宝物です。

133.JPG

 本日ではなく、昨日の出で立ちです。やや照れながらも、着ていたのは、Settefili Cashmere(セッテフィーリ カシミア)のニットベスト。ただのベストではありません。

20180517201236.jpg

 今週の火曜日に出かけた東京出張。この日、ザノーネやインコテックスを率いるスローウェアグループの展示会の後、向かったのは、リチャード・ジェイ・ブラウンやヴィガーノを扱うパルテンツァさん。次のアポの時間が差し迫っておりましたが、セッテフィーリのミケーレが来日していると聞き、顔を出すことにしたのですが、そこにはサプライズが待っていました。私の還暦のお祝いに、わざわざ赤のベストを持ってきてくれたのです。もしかして、一点もの?なんて、未だ確認してはいませんが、もしそうだとしたら、感激もの。そうでなくても一生の宝物です。

20180517201308.jpg

 返礼は、やはりフラしかありません。今、習っている曲は大切な人のための踊り。伝わったかどうかは分かりませんが、とりあえず呆れておりました。

20180517201035.jpg

 感動をそのままに向かったのは、ピーティーの展示会。赤いベストの自慢話になかなか仕事がはかどりませんが、急ぎ、商品のピックアップだけして、同じビルの6階にあるタリアトーレの展示会に向かいます。そこで出迎えてくれたのは、いつものお二人。エージェントであるトレメッツォさんの看板娘。7月中に予定している私の還暦を祝う会にぜひ参加したいと、嬉しいお言葉です。昨年、ジョンスメドレーの赤のポロシャツを購入し、それでお茶を濁そうとしておりましたが、一生に一度の人生行事。成人式のように皆さんに祝ってもらおうと心変わりしている私でした。

旅で最も気になるのが、天気。服装選びは、天気次第です!!

 もし熊本行きの日が、今日のような雨降りだったら...

128.JPG

 本日の私の出で立ちです。ただ羽織っているシャカシャカブルゾンは、午前中、蔵庫/マガジーノで購入した【Hevo/イーヴォ】のもの。家を出る時は大した降りではなかった為、つい油断してリネン混のジャケットを着てきてしまいました。時間を追うごとに強くなる雨に、以前から気になっていた、このブルゾンに目がいきます。そして店頭価格でお値打ちになっているのに気づき、これは買うしかないと、朝一番のお客さんになっておりました。気になる方は、ぜひマガジーノに問い合わせてみてください。格安です。

20180509_102604.jpg

 熊本に出かける日、玄関先でカミさんに撮ってもらったのが、この写真。天気予報では2日とも晴れ。ただ気温差があるだろうと、選んだのはレザーブルゾン。レザーの良さは、保温性と吸湿性に優れているので蒸れないこと。室内と室外の気温差があっても温度調整をしてくれる為、比較的脱ぎ着の面倒がないこと。薄手でしなやかなレザーは適度な塑性と弾性を持っているため、成形を保ちながら、体に馴染みやすいなど、旅には最適なアイテムなんです。もう一つ加えるなら、怪我防止。バイカーの方々が夏でもレザーを着ているのも頷けます。このレザーブルゾンは、確か3、4年ほど前に購入したRadice(ラディーチェ)。もう少し明るい色でしたが、経年変化で渋い色合いに変わってきました。今季、ご案内しているのは「飾りベルト付きラムナッパシングルライダース」。こちらも気になるところですね。

ゴールデンウィーク明けは、ネイビースーツにネイビータイで、気持ちを引き締めます!!

 明日から3日間、お休みをいただきます。その前にしっかり仕事をしなければ...です。

058.JPG

 昼食時に女性との打ち合わせ予定があったので、気負ってもう一着のStile Latino(スティル ラティーノ)を着てきましたが、結局キャンセルに。でも明日の大事な食事会の予行演習でもあり、皆さんの休み明けの緩んだ気持ちを引き締めるのに少しはお役に立てればと、背筋を伸ばして着ております。

 社会人として、まず最初に揃えたいのが、ネイビーの無地。春夏用と秋冬用と最低でも1着は持っていたいスーツです。年齢によって、どのブランドを選ぶかは別として、仕事で着ないから...は、言い訳です。オケージョン用のブラックスーツ以上に必要なスーツといえば、やはりネイビーのスーツではないでしょうか。もし、服飾に携わる仕事をされている方でお持ちでないなら、恥ずかしいことだと思わなければいけません。

 本日は、フォーマルが目的ではないので、シャツは白の無地ではなく、Finamore(フィナモレ)の「ロイヤルオックス ストライプ柄ドレスシャツ」を選んでおりますが、ネクタイはFRANCO BASSI(フランコ バッシ)の「シルクサテン ソリッドタイ」でVゾーンを引き締めます。まず揃えたいのは、ネイビーですね。そして足元、久しぶりに登場させた靴は、CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)の「SAVILE」。15年以上前に購入したハンドグレイドのモンクストラップです。ダブルモンクは駄目ですが、このデザインのシングルモンクならフォーマルにも文句なしです。ただ様々な意見があり、葬式で履くのはどうなんだろうという意見もあります。私も結婚式には履いていきますが、弔事の際はストレートチップで出かけます。そして最後に靴下。ドレススーツに合わせるのは、冬でも夏でもホーズ(ロングソックス)しかありません。座ったり足を組んだ際にスネを見せないのが、エチケット。スーツを着て、靴下を履いていない人、いるじゃん...という声もありますが、これはあくまでもファッション。ドレスの世界ではありえないことです。本日、履いているホーズは、イタリア・プーリアのADRIAN(アドリアン)のもの。締め付けはないし、下がってもこない、パンツにまとわりつかないと、まことに優れたホーズです。本日,、通販サイト「SUGURU SHOP」に掲載されますので、ぜひご利用ください。

 金曜日以降に書く私のブログは、たぶん熊本の旅日記になるかもしれません。戻りましたら、ご報告させていただきますので、楽しみにしていてください。

満面の笑みでお送りする、他愛もない話です!!

