Clothes to You

GLORY GUYS

英国的にトラウザーズと呼びたい【PT TORINO/ピーティートリノ】のサキソニーウールストレッチパンツのご紹介です!!

本日の出で立ちに羽織りたい【CORBY’S/コービーズ】という英国ブランドのシンプルなスィングトップ。そんなブログをレディースの商品案内に使っているCachette LIFEに独り言したのは、つい最近。いつかは欲しいではなく、今すぐ欲しいと思うのは、朝から雷とともに降り続けた雨。雨がやみ、外に出れば、それまでの湿気を含んだ空気が一変。ひんやりとした冷気が心地よい。いや。肌寒いほどでした。夏はすでに終わり、確実に秋の気配。そろそろ秋服でなんて、すでにスタッフは衣替えしていて、季節においていかれそうなのは、私だけでした。

本格的な秋が始まる前に揃えておきたいのは、直しが必要なアイテム。袖直しや裾直しのあるスーツやジャケット、そして本日ご案内させていただくトラウザーズ 。下半身の準備不足はいざという時に慌てるものです。

PT TORINO/ピーティートリノ】からのご提案です。繊細で美しい表情を持つサキソニー。最高級のメリノウールを使い縮絨と呼ばれる仕上げのあとに起毛して、なめらかな光沢を出すメルトン加工が施されている綾織の毛織物です。フランネルより薄手で軽く、柔らかな手触りを持ちます。

セレクトカラーはブラウンとチャコールグレイです。早速、コーディネートしてみましょう。

まずはブラウン、

ネイビーのブレザーを揃えたら、次はキャメルのジャケットかヘリンボーン柄のツィードジャケット。そんな男のワードローブに必要なアイテムをルール化していたのが、MEN’S CLUB。我々の世代にとっては洋服の手引書のような存在でした。トラッドの言葉が頻繁に使われていた時代です。いつの間にか、クラシコブームに乗ってもてはやされたカラフルで大柄なジャケットは影を潜め、再び注目されているのが、英国的な伝統柄。その代表格のヘリンボーン柄ジャケット(TAGLIATORE)を使ってコーディネートしてみました。参考までにシャツはMaria Santangelo。ネクタイはStefanobigiです。

フィットモデルは、「SUPER SLIM」より股上は深く、緩やかで自然にテーパードした「SLIM FIT」。程よいゆとりはエレガントさと耐久性をもたらします。攻めすぎは禁物です。

足元には、DOUCAL’Sのダブルモンクストラップを合わせてみました。スエードのブラックがグレイヘリンボーンの柄に連動して全体を引き締めます。ドレスダウン、カジュアルアップ用として幅広く使える靴です。

チャコールグレイのウールパンツにブラックのハイゲージタートル(Drumohr)のシックな組み合わせ。何の変哲のないスタイルでも素材やフォルムの良いものは、それだけで様になります。

先ほどと同じタリアトーレのヘリンボーン柄ジャケットを羽織ってみました。色を使わない組み合わせは、どことなくアーティストな雰囲気。芸術の秋にふさわしいスタイルです。さらに気分を盛り上げるなら、

ストール(未公開のFRANC BASSI)を巻くのもいいでしょう。

ブラックスエードとも思いましたが、もう少しコーディネートに奥行きをつけたいと選んだのがDOUCAL’SのUチップです。組み合わせた全てのアイテムが柔らかなウール素材。質感を変えるなら、スエードではなく、シボ革が理想的です。ブラウンを選んでストールの配色に連動させれば、シックながらもメリハリのあるコーディネートが完成します。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:「SLIM FIT」サキソニーウールストレッチパンツ
SIZE: 44・ 46 ・48 ・50
COLOR:ブラウン・チャコールグレイ
MATRIAL:表地:ウール98%・ポリウレタン2%    裏地:アセテート100%
PRICE:¥46,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

【SOZZI/ソッツィ】のロングホーズも入荷しました。後日、ご案内していきます。

【CINQUANTA/チンクアンタ】から「H-501」ゴートスウェード G9ブルゾンの新色が入荷しました。今週中にご紹介させていただきます。

 

CATEGORY

秋の入り口が見え、商品紹介はギアを上げてご案内です! ダブルヘッターでご紹介するのは、Stefano Cau/ステファノカウのシルクネッカチーフと、PT TORINO/ピーティートリノの「MASTER FIT」!!

