忘れられない夏のひと時は、素敵な鞄とともに...。

temporary 2.jpg

fullsizeoutput_182c.jpeg

fullsizeoutput_182d.jpeg

 今日は、夏の思い出からスタートです。毎日どんより曇っていますが、次に晴れ間が戻って来れば、いよいよ夏の訪れとなります。夏と言えば、お出掛け。忘れられない夏のひと時は、出掛けた先の非日常にあるはず...です。今まで購入した洋服を吟味して、吟味しきれない方はたくさんの洋服を持って、夏探しに出向きましょう。おっと。忘れてはいけないものがあります。お出掛けには、鞄が必要ですね。そういう風で、夏に想いを馳せながら、鞄をピックアップしました。

 

fullsizeoutput_1839.jpeg

 リュック。便利なアイテムです。その便利さからか、巷では背負った人をよく見掛けます。...何かと差を付けたくなるのは、洋服好きの性でしょうか。そこで、Daniel&Bobのレザーリュック。独特のシワ加工と染色方法で、ピカイチのヴィンテージ感まで付いてきます。

fullsizeoutput_183b.jpeg

 1泊程度なら、コレ一つでも。もしくはキャリーケースと組みわせて。まずは夏の旅行で使って、あとはデイリーユースでも。お出掛けを動機に、良いのを一つ新調...でも。

fullsizeoutput_183c.jpeg

 サイズ感はコレくらい。大きくもなく、小さくもない絶妙なサイズ感でしょうか。独特のレザーの質感が、背中で程よく主張します。軽装の夏は、特に映えそうです。

  

fullsizeoutput_183d.jpeg

 リュックの対抗馬は、GENTIL BANDITのカモフラリュック。カモフラだけに、見た目以上に周りに溶け込むのを得意としており、今まで老若男女のお客様に選ばれてきました。それでいて、ほんのりアーティステックで、アバンギャルド。PVC(合皮)の軽くて丈夫な素材は、ラフでタフな夏のお出掛けにも対応可能でしょう。

fullsizeoutput_183f.jpeg

 ポケットがたくさんあって、使い勝手◎。底面の鋲でシャキッと自立もします。旅行で使った後は、すぐに日常生活で出番が回ってくるのでは。両手を空けられるので、小さいお子さんがいる方も安心です。

fullsizeoutput_1840.jpeg

 緩やかに丸みがあるフォルムは、ユニセックスな雰囲気。この幾分か遊びのあるリュックを、ご夫婦やカップルで共有するのも良いでしょうね。...なんか、そういうの憧れます。

 

fullsizeoutput_1841.jpeg

 もう一つあります。TIBERIO FERRETTIのメッシュバッグ「SACCA」。容量もあるので、夏の旅のお供に。ハンドメイドのイントレチャートのレザーが、アダルトな雰囲気を醸し出します。

fullsizeoutput_1830.jpeg

 軽快なアイスグレイに、味わい深いトープ、スタイリッシュなブラックを用意しています。

fullsizeoutput_1844.jpeg

 サイズ感はコレくらい。編み込みによる柔らかさがあり、中身によってフォルムや表情を変えるのも、イントレチャートの魅力。トートバッグとしても活用したい、差の付くバッグです。

fullsizeoutput_1845.jpeg

 大人のラグジュアリー感漂うTIBERIO FERRETTIのイントレチャートシリーズ。ショルダーストラップ付きのトートバッグに、小型のサコッシュ型でもご用意が。先のDaniel&Bobと同じく、セール対象としていますので、ぜひご注目ください。

 

IMG_8324.JPG

 Plum rain sale 開催中です!!

