100年を目指して欲しい理想となる洋食屋さん「キッチン・ボン」さんに行ってきました!!

 北の空は厚い雲、南は薄曇から日差しが...と、今日も天気は安定しません。昨日の東京出張。台風の影響もあり、蒸し暑く、行く先々では地面が濡れてい ましたが、幸いにも傘を買う必要はありませんでした。最初に訪ねた恵比寿のアイネックスさん。担当の遠藤さんとお昼ご飯を一緒させていただき、「恵比寿な ら、ここが一番」と選んでくれた場所が、

20160823_140009.jpg

20160823_140016.jpg

 恵比寿駅から徒歩5分。恵比寿西1丁目の交差点角にある「キッチン・ボン」さん。恵比寿には何度も足を運んでいるのに、その存在すら知らなかった私。扉を開け入れば、この洋食屋さんが只者でないと感じるのに時間はかかりません。

  創業は昭和30年。この店の特別な一皿として、先代の須田義夫さんが満州のヤマトホテル時代に学んだ「ポルシチ」があります。美空ひばりさんや長嶋茂雄さ ん、そして石原裕次郎さんなど名だたる有名人を虜にしたウクライナの伝統料理「ポルシチ」。食べてみたいと思うのは当たり前。ただ手書きのメニューに大好 物のハヤシライスがあり、ずいぶん迷いましたが、ボルシチをハーフにしてもらい、両方をいただくことにしました。

20160823_133506.jpg

  食事が終わり、現在、お店を守っている2代目の須田紘光さんの奥様でしょうか。大事そうに見せていただいたのが、上の写真。開店当時の挨拶文。当時のメ ニューと価格が載っています。ポルシチが80円、カレーライス70円、珈琲はなんと40円。ただ当時としてはホテル並みの値段で、決して安くはなかったの ではないでしょうか。ただ、私が生まれる前の時代のこと。よくは分かりませんが、この時代にこんな洒落た料理が出されていたなんて、さすが恵比寿です。 サッポロビールの全身である日本麦酒醸造会社があり、その運搬のために作られた日本鉄道品川線(現在の山手線)の貨物駅として栄えた恵比寿。食の歴史を振 り返るのも面白いですね。

20160823_133200.jpg

  ただ、この日の店内は蒸し風呂状態。空調に不具合が生じ、テーブルの上に置かれた冷風気が、唯一の涼をとる手段でした。寒い地方の料理「ポルシチ」。食べ れば、体の中が更に熱くなり、噴出す汗の量は半端ではありません。この日は、ネクタイブランドのセレクトもあり、コットンスーツにタイドアップ。食べる前 から失礼して、上着を脱ぎ、ネクタイを緩めます。でもきちんとした服装で来店できてよかったと思うのは、お店の格。先代の弛まない知恵と努力。そして築い たものを守る2代目の器量。60年続けることの大変さに敬意を示すのは、その店を利用したいと思うお客の礼儀です。100年続く店を目指した私にとって は、理想の姿なんです。この店が次の世代に繋げていけるのかはわかりませんが、いつまでもその場所にあってほしいと願うばかりでした。

AD56(アーディーチンクアンタセイ)のステファノ氏と過ごすイタリア的ナイトライフ

 ハードな一週間です。遊びも仕事も一生懸命...が信条の私も連続ですと、さすがに息が切れてきます。9,10日の慰安旅行から戻ると、翌日から東京 出張。午前中、店で仕事してから昼の新幹線で東京へ。ドルモア、イレブンティの展示会をこなし、向ったのは神谷町。この夜、AD56(アーディーチンクアンタセイ)の社長・ステファノ氏と食事に行く約束。コレクションを見せていただいた後、中目黒にあるナポリピツァの人気店「Pizzeria e trattoria da ISA(イーサ)」へ。この店の前を通る度に、若いカップルや女性が並んでいるのを見て、指をくわえながら素通りしていた憧れ?のお店です。

