Clothes to You

GLORY GUYS

カシェートからグローリーガイを横見しながらご提案させていただく冬のアイテムです!!

目が覚めて聞こえてくるのは雪の降る音。いや、そんな情緒のある耳は持っていません。それに、実家の古い木造の家ならともかく、外の音を遮断する現代の建物となれば、自然界の音を聞くことは難しいでしょう。目覚めて、最初にするのは携帯での時間とメールチェック。その後、天気予報を見れば、この時間帯は雪マーク。外を見れば、見慣れた風景は雪化粧でした。慌てて、グループラインでスタッフへの”無理するなメール”です。

出勤前には降り止んだ雪。風のあった昨日の方が寒いくらいです。横見をしながら、写真に収まる私スグル。眺めているのは、ここから250メートル程離れたグローリーガイでしょうか。本日の出で立ちは、PHIL PETTER/フィルペターのニットにBERNARD ZINS/ベルナールザンスのパンツ。この上にダウンベストを間に挟み、オーバーコートを羽織っています。

雪が止んでも、雪雲でどんよりとした今日のような冷たい日なら、つい袖を通したくなってしまうのが、PHIL PETTER/フィルペターが提案しているアルパカ混のタートルネック。昨年は「シェットランド風タートルネック」と名付けましたが、同じものです。他にも色違いでセレクトしておりましたが、残念ながら入荷したのは、このフレッシュベージュのみでした。このシリーズ、昨年ご購入された方からのリピートが多く、その気持ちはよくわかります。とにかく、軽くて暖かい。毛玉はできますが、そのことが短所にならないほど着心地が良いのです。

寒いので、マフラー(Joshua Ellis)を巻いておりますが、クルーネックもご用意しております。いや、しておりました。先ほど、誕生日プレゼントとして素敵な女性の元に贈られていきました。

残り少なくなりましたが、インクブルーのタートルネックなら、私の着ているサイズMと一つ上のLはご用意できます。

もし自分が購入したのなら、合わせるパンツは、BERNARD ZINS/ベルナールザンスのマイクロチェック柄パンツ。モデルは「H8」と上で穿いている私物の「BAC J」より股上は深めでワタリから裾にかけても広いワイドパンツです。ところで、不思議な日です。本日、ご案内予定のアイテムが、掲載前に次から次へと売り場からなくなってしまうのです。まるで私の心を見透かすかのように…。先ほどお得意様の元へ旅立ったのは、このパンツのサイズ38。私のサイズでなくてよかった…は、心の声です。

カシェートに向かえば、ジュニアの通称、兄御前がPYRENEX/ピレネックスのBRUCE SC/ブルースをご購入。早々に着用されており、私が着ていた昨年モデルの襟無しダウンベストとお揃い気分で盛り上がってまいりました。他にも自分へのクリスマスプレゼントとしてご来店される方も多く、賑やかなイブとなりました。明日は、クリスマス。皆様は誰と過ごされるのでしょう。私たちでお手伝いできることがあれば、何なりとお申し付けください。

 

クリスマスやお正月など休日をゆったり過ごすためのアイテムを揃えてみました。MAJESTIC FILATURES/マジェスティックフィラチュールのメンズは全てグローリーガイ、レディースはカシェートスタジオでご覧になれます。

※Cachette/カシェート情報

店頭のみになりますが、カシェートでは紅茶も販売しております。【Brew Tea Co./ブリューティーカンパニー】は英国のリバプールで2012年にスタートしました。社名は「A brew」という英国北部のスラング「1杯のティー」に由来しています。Brewにはティーを淹れるというプロセスだけでなく、温かさや居心地の良さといったティー1杯でも誰かと楽しむことによって人生が豊かになる、そんな思いが込められています。

新たに加わったのが【Traditional Weatherwear/トラディショナルウェザーウェア】のマグカップ。ゴム引きコートで有名な『マッキントッシュ』のデイリーウェアブランドとして2007年に誕生。正確には、マッキントッシュ社の旧社名でもあり往年のブランドレーベルとして存在していた同ブランドを復刻させた形になります。

ブランド名は【HEATH/ヒース】。2017年に父と息子によって開発された英国生まれのメンズコスメブランドです。大企業ではなく、ファミリーブランドとしてスタート。 天然成分と新世代の活性剤(天然物由来)を配合しているため、全ての処方は即効性があり、効率よく注意深く考えられています。肌なじみも良く、良い香りのする手間のかからない優れたスキンケアを求める男性にとって最高の製品を提供しています。

※年末年始のご案内です。

年内の営業は30日(金) 20時まで、年明けは3日(火)より通常通り11時オープンと例年と同じです。尚、27日の火曜日は、今年最後の定休日としてお休みさせていただきます。

年末年始のイベントとして、現在、お買い上げの方に恒例の福引の抽選券をお渡ししております。抽選会の期間につきましては、年内 12月28日(水)〜30日(金)、年明け 1月3日(火)〜5日(木)とさせていただきます。

 

CATEGORY

中性的な雰囲気を持つ【Blu Bre/ブル ブレ】のモックネックセーター。合わせるアイテムで雰囲気は変わります!!

