Clothes to You

GLORY GUYS

入荷速報! ANTONIO PIO MELE/アントニオピオメーレのチャッカブーツ「BORA」&ミッドカットシングルモンクストラップシューズ「TRAMONTANA」!!

文字通り、山のように積まれたこちらの箱は、【ANTONIO PIO MELE/アントニオピオメーレ】のスニーカーです。

お馴染みのボルドーカラーは濃く深みを増し、ツヤやかな表面素材は明らかな違いを纏います。相変わらずの拘りようは、箱についても語る価値がありそうです。

…いや、そんな時間はありません。今日はお盆休みの終盤とあって、ゆっくりと過ごしながら、機を見てお買い物にいらっしゃる方が多いようです。

本日は入荷速報ということで、タカイが駆け足でご案内して参ります。早速、箱から出してみましょう。

シーズンを重ねるごとに、皆さまからの反応や期待値が大きくなっているのを実感しておりまして、今季は、今までにないカラーバリエーションでご用意をしました。

こちらはスエードのチャッカブーツ「BORA」。今年の4月に入荷するや否や、流れ星のように店頭から去っていったサンドベージュに続き、今季は4色でのご用意です。

こちらも人気だったミッドカットのシングルモンクストラップ「TRAMONTANA」。最も虜になってしまったのは、他の誰でもない、ブラウンとブラックを買い揃えてしまったバイヤーのスグルでしょうか。出張時の足元を支え、blogでのコーディネートにも度々登場し、汎用性の高さを見せていましたね。

 

と、本日はここまで。

店頭もセッティング完了です。気になる方は、ご来店をお待ちしております。詳しくは、後日のblogでご紹介しますので、ぜひご期待下さい。

なお、すでにご紹介済みの他モデルもご用意しておりますので、こちらもご覧くださいませ。

2022年春夏セール、ラストランです。秋冬のストックセールと併せて、ご活用ください。

 

※ Cachette MENS 情報

カシェートに、【ADAWAT N TUAREG/アドワット トゥアレグ】の新作アクセサリーが入荷しました。早速ブログも更新しておりますので、ぜひ併せてご覧ください。

CATEGORY

2022秋冬シーズンのHERNO/ヘルノがスタート! 第一弾は、コート&ダウンジャケット&ダウンジレの3型!!

昨夜、閉店後の打ち合わせでの会話です。「明日、RESORT/リゾートの3モデルは私がやるから、メインコレクションは任せた!!」。新作【HERNO/ヘルノ】のことです。任せた相手はタカイちゃん。几帳面な彼は、開店前に撮影を終え準備万端。アバウトな私は開店ギリギリに出勤して、合わせるパンツが無いと右往左往。まぁ、いっかと撮った写真が、

本日の出で立ちのヤコブ・コーエンのパンツにザノーネのTシャツ。さらっと羽織って、カメラを覗けば、「案外いけるね」なんて、暑いときは大雑把。「よしっ、この調子で行こう」と思っていたら、お客様のご来店です。なぜか今日に限って、次から次へと、それもお得意様ばかりが続きます。旅行会社の友人と昼食を約束していたこともあり、本日の【HERNO/ヘルノ】は予告させていただいたRESORT/リゾートではなく、メインコレクションの3型をタカイちゃんに任せることにしました。

その前に、もう少し出しゃばります。この秋冬の新作が入荷したことで、【HERNO/ヘルノ】のコーナーが広がりました。春から夏、夏から秋、秋から冬、そして冬から春へと、どの季節にも対応できるコレクション内容です。この季節ならではの売り場。ぜひ、この週末にのぞいてみてください。

お待たせしました。【HERNO/ヘルノ】をこよなく愛するタカイからご紹介させていただきます。

先日のblogでも、入荷速報でちょこっとだけご案内をしていた【HERNO/ヘルノ】。旅をキーワードにしたラグジュアリー&コンフォータブルな「Resort」コレクションだけでなく、メインコレクションのアイテムも入荷しておりますので、本日は第一弾で入荷してる3型をタカイがご案内をしてまいります。

