家族経営の町工場が生み出す世界に誇る技術と伝統! FARNERARI/ファルネラーリのシープスキングローブ!!

 昨日に引き続き、タカイがご案内していきます。

 最低気温がひと桁にまで下がると、自転車通勤をしている身としては、寒さ×強風の冷たい風にさらされる手と首元に防寒対策を施さない訳にはいきません。今日もしっかりグローブとマフラーを装着して出勤です。

IMG_2947.JPG

 冬の寒さから体を守るためには、血が多く巡る首元・手首・足首の三つの"首"を暖める事が重要とのこと。昨日は首元を暖めるストールをご紹介しましたので、本日は手(首)を守るグローブ。今季からGLORY GUYに登場したグローブの専門メーカー、【FARNERARI/ファルネラーリ】をご案内していきましょう。

 1926年にEDOGARDOとVINCENZOの兄弟によってフィレンツェで設立された【FARNERARI/ファルネラーリ】。イタリアの典型的な家内制工場(家族経営の町工場でしょうか)で、グローブのみを製造しているファクトリーブランドです。この"グローブのみ"というのが重要で、他ブランドのようにベルトやバッグなどの皮革製品の生産は一切せず、グローブ製造のみに特化したその道のスペシャリストとして、世界中から高く評価されています。世界でも有数のブランドを手がけていることからも、その信頼性が伺い知ることができます。

 原材料の選定や鞣し、染色工程は全て自社工房で行い、これは1926年の創業当時から変わらず、伝統と技術は今日にまで受け継がれているのです。

  IMG_2741.JPG

  IMG_2939.JPG

 まずご紹介するのは、シープスキンの2トーンタイプ。手首のベルト部分と親指の色を切り替えています。ただ、控えめなお洒落が好きな僕たちらしく、手首のベルト部分と親指を切り替えは敢えてコントラストを弱めに。よーく見れば的な、大人の雰囲気に落ち着きました。

 革はしっとりとして柔らかく、手の形に合った滑らかな曲線とそれを作り出す美しいシーム。フィッティングの良さは、グローブ専業メーカーの折り紙付きです。

    IMG_3319.JPG

 SEPPIA(セピア)と表現されたトープ系のボディー部分に対し、ベルトと親指部分はCHIARO(キアロ)と名付けられたオリーブブラウン系の色を配色。

    IMG_3330.JPG

 こちらは、ブラックのボディーに対し、ほとんどブラックに同化してしまうほど深いネイビーを配色した、一見、単色にも見えるシンプルなデザインです。

    IMG_3334.JPG

 ライニングにはカシミアを採用。外気を遮断し放熱を抑える事で保たれる保温性と、適度な湿度を保つ保湿性。伸縮率の高さは繊細な動きが必要となる手先の稼働域を広げてくれます。

MODEL:2トーンカラーシープスキングローブ
SIZE:7.5 ・8 ・8.5
COLOR:トープ×オリーブブラウン・ブラック×ネイビー
MATERIAL: 表革...羊革 ライニング...カシミア100%
PRICE:¥26,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

  IMG_2816.JPG

  IMG_2775.JPG

  IMG_2790.JPG

 シープスキンのスエードは、サンド・アイビーグリーン・ブラックの3色で展開です。

 キメ細かなスエードは肌触りが良く柔らかで、普段使いに気軽に使えるアイテムです。

IMG_3348.jpg IMG_3346.JPG

         IMG_3352.jpg

 ライニングのカシミアは、それぞれ色が切り替えになっていて、サンドにはナチュラルベージュ、アイビーグリーンにはブラウン、ブラックにはグレーが配色されています。

MODEL:シープスキンスエードグローブ
SIZE:7.5 ・8 ・8.5
COLOR:サンド・アイビーグリーン・ブラック
MATERIAL: 表革...羊革(スエード) ライニング...カシミア100%
PRICE:¥23,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

 *お知らせ*

 12/3(土)・4(日)の2日間で、恒例となりました人気イベント「Paraboot TRANKSHOW」の開催が決定致しました。ご用意できるアイテムの紹介やノベルティーなど、イベントの詳細は追ってご案内を致しますので、ぜひご期待下さい。

