美しき華の誘いに乗ったら、懐かしい人に出会えました!!

20190626172541.jpg

 お誘いいただいたのは、フラメンコ。フラ歴2年と自慢できるのは、フラでもハワイアンの方。フラメンコを近くで観るのは初めてであり、ましてや踊った経験など一度もありません。フラのついでに習ってみようかなんて甘い気持ちで会場入りしたものの、魂の奥底から響きでる独特の声で歌うカンテや、爪先と踵で踏み鳴らしてリズムをとるサバテアードやブラッソという手の動きの迫力に度肝を抜かれてしまいました。

20190622_201059.jpg

 写真左の女性がカンタオーラ(女性の歌い手)の松木匠さん。大阪にお住まいで、岡崎に来られるようになって10年。岡崎に住みたいと強調されていたのがとても印象的。とてもパワフルでオーラーのある方でした。そして私の右隣が岡崎で"フラメンコスタジオ アオラ"を運営されている今久保泰英子さん。今後もご縁があるやもしれません。そして、およそ10年ぶりの再会となったバイオリニストの安藤衣里さん。確か、ご主人の仕事の都合でアメリカに渡っていたと聞いていたのですが、戻られていたようです。この日、演奏会の後に足を運ばれ、偶然にも再会を果たしたのでした。懐かしい写真をご覧ください。

P1000730 P5240950

 2009年5月、カシェートのテラスで演奏会を開いた際、お二人のコンビがとても素敵でしたので、この年の11月に、グローリーガイでも演奏して頂きました。そして、翌年の10月、20周年特別企画"ありがとう! 秋のマルシェ"のイベントにも出演を依頼。

DM HPの写真 27944

 秋の心地良い風の中、柔らかな夕陽を背にして、ヴァイオリンとアコーディオンの美しい音色が、ここ竜美丘ガーデンプレイスに響き渡ったのでした。10年一昔と言いますが、お互い月日の流れを感じる再会となりました。アコーディオンの鈴木さんは、現在、活動を休止しているようですが、またいつか二人揃っての演奏を聴いてみたいものです。

素敵な料理に心地良い空間、さらに5月の夜風が酔いを深めます!!

20190531153850.jpg

 昨日の出で立ちです。コットンスーツに...そんなことより気になるのは、隣りの女性ですよね。「誰、誰、だれ~」なんて酔っ払ってはいませんよ。飲まずに酔えるのは、得意技です。5月10日のブログに書いたように、その2日前に名古屋のマリオットアソシアホテルで"月の桂と京料理を楽しむ会"に出席。隣席させていただいたのは、熱田神宮の近くでシェアサロンを管理されているk氏。私よりも先輩の女性です。酔いが回るにつれて、ついつい愚痴が出る私の悪い癖。人生経験も人脈も豊富な方だけに、翌日、私の悩みを解決すべくご紹介してくださったのが、名古屋で活躍されている"デザインボックス"の代表である行方氏。昨日行われた友紀建築さんのショールーム「STOC OKAZAKI」のオープニングパーティーにお誘いいただきました。写真を撮ってくれたのは、パーティー料理を担当した岡崎が誇るフレンチ"デッサンプリュス"のマダム。

20190531155129.jpg

 ミシュランガイドに掲載されています。

20190531163012.jpg

 ミシュランの選考会場でしょうか。遠くに、素敵なスーツを着た男性がこちらを見上げています。左側の方ではありませんよ。

20190531163046.jpg

 もしかして、デッサンプリュスのオーナーシェフK氏。間違いありません。見覚えのあるスーツです。この日の為に揃えていただいたのが、

20190531162916.jpg

 なんと、TAGLIATORE(タリアトーレ)のシアサッカーのジャケットパンツ。見立ては、オーナー夫人のマダム。彼女は、グローリーガイの初代女性スタッフだけに目利きの良さはさすがです。

20190531163104.jpg

 星2つ頂きました!!

