Clothes to You

Cachette MENS

【MACKINTOSH / マッキントッシュ】から新作のトラベラーコートをご提案します!!!

スグルJr.です。

本日は、【MACKINTOSH / マッキントッシュ】からオールシーズン対応の新作コートをご提案したいと思います。

【MACKINTOSH / マッキントッシュ】とは?
イギリス・スコットランドに本拠地を置くブランド。チャールズ・マッキントッシュが1830年に世界で初めてコットン生地に天然ゴムベースのオリジナル素材を塗布した防水生地コートを発表。その後、防水素材をコットン生地で挟む「マッキントッシュ・クロス」へと進化しています。英国らしいクラフトマンシップ溢れるクオリティの高さで、日本でも有名なコートメーカーです。
近年では過去の名作たちをモデル名から変更し、デザイン性をさらにアップデート。クラシックでありながらもモダンなコレクションを展開している英国を代表するブランドに。

ご用意した、モデルは「BORNESS LONG」

マッキントッシュのコレクションの中でも新しいラインのコートになっており、伝統的な作りに革新的な雰囲気をミックスさせたシリーズになります。

バックを持たない方に向けたトラベルコートをイメージしており、フラップ付きの大きなポケットが収納力の高さを示しています。

ミリタリーテイストなフラップポケットは、全体のアクセントにもなっており、他にはないオリジナリティ溢れるコートに仕上がっていると思います。

手を入れるためのハンドウォームポケットも施されており、様々な季節で活躍してくれそうではないでしょうか。

シルエットは動きやすさにフォーカスしており、全体的にゆとりのあるオーバーコートになります。不思議と野暮ったさはなく、トレンドを意識した雰囲気ではなく、昔のミリタリーコートをイメージさせるサイズ感になります。筒袖もやや太めに作ってあり。ジャケットやローゲージのニットの上からも羽織りやすいと思います。

1枚仕立てなので羽織り心地も軽く、生地はツイル地でしっかりとしていますが、厚みはそこまでありません。

オールシーズンさらっとレインコートとしても羽織れる仕上がりに。

生地は旅をコンセプトに誕生した「RAINTEC TRAVELER」と呼ばれる、撥水性、防シワ性、ナチュラルストレッチの機能素材を採用しております。

素材はポリエステル100%ですが、見た目はコットンのような風合いになっているのが特徴です。

 

1番惹かれたのが中央にボタンが配置された背中のヨーク。

後ろ姿が格段に格好良く感じて頂けます。

配色は何とも言えないややブラウンがかったオリーブになります。画像で表現するのはかなり難しかったカメラマン泣かせの不思議な色合いです。

モデルは身長181㎝、体重74kg、胸囲96㎝で、サイズ38を着用しています。

MODEL: 「BORNESS LONG」トラベルコート
SIZE:36・38・40
COLOR:オリーブブラウン
MATERIAL:表地:ポリエステル100%
PRICE:¥69,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

Cachette MENS BLOG 過去のブログも併せてご覧下さい。お時間があればご覧下さい。

【WILLIAM LOCKIE/ウィリアムロッキー】のフィッシャーマンセーターもお勧めです。

ブログはこちらからご覧になれます。

【WILLIAM LOCKIE/ウィリアムロッキー】からはジャケット代わりに羽織れる立ち襟カーディガンをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

スコットランドの【WILLIAM LOCKIE/ウィリアムロッキー】からタートルネックをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

【CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ】から希少価値の高いコードバンモデルをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

英国で現存している唯一のダウン専門ファクトリ【P.H.DESIGNS/ピーエイチデザイン】をご紹介しております。

ブログは、こちらからご覧になれます。

【DENT’S/デンツ】からは冬の寒さから守ってくれるツイードのグローブをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

 

カシェート別注の【WILLIAM LOCKIE/ウイリアム ロッキー】のハーフジップニットをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

10年ぶりに取り扱いをスタートした【MACKINTOSH / マッキントッシュ】もご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

寒くなっってきたのでフレンチダウンです!!!

