韓国宮廷ドラマ「トンイ」最終回!? いや、ご案内したいのは、JACOB COHEN/ヤコブ コーエン&INCOTEX/インコテックス 最終ご案内です!!

 それにしても可愛いトンイ、そして美しい王妃。少し気の弱い19代の王様も親しみがあります。回想シーンの多いのが特徴で、歴史背景を知らずとも単にドラマとして楽しめます。そして遂に「トンイ」が、明日、最終回。楽しみが一つ減ってしまうようで、残念です。トンイが生んだクムが、前回、放映の韓国宮廷ドラマ「イ・サン」の祖父、21代国王・英祖。イ・サンは孫にあたり、22代の国王になるわけです。歴史の流れが分かってくると、更に面白いですね。お客様でもあり、人生の先輩O氏。国を問わず、かなりの歴史通。偶々、一緒にお茶を飲む機会があり、宮廷ドラマの話に及ぶと、「DVD、全部持っているから貸そうか」なんて、風貌に似合わず(失礼)、意外な優しさ。やっぱりファンは多いんですね。そんな私も少し前までは、上さんが夢中になって観ている横を、全く気にかけず通り過ぎていたんです。食わず嫌いはよくありません。

 本日は、こちらも今シーズン最終ご案内となる【JACOB COHEN/ヤコブ・コーエン】と【INCOTEX/インコテックス】。様々なモデルが登場している昨今のパンツ。食わず嫌いしないで、挑戦してみてください。

112.JPG

 10月4日、MooRER(ムーレ)のダウンベスト「OLIVER-OP」のご紹介の際に穿いていたのが、【JACOB COHEN/ヤコブ・コーエン】の「PW622 WOOL B COMF」。コットン・ウールの5ポケットパンツです。

112.JPG

016.JPG

 コットンにウール、カシミアをブレンドしたライトグレイのホームスパン。カジュアルでありながら、優しい風合いを楽しめるパンツ。ウール素材は、久しぶりのご提案です。

178.JPG

 なんと箱入り娘。さらに洗いの最後の色止めとして使うシソ科のハーブ「パチョリ」付。今回、セレクトした中では、このモデルのみです。

129.JPG 132.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ30を穿いております。

MODEL:「J622 WOOL B COMF」 ライトグレイ ホームスパン5Pパンツ
SIZE:29・30・31・32・33
COLOR:ライトグレイ
MATERIAL:コットン42%・ウール30%・ポリエステル20%・カシミア3%・ナイロン3%・ポリウレタン 2%
PRICE:¥49,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

025.JPG

 9月29日に、ISAIA(イザイア)のジャケットをご紹介させていただいた際に穿いていたのが、【INCOTEX/インコテックス】のパンツ。腰周りにゆとりを持たせ、裾幅にかけてテーパードするラインは、やり過ぎない、中庸でいて無個性にならない、そんな存在感を示します。

222.JPG

227.JPG

 素材は、ストレッチコットン。ブラックとフォレストグリーンの細かい格子柄の上に優しいベージュの糸が織り込まれています。光の当り方によっては、写真よりグリーンが強くなります。1プリーツのサイドアジャスター付ベルトレス。大き目のウォッチポケットがアイコンになっています。本日、似たような色目のパンツを穿いておりますが、表情はこちらの方が豊か。足入れの柔らかさと穿き心地のよさは抜群です。

006.JPG 013.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65K、胸囲92㎝で、サイズ46を穿いております。

MODEL:「1AGW011」コットンストレッチ ミニチェック柄パンツ
SIZE:42 ・44 ・46 ・48 ・50
COLOR:グリーン×ブラック
MATERIAL:コットン98%・ポリウレタン2%
PRICE:¥37,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

cachette blog,magazzino blog,Re CHECKも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

何を着るかは、最低気温で決める!? 今、揃えておきたいJACOB COHEN/ヤコブ コーエンのデニムパンツ&デニムジャケット

 週間予報で気になるのは、最低気温。朝刊を見て、シメシメです。ようやく20度を下回る日が出てきました。なんと言っても、まだまだ9月。暑さが残るのは、当たり前。ただ、朝起きた時、或いは夜が更けたときに、薄着ではいられない寒さに季節の変化を感じるはずです。

20170902_140445.jpg

 秋を装う、美しい女性のようにはいきませんが、同じ場所で撮影してみました。顔を葉っぱで隠してとお願いしたのですが、なぜか、お惚け顔が写ってしまいました。夏物ですが、彼女のボルドー×ブラックに対抗して、グリーン×ブラックで攻めてみました。どちらも今シーズンのトレンドカラー。季節を取り入れるのは、大人の嗜みです。夏休みを終え、セブ島から帰ってきたタカイちゃんは、まだまだ夏の余韻に浸っておりますが、マガジーノのマスヤマは、しっかり秋冬のジャケットを着込んでおりました。ナグラサンは相変わらずです。

