Clothes to You

GLORY GUYS

ブルゾンのように羽織れる、軽くてソフトなシルエットを生み出したのが、【BOGLIOLI/ボリオリ 】。アンコンジャケットの先駆者的な存在でもあるのです。

展示会スケジュールの為だけの手帳。捲り返せば、2023年春夏のバイイングは、5月の4週目から。ただ、二日間の前日は空欄になっています。そう、前日は余程のことがない限り、アポを入れません。いわゆる前乗りというやつです。早めに現地入りして、遊んでいるかといえば、そうではありません。月火に出かけていくことが多く、店舗での業務(ほとんどブログ書き)を終えてからです。早ければ、16時台の新幹線。間に合わなければ、18時台です。

以前はメーカーさんの接待も多く、仕事が終われば、いざ赤坂、銀座、西麻布にと華やかな夜を過ごしていましたが、この二、三年はホテルの部屋で一人食事をとります。オリンピック前にホテルを有楽町に変えてから、行きの新幹線は終点の東京まで。駅構内には、さまざまな駅弁が用意されており、選ぶのも楽しみの一つです。四ヶ月間にわたってのバイイングも終わり、ふと思うことは、この騒ぎによって、変わった出張の形。時間にゆとりが出たことから、気分も穏やか。体力的にも楽になり、出張疲れで仕事ができないなんてこともなくなりました。

本日も昨日に続き、【BOGLIOLI/ボリオリ】のご案内です。

「K.JACKET」同様、象徴的なモデルが「DOVER」。ジャケットの資材として使用される裏地、芯地、肩パットなどを極力使わないことで、ブルゾンのように羽織れる、軽くてソフトなシルエットを生み出したのが、【BOGLIOLI/ボリオリ 】。アンコンジャケットの先駆者的な存在でもあるのです。

ベーシックなネイビー。今までは、ホップサックで展開してきましたが、今回、セレクトしたのは、毛羽の立たない綾織り。サージと言い換えてもいいかもしれません。個人的にはホップサックはやや苦手。よりブレザーらしい雰囲気を楽しみたいなら、サージでしょうか。

コーディネートアイテムをご紹介しましょう。

メタルボタンではありませんが、ブレザー感覚でまとめるならロンドンストライプのシャツは欠かせません。現在、ご提案できるのは、このBAGUTTA/バグッタのタブカラーのみですが、次回の入荷でご用意しておりますので、しばらくお待ちください。

ストライプ柄もいいのですが、一捻りするならばモチーフ柄がお勧めです。F.Marino/フランチェスコ・マリーノの釣り人柄のプリントタイならスカーフのような軽やかなVゾーンを演出してくれます。

昨日と同じFEDELI/フェデーリのハイゲージニットです。後染めの色を抑えた赤であれば、深慮な大人の組み合わせです。

モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:「DOVER」ウールサージネイビージャケット
SIZE:44・46・48・50
COLOR:ネイビー
MATERIAL:ウール100% 袖裏部分:キュプラ100%
PRICE:¥90,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

柄物選びは、直感です。「これ、いい!!」と思えば、すぐにチェックします。ただ問題は、良い柄が多すぎて迷うこと。あとは価格との折り合いです。

モデルは「DOVER」。ソフトツィードの柔らかな風合いのあるカントリー調のジャケットです。グリーンとブラウンのミックスベースに、ブラックのオーバーペンが入ることで、甘さを抑えた、モダンで都会的なジャケットに仕上げています。ミラノのブランドは、シルエットだけではなく、色柄も洗練されています。

オフ使いのジャケットに求めるのは、肩苦しさを感じさせないこなれ感と体に沿ったしなやかさ。その両方を兼ね備えたモデルが「DOVER」と言えるでしょう。

合わせたシャツは、Maria Santangelo/マリア・サンタンジェロのライトデニム地 B.Dシャツ。チェックの柄が立たないだけに、柄同士のコーディネートも難しくありません。ただ、タイドアップするなら、ニットタイが最も合うでしょうね。

モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:「DOVER」ソフトツィードチェック柄ジャケット
SIZE:44・46・48・50
COLOR:ブラウン×グリーン×ブラック
MATERIAL:ウール100% 袖裏部分:キュプラ100%
PRICE:¥128,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