刻々と変わる天気。予報では、朝から降り続いている雨は午後には止み、夜には晴れるとなっていたのに、3時のおやつタイムが過ぎても一向に止む気配はありません。それどころか、一段落して、北側にある事務所の扉を開ければ、強風に煽られたみぞれ混じりの雪が舞い込んできます。これから一気に気温も下がり、寒さ厳しい週末を迎えることになりそうです。そんな悪天候の中、午前中から、お客様が途切れず、師走らしい忙しさです。ブログをご覧になられ、目的を持ってご来店される方がほとんどで、買うなら今!!  そんな思いで買い物を楽しんでいかれる姿に頭が下がります。日々、ブログを書き続けていたことが報われる瞬間です。

上の文章は、昨日の前置きです。この後、ブログを更新する時間がありませんでした。

今日の天気は予想通り、最高気温4°Cと真冬の寒さ。風もあり、撮影が終わってからも、体が凍えております。

本日のご案内は、クルーネックでは寒いけど、タートルネックが苦手と言われる方にお勧めのモックネック。どこのかといえば、日本のニットブランドVandori(ヴァンドリ)が展開するセカンドライン【Blu Bre/ブルブレ】。「Blue and Breeze/青い風」を意味します。実は、ある代理店さんから販売を依頼されたカシェート。英国ニットの横では馴染まず、グローリーガイに引き取ることにしました。

イタリアでは女性の着るアイテムと位置付けている節もあり、私の記憶では、モックネックを着たイタリア人はみたことがありません。ただ、日本ではなぜか人気があるようです。中性的なところが受けているのでしょうか。私が唯一、バイイングしているのは、PHIL PETTER/フィル ぺターですが、こちらはカットソーに近いデザインです。

グレージュは、まずは無難にチェック柄パンツとネイビージャケット(De Petrillo)を羽織ってみました。

レグホーンは、もっと雰囲気を出したいと、サファリジャケット(De Petrillo)を。昨日、お得意様と盛り上がったジャケットです。仕事で着ておられたのはフランネルのネイビージャケット、インにはネイビーのポロニットにグレイのバーズアイ柄パンツ。これから友人との食事会にいかれるようですが、どうも仕事の延長のようで気分が華やがない。ならば、私の出番です。ちょうど修理から戻ってきたグレイフランネルのパンツがあるなら、穿き替えていただき、ニットをチャコールグレイのハイゲージタートル(ZANONE)に合わせ、このジャケットを羽織っていただきました。「いかかでしょうか?」「いいね。そのまま着ていくよ」なんて、おかげさまで、とてもいい仕事をさせていただきました。T様、いつもありがとうございます。

調子に乗ってしまい、色違いのオリエンタルブルーも同じジャケットで。

ついでなら、アップで。「案外、いいじゃん!! モックネック、イケてるね」…でした。

寒さ堪えて、撮影続行です。ジャケットをブルゾン(VALSTAR)に変えてみました。

肝心の着心地ですが、寒すぎて…。改めて室内で着直せば、カシミア・シルクのとろけるような肌触り。程よくゆとりもあり、丸みのある優しいモックネックセーターでした。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズMを着用しております。

MODEL:カシミア・シルク モックネックセーター
SIZE: M・L
COLOR:グレージュ・レグホーン・オリエンタルブルー
MATERIAL:カシミア70%・シルク30%
PRICE:¥48,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

余談です。全体のコーディネートを考える際、もっとも重要なのが、ボトム。一般的にはパンツ。イタリアではパンタローニ、英国的にいえば、トラウザースです。特に膝からのシルエットは大きくイメージを変えます。ワタリはゆったりしていても膝からキュッと細くなった乗馬服や軍服などはその例で裾が邪魔にならないように細くなり、スポーティーな印象です。逆に渡り幅を取りながら、裾にかけてストレートに落としたシルエットはエレガントに見せます。かつての英国服を見れば、ワイドに近いストレートなシルエットは懐古趣味になりますが、イメージしやすい例です。今回、コーディネートで選んだパンツは、イタリア・サルト界の巨匠ルイジ・ダルクオーレ氏が立ち上げた【DALCUORE/ダルクオーレ】。ナポリスタイルを愛する人たちの憧れのブランドです。

