Clothes to You

GLORY GUYS

歴史に名を残すブランドです!!

グローリーガイからカシェートまで、直線距離で250メートル程。都会にお住いの方なら、なんてことはない距離。歩いてしまえばすぐなんですが、ここは車社会。ついつい車で移動してしまいます。半分ほど行ったところで、歩道を歩く女性。グレイヘリンボーンのコートの前を開けて見えるのは、白のタートルネック。ついつい見惚れてしまい、脇見運転。そんな熱い視線に気がついたのか、通り過ぎる私に微笑みをかけてくれたと思うのは、間違いなく勘違いでしょう。

にやけた後の私スグルでございます。店内のレイアウトの作業を終え、カシェートでコーヒータイム。インスタントコーヒーがうまい季節です。ブログで書いたように、本日はスーツスタイルです。良き時代のCARUSO/カルーゾを着て、インはドルチェヴィータ。タートルネックでは最もお気に入りのZANONE/ザノーネの「flex wool」。購入して7、8年になりますが、毛玉にもならず、伸びもなく、まだまだ現役です。今季、42,000円と取り扱っているハイゲージの中では高値ですが、展示会で提示された来季の価格は、48,000円。他のブランドにはない魅力を秘めたニット。バイイングに迷いはありません。

ブログ紹介は、9月10日。今季のセレクトカラーは、私が着ているダークブラウンよりやや明るいブラウンとチャコールグレイ、そして黒に近いダークネイビーの3色。来季は、

やはり価格は意識してのことです。ベージュとチャコールグレイの2色に絞り込みました。チャーコールを再度セレクトしたのは、個人的な理由です。個人購入を考えていたチャコール。サイズ46と48が完売なんです。相変わらずの独断セレクトで申し訳ございません。

昨日のCachette MENS ブログに登場した【P.H.DESIGNS/ピーエイチデザイン】のダウンジャケット。

ブランドの起こりが、MOUNTAIN EQUIPMENT/マウンテンイクイップメントの創設者ピーター・ハッチンソンと聞けば、気になるのは必然。というのも、愛犬がいる頃、冬の散歩用として私がずっと愛用していたのが、MOUNTAIN EQUIPMENT/マウンテンイクップメント。当時、カナダグースの代理店だったグリフィンさんから個人オーダーしていたのです。

1961年、イギリス・マンチェスター郊外の町で創業。当時自身もクライマーであったピーター・ハッチンソンとピート・クルーはそこで「The Mountaineer」というクライミングショップを営む傍ら、店の奥の部屋でシュラフとダウンスーツを作り始めたのがきっかけでした。

そんな、創設者でもあり、ダウンイスターとして世界的に有名なピーター・ハッチンソン氏が作るダウンジャケットと聞けば、大いに食指が動きます。HERNO/ヘルノやMooRER/ムーレーとは全く趣の異なるダウンブランドです。必見の価値ありです。

それにしても、よくぞ見つけてきたものと感心せざるを得ません。

 

※年末年始のご案内です。

年内の営業は30日(金)まで、年明けは3日(火)より通常通りと例年と変わりません。

年末年始ののセールは予定しておりませんが、現在、お買い上げの方に年末年始恒例の福引の抽選券をお渡ししております。抽選会の期間については、12月28日(水)から1月5日(木)となります。

CATEGORY

本日のお勧めドルチェヴィータは、ZANONE/ザノーネの5ゲージとフレックスウール。どちらも日持ちいたします!!

平日にもかかわらず、いつも以上に賑わいを見せた昨日。皆さん、ボーナスを握りしめてお目当の商品に一目散。30歳前後の方が多く、久しぶりに新旧のファッション事情を語らせていただきました。

昨日のブログに載せるために撮った写真です。HERNO/ヘルノのジャケットのインに着ているのは、現在スポットを当てているドルチェヴィータ。ZANONE/ザノーネの5Gタートルネックです。参考までにパンツですが、来季は高嶺の花になりそうなウールパンツ。予算があれば、ぜひこの機会に。穿いているのは、INCOTEX/インコテックスのチェック柄パンツです。

15年以上、毎回セレクトを繰り返していると、次に何色を選ぼうかと大いに悩みます。ただ、私が持っている色目がブラックとダークネイビー。上の写真でいえば、左端のブラックのみなんです。そうなると、もう少し色を足したい、そんな自分都合でのバイイングです。

