Clothes to You

GLORY GUYS

これからの季節、主役というより脇役になるシャツ。だからこそ拘りたい Finamore/フィナモレのシャツです!!

一大事です。新幹線の車内販売がなくなる!?  なんて信じられない。なんて、大騒ぎすることでもないのかもしれません。乗らない方にとってはどうでもいい?いや、そんなことはありません。車内で購入し、飲み食いするのも旅の楽しみの一つですから。そう言えば、二週間前の東京行きの新幹線の中で、コーヒーチケットを買おうとしたら、もう販売していないと言われてしまいました。チケットの良さは割安になることもそうですが、何と言っても、「いつもありがとうございます」の一言。この一言って、特別感があり、意外に嬉しいものなんです。乗車率は増えていても、売り上げは半減が廃止の理由。ただ、外国人の乗車率も増えているだけに、とても残念です。朝食そこそこで出かける出張。毎回、昼食を食べる時間はありません。ゆっくり食事できるのは新幹線の中。時間に余裕があれば、駅構内で弁当を購入できるのですが、慌てて乗った時など車内販売が頼りなんです。終了するのは、10月末。秋冬シーズンのバイイングが始まる11月からは、あの見慣れた光景がなくなると思うと、なんとも寂しい。使用頻度の高い人ほど、残念がるのではないでしょうか。

本日のご案内は、【Finamore/フィナモレ】と時間があれば【BERWICH/ベルウィッチ】をご紹介していきます。一昨日のBOGLIOLI/ボリオリに合わせていましたので、一度巻き戻してからご覧ください。

これからの季節、主役というより脇役になるシャツ。ドレスダウンやカジュアルアップのシーンに使いやすく、飽きのこないものを選んでみました。まずは、コットンツイルのタッタソール柄のシャツです。

上着を脱いで、シャツをパンツから出しても長すぎることのない絶妙な着丈は「TONDO」という日本別注。以前は各ショップ毎に多くのボデイモデルから選んでいましたが、現在は統一されています。ドレスシャツの着丈より3.0㎝ほど短くしています。完全にタックアウトするシャツとしては、Giannetto/ジャンネットの「VINCI FIT」があります。比較してみてください。

毛羽のないコットンツイルのほんのり光沢のある美しい生地です。ホワイトベースにブラックとブライトネイビーのタッタソール柄。ロンドンの馬市場から名付けられたはご存知ですよね。トラディショナルな柄として親しまれているチェック柄です。こちらも説明いらずかと思いますが、ハンド工程は袖付け、ボタン付け、ガゼットの三箇所です。襟型は、重ね着しやすい「SIMONE」でセレクト。カッタウェイの「SERGIO」より優しく上品な襟元を演出します。

モデルは、身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズSを着用しております。

MODEL:「SIMONE」コットンツイル タッタソール柄シャツ
SIZE:S・M・L
COLOR:ブラック×ブライトネイビー
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥33,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

ジャケットにも収まりの良い「SIMONE」。現フィナモレの社長の名を冠した襟型です。

デニム本来のワークで素朴な雰囲気を出しながら、繊細で柔らかな着心地を体感できるコーマデニム。加工後のステッチワークまでがエレガントに見せます。

少しリアルな話をすれば、今回セレクトした生地が、青のシール。中間色のインディゴブルーです。

この写真は、2月27日のブログで、春の新作案内でご紹介した【Finamore/フィナモレ】のコーマデニムシャツです。上の生地サンプルの一番上の色です。価格は2,000円アップと税込でもなんとか3万円台をキープしています。

机上での比較写真になります。

モデルは、身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズSを着用しております。

MODEL:「SIMONE」コーマデニムシャツ
SIZE:S・M・L
COLOR:ウォッシャブルブルー
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥36,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

未入荷ですが、オックスフォードのストライプ柄もオーダーしております。黄色ではなく、青のシールがセレクトカラーになります。

季節を問わず着ていただける「オックスフォードクロスフェードカラーシャツ」。こちらの襟型は「LUIGI」になります。サイズはSのみ。20日迄の期間限定でのセール対象品となります。

季節をつなぐアイテムについては、8月20日(日)でセールを終了させていただきます。尚、夏物については暫くセールを継続していきますので、ご利用ください。

突然の雨に翻弄され、撮影に手間取りました。【BERWICH/ベルウィッチ」については、明日のブログでご案内します。代わりにカシェートメンズブログに移動して、晩夏から秋にかけて楽しめるアイテムをコーディネートでご提案させていただきます。

 

CATEGORY

代理店アマンさんの2024年春夏展示会報告は、現在過去未来です!!

