Clothes to You

GLORY GUYS

テーマは”冬のリヴィエラ” ….. コートを除き、イタリア以外の国から集めたブランドを着て、冬の海岸沿いを歩きます。

いやはや、困ったものです。やはり我慢はいけません。疲れが溜まると痛み出す奥歯。疲れのバロメーターにもなっていたのですが、どうやら黄色から赤信号へと変わった昨日。慌てて、夜間歯科センターに行って来ましたが、案の定、抜歯宣告。バイイングシーズンだけにスケジュール調整をしなければなりませんが、歯は大切。この機会にしっかり治療するべきでしょうね。しばらくは、家康の”しかめ像”で仕事します。

そんなわけで、昨日ご提案するはずだったコーディネートがこちら。1日遅れで登場です。テーマは”冬のリヴィエラ”。イタリアで海岸を意味する”リヴィエラ”。一般的には、イタリア北西の海岸沿いを指します。コートを除き、イタリア以外の国から集めたブランドを着て、冬の海岸沿いを歩きます。

羽織ったコートは、今季初の登場となる【Solleciti/ソレシティ】。1945年イタリアミラノで創業の老舗毛皮メーカーです。ラグジュアリー過ぎるコレクションにスルーを決め込んでおりましたが、このモデルだけは見逃せませんでした。メルトンのPコートの顔をしながらも、佇まいはダブルのコート。海の男臭さを漂わせながら、エレガントで知的な表情を持つリーファーコートです。こちらのブログでご紹介しております。

人気者のカットソーブランド【FILLITS/フィリッツ】。ニューヨークに在住し、約30年、アメリカでカットソー作りに携わったデザイナーが立ち上げ、この2021年秋冬からスタートした新しいブランドです。

ご紹介ブログではサイズMを着ていますが、完売のため、ワンサイズ下のSを。Tシャツ一枚で着るなら、このサイズでも。ゆとりを持つなら、やはりMでしょうか。

デザイン違いのハーフジップのスレートグレイです。こちらはサイズSとMがご用意できます。

こんな感じで、遠くの女性を見ながら…寛いでいました。インに着ている白のカットソータートルネックは【MAJESTIC FILATURES/マジェスティックフィラチュール】のもの。

部屋着にこだわるパリジェンヌ。そんなイメージからか、リラックスウェアを探すとフランスブランドにたどり着きます。ご案内ブログは、こちらからご覧になれます。

フランスブランドからもう一つ、フランス南西部ドルドーニュ地方で誕生した【MAISON CORNICHON/メゾンコルニション】。先週、4枚目を購入してしまったロングスリーブTシャツ。この季節は、ミドルからローゲージのニットのインに着ています。フランスでは4台しか残っていないドイツ製のヴィンテージ編み機によって伸縮性のある柔らかい生地は、現代の機械では作れない特別なものなんです。

そして、ボトム。リラックスしながらもエレガントに休日を過ごすなら、やはり【Borelio/ボレリオ】のドローコード付きシャーリングパンツ「CARL」。さらに温もりも求めるなら、ローデンクロスです。

ローデンクロスの専業といえば、Leichtfried woolen mill/ライヒトフリート。1884年創業のオーストリアのファブリック・ファクトリーです。ここのローデンは、オーストリア産のファインメリノウールを原料にすることで、軽くて動きやすくそれでいて保温性の高い生地に仕上がっています。

白のステッチを入れるだけで、ワークやマリンのテーストを含んだ、こなれたパンツに仕上がっています。生地の高騰により次の仕入れを諦めただけに、バイヤーとして、ぜひお勧めしておきたいパンツです。

同じローデンクロスでキャメルもセレクト。ただ、色合いから合うモデルを選ぶと、こちらはワンプリーツのドレスライン「DANNO」でしょうか。同じ生地でも、色やデザインが変われば、雰囲気も変わります。

