Clothes to You

GLORY GUYS

繰り返し修正を重ねた結果、出来上がったグローリーガイだけの【Gabo/ガボ】オリジナルスーツ。入荷のご案内です!!

出張報告です。

雪で混乱する東京。予定通り、展示会を終え、無事、ホテルに戻ることができました。写真はホテルからの景色です。

月曜日の朝、岡崎を出るときは雨。新幹線をおりた品川も移動した恵比寿も雨でした。雪に変わったのは、午後三時頃でしょうか。恵比寿から山手線で代々木へ。タクシーを待つこと15分。首都高速が早い時間から閉鎖されたことで、一般道が混みだしましたが、さほど遅れることなく西参道にある代理店さんに到着。雪のため、キャンセルが多いのでしょう、広い会場には担当者と私の二人だけ。ほとんどのスタッフも早退してしまったようで、なんとなく申し訳ない気持ちでした。早めに切り上げ、横殴りに降る雪の中、バスで渋谷駅へ向かいます。降りてからホテルにたどり着くまでが、大変。建物に入ってしまうと位置がわからなくなってしまう様変わりした渋谷駅周辺。ようやく記憶のある建物を見つけ、7時前にはホテル到着。迷子になっていたフードコートで購入した弁当を食べ、1970年公開のアメリカ映画「大空港」を観ながら、銀世界ではなく、銀幕のスターに酔いしれていました。

翌日、昼食が取れない為、ホテルでしっかり朝食をとります。ホテルを出れば、雪は雨に変わり、気をつけるのは足元。パラブーツのトレッキングシューズを履き、携帯用の傘を差さなくても良いようにフーデットのダウンジャケットにリュックスタイルです。渋谷から青山一丁目、表参道、そして渋谷へ。どこの展示会場も来客が少なく、仕事はスムーズ。新幹線に遅れもなく、予定より早く戻ることができました。

展示会報告と書き出しながら、私ごとになってしまいました。

「や、や、やるな〜」のMooRER/ムーレーでした。モデルALBINI-PUMといえば、

2年連続でセレクトしたアノラックモデル「ALBINI/アルビニ」です。現在の価格は、本体価格200,000円(税込220,000円)ですが、なんと75,000円アップ。税込で302,500円に。デビュー時に見つけたサーマルグレード”B”の−5℃〜+12℃の環境下が最も快適に着ることができる便利なモデル。今回も色を変えてピックアップしましたが、さぁ、どうする?続けるか諦めるか?  大いに悩んでいます。参考までに、ベストの中では最も人気のある「FIRE-WK」フード取り外し可能ダウンベストが税込で20万超え。「PONTI-S3」ストレッチナイロン セミチェスター型ライトダウンコートも例外なく30万を超えていきます。

日常生活の中でも使いやすく、着用シーズンも長い三モデル。もう一度、見つめ直していただいても良いのかなと展示会を見て強く思った次第です。

本日のご案内は、2020年の春より取り扱いを始め、4年目になる【Gabo/ガボ】。展示会でお会いしたガボの方が、とても真面目で良い人でしたので、いいものが提案できるかもなんて、そんな直感で展開を決めたナポリのファクトリーブランドです。

ナポリの服の特徴として、肩パットや芯地などの副資材を極力減らしたセンツァ・インテルノ。特に【gabo/ガボ】の肩ラインはシャツのように内側に入り、より丸みのあるナチュラルショルダーを実現。着心地に大きく関わるアームホールや襟付け、芯地付けなどのハンド工程によるものです。また細かなポケットの取り付けやボタンホールなど10箇所以上にハンドが施されており、温もりのある美しい表情を作り出しています。

いかがでしょう。この美しいフォルム。でも最初からではありません。繰り返し修正を重ねた結果、出来上がったグローリーガイだけのオリジナルスーツなんです。

ネイビーではなく、ブルーのスーツが欲しい。そんなご要望を受け、選んだ生地がウール100%のネイビーとジェイブルーの配色を持つハンドトゥース(千鳥格子)です。ブルーの濃淡が奥行きを作り、控えめながら存在感のあるスーツに仕上がっています。