太陽光線に負けじと、ロングTシャツパイル地パンツで対抗します。まさに戦いの様を呈する、朝のゴミ出し。人の目も気にならないほど、この暑さは人の心にゆとりを与えてはくれません。

太陽光線は、紫外線、可視光線、赤外線の三つに分かれ、このうち、光老化に大きな影響を与えるのが、紫外線。ゴミ出しの短い間とはいえ、油断は大敵です。ここ数週間に及ぶ、東京出張、日傘を持っていけば良かったと後悔するほどの暑さ。行き交う人もうんざり顔。できればタクシーで移動と、待てどもなかなかやってこない。きたと思ったら、前の人が乗り込んでしまい、歩いた方が早いと、結局、展示会場に着いた時には、汗だく。その後の冷房の冷えが、さらに追い討ちをかけます。いやはや、夏の出張は命がけです。

そんな出張の疲れを癒してくれるのが、ホテル。7年ほど定宿にしていたホテルは、東京オリンピックを機に大幅に値上がり。出張に使うにはもったいないと、その後の三年間、ずっと使っていたのが、アクセスの良い有楽町にあるザ・ゲートホテル。4階のフロントロビーにはテラス席があり、銀座の街を映しますが、この暑さは夜になっても収まらず、誰もいませんでした。

いつもなら、旅行会社のT氏に任せてしまうのですが、今回、日帰り予定を急遽変更したことで、ジュニアに依頼。ネットでの予約はサービスが悪いなんて思っていたら、嬉しいサプライズ。ちゃんと誕生日を覚えていてくださり、メッセージカードとともに鶴のハートマークで出迎えてくれました。実は、ほとんど泊まり客がいなかった三年の間、展示会シーズンは毎週のように宿泊。2年前の誕生日少し前の滞在の際、フロントの女性スタッフと誕生日が同じことで大盛り上がり。その一週間後の宿泊で、このサプライズ。ここ最近は、インバウンドで満室になることも多く、先週も新橋のホテルでしたが、今回、偶然部屋が空いていたことで、このサービスを受けることができました。使うことで受けることのできるサービス。タダではないんですね。

ここからは、現在過去未来。来年の春夏を見据えながら、ご提案アイテムを紹介していきます。

今季より古巣の代理店さんに戻った【BOGLIOLI/ボリオリ 】。「やっぱ、いいよね」の声の多いボリオリ 。モデルの中でもファンの多いのは、クタッとしたガーメントダイ(製品染め&製品洗い)加工の「COAT」と「K.JACKET」。ボリオリ 一族が経営から離れた際、ラルフローレンやグッチのデザイナーを招聘してコレクションしていましたが、我々が求めるのは、かつてのボリオリ 。再び、代理店がアマンさんに戻ったことで、修正を加えながらも、当時の雰囲気を継承してくれています。

今季、第一弾でご紹介させていただいたのが、コットン素材のガーメントダイ(製品染め&製品洗い)加工の「COAT」。黄色味の少ないオイスターホワイトでセレクト。シルク混の美しい生地感とオイスターホワイトの爽やかさが魅力のジャケットです。現在、サイズ48がご用意できます。

多分、他店のバイヤーさんも同じ感動を受けたのではないでしょうか。展示会で最も目を引いたのが、ウール・シルクの「K.JACKET」。飾ってあるだけで存在感があり、羽織ってみて、さらにその着心地の良さに感動するはずです。残すところ、サイズ46が1点。まるで私のためにある?のかもしれません。

