Clothes to You

GLORY GUYS

ラグジュアリよりエレガンス&センシュアルな男の服を提案しております!!

一ヶ月ほど前から左肩から腕にかけての違和感。寒さが増して更に痛み始めています。昨日のCachette LIFE ブログで7種類のパジャマに着替えましたが、後ろからナグラさんにサポートしてもらっています。着ていただくのは私たちの仕事。着用する際のお手伝いはしても、自分が着せてもらうのは、行きつけの飲み屋さんぐらい。クリミア戦争で負傷したイギリス陸軍のカーディガン伯爵7世がセーターを前開きにしてボタンで留められるようにと考案されたカーディガン。諸説ありますが、説得力はあります。

本日よりカシェート開催の”アウターフェア”。必ず販売応援の要請があるだろうからと着替えました。案の定、行ったり来たりです。

新たに購入したのは、WILLIAM LOCKIE/ウィリアムロッキーのエルボーパッチのクルーセーター

カシェートの別注です。ブログ紹介を買って出ただけに、ついに購入。日常着として使え、学生気分を味わえるニットです。生後6ヶ月までの子羊の羊毛を紡毛加工したラムズウール。求めやすい価格の割には高品質です。スコットランド南東部ボーダーズ州ホーウィックで1874年に創業した老舗のニットメーカー。140年以上ファミリー経営。昔も今もスコットランドにある自社工場で変わらず生産。カシミアやウール、コットンなどの天然繊維のみ使用。特にラムズウールのニットの品質の高さは世界でもトップレベルとラムズウールのニットを買うなら、ここ。そう決めている私です。

それにしても寒い。今日の最高気温は11℃。北西の風が冷たく吹く、この冬一番の寒さになっています。極端な気温変化。自然の脅威には自然の恵みで対抗するのが一番です。

アピールしているのが、MANIFATTURA CECCARELLI/マニファッチュラ・チェッカレッリの「ワックスコットン ボアライニング付きベスト」です。

今年の春、花冷えの頃に入手。人と被らないせいもあり、夜の街以外では好評です。デザイナーはイタリア人のジュリアーノ氏。アメリカのブランド「FILSON」と契約し、「FILSON ITALY」としてイタリアの工場ならではのクオリティーと着心地を活かした、素晴らしい洋服を発信し、世界中のファンを魅了。その後、2013年フィルソンとの契約終了を機に、世界中で見てきた”男の中の男”の洋服を追求したのが【MANIFATTURA CECCARELLI/マニファッチュラ・チェッカレッリ】です。ラグジュアリーという言葉は当てはまりませんが、実用性のあるワークなアイテムから感じるのはエレガンスです。

そして今季セレクトした自信作が、「ドライワックスコットン のシャツジャケット」。もちろん着用分もオーダーしております。身頃は「DW/ドライワックス」と名付けられた糸の段階でワックスコーティングを施し、織り上げたヘビーコットン生地。ワックスコットンのような生地のベタつきはありません。そして、通常のコットンより防水性や保温性が高いのは言うまでもありません。

シャツインのニットスタイルやローゲージのタートルネックなど、冬の中間アイテムとして大いに活躍してくれます。

色柄違いのブラックウォッチも魅力です。ブログ紹介ではサイズ36をややタイトに着ておりますが、寒がりな私はインに着込みます。それに肩の痛みから袖入れに余裕が欲しいと、サイズ38を選ぶことにしました。

男らしいタートルネックといえば、1989年、マッシモ ピオンボ氏によって創立されたMP Massimo Piombo/マッシモ・ピオンボの「針抜きイングリッシュリブ編みタートルネックセーター」でしょうか。どの色も素敵とセレクトカラーを再度ご覧ください。

