のように生地を固めないので、シワになりやすく、波打ったりもします。カチッとしたいなら接着芯。柔らかな雰囲気を楽しみたいのであれば、フラシ芯がお勧め。また欲張りに、セーターなどのインに着たい場合も、カラーキーパーを抜けば、ボタンダウンのように、ソフトなロールができ、ラフな印象になります。ただ一つ気になるのは、カフス部分。もしかしたらカフスのみ、接着芯にしているのかもしれません。というのも、衿に比べ、比較的カッチリしているのです。ただ、これも一押しの要因で、上着の袖口から見える部分は、端正なほうが印象は良いかもしれません。衿はフラシ、カフスは接着。いや、そんな面倒なことはしないと思いますが、一度、メーカー側に聞いてみる必要がありますね。

 あくまでも個人的な好みですので、参考までに。

magazzino blog,Re CHECK,cachetteも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

クラシックが新鮮です!! BOLZONELLA/ボルゾネッラのデニムシャツ&FRANCO BASSI/フランコ バッシのウールタイとウールストール

 ハイテクの反対語が、ローテク。デジタルは、アナログ。そしてモダンは、クラシック。キーワードになる言葉です。

20181027151809.jpg

20181027151852.jpg

 蒲郡にあるクラシックホテル。以前は、蒲郡プリンスホテルの名で親しまれていました。

20181104121634.jpg

 そして、ナグラさんの愛車、バンデンプラスもクラシックです。今日は休みで確認ができませんが、1960年代であることは間違いありません。「あれっ、車、替えた?」と、良くご存知の方から声がかかりそうですが、気になられる方は、本人に聴いてください。

 本日、ご案内のテーマは、クラシックでいこうかと思います。まずは、入荷が遅れていた【BOLZONELLA/ボルゾネッラ】のデニムシャツ。イタリア、ヴェネト州パドヴァにあるシャツ工房から生まれたブランドです。イタリアの北東部に位置し、ヴェネツィアと隣接するパドヴァ。ナポリのシャツは異なる趣にひかれて、セレクトしています。

007.JPG

052.JPG

 デニムシャツの使いやすさは、皆さんもご存知ですよね。通年使えて、コーディネートに困らない、そんなホワイトのシャツのような存在です。それだけに、既にお持ちの方も多く、ここ数年は落ち着いていましたが、今年になって動きは活発です。この季節であれば、コーデュロイ(PT01)に、ウールのパンツ(Zanella)にと出番は多いはずです。足元は、安易ですが、私物のCROCETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)です。コーデュロイにあわせた際、スウェードよりスムース革のほうがいいけど...なんて、通なご意見は、ジュニア。ごもっともです!!

084.JPG

085.JPG

 生地は、薄手のコーマデニムをセレクト。ニットのインにも嵩張らずに着ていただけます。

012.JPG

062.JPG

 前立て(フロント釦留部分)の付いたシャツは、ラフなイメージです。合わせるパンツのドレス度に応じて、襟元からTシャツを覗かせても良いでしょう。以前は、素肌派でしたが、最近、お腹を冷やさない為にも?、着る機会は増えました。

 モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ38を着用しております。

MODEL:「NORTON ROBY」 コーマデニム地ワイドカラーシャツ
SIZE:37・38 ・39 ・40
COLOR:ウォッシュドブルー
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥28,500(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


040.JPG

072.JPG

 テーマは、クラシックでした。ネクタイを締めて、ニットジレ(Gran Sasso)を着れば、デニムシャツもずぶんシックな雰囲気に変わります。ジャケットまでは合わせませんでした。ぜひ想像してみてください。

117.JPG

 合わせたネクタイは、【FRANCO BASSI/フランコ バッシ】。どちらもウール100%の、毛羽のない布地のような生地感です。

087.JPG

093.JPG

 ネイビーベースのペイズリー柄とフォレストグリーンのペイズリーの飛び柄です。シルクにはない掠れた表情が魅力です。

121.JPG

123.JPG

 濃色ベースのペイズリーは、コーディネートもしやすく、写真のようなチェック柄ロンドンストライプ柄など、はっきりとした柄物ともよく合います。一着のスーツやジャケットを何通りに見せる、Vゾーンの妙。今季、クラシックが新鮮です。

MODEL:ペイズリー柄ウールタイ
SIZE:全長...147㎝・大剣幅...8㎝
COLOR:ネイビーベース・グリーンベース
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥16,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


