23回目を迎える「BRITISH CLASSIC MARATHON 2016」。今週の土曜日,16日朝8時がスタートです!!

 新聞を読む際には、まず最初に見る場所が番組欄の下にある「運勢」。本日はと言えば、「喜ぶ事と怒る事よりあらゆる過失が生まれる。淡々たれ」。喜ぶとき、或いは怒るとき、心に隙ができ、そこから誤りや失敗が生まれるということでしょう。淡々とは、この場合、態度や動作があっさりしてこだわりない様です。ちょうど、昼食に選んだのが、淡々麺、いや字が違います。坦々麺が正解です。メニューを見ていたら、新聞の運勢を思い出し、迷わず決めてしまいました。どうやら、性格は単純なようです。

20160413_120656.jpg

 現在、グローリーガイの正面入り口と南口入り口横に貼ってあるのが、こちらのポスター。そう、恒例の「BRITISH CLASSIC MARATHON /ブリティッシュ・クラシック・マラソン」が、今週の16日(土)、17日(日)の2日間に亘り、開催されます。16日の朝、ここ竜美丘ガーデンプレイスに集結、午前8時に最初の車がスタートし、岐阜県白川郷を通り、石川県中能登、羽昨市を経て加賀市ホテル アローレまで。翌日、宿泊地となったホテル アローレを出発。滋賀県長浜市北近江リゾートから岐阜県美濃市に。そして愛知県蒲郡市の蒲郡クラシックホテル(旧蒲郡プリンスホテル)がゴールとなります。

 このイベントの担当者は、ナグラさん。スタートの旗振りも彼の任務? 6年前に彼がご報告した記事があります。よろしければ、こちらをご覧ください。

 

お勧めのミラノリブニットジャケット。でも今日は、天使のニットでお出掛けです!!

20160327_202313.jpg

 ブログを作りながら、気分転換に遊んでおります。上の写真は、本日のものではありません。PT01(ピーティーゼロウーノ)のご紹介をさせていただいた3月27日だったと思います。昨年から鬼のように着ているCrucinai(クルチアーニ)を自慢したくて、つい自画撮り。今季、様々なニットブランドから提案されているミラノリブ。4、5万円から10万円を超えるものまで価格には幅があります。因みにユニクロさんでも大ヒットのようですが、それはさておき、なぜ人気なのでしょう。

  ミラノリブとは、イタリア・ミラノで編まれたことから、この名前がついたそうです。伸縮性の高いゴム地と天竺地を併せ持った編地で、横段の畝の表情と伸縮 性が少ないのが特徴です。ニットジャケットとしての用途が最も多いかと思いますが、テーラードジャケットにはない柔らかさと伸縮性は、軽い着心地を体感で きます。ローゲージのニットと比べれば、シャープでモダン。余計な伸びがなく、型崩れをも防いでくれます。フォーマル性はテーラードジャケット以下、 (ニットの仲間ですが)ニット以上と言えます。

 私のようにパソコンに向っている時間が多い中、時々は売り場に出て、接客。そんな仕事内容 には便利なミラノリブ。実は今夜、久しぶりにいつものイタリアンに出かけるのですが、そんな時も硬過ぎず柔らかすぎずの場所柄に合った、心地よい装いにな ります。オフであれば、カットソーにさらっと羽織るだけで、オンであればタイドアップや、写真のようにスカーフやアスコットタイを巻いてもいいでしょう ね。

20160330_175823.jpg

 因みに本日の出で立ちは、こちら。SCAGLIONE(スカリオーネ)の「air jumper」。出かける際にはレザーのブルゾンを羽織って出陣です。昨シーズン、どこへ出かけるにもミラノリブのニットジャケットだっただけに、「また、その服なの~」って言われないように...とは、洋服屋の意地。「誰も見てないよ~」なんて声も聞こえそうですが...。いやいや、見られているという思い込みと根拠なき自信が、時を経て男前を作り出すんです。

26周年のご褒美は、M.Cohen/エムコーエンのブレスでした!!

今日は、じっくり自分のブログを書こうかと思っておりましたが、思いのほか、商品紹介のブログ「NEWS」で時間を取ってしまいました。26年の重みなんて、全く感じていなかったはずなのに、なぜか多くのことを考えさせられる、一つの節目の年になっているようです。

 ネクタイで気分を一新、そして前進なんて話をしたところですが、こんなアクセサリーも私的には今の気分を盛り上げてくれるアイテムの一つになっています。

089.JPG

 最近購入したM.Cohen(エムコーエン)のブレスレット。シルバーフェザーと3連レザーの美しいブレスレットです。ちょっと高いなぁなんて思いましたが、26周年の自分へのご褒美です。少し前に購入した、大活躍のHevo(イーヴォ)のブルゾンにぴったり、と自画自賛。カフェのお兄さんにも褒められ、したり顔です。