パンツのプリーツに関しては、ナチュラルショルダーにはノープリーツの方がスッキリ見えるのではと、昔の経験に基づいて選択しています。ただ、さほどこだわりがあるわけではありません。

stefanobigi/ステファノビジのご紹介ブログでのVゾーンです。同じスーツでもネクタイで雰囲気は変わります。無地ライクの控えめなハウンドトゥースのスーツであれば、ネクタイの柄を選ぶことなく、爽やかにもシックにも演出していただけるはずです。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:ハウンドトゥース柄ブルースーツ
SIZE:44 ・46 ・48・50
COLOR:ジェイブルー×ネイビー
MATERIAL:表地:ウール100%   裏地:レーヨン100%
PRICE:¥186,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

欠かすことのできないネイビー無地のスーツ。日本の四季を考えた場合、大きく分けると二タイプの生地が必要になります。新作として入荷してくるスーツの着用シーズンは初夏から秋まで。最近の気候でいえば、おおよそ、4月末から10月末でしょうか。夏を通してのスリーシーズン用です。

我ながら、見事なセレクトです。なんて、自画自賛することで自信がついてくるタイプです。モヘアは入っていませんが、程よくハリとシャリ感のある上品なネイビーの生地です。

次にお祝いの席に招かれたなら、このコーディネートで出席したい。毎回のネイビーソリッドでは芸がないと。今回、stefanobigi/ステファノビジで選んだシルバーとブルーのナローストライプ柄タイ。これから行事の多い方なら、ビジネスに着ないからと言わず、まずは持っていたいネイビー無地のスーツです。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:サマーウールネイビー無地スーツ
SIZE:44 ・46 ・48・50
COLOR:ネイビー
MATERIAL:表地:ウール100%   裏地:レーヨン100%
PRICE:¥178,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

セールにしないなんて言いながら、割引させていただいたフランネルタッチネイビー無地スーツ。ブログをご覧になられて、早速、サイズ46が東京に。そして、同じO様からご注文をいただいたのが、HERNO/ヘルノの前立て付きヘリンボーン柄セミチェスターコートでした。こちらはサイズ48をお選びいただきました。やはり、この雪のせいでしょうか。愛情いっぱいのコートで寒い冬を乗り越えていただければ嬉しく存じます。いつもありがとうございます。

今回、すべて私のドレスシャツを使ってのコーディネートです。美しいVゾーンを作るには、美しいシャツが必要です。

選んだのは、Maria Santangelo/マリア・サンタンジェロのシャツ。

ネクタイの結び目を綺麗に見せるのは、セミワイドモデルの「FRANCO」。このブランドを代表する襟型になります。

本日、新たに新作が入荷してきました。いつも入荷が遅く、大変お待たせしてしまうのですが、今回は早い。リピーターの多いシャツだけに、今年は幸先の良いスタートです。

WINTERの後にSPRINGを加えて、新たにアイテムが加わった”2024 WINTER & SPRING SALE”。季節が変われば、商品の見え方も変わります。現在過去進行形のイベントです、ぜひご参加ください。

 

※Cachette MENS 情報

待っていたのは、貴方だけではありません。いつ入るかと待ち遠しかった【Spring Court/スプリングコート】の「G2」レザースニーカー。本日、カシェートメンズブログで入荷のご案内をしております。先にサイズ41はいただくことにしました。ご了承ください。

 

 

CATEGORY

暮らしに役立つ夏服のMore & Last セール。昨日より開始しております!!

久しぶりにご注文くださった豊橋のA様。若い頃から服好きで、クローゼットには人生を共に歩んできた洋服たちで溢れていることでしょう。言い換えれば、時代を共に刻んできた洋服の数々。そんな服選びの達人がセレクトしたアイテムが、こちら。

unrole/アンロールのオックスフォード白無地B.D.シャツ。Bevilacqua(べヴィラクア)のデザイナー、Alberto Paccini(アルベルト パッチーニ)氏が新たに立ち上げたシャツブランドです。私の記憶が正しければ、イタリア・ミラノのコルソコモにあるカリスマ的存在のショップ「エラル55」に在籍していたはずです。生地のスペシャリストで、特にオックスフォードクロスに関してはかなりのオタク、いや精通されている方です。

