PT01/ピーティーゼロウーノ 設立10周年 晩餐会のご報告、後編です!!

 毎日が刺激的である必要はありません。単調な日々の繰り返しの中にある特別な日。人が集う事で生まれる温もり。もてなす方、招かれる方、両方の心づくしが人生を豊かにするはずです。

 11月10日に行われた"PT01 設立10周年パーティー"の後編です。

20171110_201716.jpg

20171110_211843.jpg

 この日、私達の耳を満たしてくださったのは、この御二方です。ヴァイオリン奏者の古澤 巌さんとメゾソプラノ歌手の愛羽 薫さん。音楽好きならご存知の古澤さんは、古田織部役で大河ドラマ「江~姫たちの戦国」にも出演されていました。この日はTAGLIATORE/タリアトーレのスーツを纏い、美しい音色を聴かせて頂きました。またスレンダーの愛羽さんは舞台に上がった瞬間に男性の目を釘付け、ソプラノとコントラルトの間ほどの声質になるメゾソプラノが会場を包み込みました。

20171110_212924.jpg

20171110_212938.jpg

 最後はお二人のコラボ。滅多に見られない、貴重な組み合わせです。耳だけではなく、目も楽しませてくれる、そんな贅沢な時間が流れていきます。

20171110_213756.jpg

 7時から始まった宴も終わりに近づきました。コーベル社の4代目ピエランジェロ氏とファミリー、そして2017年秋冬のコレクションよりディレクターに就任したドメニコ・ジャンフラーテ氏。実は、この日、到着後の荷物7つのうち、今宵着るはずのタキシードを含め、5つのロストバゲージ。ピエランジェロ氏が着ているのは、小林社長のもの。急遽、買い揃えたりの大慌てだったそうです。洋服屋で幸いでしたが、小林社長の締めの挨拶でした。

20171110_215446.jpg

 TAGLIATORE/タリアトーレのピーノ氏もお祝いに駆けつけていました。右隣りは、ジュニア? ...に間違いはなさそうです。賑やかで豪華なパーティーです。

20171115181128.jpg

 私も参列させて頂きました。右手に持っている携帯がおのぼりさんの証拠です。

20171115181208.jpg

 PT JAPANの看板娘たち。少し遡っていただいて、2014年8月12日14日のSUGURU blogをご覧ください。わざわざ東京から、ここ岡崎まで遊びに来てくれたのが、このお二人。会場の受付や裏方としてお客様のサポートをしていました。パーティー終了後、ホッとした彼女たちと記念写真です。小林社長はじめ、スタッフの皆さまに感謝です。特別な日は、こうして幕を下ろしたのでした。

PT01/ピーティーゼロウーノ 設立10周年 晩餐会のご報告です!!

 師走を前に始まる来年秋冬のプレコレクション。毎年、この時期になると頭の中はフル回転です。特に展示会以外で東京に出掛けることが多い今年。東京に店でも作って、マンションを借りようかなんて...全くの冗談ですが、明日の展示会を皮切りに来週、再来週と東京です。今日はタカイちゃんがブログを作っており、少し時間がとれそうなので、10日、先週の金曜日に開催されたPT01(ピーティーゼロウーノ)の設立10周年の模様をご報告します。

20171110_184440(0).jpg

 まずは、ここからでしょうか。受付を済ませると、シャンパンと共にお出迎えしてくれたのは、バニーガールの御二方。昨年のTAGLIATORE(タリアトーレ)のパーティーの時と違って接する時間は、ほんの僅かでしたが、手に持ったグラスを落としそうになるほど、右腕が心地よい一時でした。

20171110_184800.jpg

 この日、招待されたのは、40名。その中に堺正章さんご夫婦もいらっしゃいました。着用されているジャケットはTAGLIATORE、パンツはPT01のはず?です。ゲストの殆どがスーツにタイドアップされており、一瞬どきっとしましたが、ジャケットスタイルの仲間が出来ました。ドレスコードは"エレガント" 実は私もスーツを用意していたのですが、パンツブランド、PTのパーティーとなれば、プロデューサのドメニコ氏もコーベル社の関係者も出席。ならば、穿いていかなければということで、私の下半身をご覧ください。ドメニコ氏デザインのPT01の「FORWARD」。NEWS blogでは11月1日にご案内しております。足元はスニーカですが、ハイカットにした事でお許し願いました。

068.JPG

 そして、ポケットに付いた毛ばりをジャケットのラペルに。これが後でドメニコ氏の目に留まり、ファミリーとの写真にと繋がったのでした。目論見が外れなくて、良かった!!です。

20171110_192548.jpg

 今回のパーティーで最も驚いたのが、開催場所。ウェイティングルームの仕切りとなった右奥のカーテンが通常はなく、L字型のショールームです。今週から、プレコレクションが始まり、この景色は様変わりしていることでしょう。

004.JPG

 写真が見つかりました。角度は違いますが、この場所です。一夜限りのレストランが、いや主催者の小林社長は、自宅にお招きをして、おもてなしをしたいという強い思いが、この開催会場に込められているのです。

20171110_191140_001.jpg

 小林社長の挨拶でパーティーは始まります。隣の美しい着物姿の女性は、奥様。10月29日に行われたコマコ・オフィチーナの駒井さんの結婚披露宴でもお会いしましたが、品のある素敵な方です。

20171110_195605.jpg

 グリッシーニにも、PTのロゴが。粋な計らいです。そして、この細長いスティック状のパンは、コーベル社のあるトリノで14世紀に生まれたとされています。

 この日のメニューは、食事前だけに思い出すのが辛いのですが、毛蟹とグリーンアスパラのサラダ クロケッタ添え、秋ポルチーニ茸の丸焼き、黒トリュフのリゾットサルタート、和牛フィレ肉のビスカッテ 白トリュフ包み、ティラミス、カフェ。ワインも全てトリノから取り寄せたものでした。

20171110_201613.jpg

 なんとも贅沢な...興奮のあまり写真がピンボケです。キャビア、フォアグラとともに世界三大珍味のトリュフ。そして、

20171110_201214.jpg

 和牛フィレ肉のビスカッテに、なんとも贅沢です。今晩の食事をコンビにで済ませようかと思っているのに...いやいや、この日は特別なんです。

20171110_211102.jpg

20171110_211240.jpg

 ドルチェは、やはり北イタリア生まれのティラミス。この意味がまた面白いんです。イタリア語で「私を引っ張り上げて」が転じて「私を元気付けて」に由来するんですね。ここまで来ると、もうお腹いっぱい、元気いっぱいです。トリノ風の食べ方はエスプレッソをかけて掻き混ぜ、焼き菓子と一緒に食べるんです。立食と違い、着席のパーティーは、ゆっくり食事を楽しむことができる贅沢な晩餐会です。

 そろそろお時間となりました。この続きは、金曜日にでも、いや近いうちにご報告させていただきます。明日も元気に展示会に行ってきます。buonaseraブオナセーラ...良い夜をお過ごしくださいませ

  • 1

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る