074.JPG

 本日の出で立ち+Rencontrant/レンコントラントで合わせたストールは、もう何度となく登場した【FRANCO BASSI/フランコ バッシ】。遡って見ると、

047.JPG

 ここで、一回。10月12日にご案内させていただいたAtelier Saman Amel/アトリエ サマン アメルに巻いておりました。他には... ... ...なかなか見つかりません。散りも積もればで、ここまで来ると、ほぼ毎日の商品紹介だけに、巻き戻すのにも時間がかかります。確かにあったはず...ですが、時間がありません。続けます。

099.JPG

 ウール100%のガーゼ状のストールは、程よいハリがありながらも、しなやかな手触りです。オリーブと海老茶の渋い配色は、主張しすぎない美しさがあります。

MODEL:掠れチェック柄ウールストール
SIZE:70×180㎝
COLOR:オリーブ×海老茶
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥24,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

magazzino blog,Re CHECK,cachetteも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

 

"こんな日だからこそ"のご案内です!! FRANCO BASSI/フランコ・バッシのネクタイ、謙虚さのご提案です!!

 近隣の大型店の安売りや周年祭の影響で、騒がしく、気分の重い一日でした。時間は19時、昼間の喧騒から、ようやく開放され、静かな時間を迎えています。外に出れば、虫の音と爽やかな秋の風、そして星の出ている夜空に、ほっと肩の力が抜けます。どうやら、人の多さは苦手。短パンにTシャツ姿は、もう見たくない...「ならば、何でこの場所に? 」ですが、訊かないでください。もう23年間、頑張っているのですから...

 本日のご案内です。少し雑なご案内になりますが、お察しください。

003.JPG

 スーツやジャケットの陳列場所に飾られたディスプレイ。ショーウィンドウから店内までの全てのディスプレイを担当しているのは、高井。センスのあるコーディネートです。大体、一週間に一度、長くても10日で替わります。本日、注目していただきたいのは、ネクタイ。【FRANCO BASSI/フランコバッシ】のご案内です。

041.JPG

037.JPG

 、"遺産"や"先祖伝来の"という意味を持つ「Heritage Collection」。【FRANCO BASSI/フランコバッシ】が所有する膨大な生地ストックを、現代に蘇らせたアーカイブコレクションです。大剣の裏地にあしらわれた紺地に赤のペイズリー柄がアイコンとなります。

035.JPG

 ストライプ柄は、ボルドーベースに2本のウッドベージュ(濃いベージュ)、両脇を挟むのはネイビー。光沢を抑えたシルク・コットンです。シルクのドット柄は、左からウッドベージュ、ワイン、ネイビーの3色。ドットの色は、全てブラウンになります。

MODEL:「Heritage」ストライプ柄シルク・コットン&ドット柄シルクタイ
SIZE:全長...147㎝・大剣幅...8㎝
COLOR:ボルドーストライプ ・ウッドベージュドット ・ワインドット・ネイビードット
MATERIAL:ストライプ:シルク60% ・コットン40% ドット:シルク100%
PRICE:¥16,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


046.JPG

044.JPG

 メインコレクション「Blue label」から、まずは存在感のある2柄を。

047.JPG

 キャンバスに殴り書きしたような大胆なペイズリー柄は、夜空に舞う花火にも似ています。見る人によって異なるイメージを湧かせる、ユニークでありクラシックな柄行きです。カーキブラウンにホワイトとスカイブルー、ネイビーにホワイトとレッドを配した2色でセレクトしました。

049.JPG

 同じ配色で構成された変形のオールオーバーは、動きのある柄行きです。一目で、シルクの質の高さが分かるネクタイです。

MODEL:ペイズリー柄&オールオーバー柄シルクタイ
SIZE:全長...147㎝・大剣幅...8㎝
COLOR:カーキブラウンペイズリー・ネイビーペイズリー・カーキブラウンオールオーバー・ネイビーオールオーバー
MATERIAL:シルク100%
PRICE:¥18,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


05.JPG

 万能なソリッドとストライプ柄です。

052.JPG

 比べると、柄は異なります。グレイとブラウンは、今季トレンドの配色です。間にゴールドベージュが入ることで、お互いの色を引き立て、全体を華やかにさせます。ネイビーとブルーの強い配色も、このゴールドベージュが穏やかに、それでいて華やかな雰囲気に仕上げています。

