目まぐるしく変わる天候に対応するのは、ZANONEとSettefili Cashmereのアウターニット!!

 ここ数年、暖冬と言われ続けてはいるものの、流石にこの時期になればアウターが必要な気温になるはずなのですが、本日の最高気温は16℃。

 今週末には寒さが戻るようですが、週単位で変わる気候に、暖かい日も寒い日も、いつも同じ格好では気持ち良く過ごすことはできないですし、代わり映えしない格好は楽しくないですよね。

 さて、本日もモデルとして登場するのはナグラ。

 彼のワードローブは、オンもオフもジャケットスタイルが多く、"冬はそれに合わせるウールやダウンのコートが多いから今日みたいに暖かい日は困るんだよね"、とのこと。

 確かに。拘りの強いナグラらしい話ですが、アラフィフの悩めるカタブツ男子に、"じゃあこんなのどう?"というのが本日のblogです。

 ごくごく個人的な話からスタートしてますが、心当たりの皆さんにもご参考頂きたいと思います。なお、コーディネート提案は、今回もタカイがご案内します。

       DSC05593.jpg

 まず提案したのは、ZANONEのショールカラーカーディガン。ローゲージニットで、アウターとしても活躍するニットカーディガンです。

  IMG_1817.jpg

 そこにコーディネートしていくものを、順にご案内しましょう。まずはインナーです。

 選んだのは、シャツではなくJOHN SMEDLEYの24ゲージタートルネック「CONNELL」。レディースだけでなく、今ではメンズでも広がりを見せるツインニット提案。でも、ニットの柔らかさだけでは可愛い過ぎると言うので、間にMONTEDOROのミニ千鳥格子柄ジレを挟んで、ジャケットスタイルのような印象にまとめました。

  IMG_1835.jpg

 デニムはほとんど穿かないということなので、あえてセレクトしました。喰わず嫌いには、時に強引な提案も必要です。

 あまりデニムを穿かないという方でも、いわゆる作業着的なカジュアルデニムではなく、ジャケットに合わせるためのデニムをイメージしているJACOB COHENであれば、取り入れやすいはずです。

  image.jpg

 Daniel&BobのワンショルダーバッグDOUCAL'Sのチャッカブーツは、共にブラックスエードです。

  fullsizeoutput_324b.jpeg

 そして、出来上がったのがこちら。お硬いのは趣向だけではなく、ポージングも。何百枚撮ったでしょうか。でも、その硬さがほぐれたのはニットを着たからでしょうか。

IMG_1808.jpg

 休日にリラックスした時間を過ごすなら、やはりニット。肩肘張らない気楽さと、リブ編みによる気軽さが休日を快適なものにしてくれます。ただ、整然と編み込まれたZANONEだからこそ、品を保ちつつ着用した姿は精悍な顔立ちに見せ、ジャケットの代わりをしっかりと勤め上げてくれます。

 また、サイズがタイトめに設定されているZANONEは、158㎝と小柄なナグラも、size:44でジャストサイズです。

 

    134320364.jpg

 続いてはもニット。ジャケット感覚のZANONEに対し、ブルゾン感覚で羽織るSettefili Cashmereのケーブル編み立ち襟カーディガンです。顔映りに悩むナグラにとって、前回提案したジャケット着てから、映える(ばえる)明るい色やデザインは気になるようです。

  IMG_1900.jpg

 インナーからチラッと覗くのは、FILIPPO DE LAURENTIISのボルドータートルネック。首に巻いたのは、Joshua Ellisのマルチカラーマフラー。共に、暗くなりがちな冬の顔映りを明るくする、映えアイテムです。

  IMG_1922.jpg

 パンツはINCOTEXのモールスキンパンツ。ここでは色合いを大切に、全体の印象をゴチャゴチャさせないように、同色系でまとめました。また、ニットの風合いにモールスキンの質感も馴染ませています。

  IMG_1927.jpg

 バッグとシューズも同色系で、ZANELLATOのバッグは明るい色でアクセントにし、濃色で全体を引き締めるのは、本日ちょうど履いていたParabootのスエードシューズ。

  fullsizeoutput_324f.jpeg

 で、完成系はこんな感じです。

 スポーツやミリタリーなどから生まれたアウター屋のブルゾンではなく、ニット屋が作るブルゾンは大人顔ですね。彼の心の中まではわかりませんが、心に癒しをもたらせてくれるニットでしょうか。

