懐かしい写真です。照れますが、ご覧ください!!

 結婚した当時から言われるのが、年の差夫婦。最も傷ついたのが、ジュニアが2.3歳の頃、ある飲食店の方から、「可愛いお孫さんですね」なんて言われた時。思わず、「この店、二度と行くもんか」と心に誓った?ほどです。ただ、彼を責めるのを止めたのは、それに近い状況が時々起こったことです。実家の両親、妹夫婦と息子二人、そして私たち夫婦とジュニア。何年も通っている馴染みの天ぷらやさん。数年後にお店の方が勘違いしていたことに気が付いたのです。どうやら私の妹を家内と、家内が長女で妹の二人の子供が弟、末っ子がジュニアだとずっと思っていたようなんです。慌てて否定はしましたが、なかなか信じてもらえず困ったこともあります。

 確かに大学を出て、横浜に就職し、営業周りをしていた際に、新入社員と言ってもなかなか信じてもらえなかったり、転職組み?とか、子供さんは何人?とか、やはり老けて見られたようです。

20160903_142704.jpg

 26年前、岡崎の欠町東公園横にオープン。その頃の写真です。店内には今でも飾ってある絵もあり、雰囲気も似ています。かなり時代を感じさせる服装ですが、当時はDC全盛時代。比べれば、クラシックな方です。スーツの下はブレイシーズ、ワイドショルダーのジャケットにツータックのドレープパンツ。足元は英国靴でしたね。今より、かなり尖っておりましたので、写真で笑うこともありません。だから老けて見えたのでしょうか?

20160903_142735.jpg

 この写真、公開すると、きっと怒るのは家内。怒られるのを覚悟で載せてみました。二人で始めたグローリーガイです。でも当時、お客様はバイトの子だと思ってたようで、時々、口説かれてもいました。懐かしい写真です。昨日、Cachette BLOGで家内と写真に納まりました。月日の経つのは早いものですが、これで夫婦と分かっていただけたでしょうか。

100年を目指して欲しい理想となる洋食屋さん「キッチン・ボン」さんに行ってきました!!

 北の空は厚い雲、南は薄曇から日差しが...と、今日も天気は安定しません。昨日の東京出張。台風の影響もあり、蒸し暑く、行く先々では地面が濡れてい ましたが、幸いにも傘を買う必要はありませんでした。最初に訪ねた恵比寿のアイネックスさん。担当の遠藤さんとお昼ご飯を一緒させていただき、「恵比寿な ら、ここが一番」と選んでくれた場所が、

20160823_140009.jpg

20160823_140016.jpg

 恵比寿駅から徒歩5分。恵比寿西1丁目の交差点角にある「キッチン・ボン」さん。恵比寿には何度も足を運んでいるのに、その存在すら知らなかった私。扉を開け入れば、この洋食屋さんが只者でないと感じるのに時間はかかりません。

  創業は昭和30年。この店の特別な一皿として、先代の須田義夫さんが満州のヤマトホテル時代に学んだ「ポルシチ」があります。美空ひばりさんや長嶋茂雄さ ん、そして石原裕次郎さんなど名だたる有名人を虜にしたウクライナの伝統料理「ポルシチ」。食べてみたいと思うのは当たり前。ただ手書きのメニューに大好 物のハヤシライスがあり、ずいぶん迷いましたが、ボルシチをハーフにしてもらい、両方をいただくことにしました。

20160823_133506.jpg

  食事が終わり、現在、お店を守っている2代目の須田紘光さんの奥様でしょうか。大事そうに見せていただいたのが、上の写真。開店当時の挨拶文。当時のメ ニューと価格が載っています。ポルシチが80円、カレーライス70円、珈琲はなんと40円。ただ当時としてはホテル並みの値段で、決して安くはなかったの ではないでしょうか。ただ、私が生まれる前の時代のこと。よくは分かりませんが、この時代にこんな洒落た料理が出されていたなんて、さすが恵比寿です。 サッポロビールの全身である日本麦酒醸造会社があり、その運搬のために作られた日本鉄道品川線(現在の山手線)の貨物駅として栄えた恵比寿。食の歴史を振 り返るのも面白いですね。