まずご紹介するのは、ウール×ナイロンのバルカラーコート。

もともとは、1949年にレインコートなどを取り扱うコートブランドとして誕生した【HERNO/ヘルノ】。私共が取り扱いをスタートした当初は、コートを中心としたコレクションを揃えていたこともあり、”HERNO=コート”というイメージを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

【HERNO/ヘルノ】が得意とし、すっかり定番デザインとしても定着した、レイヤード仕様のコート。

前立てからフードに繋がったレイヤード部分はナイロン素材。クラシカルなバルカラーコートに異素材のフードを取り付けることで、抜け感のある表情に見せています。決してビジネスコートではなく、普段的なアイテムとして日常に落とし込むことができる、スポーツモダンを体現したコートです。

縦のラインがキレイな、【HERNO/ヘルノ】らしいスタイリッシュなシルエット。ゆとりを持たせたラフなスタイルではなく、肩はセットインスリーブです。

レイヤード部分はジップやボタンで繋がっており、簡単に着脱が可能です。外すと、、、

シンプルなバルカラーコートです。

その時の気分やコーディネート、場面や季節によって使い分ければ、様々な表情を楽しんでいただけるでしょう。

素材は、ウール75%×ナイロン25%のブレンド。

ウールは、羊の育成過程での土壌の管理から、紡績までの全ての工程で認証を取得したRMS(Responsible Wool Standard)のヴァージンウール。そこにナイロンを混紡することで、ウールならではの暖かみや柔らかさに、軽さや耐久性を高めたハイクオリティーな生地に仕上げています。

中綿は、薄いポリエステル綿を使用。裏地は20デニールの超極細糸で織られた撥水生地。マットな質感と軽くて滑らかな肌触りは、胴や袖の滑りも軽やか。中綿が出にくい加工も施され、機能性も優れたコートです。

もちろん、襟裏には【HERNO/ヘルノ】のロゴプレートが輝いています。

モデルは身長180cm・体重67kg・胸囲94cmで、サイズ46を着用しています。コーディネートしたニットはZANONE、パンツはTRAMAROSSA、ブーツはParaboot、バッグはORCIANIです。

MODEL:レイヤードバルカラーコート
SIZE:44 ・ 46 ・ 48 ・ 50
COLOR:ダークブラウン
MATERIAL:表地:ウール75%・ナイロン25% 中綿:ポリエステル100% フード前立て部分:ナイロン100% 裏地:ナイロン100%
PRICE:¥149,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

今や、コートブランドと言うよりも、ダウンブランドとしてのイメージの方が強い【HERNO/ヘルノ】。毎シーズン、新たな試みによって革新的な素材や挑戦的なデザインで楽しませてくれます。

新たなロゴで提案するこちらもその一つ。続いてご紹介するのは、昨年から登場した、鮮やかな光沢が特徴のダウンブルゾンです。

ホワイトパンツが冬に人気を集めるのと同じように、最近では、ホワイト系のトップスが大人な方たちに人気です。展示会場でも一際目を惹いたのが、ブラックとのコントラストで、上品さと個性が見事に調和しているアイボリーホワイト。

上品だが気取りすぎない、無個性ではない個性。そんな、ちょうど良い塩梅なんです。

ダウンにボリュームを持たせ、空気をたまりやすく(暖まりやすく)するため、従来のダウンパックよりも厚みのあるものを使用。キルトの幅も広く、丸みを持たせたフォルムが特徴です。

胴や袖周りは密着度がかなり高く、暖かい空気は逃がさず、冷たい空気は通しません。(そのため、ガッチリとした体格の方はサイズを上げることをお勧めする場合もあります。)

生地は、定番の軽量素材「NYLON ULTRA LIGHT」にグロッシーコーティングを施すことで、鮮やかな光沢としっとりとした肌触りに仕上げた撥水ナイロン。ただ、光沢があるだけのヤンチャなイメージが付きまとうシャイニーナイロンではなく、マットな質感と深みのある色合いが、高級感を生み出しています。