 でも、映える色によって、顔は良い表情をしていました。

IMG_1898.jpg

 膨張色として敬遠される方も多いオフホワイトですが、それを感じさせないタイトなサイズバランスです。

 また、ケーブル編みと聞くと、野暮ったい印象を持つ方もいらっしゃいますが、これなら、トラッドテイストを踏まえつつ、若々しいモダンなスタイリングができますね。

 皆さんの休日にもいかがでしょうか。ぜひ、ご参考に。

ReCHECK あのコーディネートをもう一度」が充実してきております。こちらも覗いてみてください。

magazzino blogも更新しております。久しぶりにスグルが書いております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

新たな幕開けに必要なものは、変わらない確かなもの。ZANONE/ザノーネとJOHN SMEDLEY/ジョンスメドレーに敬意を表してのご案内です!!

 昨日のブログに登場したナグラさん効果でしょうか。正式に言えば、ナグラさん&タカイちゃんの凸凹コンビの熱い温度が皆さんにが伝わったのでしょう。いや、季節到来、或いはボーナスが出たから...。いずれにしても、朝からお客様が絶えません。嬉しいことです。

 オンラインショップ「SUGURU SHOP」を開設したのが、2013年の春。6年半前と歴史は意外に浅いんです。当時は、通販をお断りしていたのですが、「ならば行きます!!」と遠方からのお客様が多く、その声に背中を押されて、遂にオープンしてしまいました。その期間の中で登場回数がかなり多いのが【ZANONE/ザノーネ】。ページ数で行けば、15ページ。変わらないことが、このブランドの魅力。もちろん、変化はありますが、変える必要のないものは変えない、そこが、このブランドの凄さではないでしょうか。

6a0128759cce68970c019104b20553970c[1].jpg

 変わらないものの一つが、ミドルゲージ。これからの季節、寒さから身を守り、周囲の服を引き立ててくれるのが、タートルネック(ドルチェヴィータ)。今月に入り、特にお求めになられる方の多いニットです。

136.JPG

118.JPG

104.JPG

037.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ46をややタイトに着用しております。

MODEL:ミドルゲージタートルネックセーター
SIZE:44・46・48・50
COLOR:シルバーグレー ・ ベージュ ・ ネイビー ・ ブラック
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥37,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

030.JPG

037.JPG

 羽織ったのが、CINQUANTA(チンクワンタ)のレザーブルゾン、サイズ46。タイトに着たいレザーだけに、中が嵩張らなないように、サイズ46をジャストで着てみました。合わせたパンツは、コンセプトショップ「Cachette by suguru shop」で展開中のVIGANO(ヴィガーノ)のチェックパンツです。

007.JPG

014.JPG

 羽織ったのは、Sealup(シーラップ)のナイロンブルゾン。サイズ46がない為、サイズ48を着用。中に着ているのは、私物のブラック、サイズ46。出番の多いブラックは、サイズ46と48の両方を所有し、羽織るアイテムによって使い分けています。このブルゾンのサイズ感であれば、48でも窮屈に感じないでしょう。

539.JPG

558.JPG

 写真だけでお分かりになれば、かなりのニット通です。ヒントは?。歴史から言えば、イタリアンニットは足元にも及ばない英国ブランドのニットで、創業は1784年。江戸中期の幕臣、田沼意次や日本最初の地図を完成させた伊能忠敬、蘭方医、杉田玄白などが活躍した時代。フローレンス・ナイチンゲール女史の叔父であるピーター・ナイチンゲールと彼の共同経営者で設立。そう、【JOHN SMEDLEY/ジョン スメドレー】です。どちらも最高級のメルノウールを使い、インナー使いとしても最適な30ゲージのハイネック(モックネック)と、やや太めの24ゲージの糸で編まれたタートルネック。この季節には欠かせないニット達です。

455.JPG

310.JPG

523.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズMを着用しております。

MODEL:「HARCOURT」STANDARD FIT モックネックセーター
SIZE: S・M ・L
COLOR:レーシンググリーン ・ダークココア ・へップバーンスモーク
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥30,000(本体価格)+税

こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

073.JPG

087.JPG

 羽織ったのは、同じ英国ブランドのGRENFELL(グレンフェル)の「Harrington/ハリントンジャケット」。インナーが薄手だけに、サイズ36でゆとりがあります。シャツ+セータースタイルであれば、このゆとりが必要となってきます。JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のニットを選ぶ際は、フィットモデルが目安です。今季、同じ30ゲージで選んだクルーネック「SICILY」はITALIAN FITの着丈の短いモデル。肩幅や胸囲を殆ど変えずに着丈だけを長くしているのが、STANDARD FITになります。プリーツの入った、腰回りにゆとりをもつパンツなら、こちらのモデルのほうがバランスが良いでしょうね。また、しゃがんだ時や腕を上に上げた際のウエスト周りを想像してみてください。安定感のある着丈が寒さから身を守ってくれるはずです。