昨年のセレクトです。昨年までは、コットン素材についても「K.JACKET」と呼んでいましたが、本来は「COAT」。ウール素材のガーメントダイを「K.JACKET」と呼びます。昨年の価格が169,000円。来年は178,000円と他のブランドの値上がり幅と比べると、代理店さんの企業努力を感じます。現在、サイズ44のみ。30%offでご提供しております。

※ ご案内ブログは、こちらからご覧になれます。

 

ボリオリ といえば、【Finamore/フィナモレ】。ようやく、同じ並びで展示会が開催され、バイヤーとしては懐かしさと嬉しさで胸がいっぱい。大袈裟?いやいや、「やはり、ボリオリ はいいね」と同じ思いです。この春夏、シャツ復権の勢いです。昨年まで人気を独り占めしていたジャージのジャケット&パンツのセットアップに、インはハイゲージニットかカットソーの合わせ。そんなスタイルが、影を潜めつつあります。シャツの台頭によって、注目されるのは、テーラードのジャケット。イージージャケットをオーダーするつもりで、結局、サルトリアラインに惹かれてしまった来年春夏より復活のBARBA/バルバ。出かける機会が増え、自由に行く場所も選べる、そんな普通の生活に戻ることで、志向も変わっていくのです。

できれば、かつてのようにネック表示が理想。ただ、洗いのスポーツラインということで、S(38)、M(40)、L(42)の展開です。生産効率を上げる目的でしょうが、以前のようにネックサイズになるよう、粘り強く交渉していきます。

リネン素材は完売してしまいましたが、上のオックスフォードコーマデニムに少し在庫がございます。どちらもシーズンレスの定番生地でセール除外品でしたが、本日より、20%の割引をさせていただきます。よろしければ、ご利用ください。

※ご案内ブログは、こちらからご覧ください。

 

最後は【BERWICH/ベルウィッチ】です。かつての展開ブランドは、J.W.BRAIN/ジェイダブリューブライン。カーゴパンツで一世を風靡したGIACOMO RIZZO氏によるパンツブランドでした。今は、どうしているのでしょうか。一度、青山のイタリアンでご一緒させていただきましたが、大工の棟梁のような気さくで愛らしい(失礼)方でした。

話を戻しましょう。かつて、BERWICH/ベルウイッチでセレクトしていたモデルが「SAKE」と「SCOTCH」。特にシアサッカーで「SAKE」、リネン・コットンで「SCOTCH」と毎年変わらずにオーダーでした。ただ、世の中が太い方向に行くなら、細身で行こうなんて、相変わらずの天邪鬼。ドローコードの付かないバックシャーリングモデルの「berto/ベルト」とノープリーツの細身シルエットを持つニューモデル「morello/モレッロ」をセレクトしています。来年の春夏プレコレクションでも、その考えは同じ。ただ、昨日、訪問したメイン展で、気になる生地を発見。それが、

リネンの柄の立ちすぎないヘリンボーン。幸せのイエローシールがグローリーガイのセレクトカラーです。どのモデルに乗せるかなんて迷いはしません。久しぶりに「SCOTCH」の復活です。

※ご案内ブログは、こちらからご覧ください。

CATEGORY

ホワイトベースにブルーのトリプルラインチェック。コットン・リネンの清涼感のある【Finamore/フィナモレ】の「LUIGI」シャツです!!

自分の仕事が終われば「お先に〜」と早帰り。仕事を早く終えたからと言って、かつてのような夜の出張も無くなり、家時間が増えた昨今。以前なら、21時過ぎの帰宅。着替えることもなく、そのまま食事し、入浴後にパジャマ姿。いわゆる部屋でくつろぐ服というものが必要なかった今までの人生? ライフスタイルが変わり、帰宅後から就寝までの時間が長くなったことで必要となった寛ぎの部屋着。そんなことを考えながら、売り場を見渡していると、気になるアイテムがいくつか。その中で、昨日、自宅に持ち帰ったのが、FILLITS/フィリッツのパイル地のセットアップでした。