寝汗とともに起きる気怠さではなく、掛け布団の心地良さから起き上がるのを躊躇ってしまうほど気温が下がった今朝。

9月に入って1週間、ようやく秋の入り口が見えてきた今日この頃。お店はと言えば、新作の入荷も順調に進み、各ブランドから多くの段ボールが担ぎ込まれております。ご紹介が追いつかないほど多くの新入荷アイテムで溢れ、すっかり秋の装いとなった店内は、見応え十分です。

そのため、blogのご案内もギアを上げなければなりません。本日のblogは、まず前半は私タカイのご案内で始まり、後半はスグルへとバトンタッチするダブルヘッターでのご案内です。

前半戦、タカイがご案内するのは、グローリーガイでは初登場となる【Stefano Cau/ステファノカウ】です。

既にご存知の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。2015年、イタリアンシルクの聖地としても名高いミラノ近郊コモで、ステファノカウ氏が自身の名を冠したネクタイブランドを設立。長年、トップブランドのネクタイ部門を担ってきたプロの審美眼で、時代の空気感を捉えた提案から、アーカイブ生地を使ったヴィンテージコレクションまで、豊富なラインナップで魅了しています。

ただ、今季のグローリーガイでご案内するのは、ネクタイではなくネッカチーフ。コモ産の上質なシルクを使用したネッカチーフを3パターンご用意しました。

大きさは66cm四方の正方形。首に収まりの良い大きさで、上質なシルクの肌触りは、きめ細かく滑らかです。

まずご紹介するのは、曲線が描く独特な柄が印象的なこちら。過去のアーカイブコレクションから飛び出してきたような、懐かしさの中にも新鮮さを感じさせるレトロでモダンな色柄です。

濃い色をベースにしたネッカチーフは、コーディネートを引き締めてくれますね。

合わせたのは、TAGLIATORE/タリアトーレのキャメルジャケットにFinamore/フィナモレのオックスフォードシャツ。コントラストが効いた色柄も、色合わせを意識すれば派手さが抑えられ、自然にまとまります。

場面によっては、先を出したい気分の時もありますよね。長さのバランスもちょうど良いです。

ブラックをベースに、コントラストが効いたブラウンの縁取り。その中に描かれた曲線が、まろやかに同居します。

こちらも、アーカイブ生地からイメージを得たようなレトロな幾何学模様。無機質な中に、独特な存在感を持ち併せます。

グレイベースの幾何学模様に合わせたのは、blogの登場を待つLARDINI/ラルディーニのニットジャケットと、こちらも未公開のFILIPPO DE LAURENTIIS/フィリッポデローレンティスのモックネックニット。グレイのワントーンコーデによって、このネッカチーフが持つキャラクターを活かした、無機質でクールな印象にまとめています。

そして、個人的にオススメしているモックネックのネッカチーフ合わせ。間が抜けてしまったり、物足りなさを感じる首元に、華やかさをプラスしてくれます。

グレイをベースに、ブラックとライトグレイのスクエア柄が連続する幾何学柄。ささやかなアクセントとして、ブラックやネイビー、そしてブラウンなど、ダークトーンの中に挿すのも良いでしょうか。

最後は、ブルーをベースにしたマルチカラーのチェック柄です。

ネイビー大好き、という方は多くいらしゃいますよね。TAGLIATORE/タリアトーレのクルーネックニットにGERMANO/ジェルマーノのウールコットンパンツと、潔くネイビー系でまとめたコーディネートです。そんなシンプルなコーデにも彩りを加えてくれるでしょう。

ネイビーにブルー、そしてさらにワントーン明るいブルー。そこにホワイトと柔らかなベージュのラインが走ったマルチカラーチェック。派手さはなく、顔まわりの表情を優しくまとめてくれます。

MODEL:シルクネッカチーフ
SIZE:66×66cm
COLOR:ブラック×ブラウン曲線柄・ グレイ系幾何学柄・ネイビーチェック柄
MATERIAL:シルク100%
PRICE:¥15,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

バトンタッチされたスグルです。前半のタカイによる商品紹介。いつもならグローリーガイの店舗前での撮影が、あいにくの雨で蔵庫/マガジーノ で行われました。しっかりとコーディネートされた商品紹介を見て、本日はここまでなんて思いもしましたが、ここは粘り強く第二部としてご紹介していきます。