一見、シンプルに見えますが、素材の厳選から、色出しやシルエットまで彼の美意識が表現されているニットです。

カシミアやムートンなどの高価なアイテム。どれもが「豪華な」「贅沢な」「贅沢さ」を意味する”ラグジュアリ”の言葉で言い表されていますが、私が追い求めるのは、”エレガンス”。そして”セクシー”。性的な意味の”セクシュアル”ではなく、官能的を意味する”センシュアル”。いわゆる”粋”ということです。わかりやすくいえば、知的さのある色っぽさ、品のある色気ということになります。そんな思いを洋服を通して、表現できればと思いながら、日々、ブログも書いております。いや、つい真面目なところに話が入ってしまいました。すけべな私スグルの独り言でした。

Cachette MENS ブログ

本日、グローリーガイより鼻息の荒いカシェート。未公開のアイテムの中で人気のあるINVERTERE/インバーティアのシャツアウターをさらりとご紹介しております。ぜひ確認してみてください。

 

CATEGORY

スクエアよりラウンドの方が好きな方へ。MANIFATTURA CECCARELLI/マニファッチュラ・チェッカレッリのドライワックスコットンシャツジャケットのご紹介です!!

昨日のことです。日差しいっぱいの昼間のカシェートテラス。タートルネックを着てきたことを後悔していましたが、午後からは雲とともに北風が吹きだし、帰る頃にはジャケットを羽織らなければ寒いほどでした。今年は暖冬と予報されましたが、うねりの大きい寒暖差は平年以上に寒く感じるかもしれません。体調管理にはくれぐれも気をつけてくださいね。

本日のカシェートテラスです。着用したのは、WILLIAM LOCKIE/ウィリアムロッキーの定番タートルネックセーター。2枚ほど所有していますが、今季よりネック部分に変更があり、確認のための試着です。内容については、カシェートブログに任せるとして、注目していただきたいのが、手に持ったジャケットです。

今季も展開継続の【MANIFATTURA CECCARELLI/マニファッチュラ・チェッカレッリ】。ブランドを代表するモデルは「FISHERMAN PARKA/フィッシャーマンパーカ」。展示会が行われないだけに、写真だけで判断しなければなりませんが、このブランドの良さは折り紙つき。好きな方にとっては堪らなく魅力的なコレクションです。そんなマニアの一人でもある私スグルシニアが自信を持っておすすめするのが、モデル「7703」のシャツジャケットなんです。

英国伝統タータンチェック、ブラックウォッチ柄の身頃は、糸の段階でワックスコーティングを施し、織り上げたヘビーコットン生地。ワックスコットンのような生地のベタつきはありません。ただ、通常のコットンより防水性や保温性が高いのは言うまでもありません。直接肌に当たる襟や襟元については、コーティングされていないコットンの別布をつけています。コーデュロイではなく、コットンピケを配したところは、イタリア人デザイナー・ジュリアーノならではの拘りでしょうか。英国ものはコーデュロイを使うケースが多く、やや冬寄りのアウターに見えてしまいます。コットンピケであれば、起毛感は少なくフラットな生地感でライトな表情に。着る季節も長くなります。

イエローのタートルがあまりにもきれいでしたので、最初にお見せしましたが、こちらが本来のコーディネートです。

ニット:Drumohr(着用サイズ46)

パンツ:PT TORINO(着用サイズ46)

:私物のANTONIO PIO MELE(着用サイズ42)

フロントや両胸ポケットのフラップ、袖のアジャストの全てが同じ仕様のデザインになります。

内側にポケットはつきませんが、両サイドの胸ポケットと両脇のハンドウォーマーの役割を果たす切りポケットが装備されています。ついついの癖で、パンツのポケットに手を入れてしまいましたが、その上の切り込みがウォームポケットになります。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ36をややタイトに着ております。

MODEL:ドライワックスコットン ブラックウォッチ柄シャツジャケット
SIZE:36・38・40
COLOR:ブラックウォッチ
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥79,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

オーダー時、カラーサンプルはコピー写真。ネイビーのつもりでオーダーしたのに、入ってきたのは青紫のマルベリー。いや、この色でよかった!! と思える魅力的な色です。普通のネイビーではつまらなかったかもしれませんね。

ブラックウォッチ柄と同じ糸の段階でワックスコーティングを施し、織り上げたヘビーコットン生地。ワックスコットンのような生地のベタつきはありません。こちらも襟、襟元にはコットンピケが付けられています。