「CARL」のモデルでお勧めしたかったのが、こちらのコーデュロイ。寒がりな私。出かけるときは必ずズボン下を穿くので、休日なら緩めのパンツを選びます。最近では、仕事用としても、緩いパンツに足が向かうのは、この寒さのせいでしょう。

さりげなく穿いている【Borelio/ボレリオ】のパンツですが、使っている生地はどれも一流。このコーデュロイもイタリアでコーデュロイの名門とされるDUCA VISCONTI DI MODRONE/ドゥカ・ヴィスコンティのもの。「VELLUTO」とはベルベットのことです。ストレッチ性のある美しいコーデュロイです。イージーなパンツをお選びになるようでしたら、来年も再来年も、5年後も穿くことのできる生地のしっかりしたものを選ばれた方が良いでしょう。新品のうちは良くても、穿き込んでいくうちに、ましてや洗濯したら、別物になっていたなんてこともありますからね。

※Cachette MENS 情報

例年にない寒さのせいでしょう。HERNO/ヘルノやMooRER/ムーレーのダウンジャケットが売り場から飛び立っていっている今日。カシェートでは【PYRENEX/ピレネックス】が人気です。

気になっているのが、「IPARLA/イパルラ」と呼ばれる新型モデル。何度も袖を通していて、その度にカミさんから「買ったら」なんて言われておりますが、いざ買うとなると躊躇するのは、在庫の問題。需要の多いこの季節、売り場からなくなってしまうのは、バイヤー、いやオーナーとして申し訳ない。そんな気持ちでいる時に、グレイッシュカーキのSをお求めにご来店されたK様。どうやら、終電を逃してしまい、寒空の下を歩かれたようで、迷わずにご購入です。この寒さ、飲みに出かける機会の多い方にとってはかなり堪えているようです。

フレンチダウンの着こなしの代表例でしょう。シンプルなデザインが魅力です。

CATEGORY

グローリーガイの新しい世界が” SLOW FASHION”。PHIL PETTER/フィルペターのニット、Borelio/ボレリオのパンツ、MAISON CORNICHON/メゾン コルニッションのカットソーのご提案です!!

昨日の私スグルです。カメラを持ったら、なんでも写してやろうなんて意気込みです。

まずは、カシェート、レディースブログの【JOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレー】の撮影。よし!! と意気込んだものの、被写体は上の二点のみ。もっとあったはずなのにと聞けば、売れてしまったとのこと。残念!! いやいや、嬉しいことです。

本題です。グローリーガイの新しい世界が” SLOW FASHION”。日常の生活の中に取り入れることで、ワンランク上のライフスタイルを提案していきます。

本日のご紹介は、1973年にオーストリアのドルンビルンという小さな町で創業したニット・カットソーブランド【PHIL PETTER/フィル ぺター】。古くからフランス、ドイツ、イギリス、イタリアのニットの生産地として名高いオーストリア。創業者のKurt Pette氏のこだわりのもと、全ての商品を自社工場で生産しています。

レザー(SILENCE)のインに何を着たら良いのか?  季節柄、Tシャツでは心もとなく、色気がない。無地のニットでは表情が今ひとつ。そんな悩みを解決してくれるニットが、カットソーの気楽さを持つクルーネックのニットです。

体に程よくフィットしながら、綺麗なフォルムを見せるのは、ウール・エレスタンのストレッチ素材と縦の編み地。太い人には「痩せた?」、細い人には「逞しくなった?」と声がかかりそうな、体型を美しく見せてくれるノンストレスなニットです。ボトムはゆとりのあるパンツ(Borelio)を穿いておりますが、スリムフィットのデニムなど、細身のシルエットにも合う万能なニットになります。

ニットは通常、編み機一本一本の針に糸をきちんと通し作られます。しかし、この「針抜き」という編み方では、規則的に針を通さない場所を作ります。それにより、横方向への抜群の伸縮性を獲得。表面にはストライプ状のラインが現れ、デザイン的にもニュアンスの効いた生地に仕上がります。