 なお、当日ご覧になりたいアイテムなどございましたら、メンズ/レディース問わず、こちらまでお気軽にお問合せ下さいませ。

 

cachette blogSUGURU blog、更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

オトコの妄想を格上げする秘密兵器!? DENTS/デンツのグローブ

 久しぶりに他店のブログを覘いていたら、グローブの特集に目がいきました。「もう、そんな時季かぁ」なんて、感心している場合ではありません。いつの間にか10月の後半。冬支度には必要なアイテムです。

 本日のご案内は、グローブの【DENTS/デンツ】。1777年に英国の美しい聖堂のある都市ウースターにて、設立者ジョン・デントが創業。連綿と受け継がれる伝統を守り続けるグローブの最高峰です。デンツに遅れること20年、1797年にスコットランドに創業されたJONSTONS(ジョンストンズ)と並べて、ご紹介です。後日、コーディネートしますので、楽しみにしていてください。

005.JPG

009.JPG

 まずは、妄想グローブとして、ぜひお勧めしたいのが、ドライビングモデル「1094」。レッド×ネイビー、タンブラウン×ブラックの2色でご提案です。コートのポケットに挿したり、キーの横にさりげなく置くと、周りの目が変わる...はず。あくまでも、さりげなくです。

034.JPG

031.JPG

 ヘアシープのコントラストグローブ。ヘアシープとは、エジプト周辺の砂漠地帯に生息する特殊な羊の皮革。非常に薄く柔らかくなめすことができ、肌に吸い付くような滑らかさです。ノーライニングのシンプルなデザインになっています。

MODEL:「1094」 ヘアシープ コントラストドライビンググローブ
SIZE:S(8.0)
COLOR:レッド×ネイビー ・ タンブラウン×ブラック
MATERIAL:ヘアーシープ ノーライニング
PRICE:¥26,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


017.JPG

 毎年、定番として外せないのが、ペッカリー革のグローブ。ペッカリーとは南米の猪豚科に属し、その革の質感は柔らかく、ふっくらした厚みが特徴です。通常、革は雨に濡れると堅くなりますが、このペッカリーは殆んど変わりません。また、「シボ」の揃ったグローブを作ろうとすると一頭のペッカリーから一双作れればよいという革の希少性も魅力の一つです。

047.JPG

046.JPG

 手縫いのグローブだけに見つかる小さな菱形のマチ。水かき部分(親指の付け根)に宛がわれ、指の自在な動きを妨げることなく動かすことができます。また、最高級のペッカリーをダイレクトに堪能できるノーライニングでセレクト。繊細な指先に伝わる感触を体感できます。

MODEL:「1043」 ペッカリーグローブ
SIZE:7 ・ 7.5 ・ 8
COLOR:イエローオーカー(Cork) ・ ダークブラウン(Bark) ・ ネイビー(navy)
MATERIAL:ペッカリー(猪豚革) ノーライニング
PRICE:¥49,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


010.JPG
012.JPG
021.JPG

そして、こちらも定番のディアスキンを使った「1557」。特に【DENTS/デンツ】では光沢のある銀面層をもつ最高級の北米産の鹿革が使われています。きめの細かい柔らかさと丈夫さが特徴です。

041.JPG

 こちらも、直接、革の素材を楽しんでいただけるように、ノーライニングで提案。手入れがしやすいのも魅力の一つです。

MODEL:「1557」 ディアスキングローブ
SIZE:7 ・ 7.5 ・ 8
COLOR:ライトブラウン「HAVANA」・ ダークブラウン・「BARK」 ブラック「BLACK」
MATERIAL:ディアスキン(鹿革) ノーライニング
PRICE:¥29,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


024.JPG

 ドレス顔のヘアシープを使ったグローブは、モデル「007」。映画「007」シリーズの「スカイホール」でジェームス・ボンドがはめていたことから、モデル名が付けられた、ファンには堪らないグローブです。

027.JPG

 ライニングは、カシミアを使っています。そのカシミアは、偶然にもJOHNSTONS(ジョンストンズ)。とても贅沢な温かみと軽さを持ち合わせています。

MODEL:「007」 ヘアーシープグローブ
SIZE:7 ・ 7.5 ・ 8
COLOR:ブラック「BLACK」
MATERIAL:ヘアーシープ
PRICE:¥28,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

足は"ALTO"、手は"ALPO"です。ALPO/アルポのディアスキングローブ!!