紅葉の季節。自然の中でなら、さらに輝きだします。レイン、ウィンド、ダスターなどから身を守る美しい道具として活躍させてください。着ることで心踊る服。出かけたくなるのは必然です。

ニット:MP Massimo Piombo(着用サイズ46)

パンツ:Borelio(着用サイズ46)

:Paraboot(着用サイズ7.5)

裾のカーブが動きのある表情を見せます。デニムジャケットにはない流れを作り出しています。

撮影する場所によってはネイビーに見える、奥ゆかしいヘビーコットンのシャツジャケットです。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ36をややタイトに着ております。

MODEL:ドライワックスコットン マルベリーシャツジャケット
SIZE:36・38・40
COLOR:マルベリー
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥79,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

※Cachette /カシェート情報

昨日のカシェートはメンズ、レディース共にJOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレーのハイゲージニットとJohnstons of Elgin/ジョンストンズのカシミアニットで盛り上がりました。個人的には、SCOTT&CHARTERS/スコット&チャーターズのカシミアタートルネックもお勧めです。残念ながら、着用サイズの40は売れてしまいましたが、一度は手にれてみたかった極上のニット。来シーズン、ジュニアがセレクトするかはわかりませんが、大いに期待したいところです。いや、今度は展示会についていこうかと密かに思っています。サイズが合われる方が羨ましいなんて、余談でした。

本日Barbour/バブアーのブログを更新しています。是非併せてご覧ください。

CATEGORY

「FILSON ITALY」としてイタリアの工場ならではのクオリティーと着心地を活かした【MANIFATTURA CECCARELLI/マニファッチュラ・チェッカレッリ】の「FISHERMAN PARKA-DW」ドライワックスコットン フィッシャーマンパーカーです!!

最高気温は18度と、昨日と変わりませんが、随分と穏やかで暖かい日。夜になってもさほど寒くないのは、風向きと風速。現在、東の風、風速1m/s。北西の風が吹いた昨日よりは暖かです。明日の最高気温は19度、北西の風4m/sですので、今日より寒く感じるはずです。なんて、まるで気象予報士になった気分ですが、資格を取るのもやぶさかではありません。そんな穏やかな日でしたが、本日、タートルネックの動きが顕著です。もしかして東京都知事 小池氏の「タートルネックで節電」発言が影響しているのでしょうか。ハイゲージからミドルゲージのタートルがよく売れていきます。かつてクールビズを唱えた小池都知事。タートルネックを推奨するのは悪くはありませんが、シャツやネクタイを扱う側からすれば、「またかぁ〜」でしょうか。どうやら、彼女はシャツ、ネクタイ業界の不倶戴天の敵と言えるかもしれませんね。

本日のご案内は、【MANIFATTURA CECCARELLI/マニファッチュラ・チェッカレッリ】の「FISHERMAN PARKA/フィッシャーマン パーカー」。漁夫や漁師を意味するフィッシャーマンの名の通り、ハリのあるの生地を採用。ワイルドなギア感に溢れており、あのドレイクスが、このモデルのネーム替えを頼んだという逸話もあるブランドのベストセラーモデルです。

午前中にお越しいただいたのは、私よりも二歳上のA氏。途中、10年のブランクはありましたが、お互い30代の頃からのお付き合いをさせていただいている服仲間です。洋服に造詣の深い氏も絶賛の「FISHERMAN PARKA/フィッシャーマン パーカー」。本日が吉日と遂に手に入れていかれました。

デビュー時のブログ紹介は昨年の10月1日。その際も、今季のブログ紹介同様、マスヤマが詳しく説明しておりますので、ぜひご覧ください。なんて、ちょっぴり横着をさせていただくわけは、今夜のフラ(ダンス)レッスン。やや店頭での滞在時間が長く、時間に間に合うか心配です。

サイズは38を着ています。インに着ているニットは、

カシェート展開のWILLIAM LOCKIE/ウィリアムロッキー、パンツは、個人的にも早く紹介しないかなと待ち遠しいBERNARD ZINS/ベルナールザンスの新作です。