 

* Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

セール開始から早10日。コレ、もっと売れても良いのになぁ...そんな商品をピックアップしました。

 梅雨空が広がるようになってから、なかなか晴れません。1日くらい夏を思わせるような日があっても良さそうですが、終始曇りか雨。本当にこれから夏が来るのかな??...と、そんな気分になってきます。どうにかして、夏気分を盛り上げていきたいところであります。

 さて。Spring&Summer SALEが開始となって早10日が経ちました。色んなアイテムがお客様の元へ旅立っていっておりますが、今日の売り場速報(?)は、コレもっと売れても良いのになぁ特集。比較的サイズの残っている商品で、尚且つ自信アリなアイテムにスポットライトを当ててご案内を進めていきたいと思います。

 

fullsizeoutput_181b.jpeg

 淡いウォッシュドブルーと爽やかなホワイトの格子。Giannettoの大柄チェックシャツは、デニムのブリーチ加工のようなフェード感が目を引きます。時に、白のTシャツを挟んで着るのも良さそう。これからの時期にぴったりなので、もっと売れても良いのになぁ...なのですが、現状38、40、41サイズが在庫アリでチャンスとなっています。

fullsizeoutput_181c.jpeg

 近年注目を集めているのは、長袖のポロニット。morganoのコットンニットです。太めのボーダーに、スキッパーの襟がリラックス感を感じさせます。グリーンを上手く取り入れることが出来て、秋まで着回すことも出来るでしょう。ちなみにですが、パンツはBERWICHです。

fullsizeoutput_181d.jpeg

 少しずつ色モノが戻ってきているこの頃。ナチュラルな雰囲気で取り入れやすいのは、夏の半袖Tシャツ。そう言えば、暫く色を使っていなかったなという方は、CIRCOLO 1901のクルーネックに手を伸ばしてみては。きっと新鮮で、気分も明るくなることでしょう。バッグはTIBERIO FERRETTIです。

fullsizeoutput_181e.jpeg

 もっと売れても良いのになぁ、と正にその一言なのは、CIRCOLO 1901のストライプジャケット。カットソーの上にでもラフに羽織り、街へ遊びに出掛けたくなる1枚。この程よい個性が、貴方の遊び心を刺激するはず...秋も着用可能です。

fullsizeoutput_1820.jpeg

 CIRCOLO 1901では、もう一つ。黒のジャージーブルゾンです。形がG9型でスッキリしていること、金のメタルボタンがさり気ない主張となること。シンプルで気軽な1枚ながら、ほんのりダンディな雰囲気に。夏の軽い羽織りものとして使い始め、秋まであれこれ楽しむことが出来るので、狙い目ではないでしょうか。7/7現在、XS、S、Mサイズが用意できます。 

fullsizeoutput_1821.jpeg

 なかなか売れてますのWhite Sandのカジュアルパンツですが、その分売り場での陳列面積が小さくなり、近頃手に取っている方が少なかった為、登場となりました。穿いた際の率直な感想は、コレもっと売れても良いのになぁ...と、懲りずに。言葉を変えますと、薄手できわめてサラリとしたタイプライタークロス。そして、

fullsizeoutput_1822.jpeg

 ゆとりのあるフォルムは、肌との適度な空間があり、涼しげ。真夏も大活躍なパンツだなぁと、そんな思いが駆け巡りました。着用のブラックは、46と50サイズが、グレイで48サイズの在庫がありますので、ご注目ください。宜しければ、ショートパンツもご用意しています。

fullsizeoutput_1825.jpeg

 最後は、コットン・ポリエステル素材のスポーティなパンツ。ツルッとして、殆どシワになりません。やや変化球な素材は、ナイロン系のパンツに近い感覚。綿などのオーソドックスな素材の合間に、おひとつ挟んでみると新鮮で・面白そうです。

fullsizeoutput_1824.jpeg

 ツープリーツに、ドローコード付き。リラックス&クラシックな雰囲気を得意とするGiannetoからの提案です。 

 

fullsizeoutput_1826.jpeg

 6月の半ばより開催していた【SUPERGA/スペルガ】のフェア。明日の月曜日で一区切りとさせていただきます。想像以上にたくさんのお客様にスペルガを手に取っていただきました。期間中にご来店をいただきたお客様、誠にありがとうございました。

 

IMG_8324.JPG

 Plum rain sale 開催中です!!