【PT TORINO/ピーティートリノ】から定番ストレッチコットンのパンツをご覧いただきます。トレンドに振り回されない大人のスタイル。毎回、大きな変化はありませんが、色合いや配色は毎回少しずつ変わっていきます。今季の提案カラーは、スモーキーカラー?いや、パウダーカラーといった方が良いかもしれません。曖昧な表現ですが、昨年までと比べるとふんわりとした柔らかな色調に惹かれます。

シャモア色?”シャモア”とは「ウシ科の哺乳類でニホンカモシカに近く体形はヤギに似る。夏毛は黄褐色、冬毛は黒褐色。ヨーロッパ中南部から小アジアにかけての山岳地帯の岩場で生活」と記されています。シャモア革のようなやわらかく赤みのある黄色を指す言葉。写真では表現できないニュアンスのある優しい色合いです。

フィットモデルは「MASTER FIT」。腰の傾斜をフラットにし、ワタリからから膝下までストンとストレートに落ちる、スッキリとしたシルエットです。以前は生地セレクトが終わり、フィットモデルを決める際にあれこれ悩みましたが、このモデルが登場して以来、迷わず即決している、店頭でもリピーターの多いモデルです。

トレンドカラーはブランドの垣根を越えます。ちょうどTAGLIATORE/タリアトーレのチェック柄ジャケットの差し色に使われており、合わせてみました。インにきているニットはDrumohr/ドルモア(未公開)、靴はJOSEPH CHEANEY/ ジョセフチーニーのシングルモンク(ジュニア私物)を履いております。

アイボリーホワイトにパウダーをまぶしたような…レグホーン寄りの、そんな色目です。ややこしいのでアイボリーホワイトにします。

膝から比較的ストレートに落としたシルエット。デニムの「SWING」がサイズ30で裾幅15.5cm。対して「MASTER FIT」はサイズ46で17.0cmと裾幅は広いため、チャッカブーツの履き口が綺麗に収まります。ミッドカットやハイカットのブーツに合わせる機会の多い秋冬。このモデルの強みもそこにあるのです。

アイボリーホワイトとネイビーの二色のみを使ったコーディネートです。他のホワイトに比べると華やかな印象になります。羽織ったレザーはCINQUANTA/チンクアンタのシングルライダース、インのニットはDrumohr/ドルモア(未公開)、靴はDOUCAL’S(デュカルス)のチャッカブーツ、バッグはCHAMBORD SELLIER/シャンボール セリエのショルダーストラップ付きトートバッグです。ネイビー好きには堪りません。

いかがですか?かつてセレクトしてきたグレイよりも円やかな色合いに見えませんか。生地との相性はもちろん、このモデルにぴったりのアッシュグレイです。

モードにならないモノトーンのコーディネートです。HERNO/ヘルノ(未公開)の温もりのあるニットダウンベストにシャープなDrumohr/ドルモア(未公開)のハイゲージニット、靴はANTONIO PIO MELE/アントニオ・ピオ・メーレの風合いのあるバッファロースニーカー、シボ革の質感のあるCHAMBORD SELLIER/シャンボール セリエのショルダーバッグと、それぞれの素材の良さを上手くミックスさせた色気のあるスタイルに仕上げてみました。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:「MASTER FIT」ストレッチコットンチノパンツ
SIZE: 44・ 46 ・48 ・50
COLOR:シャモアブラウン・アイボリーホワイト・アッシュグレイ
MATRIAL:コットン96%・ポリウレタン4%
PRICE:¥38,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

※Cachette MENS 情報

本日、カシェートメンズブログも更新しております。こちらからご覧ください。

CATEGORY

イタリアンニットのFILIPPO DE LAURENTIIS/フィリッポ デ ローレンティスとイタリアンデニムのPT TORINO/ピーティートリノの「DENIM」パンツです!!

