気分は、リブ編みニットにデニム。ならば、これです!! RICHARD J. BROWN/リチャード ジェイ ブラウンの「本藍染めデニム5Pパンツ」 各色50本限定モデルです!!

 東京の代官山で開かれたエージェントさんの結婚披露パーティー。詳しくは、後日、SUGURU blogに載させていただきますが、本日、目出度き日にご招待頂きました。披露宴は11時半の始まりでしたが、朝の苦手な私は昨夜、仕事を早めに切り上げ、東京入り。20時46分の新幹線に豊橋から飛び乗り、23時前にはホテルに到着です。「夜は長いぜ、さぁ!!」とはいかず、最近、真面目で大人しい私は部屋でのんびり。寝るだけなら、そんな立派なホテル、取らなくても...そんなご意見もありますが、宿泊する目的は、彼女?に会う為なんです。

20171027_223220.jpg

 今夜はまた格別にきれいです。同じ年に生まれ、同じ時代を歩んできた東京タワー。今夜の衣装は、東京オリンピック1000日前を記念してのダイヤモンドヴェール。色それぞれにメッセージが込められ、輝くライトは276台。メッセージの中心となっているのは、愛、地球、環境、平和を守る心を育むことです。旅行会社を経営する辻観光の辻さんに頼むことは、必ず東京タワーが見えるコーナーダブル。もう7年は続いているでしょうか。昨夜も彼女に会う為、この部屋をとってもらいました。

 できれば前置きと結びつけたかったのですが、...がない頭を捻っても難しいようです。

002.JPG

 本日のご案内は、LEON11月号のP238に掲載されていた【RICHARD J. BROWN/リチャード・ジェイ・ブラウン】の「本藍染めデニム」。少し遅くなりましたが、ご案内させていただきます。

096.JPG

 ニットとデニム。当たり前の組み合わせですが、今季、とても気になる理由としては、リブ編みニットが増えたからでしょうか。ケーブル編みが人気を締めていた昨年までと比べると、スポーティな印象だけにデニムの登場は多くなりそうです。

そして今回ご紹介させていただくデニムが従来のストレッチデニムと異なるのは、雑誌の言葉を借りるなら、デニムが最もデニムらしかった時代の武骨でオトコらしい1本に仕上げていることです。デニム王国日本の生地と本藍染めを駆使して生まれたタテ落ちの風合いとイタリアンブランドならではの洗練されたエレガントなシルエットを楽しんでいただける、まさに欲張りなジーンズです。

114.JPG

118.JPG

120.JPG

 まずは、水洗いのデニム。

122.JPG

127.JPG

128.JPG

 こちらは、お茶洗いのデニム。一見、大きな差がないように見えますが、全体に生成りがかり、ノスタルジックな雰囲気に仕上がっております。

010.JPG 018.JPG

071.JPG 072.JPG

 各色限定50本ということも必筆しなければいけませんね。

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ30を着用しております。

MODEL:「ICON」本藍染めデニム5Pパンツ
SIZE:28 ・29 ・30 ・31 ・32 ・33
COLOR:ウォターウォッシュドブルー ・ ティーウォッシュドブルー
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥62,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

cachette blog,magazzino blog,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

デニムの"関が原"といえば、西のJACOB COHEN/ヤコブ コーエン、東のRICHARD J. BROWN/リチャード ジェイ ブラウンです!!

 スーパーほどではないにせよ映画館に行くのも久しぶりです。観たのは、司馬遼太郎の歴史小説を映画化した"関が原"。西軍の将、石田三成側から見た関が原の戦いを描いています。作品の内容は別にして、やや不満が。9時5分のレイトショーで料金も1.100円。得した気分で指定した席に着き、開演時間を待ちます。10分、15分、まだ始まりません。現在上映している映画や予告編は良いとしても、スポンサーの宣伝の多さにはうんざりです。20分も過ぎて漸く始まるかと思いきや、またまた予告編。映画を観る為のマナーも含まれ、既に時計の針は9時半近く。終わったのが12時5分ほど前だから、実際の上演時間は、2時間半ほど。時間の無駄使い...なんて、大人気ない前置きでした。

 西をJACOB COHEN(ヤコブコーエン)としたならば、東は、本日ご案内の【RICHARD J. BROWN/リチャード ジェイ ブラウン】。どうして?と訊かれれば、日本での代理店が大阪と東京だからです。

