Clothes to You

GLORY GUYS

軽く、優しい着心地ながらも、アランセーターとともに逞しい海の男を演出する【MP MASSIMO PIOMBO/マッシモ・ピオンボ】のフィッシャーマンセーターです。

いつの間にかコーデュロイの似合う季節になりました。ジーンズにコーデュロイジャケットは、私の秋に着る鉄板モデル。冬になれば、ブラックやネイビーなどのタートルネックを合わせます。流行とは関係なく、毎年、BOGLIOLI/ボリオリからご提案もしていますが、残念ながら、私の周囲で着ている方は限られてしまいます。気楽に着ることのできる素材だけに、もっと普及してほしいジャケットです。

こんなコーディネートが雑誌に載る時代もありました。やや、やりすぎ感のある組み合わせですが、温かみのあるスタイルには懐かしさと好感が持てます。ようやく若い方にも認知されつつあるツィードジャケット。雑誌にも頻繁に登場しています。カシェートでも今回、特別なツィードジャケットを提案もしています。本来、若い時に経験してきた着こなしを歳を重ねる毎に、自分のスタイルとして完成させていくのが理想ですが、どうもそうはいかないのが日本。年配の方の服装には華がありません。洋服が似合うのは若い時ではなく、経験を積んだ年配になった時。シワや白髪、薄毛とともに渋さを増していくものなのです。文化の違いかもしれませんが、とても残念なことです。

話が逸れました。

この季節から活躍するのが、コットンフランネルのシャツ。いわゆるネルシャツです。本日、コーデュロイジャケットのインに着ているシャツもそうです。素肌に着ているので、肌触りの良さと暖かさを感じます。上の写真はunrole/アンロールのネル地のワークシャツ。タッククインアウト、どちらでも対応可能な着丈。起毛感を抑えた綾織りですので、重ね着がしやすいのもオススメの理由です。

遅くなりました。本日は、1989年、マッシモ ピオンボ氏によって創立された、素材にこだわった独特な世界観が魅力のイタリアメンズブランド 【MP Massimo Piombo/マッシモ・ピオンボ】から、軽く、優しい着心地ながらも、アランセーターとともに逞しい海の男を演出するフィッシャーマンセーターのご案内です。

英国調にトレンドが傾く中、イタリアの各ブランドから出ている編み地が、イギリスゴム編み。イングリッシュリブといったほうがスマートでしょうか。針抜きの凹凸感のある男らしい編み地です。ただ、本場英国物と比べると、大きな違いは軽さ。ボリューム感はあっても、着てみれば、その軽さに驚くはずです。

このオフホワイトを含め、5色でのご提案です。

オフホワイト

ネイビー

グレイ

オレンジ

グリーン

コーディネートで使用したINCOTEX SLACKS/インコテックス スラックスのモールスキンストレッチパンツ。残り29と30のみになっていますが、今季、気分のパンツです。

デニムはJACOB COHEN/ヤコブ・コーエンの「BARD」ウォッシュドブルー×イエローパッチ5Pパンツ。着用サイズ30がなく、数字上ではいけそうと31を履きましたが、やはり大きすぎました。合わせやすいデニムカラーです。他のサイズはご用意できますので、ご検討ください。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、オフホワイトとネイビーはサイズ48をゆとりを持って着ています。グレイ、オレンジ、グリーンの三色はサイズ46を着用しております。

MODEL:針抜きイングリッシュリブ編みタートルネックセーター
SIZE:46・48・50
COLOR:オフホワイト・ネイビー・グレイ・オレンジ・グリーン
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥49,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

CATEGORY

新提案です!! デンマークのS.N.S. HERNING/エス.エヌ.エス.ハーニング のフィッシャーマンセーターは、1920年代より受け継がれてきた想いの詰まったアイテムです!!