026.JPG

 昨日に続き、【JACOB COHEN/ヤコブ・コーエン】をご覧ください。インディゴを交えた青づくしのコーディネートですが、実はトレンドを意識しております。

076.JPG

077.JPG

091.JPG

 ステッチ、刺繍、バックパッチにグリーンをあしらったインディゴブルーのデニム。昨日のグレイにボルドー、そして、このインディゴブルーにグリーン。どちらも魅力のある配色です。車を購入する際、外装も大事ですが、内装の配色には更に拘ります。デニムも同じで、穿いていて、ちらりと見える箇所は、とても大切です。

038.JPG 143.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ30をややタイトに穿いております。

 合わせたニットは未公開のFILLIPO DE LAURENTIIS(フィリッポ デ ラウレンティス)、靴はDOUCAL'S(デュカルス)です。

MODEL:「PW622 COMF」 グリーン刺繍&パッチインディゴデニム5Pパンツ
SIZE:29・30・31・32・33
COLOR:インディゴブルー
MATERIAL:コットン95% ・ ポリエステル3% ・ ポリウレタン2%
PRICE:¥42,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

047.JPG

 さすが、ヤコブ!!って、思わず声を出してしまったのが、コーデュロイのようなデニムパンツ。加工による風合いかと思えば、それだけではありません。

082.JPG

083.JPG

086.JPG

 ブルーの糸に絡まるように配されたライトグレイが絶妙です。更に、同じグレイのステッチや刺繍、バックパッチが目に優しい風景を作り出しています。かつて、出会ったことのないような運命の人は既に、いやデニムパンツの話でしたね。

058.JPG 065.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ30をややタイトに穿いております。ヌケ感を楽しむなら、ワンサイズ上げて腰で穿いてもいいですね。

 合わせたニットは未公開のFILLIPO DE LAURENTIIS(フィリッポ デ ラウレンティス)、靴はDOUCAL'S(デュカルス)です。

MODEL:「J622 COMF」 ブルー×グレイ絡みデニム5Pパンツ
SIZE:29・30・31・32・33
COLOR:ブルー×グレイ
MATERIAL:コットン96% ・ ポリエステル3% ・ ポリウレタン1%
PRICE:¥58,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

005.JPG

 最後は、デニムジャケット(Gジャン)のご紹介です。7月8日にご案内させていただいたSIVIGLIA(シヴィリア)と比較してご覧ください。

071.JPG

イタリアのブランドながら、雰囲気はアメリカン。素朴なデニムの表情に加え、ころんとしたメタル釦が、そう思わせるのかもしれません。

017.JPG

 コーディネートで選んだのは、マガジーノ展開のLetryes(ルトロワ)のタートルネックPT01(ピーティーゼロウーノ)のトラベラー&リラックスパンツ、靴は未公開のPantofola d'Oro(パントフォラドーロ)のハイカットスニーカーです。

022.JPG

 Tシャツでは心もとない、でもウールではまだ早い...そんな時に重宝するのが、コットンのタートルネック。ZANONE(ザノーネ)のモックネック同様、手に入れておきたいアイテムです。

 モデルは、身長175cm、体重65k、胸囲92㎝で、サイズSを着用しております。

MODEL:「J6808 COMF」 コンフォートデニムジャケット
SIZE:XS ・S ・ M
COLOR:インディゴブルー
MATERIAL:コットン98%・ポリウレタン2%
PRICE:¥55,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

20170830_192629.jpg

 緊急速報です!! LEON10月号のP86、P87に掲載されているドリームコラボ「LEON×THE GIGI」の記事。ご覧になられたでしょうか。左下に購入方法が記載されております。当然ながら、私どもGLORY GUYの名は連ねておりませんが、取り扱いはあります。既に他の物と一緒に、店頭には並んでおります。近日中にブログにてご紹介させていただきますが、ご興味がございましたら、ぜひご来店ください。

cachette blog,magazzino blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

五感を研ぎ澄ませれば、秋の気配。JACOB COHEN/ヤコブコーエンの絶妙デニムを穿けば、もう秋が始まります!!