まるでアルマーニのニットのよう…。ファブリックが共通?あり得る話です。ネイビーとブラックの2色をご用しました。

ブラックのサイズMを着用しております。

ネイビーは、上の写真がサイズSを、下がサイズMを着用しております。参考にしてください。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝です。

MODEL:針抜きストレッチウールクルーネックセーター
SIZE:S ・ M ・ L
COLOR:ネイビー・ブラック
MATERIAL:ウール85%・ポリウレタン15%
PRICE:¥39,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

昨日のHERNO/ヘルノのご案内の際、合わせたモックネックのニットが【PHIL PETER/フィルペター】でした。昨年、登場するや、多くの方から支持をいただいた人気アイテム。マスヤマも本日、着てきています。アンダーウェアに一枚で着られる方の多いモックネックですが、インに布帛シャツを着て合わせるのも個人的には好きです。

ストレッチ素材との混紡かなと思いきや、ウール100%。それほどの伸縮性に驚きです。カットソーにみるテレコ生地に似た編み地は、カットソー以上の伸縮性です。パールグレイ、シルバーグレイ、ダークネイビーの三色をセレクトしました。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズMを着用しております。

MODEL:ナチュラルウールストレッチ モックネックセーター
SIZE:S ・ M ・ L
COLOR:パールグレイ・シルバーグレイ・ダークネイビー
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥42,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

PHIL PETER/フィルペターのモックネックに合わせたパンツは、1930年にベルギーにて創業した【Borelio/ボレリオ】。ベルギー王室やDRIS VAN NOTENをはじめとした数多くのメゾンのOEMを手掛ける老舗のパンツ専業ブランドです。

三年前のブログには、「”パンツ革命です!! ブリティッシュからクラシコイタリアへ そして繋いだのは、Borelio/ボレリオのナイロンストレッチパンツです!!” のタイトルで閃々デビューしたのが、昨年8月2日のブログ」なんて、感動を表す文面が載っていました。この年、このブランドのおかげで、他のパンツが売れなくて困ったとも書いております。それほど、画期的な360度ストレッチのパンツ。今回、久しぶりにオーダーです。ただスイスの生地メーカー「schoeller/ショーラー」でセレクトすると4万円越え。少しクオリティを下げて、本体価格29,ooo円でお届けします。

10月17日のCachette LIFE ブログにご報告させていただいたフラの初舞台。その際に穿いていたパンツが【Borelio/ボレリオ】でした。中腰で踊るフラ。この伸縮性のおかげで、上手に踊れたはずです。

やや硬めで厚みのある生地ですが、穿いてみれば、このウエイトの方が、表面に響くことなく、美しいラインを描いているようです。モデルは「VAN」。ノープリーツの程よいゆとりを持たせたテーパードシルエット。着るアイテムを選ばない、使い勝手の良いモデルです。

裾のダブル幅は、生地によって個体差はありますが、約5.0㎝。ラフな印象の足元はスニーカーやスリッポン(BAUDOIN&LANGE)などと好相性です。

モデルは身長175㎝、体重63kg、胸囲91㎝で、サイズ46を穿いております。

MODEL:「VAN」 ナイロンストレッチパンツ
SIZE:44 ・46 ・48 ・50
COLOR:ブラック
MATERIAL:ナイロン57%・ポリエステル30%・ポリウレタン13%
PRICE:¥29,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入頂けます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

※Cachette MENS 情報

ウエスタンシャツ(未公開のJeanik/ジーニック)ではなく、インに着たカットソーご注目ください。

本来なら、カシェートメンズのブログでご案内するはずの【MAISON CORNICHON/メゾンコルニション】。ただ、もっとも愛用率の高い私スグル、シニアの方が説得力があると、この場所で再入荷の案内させていただきます。そういえば、前回、この春のブログも私が担当しておりました。