ボトムで合わせたのは【DALCUORE/ダルクオーレ】の新作トラウザース。今回、コットン100%でセレクトです。近日中にご紹介させていただきます。しばらくお待ちください。

8月7日で終了なんて、お知らせしたものの、セールは続いております。やはり、気まぐれでした。この暑さでは、夏物を引っ込めるわけにはいかず、しばらくは継続させていただきます。よろしくお願いします。

※ Cachette MENS 情報

カシェートでの注目アイテムは【CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ】。特に「Harvard」ホーウィンコードバンコインローファーに靴好きの目が集まっているようです。

1905年創業のアメリカのHORWEEN/ホーウィン社シェルコードバン × 1879年、英国靴の聖地イギリス・ノーザンプトンに誕生したCROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズのコラボ。見逃せない逸品です。詳しくは、こちらのブログをご覧ください。

本日、ブログも更新しております。ぜひ、お立ち寄りください。

CATEGORY

“無名でも理想なもの”が、いつかは唯一無二のものになります!! BOGLIOLI/ボリオリ の「K.JACKET」ガーメントダイ加工コーデュロイジャケットのご提案です!!

盆前で荷物が多くて…熱中症で倒れそう…とボヤくのは運送業者の担当者。急がないから無理しないでよと声をかけるのは優しい私?いや、この暑さの怖さを知っているからです。年々、暑さに異常さを増す夏。展示会巡りも命懸け、いや大げさですが、年齢に加えて、精神的にもしんどい夏のバイイング。ジュニアの方は盆明け後、今月いっぱい続くようですが、私の方は昨日でようやく終えることができました。

ほんの少しだけ、ご報告しますね。

ようやくブランド名が浸透してきたオーストリアの【PHIL PETTER/フィルペター】。今季、すでに完売してしまった人気のリネンTシャツは、来季も登場します。

セレクトカラーは三色。全色いきたいところですが、我慢です。今の季節と展開時期が同じだけにリアルなバイイングです。

受け入れられるまで時間はかかりましたが、今では多くのファンを持つベルギーのパンツファクトリー【Borelio/ボレリオ】。昨年は展開したものの今季、見過ごしてしまったカーゴタイプ「CALLEN」 。来季、再び登場させます。無地で展開するつもりですが、悩むのは生地です。

染色前の生地サンプルです。

カーゴであれば、やや無骨さも求められますが、行き過ぎると受け入れられません。

カラーサンプルから色を選びます。実際はこの二倍ほどのカラーがあります。生地同様、ミリタリーすぎない、でもミリタリーな味付けは必要と選んだのが、上の2色です。

いかがですか。バイイング作業って楽しそうに思えるでしょう。服好きな方なら、きっと興味があるはずです。バイイングでも二通りあって、一つは、品揃えとして必要なもの、例えばブラックスーツなどのオケージョン用や、季節に応じて、セレクトを外せない定番ものです。主観ではなく客観的にものを見ていかなければならない骨組みとも言える作業です。そしてもう一つは、主観的に感性でセレクトしていく自由なバイイングで、これがないとショップの特徴が出せません。個人的には、ブランド名を知らなくても、感性に訴えかけてくるものには手を出します。実際に売り場に入って、すぐに受け入れられるわけではありません。ただ、手こずったとしても、諦めずに続けることが大切です。無名なブランドを育てていく作業がもっとも楽しいことであり、だからこそバイイングが大事になるのです。バイヤーの醍醐味は、”無名だけど理想のもの”を追い求めることかもしれませんね。

長くなりました。本日のご案内です。

ご紹介のジャケット、一目でお分かりですよね。長年、グローリーガイとともに歩んできた【BOGLIOLI/ボリオリ 】です。当時、日本では無名でしたが、市場に受け入れられるのが早かった親孝行なブランドともいえます。

カシミアの製品をガーメントダイ(製品染め&製品洗い)加工を施した「K.JACKET」を世に出し一躍、世界に名を轟かせた【BOGLIOLI/ボリオリ 】。その立役者は、ボリオリ 三兄弟の末っ子、ピエルイジ・ボリオリ 。THE GIGI/ザ・ジジのデザイナーとしても有名ですね。