 話を戻しましょう。東京や海外でのパーティーにはよく参加しますが、岡崎では初めてかもしれません。素敵なパーティーでした。主催者のM氏ご夫妻に感謝です。私達も来年は30周年を迎えます。とても参考になりました。

 この後、私達はいつものイタリアンへ。オーナーのシホさんと彼女は意気投合。それもそうです。本人が言うように、見た目は女でも中身は90%男性。かえって私のほうが、女らしい、いや女々しい?...かもしれません。5月の夜風が心地良い、とても優雅な一時を過ごしてきました。

閉鎖的な世界観が、ショップを生かす個性となるのです!!

 もう30年、いや独立する前から数えれば、かれこれ35年以上、バイニングという仕事をしていることになります。国内のメーカー依存、主導の時代から、現在の、ショップ主導のリスクを伴う海外ファクトリーとの取引と、仕入れの手法も変わりました。自ずと扱うブランドも様変わりです。ただ時代が変われど、共通していることはショップのマインド。トレンドの変化によるショップの方針転換やバイヤーの交代により品揃えの変化がないのは、一貫した嗜好の中でセレクトしている個人ショップ。モノ溢れや情報過多の時代においては、そんな八百屋のオヤジ的な世界観が強みになるのでしょうか。

241.JPG

 本日の出で立ちです。オレンジやイエローなど活発な色合いが台頭して着ている中、マイブームカラーは至って穏やかです。展示会では、ベージュを含めたブラウン系やネイビー、またはブラックを中心に周辺カラーをセレクトしていますが、その中で特に注目しているのが、日本名の生成り色。晒す前の木綿のような僅かに赤みがかった黄みの白のことです。オフホワイトとかアイボリーホワイトと言い換えることのできるナチュラルな色合いです。

263.JPG

 展示会で一目惚れ。ちゃっかり着用分を入れてオーダーしたのが、このチルデンやクリケットセーターをイメージしたニット(ALFREDO)。実は、撮影前は、ブラックのナイロンストレッチパンツ(Borelio)を穿いておりました。昨年秋に購入したもので、やや地厚。でも見た目は春夏ものと変わりません。穿いている本人だけが気にしてるのです。撮影の際、蔵庫/マガジーノで以前から気になっていたパンツが、こちらのパンツ(BRIGLIA)でした。一つ折り返せば穿けてしまう長さ。そのまま穿いて、グローリーガイに戻ることになりました。今日のNEWS blogでも使っておりますので、ご覧になってください。

DSC_0963.JPG

 ブラックほどきつくはないオリーブグレイと生成りのグレンチェック柄。リネン100%です。英国調の柄行きだけに、今日のニットとの相性は抜群。生成りがかっているのも、ハートに刺さります。英国スタイルに憧れてた20代後半。独立をきっかけに乗り換えた車はローバーのワゴン(オースチン・モンテゴ)に趣味の車はMG-B。愛犬はウェスティ(ウエストハイランドホワイトテリア)、常にサスペンダーをして...なんて英国貴族趣味に走るほど、もう若くはありませんが、どこかに英国の香りを漂わせていたいのは、今も昔も同じです。

124.JPG

 少し前に撮った写真です。コットンスーツはStile Latino(スティレラティーノ)のものですが、中に着ているニットベストは、ずいぶん昔に購入したものです。コーディネートに共通していることは、生成り色との組み合わせ。ベージュと生成り、ホワイトと生成り、ブラックorネイビーと生成りなど、今季は生成り色との組み合わせが、マイブームになっています。

271.JPG

 もう一つ、ボーダーの存在も忘れてはいけません。物心がつく前のことは分かりませんが、はっきりとしたボーダー柄のアイテムを着るのは、今回が初めて。先日購入したカットソー(mey story)は、未だに一枚では着ることができずニット(Rencontrant)の中に潜ませ、チラ見せ。もう少しすれば、勇気を出してジャケットのインに着ようかと思っております。

 今日も夜に合わせた"ちょいワル"ではなく、"ちょいオトナカワイイ"のコーディネート。誰か、誘ってくれると嬉しいんですけどね。

今、明らかに極めるなら、世界の逸品を着た "オトナカワイイ" です!!