 

* Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

案外充実しているのは、春や秋を中心に着るもの。すぐには着れなくても、折角のセール。お買い得に手に入れてしまいましょう!!

 春夏物と秋冬物。その範疇に収まらないアイテムも当然ありますが、我々の扱う洋服は、大雑把に言って、年に2回入荷のタイミングがあります。その1回が春夏物、もう1回が秋冬物。その2つを、これまた大雑把に対比すると、春夏物は軽量なものが多いこと、秋冬物は重厚なものが多いこと、1番に挙がる特徴はそこでしょうか。

 もう少し紐解いてみましょう。春夏物を大まかに分類すると、春や秋を中心に着るもの、春と夏を中心に着るもの、夏を中心に着るもの...こんな感じでしょうか。これから真夏を控えていますので、3つ目の夏を中心に着るものは、まさに今が旬。必要ならば、今手に入れちゃいましょう。

 少し見方を変えます。夏の次は、秋。夏に着るものが一通り揃っているならば、春や秋を中心に着るもの...へ着眼するのもひとつかと。春夏物の最終局面でSpring&Summer SALEをご提案中ですので、少々回りくどい言い回しになりましたが、要は、今のうちに手に入れた方が良いかも...そういうものは、積極的に狙ってください...と、そういうことです。

 

fullsizeoutput_17e3.jpeg

 案外充実しているのは、春や秋を中心に着るもの。この時期は暑くて敬遠されがちですが、元来春提案のものは、薄手で軽量なものが多く、夏が終わったあとから本格的に秋が深まるまでの期間、暦にすると9~11月の頭くらいまで、もう1度楽しめる期間がやってきます。秋冬提案のものは冬寄りなものが多いこともあり、秋に着れるものが足らない...という声は、実は毎年耳にします。春や秋を中心に着るもの。目ぼしいものがあれば、今がチャンス...かもしれませんよ。

DSC_0322123456789.jpeg

 そういうことで、今日はレザーのご案内を進めていきます。レザーの【EMMETI/エンメティ】で、注目に値するものが散見されます。

fullsizeoutput_180b.jpeg

 黒のライダースジャケット「STEVEN」。伸縮性のあるハイテク素材とのコンビタイプで、前身頃や袖口でジップを前面に出したデザイン。ちょっとした個性を求める方に、ピッタリな1着です。

 通常のレザーに比べて幾分か薄めの「NAPPA SILK」という、しなやかなレザーを採用していますので、春や秋を中心に、あれこれ活躍することでしょう。今セールでは、20%OFFの92,000円(本体価格)でご提案中ですので、ぜひご注目ください。

 

fullsizeoutput_17ff.jpeg

 襟元はダブルのライダース風ながら、その実、使い勝手の良いシングルライダース「ELTON」。色は黒ですし、全体的なデザインはシンプル。ほんのりオトコの色気が漂いそうです。EMMETIでは最も薄めの0.4ミリレザーですので、シャツのようにしなやか。真夏が終わればすぐに出番がやってきます。44サイズ1点のみは、30%OFFの91,000円(本体価格)でご案内中です。

 

fullsizeoutput_180e.jpeg

 爽やかなホワイトレザー。シンプルな着こなしに、さり気なく透明感やリッチ感をプラスしてくれます。

fullsizeoutput_180f.jpeg

 フード付きに、ハイテク素材とのコンビデザイン。スポーティなホワイトレザー「PETER」は、フーデットのブルゾンのように、気張らずナチュラルに羽織れます。

 

fullsizeoutput_1810.jpeg

 春や秋を中心に着るもの...そのなかでピカイチの存在感を放つのは、レザーのモッズコート「ADRIAN」。羽織って鏡を見れば、そこにはいつもと違う自分が居るはず...通好みではありますが、抜群に雰囲気のある稀有なアイテム。どうやって合わせるの?との声も聞こえてきそうですが、カットソーやニット、デニムなどとシンプルに合わせるだけでOK。このコートに小細工は必要なさそうです。

fullsizeoutput_1811.jpeg

 後ろ姿もバッチリです。ちょっと危ない人に見えるかも...そうかもしれません。ですが、ファッションとは紙一重なもの。レザー好きな方、ファッションが大好物な方、もしくは人と被らないモノを求める方。そこら辺の方々へお勧めしたいですね。