着用しているのは、ブラックのサイズ2。現在、他に二枚のホワイトを所有しております。肩の山は洗濯の干し方が悪いため。ハンガーの跡が残ってしまいましたが、気にしないでください。さらに追加をかけたい、そう思うほどの着心地の良さと使い勝手の良さです。

実は、展示会でバイヤーのジュニアにお願いしてのセレクトなんです。欲しかったのは、このネイビー。これだけではと、ホワイトとブラックの三色をオーダーしております。まだお持ちでない方は、是非これらの良さを体験してみてください。

MODEL:長袖クルーネックカットソー
SIZE:1・2・3
COLOR:ホワイト・ネイビー・ブラック
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥15,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

CATEGORY

スニーカーで合わせることのできるベルギー発のモダンパンツ【Borelio/ボレリオ】の「VAN」&「DANNO2」。新しい世界が広がるはずです!!

暑くも寒くもない、いや少し肌寒ぐらいの絶好の撮影日、いや営業日。撮影も順調に終え、新しいお客様のご来店もありの幸先の良い一日の始まりです。

ご紹介させていただくのは、【Borelio/ボレリオ】のパンツ。イタリア中心のセレクトの中、ベルギー発と異色のパンツ専業ファクトリーです。展開したのは三年前ですので、4度目の秋冬を迎えています。PT(ピーティー)やINCOTEX(インコテックス)と比べれば、まだまだ知名度は低いと思いますが、品揃えの幅を広げると共に、新しい感性でご提案できるパンツブランドとして、私たちにとっては欠かすことのできないブランド。私にとっては特にです。

ご紹介のために穿いてきました。昨年展開のモデル「DANNO2」。ストレッチコットンのワンプリーツモデルです。

そして、今季セレクトのパンツです。モデル名は「VAN 」。覚えやすい名前です。ノープリーツのゆとりを持たせたテーパードシルエット。裾のダブル幅5.0センチの人気モデルです。今回、サイドストラップのベルトレス仕様でご提案します。

生地はウエポンチノ。久しぶりに使う言葉です。ウエポンとはウエスト・ポイント。正式に言えば「米国陸軍ウエスト・ポイント士官学校の制服に由来する生地」になります。一般的な単糸のチノクロスとは違い、双糸の綾織りになるため、丈夫で厚みも出ます。さらに製品洗い(ワンウォッシュ)を施すことで、素朴な表情です。

さらに服好きの心を躍らせるのが、この「brisbane moss/ブリスベンモス」のファブリックネーム。英国物をメインで扱うカシェートではお馴染みの英国を代表するコットンミルです。

カーキベージュとテラコッタのカントリーカラー。深まる秋に、どんどん馴染んでいくはずです。

カーキベージュで合わせたニットはPHIL PETTER/フィルペター、シャツは未公開のunrole/アンロール、靴は私物のBAUDOIN&LANGE/ボードイン&ランジ。

テラコッタで合わせたニットはPHIL PETTER/フィルペター、靴は試着用です。履きたかったのは、こちら

Clarks/クラークスのワラビーです。

モデルは身長175㎝、体重63kg、胸囲91㎝で、サイズ46を穿いております。

MODEL:「VAN」ウエポンチノノープリーツパンツ
SIZE:44 ・46 ・48 ・50
COLOR:カーキベージュ・テラコッタ
MATERIAL:コットン97%・ポリウレタン3%
PRICE:¥32,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入頂けます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

今回、ワンプリーツモデル「DANNO2」でセレクトした生地は、Leichtfried woolen millのローデンクロス。9月28日のブログを振り返ってみて下さい。「CARL3」で選んだ、白ステッチを配したネイビーパンツと同素材です。秋冬に取り入れたいのが、温かみと上品さを兼ね備えたキャメル。「DANNO2」との相性が一番と、迷わずオーダーです。

