Clothes to You

GLORY GUYS

気温が上がれば、タートルネックを脱いで、ニットインに【GUY ROVER/ギ・ローバー】のオックスフォードのB.Dシャツはいかがでしょう!!

タートルネックならニット一枚で完結しても、クルーやVネックのニットの場合、シャツを着ないと様にならないスタイルもあります。タートルネックでは首元が煩わしくなってしまうような、季節外れの暖かい今日。選んだのは、【GUY ROVER/ギ・ローバー】のシャツ。オックスフォードのボタンダウンです。色違いのベージュとサックスブルーはすでにご紹介しております。

ラルフローレンの世界にどっぷりハマっていた時代を彷彿させてくれる【GUY ROVER/ギ・ローバー】のボタンダウンシャツ。1967年北イタリア・ヴィチェンツァにて創業のシャツファクトリーです。色違いでまとめ買いされるファンの方が三色ともサイズLをご購入され、現在、サイズSとMのご提案になります。

TAGLIATORE/タリアトーレのブルゾンにSettefilli Cashmere/セッテフィーリカシミアのニット、パンツはBorelio/ボレリオを穿いております。

モデルは身長175cm、体重64kg、胸囲91㎝で、ネックに合わせてサイズM(39)を着用しております。

MODEL:オックスフォード無地 B.Dシャツ
SIZE:S・M・L
COLOR:ホワイト・サンドベージュ・サックスブルー
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥23,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

最近、購入したのが、このオックスフォードのキャンディストライプ柄。グレイのサイズMをややゆとりを持ってきています。かつてはサイズSを購入していましたが、ネックに合わせてワンサイズ上げてみました。このモデルにはポケットが付いています。実は同じ生地でも2モデルご用意しており、ポケットの付かないモデルもございます。

同じサイズMですが、ポケットのつかないモデルは背にダーツが入り、胸囲と胴回りで3、4㎝ほど細くなります。アメリカンな気分であれば、ポケット付き。ラテン・アメリカンならポケット無しでしょうか。バイイングする本人としては、あまりこだわっていないのが正直なところです。

ポケット付きの無地はホワイトとサックスブルーでご用意しております。この機会にタックインできるシャツを揃えてみてはいかがですか。ただ、サイズLは全て、ファンの方に買い占められてしまいましたので、次回の入荷をお待ちいただければと思います。

Cachette MENS ブログにて【WILLIAM LOCKIE/ウィリアムロッキー】のボトルネックフィッシャーマンズセーターをご紹介させていただいた際にも、シャツのメリットについてご説明しております。よろしければ、こちらからご覧ください。

 

CATEGORY

今年も物欲旺盛な一年になりそうです!!

岡崎は寒い。愛知県の中では山間部を除けば、最も気温の低い地域です。本日の最低気温は、マイナス5度。明け方、あまりの寒さに目が覚めてしまい、この時期、危険な二度寝。慌てて起きて出勤するという冬眠時期です。ちょうど携帯のメールが目覚ましになり、開いてみれば、久しぶりに山梨のS様から。

ご注文いただいたのは、【CHAMBORD SELLIER/シャンボール・セリエ】の「BUSSE」シュリンクレザーLAGUNトートバッグ。やはりネイビー好きは変わられていなかったようです。

フランス、ロアール地方の街・シャンボールで生まれた皮革ファクトリー。ならば、全てのアイテムをフランスで統一しようとコーディネートです。BERNARD ZINS/ベルナールザンスのパンツとSpring Court/スプリング コートのスニーカー、インに着ているMAJESTIC FILATURES/マジェスティックフィラチュールのタートルネックは私物。合わせたニットはRencontrant/レンコントラント。日本製ですが、ディレクションはフランス人女性になります。イタリアブランドのアイテムにも相性の良いセリエですが、肩の力を抜いた表情を見せるのは、フランスならではの空気感でしょうね。

セリエのバッグはブラックで所有。このトートバッグは、もう少しコンパクトなサイズが欲しいとオーダーしたモデルです。展示会でオーダーする際から決めていたのが、ブラウン。そろそろ、購入のタイミングでしょうか。