足元はスニーカーではなく、スリッパです。20年程前、家を建てる際に購入した憧れのアルフレックスのA・SOFA。優雅に寛ぐにはぴったりのソファーですが、もっぱら洋服置き場。お気に入りの場所はベッドです。ヘッドボードのクッションを背に読書や居眠りと、自分の居場所は変わりません。ただ、睡眠をとる神聖な場所だけに外着のままでは気が引ける、かと言ってパジャマになるのも。結局、寝るまでの時間を繋ぐルームウェアが欲しくなる。何を揃えようか?が、マイブームとなっています。

本日のご案内です。BOGLIOLI/ボリオリのジャケットではありません。ニット?いや違います。ボトムでもありません。

【Finamore/フィナモレ】のシャツです。待ちに待ったチェック柄。最終入荷です。過去のブログとあわせてご覧下さい。

ホワイトベースにブルーのトリプルラインチェック。コットン・リネンの清涼感のある生地は、ワイドスプレッドカラーの「LUIGI」でご提案です。ジャケットと最も相性の良い衿型。一枚で着ても様になるオンオフ兼用のシャツです。

モデルは、身長175㎝、体重62㎏、胸囲91㎝で、サイズSを着用しております。

MODEL:「LUIGI」コットン・リネン トリプルラインチェック柄シャツ
SIZE:S・M・L
COLOR:ホワイト×ブルー
MATERIAL:コットン67%・リネン33%
PRICE:¥31,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

予告編です。明日、ご案内を予定しているのは、コットンのニットベスト。ついに、DRUMOHR/ドルモアの展示会で見つけました。以前、ウールのベストについては、Settefili Cashmere/セッテフィーリ・カシミアに別注。実は今回も挑んだのですが、価格が合わずに断念しております。コットンのニットベストについては、数年前にZANONE/ザノーネで展開。Vネックのせいか、あまり需要はありませんでした。ただ、個人的には色違いで2枚所有。夏場に便利なアイテムだけに出番は多く、ご覧になられた方から、ぜひ欲しいのお声を頂いておりました。

セレクトカラーは3色。明るめのネイビーにオフホワイト、ブラックになります。価格は、税込みで30,800円(本体価格28,000円)の良心価格です。明日、コーディネートを交えて、ご案内いたしますので、しばらくお待ちください。

本日は、この辺りで、お先に〜です。

 

CATEGORY

フェードカラーで魅せるFinamore/フィナモレの「LUIGI」オックスフォードクロスフェードカラーシャツ & 入荷、再入荷のご案内です。

今年になって、著しく低下しているのは、視力。もともと強度の近視。ある年齢から老眼も加わり、眼鏡は遠近両用を。フレームよりレンズにこだわり、なるべく目に優しいものを選んでいるつもりです。ただ、ここ数年、パソコンに向かう時間が長かったり、暗い部屋での読書が多いせいか、目の疲れともに視界も悪くなってきています。特に左目の瞼がなんとなく重く、いつも”愛が止まらない”状態。「スグルさん、ウィンクした?」なんて勘ぐられることもあり、誤解を招くことも。医者に行けば?でしょうが、老化で片付けられるのも嫌だし…。とりあえず、目薬をさしながら様子を見てみることにします。

やみ止まない雨。少しひんやりとする今日にふさわしいスタイルで登場しました。本日、ご紹介させていただくのは、アウターのインに着ている【Finamore/フィナモレ】のシャツです。2月16日のブログを皮切りに、2月27日に第二弾、そして、今回が三回目となります。

合わせたアウターはASPESI/アスペジとl’impermeabile/リンペルメアビレ、パンツはINCOTEX SLACKS/インコテックス スラックスとDEVORE Incipit/デヴォレ インチピット、靴とベルトはANTONIO PIO MELE/アントニオ・ピオ・メーレです。