 季節の変わり目。夏物では心もとない、ただ昼間の気温が高いので、秋冬物では重過ぎる...そんな時期に活躍するのが、ジーンズ。個人的にも、最近嵌っているコットンサテンのワイドパンツと交互に穿いているのが、ジーンズと言っても良いかもしれません。

069.JPG

 まずは、ブラックデニムから。写真は暗くなってしまいましたが、実際の色合いは、

087.JPG

091.JPG

097.JPG

 ブラックデニムに程よく洗いをかけたミディアムグレイ。トレンドカラーでもあり、季節感を味わえるボルドーやグリーン、或いはキャメルやマルーンなどブラウン系との相性は抜群です。ごわつきのない柔らかな穿き心地です。

077.JPG 083.JPG

 季節感のある色との相性は抜群と言いながら、オフホワイトのニット(未公開のDRUMOHR)で合わせております。色を使わないモノトーンの組み合わせも素敵です。靴はPantofola d'Oro(パントフォラドーロ)、手に持ったバッグは蔵庫/マガジーノで展開中のGENTIL BANDIT(ジャンティ バンティ)です。

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ30を着用しております。

MODEL:「TOKYO-6141」ウォッシュドブラックデニム5Pパンツ
SIZE:28 ・29 ・30 ・31 ・32
COLOR:ウォッシュドブラック
MATERIAL:コットン98%・ポリウレタン2%
PRICE:¥43,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

046.JPG

 言い忘れましたが、モデルは上のウォッシュドブラック同様、日本人の体型に合うよう、ヒップ周りにゆとりを持たせた「TOKYO」。東軍と考えれば、モデル名を「EDO/エド」にしても良かったかもしれません。MIKAWA/ミカワやOKAZAKI/オカザキでは、残念ながら迫力はでません。

100.JPG

101.JPG

116.JPG

 青みを抑えたインディゴブルーは、上品です。フロントの釦やバックパッチ、そしてポケットの刺繍はカスタマイズしております。

056.JPG 062.JPG

 インディゴブルーのデニムパンツに濃紺のニットを合わせるのは、大好物。白のスニーカーをと思いましたが、ちょうどParaboot(パラブーツ)から、ステッチの色と同色のスウェード靴が入荷です。明日にでもご紹介しますね。DRUMOHR(ドルモア)のニットも未だでした、少しお待ちください。肩にかけたバッグは、そろそろ品不足になっているTIBERIO FERRETTI(ティベリオ フェレッティ)の「ZAINETTO」です。

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ30を着用しております。

MODEL:「TOKYO-6021」ウォッシュドブルーデニム5Pパンツ
SIZE:28 ・29 ・30 ・31 ・32
COLOR:ウォッシュドブルー
MATERIAL:コットン99%・ポリウレタン1%
PRICE:¥41,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

007.JPG

 ジャケットに合うジーンズ作りたい、そんな熱い思いから生まれたイタリアンデニム。その先駆けとして有名なデニムブランドといえば、JACOB COHEN(ヤコブ コーエン)。日本でも、そのスタイルは今では当たり前になりましたが、さらにネクタイをしてのタイドアップはいかがでしょう。我々の世代にとっては、ラルフ・ローレンの着こなしを思い浮かべるのですが、彼が1968年にブランドを立ち上げる前、ブルックス・ブラザーズでネクタイのセールスをしていたことと関係があるのかもしれません。その話はさておき、スーツにノータイスタイルがあるなら、ジーンズにネクタイの着こなしは、もっと増えても良さそうです。

108.JPG

111.JPG

121.JPG

 タイドアップする場合、ギャップを楽しむなら、少しワイルドな方が良いでしょう。ただダメージのきつい、特に穴の開いたデニムは論外です。大人が穿くデニムは、あくまでもエレガントに。であれば、お茶で洗ったデニム、いわゆるティーウォッシュデニム(そのままでしたね)がお勧めです。通常、タテ糸をインディゴやブラックの色もので染め、ヨコ糸を未晒し糸で綾織りにしたのが、デニム。お茶で洗うことで、未晒し糸が黄色味を帯び、ヴィンテージ感溢れるジーンズに仕上がるのです。

020.JPG 032.JPG

 合わせたジャケットは未公開のDe Petrillo(デ・ペトリロ)。魅力的なベロア素材です。シャツは私物のBORRIELLO(ボリエッロ)、ネクタイも未公開のFRANCO BASS(フランコ・バッシ)、靴はDOUCAL'S(デュカルス)です。