フロントはボタン留め、ターンナップの幅は「VAN」同様、5.0㎝。好みはありますが、ラフでモダンな雰囲気になります。もちろん、幅を変えたり、シングルにすることも可能です。

合わせたシャツはmonção/モンサオ、ニットは未公開のTAGLIATORE/タリアトーレ。靴は私物のスリッポン。スニーカーで合わせることのできるパンツです。

モデルは身長175㎝、体重63kg、胸囲91㎝で、サイズ46を穿いております。

MODEL:「DANNO2」ローデンクロス ワンプリーツパンツ
SIZE:44 ・46 ・48 ・50
COLOR:キャメル
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥44,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入頂けます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

本日の内容は、いかがでしたでしょうか。毎回、更新した後に「どうなんだろう。あれで良かったのかな」なんて、いつも不安になってしまう小心者の私スグルです。その日にご紹介させていただいたアイテムより、おまけとして取り扱ったアイテムにご注文をいただいたりと、結果は時の運。そう思いながらも、本日も余談です。

私が着用しているポロニットは、2年前のSettefili Cashmere/セッテフィーリカシミアのもの。ブラウンのサイズ48のみが残っており、これは購入するしかないと手に入れたのが二週間前。ちょうど気温が合ってきて、出番が多くなりました。オススメするには在庫がない、ならばと、持ち出したのが、こちらです。

    

カシェート展開の【JOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレー】です。サイズにも寄りますが、写真のグレイとブラウンが、こちらでご用意できます。また、持っていたい定番ネイビーは、こちらからご覧いただけます。

Cachette LIFE には、レディース【PYRENEX/ピレネックス】のダウンベストが紹介されています。よろしければ、立ち寄ってください。

 

CATEGORY

いつも展示会に行くのが楽しみな Borelio/ボレリオのパンツ。今季も期待通りです!!

足元は大切です。特に年齢を重ねると…なんて私のことではありません。いや、私事です。車のことです。

そろそろ一年点検。いつもならディラーさんから連絡があるのですが、ここ最近、忙しいのか音沙汰なしです。この9月で8年を迎えるボルボV70。どうしてもワゴンから離れることはできません。引退したら、クーペに乗りたいのですが、まぁ、無理でしょうね。そんな話より、かなりタイヤが磨耗しており、交換時期はすでに過ぎておりましたが、運よく、友人に知り合いがいて、無事に交換することができました。それも、かなりお値打ちにです。今までの走りとは雲泥の差。ちゃんとグリップは効くし、安全安心。これで燃費も伸びるはずです。

私の自宅で使っているスリッパも新しくなりました。これで三代目。色目もパープルに変えてみました。このスリッパを履いたら、他のではダメなんです。なかなか買いに行くタイミングがなく、底に穴が空いているものを騙し騙し使っていたのですが、もう限界でした。下ろしたのは昨日。もうそれだけで気分が舞い上がってしまうほど、足元は大切。写真を撮りまくって、みんなに送る、私の友人みたいなことはしませんが、こうしてブログに載せていることを思えば、彼のことをとやかく言うわけにはいきません。

足元繋がりでいえば、靴。ただ、すでに今季、グローリーガイ以上にカシェートでも力を入れており、本日はもう少し上の方に目を向けてご提案していきます。相変わらず回りくどい言い方ですが、パンツです。上の写真は、9月21日のブログFILLITS/フィリッツのご案内の際に撮り直したものです。本日、ちょうど日差しもなく撮影日和。同じ場所で、ご提案していきます。

せっかくなので、スウェットパーカーからタートルネックセーター( Settefili Cashemere)に着替えての合わせているコーデュロイパンツは、【Borelio/ボレリオ】。INCOTEX/インコテックスやPT (ピーティー)とは一味違うベルギーのパンツ専業ブランドです。