実は、入荷して以来、ブラウンの対抗馬になっているのが、このローデングリーン。靴では冒険できなくても、バッグなら遊べると、クローゼットの収納場所はワインレッドあり、ターコイズブルーありとカラフルです。ただ、この色は持っていないだけに、気になります。

気になるといえば、着ているニット。軽くて暖かいカシミア ツートン クルーネックセーターですが、カメラマンのジュニアに「ローデングリーンを持つなら、グレイの方がいいね」と言われ、なるほどです。色違いで購入? まずはバッグの色を決めてから考えてみることにします。

MODEL:「BUSSE」シュリンクレザーLAGUNトートバッグ
SIZE:縦35×横32×マチ0㎝
COLOR: ブラウン(CHOCOLAT)・ブラック(NOIR)・トープ(TAUPE)・ローデングリーン(LODEN)・ネイビー(FLAG)
MATERIAL:牛革(LAGUN)
PRICE:¥46,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

もののついでに、こちらもご紹介。詳しくは、こちらのブログをお読みください。

MODEL:「LUSSET」シュリンクレザーLAGUNミニショルダーバッグ
SIZE:縦19×横15×マチ0㎝
COLOR: アイボリーホワイト(ICEBERG)・ネイビー(FLAG)・ブラック(NOIR)
MATERIAL:牛革(LAGUN)
PRICE:¥36,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

カシェート売り場では、どうしても消費者目線になっている私スグルシニア。タートルネック(PHIL PETER)に軽く羽織れるアウターがないかと探してみれば、あるではないですか。それも、驚きの価格で。

どこのかといえば【Kinloch Anderson/キンロックアンダーソン】のもの。商品紹介のブログを読んでみれば、ふむふむ、なるほど、へぇ〜

エリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子御三方の王室御用達を戴くという最高の名誉を受けている英国の由緒高き老舗ブランド。ただ、次回から、ロイヤルワラントの数が減ってしまうのが残念です。参考までに、店頭に出ているサイズ36を着用。もうワンサイズあげても良さそうかなと聞けば、サイズ38もあるそうです。いやはや、この歳になっての物欲は危険?。いや物欲なら大丈夫。どうやら、今年も物欲旺盛の一年になりそうです。

 

 

CATEGORY

Bark編みニットアウターにしっくり合う CHAMBORD SELLIER/シャンボール・セリエのシュリンクレザーLAGUNミニショルダーバッグでした!!

年が明けて、1週間。正月休み後の三連休は静かな時間が流れていくことでしょう…なんて思いきや、福引抽選会が延長となったことで、思いのほか忙しい日になりました。年末年始と年を跨いでご来店される方が多く、嬉しいかぎりです。中でも、T様がお買い求めになられた【BARK/バーク】のBark編みニットアウターは気になります。

思い立ったらすぐ行動の私スグル。本日の出で立ちに、早速、羽織ってみました。いかがでしょう。トレッキングシューズ(Paraboot)にメルトンパンツ(PT)、ドルチェヴィータ(ZANONE)とどれも長年愛用しているアイテムですが、いつもとは違うスタイルに我ながら良い組み合わせと感心しております。

2011年に設立された、イタリアのニットブランド【BARK/バーク】。ニットデザイナー、パオロ・ピエロッティにマネジメントされたニットアウターです。日本上陸後、世界特許をもつ「Bark編み」で編まれた定番ダッフルコートが大ブレーク。ただ、その際はダッフルという面積のあるアイテムだっただけに重すぎて…。そんな声を反省にしながら、新たにバイイングしたモデルが、ZANONE(ザノーネ)の「CHIOTO」のアウター版とも言える立ち襟のニットブルゾン。ニット編みでありながら、ニット以上の保温性と耐久性を持つのが、Bark編みニットアウターなんです。

斜めがけしているのが、昨日、ご案内させていただいた【CHAMBORD SELLIER/シャンボール・セリエ】のミニショルダーバッグ。Bark編みニットアウターに合わせてみると、しっくり、ぴったり。今まで持って来なかった種類のバッグですが、トレンドやライフスタイルが変わる中、これならと思わせてくれるのは、やはり【CHAMBORD SELLIER/シャンボール・セリエ】が持つ求心力のせいでしょうか。持っているだけで、自分自身が輝けそうな、そんな魅惑のブランドです。

Bark編みニットアウターとセットでお勧め。【BARK/バーク】をご購入されたT様も色で悩んでおられました。私が選んだのは、参考までにネイビーでした。

 

CATEGORY

CHAMBORD SELLIER/シャンボール・セリエの “こいつぁ春から縁起が良いわい”の新作バッグ2型とベルトです!!

