Clothes to You

GLORY GUYS

新しく揃えるなら、unrole/アンロールのシャツ。その上に羽織るのは、Settefile Cashmere/セッテフィーリカシミアのカーディガンです!!

春なのでしょう。寝付きが悪くなっている昨今。冬に入る頃は、何をしていても眠い。デスクワークなどしようものなら、いつの間にかコクリこくり。毎年のことで、体が季節の変化を伝えてくれているのです。昨日のブログ、素敵なタカイ語録でした。”新たなスタイリングで気分をリフレッシュし、個性という自己プロデュースも楽しむことができるアイテムとして、季節のスイッチを入れるための良いきっかけにもなるようです” なんて、なかなかの表現力でした。確かに、ギフトも含め、店頭の動きは例年以上に良いようです。非実用的だからこそ面白い。そう唱い続けている私たちにとっては嬉しい季節の変わり目です。

ところで昨日、私は何をしていたかといえば、レディースカシェートの商材撮影のため、カメラマンを務めておりました。モデルはマヤさん。ご紹介アイテムは、PYRENEX/ピレネックスのフーデットパッカブルブルゾン。メンズに関してはすでにご案内済みですが、掲載と同時にあっという間にサイズ欠け。ほとんどが通販でのご注文で、店頭でご提案していない、そんなジュニアのボヤキによって再入荷させています。レディースについては、28日(月)に新設のCachette LIFEにてご紹介予定です。今回のコーディネートで注目していただきたいのが、彼女が穿いているチェック柄パンツ。これも実はメンズ、いやユニセックスと言ってよいでしょう。どこのかといえばKinloch Anderson/キンロックアンダーソンの「RAF COCK PANTS」シェフパンツ。ショートカットの彼女、まるで牛若丸のような軽やかさでした。

カメラマンのスタイルとしては最適、なんて言いながら持ち出して着用したのは、JOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレーのスウェット型ニットに、FORTELA/フォルテラのダウンベスト、パンツはJACOB COHEN/ヤコブ・コーエンの「RICKY」。どれも秋入荷の人気もので、残り一点となっています。嬉しいことに全てがマイサイズ。春に着るのにちょうどよいアイテムだけに心が揺れます。諦めさせてくれる方がございましたら、幸いでございます。

さぁ、本題です。下半身はそのままに、ニットをシャツに着替えてみました。シャツのブランド名は【unrole/アンロール】。”(巻かれているものを)広げる、展開する、明らかにする”などの意味があるようです。Bevilacqua(べヴィラクア)のデザイナー、Alberto Paccini(アルベルト パッチーニ)氏が新たに立ち上げたシャツブランドです。ブランドコンセプトは「表面的で言葉だけのMade in Itaryではない、上質かつ本物のクロージングの提案。それを可能にする、デザイナーが信頼を寄せる本物のスペシャリスト達によるモノづくり」です。

最初にご案内させていただいたのが、昨年の8月。ブログにて、セレクトに至った理由や、このシャツに対する思いを語っておりますので、ぜひ巻き戻してご覧ください。そして、半年を経過した今、ご購入された方の反応はどうかといえば、多くの方からリピートの声をいただいており、シャツが見直される、一つの起爆剤となることを予感させてくれています。ご要望にお応えして、ネックサイズの幅を広げております。

デザイナーのアルベルト氏がこだわるのが、生地。その中でもオックスフォードへの想いは特に強いものがあります。オックスフォードなら、やはりB.D(ボタンダウン)と、本家アメリカのブルックスブラザーズやラルフローレンをしのぐ出来栄えに、感動さえ覚えることでしょう。シーズンを通して大活躍の白のオックスフォードクロスB.Dシャツです。

重ね着から一枚で着る機会の多くなる、これからの季節。プルオーバーとも考えましたが、やはり前開きの方が使いかってはいい。ならば、一見、プルオーバー風。実はフルボタンのショート丈をセレクトです。夏なら袖まくりをして、デニムやコットンパンツ、あるいはショーツに。シンプルイズベストです。

モデルは身長175cm、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ38を着ております。

MODEL:オックスフォード白無地B.D.シャツ
SIZE:37・38・39・40・41
COLOR:ホワイト
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥28,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

オックスフォードが凄いなら、シャンブレーもさぞかし良いだろうと、バンドカラーでオーダーです。青みを抑えたブルーというよりシャンブレーネイビー。いやインディゴでいいんです。

着丈は、白のボタンダウンより少し長めでセレクト。タックイン、アウトどちらでも使えます。

モデルは身長175cm、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ38を着ております。

入荷早々、サイズ切れしており、急遽、代理店さんにフォロー要請をかけております。連絡があり次第、ご報告いたします。

MODEL:シャンブレーバンドカラーシャツ
SIZE:37・38・39・40・41
COLOR:インディゴブルー
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥28,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

もう1ブランド、ご案内いたします。

上のシャツに羽織ったのは【Settefile Cashmere/セッテフィーリカシミア】のショールカラーカーディガン。オイスターホワイトとシルバーグレイが2色の糸で編みこまれた、このブランドが得意とするデザインです。

前回、ご紹介したのが「コットン・カシミア・シルク 地柄 カーディガン」。こちらはリネン・コットンのアウター感覚に近いカーディガンになります。四つの大きなボタンが特徴です。

モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:リネン・コットン ショールカラーカーディガン
SIZE:46・48・50
COLOR:オイスターホワイト×シルバーグレイ
MATERIAL:リネン82%・コットン18%
PRICE:¥60,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

ラストが近づいております。よろしければ、この機会にご利用ください。

CATEGORY

今なのか、先なのか?季節の変わり目は何かと難しい。本日の前置きは、今。本題は Settefili Cashmere/セッテフィーリ カシミアの先を見越したカーディガンです!!