上の写真と比べて、なんとなくですが、雰囲気が異なることに気づいていただくと話は早い?いや、サイズを下げただけのことです。前回、サイズ46を穿いて、やや緩さを感じていたので、今回、サイズ44を穿いてみました。夏バテ痩せしたせいで、ウエスト周りが小さくなったことが原因でしょうか。ジャストサイズです。実は、昨日の休みにも穿いていたシャーリングパンツ。同じ46のタカイが44を購入。彼より華奢なはずの私スグル。どうしようかと悩んだ末、ウエストに優しい46を購入したのでした。まさに上の緩い雰囲気です。それはそれで、悪くはありません。ドローコードで調整できます。

モデルは、昨年デビューの「CARL」の改良版で、ドローコードを外付けから内付けに変更した「CARL3」。人気定番の股上深めのドローコード付きのシャーリングパンツ「CHAD2」に比べると、股上は浅く、ウエストもゆとりを持ちます。ワタリ幅はほぼ同じで、裾幅に関しては、逆に1.5㎝ほど広め。写真後ろ姿で見るように、自然なテーパードを描き、まろやかな雰囲気を持つシルエットです。

太畝のコーデュロイは、イタリアでコーデュロイの名門とされるDUCA VISCONTI DI MODRONE/ドゥカ・ヴィスコンティのもの。「VELLUTO」とはベルベットのことです。ストレッチ性のある美しいコーデュロイです。

「1838年創業した老舗の綿製品ミル(織元)です。ミラノ都市圏に於いて1800年代から飛躍的に発展したアッダ川沿いの工業地域の中でもVaprio D’addaに設立された工場は同地域の中でも最も古い工場として知られており、イタリアで最初にベルベットとモールスキンを生産した工場でもあります。近年では、同社で開発したレアファイバーを混紡した生地や美しい柄の生地が、イタリアのミラノウニカ、イデアビエラ、パリのプルミエールヴィジョンなど世界の生地見本市で高い評価を得ています」

モデルは身長175㎝、体重64kg、胸囲92㎝で、サイズ44を穿いております。

MODEL:「CARL3」太畝コーデュロイ ドローコード付きシャーリングパンツ
SIZE:44 ・46 ・48 ・50
COLOR:ベージュ
MATERIAL:コットン80%・ナイロン18%・ポリウレタン2%
PRICE:¥35,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入頂けます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

同じモデル「CARL3」で、もう1型ご案内します。毎回、展示会に行くのが楽しみな【Borelio/ボレリオ】。常に新しい提案がなされており、今回も期待を裏切りません。

サンプルの前面に出ていただけに、見落とすわけはありません。ローデンクロスのネイビーに白糸のステッチを配したモダンでスポーティー、さらに一言加えるならリッチなリラックスパンツです。

ローデンクロスの専業といえば、Leichtfried woolen mill。1884年創業のオーストリアのファブリック・ファクトリーです。ここのローデンは、オーストリア産のファインメリノウールを原料にすることで、軽くて動きやすくそれでいて保温性の高い生地に仕上がっています。フラノとはまた違う起毛感の少ない味わいがあります。

「ローデンクロスとは、オーストリアと南ドイツなどのチロル山岳地方の伝統的な衣装として使われてきた強い縮絨の毛織物。つまり、繊維に蒸気、熱、圧力をかけると互いに絡み合い結合する性質=フェルト化により、織物が収縮し、組織が緻密になっている。この生地を使ったローデンコートは狩猟時用のコートとして考えられたもので、防寒に加え、雨などの防水効果にも優れています。ヨーロッパでは風物詩のようなアイテムで、これが街で見られるようになると冬の始まりとも言われ、深緑色で「ローデン・グリーン」ともいわれる色がローデンクロスの代表的な色である。オーストリア帝国時代の皇帝であった人物、フランツ・ヨーゼフがこのコートを羽織っていたところから、さらに広く知られるようになったとも。後に、英国のウインザー公も着用していたと言われています」