偶然にも、昨日、このシャツにストライプ柄のショーツを穿かれて、ご来店されたA氏からも絶賛のお言葉をいただいてます。このシャツの魅力は、生地の良さだけではありません。一見、プルオーバー風に見せて、実はフルボタン。さらにラウンドした裾のデザインがオヤジ心をくすぐるのです。

数々の服に袖を通した強者(つわもの)が選ぶアイテムは、シンプルでありながら、他に類のないもの。そんな方のお眼鏡にかなったアイテムです。

そして、もう一点。合わせてご注文いただいたのが、【Drumohr/ドルモア】のラウンドネックのサマーベスト。Vネックはあってもラウンドネックとなるとなかなか見つからないのです。ただ、このアイテムの魅力を知っているバイヤーなら、ニットブランドの展示会で必ず探してしまうことでしょう、ない場合は作ってしまおうと、かつてSettefili Cashmere/セッテフィーリ カシミアでオーダーしたほどです。そんな貴重なデザインのクルーベスト。今季、【Drumohr/ドルモア】で用意されていました。

セレクトカラーは、ライトネイビーにバニラホワイト、ブラックの三色。

ちょうど、ブラックのコーディネートで合わせたシャツが、unrole/アンロールのボタンダウンシャツ。A様が選ばれたベストはライトネイビーでした。

今季。本体価格 28,000円とグッドプライス。来季は、34,000円に上がりますが、今の状況下では仕方がないと、カラーを絞ってオーダー。ただ、先日、キャンセルリストにのってしまい、来季の展開はありません。もしご興味がおありでしたら、この機会に揃えておいてください。

暮らしに役立つ夏服のMore & Last セール。昨日より開始しております。

※Cachette MENS 情報

本日、グローリーガイとカシェートのダブルヘッターを予定しておりましたが、時間と体力不足です。エンゼルスの大谷翔平選手のようにはいきませんでした。ご提案したかったブランドは【LACOSTE/ラコステ】。明日、カシェートブログにてご案内していきます。

ユニークなポロシャツを私が着ると、さらにユニークに。

メインはポケット付きTシャツ。ショーツやキャップなど、日本の夏に役立つアイテムをご紹介していきます。ご期待ください。

 

CATEGORY

日本の夏に役立つ夏服の追加と、追加割引のご案内です!!

お恥ずかしいことに、この時期になって、ご案内していないアイテムがありました。先日のブログ”夏の暮らしに役立つ夏服”で登場した【BARENA/バレナ】です。入荷後、サイズ46と48が売れてしまい、着用サイズがないからと未公開のままになっていました。サイズ44の一点のみですが、ご紹介していきます。

価格は? 新作なので…と言いたいところですが、他の【BARENA/バレナ】のアイテム同様、30%off。NEWなのにSALE。忘れていた私がいけないのです。

リネンのナチュラルな亜麻色をベースに、青緑色のティールグリーンのチェック柄とシェンナブラウンのストライプ柄で構成されるモダンで優しげな表情を持つシャツです。

タックインして着れば、やはり窮屈です。サイズ46の方は諦めてください。

前を閉めずに羽織るだけなら、問題はありません。ただ、それは肩に厚みのない私の体型の場合です。やはりサイズ44の方だけへのご提案となります。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ44をタイトに着用しております。

MODEL:リネン ショートポイントカラーチェック柄シャツ
SIZE:44・46・48
COLOR:亜麻色
MATERIAL:リネン100%
PRICE:¥25,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

インに合わせたのは、BARENA/バレナのTシャツが全て完売してしまい、急遽、出番が回ってきた【ZANONE/ザノーネ】の「ICE COTTON」。セール対象外でしたが、明日からのクリアランスラストセールの対象品に。定番中の定番Tシャツですが、ブログが立ち上がり次第、先駆けて20%の割引とさせていただきます。

ブログ紹介は、5月15日。素肌に着用はできず、インにTシャツを合わせましたが、生地が薄く表面に響いてしまうため、私物のみの着用写真でした。ただ、ここへきて、ジュニアが持つ秘密兵器を借りてきました。グンゼから出ているSEEKというアンダーウェアです。