左袖のブランドロゴは、取り外し可能なベルクロ式。立体感のあるデザインが印象的です。

モデルは身長180cm・体重67kg・胸囲94cmで、サイズ46を着用しています。コーディネートしたニットはZANONE、パンツはJACOB COHEN、ブーツはParabootです。

MODEL:グロッシーコーティングフーデッドダウンブルゾン
SIZE:44 ・ 46 ・ 48 ・ 50
COLOR:アイボリーホワイト
MATERIAL:表地:ナイロン100% 中綿:ダウン80%・フェザー20% 裏地:ナイロン
PRICE:¥90,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

そして最後は、コートやダウンは見たくないと、夏バテ気味の方にお勧めするのが定番のダウンジレ。いやいやダウンじゃん…と言うお声はさて置き、この時期からでも引き合いの多い人気アイテムなのです。

“男性のワードローブに必要な11型”をコンセプトに打ち出す、「LEGEND」コレクションから提案するダウンジレ。

表面は、20デニールの極細糸を使用した撥水ナイロンで、滑らかな肌触りとナチュラルなストレッチ性を兼ね備えた機能素材。ダウンは中に直接注入するインジェクション製法で、圧倒的な軽さとゴロつきのないスムースな着心地を実現しています。

カラーは、ネイビーとブラウンの2色をご用意。季節を問わず、幅広いコーディネートに活用できる定番色です。

重ね着の着心地に配慮するため、背中部分にダウンは内蔵されていません。これにより、重ね着の膨らみや、椅子に座る際の背のストレスをなくし、スマートな着心地と見た目に。

9月に入ってもまだまだ暑い日は続きますが、自然とTシャツやポロシャツ一枚で過ごすのは躊躇いを感じ出すのがお洒落好きの宿命。以前のblogでは、四季に溶け込むシーズンレスアイテムとして、Tシャツからコートのインナーコーデまで、季節をつなぐコーディネートをご紹介していましたね。そちらもぜひご参考下さい。

モデルは身長180㎝、体重67㎏、胸囲94㎝で、サイズは46を着用しております。ネイビーにコーディネートしたニットはMAURO OTTAVIANI、ネクタイはstefano bigi、パンツはPT TORINO。ブラウンにコーディネートしたニットはZANONE、パンツはBorelioです。

MODEL:「LEGEND」ダウンジレ
SIZE: 44 ・ 46 ・ 48 ・ 50
COLOR:ネイビー・ブラウン
MATERIAL:表面:ナイロン100% 中綿:ダウン90%・フェザー10% 裏地:ナイロン100%
PRICE:¥52,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

 

CATEGORY

外に出れば異常な暑さ、室内に入れば過剰な冷えが…、そんな環境に提案するHERNO/ヘルノのリネンジャケット!!

こんにちは。GLORY GUYのタカイです。そして、今日の出で立ちです。

ジャケットはBUGUTTA、ニットポロはJOHN SMEDLEY、パンツはBorelioでシューズはBAUDOIN&LANGEです。

本日の最高気温は34℃。真夏日に迫るほどの日でも、店内で仕事をする私たちにとって羽織ものは必需品です。着用しているのはBAGUTTA/バグッタのもの。シャツ屋が作るジャージ生地のジャケットは、キチンと感がありながらも楽な着こなし。まるでカーディガンのようです。

実はこれ、着ていると「それ良いね!」「そういうのある?」とお声掛けいただくことが多いんです。

外に出れば異常な暑さ、室内に入れば過剰な冷えと、急な寒暖差が交互に襲ってくる生活が当たり前のようになったことで、簡単に温度調整ができたり、動きやすい気軽な羽織ものに関しては、本当に多くのご要望をいただいております。

そんな声にお応えして、本日ご紹介するのがこちら。

アウターブランドの【HERNO/ヘルノ】が提案するリネンジャケットです。(モデルは身長180㎝、体重67㎏、胸囲94㎝で、サイズ46を着用しております。)