どうやら、足し算が苦手のようです。昨日、ブログの冒頭で、創業から33年、今から37年の足し算で60年と書いてしまいましたが、70年の間違いでした。気がついたのは、自宅に帰ってから。これも高齢化か? いつもなら、掲載後にスタッフのチェックが入るのですが、昨夜は、ひとり残業。ただ、今日になっても誰も何も言わない。もしや、気がついていない? いや、気がついていても何も言わない? どうもスッキリしない日になりそう。いや、先ほど、長年お付き合いさせていただいているO様から、100年継続の応援メッセージと間違い指摘があり、読んでくださっていることに感謝。本日も気持ちよく仕事ができます。ありがとうございました。

少し前から、Gabo/ガボのスーツが気になると呟いたのは、ジュニア。サイズ48が合うのは、スタッフの中ではジュニア一人。ガボの所有するパターンから修正を加えている別注モデルだけに、彼の感想も聞きたく、上下で着てもらうことにしました。

インのニットを薄手にすれば、ジャストサイズ。袖の長さを短くするかどうかは迷うところですが、彼的にはこのままで。股下はあまり短くしないでほしいと、ハーフクションでピン留め。「あれっ?買うの? 」ということで、サイズ48は修理屋さんに直行していきました。

ジュニアが購入を決めたのは、ソフトフランネル バンカーストライプスーツ。私が選ぶとすれば、モノクロピンチェック×シナモンオーバーペン柄スーツ。どちらも新作です。購入してしまうと、売れ筋サイズの46だけに躊躇してしまうのは、経理兼任の辛いところです。

入荷のご案内です。

本日、初荷が届きました。今年初めての新作紹介にふさわしいアイテムです。

まずは、売り場に。雑然としておりますが、ご容赦を。

馬具産業が盛んな街としても知られるフランス、ロアール地方の街・シャンボール。2004年、この街の皮革ファクトリーが、オリジナルコレクションとしてスタートしたのが、【CHAMBORD SELLIER/シャンボール・セリエ】。エンブレムは、レオナルド・ダ・ヴィンチによって設計された、この地方の象徴でもあるシャンボール城。60年に及ぶ歴史の中で、エルメスやカルティエ等フランスの有名メゾンの生産を手掛けていた技術、クォリティを背景に、シャンボール地方を象徴する馬具をモチーフにしたディテールが用いられ、国家認定アルチザン(フランスの人間国宝のような職人)を含む熟練職人により手縫い仕上げがされております。

ここからは、展示会でのバイイング風景です。

シュリンクレザー“LAGUNラグーン”を用いたマチなしトートバッグ「BUSSE」。横幅32㎝、高さ35㎝とコンパクトな大きさは日常使いにちょうど良い大きさであり、その存在感は、スマートなライフスタイルにぴったりです。

色選びとなると悩みますが、個人所有を考えているだけに、慎重になります。まずはブラウン(CHOCOLAT)とブラック(NOIR)と手堅いところを抑え、サンプルカラーのトープ(TAUPE)は外せない。三色あれば、充分かなと思いながらも、ローデングリーン(LODEN)とネイビー(FLAG)も気になります。色を絞って、後で値上がりするのも癪です。他にも、あの色が…ですが、横で首を振るジュニアを見て、ここは5色をセレクトです。

MODEL:「BUSSE」シュリンクレザーLAGUNトートバッグ
SIZE:縦35×横32×マチ0㎝
COLOR: ブラウン(CHOCOLAT)・ブラック(NOIR)・トープ(TAUPE)・ローデングリーン(LODEN)・ネイビー(FLAG)
MATERIAL:牛革(LAGUN)
PRICE:¥46,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