 本日のブログはタカイちゃんに任せているので、なんとなく手持ち無沙汰。商品の移動など店頭の整理をしてはいましたが、まだまだ時間はあります。お客さんでも来ていただけるなら、話し相手になってもらうのですが、今日に限って静か。たまには、早退するのもいいのでしょうが、誰も帰っていいとは言ってくれません。という事で、パソコンの前に座ったものの、何を書こうかです。

001.JPG

 オンライン掲載の準備で忙しそうにしているナグラさんを捕まえて、写真を一枚。本日の出で立ちです。「おっ!」と気がついていただけたでしょうか。【ALFREDO/アルフレッド】の「ライン入りリング編みロールネックセーター」です。展示会で一目惚れしたニットだけに、売れてしまう前に手に入れてしまいました。今日が初舞台です。相変わらずニット好きな私ですが、ここまで感動したニットは久しぶり。我が家のクローゼットには溢れるばかりのニットがあります。敢えて買わなくてもと思うのですが、いやいや、いつも新鮮な気持ちで、ときめいていたいからと、また一枚仲間入りです。

041.JPG

 独立する前に勤めていたショップの中心ブランドは、ラルフローレン。ただラルフローレンのコレクションの中でも、彼の衣装を着た映画「アニーホール」に見るウディ・アレンではなく、「華麗なるギャッツビー」のロバート・レッドフォードのスタイルが好きでした。ロバート・レッドフォードといえば、自分の中では「追憶」いや「スティング」いや「明日に向かって撃て」いや「愛と哀しみの果て」これもいいけど、いや「ナチュラル」なんです。若くして野球の天才と呼ばれるが、凶弾によって球界入りを遅らされ、35歳にして"奇跡のルーキー"として活躍する事になった男ロイ・ホッブス。その男の半生を「レインマン」のバリー・レヴィンソン監督が詩情豊かに綴った作品。男の私から見て、美しいと思ったのが、この作品で主演を務めたロバート・レッドフォード。その際に着ていたニット姿がとても印象的でした。「エデンの東」のジェームス・ディーンのニット姿に魅かれたりと、ニットにはどこかロマンチックな郷愁を感じます。古いセーターに袖を通す時の感情は、旧友に出会った時のような懐かしさ。子供の頃から、高校に上がる頃まで、母親の編むセーターを着ていたことも、ニット好きの要因の一つかもしれません。

138.JPG

 話は変わります。まさかボーダーについて自分が語ろうなんて思ってもみなかったことです。かつてバイニングしたことはありますが、あくまでも品揃えの一つ。物心ついてから着た記憶のないボーダー柄。街に氾濫する、この柄を敢えて避けていたかもしれません。かつては...です。服装の転換期は、20年に一度あるようです。40代に何を着るかと考えた時にイタリアンスタイルのセクシーさに惹かれました。今60歳を迎えて目指すのは、オトナカワイイなんて、言葉にするのも照れますが、まさにそんな心境。なにかと諦めなければならない年齢になってきましたが、諦めてはいけないのが、異性にモテること。明らかに極めていく年代だけに、まずはカミさんにモテることから始めてみることにします。

 話を戻しましょう。オトナカワイイ=ボーダー柄ではありませんが、色気のあるボーダーなら、ぜひ挑戦してみたい。その候補として上がったのが、上の写真【PHIL PETTER/フィル ぺター】の「ボーダー柄パイル地ラウンドネックTシャツ」。いい塩梅の抜け感です。

001.JPG

 先日、BAGUTTA(バグッタ)をご案内させていただいた際に、「あまりの着心地の良さに、つい購入していいかとジュニアに聞いたら、渋い顔をされたMAISON CORNICHON(メゾンコルニション)のボーダーTシャツ。我慢しながら、羽織ったのが...」なんてコメントしたボーダー柄。地味にロングスリーブの白無地を持っていますが、他にはない着心地を体感できます。洗いこんだら伸びるかなと心配するほど、柔らかな生地感。でも心配は無用です。フランスでは4台しか残っていないドイツ製のヴィンテージ編み機によって作り出される伸縮性のある柔らかな生地は、そんな柔ではありませんでした。

