希少価値の高い本場英国のハンティングジャケットを【CORDINGS/コーディングス】からご提案させて頂きます。

 スグルJr.です。

 明日から3日間の休みをもらいました。しばらくイベント企画で忙しく動いたり、考えることも多かったので、1度ゆっくり休みます。特に何かするわけではありませんが、新しく服を購入し、本屋ぐらいは行こうかなと思います。

 本日は、英国紳士が通う名店【CORDINGS/コーディングス】から待望のジャケットを提案させて頂きます。イングランドにあるコーディングスに行けば、全てが揃うと言っても過言ではないくらい豊富なラインナップでズラリと並んでいます。その中で、力を入れているのが紳士の必需品でもあるジャケットです。変わらない伝統的な、きっちりとした仕立てが魅力的でもあり個性でもあります。様々なブランドを見てきましたが、本場のイギリスジャケットを展開しているブランドは、現代の日本ではかなり稀で貴重な存在です。

L1220163.jpg

コーディングスとは?

DSC_1562.jpg

 John Charles Cording が 1839 年にロンドンの 231 The Strand にコート、レインコートの 製造販売のお店をオープンしたのがコーディングスの始まりです。ロンドン・パビリオン、クライテリオン・シアターを始めとして、劇場や商店が密集しているイギリスロンドンのウエストエンドピカデリーサーカスから程近い場所に Cordingsの店舗はあります。 

CORDINGS FRONT 2011 LARGE.jpg

 歴史を感じる英国クラシックな外観が格好良すぎですね。カラフルなディスプレーは人々を今も魅了しています。ツイードジャケット にモールスキンやコーデュロイのトラウザーズを合わせた伝統的なスタイルが特徴です。顧客 にはエリッククラプトンやイギリスのロックバンド・ブラーのギタリストグレアム・コクソンなど有名なアーティストが名を連ねています。

ec.jpg

  現在の【CORDINGS/コーディングス】のオーナーはエリッククラプトン。彼は若い頃からよくお店に来ていたみたいで、彼の中で、コーディングスはまさに英国らしさ、イギリスの洋服文化そのものだったみたいです。

L1220175.jpg

 今回は、最もコーディングスらしさが溢れていた名品「WAYFARER JACKET」と呼ばれるハンティングジャケットをセレクトしてきました。

L1220122.jpg

 英国カントリーなスタイリングも、クラス感のある着こなしに映り、オーセンティックな気品あるムードも漂います。

リアルな英国モデルの独特な存在感は、クラシックと呼ばれるに相応しい佇まいにさせてくれます。

ストーリーのあるアイテムは気分を上げてくれるだけではなく、長く愛用したくなるはずです。

L1220176.jpg

 裏地も特別仕様になっておりまして、伝統的で上質な肌触りと、ハリコシのあるドライタッチのファブリックに、コーディングスが選んだモダンな配色のタータンチェックが施されております。

もしかしたらエリッククランプトンさんが選定したタータンチェックかもしれません...

コーディングスの中でも、かなりハイクラスなラインなので、英国製に拘って生産しているのもポイントです。

英国製のジャケットに出会えることが、かなり少なくなってしまったので、服好きにとっては心惹かれます。

L1220129.jpg

 配色は深みのあるオリーブ。光の当たりによって色目の表情の変わる、深みのある風合いに惹かれます。

上質なウール特有の光沢により、エレガントな雰囲気が漂っているのがわかります。

フラップ付きのポケットが3つ、左袖口には小さなジップポケットがあります。

無駄のないデザイン性と実用的な作りが英国ファッションに心惹かれる理由かもしれません。

L1220128.jpg

 生地は英国では馴染みのある、カバートクロスを採用しております。

元々はコートに使われる生地で、同色で色の濃さが異なる2種類の糸をあや織りにした、ややまだらがかった目の詰まった丈夫なツイル生地です。

丈夫で着込むほどに馴染み、長く愛用することを前提に仕立てられております。

L1220146.jpg

 

L1220168.jpg

L1220173.jpg

 レザーのチンストラップや細かな部分までレザーが使われており、ハンティング用に作られているだけあって、消耗しそうな箇所はレザーで補強されている徹底ぶりです。

実際に英国では、旅やハンティング用に購入される方が多いみたいですが、街着としても格好良く着こなして頂けると思います。

随所に拘りを詰め込んだロマン溢れるディテールが魅力的ではないでしょうか。

L1220170.jpg

さらに肘の部分には、レザーのエルボパッチが施され、本格的な仕上がりです。

L1220136.jpg 

 後ろのウエスト部分にのは、絞りベルトのデザインになっており、スッキリとした立ち姿が絵になります。

L1220180.jpg

冬はジョンスメドレーのタートルネックに、フランネルのトラウザーズを合わせたシックな装いはいかがでしょうか。

モデルは身長181㎝、体重74kg、胸囲96㎝で、サイズSをジャストで着ています。英国スペックのためサイズ感はやや大きめです。普段48のジャケットを着るモデルでSサイズでジャストになります。コートに近いジャケットなので、少し大きめに着用しても問題ありません。ご参考までに。