個人的に気になるのが、少し明るめのネイビー。

今季、「CHIOTO/キョート」でセレクトしているネイビーと比べてください。ただ、写真は光の当たり具合で、どちらも実際より、白っぽくなっています。

蛍光灯の下ですと、色調の違いはこんな感じです。私が所有しているドルチェヴィータは、今季「CHIOTO」でご提案している左のダークネイビー。パンツやアウターなどブラックと合わせた際、ダークネイビーでは色が重すぎますが、このぐらいのネイビーになると不思議と馴染んでくれます。同じ青系でも色調によって合わせ方の幅が広がるのです。

昼間ご来店されたI様。グリーンが気になるねと話が盛り上がり、Rencontrant/レンコントラントのクルーネックをお持ちになられました。余裕があれば、手に入れたいグリーン。かつてはネイビー以上に好きなカラーでした。

CINQUANTA/チンクアンタのムートンジャケットにも合わせておりました。モノの良さを知っているだけに色違いで揃えたいドルチェヴィータです。

渋さを出そうと思つたら、こんな顔になってしまいました。まだ目覚めぬ開店前です。

本日、私のドルチェヴィータはスーツ合わせです。実は一大決心をしまして、これからはもっと売り場に出ることにしたのです。ある方からのアドバイスなんですが、なるほどと共感することが多く、心を入れ替えた次第です。ということで、フラフラできないスーツかジャケットスタイルで仕事をすることにしました。

着ているのは、FILIPPO DE LAURENTIIS/フィリッポ デ ローレンティスのウール・シルク・カシミア 。現在の代理店ではなく、代官山のマンションの個室でひっそり女性からバイイングしていた頃のモノですので、色違い共々、5年ほど着ているでしょうか。ウールオンリーと違い、シルクが入ることでしなやかな着心地です。

そして一押しのZANONE/ザノーネの「flex wool 」。来季、さらに値上がりしますが、価値のあるニットだけにセレクトは諦めません。狙っているのは、こちらは右のダークネイビー。ブラックに近い色です。

左は、本日、私が着ているものと同じFILIPPO DE LAURENTIIS/フィリッポ デ ローレンティスのブラック。かすかに青みがかかっているのがお分かりになるかと思います。寒がりな私は、これからの寒い時期に必要なドルチェヴィータ。ただ、自由気ままではなく、皆様のワードローブの充実に役立てるよう、黒子に徹しなければいけません。そうなるとダーク系のハイゲージニットは必要に。なんて、言い訳しながら、購入理由を探しているスグルシニアでした。

彼は、どんな思いでドルチェヴィータ、いや、彼が着ているのはイタリアブランドではなく、英国ブランドなのでタートルネックです。TAGLIATORE/タリアトーレのダブルブレストスーツを粋に着こなして、何を思うのでしょう。

ナグラさんの着ているJOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレーの24Gタートルネックにつきましては、近日中にCachette MENS ブログにてご案内させていただきます。もうしばらく、お待ちください。

 

 

CATEGORY

ドルチェヴィータ(甘い生活)は、ZANONE/ザノーネの「DV」5ゲージタートルネックセーター。英国カラーで sweet life をお楽しみください!!

自宅からショップまで車で15分から20分ほど。エンジンをかければ、ラジオから流れてくるのは、ポール・マッカートニーの歌声。次から次へと、曲がかかり、どうやらライブ特集のようです。なんの番組?と終了間際にわかったのが、”夜のプレイリスト”の再放送。通勤時間に聴くには、贅沢な番組内容ですが、彼の歌はビートルズより気持ちを明るくさせてくれます。エリザベス女王の逝去で、同国のアーティストから追悼の声が上がっています。ポールマッカートニーはもちろん、リンゴ・スターやミック・ジャガー、エルトン・ジョン。そして、カシェートで扱っているCORDINGS/コーディングスのオーナー、エリック・クラプトンも。音楽関係にとどまらず、各界から追悼の声が上がっています。私の友人は国葬に出席するなんて冗談を言っていましたが、実は私も同じ気持ち。それほど影響力の大きな国の君主だったんです。

さぁ、気持ちを切り替えて、本日も【ZANONE/ザノーネ】のご案内です。「CHIOTO」と同じ5ゲージのドルチェヴィータ。タートルネックのセレクトカラーは5色です。右からグレージュ、柔らかなオレンジ、青みのあるグリーン、明るいネイビー、ブラックの順です。オレンジは初のセレクト、ネイビーは昨年より鮮やかな青で。根強い人気のグレージュ、昨年、久しぶりにセレクトしたボトルグリーン、安定感のあるブラックは継続しました。昨年のブログと比較してみてください。

