Clothes to You

Cachette MENS

アイリッシュパブも居酒屋も似合うコーディネートのご提案です!!

本日、目の休養のため、ブログは休ませていただくつもりでしたが、あるお客様を接客していたら、無性に気になるアイテムが出てきてしまい、指が勝手にキーボードを叩いて…。いや意識的にパソコンの前に座っております。

気になるアイテムというのが、羽織っているアイルランド生まれの【James Mortimer/ジェームズモルティマー】のシャツです。ご案内の際、ジュニアも書いておりますが、アイランド生まれのシャツは珍しく、私シニアも初めて目にするブランドなんです。

あるお客様とは、ランニング中にカシェートにふらっと立ち寄って頂いて以来、グローリーガイ共々、ご贔屓にしてくださるS様。浦安市より単身赴任でここ岡崎で仕事をされている50代半ばの男性です。歴史にもご興味があり、ついつい長話です。少し前に滞在されていた愛媛県の松山の話で盛り上がり、写真を何枚か見せていただきながら、夏の着物の話題になり、能登上布に話が及べば、興味津々です。上布とは麻織物のことで、約2000年前に崇神天皇の皇女が中能登地方で機織りを教えたことが能登上布と呼ばれています。この能登上布で着物を作られたとお聞きして、対抗するには、このシャツしかないと、最初、フランスのシャツブランド【Placide/プラシーデ】をご提案していたのですが、仕切り直しです。立ち向かえるのは、アイリッシュリネンしかありません。

アイリッシュリネンとは字のごとくアイルランドで生まれたリネン(亜麻)、能登上布は日本古来から使われてきたラミー(苧麻)と違いはありますが、どちらも滑らかな肌触りで光沢感、ハリ感、そして透け感のある軽快な素材です。

当然、相性の良いのは【JOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレー】。30ゲージのボーダー柄で合わせてみました。サイズSを着ております。

全体写真です。麻の質感と艶のあるブラック。夏のベストマッチですが、やはり、どこかにホワイトを入れてやらないと重くなります。ホワイトのボトムで選んだのは、PT TORINO/ピーティートリノのコットン・リネンワイドパンツ。Of ORIGIN/オブ オリジンのサンダルでさらに軽やかな夏の装いに。昼間なら、一人、蕎麦屋で日本酒、夜はアイリッシュパブで仲間と一緒に。そんな雰囲気が似合う麻を使ったコーディネートです。

 

 

CATEGORY

夏は【James Mortimer/ジェームズモルティマー】のアイリッシュリネンシャツを着て出掛けましょう!!!

スグルJr.です。

先日、結婚記念日だったので、仕事を休んで久々にイタリアンで贅沢してきました。久々に行ったレストランは満席で賑わっており、少しづつ前に戻ってきたような雰囲気も楽しめました。少し前までは、仕事が終わって帰る時にはお店が全くやっておらず暗い街並みを見ながら帰ったのも懐かしく感じます。体調管理には気をつけたいところですが、店頭でも旅行に行ってきた話しなど、旅行用で洋服を購入する方も増えてきて嬉しい限りです。

本日は、夏にお勧めしたいアイリッシュリネンシャツを見つけたのでご提案したいと思います。

ブランドは今季から取り扱いをスタートすることになったアイルランド生まれの【James Mortimer/ジェームズモルティマー】

アイルランドのブランドと聞くだけで興味が湧きます。なぜならアイルランドのブランドはイングランドやスコットランドに比べて極端に少なく、しかも現代ではかなり希少価値の高い英国製のシャツを作り続けているメーカーは殆んどありません。

【James Mortimer/ジェームズモルティマー】は 1894年、アイルランドのドネガル地方にて創業したシャツ専業メーカーです。
全てのシャツの一枚一枚が “CRAFT” としてつくられることをモットーに、今では珍しくなってしまった上質なシャツのディテールを 頑なに守り続けています。 シャツの専業メーカーならではの精密な縫製や、生地へのこだわり、クラフツマン・シップが滲み出すような 完成度の高さが “James Mortimer” のシャツの魅力です。

 

最高峰と呼ばれるアイルランド生まれのIrish Linen/アイリッシュリネンを贅沢に使用しています。

アイルランドで創立したアイリッシュリネン・ギルドのタグも施されており、最高品質のリネンを使用している証でもあります。

少し寒い地方で育つ、亜麻科の一年草でもあるフラックス

ブランドとしてはリネンが最も得意で、季節関係なくリネンを提案しているのも【James Mortimer/ジェームズモルティマー】の特徴です。

通気性も高く、吸水性と発散性にも優れており、熱がこもらないので真夏でも快適に過ごせます。

 

 

 

オープンカラーの襟に少しだけ袖丈を長くし、全体的にナチュラルなゆとりを持たせたリラックス感のある落ち着いた雰囲気が魅力的です。

着丈は少し短く設定されているので、バランスの良いすっきりとした印象に着こなせます。

奥深さのあるアイリッシュリネン特有の光沢も素晴らしく、他のリネンとは一線を画す上品な雰囲気に演出してくれます。

(コーディネートアイテム)

ニット・【JOHN SMEDLEY/ジョン・スメドレー】「S4409」30Gショートスリーブクルーネックニット

パンツ・【BERNARD ZINS/ベルナールザンス】「V3」シアサッカーストレッチ2インプリーツトラウザーズ

バック・【TUSTING/タスティング】グレインレザー巾着

靴・【SANDERS/サンダース】ポリッシュドカーフノーシューレースシューズ

1枚で着用することも出来ますし、軽めのアウターとしてさらっと羽織るのにも重宝します。

丈夫なアイリッシュリネンですが、着込むほどに柔らかくなり、生地が馴染んでくるのも経年変化を楽しめる上質素材の醍醐味ではないでしょうか。

ヨーロッパでの人気の理由の1つです。

モデルは身長181㎝、体重74kg、胸囲96㎝で、サイズ40を着ています。

MODEL:アイリッシュリネンオープンカラー半袖シャツ
SIZE:36・38・40
COLOR:ブラック
MATERIAL:コットン100%
PRICE:¥23,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

同じ素材で長袖もご用意しました。

カラーも潔くブラックのみ。

麻のブラックは夏に1枚で着ていると本当に格好良いです。

極端に着丈を短くしておらず、半袖のタイプに比べると着丈は長めです。

無造作にタックアウトで着こなすか、きちんとタックインして着用するかの2択選ぶことが出来ます。

タイトなフィッテングではなく、可動域を考慮した動きやすいサイズ感に設定されています。

クタクタになるまで着ながら、ジャケットのインにするのも良さそうです。

襟は小ぶりなタイニーカラーを採用しています。首元が重たくならずすっきりしてみえます。

写真がボケていますが、サイドのガゼットはアイリッシュカラーのグリーンを採用しています。

ブランドのカラーらしく、彼らの拘りポイントみたいです。

袖のボタンはコンバーチブル・カフス仕様で調整可能です。

モデルは身長181㎝、体重74kg、胸囲96㎝で、サイズ40を着ています。

MODEL:アイリッシュリネンスタンダードシャツ
SIZE:36・38・40
COLOR:ブラック
MATERIAL:アイリッシュリネン100%
PRICE:¥24,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

アンティーク時計についてもブログを書いていますので、併せてご覧ください。

 

 

CATEGORY

PAGETOP