IMG_7282.JPG

 カットソー(CIRCOLO 1901)にリブ付きジャージーパンツ(CIRCOLO 1901)。そんなラフな着こなしでも、コレを羽織れば、途端にアーバンな余所行きファッションに(?) 0.5ミリの幾分か薄めで・しなやかなレザー(NAPPA SILK)ですので、やはり春と秋を中心に。冬は中に厚手をすれば使えそうですので、夏以外のスリーシーズン出番があるでしょう。20%OFFの152,000円(本体価格)で売り出し中です。珍しいモデルですので、コレは!!と思われる方、ぜひこの機会に手を伸ばしてみてください。 

 着用写真では、entre amisのブルーデニム、White Sandの黒パンツ、CIRCOLO 1901の白Tシャツを使用しています。

 

IMG_8324.JPG

 Plum rain sale 開催中です!!

 

* Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

無地系シャツから繋ぐのは、GUY ROVER/ギ ローバーの色気ポロシャツ✴︎ 毎年の人気顔です。

 週間天気予報を見てみると、今日から1週間はずっと雨マーク。先週もそうでしたし、梅雨の真っ最中であります。気温こそ上がっていないものの、蒸し暑い日が多いですね。今年は15日が海の日となりますが、その位には晴れ間が戻ってくると良いなぁと思っています。今度晴れ間が戻ってきたときは、いよいよ真夏です。蝉が鳴き出し、空には入道雲が現れて...数年前より夏大好き人間に生まれ変わったので、ワクワクしてきます。季節に先行するような形ではありますが、Spring&Summer SALEをご案内中ですので、こちらでも是非ともワクワクしてください。これから暫くは、そんなご案内が出来ればと思います。

 さて。月曜日は無地系のシャツを取り上げました。繋げてお見せしたいのは、、、   

fullsizeoutput_17c2.jpeg

 シャツのように端正な【GUY ROVER/ギ ローバー】のポロシャツ。圧倒的に爽やかなホワイトは、もう1枚あっても良いかな...と、夏は消耗の激しい季節ですので、この機会で手に入れておくと良いかもしれません。

fullsizeoutput_17cc.jpeg

 色違いです。熟れた雰囲気のモカベージュに、

fullsizeoutput_17cd.jpeg

 クールなブラック。当たり前ですが、色が違うと、随分と雰囲気が変わりますね。

fullsizeoutput_17c4.jpeg

 シャツのように、シャキッとした襟元。鹿の子素材のスポーティな雰囲気のなかに、ほんのりイタリア的な色気が漂います。シャツ好きのお客様が多い弊店では、何だかんだ言って、毎年の人気顔であります。

fullsizeoutput_17c7.jpeg

 S,M,Lと3つのサイズが残っているのは、押しのモカベージュ。デニムなんかとは、最高にマッチします。ライトグレイやオフベージュのパンツと合わせても、涼しげでしょう。今回は、Care labelのデニスラと合わせています。

fullsizeoutput_17c6.jpeg

 上に羽織るホワイトのカーディガンなどがあれば、鬼に金棒です。2サイズがあと1点となったLetroyesのカーディガンですが、気になる方は手に入れてください。

fullsizeoutput_17cb.jpeg

 ブラックは、雰囲気を変えてみました。Care labelのインディゴストライプ柄パンツと。程よく個性があって、しかも綿麻素材。今季とても評判が良かった1本は、31インチが残り1本です。alteaのネッカチーフを首元のアクセント使いで、足元ローファーは、Parabootの「ADONIS」です。

fullsizeoutput_17ce.jpeg

 最後にオマケです。手首の露出が増える時期、ちょっとした小物使いで、手元にアクセントを。D'AMICOのシルバーブレスレットは、ブログの撮影で引っ張りだこになるくらい、あると便利なアイテムです。

 

IMG_8324.JPG

 Plum rain sale 開催中です!!