私物と同じサイズ46を着用。ただ最近の水ぶくれのお腹周りに加え、夏に太る体質上、ややウエスト部分がタイト。ならば、遠目で撮ってやろうと、

ミッドナイトブルーの引き締まった色合いに助けられたのか、さほどお腹周りは目立っておりません。ただ、合わせたPT TORINO/ピーティートリノのパンツがややきつく、ワンサイズあげて48を穿いております。ぽっこりお腹が気になる季節です。

サイズ48を着たのは、今季、最も数を入れていたオリエンタルブルー。ゆとりのある着用感をお求めなら、ワンサイズアップで。ただ、店頭での反応を見ていると、【ZANONE/ザノーネ】に関してはジャストを好まれる方が多いようです。

※追加割引のラストサマーセールのお知らせです

文中にお知らせしましたが、明日より一般的にいうモアセールが始まります。対象は、セール対象外と20%offの夏物。30%off以上のアイテムについても、一部、価格が下がるものもあります。明日より、随時、価格を変更していきます。モアというより、この夏のラストセールとしてご利用ください。

CATEGORY

金鳥の夏、日本の夏。暮らしに役立つ夏服をご提案しております!!

出かけるはずだった東京出張。ジュニアに任せて、本日は出勤です。相変わらずの暑さに、白のリネンシャツを着てきましたが、当然ながら透けます。スーツの上着では肩がこると、持ち出したのは、サマーカーディガン。冷房の効いた室内では必要なアイテムです。先日の誕生会でも冷房が効きすぎていて、半袖で登場したH氏は「寒い、寒い」の連発。風が来ない席に変わってもまだ寒い。スタッフに温度を上げてもらうほどでした。

「いいでしょ」と自慢したいのが、この時計。昨夜、珍しく部屋に入ってきたジュニアが、「これっ」と差し出したのが、SMITHS/スミスのアンティーク時計。「何?」「あげるわ」「何んで?」「誕生日だから」「えっ?」「じゃあ」とあっさり。親子の会話なんて、こんなもんです。リネンの白シャツにスーツを着てきたのは、この時計を自慢したかったから?正解です。

30代から40代にかけて乗り回していた英国車。左ハンドルのMG- Bから始まって、バンプラ、ロータスセブン、そして最後に右ハンドルのMG-Bに。その、どの車にも付いていたのがSMITHS/スミスのメーター。洋服の嗜好がイタリアに変わってからは手放してしまいました。ただ、車の嗜好は、イタリア車には行かずにスウェーデン車でした。今、思えば、大切にとっておけばよかったかななんて、少し後悔も。いやいや、その代わりに違う思い出がたくさんできましたから、人生を悔いるのはやめましょう。

イタリアの服ともよく合います。お気に入りにBOGLIOLI/ボリオリ のシャケットにもぴったりです。クラシックスタイルにはもちろん、案外、モダンな服にも合うSMITHS/スミスのアンティーク時計。明日の休みは、多分、monção/モンサオスタイルで出かけます。行きつけのカフェで自慢してやろうなんて、今から楽しみです。

現在、カシェートで展開しているSMITHS/スミスのアンティーク時計です。ご注意ください。この魅力に嵌ると、大変なことになります。次の時計が欲しくなるどころか、服装選びが楽しくなります。ふと、頭をよぎるのは、もしかして、この時計、私にプレゼントしたとしても、いつかは手元に戻ってくる。価値は下がらないし…まさか、そんな思惑があったのかも。それもまた良し。でも、長生きしてやろう!!