皆さん、こんにちは。グローリーガイのマスヤマです。昨日今日の朝晩の冷え込みや強まった北風に、急な季節の変化を感じておられる方も多いのではないでしょうか。そろそろニットが気になる季節ですね。本日は、グローリーガイに新登場となるニットをご紹介していきます。

ざっくりとした編み地のフィッシャーマンセーター。イタリアの新ブランドの?いいえ、イタリアではないんです。

北欧・デンマークの【S.N.S. HERNING/エス.エヌ.エス. ハーニング】というブランドです。デンマーク人創業者のSøren Nielsen Skyt(ソーレン・ニールセン・スカイト)が、1919年に自作のニットウェアの販売を開始。1923年には、後にブランドの顔となる「フィッシャーマンセーター」を製造するようになったといいます。以来、スカイト家が3代100年にわたって、創業以来の製造方法を受け継ぎ、2019年にラトヴィアに生産拠点を移した今でも、Never change。同じ方法やデザインで生産が続けられています。

製品タグの中心にプリントされた漁夫の姿。フィッシャーマンセーターとは、イギリスやフランスの漁師が漁に出る際に着ていたとされる、ざっくりと編み込まれた手編みニットを起源とします。防寒性に優れた重厚感のあるニットは、アランセーターやガンジーセーターの名でも親しまれ、トラッド好きの方には馴染み深いアイテムの一つかもしれませんね。

【S.N.S. HERNING/エス.エヌ.エス. ハーニング】のフィッシャーマンセーターも、当初は海で働く漁師のためのものでしたが、時代の経過とともにワークウェアの垣根を越えた定番商品となり、今ではデンマークデザインのアイコンと呼ばれるまでの存在になっています。

気泡のような編み地は、”バブル”と呼ばれ、編み込まれたバブルが空気のポケットを作り、暖気を保持。保温性を高めます。このバブル編みは、糸の消費をできるだけ少なくし、いかにして最大限の暖かさを実現するか、というイギリスの手編み職人たちの知恵でもあるのです。

新ブランドだけに、バックグラウンドの説明が長くなりました。早速、着用してみましょう。

ボリュームのあるバブル編みと、スッキリとした平編みの編み地切り替えデザインによって、全体的にスッキリ。膨らみ過ぎてしまう印象はなく、北欧らしいモダンな雰囲気です。被りのプルオーバーはなく、着脱が簡単なジップタイプであること、立ち襟で襟元に表情を出しやすいことが、多くのお客様のメリットとなるのではないでしょうか。

ラインナップに並ぶのは、定番のネイビーに加え、

うっすらと黄みがかったアイボリーホワイト。今回のセレクトの中では最も上品な雰囲気です。中にハイゲージのタートルネックを着たり、素材感や起毛感のあるウールパンツと合わせたくなります。

もう1色は、ネイビーよりも明るいブルー。こちらはより海の香りがするというか、ラフな着こなしで撮影をしました。

昔からのオリジナルである「リラックス フィット」のもので、ドロップショルダーですが、オーバーサイズを前面に出したものではありません。打ち込みのしっかりとしたやや固めの編み感に、程よい重みが感じられるフィット感。リブ編みで折り返しの袖口、絞りのないフラットな裾がデザインのアクセントとなります。

着こなしのアレンジに使えそうな、リブ編みの立ち襟デザイン。13cmほど高さがあります。寝かせて良し、立たせて良しです。

良い開き具合です。

ちょっとラフに変則的に。無造作にアレンジするのも良いでしょう。

襟の広がりも、写真ように綺麗です。シャツとも好相性で、色んなタイプのインナーと楽しむことができそうです。

フィッシャーマンセーターの無骨さに合うのが、シングルジップ。ファスナーメーカーとして名高いスイス・riri社のシングルジップが採用されています。細かい点ですが、スライダーの引き手の先が湾曲しており、デザイン力を感じます。

海の男の…と聞けば、つい反応してしまうサーフィンと海巡りが趣味のマスヤマ。最も簡単にコーディネートが決まったのが、このブルー。MAJESTIC FILATURES/マジェスティック フィラチュールのカットソーに、PT TORINO/ピーティートリノのウォッシュドグレイデニム、DOUCAL’S/デュカルスのスエードチャッカブーツを合わせておりました。