ご提案させていただくのは、カシミアではなく、コットンストレッチ素材のガーメントダイ。当初は、カシミアと分けてコットン素材は「COAT」とモデル名を変えていましたが、その後、素材に関係なく、ガーメントダイ加工を施されたスーツやジャケットを「K.JACKET」と呼んでいます。

大好物のコーデュロイですが、ガーメントダイ加工が施されれば、さらに。このこなれ感は他では手に入れることはできません。思わず手にしたい?いや、すでに手に入れております。全く同じではありませんが、You Tube 26弾の「カシェートがセレクトするGRENFELL」とおまけ動画「違いと情熱が生み出す…」で着用して登場しておりますので、よろしければご覧ください。

好きなジャケットにはお気に入りのアイテムで。コーディネートアイテムのご紹介です。

ノスタルジックな雰囲気を出すなら、GUY ROVER/ギ・ローバーのボタンダウンシャツで。質感のあるオックスフォード地はコーデュロイの風合いとよく合います。

ニットはかさばらないようにFEDELI/フェデーリのハイゲージニットで。ブラックなどの濃色も合いますが、ここではVゾーンを強調しないように柔らかなエクルベージュを選択。エレガントに見せるならクルーよりもVネックがオススメです。

やはり外せないのが、JACOB COHEN/ヤコブ・コーエンのデニム。もちろん、ブルーデニムが常道ですが、Vゾーンの兼ね合いでウォッシャブルブラックを合わせています。

履きやすさで選んだANTONIO PIO MELE/アントニオ・ピオ・メーレ。現在、完売しておりますが、ブラックのみ、お盆明けに入荷します。全体を引き締めるためにブラックスウェードの靴は効果的です。

タイドアップするなら、ウールの無地パンツ。ノータイなら、こんなチェック柄で気分を変えてみるのも良いでしょう。季節が進めば、インにタートルネックは最高の組み合わせです。合わせたパンツはDALCUORE/ダルクオーレ。次回から、この価格ではご提案できないだけに、ぜひオススメしたいパンツです。

パンツだけ変えてみました。使ってはいけないのが、同素材のコーデュロイやモールスキンなどの厚手のコットンパンツ。質感を変えることだけ考えれば、コーディネートはしやすく、飽きのこない、良きパートナーになるはずです。

モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ44を着用しております。

MODEL:「K.JACKET」ガーメントダイ加工コーデュロイジャケット
SIZE:42・44・46・48
COLOR:ベージュ
MATERIAL:コットン98%・ポリウレタン2% 袖裏部分:キュプラ100%
PRICE:¥110,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

CATEGORY

グローリーガイの歴史と共に歩んできたといっても過言ではない【BOGLIOLI/ボリオリ 】。まずは入荷のご案内です!!

8月6日は、三年ぶりとなった岡崎花火大会。今回は時間短縮で夜7時から8時半までの一時間半に短縮しての開催となりました。そして、昨日は、飾り付けエリアを7分の1に縮小した安城の七夕祭りへ。途中、実家により、お盆の打ち合わせをしたり、暑中見舞いから残暑見舞いに挨拶が変わったりと、季節は確実に前へと進んでいます。

そして世間より早く季節を感じるのは、私たち洋服業界。現在過去未来と思いを巡らせながら、走り回っております。このブログを書き終えたら、東京へ。明日の最終展示会のため、前乗りです。

新作の【BOGLIOLI/ボリオリ 】です。コーディネートでのご提案は後日改めて。本日は入荷アイテムのご報告のみとさせていただきます。

モデルは「K.JACKET」。コットンストレッチにガーメントダイ加工を施したコーデュロイジャケットです。カラーはベージュ。税込 121,000円(本体価格¥110,000)でのご提供となります。

アンコンジャケットの先駆けとなったモデル「DOVER」。ソフトツィードのカントリージャケットでセレクト。税込 140,800円(本体価格¥128,000)になります。

同じく「DOVER」で選んだのは、ベーシックなネイビージャケット。ホップサックではなく、風合いのある綾織りで、こだわりのセレクトです。古巣に戻った代理店、アマンさんの誠意あるプライス税込 99,000円(本体価格¥90,000)でご提供させていただきます。

グローリーガイの歴史と共に歩んできたといっても過言ではない【BOGLIOLI/ボリオリ 】。出張より戻りましたら、思いを込めてご提案していきます。少しお待ちください。

 

CATEGORY

もう何年も着ているかのような気負わない表情が好きなんです。代理店が変わってもついていきます!!