定番のオックスフォードシリーズ。選んだ衿はドレスで使われる「LUIGI」。ただ、カラーステイ(キーパー)は入っていません。セレクトカラーは、ピンクとブルー。どちらの色もフェードがかった柔らかな色合いが魅力です。袖付け、ボタン付け、ガゼットの三工程ハンドのドレスシャツの着心地の良さで提案する、色気のあるカジュアルシャツです。

タックイン仕様ですが、通常のドレスラインより着丈を3.0㎝ほど短くすることで、タックアウトを可能にしています。ただ、アウト前提で作られたGiannetto/ジャンネットの「VINCI FIT」とは趣は異なります。

モデルは、身長175㎝、体重61㎏、胸囲91㎝で、サイズSを着用しております。

MODEL:「LUIGI」オックスフォードクロスフェードカラーシャツ
SIZE:S・M・L
COLOR:フェードピンク・フェードブルー
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥31,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

ピーク時にはワンシーズンで150枚以上のオーダーをしていた【Finamore/フィナモレ】。年々、オーダー数が減ったのは市場のシャツ離れ。ただ、ここへきて、需要はずいぶん高まっています。特に秋冬より春夏が顕著。もっと数を入れておけばよかったと後悔しております。

ここからは、入荷と再入荷のお知らせです。

INCOTEX SLACKS/インコテックス スラックス】の「100」コットンストレッチ ツイル地パンツ。不揃いのカーキベージュの一部サイズが入荷しましたので、ご案内いたします。入荷したのは、29、31、32。ただ、31はすでに完売。未入荷の30については、現在、イタリアに確認中です。

マイサイズ30が未入荷の為、ワンサイズ上げて、31を試着。若干ですが、ウエストにゆとりが出ました。従来通りのサイズ数値です。こちらから、ご覧ください。

好評いただいているFILIPPO DE LAURENTIIS/フィリッポ デ ローレンティスのリネン・コットン MA-1型サマーカーディガン。ご紹介の際に穿いていた【HERNO/ヘルノ】の「Laminar」ポリエステルストレッチカーゴパンツ。いつの間にか、サイズ Sのみとなってしまいました。お問い合わせも多く、この夏、オリーブ系のカーゴパンツが他にないことから、急遽、ヘルノジャパンさんにリクエスト。粘り勝ちでしょう、直営店の在庫を回してもらうことになりました。とりあえず、本日出荷でサイズMとLが明日入荷します。ご興味のあられる方がございましたら、ご連絡ください。

単調になる夏のコーディネート。秋冬より重要になるパンツです。同じTシャツやポロシャツを使いながら、ボトムを変えるだけで雰囲気は変わるものです。素材、色合い、デザインなどバリエーション豊富に揃えておかれると、行動半径も広がり、楽しいサマータイムが過ごせるはずです。

※Cachette MENS 情報

本日、私が着ているのが、ダークネイビーのBARACUTA/バラクータ G-9。肌寒い雨降りには最適なアイテムです。時々、ジュニアとナグラさんも着ており、カシェート販売員のユニフォームにもなっている元祖ハリントンジャケット。レッド、ダークネイビーの次に狙うのは、このタン(TAN)です。再入荷の今、気になるアイテムになっています。

バラクータ G9のタンに合わせて、インに着るなら、やはりJOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレー。足元はSANDERS/サンダースのダーティバックスオフィサーシューズ。私の若い頃は、ウォークオーバーでしたが、作りの良さや履き心地は比べ物にならないほどの優れもの。なんとか手に入れたいものです。

カシェートについて、オヤジ目線で書き綴る場所としては、本来、Cachette LIFE ブログでしょう。ただ、レディースの紹介の邪魔をしてはいけません。しばらくは、こちらで書かせていただきます。

 

 

CATEGORY

シーズンレスで着ることを考えれば、肌に近いシャツは上質を選ぶべし!! 【Finamore/フィナモレ】から三素材のご提案です!!