身長183㎝、体重67㎏、胸囲93㎝で、サイズSを着用しております。

MODEL:立ち襟フルジップ フィッシャーマンセーター
SIZE: XS・ S ・M
COLOR:アイボリーホワイト・ブルー・ネイビー
MATRIAL:ウール100%
PRICE:¥48,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

昨日、購入した CHAMBORD SELLIER/シャンボール・セリエの「BUSSE」シュリンクレザーLAGUNトートバッグ。コンパクトになった分、余計なものを入れずに済みます。そのおかげで軽い。撮影の為、移動の多い私スグル。どうやら車の助手席におくカメラとバッグを持って降りる際に、左肩の筋を違えたようです。二週間ほど難儀をしていましたが、バッグが軽くなったことでずいぶん楽になりました。

お気に入りのブルゾンです。どこのかと言えば、ASPESI/アスペジ。フルジップのショートブルゾンですが、薄い中綿「サーモア®」が入っていて、保温性もあります。この季節、出番の多いジーンズ(JACOB COHEN)にロングTシャツ(MAISON CORNICHON)スタイル。軽く羽織れて、着たまま車での移動も楽ちんです。シンプルで機能性のある洋服は擦り切れるまで着てしまう、そんなサステナブルなスタイルが好きです。

編み地はもちろん、デザインも好きなのでしょう。展示会で惹きつけられたフルジップのニット。本日、マスヤマが担当させていただきましたが、サイズの確認のため着てみることにしました。

マスヤマの着用サイズはSで程よいゆとり。私はXSを着てみましたが、ややタイト。特にフロントジップを締めた際のウエスト周りです。弾力性のある編み地ですので、自然と馴染んでくるかもしれません。サイズ44から46がXS、46から48がS、48から50でMがサイズ選びの目安でしょうか。

シンプルで存在感のあるフィッシャーマンセーター。強さと優しさ、そして温もりのある男らしい表情を作り出しています。この冬、ワードローブに入れたいニットです。

予告です。謎のナポリスーツ。近日中にご紹介いたします。

※Cachette MENS 情報

本日、カシェートメンズブログを担当させていただいたのは、私スグルシニアです。ぜひご覧ください。

昨日、ご案内させていただいた【TWC/ティー ダブリュー シー】のグレンチェック柄ウールベスト。本日、SUGURU SHOPに掲載されています。レアなアイテムになります。ぜひ、ご覧ください。

CATEGORY

感動を共有したい!! そんな思いでセレクトした【FEDELI/フェデーリ】のウール・カシミア フルジップブルゾン型ニット & 再入荷の【ANTONIO PIO MELE/アントニオ・ピオ・メーレ】の「TRAMONTANA」スエード シングルモンクストラップブーツです!!

昨日のブログで日光市を群馬県と書いてしまいましたが、栃木県の間違いでした。日光にお住いの方には大変失礼いたしました。お詫び申し上げます。

本日、ようやくデビューしたコーデュロイジャケット。着用しているのは、BOGLIOLI/ボリオリ の新作です。私が所有しているのは、黄味が強いベージュ。もう7年?いや、もっとかもしれませんね。店頭で、かつてのYouTubeでよく着ていましたので、ご存知の方もあるかと思います。この時期に必ず登場する私の定番服です。シャツはFinamore/フィナモレのオックスフォード、ボトムはJACOB COHEN/ヤコブ・コーエンのデニムパンツと好みは変わりません。体型も変わらないので、長い付き合いの服ばかりです。

休日、出かけるなら、このスエードのG9型レザージャケット。変わらず、この組み合わせも好きです。以前、同じ色でMA-1型を所有していました。とはいえ、30年前の話。クローゼットからすでに消えています。季節が進み、もうすぐ着ることができるなんて、妄想とともに購買意欲がそそられます。この秋に日光に行くなら、このスタイルでしょうか。現実的には一泊二日と短い行程ですが、お気に入りの服と旅ができれば、それだけでもワクワクしてしまう、そんな服と旅が好きな私です。