場所をグローリーガイに移動して、お気に入りの写真を一枚。タートルネックではなく、杢調のモックネック(Settefili Cashmere)で澄ましてみました。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ38を着用しております。

MODEL:「FISHERMAN PARKA-DW」ドライワックスコットン フィッシャーマンパーカー
SIZE:36・38・40・42
COLOR:ネイビー
MATERIAL:表地:コットン100% 身頃裏地:コットン100% 袖裏地:キュプラ100% 中綿:グースダウン100%
PRICE:¥142,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

CATEGORY

【MANIFATTURA CECCARELLI/マニファッチュラ・チェッカレッリ】の少しだけ現実を離れ、ノスタルジックな雰囲気を醸し出しているワックスコットン ボアライニング付きベスト。懐かしいけど、新鮮なスタイルです!!

寒い朝でした。最低気温は5度。携帯の天気では3度になっていました。愛知県の地図を見ると、西に名古屋市。東に豊橋市とあり、岡崎は、その中間ほどに位置します。愛知県の気温を比較してみると、北にある豊田市とほぼ同じで、山間部を除けば、最も寒い地域。この寒さは明日も続きそう、いや、11月でこの気温であれば、この先どうなることやらです。

肩が縮まっているのは、寒さのせい?  カシミアのセーターとウールの5ポケットと真冬に選ぶ服装の本日。更に羽織ったのが、ダウンベストです。どれも10年、いや、それ以上の着用歴のあるもの。ニットはSettefili Cashmere/セッテフィーリ・カシミアで、最初の展示会でセレクトしたニットです。パンツはJACOB COHEN/ヤコブ・コーエン。これも古い。MooRER/ムーレーのダウンベストも展開当初に購入したものです。いいものは長持ちします。ただ、変わらないスタイルとはいえ、やや飽きが来ているのも事実。時代とともに新鮮さは必要です。

そんな思いは、昨年からでした。今季のバイイングで意識したのは、スポーティーさでなく、ロマンティクさ。少しだけ現実を離れ、ノスタルジックな雰囲気を醸し出している、懐かしいけど、新鮮なスタイルです。

そう思い、購入しようと決断したのが、FORTELA/フォルテラのキルティングベスト。ただ、残念なことに、いや嬉しいことに大阪のN様の元に旅立って行きました。いつもお世話になります。私の代わりに愛用してください。

当時のトレンドはジャストサイズ。このムーレーのダウンベストもサイズ44で選んでいました。年齢とともにタイトに着ることが、やや辛くなっているせいでしょうか。トレンドの移り変わりもあり、気分はなんとなく、下のベストにいきます。

ベスト提案が続きますが、こちらは【MANIFATTURA CECCARELLI/マニファッチュラ・チェッカレッリ】のもの。伊・トスカーナ地方のフォルリに本拠地を構えるファクトリーです。少し前のブログでマスヤマがブランドの顔である「FISHERMAN PARKA/フィッシャーマンパーカ」をご紹介しております。今回、初めてセレクトしたのが、ワックスコットンのベストです。ワックスコットンといえば「Barbour/バブアー」の名が上がりますが、オイルの量は少なく、さほど気になりません。

「表地には糸の段階でワックスコーティングを施し織り上げた防水・防風性に優れたオリジナル素材を採用。通常のワックスコーティングのようなベタつき感はなく、張りのあるドライな質感が特徴」…この生地の説明は、ドライワックスコットン フィッシャーマンパーカーのことです。”ドライ”のつかないワックスコットンは、番手の細いコットンにオイルを何層にも重ねて染み込ませて防水性を高めるという手法で、若干のベタつきはあります。劣化して、防水性が弱まれば、リプルーフなどの手入れも必要になりますので、ご注意ください。

表地のワックスコットンのハードさに合わせるかのようなライニングです。ボアとは、正式には羊毛に似せた化学繊維のことで、アクリルやポリエステル素材になります。ただ、こちらはウール90%にポリエステル10%の保温性に優れた素材を使用。天然繊維のもつナチュラルな雰囲気を存分に楽しんでいただけます。