商品に対する思い入れは、強くなればなるほど、どう表現し、どのように伝えていくか、大いに拘るようになります。昨夜は、そんなことを考えさせられました。なんて、何のこと?ですよね。内輪のことです。ただ、大切なことと反省もし、忘れていた気持ちを思い起こさせてくれた、そんな貴重な日となりました。

本日のご案内です。

この写真は、昨日ご案内させていただいたBOGLIOLI/ボリオリの「COAT」。インに着ているシャツは、同時期に同じ代理店さんからバイイングしていたセットとも言える【Finamore/フィナモレ】のシャツです。前回のブログに次いで、今季、2回目の登場です。

前回、ホワイトはすでにお持ちだろうと、グリーンとブラックのリネンシャツをご提案。いや、まだお持ちでない?なら、ホワイトはぜひ。また、そろそろ買い足そうと考えておられるなら、ぜひ【Finamore/フィナモレ】をお選びください。リネンのシワが苦手なんて言われる方もありますが、シワがあってこそのリネンです。麻の肌触りを気になされる方もおありでしょうが、それは質の高いリネンを選んでいないからです。質の良いリネンは独特の優しいなめらかさがあり、使うほどにくったり柔らかくなっていきます。

リネンの繊維は中が空洞で、空気が含まれています。暑い夏は通気性が良く熱と余分な水分を逃がしてくれて、寒い冬は体温で温まった空気をしっかり保持。また、天然繊維なので帯電しにくく、静電気が発生しにくいということもあり、夏に限定する必要はなく、オールシーズン使える素材なんです。いかがですか。そう考えれば、少々、高くても質の良いものを選んだ方がお得です。

合わせたSettefili Cashmere/セッテフィーリカシミアの「カシミア・シルク後染めVネックセーター」。カシミア・シルクの贅沢な素材です。カシミアが入るから冬?ではありません。こちらもシーズンレスで使える優雅なニット。価値のあるニットとしてお勧めです。

汚れ防止のため、インにTシャツを着ております。下着感覚で素肌に着れば、素材の良さが更によくわかります。

モデルは、身長175㎝、体重61㎏、胸囲91㎝で、サイズSを着用しております。

MODEL:「SIMONE」リネンホワイトシャツ
SIZE:S・M・L
COLOR:ホワイト
MATERIAL:リネン100%
PRICE:¥34,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

リネン100%の無地で選んだ衿型は、「SIMONE」。「SERGIO」の襟越しを低く、柔らかくした現オーナーの名前からとったモデル名です。リネン・コットンのロンドンストライプは、柄の持ち味を生かして、ドレスで使われていたセミワイドの「LUIGI」をセレクト。ただ、カラーステイはつきません。ドレスというよりカジュアルシーンでのタイドアップは可能です。

【Finamore/フィナモレ】の洗いのコレクションは、袖付け、釦付け、ガゼットの三箇所が手作業になります。ネイビーのロンドンストライプなら、日常のニットやジャケットのインにも合わせやすく、一枚で袖をまくったり、 Tシャツにさらりと羽織ったりと、着崩しても様になるシャツです。

モデルは、身長175㎝、体重61㎏、胸囲91㎝で、サイズSを着用しております。

MODEL:「LUIGI」リネン・コットンロンドンストライプシャツ
SIZE:S・M・L
COLOR:ネイビー
MATERIAL:リネン67%・コットン33%
PRICE:¥31,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

シーズンを問わずオーダーしているのが、コーマデニム。コーマ糸とは、通常の糸を工程に加え、短繊維の除去と、繊維の平行度を良くするためのコーマという機械を通して精製した、綿の細番手高級糸のことを言います。毛羽がなく、さらりとしたなめらかな肌触りが特徴です。衿型に「LUIGI」を選び、ラフでありながらも、上品な雰囲気を漂わせるデニムシャツです。

合わせたかったBERWICH/ベルウイッチのブラウン。サイズ46は完売しておりますが、タイト目な作りの新型モデルの「morello」。サイズ48でも大きすぎることはありませんでした。

モデルは、身長175㎝、体重61㎏、胸囲91㎝で、サイズSを着用しております。

MODEL:「LUIGI」コーマデニムシャツ
SIZE:S・M・L
COLOR:インディゴ
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥34,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

CATEGORY

PAGETOP