506.JPG

412.JPG

515.JPG

モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズMを着用しております。

MODEL:「CONNEL」STANDARD FIT 24Gタートルネックセーター
SIZE: S・M ・L
COLOR:スノウホワイト ・ライトキャメル ・ブラック
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥31,000(本体価格)+税

こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

052.JPG

061.JPG

 選んだのは、GRENFELL(グレンフェル)からウールフランネルの「Golfer/ゴルファー」。ジュニアが書いているSUGURU blog。モデルを頼まれたのが、このブルゾンです。サイズはサイズ36で羽織っております。中に着たタートルネックはサイズMでゆとりを持ってです。STANDARD FITをお選びなる際のサイズ目安としては、S(38)=44 M(40)=46~48、L(43)=50でしょうか。あくまでも参考意見です。

316.JPG

041.JPG

094.JPG

 最近、雑誌にもチェックパンツの特集が組まれるようになりました。トレンドの流れでしょう。蔵庫/マガジーノでセレクトしたのは、BRIGLIA1949のウォッシュドウールハンドツゥース柄。サイズ45でジャストです。下のチェック柄パンツは、VIGANO(ヴィガーノ)ののもの。コンセプトショップ「Cachette by suguru shop」の品揃えの為、ジュニアがセレクトしました。グローリーガイではドローコード付きで選んだのに対し、彼はツープリーツ入りのスリムフィットで選択。トレンドに敏感な24歳。セレクトの理由が今なら分かる還暦過ぎの頑固オヤジでした。ウインドウペン柄タータンチェック柄もサイズ46でジャストで穿いております。急遽のご案内で足元が試着用の靴となりました。お許しください。

gg10img.jpg

 忘れてはいけません。極めつけなのが、写真で二人が穿いているチェック柄パンツ。11月16日のSUGURU blogでご案内しているにもかかわらず、まだ通販サイト「SUGURU SHOP」には掲載されていません。何故でしょう?何か意図があるのでしょうか。店頭では既にご購入され、クラブチーム?に仲間入りされた方もあるようです。本日、彼は休み。水曜日にでも確認してみます。

fullsizeoutput_2635-thumb-autox441-79237[1].jpg

 定番アイテムの多い今季。年内セールの開催予定もありませんが、蔵庫/マガジーノには、多くのお値打ち品と蔵番ことマスヤマが皆様のご来店を待ち望んでおります。ぜひ、機会を見てお立ち寄り下さいますよう、よろしくお頼み申し上げます。

"オールド・スクール"をテーマにニットのご提案です!! 登場するのは、ZANONE/ザノーネ&Settefili Cashemere/セッテフィーリ カシミア&Drumohr/ドルモアです!!

 どうも、ここ数週間、体内時計がイタリアになっているようで、朝の出足が遅れています。かといって慌てるかと言えば、いつものマイペース。今は無理するなと言うことでしょうか。出勤後はいつものカフェで珈琲を飲んでから、仕事に取り掛かります。

20191204_121853.jpg

 カシェートの扉を開けると、ブログ作りのマヤさんの後姿が。「おやっ、もしかして...」と覗いてみると、

20191204_121943.jpg

 「やっぱり!! いつのまに?」女性だけではありませんが、欲しかったものを手に入れたときの笑顔は最高です。「皆が(購入して)いいって言ってくれたから」と嬉しげです。購入したのは【PYRENEX/ピレネックス】のダウンベスト「SPOUTNIC VEST OTTOMAN」。レディースでも人気のフランスのダウンブランドです。

201.JPG

 本日の出で立ちです。撮影中に考え事?いや、偶然のポーズです。いや、実は今夜の集いに着ていく服装を考えていたのも事実。以前購入したPT01(ピーティーゼロウーノ)のメルトン地パンツに靴下もウールで固めたのに、今日の寒さに耐えることができるかどうかの上半身。MAISON CORNICHON/メゾンコルニションボーダーカットソー(追加オーダー中)にBagutta(バグッタ)シャケット「SAFARI」を羽織り、norlha(ノラ)の大判ストールで首元を温めます。2軒、3軒と梯子しなければ大丈夫でしょう。明日は、大阪。自重しなければ...です。