今季、ウール素材でもオーダーしておりましたが、全てキャンセルになってしまいました。かろうじて入荷があったのが、コットンツイルのパンツ。ストレッチ素材を入れずに天然素材だけを使うのも魅力です。極端なテーパードではなく、どちらかといえばストレートに近いシルエットになります。ちょうどご紹介する際にも、ペトリロのサファリジャケットを合わせていました。偶然です。

なぜ、ここで【DALCUORE/ダルクオーレ】のパンツに注目するかといえば、2023年秋冬のオーダーが難しそうなんです。詳しくはいえませんが、イタリア側の事情です。仮にオーダーできたとしても、価格が全く合わず、今の値段ではご提供できません。特にウール素材の値上がりは、想像以上です。そこで、もし気になられる方が、あるいはすでにファンであられる方に、ぜひこの機会にお勧めしておかなければと、そんな思いで取り上げさせていただきました。

医療関係のお客様に人気の【MAJESTIC FILATURES/マジェスティックフィラチュール】。引き続き、ポップアップを継続していきますので、ご活用ください。

これからの寒さ。モックネックでは心もとない。そう思われる方には、Cachette MENS ブログをご覧ください。

※年末年始のご案内です。

年内の営業は30日(金)まで、年明けは3日(火)より通常通りと例年と変わりません。

年末年始ののセールは予定しておりませんが、現在、お買い上げの方に年末年始恒例の福引の抽選券をお渡ししております。抽選会の期間については、休みを除いた12月28日(水)から1月5日(木)となります。

CATEGORY

歴史に名を残すブランドです!!

グローリーガイからカシェートまで、直線距離で250メートル程。都会にお住いの方なら、なんてことはない距離。歩いてしまえばすぐなんですが、ここは車社会。ついつい車で移動してしまいます。半分ほど行ったところで、歩道を歩く女性。グレイヘリンボーンのコートの前を開けて見えるのは、白のタートルネック。ついつい見惚れてしまい、脇見運転。そんな熱い視線に気がついたのか、通り過ぎる私に微笑みをかけてくれたと思うのは、間違いなく勘違いでしょう。

にやけた後の私スグルでございます。店内のレイアウトの作業を終え、カシェートでコーヒータイム。インスタントコーヒーがうまい季節です。ブログで書いたように、本日はスーツスタイルです。良き時代のCARUSO/カルーゾを着て、インはドルチェヴィータ。タートルネックでは最もお気に入りのZANONE/ザノーネの「flex wool」。購入して7、8年になりますが、毛玉にもならず、伸びもなく、まだまだ現役です。今季、42,000円と取り扱っているハイゲージの中では高値ですが、展示会で提示された来季の価格は、48,000円。他のブランドにはない魅力を秘めたニット。バイイングに迷いはありません。

ブログ紹介は、9月10日。今季のセレクトカラーは、私が着ているダークブラウンよりやや明るいブラウンとチャコールグレイ、そして黒に近いダークネイビーの3色。来季は、

やはり価格は意識してのことです。ベージュとチャコールグレイの2色に絞り込みました。チャーコールを再度セレクトしたのは、個人的な理由です。個人購入を考えていたチャコール。サイズ46と48が完売なんです。相変わらずの独断セレクトで申し訳ございません。

昨日のCachette MENS ブログに登場した【P.H.DESIGNS/ピーエイチデザイン】のダウンジャケット。

ブランドの起こりが、MOUNTAIN EQUIPMENT/マウンテンイクイップメントの創設者ピーター・ハッチンソンと聞けば、気になるのは必然。というのも、愛犬がいる頃、冬の散歩用として私がずっと愛用していたのが、MOUNTAIN EQUIPMENT/マウンテンイクップメント。当時、カナダグースの代理店だったグリフィンさんから個人オーダーしていたのです。

1961年、イギリス・マンチェスター郊外の町で創業。当時自身もクライマーであったピーター・ハッチンソンとピート・クルーはそこで「The Mountaineer」というクライミングショップを営む傍ら、店の奥の部屋でシュラフとダウンスーツを作り始めたのがきっかけでした。