 いつまで続くのでしょうか。早い時間に布団に入っても、眠りに落ちるのは明け方。春から始まる眠くならない病。いつもなら梅雨が明け、誕生日を迎えるころには、治ってしまうのですが、今年は長引いています。冷房がよくないのでしょうか。ただ昨夜は窓から入る風が意外にも心地よく、冷房のスイッチをオフに。そうしたら、いつのまにか眠りに入り、久しぶりに気持ちのよい目覚めです。暦が変わっても、季節が変わらない...そんな恐ろしいことにはならず、今年も確実に秋に近づいています。自然の恵みに感謝しなければいけませんね。

20170901_113856.jpg

 見上げた空、触れる風、微かに香る匂い、惜しむセミの鳴き声と、目を、鼻を、耳を、そして心を澄ませば、自然から多くの秋を感じることができます。そして、こんなところにも秋を思わせる風景がありました。ワークスタジオ内にある、行きつけのカフェ。一人、ホットサンドと珈琲で昼食をとっているナノユニバース店長のタケダさん。ボルドーのインナーに黒のライダース姿。絵になる景色に思わず写真を撮ってしまいました。もちろん、掲載は許可済みです。

 本日のご案内は、【JACOB COHEN/ヤコブ・コーエン】。季節を表現しにくいアイテムですが、私が選んだ"秋デニム"をお届けします。

108.JPG

 シンプルにご覧頂きたく、敢えてコーディネートはしません。素材の良さ、作りの良さは申し分ありません。モデルはスリムテーパードの「622」です。

065.JPG

066.JPG

070.JPG

 ボルドーの刺繍とバックパッチが、今までになく、新鮮に映ります。そして何よりもグレイにも見えるけどグレイではない、抜けた青の色合いが魅力的です。撮影中にジュニアから、何色?と聞かれるほど、絶妙な色出しは、書き手泣かせです。

 インディゴが強くないだけに、今季トレンドのグリーンやボルドー、またはベージュやブラウン、ホワイトからブラックにかけてのモノトーンとの相性は抜群。シックな装いにはお勧めのデニムです。それにしても撮影日付け、邪魔ですね。次回から気をつけます。

117.JPG 022.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ30をややタイトに穿いております。

 合わせたニットは未公開のFILLIPO DE LAURENTIIS(フィリッポ デ ラウレンティス)、靴はDOUCAL'S(デュカルス)です。

MODEL:「PW622 COMF」 ボルドー刺繍&パッチ フェードインディゴデニム5Pパンツ
SIZE:29・30・31・32・33
COLOR:フェードインディゴ
MATERIAL:コットン98% ・ ポリウレタン2%
PRICE:¥38,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

035.JPG

 展示会場にぎっしりと並べられた【JACOB COHEN/ヤコブ・コーエン】。千はないにしろ、とにかく何百本ものコレクションの中から、自分好みのデニムを探し出すのは大変な作業です。よくも、こんなに多くのサンプルを作るなぁ~なんて感心してしまいます。だからこそ見つかるのでしょう。このブラックデニムも秋を見つけるよりも簡単に見っけです。

 以前は、価格のこなれたプレヴュー(PW)ラインから選んでいくのですが、最近は逆です。価格は無視して、まずは特徴的なものからピックアップ。その中で価格と照らし合わせ、納得のいくものを選びます。そして最後にPWラインを確認して、全体のバランスを考えていきます。

055.JPG

057.JPG

061.JPG

 価格は、54.000円。決して安くはありませんが、生地や色の表情、ステッチや刺繍の入り方、特に重要なのはバックパッチの色を含めたデザイン。とにかくシンプルでありながら存在感のあるものは、大好物です。だって、そのほうが飽きることなく、長い間、愛着をもって穿けるからです。これは服全般に、いや人生の嗜好といっても構いません。

143.JPG 051.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズ30をややタイトに穿いております。

 合わせたニットは未公開のFILLIPO DE LAURENTIIS(フィリッポ デ ラウレンティス)、靴はPantofola d'Oro(パントフォラドーロ)です。

MODEL:「J622 COMF」 ブラックパッチ ウォッシュドブラックデニム5Pパンツ
SIZE:29・30・31・32・33
COLOR:ウォッシュドブラック
MATERIAL:コットン96% ・ ポリエステル3% ・ ポリウレタン1%
PRICE:¥54,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

20170830_192629.jpg

 緊急速報です!! LEON10月号のP86、P87に掲載されているドリームコラボ「LEON×THE GIGI」の記事。ご覧になられたでしょうか。左下に購入方法が記載されております。当然ながら、私どもGLORY GUYの名は連ねておりませんが、取り扱いはあります。既に店頭には並んでおり、近日中にブログにてご紹介させていただきますが、ご興味がございましたら、ぜひご来店ください。

cachette blog,magazzino blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

JACOB COHEN/ヤコブ コーエンのウォッシュドブルーデニムジャケット(Gジャン)です!!