IMG_5453.JPG

 これです。これです。ジュニアが着て、ご紹介しておりました。そして、もう一つ、お気に入りのブランドから気になるボーダー柄のTシャツが。昨日の蔵庫/マガジーノのブログをご覧ください。

146.JPG

mey story (マイ ストーリー)

1928年創業のドイツの老舗ボディウエアメーカーMeyが手掛けるカットソーブランド mey story。ドイツにある自社のニット専用工場で加工した上質なファブリックを使って、 細心の注意を払い、高品質な製品を製造しています。mey storyは、自分だけのストーリーを持ち、人とは違う自分らしさを大切にし、 自分が求めるものをはっきりとわかっている男性のためのコレクションです。 mey storyのコレクションは、非常に貴重な高品質のペルー産ピマコットンを使って、 ドイツでハンドメイド製造されています。 mey storyが語るストーリーは、情熱、家族の伝統、ディテールへのこだわり、そして長年におよぶ経験です。

007.JPG

 個人的に愛用しているのは、今日も着ている「ポケット付きクルーネックTシャツ」と、

062.JPG

 綿48%・再生繊維(リヨセル)48%・ポリウレタン4%のラグランスリーブスウェットシャツ。今回、ホワイトのセレクトはありませんが、この生地の着心地を一度経験してしまうと、もう離れられなくなります。

IMG_7629.JPG

 ショートスリーブのボーダーTシャツは、マスヤマくんが着て、ご案内しております。このボーダー柄のTシャツ。今日、ZANONE(ザノーネ)の「ICE COTTON クルーネックTシャツ」をお買い上げになられたI様が、「次に狙うのはこれ。金曜日に蔵庫/マガジーノに見に行きます」なんて言うものですから、ドキドキです。サイズは私と同じ。ライバル出現です。

 今までイタリア一辺倒だったカットソーの品揃え。オーストリアの【PHIL PETTER/フィル ぺター】、フランスの【MAISON CORNICHON/メゾンコルニション】、ドイツの【mey story/マイストーリー】と世界を代表する、これ以上のものはないと言って過言ではないブランドが勢ぞろい。この夏は、カット&ソーを求めて、ヨーロッパの旅をお楽しみください。旅行費を浮かせるなら、ぜひ、ここ岡崎にお越しください。

ある物事の真価を理解しないで、わけもなく嫌うことを、"食わず嫌い"と言います!!

20190405162141.jpg

 今日の昼間、 友人から送られてきた岡崎公園の桜。聞けば、同じ木でも咲き具合に差があるようで、満開の桜もあれば、まだ咲き始めたばかりのつぼみもあり、例年以上に極端です。なんか最近の天気のようで、また世情を表しているような、そんな気もしています。遅咲きの桜は、今、満開の桜が散ってしまった後に誇らしく咲くのかもしれません。

005.JPG

 本日の出で立ちに羽織ったのは、SILENCE(サイレンス)のレザーブルゾン。実は、10年ほど前に購入した、よく似たレザーブルゾンを着ているので、私を見かけた方は、これが私物と言っても分からないかもしれません。本日、自慢したかったのは、初めて手に入れたブラックのスニーカー(C.QP)。柔軟なバイニングはしても、意外にコンサバ。食わず嫌いの多い私ですが、これからはチャレンジ。人生は、さほど長くはありません。ホワイトばかりのスニーカーが並ぶシューボックスに遂にブラックが仲間入りです。今日で2回目ですが、履き心地のよさはもちろん、今時の気分になります。そうなると気になるのが、Pantofora d'Oro(パントフォラドーロ)のイントレチャートスリッポンスニーカー。値段はしますが、ラグジュアリーです。ただその前に、スニーカーを持っていないナグラさんに勧めるのが先かもしれません。

015.JPG

 参考までに、上半身の写真も載させていただきました。まだまだ続くレザー物語。今からでも遅くはありません。

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る