 本日のご案内は、ニット。"オールド・スクール"をテーマにご提案させていただきます。

gg10img.jpg

 コンセプトショップ「Cachette by suguru shop」も"オールド・スクール"がテーマです。昔ながらの価値観やスタイルを今に伝えていくことがコンセプトになっています。

065.JPG

084.JPG

 まずは、【ZANONE/ザノーネ】のライン入りVネックセーター。チルデンやクリケットセーターのようなスポーティーさはないものの、都会的な雰囲気は、大人が着るにふさわしいニット。白Tシャツにさらりもいいけど、知的に見せるなら、やはりシャツがいい。気温の下がる季節だけに、ネル地を選べば、さらに温もりと共に上品さを手に入れることができます。

 ホワイトのニットで合わせたシャツは、Maria Santanngelo(マリア サンタンジェロ)、ネイビーはFinamore(フィナモレ)で合わせています。

097.JPG

115.JPG

 カーディガンやVネックと比べて、スポーティーな雰囲気を持つクルーネック。【Settefili Cashmere/セッテフィーリ カシミア】のものです。無地とケーブル編みの真ん中と、足し算と引き算の上手い、さり気ないアクセントのあるニット。Tシャツで合わせ、ネッカチーフを巻くのも手ですが、温もりとオールド・スタイルを求めるなら、やはりチェック柄のシャツです。

 イエローで合わせたシャツはMaria Santangelo(マリア サンタンジェロ)、ブラウンはFinamore(フィナモレ)を合わせています。

048.JPG

060.JPG

 12月2日(月曜日)に掲載されたマガジーノブログ。ナグラさん効果は未だにありませんが、見逃すのはもったいない【Drumohr/ドルモア】のジーロンラムシリーズ。少しだけお値打ちになっています。昨年の展開商品ですが、毎年変わらない定番ニットだけにサイズの合う方がございましたら、このタイミングで揃えておかれることをお勧めします。ケーブルなどの編地のあるセーターは、白のTシャツか、或いは白シャツでシンプルに合わせるほうが、スッキリ見えます。編地も柄の一つですね。

 カシェートスタジオにて収録した「SUGURU STORY」。最新作第7弾は、【PYRENEX/ピレネックス】。ゲスト?にナグラさんを迎えての収録。ナグラさん効果に期待です!!

SUGURU blog,magazzino blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

 

"+1"の快適さを与えてくれるVネックニットベスト! JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレーの「HADFIELD」!!

 今週から2020年秋冬の展示会がスタートし、スグルは東京の展示会へ出向いています。

 2020年秋冬のアイテムは、4年に一度、いや、一生に一度の東京オリンピックと時を同じくして入荷を迎えることもあり、その熱狂と共に、皆さんの心を掴むような提案ができるよう、今回はみっちりと連泊で参戦し、半年に一度の大仕事に挑んでおります。

 本日のblogは、留守を預かっているタカイがご案内する【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】のVネックベスト「HADFIELD/ハドフィールド」。久しぶりの提案となったVネックベストは、Settefili Cashmereのラウンドネックニットベストと併せ、近年の生活環境に合った"+1"の快適さを与えてくれるアイテムとして、改めて注目されています。

IMG_9905.jpg

fullsizeoutput_3105.jpeg

 カラーは2色展開。LATORREのチェック柄ジャケットに合わせたやや青みのあるグリーン(ORION GREEN)と、同じくLATORREのヘリンボーン柄ネイビージャケットに合わせたブラック(BLACK)です。

 暖房の効いている室内での過ごしやすさ、重ね着によるストレスの軽減など、様々な生活シーンを思い浮かべて、あったら良いよね、と思って頂けるアイテムではないでしょうか。

 Vゾーンの開きはシャツの第2~3釦の間くらいで、ネクタイを締めた時のバランスもきれいに収まります。

  IMG_9913.jpg

  fullsizeoutput_3106.jpeg

  IMG_9941.jpg

 モデルは、英国本国の型紙を採用した「STANDARD FIT」。

 最も大きく違うのは着丈の長さで、寒い冬、冷えないよう腰やお腹周りをしっかりとカバーし、動きの中で捲くれ上がってしまう心配はありません。

  fullsizeoutput_3117.jpeg

  fullsizeoutput_3118.jpeg

 モデルは身長180㎝、体重67㎏、胸囲94㎝で、サイズMを着用しています。

MODEL:「HADFIELD」Vネックニットベスト -STANDARD FIT-
SIZE:S(38)・M(40)・L(43)
COLOR:グリーン(ORION GREEN)・ブラック(BLACK)
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥27,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONS(ジョンストンズ)JOSHUA ELLIS(ジョシュア エリス)のマフラー、そして、TAGLIATORE(タリアトーレ)GRENFELL(グレンフェル)PALTO(パルト)のコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