身長175cm、体重63㎏、胸囲91㎝の私で、通常、スーツ、ジャケット、パンツともに一部のブランドを除きサイズ46(デニム30)を着用。ただ、こちらのニットは、「CHIOTO」立ち襟ボタン留めカーディガンと同様、タイトな作りになっています。全ての色めでサイズ48を着用しております。いつもよりワンサイズ上げても良いかもしれません。

MODEL:「DV」5ゲージ タートルネックセーター
SIZE:46・48・50・52
COLOR:グレージュ・オレンジ・グリーン・ネイビー・ブラック
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥39,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

余談です。昨年から気にしているボトルグリーン。残念ながら、手に入れることはできませんでしたが、今年こそはとオススメのコーディネートで登場です。

本日も穿いているFORTELA/フォルテラのホワイトデニムに合わせて着たボトルグリーンのドルチェヴィータ。甘い生活をさらに求めるなら、ムートン。CINQUANTA/チンクアンタのB-3タイプ ムートンフライトジャケットは最大な武器?になるかと思います。

ハードな武器はいらないという方には、シュガーフェイスのダウンジャケット(HERNO)はいかがでしょう。肩の荷が降りるほどの軽さです。参考までにご提案させていただきました。

CATEGORY

中秋の名月のように、輝いているZANONE/ザノーネの「CHIOTO/キョート」5ゲージ立ち襟ボタン留めカーディガンです!!

雲の切れ間から輝いていた中秋の名月。昨夜、満月にお願いしたせいか、朝から多くの方にお越しいただきました。気温は今日も上がりましたが、皆様の購買意欲も上がったようで、忙しくも楽しい時間を過ごすことができました。今年の長期予報では、残暑は残るものの、冬の訪れは早いようです。秋が短く冬が長いという気候でしょうか。何れにしても制限のあった昨年より、確実に人は動いています。人が動けば、物も動くと、ようやく私たちの業界にも光が差してきそうです。満月とまではいかなくても、なるべく欠けないでほしい。そんな思いで眺めていたお月見でした。

本日の出で立ちに羽織った【ZANONE/ザノーネ】の「CHIOTO/キョート」。ドアツードアの車社会において、アウター感覚で羽織ることのできるニットはとても重宝します。LARDINI/ラルディーニのニットジャケットと共に展開後、早くも大きな動きを見せています。

5ゲージの立ち襟ボタン留めカーディガンはサイドにポケットも付き、一枚でも様になります。また、保温性のあるウールを使いながら毛羽がなく、毛玉にもならないことから春先まで使えることも人気の要因です。今季のセレクトカラーは、昨年同様、甘さを控えたグレイッシュなベージュ、大人のチョコレートを連想するブラウン、そして若々しいネイビーの使い勝手の良い三色をご用意しました。

昨年のブログではオフホワイトのロングTシャツにさらりと羽織っておりましたが、今回はインディゴカラーのシャツを合わせてみました。シャツはMaria Santangelo/マリアサンタンジェロ、パンツは昨日ご紹介のINCOTEX SLACKS/インコテックス スラックス、靴は私物です。

カットソーで合わせるなら、襟元のあるCIRCOLO/チルコロのモックネック(未公開)もいいでしょうね。

ブラウンは、同じZANONE/ザノーネの「flex wool」でアンサンブル風に。ガンクラブチェックのパンツを合わせれば、暖炉の似合う男になれるはずです。

ネイビーの持つスポーティーさに、同色のニットを合わせれば、ウォッシュドのブルーデニムでさえ上品な顔つきに。足元にもエレガントさをとANTONIO PIO MELE/アントニオ・ピオ・メーレのバッファロースエードスニーカーを合わせてみました。

やや駆け足でのご案内となりました。実はすでにサイズ46に関しては全ての色で完売。やはり、動きは例年と比べて早いようです。お問い合わせもいただいているのに…と肩身の狭い思いです。

モデルは身長175cm、体重63㎏、胸囲91㎝で、グレージュはサイズ48を、ブラウンとネイビーはサイズ46をタイトに着ております。

MODEL:「CHIOTO」5ゲージ立ち襟ボタン留めカーディガン
SIZE:46・48・50・52
COLOR:グレージュ・ブラウン・ネイビー
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥52,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

 

CATEGORY

追悼の意を表しながら、ご提案させていただくのは、ZANONEのflex wool ハイゲージタートルネックセーター & INCOTEX SLACKSの「100」コットンストレッチ ツイル地パンツ。どちらも心に残る名品です!!