リネン100%のジャケットは、シャツ生地のように薄く、軽い仕立てで物的な重さもかなりの軽量です。通気性は抜群で、メランジの風合いがさらなる涼を感じさせてくれます。

キチンと感はありますが軽い着こなし。カーディガンまでの気楽さではないものの、テーラードジャケットとは違い、肩肘張らない気軽さがあります。

コーディネートしたのは、Giannetto/ジャンネットのリネンスタンドカラーシャツと、個人的に大ヒットした自前のBorelio/ボレリオのパンツ。緩すぎず太すぎずなシルエットには空気の通り道があり、気分も穿き心地も快適なリラックスパンツです。

襟を立たせれば、ブルゾン風な一面を見せるジャケット。襟裏にはブランドのプレートロゴがキラリ。

袖には裏地がないので、この時期は無造作に捲って手首を見せると涼しげですね。

こんなイメージも良いでしょう。

“旅するニット”と言われるRencontrant/レンコントラントのニットOf ORIGIN/オブオリジンのサンダルを合わせ、旅をイメージしたコーディネート。

移動の車中や機中、ホテルのラウンジや夕食時の装いにはマナーとして。想定し得る様々な場面に、このジャケットが最適解を導き出してくれるはずです。

パンツは、引き続き自前のBorelio/ボレリオを穿いております。旅行のように、リラックスしたい場面の方がしっくりきますね。

カーキとオレンジの相性は抜群。コーディネートとして、手に持っているだけでもサマになるのです。

 

CATEGORY

実は、スーツも売っているんです!!

「暑いからといって、身だしなみは大事。たまにはスーツを着なさいよ」なんて言わなくても、当たり前に、週に何回かはネクタイを結んでいるタカイとマスヤマ、カシェートのジュニアもです。ジャケット着用は基本ですが、一人、スーツを着ないスタッフがおり、彼にだけは、せめて週に一度でもいいからと、着用を義務化。言われるがままに、週に一日だけですが、毎回、同じスーツにシャツとネクタイ。洋服屋なんだから、もう少し応用できないものかと思うのですが、そこまで言えない私スグルです。肝心の私は?ですが、外回りの多い裏方仕事ですので、例外扱いさせていただいております。

実はグローリーガイ、スーツも売っているんです。なんて、今更ですが、どうしてもゴールデンウィーク前からカジュアルばかりに振れてしまっているブログの内容。そこで、大いに反省をして、本日は、スーツに焦点を当てて、ご案内していきたいと思います。登場するスーツは、こちらの二着。どちらもDe Petrillo/デ ペトリロです。

シャークスキンのようなグレイとブラウンのピンチェック柄スーツです。少し前のセレクトになりますが、今、探すとなると、意外にない色合いです。価格については、なるべく触れないようにしたいのですが、次のバイイングをしていると妙にお値打ちに感じてしまいます。

柔らかな色合いですので、敢えてノータイでパープルのシャツを合わせてみました。

使ったのは、Finamore/フィナモレからコットンポプリンのパープルシャツ。ブラウン系との相性の良い色目です。タックインでもアウトでも使える絶妙な着丈と柔らかな着心地が、このブランドの魅力でしょうか。

この春、一気に需要の増えたドレス用の鞄。CHAMBORD SELLIER/シャンボール セリエのクラッチバッグも人気者です。

ラフなスタイルはもちろん、着崩したスーツの足元にも最適なCROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズの「Seaton」スエードコインローファー。揃えておかれると、いろんなシーンで活躍してくれるはずです。