トートバッグと同じシュリンクレザー“LAGUNラグーン”を使ったミニショルダーバッグもご用意しました。スマートフォンや財布などの持ち運びに便利なサイズ感です。アイボリーホワイト(ICEBERG)、ネイビー(FLAG)、ブラック(NOIR)の三色をセレクトしております。

MODEL:「LUSSET」シュリンクレザーLAGUNミニショルダーバッグ
SIZE:縦19×横15×マチ0㎝
COLOR: アイボリーホワイト(ICEBERG)・ネイビー(FLAG)・ブラック(NOIR)
MATERIAL:牛革(LAGUN)
PRICE:¥36,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

【CHAMBORD SELLIER/シャンボール・セリエ】のベルトを象徴する蹄鉄のバックル。馬の蹄に付ける金具のことですが、実は幸運のラッキーモチーフ。実際、西欧では魔除けのお守りとして玄関に飾ったり、蹄鉄に打ち込まれる釘の数が7本ということからラッキーセブンで縁起は良いとも言われています。馬のデザインの雑貨やジュエリーを探すと、蹄鉄をモチーフにした物が数多く見つかると思いますが、その理由がここにあります。さらに、今回のベルトにはプンターレ付き。私の記憶が正しければ、初のデザインではないでしょうか。

選んだ素材は、シュリンクレザー“LAGUNラグーン”。収縮剤を使って革を縮ませることで表現できる、自然なシワ(シボ目)によって、革全体が上品かつ柔らかい質感に仕上がります。また傷が目立たないのも、シュリンクレザーの特徴です。いつまでも綺麗な状態を保つことで、長く愛用できる幸運のベルトと言えそうです。春から縁起がいい!!

セレクトカラーは、ブラウン(CHOCOLAT)とブラック(NOIR)の2色です。

MODEL:「CATUS」シュリンクレザーLAGUN ベルト
SIZE:80・85・90・95   ベルト幅…3.0㎝
COLOR: ブラウン(CHOCOLAT)・ブラック(NOIR)
MATERIAL:牛革(LAGUN) バックル…真鍮
PRICE:¥27,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

※ Cachette/カシェート情報

大盛況で終えた福引抽選会。先ほど、連絡があり、8日(日)まで延長するようです。どうやら、抽選される方以上に企画したジュニアが盛り上がったようで、このまま終えてしまうのは寂しい。そんな心境ではないでしょうか。そうなると、応援の品を届けざるを得ないのは、やむなきこと。少しでも皆さんが喜んでいただけるものをご用意いたしましょう!!

先ほどCachette/カシェートのブログも更新されました。福引抽選会の延長のお知らせに加え、新商品の紹介もありますので、是非ご覧ください。

 

CATEGORY

高齢化の為、年末年始は新しい恒例イベントで穏やかに過ごさせていただきます。

高齢化の為、年末年始はゆっくりさせていただきます。とはいえ、年内は30日まで、年明けは三日より営業と例年と変わりません。ただ、セールという、旧の恒例イベントはせずに、新しく恒例化した福引抽選会を本日よりカシェートにて開催しております。発案したのは、ジュニア。「カシェートは常に価格を安定してお客様に提供できる店にしたい。代わりに何か他に喜んでもらえることを企画したい」。そんな彼の思いから始まった福引抽選会。今年で3回目になるのでしょうか。今回も豪華景品をご用意して皆様のご来店をお待ちしております。

再入荷のご案内です。

【WHITEHOUSE COX/ホワイトハウスコックス】から定番モデル「B-1859 FRENCH CALF/30mm」フレンチカーフドレスベルトが再入荷しました。英国ブランドということで、クロケット&ジョーンズ共々、カシェートに移動しておりますが、こちらのモデルのみグローリーガイにてご提案しております。

1875年にイングランド北西部に位置するウォルソールという町で、ホワイトハウス氏とコックス氏によって創業した【WHITE HOUSE COX/ホワイトハウスコックス】。今年、2022年末をもって生産を終了し、147年の歴史に幕を閉じることが決まりました。長年に亘って、取り扱いをしてきた私どもとしても残念でなりません。ただ、暫くは代理店に在庫がある為、ご要望にお応えできるはずです。ただ、今回、再オーダーしたブラウンのサイズ36など一部の商品に欠品が出ており、ご用意できないモデルがありますのでご了承ください。

カシェートでセレクトしているのが、「B2153」28mm BELT/BRIDLE ブライドルレザーベルト。こちらもサイズ切れをしておりましたが、再入荷しております。併せてご覧ください。

高齢の私スグル。一体何をしているのでしょう?