MODEL:「WAYFARER JACKET」カバートクロスハンティングジャケット
SIZE:XS・S・ M
COLOR:オリーブ
MATERIAL:ウール100%・レザー部分:カーフレザー
PRICE:¥150,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。

尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。 

変わる良さ、変わらない良さを常に提案してくれる【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】からモックネックニットをご提案します!

スグルJr.です。

 本日は、英国リーミルズで創業してから237年も経つ、歴史の深いニットブランド【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】から、ここ数年で定番化されたモックネックニットをご提案したいと思います。秋口からすぐに着用出来ることもあり、利便性の高さとシーズンの長さが支持されている理由ではないでしょうか。特徴であるモックネック部分の適度な主張が、アウターを羽織った際のアクセントになるので、物足りなさもなく、秋のスタイリングが簡単に様になります。

【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】とは?

ジョン スメドレー社は、1784年、ジョン・スメドレーと彼の共同経営者であるピーター・ナイチンゲールにより、イングランドのダービーシャー州マットロックのリーミルズに設立されました。1819年、ジョン・スメドレーの息子であるジョン・スメドレー2世が工場で見習いとして働き始め、その後6年間の修行を経て、24歳で経営を継ぎました。 ジョン2世は、優れた行動力と先見の明を持ち、"製品を完全に仕上げるために必要な全工程は一貫して工場内で行い、原料には最上級の品質を用いるべきだ"という理念を掲げ、工場の近代化と拡大を図りました。そして小さな紡績工場から始まったJOHN SMEDLEYを一貫したラインで製品作りを行うニットメーカーへと発展させています。

L1210765.jpg

  英国モデルの「HARCOURT」をご用意しました。伝統的な英国シルエットを採用したモデルです。

首の詰まりが気になる方にもお勧めで、ネックと顔映りもスッキリとした印象になります。クルーネックと近い感覚で合わせられるのも魅力的な特徴です。

首に半分ぐらい当たりますが、上質で滑らかな生地感のおかげで気になりません。

L1210763.jpg

 ゲージはジョンスメドレーが最も得意とする30ゲージのハイゲージニット。

数少ない伝統的な技法と、技術と根気のいる手作業によって、丁寧に作られるニットは最高峰と言っても過言ではありません。

今まで興味なかったけど、気になってきたがおりましたら、是非、一度袖を通して頂きたいです。品質に重きを置くブランドは、流行り廃りなく日常品としていつの時代でも重宝します。

L1210763 (1).jpg

 色は2色ご用意しました。1つはシーズン限定のカラーの中から、今までに見たことのない綺麗で渋さのある色を見つけました。

名前は「COPPER」銅を意味しますが、よーく見てみると単色ではなく、抹茶色がミックスされたメランジ調の色合いになっており、何とも言えない表情が目を引きます。

トーンが落ち着いており、差し色にもなりますが、派手さのないブリティッシュらしいムードが漂います。

他にはない、ジョンスメドレーだけの今季の推しカラーです。

L1220051 (1).jpg

 基本的に単色ではないので、合わせれない色は殆んどありません。明るい色から暗い色までと幅広く、個人的にはモスグリーンやダークグリーン、ブラックやネイビーと合わせたくなります。暗めの色合いと合わせると少し明るめに映り、スタイリングを重くしてしまう心配もなさそうです。

L1220056.jpg

 シルエットは「STANDARD FIT」を採用しております。安心安定の適度なゆとりを持たせたベーシックなモデルです。

時代を気にせず着用出来るのが最大の魅力ではないでしょうか。

L1220096.jpg

 続いては、個人的に好きなジョンスメドレーのシルバーグレイ。素材の品質が高いからこその上品な色合いは特別感があって好きです。

のっぺりとした感じは一切ないので、1枚で着用しても軽快でエレガンスな着こなしに纏めてくれるはず。

L1220068 (1).jpg

 今季はグリーン系を取り入れてみるのも良さそうなので、ガングラブチェックのジャケットに合わせてみました。

シルバーグレイの良さは明るめな配色とも相性が良いところでしょうか。

L1220082 (1).jpg

モデルは身長181㎝、体重74kg、胸囲96㎝で、サイズLを着ています。

MODEL:「HARCOURT」30Gメリノウールモックネックニット
SIZE:S・M・ L・
COLOR:COPPER(カッパーブラウン)・SILVER(シルバーグレイ)
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥32,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。 