 あまりアクセサリーをつけなかった私も、最近はジュニアの影響で、少しずつ嵌りだしているのも不思議です。若い感性の吸収が、実は若さの秘訣かもしれません。これして、どや顔でいつもの飲み屋さんに行こうかと思っておりますが、反響はいかがなものでしょう。新しいモノを見に付け、周りの反応を楽しむのも、オヤジの、いや服好きの悪い癖かもしれません。

久しぶりの休日。リフレッシュに選んだのは、Hevo/イーヴォのMA-1型ストレッチ リバーシブルブルゾン

久しぶりの休み...にもかかわらず、定休日で誰もいない店内に一人。スタッフもいない、お客様も電話も、いや時々ご来店される方やお問合せの電話はありますが、営業日と比べれば、かなり静か。最も仕事に集中できます。ただ、昼過ぎまで仕事をしておりましたが、あまりの天気の良さに遂に出かけてしまいま した。そう、浜松です。車の運転は大好き。いつものリラクゼーションの店に電話すると空いているとのこと。目的地まで、東名高速を使えば、1時間半。リフ レッシュには、丁度よい距離なんです。

 そうと決まれば、何を着て行こうか...です。この時期に愛用しているのは、EMMETI(エンメ ティ)の「ENRICO」。何を着れば良いのか迷う時期に重宝するレザージャケットですが、かれこれ5年は着ているでしょうか。まだまだ着るつもりですが、何と言っても久しぶりの休み。思い切りリフレッシュするには服装を変えたいものです。日差しは春といえども、まだまだ風は冷たく、特に日が陰る時間帯のことまで考えれば、一重の春物ブルゾンでは寒いし、運よく、AQUARAMA(アクアラマ)の極薄中綿入りフーデットブルゾンが入荷してきておりますが、今、購入するわけにはいきません、と店内をウロウロしていると、見つけてしまいました。ちょっぴりモードな今の気分と、何よりも軽い着用感。そして厚過ぎず薄すぎずの丁度よい厚み。着たまま運転ができる条件を最もクリアしてくれる最適なブルゾンが、Hevo(イーヴォ)のMA-1型。実は今も着ながら、このブログを作っています。

002.JPG

  そうなると、皆さんにご紹介したくなるのが人情というか、洋服屋の運命(さだめ)です。店前でナグラカメラマンに撮ってもらいました。昨日の服装とは異な ります。このコーディネートは今後揃えていきたい、そんな自分勝手な組み合わせです。昨日の出で立ちはと言えば、ハイゲージの黒タートルネック(ジョン・ スメドレー)にサキソニーのライトグレイパンツ(ヤコブ・コーエン)と、やはり寒がりです。

011.JPG

 そして、このブルゾンの特徴としてはリバーシブルで使えるということです。表は、毛足の短いストレッチウール。裏返せば、雨に強いナイロン。全天候型3シーズン用ブルゾンの出番は多くなりそうです。この時期限定(3月末まで)のスグル価格でご提案させて頂きます。よろしければ、お揃いで着ましょう!!

 私スグルが着用しているのは、サイズ42。リバーシブルにすると、滑りの悪さから、ややタイトになりますが、同素材(ウール)を外し、シャツやカットソーなら問題ありません。因みに合わせたニットはDREW&Co.パンツはPT05、靴はParaboot、手に持ったバッグはZANELLATOです。

買い物好きには最高の立地!! ミラノの宿は、STARHOTELS ROSA GRAND/スターホテルズ ロサ グランド

20160115_153814.jpg

 今回、ミラノで取った宿は、STARHOTELS ROSA GRAND/スターホテルズ ロサ グランド。ドゥオモ大聖堂の裏側、フォンターナ広場に面したロケーションの良いホテルです。

20160115_153840.jpg

 ホテルを出れば、すぐそこにドゥオモが見えます。スカラ座やモンテナポレオーネ通りまで徒歩5分ほどで、買い物好きには最高の立地です。以前、やはりドゥオモ近くのHOTEL AMBASCIATORI/ホテル アンバシアトーリに泊まりましたが、今回のローサ グラントのほうが高級感があります。

20160115_150301.jpg

 部屋に入ると、鏡が多いのに驚きます。部屋を広く見せるためでしょうが、慣れるまで落ち着きません。

20160115_144245_001.jpg

20160115_144217_001.jpg

20160115_150027.jpg

 イタリアンモダンの清潔感のある部屋は、鏡さえ気にしなければ、快適な空間です。シャンプーやスリッパ、バスローブなども完備され、歯磨きセットさえあれば、後は何も要りません。

 問題は、クローゼットの広さです。夏と違い、冬場は着る物が嵩張ります。特に今回、フィレンツェとミラノの温度差を考え、余分にトレンチコート1着とフォーマルの場を考慮して、スーツを持参。残念ながらスーツは着る機会はありませんでしたが、コートは役立ちました。

20160115_204159.jpg

 一人なら十分ですが、二人です。なんとか収まったのは、ジュニアの最低限度の荷物(写真左のジャケットとコート)のおかげです。この後、ブログでもご報告したように、タリアトーレのジャケットが増えることになるのですが...

 

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る