20160823_133200.jpg

  ただ、この日の店内は蒸し風呂状態。空調に不具合が生じ、テーブルの上に置かれた冷風気が、唯一の涼をとる手段でした。寒い地方の料理「ポルシチ」。食べ れば、体の中が更に熱くなり、噴出す汗の量は半端ではありません。この日は、ネクタイブランドのセレクトもあり、コットンスーツにタイドアップ。食べる前 から失礼して、上着を脱ぎ、ネクタイを緩めます。でもきちんとした服装で来店できてよかったと思うのは、お店の格。先代の弛まない知恵と努力。そして築い たものを守る2代目の器量。60年続けることの大変さに敬意を示すのは、その店を利用したいと思うお客の礼儀です。100年続く店を目指した私にとって は、理想の姿なんです。この店が次の世代に繋げていけるのかはわかりませんが、いつまでもその場所にあってほしいと願うばかりでした。

八ヶ岳報告 自然の恵みのお福分けです!!

20160722_091953.jpg

 翌朝、清里は霧雨。視界不良でした。まるでアジサイ気分。気温も20度ほどで肌寒いぐらいです。早起きをして向ったのは、

20160722_102433.jpg

 北杜市にある桃園。案内してくださったのは、

20160722_100755.jpg

  この秋、リュニューアルオープンするCachette/カシェートのプランニングを受け持っていただく浅井さん。もともとは東京出身で大手のハウスメー カーに勤務。11年ほど前に八ヶ岳に魅せられ、移住。現在はインテリアプランナーとして忙しく走り回っておられます。この日も忙しい中、無理にお願いして 案内してもらいました。

20160722_101240.jpg

 ほんの少しだけ傷があったり、大きさにばらつきのある桃は、驚くほどの値段です。その安さに思わず3ケース。いや、もっと買っておくべきでした。右手前は、浅井さんからいただいた自家栽培のズッキーニとししとう。

0003.jpg

20160722_154010.jpg

  この日、7月22日は私の誕生日。当然、彼女は知りませんが、素敵な自然の恵みをプレゼントされた思いです。ありがとうございます!!  1週間前の東京では、神戸のチンクエクラシコの藤原社長からサプライズの誕生会。素敵なプレゼントまで頂き、今年の誕生日は華やかです。よい歳を迎える ことができ、心より感謝しております。

 岡崎に戻り、お福分けです。実家へ、いつも美味しい珈琲を出してくれるタスクカフェへ。そこに集まる人たち、もちろんスタッフやご来店いただいていたお客様にも、またまたいつも酔っ払いの相手を優しくかわしてくれるイタリアンや小料理屋の オーナーにも。まだまだ持っていきたいところは山ほど。やっぱり、もっと買ってくれば良かった...です。今度、この時期に出かけたなら、トランク満載で帰っ てきますね。

八ヶ岳報告 清泉寮に泊まります!!

 15年前は、通過点だった清泉寮。長年、乗っていたイギリスのローバーGSエステート。オースティン モンテゴエステートと言ったほう分かりやすいでしょうか。愛着のある車でしたが、後半トラブル続きで、遂に乗り換えることに。苦労した分、反動は大きかっ たのでしょう。乗り換えたのは、頑丈・丈夫なイメージのドイツ車。2度目ですが、新車は初めてです。速度無制限道路のアウトバーン仕込のドイツ車ともなれ ば、高速道路をかっ飛ばし、ワインディングロードを颯爽と走り抜けたいもの。そこで選んだ場所が、八ヶ岳。当時、カー雑誌などの撮影場所として知られてい た八ヶ岳高原ロッジ。清里から少し奥に入った場所にあります。秋の日差しの下、清里高原の心地よい風に吹かれながら、この時 もなぜか?一人、アイスクリームを食べた思い出が蘇ります。

20160721_155841.jpg

  1980~90年代、私たちの青春時代には、清里は「恋人の聖地」。"私をスキーに連れてって"同様、恋人たちの憧れの場所。なのになぜか、いつも一 人...。夏ともなれば、当時の清里駅には人が溢れ、あちこちに建てられたペンションは予約が取れないほどでした。そんな清里ブームの中心的な建物が、ここ清泉寮だったのです。

 現在、ロッジ、コテージ、レストラン、キャンプ場を有する宿泊・研修施設ですが、建設当初の1938年は、清里開拓の父と呼ばれるポール・ラッシュが指導した教育実験計画の一環としての日米協会青年活動による中心施設...調べてみてください。同じことが書いてあります。清里の育ての親は、代名詞であるソフトクリームもポール・ラッシュが生み出し、清泉寮の喫茶メニューにもなりました。当時、カレーライス600円の時代に250 円のソフトクリーム。乳牛として育てられた牛から取られたジャージー乳を使用したソフトクリームは、「濃厚でおいしい」と口コミで人気が広がったようで す。