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ30を着用しております。

MODEL:「TOKYO-6057」ティーウォッシュドデニム5Pパンツ
SIZE:28 ・29 ・30 ・31 ・32
COLOR:ウォッシュドブルー
MATERIAL:コットン98%・ポリウレタン2%
PRICE:¥42,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

cachette blog,magazzino blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております

何を着るかは、最低気温で決める!? 今、揃えておきたいJACOB COHEN/ヤコブ コーエンのデニムパンツ&デニムジャケット

 週間予報で気になるのは、最低気温。朝刊を見て、シメシメです。ようやく20度を下回る日が出てきました。なんと言っても、まだまだ9月。暑さが残るのは、当たり前。ただ、朝起きた時、或いは夜が更けたときに、薄着ではいられない寒さに季節の変化を感じるはずです。

20170902_140445.jpg

 秋を装う、美しい女性のようにはいきませんが、同じ場所で撮影してみました。顔を葉っぱで隠してとお願いしたのですが、なぜか、お惚け顔が写ってしまいました。夏物ですが、彼女のボルドー×ブラックに対抗して、グリーン×ブラックで攻めてみました。どちらも今シーズンのトレンドカラー。季節を取り入れるのは、大人の嗜みです。夏休みを終え、セブ島から帰ってきたタカイちゃんは、まだまだ夏の余韻に浸っておりますが、マガジーノのマスヤマは、しっかり秋冬のジャケットを着込んでおりました。ナグラサンは相変わらずです。

026.JPG

 昨日に続き、【JACOB COHEN/ヤコブ・コーエン】をご覧ください。インディゴを交えた青づくしのコーディネートですが、実はトレンドを意識しております。

076.JPG

077.JPG

091.JPG

 ステッチ、刺繍、バックパッチにグリーンをあしらったインディゴブルーのデニム。昨日のグレイにボルドー、そして、このインディゴブルーにグリーン。どちらも魅力のある配色です。車を購入する際、外装も大事ですが、内装の配色には更に拘ります。デニムも同じで、穿いていて、ちらりと見える箇所は、とても大切です。

038.JPG 143.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ30をややタイトに穿いております。

 合わせたニットは未公開のFILLIPO DE LAURENTIIS(フィリッポ デ ラウレンティス)、靴はDOUCAL'S(デュカルス)です。

MODEL:「PW622 COMF」 グリーン刺繍&パッチインディゴデニム5Pパンツ
SIZE:29・30・31・32・33
COLOR:インディゴブルー
MATERIAL:コットン95% ・ ポリエステル3% ・ ポリウレタン2%
PRICE:¥42,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

047.JPG

 さすが、ヤコブ!!って、思わず声を出してしまったのが、コーデュロイのようなデニムパンツ。加工による風合いかと思えば、それだけではありません。

082.JPG

083.JPG

086.JPG

 ブルーの糸に絡まるように配されたライトグレイが絶妙です。更に、同じグレイのステッチや刺繍、バックパッチが目に優しい風景を作り出しています。かつて、出会ったことのないような運命の人は既に、いやデニムパンツの話でしたね。

058.JPG 065.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ30をややタイトに穿いております。ヌケ感を楽しむなら、ワンサイズ上げて腰で穿いてもいいですね。

 合わせたニットは未公開のFILLIPO DE LAURENTIIS(フィリッポ デ ラウレンティス)、靴はDOUCAL'S(デュカルス)です。

MODEL:「J622 COMF」 ブルー×グレイ絡みデニム5Pパンツ
SIZE:29・30・31・32・33
COLOR:ブルー×グレイ
MATERIAL:コットン96% ・ ポリエステル3% ・ ポリウレタン1%
PRICE:¥58,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

005.JPG

 最後は、デニムジャケット(Gジャン)のご紹介です。7月8日にご案内させていただいたSIVIGLIA(シヴィリア)と比較してご覧ください。

071.JPG

イタリアのブランドながら、雰囲気はアメリカン。素朴なデニムの表情に加え、ころんとしたメタル釦が、そう思わせるのかもしれません。

017.JPG

 コーディネートで選んだのは、マガジーノ展開のLetryes(ルトロワ)のタートルネックPT01(ピーティーゼロウーノ)のトラベラー&リラックスパンツ、靴は未公開のPantofola d'Oro(パントフォラドーロ)のハイカットスニーカーです。