L1210804.jpg

 こちらもLサイズのみになってしまいましたが、サイズが合う方は試してみてください。

モデルは身長181㎝、体重74kg、胸囲96㎝で、サイズLをジャストで着ています。

MODEL:「1SINGULAR」24Gメリノハニカムクルーネックニット
SIZE:S・M・ L・
COLOR:フォーン
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥33,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。

尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。 

店頭にはまだご提案出来ていない洋服がたくさんあります...さらにシャツやソックスなども先ほど入荷してきました。


39227B89-F692-4F64-8606-031521ACB961.jpg

 サンプルフェアも一部開催中です。

【CLARKS/クラークス】の隠れた名品素材を使用した「Wallabee/ワラビー」をご提案します!

スグルJr.です。

 本日は、新しく取り扱いをスタートした英国ブランド【CLARKS/クラークス】からアイコンシューズでもある「Wallabee/ワラビー」をご提案したいと思います。先にブログでご提案したのは、ハイテク素材のゴアテックスを搭載した機能的なモデルですが、新たに入荷してきたのは、スエードではなくレザー素材を使用したワラビーになります。名前の由来は、カンガルーの小型有袋類ワラビーから命名されました。子供をお腹の袋に入れて大事に育てるように足を優しく包み込むような一足で、履いていてとても気持ちのいいシューズです。

【CLARKS/クラークス】とは?

【CLARKS/クラークス】は、英国で1825年に創業された羊革を使ったスリッパの製造からはじまり、快適さを追求したカジュアルシューズを展開してきました。180年を越える歴史を経て、カジュアルシューズの原点に位置付けられる世界的なブランドへと成長しました。1950年に大ヒットを飛ばしたデザートブーツを経て、1966年に同じくスエードアッパーにクレープソールを合わせたワラビーを開発した、流行り廃りのないオーセンティックな革靴ブランドになります。最近は、さらに人気が高くなってきているみたいで、色々なジャンルの方に注目されております。

L1220112 (1).jpg

 定番モデルとは言え、スエードのイメージが強いクラークスの中では、ワラビーのブラックレザーモデルは新鮮さを感じます。スエードに比べてモダンな印象にも映り、見た目は革靴、履き心地はスニーカーと同じで気軽に履けるので、休日の出番も多くなりそうです。少しワイドなパンツやデニムと合わせたくなります。ブラックレザーのワラビーは万能なだけではなく、足馴染みの良い柔らかいレザーは採用し、履いた瞬間から快適な履き心地を感じさせてくれます。さらにつま先のスクエアなデザインは締め付けが少なく、長時間の歩行でも疲れにくいというメリットにもつながっております。

L1220107.jpg

L1220105.jpg

 ソールはクラークスらしいクレープソール仕様。素材には天然素材100%のラバーを使用し、それを長く熟成させることで密度の高いゴムに。クッション性の高さを持ち味とする一方、しっかりと地面を掴むような高い歩行性を可能にしてくれます。

L1220115.jpg

 スニーカーよりもかしこまった雰囲気で履けるため、オンオフ兼用で使える便利さもあります。

素材が変わるだけで全然雰囲気が違います。本物に拘る方の靴箱(ワードローブ)に一足は置いて欲しい革靴です。

クロケット&ジョーンズを7or7ハーフ、ボードインアンドランジは41、パラブーツは7、スニーカーは41を履く僕でサイズは7.5を履いております。ご参考までに。

MODEL: 「Wallabee」ブラックレザー ワラビーブーツ
SIZE:6 ・6.5・7 ・7.5・ 8
COLOR:ブラック
MATERIAL:レザー
PRICE:¥23,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。


L1210872.jpg

 こちらも併せてご覧下さい。ブラグはこちらからご覧になれます。

MODEL: 「WallabeeGTX」ゴアテックス仕様 ワラビーブーツ
SIZE:6 ・6.5・7 ・7.5・ 8
COLOR:ブラック
MATERIAL:スエード
PRICE:¥30,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】からメリノウールを贅沢に使用したリブソックスをご提案します!!!

