Clothes to You

Cachette MENS

英国ノーザンプトンで生まれた本格的なミリタリーシューズメーカー【SANDERS/サンダース】からノーシューレースシューズをご提案します!

スグルJr.です。

もうすぐ来季の春夏の展示会がスタートしようとしております。早すぎる…と毎年思いながらも、頭の中をフル回転させて、どんなコンセプトにしていこうか考えております。1番近い展示会では、フランスのベルナールザンスがあります。今季は圧倒的に数が足りなかったので、来季はより力を入れようと思っております。新ブランドも多く、革靴や洋服以外も力を入れてご提案していこうと企んでいるので!?楽しみにして下さい。

本日は、今季から新しく取り扱いをスタートすることになった英国靴発祥の地ノーザンプトンで創業した【SANDERS/サンダース】から、クラシカルなモデルをセレクトしました。

【SANDERS/サンダース】の特徴としては、現代でも英国国防省(MOD)に靴を納入していたり、世界各国の警察や軍の革靴などのOEMがメインで生産しており、絶大なる支持と信頼を得ています。あまり他では聞いたことのない経歴ではありますが、本物志向の方に人気の高い革靴メーカーではないでしょうか。

英国製のグットイヤーで、ここまで価格帯が抑えてあるのは稀ではないでしょうか。価格以上のクオリティの高さと、力強い武骨な雰囲気と英国靴ならではの上品さを兼ね備えているのも心を惹かれます。

【SANDERS/サンダース】とは

【SANDERS/サンダース】は、1873年にウィリアム・サンダースとトーマス・サンダースの兄弟によってラシュデンに設立された英国の老舗革靴ブランド。140年以上にわたってファミリービジネスを受け継ぎ、現在は4代目のもと90人以上の職人が高品質な靴を手がけている。グッドイヤーウェルト製法へのこだわりは英国メーカーの中でも随一で、パーツのほとんどに天然素材を使用しています。

ご用意したモデルは、他ではあまり見かけることの少ない、紐を無くしたノーシューレースシューズ。

雰囲気はクラシックな存在感を放つドレスなイメージと、リラックス感のある2つの表情がミックスされた独特な存在感が魅力的です。

ベーシックではないですが、奇抜さはなくビスポークにあるような唯一無二なデザインが靴好き心を擽ります。

履き心地は想像以上に快適で合わせもしやすいです。今まで経験がないカテゴリーの靴ですが、ローファーと同じ感覚で履ける利便性の高さと、【SANDERS/サンダース】の特徴でもあるミリタリーなムードが巧くマッチしていると新たな銘品になる予感がします。

気品溢れる落ち着いた光沢感のあるレザーは、ポリッシュドカーフと呼ばれる表面に樹脂加工を施した堅牢なレザーになります。

ミリタリーシューズがルーツなので、作りにも耐久性の高さが目立ちます。

ポリッシュドカーフは汚れがつきにくく、大雨でなければ対応出来てしまうほど雨にも強いです。

お手入れが必要ないわけではありませんが、あまり頻繁ではなくても問題なく、お手入れも比較的簡単です。

普段は、履いた後に埃や汚れをブラッシングする程度は必要です。

保管時にはシューツリーを入れておくと型崩れ防止にはなるのでお勧めです。

シューレースの無いデザインですが、内側の甲の部分にゴムが取り付けられており、歩行時のフィット感を高めています。

履きやすさはローファーと同じで着脱もしやすく、気楽に履けて、靴本体も軽いので楽チンです。

ベースは定番のストレートチップのデザインをしているので、見た目はドレスシューズの様にきちんとした表情もあり、キレイ目なジャケットスタイルにもカジュアルスタイルにも合います。

正式なドレスシューズではないですが、人によっては仕事で着用しても格好良いと思います。

ドクターシューズと少し似ているような感覚の靴です。

【SANDERS/サンダース】が守り続けるグッドイヤーウェルト製法とは、アッパーと中底とコバ(靴底の縁まわり)の3つを先に縫い合わせ、その後アウトソールを縫い付けるという2つの縫製工程を経て仕上げられる製法。とても複雑で手間のかかる工程を経て作られているので、より型崩れしにくく丈夫で消耗部分であるアウトソールだけを何回でも取り替えることが可能です。緩衝材として使われているコルクが足に馴染み、履けば履くほど自分の足に馴染んでいくのもこの製法の良さです。

3本のトリプルステッチもサンダースならではの特徴で、耐久性の高さに繋がる仕上がりです。

見えにくいほどさりげなくですが、クラウンが施されております。

ただのクラウンではなく、英国の実績の高さからエリザベス女王のクラウンを製品に刻印することを許されているからこその刻印です。

英国に認められている証でもあります。

 

ソールは英国のTSHIDE社のコマンドソールを採用しており、本格的な軍用靴メーカーならではの仕様です。

存在感はありますがデザインはミニマルでシンプルなので、スタイリングも選ばず、足元に馴染んでくれると思います。

少し丸みのあるフォルムですが、野暮ったさを感じさせない武骨な雰囲気が堪らなく格好良いです。

【SANDERS/サンダース】はオールラウンドグットイヤー仕様になっているので、他の同じ製法の靴に比べてより軽量化されています。

 