022.JPG

 Tシャツでは心もとない、でもウールではまだ早い...そんな時に重宝するのが、コットンのタートルネック。ZANONE(ザノーネ)のモックネック同様、手に入れておきたいアイテムです。

 モデルは、身長175cm、体重65k、胸囲92㎝で、サイズSを着用しております。

MODEL:「J6808 COMF」 コンフォートデニムジャケット
SIZE:XS ・S ・ M
COLOR:インディゴブルー
MATERIAL:コットン98%・ポリウレタン2%
PRICE:¥55,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

20170830_192629.jpg

 緊急速報です!! LEON10月号のP86、P87に掲載されているドリームコラボ「LEON×THE GIGI」の記事。ご覧になられたでしょうか。左下に購入方法が記載されております。当然ながら、私どもGLORY GUYの名は連ねておりませんが、取り扱いはあります。既に他の物と一緒に、店頭には並んでおります。近日中にブログにてご紹介させていただきますが、ご興味がございましたら、ぜひご来店ください。

cachette blog,magazzino blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

五感を研ぎ澄ませれば、秋の気配。JACOB COHEN/ヤコブコーエンの絶妙デニムを穿けば、もう秋が始まります!!

 いつまで続くのでしょうか。早い時間に布団に入っても、眠りに落ちるのは明け方。春から始まる眠くならない病。いつもなら梅雨が明け、誕生日を迎えるころには、治ってしまうのですが、今年は長引いています。冷房がよくないのでしょうか。ただ昨夜は窓から入る風が意外にも心地よく、冷房のスイッチをオフに。そうしたら、いつのまにか眠りに入り、久しぶりに気持ちのよい目覚めです。暦が変わっても、季節が変わらない...そんな恐ろしいことにはならず、今年も確実に秋に近づいています。自然の恵みに感謝しなければいけませんね。

20170901_113856.jpg

 見上げた空、触れる風、微かに香る匂い、惜しむセミの鳴き声と、目を、鼻を、耳を、そして心を澄ませば、自然から多くの秋を感じることができます。そして、こんなところにも秋を思わせる風景がありました。ワークスタジオ内にある、行きつけのカフェ。一人、ホットサンドと珈琲で昼食をとっているナノユニバース店長のタケダさん。ボルドーのインナーに黒のライダース姿。絵になる景色に思わず写真を撮ってしまいました。もちろん、掲載は許可済みです。

 本日のご案内は、【JACOB COHEN/ヤコブ・コーエン】。季節を表現しにくいアイテムですが、私が選んだ"秋デニム"をお届けします。

108.JPG

 シンプルにご覧頂きたく、敢えてコーディネートはしません。素材の良さ、作りの良さは申し分ありません。モデルはスリムテーパードの「622」です。

065.JPG

066.JPG

070.JPG

 ボルドーの刺繍とバックパッチが、今までになく、新鮮に映ります。そして何よりもグレイにも見えるけどグレイではない、抜けた青の色合いが魅力的です。撮影中にジュニアから、何色?と聞かれるほど、絶妙な色出しは、書き手泣かせです。

 インディゴが強くないだけに、今季トレンドのグリーンやボルドー、またはベージュやブラウン、ホワイトからブラックにかけてのモノトーンとの相性は抜群。シックな装いにはお勧めのデニムです。それにしても撮影日付け、邪魔ですね。次回から気をつけます。

117.JPG 022.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ30をややタイトに穿いております。

 合わせたニットは未公開のFILLIPO DE LAURENTIIS(フィリッポ デ ラウレンティス)、靴はDOUCAL'S(デュカルス)です。

MODEL:「PW622 COMF」 ボルドー刺繍&パッチ フェードインディゴデニム5Pパンツ
SIZE:29・30・31・32・33
COLOR:フェードインディゴ
MATERIAL:コットン98% ・ ポリウレタン2%
PRICE:¥38,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

035.JPG

 展示会場にぎっしりと並べられた【JACOB COHEN/ヤコブ・コーエン】。千はないにしろ、とにかく何百本ものコレクションの中から、自分好みのデニムを探し出すのは大変な作業です。よくも、こんなに多くのサンプルを作るなぁ~なんて感心してしまいます。だからこそ見つかるのでしょう。このブラックデニムも秋を見つけるよりも簡単に見っけです。