ブログはこちらからご覧になれます。

定番モデルの「BELFORT/ベルフォール」をご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

ダウンやコートのインナー使いにもお勧めな【Alan Paine/アランペイン】のモックネックニットをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

 

 

【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】からお勧めの24ゲージのクルーネックニットをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

【Johnstons of Elgin/ジョンストンズ】のリバシーブルマフラーをご提案しております。

ブログはこちらからご覧下さい。

【Alan Paine/アランペイン】のニットをご提案しております。

ブログはこちらからご覧下さい。

【TWC/ティー ダブリュー シー】のリバーシブルベストをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

 

足元には英国靴【SANDERS/サンダース】がお勧めです。

ブログはこちらからご覧になれます。

優雅な休日に【LACOSTE/ラコステ】のスウェットをご提案しております。

ブログはこちらから

 

ご好評頂いている【PYRENEX/ピレネックス】のダウンベストをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

Buckingham Bear/バッキンガムベアニットもオンラインに掲載しました。

ブログはこちらからご覧になれます。

英国スタイルには必ず手に持って欲しいバック【Billingham/ビリンガム】のトートバック。

ブログはこちらからご覧下さい。

CATEGORY

10年ぶりの復活!?英国名門コートメーカー【MACKINTOSH / マッキントッシュ】から新型モデルをご提案したいと思います。追記アリ(フランスのカットソーブランドのMINI POP UPのお知らせ)

スグルJr.です。

本日は、10年ぶりに取り扱いをスタートすることになった、英国名門コートメーカー【MACKINTOSH / マッキントッシュ】から新型モデルをご提案したいと思います。

密かに取り扱いをスタートしようと考えていたのが2年前。お世話になっている代理店の方のご紹介もあり、ついに…復活しました。

ただ、納期がかなり遅れてしまい、ご提案までに時間がかかってしまいました。

すでに店頭での評判もかなり良く、時代が変わっても芯があるブランドは魅力的に感じます。

【MACKINTOSH / マッキントッシュ】とは?
イギリス・スコットランドに本拠地を置くブランド。チャールズ・マッキントッシュが1830年に世界で初めてコットン生地に天然ゴムベースのオリジナル素材を塗布した防水生地コートを発表。その後、防水素材をコットン生地で挟む「マッキントッシュ・クロス」へと進化しています。英国らしいクラフトマンシップ溢れるクオリティの高さで、日本でも有名なコートメーカーです。
近年では過去の名作たちをモデル名から変更し、デザイン性をさらにアップデート。クラシックでありながらもモダンなコレクションを展開している英国を代表するブランドに。

ご用意したモデルは「NEW STANLEY/ニュースタンレー」

マッキントッシュの代名詞でもあるDUNKELD/ダンケルドをベースにして作られたモデルで、肩肘張らずに優雅に羽織れるチェスターコートに仕上がっています。

探すと意外と英国メーカーで少ないのがチェスターコートのモデルで、他のメーカーでも殆んど展開がありません。イタリアメーカーではジャケット屋さんに必ずありますが、シルエット的には細身のタイプが多い気がします。探していたのはジャケットの上からも気軽に羽織れる絶妙なサイズ感だったので、まさに「NEW STANLEY/ニュースタンレー」は待望のモデルでした。

昔も今も変わらずコレクションの殆んどが英国製なのも現代では貴重な存在です。

ウエストのシェイプは緩やかですが、計算されたシルエットで纏まりある美しい仕立てになっています。

羽織った際のストレスは皆無で、肩周りなども含めて想像以上に柔らかい着心地です。

マッキントッシュらしいボタンもシンプルなコートだからこそアクセントになります。

マークではなくボタンで主張しているのが英国ブランドらしくて惹かれます。

裏地はモダンなムードが漂うデザインになっていました。

 

 

素材はカシミアと間違えてしまいそうなしっとり滑らかな上質なウールを採用しております。

生地はLoro Piana(ロロ・ピアーナ)のレインシステムと呼ばれるシリーズで、生地の風合いはそのままで、撥水性と耐久性を高めた機能的なウール生地になります。

スーツスタイルに合わせて頂きたいですが、休日にニットの上からさらっと羽織っても上品で素敵な佇まいになるはずです。

モデルは身長181㎝、体重74kg、胸囲96㎝で、サイズ40を着用しています。

MODEL: 「NEW STANLEY」チェスターコート
SIZE:36・38・40
COLOR:ブラック
MATERIAL:表地:ウール100%・裏地キュプラ100%
PRICE:¥127,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