そんな、創設者でもあり、ダウンイスターとして世界的に有名なピーター・ハッチンソン氏が作るダウンジャケットと聞けば、大いに食指が動きます。HERNO/ヘルノやMooRER/ムーレーとは全く趣の異なるダウンブランドです。必見の価値ありです。

それにしても、よくぞ見つけてきたものと感心せざるを得ません。

 

※年末年始のご案内です。

年内の営業は30日(金)まで、年明けは3日(火)より通常通りと例年と変わりません。

年末年始ののセールは予定しておりませんが、現在、お買い上げの方に年末年始恒例の福引の抽選券をお渡ししております。抽選会の期間については、12月28日(水)から1月5日(木)となります。

CATEGORY

責任と義務の上に成り立つ”自由気ままに”の【Settefili Cashmere/セッテフィーリ・カシミア】。地味になりすぎない大人が着るシックなニットを提案しています!!

英国の冬は長い。”カシェートの冬も長い”とようやく公開となった【JOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレー】の24Gタートルネック「CONNELL」。説明にもありますが、グローリーガイが展開した頃からの定番モデルです。扱うニットブランドの中では最も古く、かれこれ25年ほどになるでしょうか。

ということで、本日、着て来ちゃいました。

多分、20年近い年月が経っているはずです。虫食いとほつれをごまかすために、インに黒のTシャツを着ております。修理に出そうとクリーニングに出し、戻ったばかり。あまり洗わないので、編み地の状態は良好です。毛玉もほとんどできていないのも、ZANONE/ザノーネの5Gと同じで優秀です。

問題はサイズ。着ているサイズはS。当時と体型はほとんど変わりませんが、お腹周りだけは、年の功です。気を許せば、ぽっこりお腹が愛らしい?

ご案内ブログで唯一私が着ている写真は、サイズMを程よくゆとりを持って着ていました。イタリアニットと比べると、やはり編み地の打ち込みは強く安定感はあります。”質実剛健”という言葉がぴったりの【JOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレー】です。

さぁ、ここからが本日のドルチェヴィータです。本日、私が着ているジャケット同様、長年愛してやまないBOGLIOLI/ボリオリのコートを羽織り、ジャージのような伸縮性を持つPT DENIM/ピーティーデニムを穿いてご提案させていただくのは、

2009年、ミケーレ・パリエーロによってイタリア・フェラーラにて従業員7人(ブランドの由来です)と小さな工房にてスタートした【Settefili Cashmere/セッテフィーリ・カシミア】。”今季、意識したのは、地味になりすぎない大人が着るシックなニット。もう没個性とは言わせません” をテーマにバイイング。その中の一つが「ウール・カシミア・ビスコース ケーブル編みタールネックセーター」。

カラーサンプルから桑の実色のマルベリーが目に飛び込んできたのです。ただ、この色を選んだきっかけが、

このシーンなんです。BARENA/バレナの展示会で、やろうか、やらまいかと悩んでいたCINI venezia/チニー ベネチア。この日の出張でジュニアが着ていたパープルのニット。あまりにもよく似合っていたので、同じ血を引く父と子なら、きっと似合うはず。そんな対抗心?から、セレクト。ただ、後で思えば、彼は母親譲りの色白顔でした。

ご案内ブログは、10月2日。MooRER/ムーレーとの二部作でご紹介していました。その時の写真が、こちらですが、案外似合っておりました。本日も確認済み。「お似合いですよ」の一押しで購入してしまいます。

同じ日のブログです。色違いのブラックもご用意しています。

マルベリーより一足早く入荷したブラック。9月7日のブログでした。”自由気まま”とはいえ、責任と義務を伴う自由です。”気まま”とは、他人が関係する”わがまま”と違い、自分の気持ちを大切にすることです。社会生活同様、モノも同じで、安易なものではなく、きちんと裏付けられた質の高いものでなければなりません。

最高級の素材を使って、熟練した職人と稀有なスイス製ヴィンテージ編立て機で生み出された【Settefili Cashmere/セッテフィーリ・カシミア】のニット。いつのまに本物を知る人々の手によって、大切に提案されるようになりました。知名度の広がりを推し進めた背景には「良い商品を適正価格で提供したい」。そんな基本理念が提案する側、求める側に伝わったからでしょうか。自由気ままな甘い生活を送るのにふさわしいニットと言えます。

 

※Cachette MENS 情報

JOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレーのタートルネックはご案内済み。あとはSUGURU SHOPへの掲載作業を待つのみです。

積み上げられたタートルネックはWILLIAM LOCKIE/ウイリアム・ロッキー。ジュニアが着ていたパープルのタートルも同ブランドです。今季、どうやらセレクトしていないようです。まだまだご紹介していないアイテムが沢山あり。羨ましい限りです。例年以上に寒くて長い冬の防寒対策にお役立てください。

 

 

 

CATEGORY

本日のお勧めドルチェヴィータは、ZANONE/ザノーネの5ゲージとフレックスウール。どちらも日持ちいたします!!