日差しがあれば、春を近くに感じる季節です。ただ、油断は禁物。服の選択を間違えると後で後悔します。難しいのは、店頭での品揃えも同じ。まだまだ冬を探しに来られる方も多く、かたずけてしまうわけにはいきません。日本には春夏秋冬と四つの季節があり、暦上では季節の区切りがありますが、実際はここからが春、ここまでが冬なんてはっきりと決めることはできません。先の季節を意識しながら、今のご要望にお応えするのが、本来の洋服屋の在り方でしょうか。

こちらの写真、昨年8月23日のブログに掲載されていました。ちょうど今と同じで、夏から秋に変わる頃です。ご案内したのは、RUFO/ルッフォ。アルチザン(職人)のこだわりとプライドが生み出す極上のレザーコレクションをついに展開!!と息巻いたのですが、セレクトのタイミング、またはチョイスの悪さのせいでしょうか。あまり皆さんの心につきささらなかったようです。ただ、唯一この「FRED」襟付きラムナッパレザージャケットは好評をいただきました。残すサイズが46一点となると心が騒ぐのは当然で、展示会で一目惚れしただけに、20日のセール終了が待ち遠しい。もう少し待てば、私の手元に来てくれるなんて、高嶺の花を待つ心境です。

白のニットに着替え、今日も着てみました。羽織れば、自然に口角が上がります。

実は、今日着ていたニットはミディアムブラウンのタートルネック。気温が二桁ならばと着替えたのが、

12ゲージカシミアのクルーネックセーター。どこのかといえば、フランス語で”出会い”を意味するRencontrant/レンコントラント。温もりのある肌触りとゆるりとしたフォルムが、この冬の別れと新しい春の出会いとを歓送迎してくれているかのようです。サイズMがあるのが、このモデルでしたが、シルク・ウール ワッフル編みクルーネックセーターもサイズが合えば、お勧めいたします。

ライバル登場。20代の頃の私ですなんて、誰も信じません。お揃いのパンツ(BERNARD ZINS)を持っているジュニアです。ちょうどサイズSがあり、着用するつもりでしたが、隠れ場なのに、朝からご来店の切れ目がありません。渋々、写真を探して掲載したのがJOHN SMEDLEY/ジョンスメドレーのVガゼットダブルジャガードスウェット型ニット。すでに一度羽織って、ときめいており、あとは予算次第ということでしょうか。

明るい色を気にしながら、暖かい服装で春を待ちましょう!! が前置きでしょうか。いやいや長い前置きでした。

季節が飛びます。早ければ春、実際には立夏(5月初旬)頃から活躍しそうです。リゾート風スタイルでコーディネートしてみました。

ご紹介させていただくのは、Settefili Cashmere/セッテフィーリ カシミアの新作ニットです。素材は、コットン・カシミア・シルクの黄金比?いや理想の混率。それぞれの天然繊維の良さをブレンドさせています。コットン・カシミアのナチュラルな風合いにシルクの光沢を交えた美しいカーディガンに仕上がりました。魅力は素材だけでありません。優しく編み上げられた地柄に、オイスターホワイトにグレイを足したペールグレイ、オレンジとイエローの中間色アンバーは、輝かせば宝石のトパーズになりそうな、そんな絶妙な色合いです。

合わせたインは、どちらも同じSettefili Cashmere/セッテフィーリ カシミアのコットン・シルク スキッパーポロニット。ニット同士の組み合わせですが、カットソーのようなハイゲージのニットに合わせると上品な佇まいです。パンツはBorelio/ボレリオのコットンカルゼ ドローコード付きシャーリングパンツ。ホワイトのリラックスパンツ、足元BAUDOIN&LANGE/ボードインアンドランジで涼しげなコーディネートです。

昨日、ご案内させていただいたMaria  Santangelo/マリア・サンタンジェロのリネンシャツに合わせてみました。リゾートというより我が家の書斎の気分でしょうか。合わせるものによって背景が変わるのも、このカーディガンの魅力です。

モデルは身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、上のリゾートスタイルはサイズ46をややタイトに、下の書斎スタイルはサイズ48でややゆとりをもってきております。

MODEL:コットン・カシミア・シルク 地柄 カーディガン
SIZE:46・48・50
COLOR:ペールグレイ・アンバー
MATERIAL:コットン60%・カシミア20%・シルク20%
PRICE:¥55,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

春の新作 MooRER/ムーレー情報です。待望の2モデルが入荷しました。明日、ご案内予定です。

CATEGORY

PAGETOP