Clothes to You

GLORY GUYS

GUY ROVER/ギ・ローバーのアメリカンなシャツをご案内しながら、”優しさ”と”思いやり”の違いについて語ります!!

出かける機会が増えれば、シーンに合わせて服を選びます。ただ、出かける機会を失えば、部屋着のような楽な服一辺倒になってしまい、気持ちもどこか沈みがちに。風の心地よい春の陽気の中、ようやく出かける機会を得た私たち。いつもとは違う服装で、街に、郊外に出かけたいものです。

現在、HERNO/ヘルノに焦点を合わせ、ポップアップフェアを開催。時間があれば、この後、新しいアイテムをご案内していきます。ここ数年、HERNO/ヘルノが力を入れているのが、ラグジュアリースポーツをテーマにした「Laminar/ラミナー」シリーズ。ファッション性と機能性を兼ね備えた、あくまでも動のアイテム。人が動き出せば、その反対の静も生き生きしたものになるのが必然なんです。

本日のご案内は、

「どう、寒くない?よかったら、これ着るかい?」と、そっと彼女に囁きかける優しい男。「私は大丈夫。あたなが着て」と彼女。

「そうか、じゃあ、僕が着るよ」と言いながらも、彼女は寒そう。そんな時は、言葉はいらず、そっと彼女の肩にかけてあげるのが、思いやりというものです。わかりますか。優しさと思いやりの違いが。

色違いもあります。なんの事かといえば、Settefile Cashmere/セッテフィーリカシミアのカーディガンではなく、【GUY ROVER/ギ・ローバー】のシャツのことです。かつて、私が “ガイ・ローバー”と読み違え、アメリカのブランドだと大きな勘違いをしていた 1967年、北イタリア・ヴィチェンツァにて創業の正真正銘のイタリアのシャツブランドです。

ご案内の前に、こちらのブログを読んでいただくと、この後の話がスムーズにいきます。タイドアップでお見せしたのは、全てオックスフォードのボタンダウンシャツです。【GUY ROVER/ギ・ローバー】との最初の出会いでもあり、このブランドに惚れ込んだのが、オックスフォードの生地とボタンダウンの襟の形状。当時、ラルフローレンに携わっていた時だけに、本場アメリカのシャツよりアメリカンなシャツに驚いたものでした。

前回、セレクトしたのが、こちらのホワイトとサックスブルー。ホワイトは再入荷として、価格据え置きにて掲載させております。

今回、ホワイトの追加とともにセレクトしたカラーは、前回より青が強いネイビーブルーと優しいサンドベージュ。昨年、Giannetto/ジャンネットで人気のベージュカラー。今季もご用意しており、好評を得ております。

トレードマークのアザミの刺繍は、左カフスに控えめに健在です。パンツアウトのGiannetto/ジャンネットとパンツインの【GUY ROVER/ギ・ローバー】。グローリーガイにとって双璧のシャツブランドと言えます。私の場合、着丈が長くても、パンツから出して、リラックスしております。

“優しさ”より”思いやり”を忘れないために、あえてのカーディガン着用写真です。

モデルは身長175cm、体重64kg、胸囲92㎝で、ネックに合わせてサイズM(39)をややゆとりを持って着用しております。

MODEL:オックスフォード無地 B.Dシャツ
SIZE:S(38)・M(39)・L(41)
COLOR:サンドベージュ・ネイビーブルー
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥22,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

※【HERNO/ヘルノ】モアバリエーションのイベント開催中!!

本日、ご案内を試みたスウェットパーカー。時間が足りませんでした。既にご案内済みの「マーセライズ加工ロゴ入りスウェット」と同素材のパーカーになります。取り急ぎ、通販サイト「SUGURU SHOP」には掲載させていただきます。

ライバル出現です。いや、同じ形でも趣は随分異なります。どこのかといえば、Cachette MENS ブログに、昨日、紹介されていました。

 

CATEGORY

PAGETOP