Clothes to You

GLORY GUYS

実は、スーツも売っているんです!!

「暑いからといって、身だしなみは大事。たまにはスーツを着なさいよ」なんて言わなくても、当たり前に、週に何回かはネクタイを結んでいるタカイとマスヤマ、カシェートのジュニアもです。ジャケット着用は基本ですが、一人、スーツを着ないスタッフがおり、彼にだけは、せめて週に一度でもいいからと、着用を義務化。言われるがままに、週に一日だけですが、毎回、同じスーツにシャツとネクタイ。洋服屋なんだから、もう少し応用できないものかと思うのですが、そこまで言えない私スグルです。肝心の私は?ですが、外回りの多い裏方仕事ですので、例外扱いさせていただいております。

実はグローリーガイ、スーツも売っているんです。なんて、今更ですが、どうしてもゴールデンウィーク前からカジュアルばかりに振れてしまっているブログの内容。そこで、大いに反省をして、本日は、スーツに焦点を当てて、ご案内していきたいと思います。登場するスーツは、こちらの二着。どちらもDe Petrillo/デ ペトリロです。

シャークスキンのようなグレイとブラウンのピンチェック柄スーツです。少し前のセレクトになりますが、今、探すとなると、意外にない色合いです。価格については、なるべく触れないようにしたいのですが、次のバイイングをしていると妙にお値打ちに感じてしまいます。

柔らかな色合いですので、敢えてノータイでパープルのシャツを合わせてみました。

使ったのは、Finamore/フィナモレからコットンポプリンのパープルシャツ。ブラウン系との相性の良い色目です。タックインでもアウトでも使える絶妙な着丈と柔らかな着心地が、このブランドの魅力でしょうか。

この春、一気に需要の増えたドレス用の鞄。CHAMBORD SELLIER/シャンボール セリエのクラッチバッグも人気者です。

ラフなスタイルはもちろん、着崩したスーツの足元にも最適なCROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズの「Seaton」スエードコインローファー。揃えておかれると、いろんなシーンで活躍してくれるはずです。

ネイビースーツに人気が集まる中、次に狙うならチャコールグレイのスーツ。二通りのコーディネートをしてみました。無彩色のグレイのVゾーンは自由自在です。

合わせたシャツはMaria Santangelo(マリア・サンタンジェロ)の「TAB」ミニロンスト柄タブカラークレリックシャツ。クレリックが照れるなら、

無地感覚のドビーもあります。時にはタブカラーでVゾーンを引き締め、大人の余裕を見せつけましょう。

上のネクタイは、stefanobigi/ステファノビジ。下はFRANCO BASSI/フランコ・バッシ。どちらも季節に関係なく、結ぶことができる、シックで華やかなネクタイです。セール価格にてご提案しております。

根強い人気を誇るCHAMBORD SELLIER/シャンボール セリエのラウンドトップ ブリーフケース「LILLE BREIF」。持っているだけで、仕事ができそう。いや、仕事のできるオトコに持って欲しいバッグです。

いかがですか。仕事ができそうに見えませんか? 久しぶりのスーツ姿。撮影場所も蔵庫/マガジーノ に移し、気分一新です。次回もスーツで行きましょう!!

 

 

CATEGORY

立春といえども…De Petrillo/デ・ペトリロの新作コートを見ながら、もう暫く、春を遠くに見ながら、冬を楽しんでください!!

骨休みを兼ねた三日間の仕入れの旅。戻ってみれば、システム変更に伴う、ブログのリニューアル。人見知り、いやこの場合、新しいものに拒否反応を起こす性格が災いしてか、昨日はブログが書けませんでした。パソコンをウィンドウズからマックに変えざる得ない時もそうでした。慣れ親しんだものを変えるのが、本当に苦手なんです。17の時から同じ床屋さんで同じ方に髪を切ってもらってるのも、そんな気持ちからです。そろそろと電話すれば、怪我でお休み。復帰されるのを待って、昨日、ようやくスッキリしてきました。ご高齢だけに、少しでも長く仕事を続けてほしいものです。

