Clothes to You

GLORY GUYS

季節の隙間を埋めるのが上手な人ほど、オシャレになっていきます!!

独立する前の話です。私が勤めていたのは、地元岡崎にあるファッションビルの一店舗。かつてはVAN を中心に扱っていた神戸の老舗トラッドショップです。ちょうどバブル期で、外部から専門家を招く余裕もあったんですね。各テナントの店長が参加したファッションレクチャーの後は、ショップウィンドウを飾るディスプレーのコーディネートコンテスト。テーマに基づいたコンセプトは、文章にしなければなりません。私が選んだのは、”炎のランナー”でした。1981年公開のイギリスのドラマ映画で、アカデミー賞作品賞を受賞。衣装デザイン賞も受賞しており、英国ファッション好きにはたまらなく魅力的な映画です。ドラマのワンシーンを切り取って、ディスプレーを仕上げていきます。結果は?聞いてください。なんと優勝したんです。売り場にモニターまで運び込んで、音楽も流して…そう、初めて、この曲を聴いた時は思わず胸が熱くなり、その記憶は今でも強く残っています。作曲したのは、ギリシャの音楽家、ヴァンゲリスさん。”ブレードランナー”や邦画の”南極物語”の音楽も担当していましたね。そのヴァンゲリスさん、17日、パリの病院で亡くなられました。79歳。心からお悔やみ申し上げます。

翌年、退職して、自分の店を構える直前に出かけたイギリス。”炎のランナー”の舞台にもなった、念願の地、ケンブリッジ。広大すぎる敷地に、カミさんはしゃがみこんでしまいました。どうやら、歩き疲れたようです。

思い出に浸るには、1日は短い。現実に戻りましょう。

気温急降下です。最高気温20度に届かない肌寒い日です。明日になれば、また気温は上がり、気温差の激しいジグザク気候。体調管理が難しい今の世です。

雨が降ったり止んだりの肌寒い今日。振り返ったのは、HERNO/ヘルノ。タカイがご案内させていただいた薄手のナイロンブルゾンはいかがでしょう。嵩張らないアウターだけに秋までクローゼットにしまい込むことなく、必要な時に取り出せば、急な天気の変化にも対応できます。

手軽さは必要だけど、もう少しハードなシーンにも使いたい。ならば、ASPESI/アスペジの「MINI FIELD VENTO」はいかがでしょう。ミリタリーの名作「M-65」ジャケットを、ナイロンタフタを用いてより機能的で軽量、 かつコンパクトに進化させた、アスペジのロングセラーモデルです。

私スグルが一押しするのは、VALSTAR/ヴァルスターのドリズラー似のシャツ襟ジップジャケット。個人的にはカージャケットと呼んでおります。レトロな佇まいと、真夏以外の合いシーズンに使える便利さがオススメの理由です。

明日は、また気温が上がって夏日になるそうですが、いざという時のためにワードローブを見直してみてください。季節の隙間を埋めるのが上手な人ほど、オシャレになっていきます。

この後、私はCachette MENS に移動します。ほんと、人使いの荒いスタッフの面々です。いや、出たがりなだけに、売り場に出ない分をブログでカバーしているのでしょう。

 

CATEGORY

「わかってるって」言わずに、ご覧いただきたい Settefili Cashmere/セッテフィーリ カシミア のサマーニット & ASPESI/アスペジの「MINI FIELD VENTO」 M-65 ナイロンミリタリージャケットです!!

スグルです。

「わかってるって」ですよね。本日のぼやきは…。いやいや、そんな時間はありません。早速ご案内です。

最近のブログで反響をいただいたのが、3月17日のJACOB COHEN/ヤコブ・コーエンの写真。早速、ヤコブのデニムパンツではなく、ムーレーのインに着ているボーダーニットのお問い合わせがありました。Settefili Cashmere/セッテフィーリ カシミアのものです。早速、ご紹介いたします。

着ているMooRER/ムーレーのブルゾンもいいですよ。「そんなのわかってるって」

見るからにエアリー。触って、ふんわり感触に「やっぱりね」のコットン・カシミア・シルク。天然素材の宝庫とも言えるニットと言えるでしょう。当然、軽やかな着心地です。実は、同じ素材混率でカーディガンがあるのをご存知でしょうか。ご案内が早かっただけにお忘れになってはいませんか。「いや、知ってるって」ですよね。よろしければ、春夏のワードローブにご検討下さい。

モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:コットン・カシミア・シルク ボーダーニット
SIZE:46・48・50
COLOR:ホワイト×ベージュ
MATERIAL:コットン60%・カシミア20%・シルク20%
PRICE:¥51,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

リネン・コットンのクルーネックは、春らしい色めでセレクトしました。ラベンダーというよりピンク系のライラックと、ハーブとしても人気のセージの葉色。今季の人気カラーです。

ライラックの花言葉は「恋の芽生え」「初恋」です。 白色の花は、若くて無邪気、ピュアな姿を意味していました。白から紫やピンクに少し色づくことで「恋の芽生え」が始まります。それは「初恋」というものです…とも書いてありました。

サイズ感です。モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝の私で、ライラックはサイズ 46を、セージグリーンは48で着てみました。タイト目に着るなら、46。ゆとりを持って着るなら、48でしょうか。サイズ選びの難しさですが、体型の特徴や着方の好みもありますので、どちらが良いのかは一概には言えません。若者と親父は緩やかに。働き盛りはタイト目?でしょうか。いや、余計なことでした。

MODEL:リネン・コットン クルーネックサマーセーター
SIZE:46・48・50
COLOR:ライラック・セージグリーン
MATERIAL:リネン70%・コットン30%
PRICE:¥37,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

写真のアウターは、【ASPESI/アスペジ】のM-65 ナイロンミリタリージャケット。3月11日のブログにてご案内済みですが、その際に未入荷だったサイズXS、色違いとともに入ってまいりました。ちょうど気温が下がった、いや平年並みに戻ったタイミングでご紹介させていただきます。

花冷えの今日のような天気なら、インにハイゲージのウールニットを合わせ、巻物をして、軽く羽織るだけで様にななります。レイン、ダスター、ウィンドウの他に、この時期に多い黄砂からも衣服を守ってくれます。玄関に入る前に、一振りしていただくか、軽く布で拭いていただくだけで、手入れも簡単。道具としての機能を十分に果たしてくれるナイロンブルゾンです。

光によってはダークオリーブにもブラウンにも見えるオリーブドラブ。そしてブラックです。どの色を取っても男前に見えるM-65型フィールドジャケット。

内側、ウエストと裾の二箇所にドローコードを装備。

ウエストを絞ってみました。いざという時には、立ち襟からフードを取り出せば、完璧。さらに、両手で大切な人をエスコート出来るほどのポケットの収納力。もうこれは、モテるためのブルゾンと言っても過言ではありません。

モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズSを着用しております。

オリーブドラブで合わせたニットはDrumor/ドルモア、巻物はJOHNSTONS OF ELGIN/ジョンストンズ、靴ANTONIO PIO MELE/アントニオ・ピオ・メーレ。ブラックのニットは未公開のFEDELI(フェデーリ)、巻物はPIACENZA/ピアチェンツァ、靴はParaboot/パラブーツ。パンツはどちらも未公開のINCOTEX SLACKS/インコテックス スラックスです。

MODEL:「MINI FIELD VENTO」 M-65 ナイロンミリタリージャケット
SIZE:XS・S・M・L
COLOR:オリーブドラブ・ブラック
MATERIAL:表地:ナイロン100%    裏地:ナイロン100%
PRICE:¥66,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

CATEGORY

オトコはタフでなければならない!? ASPESI/アスペジの「MINI FIELD VENTO」M-65型フィールドジャケット

最高気温はプラス4で20度近く上がり、最低気温はマイナス2で2、3度ほど。この時期の平均気温と比べた本日の気温です。注目したいのは、気温差。なんと15度以上もあり、着るものに困ります。さすがに少し前まで手放せなかったタートルネックには目もくれず、とりあえずオフホワイトの細コールパンツに白シャツを。黒のニットをコットンにしようかウールにしようかと迷いながらも、暑ければ脱げばいいとウールを選択。その上にベージュのレザージャケットを羽織って出勤です。春の淡いジャケットスタイルのジュニアに「冬だね」と言われ、レザーを脱ぎ、セーターを腰に巻き、レディースのジョンスメの撮影です。現在、シャツにレザーだけ羽織って、パソコンの前に座っていますが、日が陰れば、セーターに着替え、仕事が終われば、レザーを羽織って帰ります。温度調整をしながら、春の装いを楽しんでいる、洋服屋のスグルです。