ネイビースーツに人気が集まる中、次に狙うならチャコールグレイのスーツ。二通りのコーディネートをしてみました。無彩色のグレイのVゾーンは自由自在です。

合わせたシャツはMaria Santangelo(マリア・サンタンジェロ)の「TAB」ミニロンスト柄タブカラークレリックシャツ。クレリックが照れるなら、

無地感覚のドビーもあります。時にはタブカラーでVゾーンを引き締め、大人の余裕を見せつけましょう。

上のネクタイは、stefanobigi/ステファノビジ。下はFRANCO BASSI/フランコ・バッシ。どちらも季節に関係なく、結ぶことができる、シックで華やかなネクタイです。セール価格にてご提案しております。

根強い人気を誇るCHAMBORD SELLIER/シャンボール セリエのラウンドトップ ブリーフケース「LILLE BREIF」。持っているだけで、仕事ができそう。いや、仕事のできるオトコに持って欲しいバッグです。

いかがですか。仕事ができそうに見えませんか? 久しぶりのスーツ姿。撮影場所も蔵庫/マガジーノ に移し、気分一新です。次回もスーツで行きましょう!!

 

 

CATEGORY

年齢によってモテる服が違います!? 変わらないのは、すけべ心かもしれません。

昨日、休みを取り、服の整理です。40過ぎから、モテるならイタリアンスタイルと、店の品揃えと共に自分のワードローブも充実させてきましたが、60を過ぎてから、モテることも大切ですが、まずは着心地がよく楽な服を選んでおります。そうなるとクローゼットに入っているアイテムがやや遠い存在に。愛着を持って着込んだ、思い出の詰まった服ばかりですが、思い切って、片付けることにしました。

休日に我が家で寛ぐ態ではありません。我が家ではSALEをしておりません。「カッコつけるから、自然な写真を撮ってよ」とカメラマンのナグラさんに頼んだのですが、残念ながら、絵になる写真がこれしかなく、やっぱ、モデルと違うからと慰めながら、とりあえず載せてみました。本日の出で立ちです(PHIL PETTER/フィル ペターのカットソー、monção/モンサオのシャツ、パンツはBorelio/ボレリオ、サンダルはOf ORIGIN/オブ オリジン)。三、四年前、ちょうど還暦を過ぎてから意識的に揃えているクラシコブランドにはない気分のアイテム。リラックスしながらも、きちんと感と存在感のある服。若ぶったり、メゾンブランドに走るのではなく、さりげなくオヤジのゆとりを感じさせてくれる、そんなスタイルを追求しております。

明日、大阪出張です。何を着て行こうかは、ブログの内容と重なり合います。本日の出で立ちのままに羽織ったのは、monção/モンサオのシルクのシャツブルゾン。ドローコード付きのMA-1型です。Tシャツに羽織る素材としてシルクに勝るものはありません。2年前に体感してから、真夏の出張によく使います。所有しているのは、このジップパーカーと同素材のシャツ型とテーラード型の二着。今季は、洗いのかからないクリーンなシルクです。皮膚に近いタンパク質でできているため、肌への刺激が少なく、埃や汗の臭いが付きにくいのが最大の長所。着用サイズはMです。

この組み合わせも好きです。リネンのTシャツニットジャケットは、どちらもPHIL PETTER/フィル ぺター。Borelio/ボレリオのボリュームのあるパンツとの相性もよく、気取らない出かけ着として活躍しそうです。どちらもサイズSを着用しております。

 

グローリーガイはサマーセール真っ最中です。

Cachette/カシェートの夏の秘密兵器です。

昨年からスタッフの間でも大盛り上がりのユニセックスTシャツ。夏の制服? にはなりませんが、パターン違いで揃えたくなるはずです。この夏、マヤさんが揃えたのは、オードリヘップバーンの映画”シャレード”。ゆったりと着たいからと、サイズLを選んでいました。私はといえば、まだ選んではおりませんが、フラ(ダンス)を習っている経緯で、

ハワイ大学のTシャツを。思わず、アロハポーズです。

ご案内は、今週の金曜日に予定しております。担当は、なぜか私スグルシニアが務めることになりました。相変わらず人使いの荒いカシェートです。Cachette MENS ブログに掲載予定ですので、ご期待ください。

 

 

CATEGORY

PAGETOP