052.JPG

 本日の出で立ちです。ポーズにフラの動きが入っているのは、いつもより調子がいいんだと思っていただければ幸いです。久しぶりに手を通したのは、BOGLIOLI(ボリオリ)の「DOVER」スーツ。コットン80%、シルク20%のヘリンボーン地。今では、なかなか見つけることのできないライトグレイです。

 確か購入したのは、確か7.8年前。昔のアルバムで確認してみると、2011年でした。

029.JPG

 ありました。やはり2011年です。この年の6月に出かけたイタリア出張に合わせて購入したようです。上の写真はPITTI(ピッテイ)会場に向かう、サンタマリアノヴェッラ駅でのスナップです。もう少し見てみると、

031.JPG

 ジェレミー・ハケット氏との再会のときも着ておりました。まさか英国ブランドの「HACKETT」がPITTIにブースを構えているとは...思わず感動してしまい、駆け寄ってしまいました。なんせ、イタリアものを扱う前、グローリーガイは英国スタイル。「HACKETT」に対する思い入れも取り扱い額も日本の専門店の中では一番だったはずです。ジュニアの為に子供服まで扱っていたほどでした。また、今でも正面のショーウィンドウには本国のハケット社から送られたトルソーにイタリアの服がディスプレイされています...と、ちょい自慢話です。

162.JPG

 ミラノにあるKitonのショップ前でのスナップ写真です。今より、若干、ふさふさしているような...気がしますが、あまり変わっていないと思いたいですね。

066.JPG

 選んだサイズは、46。この後、時代はタイトな方向に進み、若干大きめに感じたのでしょう。ここ3年ほどは全く着ていませんでした。ただ衣替えの為、クローゼットを整理していた時にあらためて羽織ってみれば、なんとジャストサイズ。今の気分や、フラのおかげで成長した体にも合い、裾をダブルからシングルに変え、股下を3.0cm短くしたら、もう完璧です。

178.JPG

 前回のブログで登場したFEDELI(フェデーリ)のものです。そういえば、Stile Latino(スティル ラティーノ)のコットンスーツですが、その後、サイズ44のご注文が入り、42のみとなりました。ありがとうございます。ラティーノのベージュのコットンスーツに合わせて購入したロングスリーブのポロニット。ライトグレイに合わないわけはありません。蘇ったボリオリのコットンスーツに合わせれば、気分が高まるのは必然的。その喜びが、冒頭のポーズに表れていると思っていただければ、さらに幸せです。と、本日は満面の笑みでのブログとなりましたが、他愛のない話で恐縮です。お付き合いいただき、ありがとうございました。

経年変化を楽しみながら、歩んできた人生を慈しむ...そんな服冥利な話です!!

 思いのほか順調にNEWSブログを書き上げてしまい、7時半からのフラ教室には、まだ少し時間があります。手持ち無沙汰にならないように、本日の、いや本日もJACOB COHEN(ヤコブ コーエン)を穿いており、代わり映えしないので、昨日の出で立ちをご紹介しましょう。

171.JPG

 昨年、思い切って購入したStile Latino(スティル ラティーノ)のコットンスーツ。クローゼットに並んでいるコットンスーツの中では最もポピュラーな色であり、素朴な生地でもあるのですが、やはり存在感は格別です。特に一年後の経年変化は見事といえるでしょう。経年変化に伴い、体型変化によって、サイズ44のウエストとヒップを3.0cmほど出しておりますが、着るごとに体に馴染んでくるのは、堅牢なコットン100%ならでは。最初は正直、窮屈感にやせ我慢も必要でした。良い生地の証拠でもある美しいシワが、ハンガーに掛かっている頃よりさらに色気のあるスーツに仕上げています。店頭に置いてあるものは未完成なものと思ってください。自分で所有し、着込んで初めて完成品となります。その経年変化を楽しむのは、自分の人生を慈しむ心と似ているのかもしれません。

 現在、サイズ42と44がご用意できます。「いやぁ~価格が...」と言われる方のために、今回、THE GIGI(ザ ジジ)が本当に良く似た色、生地でご提案しております。こちらでも十分にコットンスーツの面白さを味わっていただけますので、ぜひお試しください。

178.JPG

 そして本日、自慢したかったのは、スーツのインに着ているロングスリーブのポロニット。以前なら欲しくても絶対に手を出さなかったFEDELI(フェデーリ)のものです。昨日のブログでもご説明させていただいたように、エージェントさんが変わり、大幅に価格を見直したくれたおかげで、ようやく身近なブランドになりました。詳しくは、昨日2月5日のブログをご覧ください。バイヤーとしての仕事を自分の買い物へと私物化できてしまうのは、個人商店のオヤジだからこそ。その代わり、欲しかったものを手に入れたときのモチベーションはうなぎ上り。周りの人にも優しくなれ、仕事はもちろん遊びにも精が出てしまいます。福を手に入れた、そんな服冥利な話でした。

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る