平日にもかかわらず、いつも以上に賑わいを見せた昨日。皆さん、ボーナスを握りしめてお目当の商品に一目散。30歳前後の方が多く、久しぶりに新旧のファッション事情を語らせていただきました。

昨日のブログに載せるために撮った写真です。HERNO/ヘルノのジャケットのインに着ているのは、現在スポットを当てているドルチェヴィータ。ZANONE/ザノーネの5Gタートルネックです。参考までにパンツですが、来季は高嶺の花になりそうなウールパンツ。予算があれば、ぜひこの機会に。穿いているのは、INCOTEX/インコテックスのチェック柄パンツです。

15年以上、毎回セレクトを繰り返していると、次に何色を選ぼうかと大いに悩みます。ただ、私が持っている色目がブラックとダークネイビー。上の写真でいえば、左端のブラックのみなんです。そうなると、もう少し色を足したい、そんな自分都合でのバイイングです。

個人的に気になるのが、少し明るめのネイビー。

今季、「CHIOTO/キョート」でセレクトしているネイビーと比べてください。ただ、写真は光の当たり具合で、どちらも実際より、白っぽくなっています。

蛍光灯の下ですと、色調の違いはこんな感じです。私が所有しているドルチェヴィータは、今季「CHIOTO」でご提案している左のダークネイビー。パンツやアウターなどブラックと合わせた際、ダークネイビーでは色が重すぎますが、このぐらいのネイビーになると不思議と馴染んでくれます。同じ青系でも色調によって合わせ方の幅が広がるのです。

昼間ご来店されたI様。グリーンが気になるねと話が盛り上がり、Rencontrant/レンコントラントのクルーネックをお持ちになられました。余裕があれば、手に入れたいグリーン。かつてはネイビー以上に好きなカラーでした。

CINQUANTA/チンクアンタのムートンジャケットにも合わせておりました。モノの良さを知っているだけに色違いで揃えたいドルチェヴィータです。

渋さを出そうと思つたら、こんな顔になってしまいました。まだ目覚めぬ開店前です。

本日、私のドルチェヴィータはスーツ合わせです。実は一大決心をしまして、これからはもっと売り場に出ることにしたのです。ある方からのアドバイスなんですが、なるほどと共感することが多く、心を入れ替えた次第です。ということで、フラフラできないスーツかジャケットスタイルで仕事をすることにしました。

着ているのは、FILIPPO DE LAURENTIIS/フィリッポ デ ローレンティスのウール・シルク・カシミア 。現在の代理店ではなく、代官山のマンションの個室でひっそり女性からバイイングしていた頃のモノですので、色違い共々、5年ほど着ているでしょうか。ウールオンリーと違い、シルクが入ることでしなやかな着心地です。

そして一押しのZANONE/ザノーネの「flex wool 」。来季、さらに値上がりしますが、価値のあるニットだけにセレクトは諦めません。狙っているのは、こちらは右のダークネイビー。ブラックに近い色です。

左は、本日、私が着ているものと同じFILIPPO DE LAURENTIIS/フィリッポ デ ローレンティスのブラック。かすかに青みがかかっているのがお分かりになるかと思います。寒がりな私は、これからの寒い時期に必要なドルチェヴィータ。ただ、自由気ままではなく、皆様のワードローブの充実に役立てるよう、黒子に徹しなければいけません。そうなるとダーク系のハイゲージニットは必要に。なんて、言い訳しながら、購入理由を探しているスグルシニアでした。

彼は、どんな思いでドルチェヴィータ、いや、彼が着ているのはイタリアブランドではなく、英国ブランドなのでタートルネックです。TAGLIATORE/タリアトーレのダブルブレストスーツを粋に着こなして、何を思うのでしょう。

ナグラさんの着ているJOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレーの24Gタートルネックにつきましては、近日中にCachette MENS ブログにてご案内させていただきます。もうしばらく、お待ちください。

 

 

CATEGORY

PAGETOP