蔵庫/マガジーノの蔵開きのご案内です。「えっ、入荷が多いから開けている場合ではないと昨日のブログには書いてあったけど」。確か、そうでした。ただ、お客様のニーズに応えるのが私たちの役目。リクエストがあれば、そこはなんとかするのが、洋服屋としての義務。ということで、明日の金曜日、土曜日の二日間。日曜日は閉まります。時間も変則的で、金曜日は11:00~17:00、土曜日は11:00~18:00とさせていただきます。まだスタッフにも告げていない蔵開き。今から、人の手配をしますが、多分、ナグラさんが蔵番になるかと思います。よろしくお願いいたします。

本日、雨かと思えば、勘違いでしょうか。雲は多いものの晴れ間もありの撮影日和。予定より多く、ご紹介しますので、お付き合いください。

PT TORINO/ピーティートリノの新作デニムを使ってご紹介するのは、【FILIPPO DE LAURENTIIS/フィリッポ デ ローレンティス】です。

カシミア混ウールのミドルからローゲージの中間の厚みを持つ片畔編みのハーフジップセーターです。柔らかなエクルベージュと爽やかなネイビーの二色をご用意しました。セレクトの決め手は袖・裾口の編み地。リブ編みよりカットソーのようなラフな気分が楽しめるニットです。インに合わせたロングスリーブのTシャツは私物のMAISON CORNICHON/メゾンコルニション。ここでも活躍です。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:ウール・カシミア ハーフジップセーター
SIZE:44・46・48・50
COLOR:エクルベージュ・ネイビー
MATERIAL:ウール90%・カシミア10%
PRICE:¥45,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

いつもの【PT TORINO/ピーティートリノ】の「DENIM」と異なる雰囲気を醸し出しているのが、スラントポケット の5ポケットモデル「INDIE」。デニスラと言いながらも、ウォッシュドされたライトブルーの色調やすっきりした軽快なシルエットが新鮮です。

そのまま飛び出したくなるような軽快な穿き心地に驚きです。フィット感がありながら、まとわりつかない、そんな居心地の良いソファーのようなデニムパンツです。裾の折り返しにはしつけ糸が付いておりますが、簡単に取り外すことはできます。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ30を穿いております。

MODEL:「DENIM」INDIE ウォッシュドブルースラント 5Pパンツ
SIZE:29・30・31・32・33・34
COLOR:ライトブルー
MATERIAL:コットン81%・セルロース11%・ポリエステル6%・ポリウレタン2%
PRICE:¥40,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

【PT TORINO/ピーティートリノ】の「DENIM」は、ホワイト、ウォッシュドブラックのグレイ、そしてさらに濃いダークグレイのモノトーントリオです。

打ち込みのしっかりした、やや生成りがかったホワイトは、おなじみの「SWING」でセレクト。ホワイトの紙パッチにホワイトのステッチとシンプルなデザイン。生地の薄さから春夏にセレクトしなかったホワイトデニム。やや厚みのある生地やじわっとくる伸縮性なら、穿いていて安心。冬景色ともよく似合うはずです。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ30をややタイトに穿いております。

MODEL:「DENIM」SWING ホワイト 5Pパンツ
SIZE:29・30・31・32・33・34
COLOR:ホワイト
MATERIAL:コットン98%・ポリウレタン2%
PRICE:¥36,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

同じく「SWING」でセレクトしたウォッシュドブラックのグレイ。今季のグレイはモノトーンでまとめるのではなく、ブラウンやカーキ、ベージュなどに合わせたい。ミディアムトーンのグレイの守備範囲は広いはずです。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ30をジャストで穿いております。

MODEL:「DENIM」SWING ウォッシュドブラックグレイ 5Pパンツ
SIZE:29・30・31・32・33・34
COLOR:グレイ
MATERIAL:コットン99%・ポリウレタン1%
PRICE:¥45,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

ブラックに近いけどブラックではないウォッシュドブラックのダークグレイ。ウォッシュ加工の巧さを感じるデニムパンツです。

シルエットを見て、モデル名がわかる方は、PT通です。「SWING」に比べると全体に緩やかなテーパードモデル「JAZZ」。このシルエットならストレッチ素材でなくても…。いや、ストレッチが効いてこその【PT TORINO/ピーティートリノ】の「DENIM」。ストレスがない方が楽に決まっています。デニムらしさを楽しめる楽チンデニムパンツです。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ30をジャストで穿いております。

MODEL:「DENIM」JAZZ ウォッシュドブラックグダークグレイ 5Pパンツ
SIZE:29・30・31・32・33・34
COLOR:ダークグレイ
MATERIAL:コットン81%・セルロース11%・ポリエステル6%・ポリウレタン2%
PRICE:¥40,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちら

 

CATEGORY

穿かないデニムはセレクトしておりません!! 長い付き合いのJACOB COHEN/ヤコブ・コーエンとバランスの良いPT TORINO/ピーティートリノの「DENIM」です!!