 以前は、価格のこなれたプレヴュー(PW)ラインから選んでいくのですが、最近は逆です。価格は無視して、まずは特徴的なものからピックアップ。その中で価格と照らし合わせ、納得のいくものを選びます。そして最後にPWラインを確認して、全体のバランスを考えていきます。

055.JPG

057.JPG

061.JPG

 価格は、54.000円。決して安くはありませんが、生地や色の表情、ステッチや刺繍の入り方、特に重要なのはバックパッチの色を含めたデザイン。とにかくシンプルでありながら存在感のあるものは、大好物です。だって、そのほうが飽きることなく、長い間、愛着をもって穿けるからです。これは服全般に、いや人生の嗜好といっても構いません。

143.JPG 051.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ30をややタイトに穿いております。

 合わせたニットは未公開のFILLIPO DE LAURENTIIS(フィリッポ デ ラウレンティス)、靴はPantofola d'Oro(パントフォラドーロ)です。

MODEL:「J622 COMF」 ブラックパッチ ウォッシュドブラックデニム5Pパンツ
SIZE:29・30・31・32・33
COLOR:ウォッシュドブラック
MATERIAL:コットン96% ・ ポリエステル3% ・ ポリウレタン1%
PRICE:¥54,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

20170830_192629.jpg

 緊急速報です!! LEON10月号のP86、P87に掲載されているドリームコラボ「LEON×THE GIGI」の記事。ご覧になられたでしょうか。左下に購入方法が記載されております。当然ながら、私どもGLORY GUYの名は連ねておりませんが、取り扱いはあります。既に店頭には並んでおり、近日中にブログにてご紹介させていただきますが、ご興味がございましたら、ぜひご来店ください。

cachette blog,magazzino blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

SIVIGLIA/シヴィリアのデニムを更に素敵に見せるのは、CHAN LUU/チャンルーのブレスレット 二つのブランドとの出会いに感謝です!!

049.JPG

  「この日、展示会というよりもCHAN LUUの20周年を記念してのプレスリリース。業界のプレス関係の方々が多く見えられていて、そのうちの9割が女性という花園のような華やかな空間でし た。なるべく周りを見ないようにと作品に集中していたら、私たちのテーブルに近づいてこられたのは、他ならないデザイナーのチャンルーさん。彼女はベトナ ム系アメリカ人。ロサンゼルスを拠点に活躍されています。ご説明は要らないかと思いますが、アクセサリー好きには絶大な人気を誇るブランドです。自然体 で、とても柔わらかな雰囲気。でも、自分の世界観をしっかりと持った、きっと頑固な女性でしょうね。」

 たぶん、記憶されている方は少ないかと思いますが、昨年の9月14日、SUGURU blogに掲載させていただいた記事です。この日の出会いが、現在、蔵庫/magazzinoマガジーノで展開中の【CHAN LUU/チャンルー】スペシャルイベントに繋がっております。人との出会いは大切にしていきたいものです。

 本日のご案内は、昨日に続き、【SIVIGLIA/シヴィリア】です。懐かしさを感じさせながらも新鮮で、シンプルでありながら無個性にはならない、そんなデニムパンツとカーゴパンツをご覧ください。

004.JPG 009.JPG

 イタリアデニムの革命児としてデビューしたのが、2005年。ストレッチの利いた細身シルエットに魅せられた方は多いはず。その魅力はデニムに限らず、チノやコーデュロイなど様々な素材を通して表現されています。今回、ご紹介するモデルはコットン100%の為、従来よりヒップからワタリにかけて、やや余裕を持たせたテーパードスリム。ダメージデニムとの相性の良いフォルムです。

055.JPG

062.JPG

066.JPG

068.JPG

 クラッシュ部分は、そのままにせず、裏地を当てています。見え方としても上品で、足を入れた際に引っ掛けて、必要以上に裂けることもありません。更にヴィンテージ気分を高めてくれるのが、セルヴィッチ(赤耳)仕様。ロールアップすれば、ドヤ顔のアクセントになります。

017.JPG

 7月7日七夕にマガジーノblogにてご紹介させていただいたCHAN LUU(チャンルー)の「クロスモチーフブレス」。ここでもコーディネートに使っております。合わせたシャツはBARBA(バルバ)です。

 モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲92㎝で、サイズ30を着用しております。

MODEL:クラッシュドダメージデニムパンツ
SIZE:29 ・30 ・31 ・32 ・33
COLOR:ウォッシュドブルー
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥42,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

cachette blogmagazzino blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

 

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る