イタリアに行けない腹いせ?は、いつものイタリアン!!

イタリアに行けない腹いせ?に、昨夜、いつものイタリアンに行ってきました。いつものオヤジ仲間とです。「またですか?よく行きますね」と言わないでください。3匹のオヤジ会は、月に一度のこと。お酒を飲むのは、パラブーツのトランクショー以来。家では一切飲まないから、久しぶりなんです。

 この日のテーブル席は若い女性6人+男性1名に占拠されておりました。入るなり、「スグルさ~ん」の甘い?声に見やると、前回のブログ(パラブーツのトランクショー)掲載の小料理屋エキュメのオーナー、ハナちゃんとお手伝いのモモちゃんの顔が。訊けば、イベントのお疲れ会だそうです。

20160615_214235.jpg

 カウンター席の一番奥に腰を落ち着かせ、他のメンバーが来る時間を楽しみます。そして、この場所から見る眺めに妙に癒されるのです。照明が作り出す陰影、温かみのあるタイル、鍋からの湯気などが、ほのぼのとした空間を作り出します。喩えて言うなら、子供の頃の台所のような懐かしさ。夕飯の準備にいそしむ割烹着を着た母親の姿が瞼の奥に残像のように浮かんでくるのが不思議でした。

20160615_224618.jpg

 程よく飲み、食べた後は、こちらはいかがでしょう。イチゴではありません。チェリーです。

20160615_224522.jpg

 これを食べれば、更に飲みだしてしまう恐れはありますが、手が止まりません。山盛りだったのに...。慌てて、女子会、いやお疲れ会のテーブルへ持っていくと、黄色い歓声とLINEのありがとうメール。近くにいるんだから、直接、頬ずり?でもよかったのになんて、相変わらずスケベな夜でした。

Paraboot/パラブーツのトランクショー、合間の食事会報告です!!

 日記を書く習慣でもあれば、もう少しまめにブログを書くのですが...。ブログに載せようと写真は撮るのですが、なかなか活かされてはいません。少し間が空いてしまいましたが、先週の土日に開催させていただいたParabootのトランクショー。いつも素敵な接客で楽しませてくれる篠崎さんとの食事会の模様を、よろしければご覧ください。

20160521_211010.jpg

 開催日の前日、岡崎入りされた篠崎さん。閉店後の準備は、彼がいないと始まりません。なんと入庫した靴の数は330足、ダンボールで言えば25パッキン。検品するだけでも大変な作業です。時間は10時を回る頃、ようやくトランクショーの形になります。この日は、担当のタカイと東岡崎駅周辺で軽く食事。タカイも自宅のある名古屋へ帰らなければなりません。そして翌日の土曜日、スタッフ全員と食事会です。選んだのは、やはりフランスつながりの小料理屋エキュメさん。フレンチをベースにした季節の食材を使った料理とワインの店です。参考までに、エキュメとはフランス語で「アク抜き」を意味します。

20160521_211420.jpg

 ワイン好きの篠崎氏と酒なら何でも来いのナグラさん。全くお酒が飲めない、匂いだけでも酔ってしまう下戸のタカイ。なぜか、そんな飲兵衛二人に囲まれています。

20160521_233607.jpg

 ずいぶん盛り上がりを見せた後、タカイは時間切れ。後ろ髪を引かれる思いで店を後にしました。調子という波に乗ってしまったナグラサンは後輩二人を前になにやら語り始めておりますが、何を言っているのか良く分かりません。酒好きのマスヤマはといえば、ナグラサンを車で送っていくため、本日はじっと我慢。マスヤマの帰路にナグラサンの自宅があることから、心優しい配慮を見せておりました。カウンターに陣取った篠崎氏。さすがです。ワインのことになると、特にフランスワインに関しての深い知識は、その生産地から生産者にまで及びます。オーナーのハナちゃんも大盛り上がり。話が弾みます。

20160521_231618.jpg

 弾みすぎたのは、この二人。ついにカウンターの内側に侵入です。確か、こんな光景、以前にも見たような...。そうです、2年前、いつものイタリアンで開いたTAGLIATOREパーティー。あの時は、サルサの踊りつきでしたが、今宵は至って静かでした。次回は、参加されたお客様を交えての集いにと考えております。決まりましたら、ぜひご参加ください。

華のあるオペラ・ソプラノ歌手の加地早苗さん、岡崎にお越しいただきました!!

今日の岡崎の気温は、3.4度。雪もちらつき始めました。さすがに、20年も使っている空調設備は,ここまで気温が下がると、フル稼働しても店内の暖まりは弱く、肩の力が抜けません。シャツ一枚で過ごせる、ミラノの建物の中の温もりが懐かしくなります。

 さて、1月10日と11日に行われたオペラ・ソプラノ歌手の加地早苗さんのリサイタル。「あたたかい会」代表の村岡さんからの熱いリクエストにお応えして頂き、豊田と安城で開催されました。

20160111_152108_007.jpg

 イタリア国内外で活躍されている、ミラノ在住の加地早苗さん。世界遺産に認定されているサビオネータ・アンティカ劇場でも、素敵な声を披露されています。そんなプロの歌を、こんなにも身近で触れる機会は、滅多にありません。

20160111_153505_001.jpg

 このリサイタルでは、妹でもあり、ピアニストの村主眞裕美も自身の曲を披露。加地さんとのうたい合せも素敵でした。

 次回は、もっと大きなホールで聴いてみたいものです。11月16日に愛知県芸術劇場で行われるオペラに出演されることが決まっており、既にチケットも予約しておきました。グローリーガイからツァーでも組みましょうか。ドレスアップして、出かけるのもいいですよ。