053.JPG

 コーディネートに絶対はありませんが、できれば揃えておきたいブラウンとネイビーの無地タイです。

MODEL:ストライプ柄&ソリッド シルクタイ
SIZE:全長...147㎝・大剣幅...8㎝
COLOR:ブラウン×グレイ・ネイビー×ブルー・ブラウン・ネイビー
MATERIAL:シルク100%
PRICE:¥16,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


015.JPG

 冒頭の写真、タリアトーレのジャケットに結んでいるのが、このウールのニットタイ。よくある平織りの編地とは違い、表情は豊かです。左からボルドー、タン、ブラウン、ネイビー、ライトグレイ、ダークグレイの6色でご提案です。

MODEL:ウールニットタイ
SIZE:全長...140㎝・大剣幅...6㎝
COLOR:ボルドー・タン・ブラウン・ネイビー・ライトグレイ・ダークグレイ
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥12,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

magazzino blog,Re CHECK,cachette,も更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

 

彼女たちの舞いを見る前に、巻いてみたいのは、FRANCO BASSI/フランコ バッシのウールストールです!!

 本日は、残念ながら前置きはありません。が、ご案内の後、お知らせがありますので、最後までお付き合いください。

 昨日の【FRANCO BASSI/フランコバッシ】のストール。ネクタイを飛び越えてのご紹介でした。途中、巻物とは関係のない舞う人が現れ、こちらの方が好いと仰る方も多いのは重々承知しておりますが、本日は巻物だけです。いつか、彼女たちの舞いを皆さまにお見せできる日もあろうかと思いますので、その日まで暫くお待ちください。

091.JPG

 マルチボーダー柄と同じウール100%の無地。3色セレクトしました。正確に言えば、ブラウンは単色ですが、ロイヤルブルー、ボルドー共にネイビーとの絡みになります。シルク混かと見間違うほど、しなやかで美しい光沢もあり、ボリュームを抑えた巻き心地の良いストールとなっています。

066.JPG

080.JPG

075.JPG

MODEL:無地ウールストール
SIZE:100×200㎝
COLOR:ブラウン・ブルー ・ボルドー
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥28,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


666.jpg

289.jpg

GG09_2018DM.jpg

 明日、金曜日より3日間、各店舗でイベントを開催します。

 グローリーガイでは、TAGLIATORE(タリアトーレ)、BAGUTTA(バグッタ)、FEDELI(フェデーリ)などアイテムの柱となっているブランドを有するトレメッツォさん、同じグループのPT JAPANから営業担当の関さんが、ノベルティー持参?で来岡です。明日、明後日の2日間、店頭に立ってくださいます。

 また、蔵庫/マガジーノでは、昨年より展開しているnorlha(ノラ)、そして今季初登場となるMAISON CORNICHON(メゾンコルニション)Rencontrant(レンコントラント)LE PAR-DESSUS(ルーパーデッシュ)のフランス発の3ブランドと、イタリア以外のブランドにスポットを当てて、ご提案させていただきます。より詳しくブランドを知っていただく為に、今回、エージェントの浜中さん、戸島さんのお二人をお招きし、その魅力を語っていただきます。明日の4時頃に入店。土曜日の夕方まで滞在していただきます。

 そしてレディース店カシェートでは、お買い上げの方にWポイント。またスタジオではダンスイベントを開催します。更に特別企画として、29日(土)の午後2時より、フラ講師でもあり踊り子でもある瀬尾幸恵さんによるフライベントを開催。こちらは、スタジオではなく、グローリーガイの正面ウィンドウ前にて行います。ドラムとパーカッションの三祢沢(みねさわ)信(のぶ)氏も友情出演してくださり、私も、タイミングが合えば、ナグラさんも飛び入りで踊ります。楽しみにしていてください。

 と、明日より盛りだくさんの岡崎東明大寺町近辺。どうかお誘い合わせの上、お越しください。

楽チンな美脚パンツは、BERWICH/ベルウィッチの「clochard」ウォッシャブルウールパンツ&保温性+コーディネートに華を添えるのが、FRANCO BASSI/フランコ バッシのマルチボーダー柄ウールストールです!!