本日のご案内です。新作コートが【De Petrillo/デ・ペトリロ】から入荷してきましたので、いま、そして春まで着ていいただけるアイテムを使ってコーディネートしてみます。

展示会で目が行ったのは、コットンカーキのバルカラーコート。カーキというと、くすんだグリーン系を想像される方もあるでしょうが、土ぼこりの意で、黄色に茶色の混じったくすんだ枯れ草色。勘違いされている方もいらっしゃるので、ここではカーキベージュと呼びます。

全体写真で見るとより雰囲気が伝わるでしょうか。身頃の襟を折り返していますが、一番上にはボタンがつきます。ラグランスリーブの柔らかなショルダーライン。両サイドのスラントポケット の位置は高め。深めのベントなど、ペトリロ氏の拘りが随所にみられるスプリングコートです。

インに合わせたのは、Settefili Cashmere/セッテフィーリカシミアの「コットンブークレ調パーカーニット」。襟元の開きとラグランスリーブがパーカーとの相性をよくしています。例えば、原型どおりの袖付け線につけられたセットインスリーブでは、この柔らかな表情は出ません。ラグランスリーブの魅力は、自由でラフなコーディネートを可能にしていることなんです。

ボトムで選んだのはBARENA/バレナの「コットンツイル シャーリングカーゴパンツ」。パーカー同様、春物といっても良いほどの軽快さのあるアイテムです。靴はParaboot/パラブーツ「AVIGNON」スウェード Uチップシューズ。こちらもシーズンレスです。参考までに手に持ったバッグはORCIANI/オルチアーニです。

モデルは身長175㎝、体重64kg、胸囲92㎝で、サイズ46を着ております。サイズ44のみ未着。2月の中旬から末にかけての入荷となります。

MODEL:コットンカーキ バルカラーコート
SIZE:44 ・ 46 ・48
COLOR:カーキベージュ
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥138,000 (本体価格) +税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

ここからは、同じコートを使って、カシェート臨時スタッフとしての仕事です。シンプルなデザインのコートだけに色んな組み合わせが楽しめます。

ナポリブランド【De Petrillo/デ・ペトリロ】ですが、英国のニットブランドと相性が良いのは、今のトレンドがモノづくりに反映されているからでしょうか。

合わせたニットは、WILLIAM LOCKIE/ウイリアムロッキーの「ジーロンラム タートルネックセーター」。ブラウン系のフォーンを購入して大活躍。色違いのカーディナルレッドも気になるところです。サイズ38を着用しております。

ホテル滞在中によく穿いたのが、デニム。久しく穿いていないと、デニムの気楽さが懐かしく感じるのです。今、気になるのが、デニムらしいジーンズ。そうなれば、元祖にたどり着くのは当然で、デニムの発祥の地と言われるフランスのブランド【AVN/エーブイエヌ】。

再入荷したこともあり、着用サイズ30を穿くことができました。イタリアンデニムのように伸縮性はありませんが、この自然な風合いとなじませていく感覚がたまらなく良いのです。靴はParaboot/パラブーツの「PHOTON」サイドゴアスリッポンシューズを履いてボリュームを出せば、安定感のあるコーディネートが出来上がります。

今まで、SUGURU blogでご案内してきたカシェートメンズの記事。新たにCachette MENSとなり、紹介されていたのが、BERNARD ZINS/ベルナールザンスの新作パンツ。よろしければ、こちらも気にしてみてください。

1月14日から始まったWINTER SALE。そろそろラストが近ずいており、いつ、このイエローカードを出そうかと悩んでおりますが、なんせ、この寒さ。今週末も朝の最低気温はマイナス。最高気温も一桁の低い数字。これで風が吹けば、凍えるような寒さです。終了時期は、もう少し先に伸ばした方が良さそうです。日にちが決まり次第、ご案内申し上げます。もう暫く、冬をお楽しみください。

CATEGORY

PAGETOP