モ デルは身長175㎝、体重64kg、胸囲92㎝で、サイズ44を穿いております。

MODEL:「CARL3」ローデンクロス ドローコード付きシャーリングパンツ
SIZE:44 ・46 ・48 ・50
COLOR:ネイビー
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥46,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入頂けます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

一部、未入荷がございますが、サイズが揃っているうちにご提案と「LEATHER JACKET FAIR」をこの週末より開催します。

フェアとうたいながら、特典が何もない…そんなことはありません。ちゃんとご用意させていただきました。冒頭でご紹介させていただいた愛用のレザースリッパをお買い上げの方に進呈させていただきます。写真の5色からお選びください。尚、数に限りがございますので、無くなり次第、終了とさせていただきます。いや、なんとか確保いたします。

CATEGORY

年齢によってモテる服が違います!? 変わらないのは、すけべ心かもしれません。

昨日、休みを取り、服の整理です。40過ぎから、モテるならイタリアンスタイルと、店の品揃えと共に自分のワードローブも充実させてきましたが、60を過ぎてから、モテることも大切ですが、まずは着心地がよく楽な服を選んでおります。そうなるとクローゼットに入っているアイテムがやや遠い存在に。愛着を持って着込んだ、思い出の詰まった服ばかりですが、思い切って、片付けることにしました。

休日に我が家で寛ぐ態ではありません。我が家ではSALEをしておりません。「カッコつけるから、自然な写真を撮ってよ」とカメラマンのナグラさんに頼んだのですが、残念ながら、絵になる写真がこれしかなく、やっぱ、モデルと違うからと慰めながら、とりあえず載せてみました。本日の出で立ちです(PHIL PETTER/フィル ペターのカットソー、monção/モンサオのシャツ、パンツはBorelio/ボレリオ、サンダルはOf ORIGIN/オブ オリジン)。三、四年前、ちょうど還暦を過ぎてから意識的に揃えているクラシコブランドにはない気分のアイテム。リラックスしながらも、きちんと感と存在感のある服。若ぶったり、メゾンブランドに走るのではなく、さりげなくオヤジのゆとりを感じさせてくれる、そんなスタイルを追求しております。

明日、大阪出張です。何を着て行こうかは、ブログの内容と重なり合います。本日の出で立ちのままに羽織ったのは、monção/モンサオのシルクのシャツブルゾン。ドローコード付きのMA-1型です。Tシャツに羽織る素材としてシルクに勝るものはありません。2年前に体感してから、真夏の出張によく使います。所有しているのは、このジップパーカーと同素材のシャツ型とテーラード型の二着。今季は、洗いのかからないクリーンなシルクです。皮膚に近いタンパク質でできているため、肌への刺激が少なく、埃や汗の臭いが付きにくいのが最大の長所。着用サイズはMです。

この組み合わせも好きです。リネンのTシャツニットジャケットは、どちらもPHIL PETTER/フィル ぺター。Borelio/ボレリオのボリュームのあるパンツとの相性もよく、気取らない出かけ着として活躍しそうです。どちらもサイズSを着用しております。

 

グローリーガイはサマーセール真っ最中です。

Cachette/カシェートの夏の秘密兵器です。

昨年からスタッフの間でも大盛り上がりのユニセックスTシャツ。夏の制服? にはなりませんが、パターン違いで揃えたくなるはずです。この夏、マヤさんが揃えたのは、オードリヘップバーンの映画”シャレード”。ゆったりと着たいからと、サイズLを選んでいました。私はといえば、まだ選んではおりませんが、フラ(ダンス)を習っている経緯で、

ハワイ大学のTシャツを。思わず、アロハポーズです。

ご案内は、今週の金曜日に予定しております。担当は、なぜか私スグルシニアが務めることになりました。相変わらず人使いの荒いカシェートです。Cachette MENS ブログに掲載予定ですので、ご期待ください。

 

 

CATEGORY

PAGETOP