私の隠れ場として名付けたCachette/カシェート。フランス語で隠れ場です。隠れ場といえどもサボることはできないのが辛いところなんですが、ジュニアにバイイングを任せているだけに、消費者目線で物を見ることができます。上の写真は、以前から気になっているTWC/ティー ダブリュー シーのバルカラーコート。色目も好きなグレイ。MACKINTOSH(マッキントッシュ)の持つヴィンテージファブリックを使い、ボンディングで重ねたダブルフェイスは温かみもあります。実はマッキントッシュ社とのコラボによって生産されたコートと、魅力は満載です。

そして、下のブラックのチェスターコートは、なんとMACKINTOSH/マッキントッシュのもの。12月8日のCachette MENS ブログにて、「10年ぶりの復活」と書いているように、久しぶりの登場です。まだ、マッキントッシュのブランド名が「トラディショナルウェザーウエア」の名で出ている頃からの馴染みのあるブランドでしたが、代理店さんの戦略に乗る必要はありません。”去るものは追わず”が信条です。ところが、取り扱いを引き寄せたのは、担当者とジュニア。”来るものは拒まず”の心も持ち合わせておりますので、バイイングは全てジュニアに任せて、この秋より再開です。

改めて、本日の出で立ちに羽織ってみました。自分の持っている服に合うかは、購入する際の重要なポイントです。ライトすぎない、濃すぎないミディアムグレイは合わせる色を選ばず、ドレス過ぎない、カジュアル過ぎないというベストポジションのコートです、なんせ、このコート、展示会でセレクトしたのは自分自身。気に入らないわけありません。

冬のたしなみとして、マフラーとグローブを添えてみました。

マフラーは、JOHNSTONS OF ELGIN/ジョンストンズから選んでおります。

グローブは、DENT’S/デンツから選んでおります。

NEWがつくだけに、かつてのフォルムとは異なる「NEW STANLEY/ニュースタンレー」。確実に10年の月日は流れています。大手セレクトショツプの日本規格から比べれば、随分とモダンでエレガントな佇まいです。

私がしゃしゃり出るより、この一枚の写真が物語っているかもしれませんね。カメラマン自画自賛の写真です。

こちらのマフラーも JOHNSTONS OF ELGIN/ジョンストンズから選んでおります。

こちらは、DENTS/デンツのヘアーシープラビットファーライニング付きグローブです。

いかがでしたでしょうか。本日は、グローリーガイからお送りする英国ブランド特集。福引抽選会の開催中ということもあり、気持ちはカシェートに行っております。

現場から中継です。開店と同時に豊川からお越しのI様。いきなり大当たりです。おめでとうございます。確か、レザーのトートバックが当たったのではないでしょうか。景品の中身を把握していない私。ただ、「それ、持っていくの?」なんて、名残惜しいことがしばしばありましたので、それなりの内容になっているはずです。

もうすぐ、お正月。ロングバケーションとはいかなくても、ゆったりとした時間を過ごしたいものです。そんな寛ぎの時間にお役に立てればと、心地よいルームウエアのご提案です。MAJESTIC FILATURES/マジェスティックフィラチュールのメンズは全てグローリーガイ、レディースはカシェートスタジオでご覧になれます。

今年最後のメインショーウィンドウのディスプレイです。担当はタカイ。年末年始を飾るのは【HERNO/ヘルノ】。

年末年始にかけて、イベントを企画しました。ヘルノジャパンさんの協力のもと、28日(水)より、”HERNO POP UP FAIR”の開催です。サイズ欠けはしておりますが、セレクト以外のコレクションをご覧いただけます。

※年末年始のご案内です。

年内の営業は30日(金)まで、年明けは3日(火)より通常通りと例年と変わりはありません。

 

CATEGORY

PAGETOP