 スグルJr.です。

 本日は、英国のニットブランド【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】から、メリノウールを使用したリブソックスをご提案させて頂きます。

 カシェートのベストセラーにランクインしているジョンスメドレーのソックス。入荷待ちも多く、ウール素材も残り少ないので、無くなってしまう前に急いでブログを書いております。

L1220040.jpg

 靴下をどこで購入したら良いかわからない方は、まず手に取ってみてください。肌触りはもちろんですが、足馴染みの良さとしっとりとした柔らかさは...他にはありません。

お求めやすいわけではありませんが、並ならぬ拘りを感じさせてくれる、ジョンスメドレー製のメリノウールを贅沢に靴下に使っていると考えると、価格以上の価値があるとの僕は思います。

色は2色ご用意しました。画像では右がオリオングリーン、左がネイビーになります。 

L1220043.jpg

 綺麗な発色とシルクのような光沢が上品に映ります。乾燥機はさけていただき、ニットと同様でネットに入れて洗濯すると、より長く愛用できます。

L1220042.jpg

 オリオングリーン

L1220044.jpg

ネイビー

MODEL:「OMEGA」リブソックス
SIZE:フリー
COLOR:ネイビー・オリオングリーン
MATERIAL:ウール78% ・ナイロン22%
PRICE:¥3,600(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

この秋の気分はクラシカルな英国ジェントルマン!!!イギリスを代表するブランド【Barbour/バブアー】からキルティングベストをご提案します!

スグルJr.です。

 本日は、英国のライフスタイルに欠かせないアウターブランド【Barbour/バブアー】からキルティングベストをご提案したいと思います。

 伝統的なモデルは色々と展開しておりますが、今回は少し変わり種のモデルをご用意しました。ベーシックモデルの陰に隠れてしまっておりますが、実はバブアーのキルティングシリーズは完成度が高く、ブリティッシュらしい実用的なデザインも魅力的です。

【Barbour/バブアー】とは。

英国のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランドであるバブアーは、1894年、ジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウスシールズで創業。
北海の不順な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者のために、ワックスドクロスを提供したのが始まりでした。その革新的なワックスドクロス製の防水ジャケットは耐久性が高く、瞬く間にバブアーの名声を広めていきました。第一次、第二次世界大戦中には、防水服を英国軍に供給しており、その高い機能性は、第二次世界大戦時、ジョージ・フィリップ大尉により、潜水艦ウルスラの公式搭乗員服として採用されたという逸話が証明しています。

L1220002.jpg

 モデルは「LOWADELE SL」乗馬ジャケットをベースにしたクラシカルでシンプルなデザイン。

色はバブアーのテーマカラーでもある、落ち着いた色合いのダークグリーンをセレクトしました。

L1210981.jpg

 シンプルで伝統的なデザインだからこそ目立つ、スナップボタン付きのポケットが存在感を放っております。さらにフラップ部分にさりげなく施されたBarbourの文字がアクセントに。ボタンが金ボタンなのも粋ではないでしょうか。どれも心惹かれるディテールばかりです。

L1210984.jpg

 見えにくいですが、サイドは曲線を描くようなスリッド仕様になっているので、座ったりする際に便利な機能的なデザインになっています。

L1210985.jpg

 ウエストには絞りを調整できるスナップボタンも施されており、実用性の高さが長く愛用出来る理由の1つでもあります。

L1210973.jpg

 ハイゲージからミドルゲージのニットやシャツなどの上にさらっと羽織るだけでも、英国トラッドな着こなし見えるのはバブアーだからこそです。

合わせたニットは、新作のジョンスメドレー。パンツは、VIGANO。靴は ドレイクスになります。

L1210980.jpg

 絶妙な丈感がスポーティ過ぎない、エレガントで上品な雰囲気に纏めてくれます。

L1220004.jpg

 グローブをはめていても開閉しやすいようにジップ部分はラウンドになっているのも助かります。

L1220005.jpg

裏地は鮮やかなグリーンになっていました。英国紳士らしい隠れた遊び心を演出可能です。

必要最低限の貴重品が入るぐらいの、ジップ付きのポケットが片方だけ施されております。

L1220010.jpg

 首に当たる立ち襟部分は保温性の高い裏地を採用し、肌触りも柔らかく快適です。

L1210997.jpg

 着用シーズンも長く、秋から冬の立ち上がりまではアウターとして、真冬はインナーとして重宝すると思います。生地も柔らかく厚みもほどほどなので、インナーとして着用しても嵩張らず便利です。他の【Barbour/バブアー】のアウターのインに合わせたりするのも統一感があり、ご提案したいスタイリングです。画像はビデイルに合わせております。

MODEL:「LOWADELE SL」 立ち襟キルティングベスト
SIZE:S ・M ・L
COLOR:ダークグリーン
MATERIAL:表地:ポリエステル100% 裏地:ナイロン100%  襟裏:ポリエステル100% 詰物:ポリエステル100%
PRICE:¥19,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る