コードバンに質感が似ており、光沢の出やすい上質なカーフレザーなので、革の優美な輝きが好きな方にもお勧めです。

少し磨くだけでも光沢がより増していき、長く履き込むほどに経年変化も楽しめます。

僕自身ローファーがかなり好きなので、履きやすさと他にはない唯一無二な雰囲気に惹かれました。

普段、クロケットでは、キャベンディッシュ3を7サイズ、モールトンで7サイズ、ボストン2を7ハーフで履きますが、こちらのモデルは7サイズでジャストフィットで選びます。ご参考下さい。ローファーと同じでジャストで穿きながら、馴染ませていくのがお勧めではあります。

MODEL:ポリッシュドカーフノーシューレースシューズ
SIZE:5.5・6・6.5・7 ・ 7.5 ・8
COLOR:ブラック
MATERIAL:レザー
PRICE:¥48,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

Cachette LIFE ではスグルシニアが【MAISON CORNICHON/メゾンコルニション】の半袖クルーネックカットソーをご提案しております。

併せてご覧下さい。

 

前回のブログはこちらからご覧になれます。

 

前回のブログではジョンスメドレーのニットポロシリーズをご提案しております。

パート⓵ こちら パート② こちら

こちらのブログでは雨の日に使い勝手の良いBARACUTAのG9をご提案しております。

 

新型の【WALSH/ウォルシュ】も2型ほど入荷してきております。

 

 

 

CATEGORY

【CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ】から新型、新色、新ソールを採用したローファーをご提案したいと思います。

スグルJr.です。

 

本日は、今季から力を入れてセレクトしていきたいと思っている【CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ】から新型のローファーをご提案したいと思います。

カタログの中で特に気になったのがこちらのヴァンプローファータイプ。今季からコレクションに加わったニューモデルになります。【CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ】でありそうでなかった絶妙な軽快なリラックス感溢れるデザインに心を惹かれてしまいました。基本的に取り扱いも少なく、見たことがない方がほとんどではないでしょうか。

モデル名「salcombe/サルクルーム」。装飾のないシンプルでミニマルな雰囲気のヴァンプローファーになります。クロケットではかなり珍しいリラックス感のあるデザインではないでしょうか。

休日の足元をラフに演出してくれますが、ドレスシューズが得意なクロケットらしい落ち着いた気品ある佇まいもポイントです。

ラストはヒールカップを小さくし、踵部分のフィット感を高めた「376」を使用しています。

ホールド感を高めているので、日本人の足型にはハマりやすく、ウエストのラインもスリムにしてあるので、シャープで美しいシルエットに仕上がっているのも特徴です。

 

素材は上品さも際立つ、きめ細かなスエードを使用しています。

配色は新色のカーキ。くすんだブラウンにも見える、落ち着いた印象の色目です。

デニムやカジュアルパンツに合わせやすそうな色合いではないでしょうか。個人的にはネイビーのスーツにさらりと合わせるのもお勧めです。

足元に必要不可欠なエレガンスな雰囲気はしっかりと兼ね備えています。

 

製法は質実剛健なグットイヤーウェルト。

クロケットが最も得意とする製法で、丈夫な作りはもちろんですが、履き馴染みの良さも間違いありません。

オールソール交換も可能なので、休日にガンガン履いても長く愛用することが可能です。

 

ソールも今季からの新型を採用しておりまして。

”Superflex Sole”と呼ばれる、通常のレザーソールよりも柔らかく、柔軟性が高く仕上がっております。

鞣しの過程で過剰にオイルを浸透させ、フレキシビリティをアップさせ撥水加工にも通常のレザーソールに比べて優れています。

横からのフォルムも【CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ】らしいドレッシーな表情があり、ドレスコードにもよりますが、オフィスで気軽に履くには丁度良さそうです。

野暮ったさも感じてしまいそうなデザインですが、【CROCKETT&JONES/クロケット&ジョーンズ】が手掛ければその心配は全くありません。ウエストのシェイプ加減から、ノーズの長さなど細かく計算されたフォルムが洗練された1番綺麗な姿を作り出しています。

理由は色々とありますが、気になる方は今がチャンスです!とだけお伝えします。

サイズはややタイト目な設定になっておりますので、普段のサイズよりハーフサイズアップもご検討下さい。

僕の場合は普段、キャベンディッシュ3を7サイズ、モールトンで7サイズ、同じラストを使用しているボストン2を7ハーフで履きますが、こちらのモデルは8サイズを選びます。ご参考下さい。

MODEL:「salcombe」スエードヴァンプローファー
SIZE:6・6.5・7 ・ 7.5 ・8・8.5
COLOR:カーキ
MATERIAL:スエード
PRICE:¥68,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

【JOHN SMEDLEY/ジョン スメドレー】のイベントも開催しております。詳しくはこちらからご覧ください。

5月9日(月)までの期間限定開催になります。

 

 

 

 

 

前回のブログではBARACUTAをご提案しております。

昨日のブログは【JOHN SMEDLEY/ジョン スメドレー】をご提案しております。

ブログはこちらからご覧になれます。

 

 

 

ジョンスメドレーと合わせに【BERNARD ZINS/ベルナールザンス】はいかがでしょうか。

ブログはこちらから

オンラインショップはこちらからご覧になれます。

 

 

すでに完売してしまったモデルもありますが、【ADAWAT N TUAREG/アドワットトゥアレグ】のシルバーアクセサリーのブログもご覧下さい。

ブログはこちらから

オンラインショップはこちらから

 

昨日は、伝統的な英国シャツをご提案していますので、こちらのブログも併せてご覧下さい。

オンラインショップはこちらから

 

 

CATEGORY

PAGETOP