 日本列島に、寒波がまた襲ってくるようです。来週になると、この地方でも気温がマイナスまで下がり、雪が降る予報です。

 寒さが本格化してくると、アウターの次に揃えるのがニット。冷たい風を防げば良かった今までとは違い、芯から冷えるこの時季は、寒さをしのぎ体を内側から温めるニットが必需品です。でも、これで十分ではありません。体の中心を暖めたら、先っぽも。人間の体で最も体温が低い所は、心臓から遠い所。つまり、手や足先です。

 実に、60%以上の男性が症状を抱えている冷え性。冷え性が女性だけのものだと思っている男性も多く、自覚をしていない"隠れ冷え性"や"冷え性予備軍"も多いそうです。私も冷え性で、そんな自覚はなかったのですが、最近、嫁さんからその事実を突きつけられました。そういえば、いつも手足の先端は、感覚が無くなるほど冷えきっていました。

 そんな、6割以上の冷え性に悩む男のために、手足を温めるアイテムは大切です。足には、以前ご紹介したALTO/アルトのウールソックスを、手には【ALPO/アルポ】のグローブがお勧めです。

 でも、冷え性を自覚している方には、まず体質改善や生活習慣の改善がお勧めですね。かく言う私もですが...。

IMG_6011.JPG

 レッド・タン・ブラウン・ネイビー・ブラックの5色を揃えた「CERVO 239」。昨年もご紹介していますが、【ALPO/アルポ】が常に展開をしている定番アイテムです。寒波が迫りくるこのタイミングで、もう一度ご紹介です。

IMG_5992.JPG IMG_6004.JPG

 柔らかさと耐久性を兼ね備えたディアスキン(鹿革)を使用し、ライニングには、暖かさと肌触りの良いカシミアを使用しています。縫製の難しい指先は、丁寧に十字に縫い合わされ、見事なステッチワークと心地良い着用感は、数々のビッグメゾンが生産を依頼するなど、技術の高さは折り紙付きです。

IMG_59661.JPG

IMG_5958.JPG

IMG_5978.JPG

IMG_5974.JPG

IMG_5941.JPG

 個人的にも所有しているモデルで、ディアスキンの柔らかさとシボの表情が気に入っています。甲に入った「ポインツ」と呼ばれる3本の縫い目と、手首のストラップが、重厚で男らしい手を演出してくれます。

MODEL:「CERVO 239」シボ加工グローブ
SIZE:7.5 ・8 ・8.5
COLOR:レッド・タン・ブラウン・ネイビー・ブラック
MATERIAL: 表革...鹿革 ライニング...カシミア
PRICE:¥21,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

自然が織り成す美しさ、そして熟練した職人が作り出す DENTS/デンツのペッカリーグローブ

20141127_082146.jpg

 この写真を見て、何かお分かりになりますか? 敢えて話題にするようなことではないのですが、妙に気に入ってしまい、ついつい載せてしまいました。東京出張に向う電車の中。本来ならば、東岡崎から快速特急に乗り、豊橋に向うのですが、2.3分の差で置いていかれました。その後の特急に乗ればよいものを、なぜか普通電車。おかげで、いつもの"ひかり"に乗り遅れたのは言うまでもありません。途中の駅で学生さんが降りてしまうと車両には私一人。大声で歌おうが、ラジオ体操しようが、お構いなしです。誰も見ていません。ただ、それを私に選ばせなかったのは、この車窓に映った美しい紅葉。まるで走馬灯のような...でしょうか。

20141127_082304.jpg

 本日のご紹介は、昨日に引き続き、常着の【DENTS/デンツ】。JOHNSTONS(ジョンストンズ)の創業が1797年。JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)が、1784年。その7年前に英国のウースターで創業されたのが、"グローブ界のロールスロイス"と称される【DENTS/デンツ】です。