今年になって通ったのは、歯科と眼科。どうも我慢するのが得意の医者嫌い。痛みに堪えきれず、向かったのは、夜間歯科センター。3本の親不知を抜くことになり、以前通っていた歯医者さんへ。痛みのひどい右下奥歯を抜いたら、痛みは治まり、一安心。次は上の親知らず2本ですが、しばらく様子を見てから。いや、痛みが増すまで我慢。5月に入ってからの左目の違和感は、ものむらい。よくここまで我慢したねと女医さんに言われながら、出すものを出し、二週間。まだ、なんとなくスッキリしないと昨日、診察に行き、まだ完治していないと、瞼にチクリ。ついでに言われたのは白内障の初期段階。まだ手術の必要はないとのことですが、いずれはでしょう。加齢によるものとタカをくくっていたのに…。いやいや、十分に加齢していました。まだ老化とは言いたくない年頃。還暦過ぎて、仕切りなおしたはずですが、時の流れは早い。来月の誕生日を迎えれば、またひとつ加齢します。

昨年秋にスラントポケット コットンストレッチパンツ「BOBBY」は購入しましたが、インディゴのデニムは久しぶり。どこのかといえば【JACOB COHEN/ヤコブ・コーエン】。日本にイタリアブランドのジーンズがなく、当時の代理店さんに毎回お願いしていたところ、服の師匠とも言えるN.K氏より紹介されたのが【JACOB COHEN/ヤコブ・コーエン】でした。それ以来、ずっと愛用しています。モデルはかつての「J688」。程よく股上をとっているストレートに近いスリムフィット。現在のモデル名は「BARD」。日本に初上陸した頃は、「610」と「620」の2モデル。「610」をスッキリさせたのが「688」。さらにスキニーに近づけたのが「622」でした。「620」はほとんどストレートに近いシルエットで、現在はありません。そろそろ復活しても良い頃です。

ライトウエイトではなく、年間使えるミドルウエイトのデニム生地。インディゴの色合いと程よいウォッシュド加工が心を揺さぶりました。

ご紹介ブログは、3月8日。ご用意できるサイズは29、31、34と3サイズのみとなりました。一つ一つ雰囲気は異なり、同じものに出会うことがないだけにサイズが合われる方には是非オススメしたいデニムパンツです。

こちらは、【PT TORINO/ピーティートリノ】の「DENIM」シリーズからセレクトしたインディゴのデニム。来年、2024年春夏の展示会ですので、入荷するのはしばらく先です。同じような色落ちしたウォッシュドブルーデニムを選んでおります。

かつてのネームは【PT05/ピーティーゼロチンクエ】。5ポケットからネーミング。ドレスデニムとして登場するや、メディアの後押しもあり、大反響を呼んだイタリアンデニムブランドです。ただ、デニム通の方からの支持を得なかったのは、スラックスの延長線上としてのモノ作りが原因。そこで、新たに工場を立ち上げ、デニムだけのラインに特化。モデル名も音楽ジャンルに分けて展開したところ、イタリアンデニムの入門編としての地位を確立。30代、40代はユーチューブの影響もあり、一度穿いてみたいデニムブランドとして大人気。50代以上のオヤジからも穿きやすさやスッキリしたシルエットにファンの多い【PT TORINO】の「DENIM」シリーズです。

「SWING」 ウォッシュドライトグレイ 5Pパンツ

「SWING 」ホワイトデニム 5Pパンツ

「SWING」 インディゴウォッシュドデニム5Pパンツ

「SWING 」ウォッシュドインディゴブルー5Pパンツ

「SWING」 リジット風インディゴブルー5Pパンツ

現在のラインナップです。全て「SUPER SLIM FIT」ベースの「SWING」。ジャケットからカットソーまで幅広くコーディネートできる、最もバランスの良いモデルです。

こちらは、LARDINI/ラルディーニの2024年春夏プレコレクションで見つけたデニムパンツ。ちょっぴり高額ですが、魅力的。サンプルサイズ32を穿いたのは、ジュニア。見つけたのも彼でしたが、もちろんグローリーガイで展開します。