ここ数日、心を入れ替えての早朝出勤。といっても9時ですが...。11時の開店までの2時間を有効に使おうという意気込みです。出勤すれば、まず入れるのはパソコンと暖房のスイッチ。ただ、それも昨日までは、です。今日は深夜の帰還だったせいか、起床がいつもより遅くなり、先陣を切ることができませんでした。店に入ると、暖房。慌てて切ったのですが、時既に遅し。一旦、温まった店の空気は照明の熱と気温の上昇で、昼時には外気よりも暑くなってしまうのです。「誰が暖房を入れた?」なんて追求はしません。タカイちゃんは休みですので、残るは一人しかいません。案の定、冷房が必要な店内でしたが、なんとか扉を開けることで凌ぎました。なんて、とりとめのない前置きを書くほど、冷房が嫌いな私スグルでした。

 本日のご案内は、【JACOB COHEN/ヤコブ・コーエン】のデニムジャケット(Gジャン)です。昨日、ご紹介させていただいたVIGANO(ヴィガーノ)のコーディネートをご覧になられて、早速、多くの方?からお問合せを頂き、ありがとうございます。

022.JPG

 「なんだ、昨日と同じじゃん!」 いや、足のポーズが...

102.JPG

005.JPG

 色の落ちたウォッシュドブルーにシルバーの丸い釦。少しだけダメージを入れた襟先。コンパクトで伸縮性のある着心地。【JACOB COHEN/ヤコブ・コーエン】の「J8032-CONF」です。

030.JPG

 モデルは、身長175cm、体重63k、胸囲92㎝で、サイズSを着用しております。

 合わせたTシャツはTHE GIGI、パンツはVIGANO、靴はDOUCAL'S(未公開)です。

MODEL:「J8032-CONF」 ウォッシュドブルーデニムジャケット
SIZE:XS ・S ・ M
COLOR:ライトインディゴ
MATERIAL:コットン93%・ポリエステル5%・ポリウレタン2%
PRICE:¥53,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

cachette blogmagazzino blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

 

ファッションを語れば、レトロに辿りつきます!! JACOB COHEN/ヤコブ・コーエンのライン入りポロシャツ

 レトロ(Retro)という言葉があります。retrospectiveの略語で、懐古主義のことです。ファッションを語る際にも良く使われる言葉で、昨夜もジュニアと服の話をしていたら、この言葉が出てきました。「最近、レトロが気分なんだよなぁ」。「なんだ、大正時代から昭和初期かぁ?」なんて私が答えると、思いっきり首を振られました。どうやら80年代のことを言っているようです。世代によって、この懐古主義の時代は異なるようで、1995年生まれのジュニアと私の間では大きな隔たりがあるのは当然です。80年代といえば私が20代の頃。当時の服を取っておけば、ちょっぴり自慢ができたかもしれません。

 本日のご案内は、【JACOB COHEN/ヤコブ・コーエン】。ジュニア世代においては、レトロといえるライン入りのポロシャツ。そういえば、展示会で選んだのも、確かジュニアでしたね。

078.JPG080.JPG

ケース付きで入荷です。光と影のコントラストでご覧ください。

068.JPG

077.JPG

069.JPG

074.JPG

 20代で着ていたライン入りポロといえば、フレッドペリー。無地はフララコ(フランス製ラコステ)でした。若気の至りと言うのでしょうか、或いは世間知らずとでも言うのでしょうか。それが一番だと思い込んでいた時代です。でも、それが若さなんですね。

 話を戻しましょう。【JACOB COHEN/ヤコブ・コーエン】で初めて展開するポロシャツ。ただ以前、購入したTシャツの良さを知っているだけに、セレクトする際の躊躇は全くありませんでした。通常のポロシャツより肌理の細かい鹿の子織地は、しなやかな手触りです。ストレッチの利いたコンフォートな大人ポロに仕上がっています。

160.JPG

056.JPG

 モデルは身長175㎝、体重63K、胸囲92㎝で、サイズSを着用しております。

 ネイビーで合わせたデニムはJACOB COHENの「J622」、ブラックで合わせたデニムもJACOB COHENの「J666」です。

MODEL:「J4038」 鹿の子織コンフォートポロシャツ
SIZE::S ・ M ・L 
COLOR:ネイビー ・ ブラック
MATERIAL:コットン95%・ポリウレタン5%
PRICE:¥17,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

20170402_160155.jpg

 レトロといえば、毎年恒例の「BRITISH CLASSIC MARATHON/ブリティッシュ・クラシック・マラソン」。英国のヒストリックカーによる2日間に亘るタイムトライアルレース。15日(土)朝8時スタートです。詳しくは、後日、お知らせいたします。

cachette blogmagazzino blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております

GLORY GUY

カテゴリー

TWITTER

ARCHIVES

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る