スマートでありながら、どこか温もりを感じられる【Whitehouse Cox/ホワイトハウスコックス】のペンケースをご提案します。

 カシェートの女性スタッフです。東海地方も梅雨明けして、毎日本当に暑いですね。無理はせず冷房を上手に使って、夏バテせずに乗り切っていきたいですね。

 さて本日は、【Whitehouse Cox/ホワイトハウスコックス】からペンケースをご紹介したいと思います。

【Whitehouse Cox/ホワイトハウスコックス】とは

1875年創業以来、高品質の馬具や洗練されたデザインのベルトや鞄、財布など様々なレザーグッズを作り続けているホワイトハウスコックス【Whitehouse Cox】。使用する代表的な革は、強く耐久性のあるイングリッシュブライドルレザーで、約10週間もの間、樹皮や種子など自然の草木を使い丁寧にタンニン鞣しし、さらに天然の染料を革の深部にまで染み込ませ、じっくりと時間をかけたものです。こうしてできた最高の素材を、経験豊かな職人が確かな伝統の技術で形にして行きます。第2次世界大戦後はバッグやラゲージなどのファッション性の強いアイテムが、コレクションに加わるようになってきました。 1930年代以降に製造されたアイテムの殆どが、乗馬用の鞍や手綱に多く使用されていたブライドルレザー製で、当時としては非常に斬新なアイデアでした。1970年代にはラルフローレン本人からも依頼を受け、ベルトを作成したことで知名度は世界中に広がったと聞きます。

     L1210183.jpg

 ご紹介するのは、「S-1023」ZIP PEN CASEになります。革小物の中では、バッグやベルト、お財布やカードケースを先に揃えて、なかなかペンケースまで辿りつかないという方が多いのではないでしょうか。でも折角の革小物イベントということで、この機会に注目してみてはいかがですか。

 コンパクトなサイズ感で、バッグに入れておいても嵩張らず、仕事はもちろん普段使いにも最適です。

     L1210185.jpg

 表面には、【Whitehouse Cox】の刻印。じっくりと時間をかけて、職人さんたちがハンドメイドで一つ一つ大事に作り上げた証とも言えます。それを感じながら、経年変化を楽しみ、長く愛用していただきたいと思います。

     L1210193.jpg

 ジップのデザインもホワイトハウスコックス特注品で、細かな部分にも拘りを感じられます。サイドから見ると分かりやすいですが、U字形に折り返した一枚のブライドルレザーで作られたペンケースは、手馴染みが良く、使うほどに風合いもアップします。

     L1210195.jpg

 置いてあるだけでも佇まいが素敵です。スタッフの中でも人気の深みのあるGREENは、使い込むほどに艶が増してきます。ブライドルレザーの特徴でもある表面に浮き出るブルーム(白い粉のようなもの)は、購入時には専用のブラシでブラッシングさせていただきます。因みになんですが、参考までに他のアイテムでGREENをブラッシングしたものが、こちらになります↓↓↓ 

     L1210205.jpg

 艶やかな表面に仕上がります。

     L1210198.jpg   

 近年の文房具は、ハサミやステイプラーなどもペンのように収納できるようなデザインがあったりと、コンパクトの持ち運べるものも多く、必要最低限の筆記用具なら十分に収まります。

MODEL:「S-1023 ZIP PEN CASE」ペンケース
SIZE:W18×H5×D2.5㎝
COLOR:Green・Red
MATERIAL:革:ブライドルレザー(牛革)
PRICE:¥16,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
 尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

イベント開催中です!

phonto (11).jpg

phonto (10).jpg

 今回は、時代、流行、季節、全く関係なくご提案したいベーシックなレザーアイテムに特化したイベントです。さらにご用意するブランドが何と2つもあります。先ずは、英国好きで知らない方はいない1875年創業の英国を代表する老舗レザーブランド【Whitehouse Cox/ホワイトハウスコックス】と、初登場となるグッチなどメゾンブランドのOEMを手掛ける実力派の。イタリア発レザーブランド【DAVIDE ALBERTARIO/ダビデアルベルタリオ】になります。どちらも革製品として一流のブランドですが、雰囲気やデザインなど全く違うので、それぞれの良さを一緒にご覧になるのも楽しいと思います。基本的にはどちらも定番と呼ばれるモデルベースに揃えており、長く長く愛用していただける名品揃いです。地方のセレクトショップでは、開催することが難しいので、かなり貴重なイベントになると思います。2回目があるかどうかは、今回の盛り上がり次第ではありますが...自然と盛り上がってしまうのような豊富なバリエーションと、普段見ることの少ない希少な鞄のサンプルもご用意して頂きました。(鞄の注文も可能です)2つのブランドのメーカーさんにご協力頂き、数は色違いなどを合わせて100種類以上あります。この度は、力を貸して頂きありがとうございます。

普段では考えれないほどの種類の多さに、テンションが上がってしまうと思います。揃えきれなかった色違いなども注文可能です。ここまでのラインナップは、東海地方では他にないと思います。

 

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る