最初に登場したカーキブラウン(Chocolate)の他にネイビー(NAVY)もセレクトしております。カシェートメンズで展開のCORDINGS/コーディングスのシャツ(未公開)を借りて、コーディネートです。ニットはFILIPPO DE LAURENTIIS/フィリッポ デ ローレンティス、パンツはeleventy/イレヴンティ、ブーツはParaboot/パラブーツを履いております。

ウエストの隙間を埋めるのに便利なサイドアジャスター。ドローコードのように風の巻き込みも防いでくれます。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ38をややゆとりを持って着ております。

MODEL:「7916-WX」ワックスコットン ボアライニング付きベスト
SIZE:36・38・40
COLOR:カーキブラウン(Chocolate)・ネイビー(NAVY)
MATERIAL:表地:コットン100% 裏地:ウール90%・ポリエステル10%
PRICE:¥53,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

同じスタイル(靴は私物)で羽織ったのは、カシェートメンズ取り扱いの【TWC/ティーダブリューシー】。昨日のブログでご紹介していました。こちらもロマンティックです。

グローリーガイに移動して展開中のフランス発のカットソーブランド【MAJESTIC FILATURES/マジェスティックフィラチュール】。SUGURU SHOPに掲載させていただきました。冬のリラックスウエアとして、ぜひご検討ください。

CATEGORY

過酷なアウトドアにも耐えうるような男らしい表情ながら、着やすさや作り込みの細かさはイタリアのもの。MANIFATTURA CECCARELLI/マニファッチュラ・チェッカレッリの銘品・フィッシャーマンパーカが登場です!!

魅力ある洋服は、雄弁である…は、個人的な意見ですが、大いにそうだと思います。洋服が喋ることはありませんが、細かく作り込まれたディテールを一つ一つ見ていけば、このデザインはこんな意図で作られていて、こんな場面に機能するよ、と洋服に語りかけられているような感覚を覚えることがあります。そんな想像を掻き立ててくれる洋服は、触っていてとてもワクワクさせられるものです。本日は、そんな癖?を持つマスヤマがご案内を担当します。

先日JACOB COHEN/ヤコブ・コーエンのデニムを初めて手に取っていただいたお客様から、この付属品はどうして付いているの?、英語で色々とメッセージが書いてあるね、良い匂いがするけど?、とのご質問。凝った作り込みは随一なブランドだけに、好奇心を刺激された様子でした。ストーリー性に富んだ、雄弁なデニムですね。

本日ご紹介するのも、非常に雄弁な商品。きっと、男心をくすぐるはずです。

10月24日のブログ末尾にて、ちらりとお見せしていた【MANIFATTURA CECCARELLI/マニファッチュラ・チェッカレッリ】のアウターです。長い名前を覚えるのは後で良いので、まずはこのアウターが放つ独特の雰囲気にご注目ください。

早速、着用してみました。ヘビーでボリュームのある生地感や、大きく刻まれたシワ感。良い意味で土臭さが漂うともに、タフでラフなアメリカンな雰囲気…とでも言いましょうか。カメラマンからは「ヘビー・デューティだね」との声が。小綺麗なイタリアのアウターとは、一線を画した雰囲気です。

そうは言っても、ブランドの国籍はイタリア、デザイナーのジュリアーノ氏もイタリア人。ただ、氏は大のアメカジ好きであり、アメリカのアウトドア・ブランド「FILSON」の生産に携わっていたこともある人物です。「FILSON」は、木こりやハンターが過酷な環境下でも利用可能なウェアを生産している、米国のクロージングメーカー。そう聞けば、この雰囲気には大いに納得がいくはずです。