今日も気持ちよく仕事するぞーといかないのは、出張後の疲れ。休みが取れないのはいつものこと。大きな原因は、気温差かもしれません。肌寒かった東京から、真夏日に届きそうな、ここ岡崎の気温に体がついていかないのでしょうか。朝から眉間にシワのよる、イライラ感もそんなことが原因。こんな時は、思い切って休むのが一番。いや、サボるのが一番です。

ブログを作る前に戻ればと出かけたのは、例の猿投温泉。車を飛ばせば、40分の距離です。大浴場、ジャグジー、そして露天風呂と梯子して、シメはマッサージ。時間をかけても効かない地元のマッサージに行くより、短時間で効果のある方がいいに決まっています。受付横にある売店でこの”飲める温泉水”を購入して、さぁ戻ります。気分は、もちろん。この後のフラ(ダンス)レッスンにも熱が入りそうです。

本日は【BOGLIOLI/ボリオリ】について語ります。かつてのブログで、何度もお話ししていますが、私どもが、いや私がこよなく愛用しているジャケットが、このミラノのファクトリーブランドです。代理店が三回変わって古巣のアマンさんに戻った【BOGLIOLI/ボリオリ】。相変わらず好きなコレクションが、

製品染の「K.JACKET」。もう何年も着ているかのような気負わない表情が好きなんです。

やはり、ここでも気になるのが、価格。ここ数年、以前のように気楽に購入できる価格設定ではなかったため、この状況下でどうなるかと心配しておりましたが、生地やモデルを限定してイタリア側と交渉したようです。せっかくなら、代理店さんの企業努力に乗らない手はありません。そして、ここでも提案されていたカラーがグリーンでした。そういえば、本日、お問い合わせいただいたアイテムがレディースのスカート。ギフトでのご要望でした。

先日、ブログに掲載させていただいたグリーンのスカート。この写真をご覧になられて、ご注文くださったとしたら嬉しい限りです。I様、ありがとうございました。

BOGLIOLI/ボリオリに話を戻します。

今季ご提案の「リネンガーメントダイ加工ダブルブレストジャケット」。ご案内させていただいたのは、3月18日のブログです。季節や室内での撮影とあって、やや型苦しいコーディネートでした。

三ヶ月後の今なら、どうでしょう。季節も環境も変わりました。出かけていくためのジャケットとして、より身近になってきたと思いませんか。ホワイトのTシャツ(私物)に、オフホワイトのパンツ(Borelio)、足元はサンダル(Of ORIGIN)のシンプルで気楽なスタイルにさらりと羽織っていただけるはずです。

同じ日のブログでご紹介させていただいた「コットンストレッチ ピークドラペル シングルスーツ」は、

初夏の日差しの下では活動的です。ボーダーTシャツ(PT TORINO)を合わせ、ブラックのローファー(Paraboot)とトートバッグ(ORCIANI)でお出かけコーディネートです。

※Cachette MENS 情報

本日、カシェート展開の【FRED PERRY/フレッドペリー】が SUGURU SHOPに掲載されました。代役を務め、ブログにご案内させていただいたLACOSTE/ラコステとはライバル?ではありません。どちらもポロシャツを代表する歴史のあるブランドです。時にはワンポイントをと思われる方がございましたら、FEDELI/フェデーリとともにご検討ください。「えっ、フェデーリにワンポイントポロなんてあった?」ちゃんとあります。こちらでご用意させていただいております。

くどいようですが、グリーンです。一足早く、昨年ご提案させていただいたG.T.A/ジーティーアー。サイズ欠けしておりますが、価格は魅力的でございます。サイズが合われる方には、ぜひオススメしたいパンツです。

 

CATEGORY

BOGLIOLI/ボリオリ にしか出せない色香があります!! ガーメントダイ加工のリネンブラックダブルブレストジャケット& スエードグリーンストレッチコットンスーツのご提案です!!