 元来、怠け者なんでしょう。休みになると、部屋から出ないというより、ベッドの上から動きません。そろそろ部屋の埃も溜まってきたし、衣替えもしなければならないし...やることは山のようです。分かっていても、動くのが面倒。もっぱら、読書と睡眠をむさぼっている休日です。

 季節の端境期、着る物も困ります。週末は、スーツを着ることがありますが、平日はもっぱらジーンズにスニーカー。荷物の入れ替えやら、撮影やらと、私スグルは裏方だから...なんて言い訳をしておりますが、そろそろ秋を意識した服装に変えなければ、です。でも、やっぱ楽な方がいいよね、 そんなわけで、本日ご案内の【BERWICH/ベルウィッチ】。少しでも肌から生地が離れていて欲しい猛暑の夏にセレクトするのは、ゆったりフォルムの「sake」。でも、秋冬に選ぶのは、腰回りから裾にかけて美しいラインを描きながら、窮屈さを感じさせない「clochard」。それも"WASH ME AT HOME"のウォッシャブルパンツであれば、ドレスパンツに見せて、穿き心地はジャージ。撮影してみて、納得!!と頷いてしまったパンツです。

237.JPG

 PT01(ピーティーゼロウーノ)の「TRAVELLER」INCOTEX(インコテックス)でいう「URBAN TRAVELLER」に相当しますが、気楽さ、手軽さは、【BERWICH/ベルウィッチ】でしょうか。イントレチャートのキーチェーンが、アクセントです。

125.JPG

 「未公開なのに...」と怒られながら、フライングしたのは、蔵庫/マガジーノで展開中のeleventy(イレブンティ)。気になりますが、ご紹介はマガジーノのスタッフに任せましょう。インに着ているのは、JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)の「CONNELL」、靴はCROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)と、英国です。

071.JPG

 グレイで合わせたのは、EMMETI(エンメティ)の「ANDREA」。本来は、グローリーガイでの展開でした...と恨めしそうに羽織ってみました。隠れておりますが、インにはJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)の「SICILY」、ストールは、この後ご案内のFRANCO BASSI(フランコ バッシ)、靴はCROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)です。

001.JPG

 パンツが楽チンなら、靴ぐらいは...と思っておりましたが、やはり履いてしまったのは、白のスニーカー。ただ、少しはエレガントに見えるでしょうという事で、Spring Court(スプリング コート)のミッドカット「B2」を選びました。柔らかな、グレイッシュなブラックで、羽織ったのは、そろそろ欲しくなる3シーズン用のHERNO(ヘルノ)、インはこちらもJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)の「SICILY」、ストールはこの後、ご案内です。

144.JPG 155.JPG

112.JPG 119.JPG

038.JPG 044.JPG

 モデルは身長175㎝、体重64kg、胸囲92㎝で、サイズ44を穿いております。

MODEL:「closhard 」ウォッシャブルウールパンツ
SIZE:42 ・44 ・46 ・48
COLOR:ダークオリーブ ・グレイ ・ブラック
MATERIAL:ポリエステル53% ・ウール44%・ポリウレタン3%
PRICE:¥28,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


264.JPG

267.JPG

255.JPG

260.JPG

 まだネクタイもご案内していないのに...ですが、巻物の動きは早いのです。【FRANCO BASSI/フランコ バッシ】のストールを、ご覧ください。

111.jpg

 こちらは、巻物ではありません。夏の暑さを和らげるための踊りです。

022.JPG

 真冬の寒さから身を守ってくれるのと同時に、無難なコーディネートのアクセントになる、心強いアイテムが、ストール。多色使いの、不規則なボーダー柄は、巻き方によって表情を変えます。

095.JPG

086.JPG

 毛羽の少ないウール100%のストールは、しなやかです。タートルネックのニットが苦手な方でも、この肌触りなら満足されるはずです。

MODEL:マルチボーダー柄ウールストール
SIZE:100×200㎝
COLOR:レッド 系・ブルー系
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥30,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

207.JPG

 たぶん、悪戦苦闘しながら、ブログ作りをしているのが、蔵庫/マガジーノのスグルJr。本日のメニューは、この秋より登場のニットブランド「RENCONTRANT/レンコントラント」。彼が、一番似合うだろうと決め付けたのと、入荷時のリアクションが最も大きかったことから、彼に任せてみました。これからのグローリーガイを背負うブランドになるかもしれません。アップするまでには、もう少し時間がかかりそうです。気長に待ってやってください。

magazzino blog,Re CHECK,cachette,も更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る