以下のブランドストーリーも一緒にご覧ください。

「【MANIFATTURA CECCARELLI/マニファッチュラ・チェッカレッリ】は、伊・トスカーナ地方のフォルリに本拠地を構えるファクトリー。1998年にイタリア人デザイナー・ジュリアーノ氏が、世界中で見てきた”男の中の男”の洋服を追求したブランドとして誕生しました。その後、アメリカのブランド「FILSON」と契約し、「FILSON ITALY」としてイタリアの工場ならではのクオリティーと着心地を活かした、素晴らしい洋服を発信し、世界中のファンを魅了。2013年フィルソンとの契約終了を機に、【MANIFATTURA CECCARELLI/マニファッチュラ・チェッカレッリ】を復活させました。 アメリカの洋服が好きなジュリア―ノ氏が、細部まで拘りを持って作るブランドであると同時に、本格的なギアアイテムが多いことも特徴となります。」

ご用意したのは、ブランドの顔である「FISHERMAN PARKA/フィッシャーマンパーカ」。昨年と同じモデルでのセレクトです。ヒップが見え隠れする程度の丈感で、動きやすく、日常生活で最も使い回しがききそうなフォルムではないでしょうか。

昨年と異なるのは、素材。「DW」と名付けられた、糸の段階でワックスコーティングを施し・織り上げたヘビーコットンの生地でご用意しています。防水・防風性に力を発揮しつつ、ワックスコットンのようなベタつき感が殆どみられないというスグレモノ。ドライワックスコットンと呼称されています。張りもしっかりあるので、写真のように襟立ちもシャキッと決まります。

FISHERMANとは、漁師、漁夫のこと。PARKAとは、フードの付いたものをイメージしがちですが、元々は毛皮などで作られたフード付きの防寒着、つまりアウターとしての要素が強いものに語源があります。ジップを上まで上げれば、風の強い日にはマフラー要らず。

多少の雨なら、傘要らず。フードにはドローコードやツバまで配置され、こういったアウトドア的な機能までしっかり作り込まれています。道具を意味する、”ギア”という言葉が浮かんできます。

胸元のウォームポケット、裾のパッチポケットは、両者ともにフラップ付き。写真にはチラリと写っていますが、フラップの裏や袖口のストラップの裏、襟の裏など、よく触れて擦れる部分には、スウェードのレザーを配置するきめ細やかさ。見れば見るほど、惹かれていってしまいます。

極めつけは、中に詰められたダウン。800フィルパワーを誇る、イタリア・ミナルディ社のグースダウン。フィルパワーとは、羽毛の”かさ高”を示す数値です。簡単に言えば、フィルパワーの数値が大きいほど空気を多く含むことが出来るため、保温性に優れた良質なダウンといえるのですが、700フィルパワーあれば高級ダウンと言われるなかで、驚きのスペックです。

さり気なく格好良いのが釦。ブランド名が刻印された光沢のある釦は、表地と同色でまとめられています。

多機能な上に、細部まで作り込まれたデザイン。ジュリアーノ氏の拘りが詰まった1着だけに、長々と綴ってしまいました。ダークタンは昨年からの継続。新しい色として、ダークグリーンをご用意しました。ヘビーコットンの味のある表情だけに、色を使うことでより自然な印象で着こなせるはずです。

後ろ姿や横からの姿、360度、魅力的なアウターになるはずです。後ろ身頃には、ポケットが2室(下は左右貫通)配置、ウエストにはドローコードが通り、フィット感を調整出来ます。

身長183cm・体重67kg・胸囲94cmで、38サイズを着用しています。

MODEL:「FISHERMAN PARKA-DW」ドライワックスコットン フィッシャーマンパーカー
SIZE:36・38・40・42
COLOR:ダークタン・ダークグリーン
MATERIAL:表地:コットン100% 身頃裏地:コットン100% 袖裏地:キュプラ100% 中綿:グースダウン100%
PRICE:¥142,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

顔が写っていませんが、私はここにいます。店頭での接客や電話の応対をしながら、ブログ作りをしているマスヤマ。事務所のパソコンに向かう私と違って、売り場にいながら集中してブログを作ることは大変なことです。さらにオンラインへの掲載作業。本日、タカイが休み。私?いやいや、その作業は未経験。ナグラさんはといえば、完全にアナログです。本日、頼りになるのはマスヤマだけ。現在、掲載作業を進めております。もうしばらく、お待ちください。

 

CATEGORY

PAGETOP