本日のご案内は、【FEDELI/フェデーリ】です。展示会で見つけてしまった日常にも旅にも使いたいニット。ただ、価格が問題。どうしようかと迷っていた時、「他のモデルを絞って、量より質で選んだら」とナイスな一言。他人事のように。あっさりいうジュニアですが、いつも的を得ているだけにおろそかにできません。

選んだのは、フルジップのブルゾン型ニット。温度調整の必要な季節。脱ぎ着のしやすいデザインは重要なポイントとなります。ボトムは、シワや汚れを気にすることのないデニムパンツ(PT TORINO)が最適。暑さが遠のき、朝晩の気温差のある時期なら、程よい生地が環境の変化に対応してくれます。インナーについても、ニットではまだ早い、シャツでは堅苦しいと、デニム同様、季節をつなぐアイテムとして重宝するのが、ロングスリーブのTシャツです。靴選びは、やはり履き心地。季節感を大切にしながら、疲れない靴を選びたいものです。

素材は、ウール・カシミア。凹凸のある編み地が立体感と奥行きを表現。タックを積み重ねていくことでできる丸みは、保温性を高めるとともに通気性にも優れ、快適に着ることができます。

いつもなら定番のハイゲージからミドルゲージのニットでお茶を濁してしまう【FEDELI/フェデーリ】。本来のコレクションラインに魅力的なニットがいっぱいあるのに、高価だからと見過ごしていました。前期高齢者のバイヤーの私としては釈然としない心持ちになっていたのは、事実。ハイゲージのニットはDrumohr/ドルモアとカシェート展開のJOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレーに任せて、【FEDELI/フェデーリ】ならではの感動できるモノをセレクトし、皆様と共有できるように発信していくつもりです。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:ウール・カシミア フルジップブルゾン型ニット
SIZE:46・48・50
COLOR:フォーン・ネイビー
MATERIAL:ウール70%・カシミア30%
PRICE:¥130,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

私の洋服の師匠であるN氏。JACOB COHEN/ヤコブ・コーエンを日本に紹介してくれた方です。ファッショニスタとしても知られている氏、日本より海外での知名度が高いかもしれません。そんな審美眼のある氏が勧めてくれたのが【ANTONIO PIO MELE/アントニオ・ピオ・メーレ】です。

ビスポーク靴職人であるアントニオ・ピオ・メーレさんが、1999年にミラノにて創業。展開店舗が限定されているため、日本における知名度は低いのですが、その履き心地に驚き、実際に使ってみて、足に優しい靴として手放せなくなりました。その感動をさらに広げたいと、今季、完売していた「TRAMONTANA」のブラウンスエードを追加オーダーをしました。

チャッカブーツに近いミッドカットのモンクストラップブーツ。紐で締めるチャッカブーツよりホールド感はあります。登場以来、多くのコーディネートで合わせていますので、おなじみの顔です。

フランスRELTEX社製の「LACTAE HEVEA/ラクト・エヴィア」という、50工程以上もの手作業を経て製作された、天然ゴム100%のスーパーソールを採用しています。驚きの軽さと柔らかさで、アントニオ・ピオ・メーレの軽やかな履き心地を、底面から支えてくれる素材です。

MODEL:「TRAMONTANA」スエード シングルモンクストラップブーツ
SIZE:39・40・41・42・43
COLOR:ブラウン
MATERIAL:牛革(スエード) ソール:ゴム(LACTAE HEVEA)
PRICE:¥78,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

 

CATEGORY

潮騒と潮風を感じるBARENA/バレナのクルーネックセーターです!!