週のうち、デニム着用率の高い私。何本あってもいい!! と言いながら、なんでもいいわけではありません。売り場にあってもいいかなではなく、これなら絶対に穿くというスタンスでセレクトしております。

6月15日(木)〜18日(日)の4日間限定で、春夏物を中心とした「一点ものフェア」をカシェートで開催中です。点数は限られますが、各ブランドから一点ものとなった優秀なアイテムを30%~50%(一部70%)OFFでご提案させていただきます。カシェートからも協賛があり、上記以外にもブランドはさらに増えました。サイズが合われる方には、縁起の良いイベントです。折良く、期間中は梅雨の晴れ間となりそうです。お誘い合わせの上、ぜひお越しください。

※ Cachette MENS 情報

英国の革靴メーカー【SANDERS/サンダース】の定番モデルを揃えたコレクションフェアを開催しております。詳しくは、こちらのブログをご覧下さい。

 

CATEGORY

脛に傷を持つ男が紹介する PT TORINO/ピーティートリノの「BERMUDA」ストレッチナイロン ショーツです!!

正面入り口、入ってすぐ右のスペース。イベントの後、置きっ放しにしてあった売れない(失言)ピアニストを職業とする妹のピアノ。現在、北側入口に移動。カフェのイベントのため、しばらくはソファが置いてありましたが、これもマガジーノ に。現在、上の写真の状態になり、私の憩いの場所?いやいや、仕事場にしようかと企んでおります。というのも、あるエージェントさんからのアドバイス。「スグルさん、事務所にこもらずに前面に出た方がいいですよ」に「まだ働くの?」の私。「働いてもらわないと困ります!!」の励ましの言葉をいただいた次第です。ただ、これからの季節、この場所は暑い。それに外から丸見えで気が抜けない。何よりも鬼の居ぬ間に洗濯もできない…これはスタッフではなくお客様に当てはまるかもしれません。そんなことで、たまに座ることはあっても、結局は事務所にいることになりそうです。

この手の写真が載れば、ショーツの紹介だとお分かりになるかと。そう、脛に傷を持つ私は全てをお見せできないのです。じゃぁ、代わりに誰かが担当すればということになるのですが、皆それぞれ下半身に難があるようで、バイヤー責任として私がご案内していきます。ブランドは【PT TORINO/ピーティートリノ】になります。

ナイロン・ポリウレタンの伸縮性のある「ACTIVE」ショーツ。フラップ付きのウォッチポケットがついたノープリーツモデル「BERMUDA」。ジーンズのスモールポケット同様、かつては懐中時計を入れるためのポケットですが、現在はその名残り。チケットポケット、コインポケットとも呼びます。ノンストレスな穿き心地で、ドライブやゴルフなどアクティブに使っていただけるショーツです。

モデルは身長175㎝、体重63㎏、胸囲91㎝で、サイズ46を着用しております。

マスタードで合わせたTシャツデニムジャケットともにPT TORINO、ネイビーで合わせたTシャツは私物、半袖のカットソーシャツは未公開のZANONEです。

MODEL:「BERMUDA」ストレッチナイロン ショーツ
SIZE: 44・ 46 ・48 ・50
COLOR:マスタード・ネイビー
MATRIAL:ナイロン79%・ポリウレタン21%
PRICE:¥27,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

こちらもオススメです。私のお目付役として展示会巡りに同行するジュニア。いつも軽快に履いているパンツが、この「Travel」のテクニカルウォッシャブルウールカーゴパンツ。カーゴポケットのフラップの釦を隠すことで、スッキリモダンに仕上げた綺麗めなアクティブパンツです。

個人的には、こんな感じで穿きたいと、合わせた組み合わせがこちらです。詳しくは、こちらのブログにてご紹介しております。

明日までのイベントになります。このチャンスを逃さないようにしてください。

※ Cachette MENS 情報

昨年の秋冬から本格的にカシェートでスタートした英国の革靴メーカー【SANDERS/サンダース】。定番モデルを揃えたコレクションフェアを開催しております。詳しくは、こちらのブログをご覧ください。

引き続き、【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】のモアバリエーションも開催しております。夏に向けての見応えのあるコレクション。ぜひお立ち寄りください。

 

 

CATEGORY

PAGETOP