002.JPG

004.JPG

 その中でも、特にお勧めなのが、ペッカリー革のグローブ。ペッカリーとは南米の猪豚科に属し、その革の質感は柔らかく、ふっくらした厚みが特徴です。通常、革は雨に濡れると堅くなりますが、このペッカリーは殆んど変わりません。また、「シボ」の揃ったグローブを作ろうとすると一頭のペッカリーから一双作れればよいという革の希少性も魅力の一つです。

005.JPG

 そして見事なまでに美しいハンドワーク。一組のグローブを作る工程は、32。熟練した職人さんの手作業によって完璧なフィット感を作り出すのです。私も現在、2代目(一代目はサイズ選びを間違えました)ペッカリーを4年ほど愛用しておりますが、裏布ないノーライニングは第2の皮膚のように手に馴染んでいます。冬が来れば、必ず装着するグローブです。来週は、この冬一番の寒波が到来。次の出張が今季初の出番となりそうです。

016.JPG

011.JPG

009.JPG

カラーは、上からイエローオーカーの「Cork」、ダークブラウンの「Bark」、そして「Navy」の3色です。

MODEL:「15-1043」 ペッカリーグローブ
SIZE:7.5 ・ 8
COLOR:イエローオーカー「Cork」 ・ ダークブラウン「Bark」 ・ ネイビー「navy」
MATERIAL:ペッカリー(猪豚革) ノーライニング
PRICE:¥49.000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
 尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

グローブに拘るのも冬の楽しみ! ALPO/アルポの高品質グローブ

 朝、さほど感じなかった寒さも、午後過ぎから急に冷え込んできました。空気が冷たく澄んでいる為、岡崎平野に迫る三河山地の山並みの稜線がくっきりと見えます。日が翳れば更に寒くなりそうです。夜は温かい物を食べて、体を温めましょう。そういえば、今日の昼食、エージェントさんと食事に行った行きつけのうどん屋さん、いつも以上に混雑していて大変な賑わいでした。きっと寒さのせいでしょうね。

 本日も、この冬の寒さを乗り切るための必需品、グローブを【ALPO/アルポ】から、ご紹介いたします。

 ソフトで柔軟性のあるレザー、カシミアなどを使った高級グローブのアルポ社の歴史は、19世紀のナポリ、ポルト ラーノ家の手工業から始まります。創業者フォルトゥナート・ポルトラーノの長男アルベルトが製造から販売までの工程を一貫して行うシステムを作り、フィレ ンツェ、ナポリ、パレルモにショップを開きました。1940年代にミラノにオフィスとショールームを、工場をクレムナーゴ・ディ・インベリーゴに移転。さ らに高品質でデザイン性の高い手袋を追求しています。現在、アルポ社のグローブは、厳選されたレザーを特別のなめし加工でとても柔らかいレザーに仕上げて います。また、イタリアや海外の一流デザイナーを起用し、イタリアならではのファッション性の高いグローブを提供。アルポ社は、長い伝統を守りながら変わらぬ起業家精神で、高品質のグローブを追求しています。

076

 柔らかなシープスエードのグローブは、素朴な顔。素材の良さを引き立てるシンプルなデザインです。

078

 カシミアのライニングは、凍えた手もすぐに温まりそうです。

041
067

MODEL:「SUEDE 884」スエードグローブ
SIZE:7.5 ・8 ・8.5
COLOR:ブラウン ・ ネイビー
MATERIAL: 表革…羊革 ライニング…カシミア
PRICE:¥17,850

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

072
069

  しなやかで耐久性がありながら、とても軽くてソフトなディアスキン(鹿革)。通気性もあり、グローブとして最適な革です。

082

 こちらもカシミアのライニングです。

054
029
061

 革の中では最も好きなディアスキン。シボ加工で傷も付きにくく、長年愛用のできるお勧めのグローブです。コートの袖口を汚さない為にも、グローブを上手く活用すといいでしょうね。

MODEL:「CERVO 239」 シボ加工グローブ
SIZE:7.5 ・8 ・8.5
COLOR:レッド ・ ネイビー ・ タン ・ ブラウン  ・ ブラック
MATERIAL: 表革…鹿革 ライニング…カシミア
PRICE:¥22,050

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

  • 1

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る