いつもより立ち上がりの遅い休日。洗濯機の順番を待っている間、近くの、車で10分ほどですが、カフェに行き、1時間ほどおしゃべり。その後、銀行に行ったり、店に立ち寄ったりで二時ごろには帰宅。それからは部屋の掃除したり、本を読んだり、居眠りしたり、ストレッチをしたり、夕方からはテレビでの相撲観戦なんて、まるで年寄りみたいな休日の過ごし方。年寄りみたい?待てよ。年寄りって何歳からなんだろう。調べてみると、「現在、わが国では65歳以上を高齢者、そのうち65~74歳を前期高齢者、75歳以上は後期高齢者と定義している。 他国を見ても60歳以上を高齢者としている国もあるが、多くの国は65歳以上のようである」とのこと。これはまずい。年寄りを見て、ああは歳をとりたくない。年寄りは嫌だねなんて言っている場合ではありません。この夏で前期高齢者の仲間入り。いや知らない方が良かった。いつまでも年寄りみたいでいたい休日明けのスグルでした。

本日の撮影は順調。コーディネートで悩む必要のないトータルブランド【BARENA/バレナ】からニットのご紹介です。

リブにメリハリをつけたスポーティーなクルーネックセーター。ゲージでいえば、5ゲージほどでしょうか。オレンジ、ブルー、ブラックの三色をセレクト。インにシャツを着ても、一枚でも様になる、潮風を感じる素朴さのあるニット、ベネチアの風景が眼に浮かぶようです。

コーディネートの説明をさせていただきます。

合わせたボトムは太コールイージーパンツ。内側ドローコード付きのシャーリングパンツです。今季、「王様の畝」を意味するコーデュロイはマストアイテムになりそうです。JACOB COHEN/ヤコブ・コーエンでもご提案していますが、抜け感のあるラフな気分をお求めになられるのでしたら【BARENA/バレナ】がオススメです。

羽織ったのは【BARENA/バレナ】のウール・ナイロンの圧縮ニットジャージジャケット。LARDINI/ラルディーニのニットジャケットよりアウターに近く、伸縮性はもちろん保温性のあるジャケットになります。

パンツとジャケットついて詳しくは、こちらのブログをご覧ください。

ブラックのみパンツをeleventy/イレヴンティから引っ張ってきました。シルエットは細身ですが、ブラウンの色目がブラックも含め、他のオレンジやブルーのニットによく合います。手に持ったのは【BARENA/バレナ】のPコートに似たシングルジャケットです。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズMを着用しております。

MODEL:ウール・ナイロン クルーネックセーター
SIZE:S・M・L
COLOR:オレンジ・ブルー・ブラック
MATERIAL:ウール77%・ナイロン23%
PRICE:¥40,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

※Cachette/カシェート情報

CORBY’S/コービーズのドライビングジャケットやMACKINTOSH/マッキントッシュのコートに人気が集まる中、通販サイトSUGURU SHOPではJOHNSTONS OF ELGIN/ジョンストンズの注文まで入っている羨ましい状況。英国スタイルの流れは、思った以上に早いのかもしれません。そんな中、個人的に気なるアイテムがこちら。抜け目なく写真に収めてしまいました。

GDと書いてありますが、詳しくはわかりません。ジュニアの紹介ブログを待つのみです。

そろそろ紹介の準備が整いつつある【Charles et Charlus/シャルル・エ・シャルリュス】。今、確認できました。本日のカシェートメンズブログに更新されていました。グリーン以外で?いや、タカイもジュニアも愛用しているオススメのバックパックです。

CATEGORY

時代が変わろうとも、時代に求められ続ける名作! LARDINI/ラルディーニの定番ニットジャケット!!

本日は、タカイがご案内する【LARDINI/ラルディーニ】のニットジャケット。

言わずと知れた、名門サルトリアが作り出すニットジャケットは、柔らかなニットの着心地でありながら、優雅な立体感を生み出す構築されたテーラードジャケットのよう。

それは、見た目だけでなく、纏う雰囲気さえも精悍な佇まいに変えてくれます。

もう何シーズン目になるでしょうか。定番、いや名作アイテムとして完成された【LARDINI/ラルディーニ】のニットジャケット。ZANONE/ザノーネの「CHIOTO」と並び、時代は変わろうとも、時代に求められ続ける銘品です。

ただ、今季から本体以外のところでマイナーチェンジがあります。【LARDINI/ラルディーニ】のアイコンとして左胸を飾ってきたブートニエール。今季から色・素材が統一され、クリップ式のシックでモダンなデザインに変更されています。