今回、誕生日ネタが多くなりました。申し訳ございません。

本日、再度、ご提案したかったブランドが【BARENA/バレナ】。先週、展示会で見てきましたが、毎回、テーマの変わるメインコレクションではなく、ベーシックアイテムの多いプレコレクションからのセレクトです。

人気のセットアップは、2色。ハッピーイエローシールがセレクトカラーです。今回、ジャケットはシングルで。人気のパンツはいつも以上に数を積んできました。CHINA ブルーも気になりましたが、もう少しシックな色合いのBARBA/バルバで選んでおります。

クラシコブランドのカットソーの陰に隠れている感がありますが、着心地抜群のポケット付きTシャツ。程よく抜け感もあり、色違いでご購入される方もあるほどです。

2024年春夏、【BARENA/バレナ】が提案するカラーはグリーン。上のセットアップのサンプルカラーもグリーンでした。価格はお伝えしにくいのですが、19,000円(税抜き)に上がります。

いつも早い時期に完売してしまうボーダー柄のカットソー。今回、間隔の狭いボーダー柄で襟付きとTシャツをセレクト。配色は、遊ばずにベーシックカラーでご提案します。

バイヤー受けした「楊柳クレープ半袖プルオーバーシャツ」。なぜか、セールに入ってもサイズがほぼ揃っております。プルオーバーが苦手なんでしょうか。あるいは半袖ではなく長袖の方が良かったのか。理由は様々でしょうが、これからが、金鳥の夏、日本の夏です。暮らしの道具として揃えておかれるといいでしょう。今回の展示会でセレクトできなかったのが、シャツ生地とニット。ファブリックファーストと言えども、表記されている価格を見て諦めざる得ない状況でした。現在、30%の割引をしております。よろしければ、この機会をご利用ください。

本日のブログ、終わろうと思っていたら、見つけてしまいました。こちらのリネンシャツ、どちらもサイズ48ですが、かなり魅力的です。サイズが合われる方がございましたら、こちらも金鳥の夏です。

明日は定休日でお休みします。明後日、またお会いしましょう。

 

 

CATEGORY

代理店アマンさんの2024年春夏展示会報告は、現在過去未来です!!

太陽光線に負けじと、ロングTシャツパイル地パンツで対抗します。まさに戦いの様を呈する、朝のゴミ出し。人の目も気にならないほど、この暑さは人の心にゆとりを与えてはくれません。

太陽光線は、紫外線、可視光線、赤外線の三つに分かれ、このうち、光老化に大きな影響を与えるのが、紫外線。ゴミ出しの短い間とはいえ、油断は大敵です。ここ数週間に及ぶ、東京出張、日傘を持っていけば良かったと後悔するほどの暑さ。行き交う人もうんざり顔。できればタクシーで移動と、待てどもなかなかやってこない。きたと思ったら、前の人が乗り込んでしまい、歩いた方が早いと、結局、展示会場に着いた時には、汗だく。その後の冷房の冷えが、さらに追い討ちをかけます。いやはや、夏の出張は命がけです。

そんな出張の疲れを癒してくれるのが、ホテル。7年ほど定宿にしていたホテルは、東京オリンピックを機に大幅に値上がり。出張に使うにはもったいないと、その後の三年間、ずっと使っていたのが、アクセスの良い有楽町にあるザ・ゲートホテル。4階のフロントロビーにはテラス席があり、銀座の街を映しますが、この暑さは夜になっても収まらず、誰もいませんでした。

いつもなら、旅行会社のT氏に任せてしまうのですが、今回、日帰り予定を急遽変更したことで、ジュニアに依頼。ネットでの予約はサービスが悪いなんて思っていたら、嬉しいサプライズ。ちゃんと誕生日を覚えていてくださり、メッセージカードとともに鶴のハートマークで出迎えてくれました。実は、ほとんど泊まり客がいなかった三年の間、展示会シーズンは毎週のように宿泊。2年前の誕生日少し前の滞在の際、フロントの女性スタッフと誕生日が同じことで大盛り上がり。その一週間後の宿泊で、このサプライズ。ここ最近は、インバウンドで満室になることも多く、先週も新橋のホテルでしたが、今回、偶然部屋が空いていたことで、このサービスを受けることができました。使うことで受けることのできるサービス。タダではないんですね。

ここからは、現在過去未来。来年の春夏を見据えながら、ご提案アイテムを紹介していきます。

今季より古巣の代理店さんに戻った【BOGLIOLI/ボリオリ 】。「やっぱ、いいよね」の声の多いボリオリ 。モデルの中でもファンの多いのは、クタッとしたガーメントダイ(製品染め&製品洗い)加工の「COAT」と「K.JACKET」。ボリオリ 一族が経営から離れた際、ラルフローレンやグッチのデザイナーを招聘してコレクションしていましたが、我々が求めるのは、かつてのボリオリ 。再び、代理店がアマンさんに戻ったことで、修正を加えながらも、当時の雰囲気を継承してくれています。