20141211_213038.jpg

 本場ナポリで開催される"世界ピッツァ選手権"で、2年連続で優勝。そんなピザ職人であり、オーナーの山本さんの店「Pizzeria e trattoria da ISA(イーサ)」は、本日も満席。エージェントのインターブリッジさんが予約を入れておいてくれたおかげで、初めての試食です。

20141211_220155.jpg

 ステファノ氏は、トマトソースのマルゲリータを。私は山本さん、お勧めのモッツァレラベースのマルゲリータ ビアンカ。彼の食欲は、前回、焼肉屋さんでの食事会で確認済み。500グラムの肉をぺろりと平らげてしまうほどの大食漢です。イタリア人の大食いは、彼だけではありませんが...。

20141211_224102.jpg

 更に彼が頼んだのが、お馴染みのティラミス。北イタリア生まれのチーズケーキは、特別な意味があるのです。「私を引っ張り上げて」。それが転じて「私を元気付けて」。元気のないときは、ぜひティラミスを食べてください。そして、エスプレッソに食後酒グラッパ。イタリア特産の蒸留酒で、ブランデーの一種。私が頼んだレモンのシャーベットにかけて食べれば、もう幸せ気分。更に...

20141211_223405.jpg

 彼が誘ってくれたシガータイム。この日の東京の夜は暖かく、今日の寒さが嘘のよう。ほろ酔い気分でシガーを吸えば、もう至極の時間。言葉はなくとも、気持ちは通じる...そんな彼の気遣いに感謝です。日本にいながら、イタリア的ナイトライフを満喫できた最高の夜でした。

9月の幸せなひと時・・・

  8月16日の「幸せなひと時・・・」から、もうすぐ1ヶ月過ぎようとしています。月日の流れるのは早いものです。メンズの展示会が一段落したかと思えば、今度はレディース展。先週は、岩津天満宮崇敬会のお誘いにより宮島の厳島神社と広島の護国神社への正式参拝と貴重な体験ができ、忙しいながらも充実した1ヶ月になりました(後日ご報告いたします)。

 もう一つ嬉しいことが。8月5日(日)に開催させていただいたポリネシアンダンス「ハワイアン・タヒチアン」のナイトショー(8月6日のブログにも報告しておりますので、宜しければご覧になってください)、終了後に思わぬ反響がありました。ご参加された方のお知り合いから、ぜひうちの店でも開催して欲しいとオファーがあったのです。現在、カシェートにスタジオを作る計画もあり、全体のマネージメントを勝手に申し出ている私としては、嬉しいことです。

 そして、今週の火曜日の夜、ポリネシアンダンスの打ち合わせの為、選んだ店がここです。正に隠れ家のようなイタリアンとワインの店、そして素敵な空間を提供してくれます。

003

 イタリアンとワイン好きにはお馴染みですね。敢えて、ご説明はいたしません。気になられる方はお問合せください。

 料理に関して好き嫌いのない私は、ここでもお任せです。まずは、スプマンテで乾杯!

006

 そして大好きな白ワイン。甘みの少ないあっさりした飲み心地です。

007

 飲むと必ず酔っ払う赤ワイン。色に酔うのか、渋みに酔うのか、大人になりきれないのか分かりませんが、飲んだ後は足元がおぼつかなくなります。でも幸せなひと時は、美味しい料理とワイン、そして楽しい会話がもたらしてくれます。ただ少し飲みすぎでしょうか。翌日は、SCAGLIONEのニットのようにふんわりと浮いてしまいました。

 

 

 

岡崎の美味しいもの紹介 その1「大正庵釜春 竜美ヶ丘店」の”もろこしうどん”

 冷たい雨になりました。前回のブログで「立冬」の言葉を出しましたが、暦どおりになりました。ただ秋が短くなるのは寂しいですね。春も同じです。何事においても極端はいけません。徐々に、或いは程々が一番良いのですが、最近の世の中、そうもいきません。できるだけストレスをためないように、十分体調管理をして、気持ちをコントロールしていきたいものです。