 そんな加地早苗さんも2月に入れば、ミラノに戻られます。私のイタリア帰りのタイミングで、ぜひ食事をと、こちらも熱くお願いしていたところ、ミラノ滞在中に妹から連絡です。そして、昨夜、わざわざ岡崎までお越しいただきました。

20160122_194255.jpg

20160122_193509.jpg

 レディース店Cachette、メンズ店GLORY GUYにて。

20160123_001152.jpg

 そして食事に選んだ店は、あのCARUSO/カルーゾのルカとマルコを感動せしめたイタリアン料理とワインの店「Maru'es」。オーナーさんを交えての写真撮影。とても華やかでした。

  20年近く、イタリアに住んでおられるだけに、イタリア人の生活ぶりや考え方、また外から見た日本のことなど、話される内容はとても興味深く、貴重なものでした。次回、お会いできるのはいつになるのでしょう。6月に出かけるPITTIの際、ミラノでお会いできるといいのですが...。

瞼を閉じれば、ここはイタリアのオペラ劇場!? いや、間違いなく我が実家の仏間でした。

 明けましておめでとうございます。

 昨年は、商品紹介のNEWSブログには、ずいぶん力を入れたつもりですが、私個人のSUGURU BLOGは、やや手抜きでした。旅をテーマにしたブログをと思いながらも、7月に出かけた萩・出雲・松江の旅や、昨年12月に出かけた恒例の慰安旅行の旅日記さえ未だ書けずです。そうこうしている内に新しい年になってしまい、来週からはイタリア出張です。出来なかったときのために、有言実行から不言実行に変えようか...なんて、ずるい考えも浮かんできてしまい、新年早々からお叱りを受けそうです。今年は、波乱の年。心して物事に立ち向かっていかなければならないと深く反省しておる次第です。日々の他愛のない話でも良いから、もう少し頻繁に書かせていただきます、いや、そのつもりですので、引き続き、お付き合い下さいますようお願い申し上げます。

20160105211816.jpg

 昨夜、実家に戻ると、オペラ・ソプラノ歌手の加地早苗さんが音合わせの為、お見えになられていました。来週の日曜日に豊田で、翌月曜日は安城で開催される「あたたかい会」主催のリサイタルの準備です。我が家の仏間にイタリア・ミラノ在住でサンタマリアノヴェッラ(これはフィレンツェですが...)の香り漂う彼女がいることが、不思議ですが、彼女も日本人。暫くすれば、違和感なく溶け込んで行きます。ただ、その豊かな声量を聴くと、空気は一変。目を閉じれば、ここが日本の田舎町とは思えない、まるでイタリアの古い劇場にいるかのような、そんな空間に身を委ねることができます。歌声の魔力、あるいは神通力というのでしょうね。

20160105211845.jpg

 打ち合わせは、始終和やかな雰囲気で進んでいきます。今回、ありえないリサイタルを企画した「あたたかい会」代表の村岡女史と、そんな凄い歌手のピアノ伴奏を担当する妹の眞裕美。我が実家が我が実家ではないほどに明るく輝いていました。

20160105_191613.jpg

 お見えになられると知っていれば、もう少しダンディーに...。でも偶然にもイザイアのスーツを着ており、また襟元は、まるで申し合わせてきたかのように黒と、身だしなみに落ち度はありません。が、しかし、緊張したせいかどうかはわかりませんが、釦の掛け違いをしてしまいました。いやはや、業界人とはしては、お恥ずかしい話です。

 前回のブログでリサイタルのご案内はさせていただいております。私は11日(月)の安城市の東部公民館でのリサイタルに参加するつもりです。ご一緒に行かれる方がございましたら、お声をかけてください。

 また来月早々にミラノにお戻りになられる加地さん。その前に一度お会いして、グローリーガイのイベントに参加していただけるよう、無理なお願いをしようかと思っております。実現できれば、いつものイタリアンで、なんて妄想しておりますので、ご期待ください。

 

 

 

 

イタリア服に包まれて、日本芸能を堪能する粋な時間です!!

先程、TIBERIO FERRETTI(ティベリオ フェレッティ)のブログを立ち上げましたが、冒頭で述べさせていただいたお茶屋さんが、こちらです。

20151208_191720.jpg

 京都の祇園、それとも東京の浅草、いやいや金沢の西茶屋??? ではありません。岡崎市の隣り、安城の桜町にある"一駒"さんです。安城市には、現在、6件の置屋があり、芸姑衆は現在、約16名おり、いまだに伝統文化が受け継がれています。ただ、ここは安城の芸姑衆とは、また別の道を歩かれている茶屋になります。

20151208_210758.jpg

20151208_210607_001.jpg

20151208_211201.jpg

 食事をしながら観る艶やかな着物姿と磨きぬかれた伝統芸。舞台が一度に華やぎます。写真上、中段の右側に座っているのがお母さんの駒子さん、その隣が一葉さん、そして一舞さん。

20151208_203650_001.jpg

 お母さんの駒子さんと一舞さん。一舞さんは、ウクライナの女性です。日本人より日本的かもしれませんね。

20151208_203840.jpg

 スケベそうなオヤジ3人組です。いつもの3匹のオヤジ会のメンバーが一人欠けていますが、この他にボスの異名をもつO氏と氏の知り合いが二人。総勢6名での参加です。高いでしょう?なんて声が聞こえてきそうですが、京都や金沢で遊ぶより、はるかにお値打ち、なんて値段の話になった途端、粋ではなくなりましたね。次回、グローリーガイでツアーを組もうかと思っておりますので、興味のある方は声をかけてください。

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る