セレクトカラーは4色。左からオフベージュ・ライトグレイ・ブラック・ネイビーです。

まずご紹介するのはオフベージュ。淡く柔らかく、ナチュラルでニュートラルなカラーリングです。

振り幅が広く、様々な色合わせを楽しめるのがベージュの良さでもありますが、今回は、最も相性の良いであろうブラウン系を使ってのコーディネートに。

TAGLIATORE/タリアトーレのタートルネックにHolliday&Brown/ホリデイ&ブラウンのストール(未公開)、そして足元はCHEANEY/チーニーのモンクストラップシューズ。これらは全てブラウン系で統一し、パンツには、色の調整役としてJACOB COHEN/ヤコブコーエンの無彩色(グレイ)のコーデュロイパンツを合わせました。ブラウンと相性の良いネイビーが、ストールに配されているのもキーポイントです。

お次はライトグレイ。見覚えのある方もいらっしゃるでしょう。少なからずの反響をいただいていた、Stefano Cau/ステファノカウのご紹介blogでコーディネートしていたものです。

インのFILIPPO DE LAURENTIIS/フィリッポデローレンティス(未公開)、Stefano Cau/ステファノカウのネッカチーフと、こちらも同色系でまとめたグレイトーンコーデ。オフホワイトのパンツはGTA/ジーティーアーです。ブートニエールのデザインが変わったことで、シックでクールなコーディネートがよく決まります。

そしてブラックです。コーディネート力の幅広さを訴え続けてきたブラック。ここにきて多くの方にお選びいただいている注目カラーでもあります。ネイビーに続き、ビジネスシーンでの浸透度も高いようです。

Drumohr/ドルモアのクルーネックニットに、PT TORINO/ピーティートリノのジャージスラックス(未公開)。足元をPantofola d’Oro/パントフォラドーロのスニーカーにすれば、時代をイメージしたビジカジスタイルが出来上がります。こんな雰囲気に合わせたいのが、ZANELLATO/ザネラートの「POSTINA」ではないでしょうか。

着心地は軽楽でも、顔つきは精悍なニットジャケット。ビジネスとカジュアルの境目が曖昧になってきた昨今、様々なブランドから提案されている中でも【LARDINI/ラルディーニ】が求められる理由がそこにあります。

最後はネイビーです。日本人の大好きなネイビーは、真面目な顔も遊びの顔も、全てを可能にしてくれる万能カラーです。

今回は真面目な顔でタイドアップに。シャツ襟のラペルへの収まり、胸元が作り出す立体感。ネクタイ姿も自然です。合わせたのは、GUY ROVER/ギローバーのタッタソールチェック風シャツにHolliday&Brown/ホリデイ&ブラウンのニットタイ。パンツはGERMANO/ジェルマーノのハウンドトゥース柄パンツで、トートバッグはCHAMBORD SELLIER/シャンボールセリエです。

モデルは身長180㎝、体重67kg、胸囲94㎝で、サイズSをジャストサイズで着用。ブラックのみXSをタイトに着用しています。

MODEL: ウールニットジャケット
SIZE: XS・S・M・L
COLOR:ベージュ・ライトグレイ・ブラック・ネイビー
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥98,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入頂けます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

※Cachette MENS 情報

現在のロンドンの気温は18度。8月の平均気温は、19度から22度ほどと日本と比べれば、随分と快適です。そして、そろそろ涼しくなり、朝晩は少し寒ささえ感じる頃です。そんな日本とイギリスの気温差にためらうこともなく、英国物を中心に品揃えしているカシェート。本日、思い切って夏物から秋冬物へと入れ替えをしました。日中の日差しを受けて店内に入ると、厚手のニットやツィードジャケットにさらに汗が出そうですが、冷房の効いた店内にしばらくいれば、これからの季節に想いを馳せることができるはずです。入荷アイテムなどの情報を聞きながら、服談話に花を咲かせてください。

 

CATEGORY

PAGETOP