 今週の日曜日に千葉県の浦安市から、ご夫婦でご来店された方がみえます。丁度、レディース店Cachetteで撮影を終えたときでした。奥様がブログでチェックされたものを、その後、メンズ店に移動され、ご主人は私の欲しかった【CISEI】のカモフラージュバッグや【PT】のパンツなどを購入され、買い物を楽しんでお帰りになられました。お昼時で、帰り際に岡崎で美味しいものを食べさせてくれるお店を聞かれましたので、近くの鰻やさんをご紹介させていただきました。その夜、その方からメールをいただき、その鰻やさんがお休みで、他の鰻やさんに寄られたことを聞いて、恐縮です。たまたま、その鰻やさんも岡崎では有名なお店で、ほっとしましたが・・・。

 最近、とても嬉しいことに遠方よりご来店いただける方が増えています。折角、岡崎に足を運んで頂いているのなら、岡崎の見所、美味しいお店などをご紹介しないといけませんね。飲食店で写真を撮ることに躊躇しますが、一軒ご紹介させていただきます。

158

 岡崎近郊にお住まいの方なら、誰でも知っている「大正庵釜春」。釜揚げうどんで有名なうどん屋さんですが、そこから暖簾わけしたお店がいくつかあります。その中の一つ「竜美ヶ丘店」のオリジナルうどんが、上の写真「もろこしうどん」。とうもろこしをふんだんに使ったあんかけうどん。とろっとした甘味が溜まりません。ぜひ食べてみてください。

156
 お店の看板です。現在は、昼間だけの営業(11時から15時)ですが、この「やっとる」の看板が出ていれば開いています。昼時は、かなり混んでいますので少し時間をづらして行かれたほうがいいかもしれません。

 余談ですが、ここのご主人との出会いは、21年前。私が独立して店を出して間もなく、奥様とご来店いただきました。ご夫婦で、英国王室御用達アウトドアバッグのCHAPMAN(チャップマン)を購入されたのが印象的で、それ以来お付き合いさせて頂いています。骨董品が大好きで、当時は私も古い英国車に乗っていたせいもあり、車談義に花を咲かせたものです。

 題名が「岡崎の美味しいもの紹介 その1」にしました。よって、毎回ではありませんが、今後、気に入ったお店の紹介をさせていただきますので楽しみにしていてください。あくまでも独断と偏見ですので、ご容赦くださいね。

 

 

 

スペイン料理とボサノヴァ

 
 本当に、この暑さ、いつまで続くのでしょうね。先週の出張の疲れか、少々、仕事のペースが遅くなってしまっています。今日は、定休日。出張も無いので少しのんびりです。

 先週の日曜日(22日)、夜7時より名古屋駅西にあるスペイン料理「カラカルメン」で、”橋本眞裕美カルテット”のライブがありました。以前、私のブログで一度、紹介しましたが、橋本真裕美は、私の妹です。子供の頃から、ずっとクラシックピアノを習っていて、現在は、プロのジャズピアニストとして活動しています。さて、スペイン料理にジャズ?普通は、フラメンコ・ギターでしょう。私もそう思いましたが、さすがに”橋本眞裕美カルテット”。お客様のリクエストにも難無く応えて、自分の身内を褒めるのも照れくさいのですが、素晴らしい演奏会でした。

P1012570

    P1012588

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食べ歩き、外食が苦手な私は、いつも決まった店しか行かず、また食べることに殆ど拘りが無い為、食の知識は多くありません。要するに好き嫌いも無く、何でも食べるのです。そんな無頓着な私でも、ここ「カラカルメン」の野菜いっぱいのパエリアは、美味しく、シェリー酒に本当に合うのです。この日も食前の辛口のシェリー酒から始まり、ビール。そして食後の甘口シェリー酒と、ほろ酔い気分です。

P1012598 

「カラカルメン」は近くで営業している「後藤酒店」の店主の奥様カルメンさんがオーナーです。カルメンさんの実家は、スペインのカタルーニャ地方バルセロナで100年以上続く老舗のレストラン。料理の他に、陽気なカルメンさんとの会話も楽しめます。http://r.gnavi.co.jp/n611100/

P1012608 

 

 

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る