20160721_155746.jpg

20160721_155709.jpg

  本館のカウンターにもポール・ラッシュ博士の写真が飾ってあります。先に進むとこじんまりとしたロビーがあり、まだ出番のない暖炉とさりげなく置かれた書籍が、冬の夜の読み聞かせを連想させてくれます。通路を挟んで反対側にはミーティングルームがあり、その隅に卓球台が置いてあり、懐かしい風景を見るこ とができます。次回、来る時は冬が良さそうです。車ではなく、乗り物を乗り継いで。できることなら、一人でない方が嬉しいのですが...。そういえば、明後日の 水曜日、ジュニアが伊勢神宮に行くそうです。「誰と?」と問えば、「一人で」だそうです。血は争えませんね。

 日が沈み、更に静けさが増します。温泉に入った後は、いよいよ待望の食事。この時間だけは、一人を避けたいものです。以前、泊まった高原ロッジで、恥ずかしい思いをしたことがあります。一人で食事をしていると、手持ち無沙汰で、ついつい飲みすぎるのです。部屋に戻ろうと立ち上がった瞬間、よろけて千鳥足。何事も無かったように席に戻り、酔いを覚ましましたが、見られていたとしたら恥ずかしい限りです。今回、ありがたいことに素敵な女性と一緒。美味しい地ビールにワイン...。ただ、その後は、やはり一人でした。

 

お待たせしました!? 八ヶ岳報告です!!

 お待たせしてはいないと思いますが、八ヶ岳報告です。

 急ぎでもなし、道連れもない、気ままな一人旅。自宅を出たのは、11時頃。いつものようにコンビニで水と煙草、そして珈琲を買って、行き先をナビに告げてスタートしたのは、11時半。東名、岡崎インターから豊田JCTで伊勢湾岸に入り、豊田東JCTで東海環状自動車道で土岐JACへ、後は中央自動車道で長坂インターチェンジまで。愛知、岐阜、長野、山梨県と4県をまたいでの長距離運転です。途中、休憩したのは、駒ケ岳サービスエリア。山自体の形が馬の形をしていたり、雪形が馬の形をしていることから名付けられることから、同じ名前が全国に多くあります。ここで言う駒ケ岳は、長野県駒ヶ根市にある木曽駒ケ岳です。

 スタートして1時間半。そろそろ、お腹の空く頃です。

20160721_132517.jpg

 夜は洋食ブッフェ。となれば、昼は蕎麦に限ります。地元で蕎麦を食べることは殆どありません。店がないからです。蕎麦はもっぱら東京。でも久しぶりに信州の蕎麦に満足です。つい、気持ちものんびりですが、ここで時間を割くわけにはいきません。早速、目的地へと車を走らせます。

20160721_151514.jpg

 八ヶ岳に行かれた方なら、すぐに分かりますね。清里にある清泉寮です。そして清泉寮と言えば、あの有名な濃厚ソフトクリーム。当然、食べようと売店に近づけば、若い女性と家族連れで大賑わい。二三度通り過ぎては諦め、やはり食べたい欲求に再挑戦。空いた隙に忍びの術で購入です。混雑する空間から離れ、一人寂しく...。書いているうちに、なんか惨めになってきますね。清泉寮でアイスクリームを食べるのは、2度目。確か、14.5年前。そのときも、間違いなく、一人でした...

 本日の宿は、ここ清泉寮。ずっと泊まりたかった宿泊施設です。

20160721_152048.jpg

 こちらは新館です。本館、新館共にチェックインは、この新館で。趣を残しながらも、モダンな建物です。

20160721_155449.jpg

20160721_155502.jpg

 新館でチェックインを済ませ、案内された部屋は、本館の205号室です。70年の歴史を誇るレトロな建物ですが、清潔感はあります。そして、静かです。

20160721_171111.jpg

20160721_171000.jpg

 こじんまりとした部屋ですが、テンションは上がります。イタリアのホテルとは違うし(当然です!)、いつも定宿にしている東京のホテルとも違い、情緒のある素敵な部屋。窓を通して見えるのは、清里高原。窓から入る空気も清々しく、涼快です。日常とは違う空間に空気。リフレッシュには最高のロケーションです。

 本日は、ここまでとさせていただきます。明日は、清泉寮のことを詳しく紐解いてみます。ご期待ください。

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る