気温急低下。さらに雨が降って、テンションは急上昇。昨日までの無法状態の混雑が解消された今日。この雨で桜が早く散ってくれればと思うのは、近くに住んでおられたり、商いをされているお店の方々。人が集まるのは悪いことではありませんが、そこには生活の場があることを知っていただき、最低限のマナーは守って欲しいものです。

こんな日に出番を待っているのは、やはりBARACUTA/バラクータ。ネイビーとレッド2色のG-9のうち、持ち出したのは、もちろん情熱の赤。視界の悪い、こんな日は目立つ色の方が良いのです。偶然、ジュニアも本日着ておりましたが、選んでいたのはネイビー。彼の場合、色で目立たなくても、若さがある…いやいや、渋いからこそ似合う赤なんです。なんて張り合ってどうする?ですね。

本日のご案内は【BOGLIOLI/ボリオリ 】です。昨日のJACOB COHEN/ヤコブ・コーエン同様、グローリーガイの歴史とともにあるブランドと言って良いでしょう。

BOGLIOLI/ボリオリ×JACOB COHEN/ヤコブ・コーエンは、まるで黄金比のような調和のとれた美しさを感じさせてくれます。ただ、あくまでもデニムパンツ。もう少しドレッシーに見せるならDALCUORE/ダルクオーレはいかがでしょう。ブラックに金茶とシルバーの糸を織り込んだハウンドツゥース柄パンツ。モノクロ(白黒)では出せない奥ゆかしさを表現。インはホワイトより生成りのシャツ(未公開)で。足元はブラックのスウェード。もちろんスムースでも構いません。選ぶなら、世界で最も美しいベルジャンシューズと言われているBAUDOIN&LANGE/ボードインアンドランジがお勧めです。美しいだけではなく、履きやすさはもちろん、耐久性もあります。

“墨染め”という表現がぴったりでしょうか。リネン素材をブラックに染め、洗いをかける、いわゆるガーメントダイ加工のジャケットです。かつてのモデル名は「COAT」。今では総じて、「K.JACKET」と呼んでいます。いつもならシングルで選ぶでしょうが、ここは少し目立ちたい。夏のリネンブラックは、ちょっぴりキザに、そしてクラシックに六ボタンのダブルブレストでいきたいものです。

モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ44をややタイトに着用しております。

MODEL:「K.JACKET」 リネンガーメントダイ加工ダブルブレストジャケット
SIZE:44・46・48・50
COLOR:ブラック
MATERIAL:リネン100% 袖裏部分:キュプラ100%
PRICE:¥159,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

展示会で通り過ぎることのできない、まさに大好物のコットンスーツ。ガーメントダイ加工の着古した雰囲気がたまりません。好きなだけに、様々な組み合わせが次から次に浮かんできますが、ここではネクタイを締めてみました。シャツ(未公開)もあえてラフなものを選び、結んだネクタイもレトロなプリントタイ(FRANCO BASSI)。足元はブラウンスウェードのチャッカブーツ(CROCKETT&JONES)で。春夏にブーツ?と言われる方もあるかと思いますが、元々19世紀末頃、ポロ競技の選手が試合後に履いていたジョッパーブーツに似たカジュアルなブーツが、いつしかチャッカブーツと呼ばれていったようです。デザインにもよりますが、ドレスとカジュアルとの中間的な存在だけに揃えておかれると素敵な足元が演出できます。

自然なコットンの風合いを楽しみながら、ストレッチの効いた可動域のあるスーツです。シングルながらもピークドラペルが存在感を。性格は丸く、ラペルは「先のとがった」のピークドがお勧めでしょうか。

パンツはスポーティーで若々しいノープリーツ。【BOGLIOLI/ボリオリ 】のスーツに多い仕様です。どこかモダンな雰囲気を持つのも、ノープリーツの特徴かもしれません。

モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:「K.JACKET」 コットンストレッチ ピークドラペル シングルスーツ
SIZE:44・46・48・50
COLOR:ライトオリーブ
MATERIAL:コットン98%・ポリウレタン2%    袖裏部分:キュプラ100%
PRICE:¥169,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

CATEGORY

PAGETOP