今季、第一弾でご紹介させていただいたのが、コットン素材のガーメントダイ(製品染め&製品洗い)加工の「COAT」。黄色味の少ないオイスターホワイトでセレクト。シルク混の美しい生地感とオイスターホワイトの爽やかさが魅力のジャケットです。現在、サイズ48がご用意できます。

多分、他店のバイヤーさんも同じ感動を受けたのではないでしょうか。展示会で最も目を引いたのが、ウール・シルクの「K.JACKET」。飾ってあるだけで存在感があり、羽織ってみて、さらにその着心地の良さに感動するはずです。残すところ、サイズ46が1点。まるで私のためにある?のかもしれません。

昨年のセレクトです。昨年までは、コットン素材についても「K.JACKET」と呼んでいましたが、本来は「COAT」。ウール素材のガーメントダイを「K.JACKET」と呼びます。昨年の価格が169,000円。来年は178,000円と他のブランドの値上がり幅と比べると、代理店さんの企業努力を感じます。現在、サイズ44のみ。30%offでご提供しております。

※ ご案内ブログは、こちらからご覧になれます。

 

ボリオリ といえば、【Finamore/フィナモレ】。ようやく、同じ並びで展示会が開催され、バイヤーとしては懐かしさと嬉しさで胸がいっぱい。大袈裟?いやいや、「やはり、ボリオリ はいいね」と同じ思いです。この春夏、シャツ復権の勢いです。昨年まで人気を独り占めしていたジャージのジャケット&パンツのセットアップに、インはハイゲージニットかカットソーの合わせ。そんなスタイルが、影を潜めつつあります。シャツの台頭によって、注目されるのは、テーラードのジャケット。イージージャケットをオーダーするつもりで、結局、サルトリアラインに惹かれてしまった来年春夏より復活のBARBA/バルバ。出かける機会が増え、自由に行く場所も選べる、そんな普通の生活に戻ることで、志向も変わっていくのです。

できれば、かつてのようにネック表示が理想。ただ、洗いのスポーツラインということで、S(38)、M(40)、L(42)の展開です。生産効率を上げる目的でしょうが、以前のようにネックサイズになるよう、粘り強く交渉していきます。

リネン素材は完売してしまいましたが、上のオックスフォードコーマデニムに少し在庫がございます。どちらもシーズンレスの定番生地でセール除外品でしたが、本日より、20%の割引をさせていただきます。よろしければ、ご利用ください。

※ご案内ブログは、こちらからご覧ください。

 

最後は【BERWICH/ベルウィッチ】です。かつての展開ブランドは、J.W.BRAIN/ジェイダブリューブライン。カーゴパンツで一世を風靡したGIACOMO RIZZO氏によるパンツブランドでした。今は、どうしているのでしょうか。一度、青山のイタリアンでご一緒させていただきましたが、大工の棟梁のような気さくで愛らしい(失礼)方でした。

話を戻しましょう。かつて、BERWICH/ベルウイッチでセレクトしていたモデルが「SAKE」と「SCOTCH」。特にシアサッカーで「SAKE」、リネン・コットンで「SCOTCH」と毎年変わらずにオーダーでした。ただ、世の中が太い方向に行くなら、細身で行こうなんて、相変わらずの天邪鬼。ドローコードの付かないバックシャーリングモデルの「berto/ベルト」とノープリーツの細身シルエットを持つニューモデル「morello/モレッロ」をセレクトしています。来年の春夏プレコレクションでも、その考えは同じ。ただ、昨日、訪問したメイン展で、気になる生地を発見。それが、

リネンの柄の立ちすぎないヘリンボーン。幸せのイエローシールがグローリーガイのセレクトカラーです。どのモデルに乗せるかなんて迷いはしません。久しぶりに「SCOTCH」の復活です。

※ご案内ブログは、こちらからご覧ください。

CATEGORY

PAGETOP