SUGURU blog,magazzino blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

限られた人生、できるだけ多くのことに出会いたいものです!! "出会い"がテーマのRencotrant/レンコントラントのカシミア・セーブル タートルネックセーター

 少し前の記事ですが、日本総研のコラムに、「裏日本」が日本の「表」玄関になる?" 「太平洋の時代」から「日本海の時代」へ...そんな話題に興味を持った理由と言えば、読んでいる司馬遼太郎さんの「菜の花の沖」。江戸時代の廻船商人、高田屋嘉兵衛を主人公にした歴史小説です。当時は、大阪、兵庫が商業の中心で、瀬戸内海から下関を経由し北陸以北、更には蝦夷地までを往復する西廻り航路(北前船)が主流。その為、太平洋側より日本海側のほうが表玄関のように繁栄。近代以降は、鉄道による輸送が主流になり、それ以降の表と裏は逆転。でも日本海側に文化の雅を感じるのは、この北前船の影響が大きかったのでしょう。現在、小説の内容は蝦夷地の開拓時代に入り、寝る前は、その時代にタイムスリップしており、新しい知識との出会いを楽しんでおります。

 本日のご案内は、"出会い"が合言葉の【Rencontrant/レンコントラント】です。ディレクションを務めるのは、ニットと旅を愛するフランス人女性。旅で出会った作り手や生産背景を、少しでも多くの人に伝えたい...そんな思いがブランド名の由来になります。コンセプトは、"上質な普段着"。長く愛用出来るベーシックなアイテムに、フランスらしい色使いや革新的な素材使いがポイントです。そして生産国は、JAPANです。

001.JPG

022.JPG

 おさらいです。10月27日のブログにご案内させていただいたのが、カシミア・セーブルの釦レスカーディガン

056.JPG

065.JPG

 同じ色目で、ご提案するのが、タートルネック。重ねれば、ツインニット(アンサンブル)になります。

005.JPG

008.JPG

 カシミア80%・セーブル20%の5ゲージニットは、しっとりとした柔らかな手触りです。"上質な普段着"にふさわしい温もりと軽さをもつ、新しい感覚のニット。ベージュの黄色味を除き、ライトグレイを加えたようなオイスターベージュ。ブラックではなくチャコールグレイとミディアムからライトグレイのグラデーションで魅せるグレイメランジ。どちらも優しい、自然な色合いです...と説明文は同じになりました。

114.JPG

096.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズMをゆったりと着ております。

 合わせたパンツはBorelio(ボレリオ)、ストールはnorlha(ノラ)、靴はSpring Court(スプリング コート)です。

MODEL:カシミア・セーブル タートルネックセーター
SIZE:XS・ S ・ M ・ L
COLOR:オイスターベージュ ・ グレイメランジ
MATERIAL:カシミア80%・セーブル20%
PRICE:¥48,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入頂けます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


IMG_5720.jpg

IMG_5741.jpg

IMG_5538.jpg

L1040099 (1).jpg

L1040028.jpg

L1040159 (2).jpg

IMG_0391.jpeg

 フランスと言えば、【PYRENEX/ピレネックス】。今年で160年を迎える老舗のファクトリーです。信頼と技術の高さが歴史を作り、徹底した管理による厳格な仕分け作業と、検査を繰り返し、僕らの元にダウンウェアは届けられています。他社より加工処理済みのダウンを仕入れることなく、創業当時より自らの手でダウンの生産を行ってきたピレネックスは、その長い歴史の中でダウン生産における独自のノウハウを培ってきました。今までもこれからも最高品質のダウンを作り続けていくダウンブランドです。今季より、レディース店Cachette/カシェートにコンセプトショップとして立ち上げた「Cachette by Suguru Shop」で展開しております。近くですので、ぜひ足をお運びください。

「SUGURU STORY」配信中の最新作第5弾は、"norlhaストール特集 やっちゃいました!" です。手にしたものだけが分かる、大変、希少価値のあるアイテムです。ぜひ、ご検討ください。尚、こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入できます。

SUGURU blog,magazzino blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る