年度が変わる3月。小物の需要が高まる時期だけに、Whitehouse Cox/ホワイトハウスコックスの充実ぶりには目を見張ります。

男の肌にもメンテナンスは必要です。HEATH/ヒースのスキンケアの人気も急上昇中。その上には、昨日、カシェートメンズブログでご案内させていただいたJOHN SMEDLEY/ジョンスメドレーのソックスコレクション。

足元は、価格上昇前にBAUDOIN&LANGE/ボードインアンドランジで揃えていただけます。

棚上にも並んだJOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレーの新作。紹介が待ち遠しい。そして、ようやく入荷してきBARACUTA/バラクータのG9。今季のシーズンカラーが楽しみです。例年に比べ、入荷遅延のこの春。少しずつですが、売り場が賑やかになってきました。気温が上がり、出かける機会の多い季節。ぜひ隠れ場Cachette/カシェートにもお立ち寄りください。

いやぁ、仕事したなぁ。で終われないのが、裏方仕事。ここからが、グローリーガイのメインワーク。現在、売り場はナグラさんとタカイに任せて、マスヤマは大量入荷したFEDELI/フェデーリのオンライン掲載準備の為、蔵庫/マガジーノ に缶詰状態です。

本日の出で立ちに羽織ったアウター。M-65型ブルゾンといえば、【ASPESI/アスペジ】。ミリタリーの名作「M-65」ジャケットを、ナイロンタフタを用いてより機能的で軽量、 かつコンパクトに進化させた、アスペジのロングセラーモデル「MINI FIELD VENTO」。かつてはミラノのショールームでなければオーダーできなかったアスペジ。ある時、日本でもオーダーできると聞き、早速、取り扱いを開始。その後、代理店が変わり、クレームの件で一悶着。取り扱いを断念していましたが、代理店が変わることで、復活させることにしました。

ドライビングブルゾンの定番モデルといえば、Valstar/ヴァルスター社の「VALSTARINO/ヴァルスタリーノ」。同じように【ASPESI/アスペジ】が作るM-65型フィールドジャケットの完成度は非常に高いものがあります。無骨ながらエレガントな佇まいは、合わせるボトムを選ばないということにも繋がります。デニムやチノ、カーゴなどのワークパンツからウールのドレスパンツまで、幅広いコーディネートが楽しめます。もし、紹介ブログをタカイに任せていたとしたら、スーツスタイルに羽織った画像が必ず掲載されていたはずです。

ご説明がいらないかもしれませんが、一言。一口にミリタリージャケットといっても、航空用のフライトジャケットと、野戦用のフィールドジャケットに分けられます。M-65は後者です。原型となったM-51は、その名の通り1951年に誕生。そのM-51に改良を加え、1965年にアメリカ陸軍に正式採用されたことから、M-65となり、フィールドジャケットの完成形として認知されたのです。特徴は、ヒップが隠れるほどのミドル丈で、フード内蔵のスタンドカラー、4つのフラップ付きポケット、可動域を広げる目的で搭載されたアクションプリーツ、内側ウエストについたドローコードなど。ただ、保温力を向上でき着脱式ライナーや、手の甲を保護する役割を果たす袖口の三角ストラップは装備されていません。

最後にM-65フィールドジャケットが似合う人をご紹介。まずは、”タクシードライバー”のロバート・デ・ニーロと”セルピコ”のアル・パチーノ。日本の俳優さんでは松田優作さんと高倉健さんでしょうか。多分、着た人から、ハードボイルドになってしまうのが、M-65フィールドジャケットの魅力です。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズSを着用しております。

MODEL:「MINI FIELD VENTO」 M-65 ナイロンミリタリージャケット
SIZE:XS・S・M・L
COLOR:ネイビー
MATERIAL:表地:ナイロン100%    裏地:ナイロン100%
PRICE:¥66,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

ここから、合わせているPT TORINO/ピーティートリノのパンツをご紹介するはずでしたが、燃料切れです。前半、飛ばしすぎました。この後は、フラ(ダンス)レッスン。ふらふらにならないように、体力温存。明日、他のモデルを含めてご案内させていただきます。

 

CATEGORY

PAGETOP