【TWC/ティー ダブリュー シー】のコートも実は【MACKINTOSH / マッキントッシュ】が生産しているので、併せてご覧下さい。

【TWC/ティー ダブリュー シー】の商品はこちらからご覧になれます。

NEW DUNKELD/ダンケルドも入荷しておりますが、本日は時間切れとなりました…

 

春夏から取り扱いをスタートすることになっている、フランスのカットソーブランド【Armor lux/アルモリュクス】のMINI POP UP を開催させて頂きます。

取り扱いは春夏からでしたが、メーカーさんの粋な計らいにより秋冬のコレクションを送って頂きました。

数はかなり限りがあり…サイズ展開も多いわけではありませんが、ウール素材のスウェットやパンツ、タートルネックのカットソーなど心惹かれるアイテムばかりです。

【Armor lux/アルモリュクス】とは?

1938年、フランス北西部の大西洋に面したブルターニュ地方に位置する都市・カンペールにBonneteried’Armorが設立、そのはじまりは肌着の生産でした。1947年にはアルモリュクスがブランドとして誕生、その後、ブルターニュ地方の漁師が何世紀にも渡り着用し、フランス海軍にも採用されたブルトンシャツ(ボートネックボーダーシャツ)の生産を開始しました。

「Armor」は海を、「Lux」は光を意味し、ブルトンシャツに加え、ピーコートやマリナージャンパー、フィッシャーマンスモックといったアルモリュクスのワードローブの一部は、ブルターニュ地方の暮らしや風土に由来しています。そして、その高い品質により、海軍をはじめ郵便局や鉄道といったフランスの国営企業や公的企業の制服に採用され、現在ではフランスを代表するブランドへと成長を遂げました。

アルモリュクスの製品の特徴は、生地生産から縫製までを自社工場にて一元管理することによるその品質(=着心地)にあります。メインアイテムとなるブルトンシャツはオーガニックコットンやフェアトレードコットンを原料とし、独自のフィニッシングによりある程度の厚みを持たせつつ独特の柔らかさを実現。ストレスを感じさせない快適な着心地をもたらします。

 

ウール素材のスウェットパンツも暖かくてお勧めです。

Cachette MENS BLOG 過去のブログも併せてご覧下さい。

寒くなったらフレンチダウンです!!!

ブログはこちらからご覧になれます。

昨日は、定番モデルの「BELFORT/ベルフォール」をご提案しております。いつかの値上がり前にご検討下さい…

ブログはこちらからご覧になれます。

ダウンのインナー使いにもお勧めな【Alan Paine/アランペイン】のニットをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

知る人ぞ知る英国メーカー【TWC/ティー ダブリュー シー】からコートをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

本日、オンラインショップに掲載されました。

 

【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】からお勧めの24ゲージのクルーネックニットをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

【Johnstons of Elgin/ジョンストンズ】のリバシーブルマフラーをご提案しております。

ブログはこちらからご覧下さい。

【Alan Paine/アランペイン】のニットをご提案しております。

ブログはこちらからご覧下さい。

【TWC/ティー ダブリュー シー】のリバーシブルベストをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

英国スタイルに欠かせないハンティングジャケットをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

足元には英国靴【SANDERS/サンダース】がお勧めです。

ブログはこちらからご覧になれます。

優雅な休日に【LACOSTE/ラコステ】のスウェットをご提案しております。

ブログはこちらから

今の時期にピッタリなライトダウンがついに【PYRENEX/ピレネックス】から登場しました。

ブログはこちらからご覧になれます。

ご好評頂いている【PYRENEX/ピレネックス】のダウンベストをご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

Buckingham Bear/バッキンガムベアニットもオンラインに掲載しました。

ブログはこちらからご覧になれます。

英国スタイルには必ず手に持って欲しいバック【Billingham/ビリンガム】のトートバック。

ブログはこちらからご覧下さい。

【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】からは特別感のあるコレクションをご提案しております。

ブログはこちらからご覧下さい。

 

CATEGORY

PAGETOP