イギリスの女王エリザベス二世が亡くなられました。約70年という長い間、イギリスのステータスとして安定感と国民からも親しまれた女王でした。少し前にトラス新首相との対面写真が掲載されていたばかり。亡くなられる二日前まで、笑顔で公務を果たされていたと聞きます。私にとっても理想の人生です。もちろん、国葬です。それも”本物の”という言葉がトレンド入りするほど、周囲が納得する国を挙げての行事です。我々にとって、英国の皇室といえば、馴染みのあるのは、”ロイヤルワラント”。いわゆる英国王室御用達ブランドです。もともと英国好きが高じてこの仕事を選んだ私。今ではジュニアが運営する英国とフランスブランドで展開するCachette/カシェートでよく耳にする言葉です。昨日、ご案内していたJOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレーも2013年に亡き女王から授与されています。

バッキンガム宮殿から引越しをされたエリザベス女王が住むウィンザー城。当時は週末に利用されていたようです。いつの写真かといえば、若かりし頃。ちょうど、独立し、ショップの備品などを集めるために渡英。31歳の私と少し若い家内の写真です。

昨日、JACOB COHEN/ヤコブ・コーエンのご案内の際にコーディネートした写真です。

 ジャケット(BOGLIOLI/ボリオリ )はそのままに、パンツと靴をチャッカーブーツに変えて、本日ご紹介するのは、着用している【ZANONE/ザノーネ】のハイゲージニットと【INCOTEX SLACKS/インコテックス スラックス】のパンツです。

イタリアのニットブランドの中で最も長く取り扱いをしているのが、【ZANONE/ザノーネ】。秋冬のコレクションの中で、こよなく愛用しているのが、「flex wool」のタートルネック。ハイゲージの伸縮性のある美しいシルエットを持つドルチェヴィータ。甘い生活を送るためには、欠かせないアイテムといえます。隠れた名品?いや、手にされた方のリピート率はかなり高いザノーネを代表する名品と言っていいでしょう。

今季、ご用意したのは、インナーとして使いやすいブラウン、チャコール、そしてダークネイビーの三色。チャコールのみサイズ44と46が未入荷となります。入荷次第、ご案内させていただきます。

読書の秋です。きちんとしたスタイルで、寛ぐは、精神的にも必要なこと。いや、着心地の良さは、カットソー以上でしょう。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、ブラウンとダークネイビーはサイズ46を、チャコールのみ48を着用しております。伸縮性がある為、サイズ46でもストレスを感じることはありません。個人的に所有しているのは、少しゆとりのあるサイズ48。ただ、3kgの減量(実際は60.5)だけにやや着用感が変わっているようです。

MODEL:flex wool ハイゲージタートルネックセーター
SIZE:44・46・48・50
COLOR:ブラウン・チャコール・ダークネイビー
MATERIAL:ウール95%・ナイロン5%
PRICE:¥42,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

【INCOTEX SLACKS/インコテックス スラックス】です。【ZANONE/ザノーネ】と同じスローウェアグループだけに統一感はあります。セレクトモデルは100番。かつてのモデル名は「603」でした。スッキリとしたテーパードスリムで、美脚パンツといえる美しいフォルム。こちらも名品パンツと呼んでも良さそうです。

チノよりデニムに近く、綾が深く、葛城織り(カツラギ)ほど地厚ではない、そんな表現で伝わるかどうかはわかりませんが、起毛感のないスリーシーズンで穿いていただける表情豊かなパンツです。ブロンズブラウン、光によって緑がかるエボニーグレイ、ネイビーが実際のものより明るくなっています。もう少し深みのあるネイビーブルーをイメージしてください。

モデルは身長175㎝、体重63kg、胸囲91㎝で、30インチを穿いております。

MODEL:「100」コットンストレッチ ツイル地パンツ
SIZE:29・30・31・32・33・34
COLOR:ブロンズブラウン・エボニーグレイ・ネイビーブルー
MATERIAL:コットン96%・ポリウレタン4%
PRICE:¥37,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

Cachette MENS 情報

エリザベス女王への追悼の意でしょうか。本日、カシェートでは英国王室御用達の証、ロイヤルワラントを取得しており、エリザベス女王からも認められているGLENFELL/グレンフェルのコートやJOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレーのニットが動いております。私たちが携わる紳士服の原点となっている偉大な英国スタイルに感謝しながら、大人の国に敬意を示すとともに、謹んで哀悼の意を捧げます。

 

 

CATEGORY

PAGETOP