 

* Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

エレガントかつセクシーなオトコの立ち姿には、ダンディなシャツが必要です!! Giannetto/ジャンネットの無地シャツ特集☀️

 久しぶりの更新です。とある局のBSで、007の映画がやっていました。観たのは、『リビング・デイライツ』と『消されたライセンス』。調べてみると、87年と89年の映画で、主演はどちらもティモシー・ダルトン。思ったのは、007の映画って、男心をくすぶる物がたくさん出てきます。美女に、車に、格好良い洋服の着こなし。それに、お酒。ウォッカ・マティーニを頼む文句、"A martini. Shaken,not stirred"は、アメリカ映画の名セリフベスト100にランクインしている程だそうです。現代史が好きなので、世界各地が舞台となり、その時々の世界情勢に応じた内容であることも、興味をそそります。『リビング・デイライツ』では、敵役がソ連のKGB。社会主義時代のチェコスロヴァキア・ブラチスラヴァの街並みや、ソ連が軍事介入していたアフガニスタンのムジャヒディンが出てきたり。ダンディな立ち振る舞い以上に、当時の社会情勢が気になります。グローリーガイには、007マニアのナグラ先輩がいますので、今度尋ねてみようと思います。 

 長くなりました。久しぶりの更新です。  

fullsizeoutput_17d3.jpeg

 胸元で存在をアピールするのは、太陽のマーク。【Giannetto/ジャンネット】のシャツでありますが、店頭を見渡せば、無地系が充実しております。そして、先週の金曜よりスタートしたSpring&Summer SALE。来季は、ここまでご用意しないことが濃厚ですので、今の内に手に入れてください。無地系シャツ特集です☀️

 

fullsizeoutput_17d4.jpeg

 個人的に好きなのは、綿のシャツ。なぜなら、1年中使えるからです。シャキッとして、ナチュラルなシワ感が、オトコのダンディな姿を強調してくれるはず。夏にも着れる薄手のコットン・ギャバジンの1枚は、まさにそんな1枚。セクシーなシャツ姿で、この夏は周りの女性を誘惑してみては...

IMG_6979.JPG

 問答無用の白シャツ。シャキッとした生地に、ダンディな襟元。良いですね〜。ちょっとずつ在庫が減っていますが、白シャツも何種類かご用意していますので、後日白シャツ特集、やるかもしれません。

IMG_6983.JPG

 白シャツを押さえたら、次は色の入ったシャツを揃えていきましょう。熟れた感や渋みを引き出してくれるは、ベージュ。夏の軽快な着こなしにも映えそうです。

IMG_6996.JPG

 加えて、スモークがかったブルー。ナチュラルな雰囲気で、使いやすそうなブルー。ブルー好きの方はご注目ください。ホワイトパンツやオフベージュのパンツ、もしくはブルーデニムなどと合わせると良さそうです。

 

fullsizeoutput_17d5.jpeg

 綿の定番素材、オックスフォードクロス。爽やかなサックスは、ワードローブに必須の1枚かもしれません。ワイドカラーとボタンダウン、2種類の襟型でご用意しています。

fullsizeoutput_17dd.jpeg

 「淡いブルーは、清潔感があって爽やかです。」商品紹介でそう綴っていましたが、それ以上の言葉は浮かばない...そんな1枚です。

DSC_0309.jpeg

 ボタンダウンの方は、ちょっとだけ色が濃くなります。イタリアのシャツらしい大きめな襟のボタンダウンは、襟立ちが良く、端正な雰囲気を演出することでしょう。季節が進めば、ニットなどとの重ね着もお勧めであります。

   

fullsizeoutput_17d6.jpeg

 話題の開襟シャツ。クラシック&トロピカルな雰囲気を作り出す為、シャツ好きの皆さんには是非ともワードローブに加えていただきたい襟型です。

IMG_01951234.jpg

 無地は、綿麻素材で、王道ネイビーを選んでいます。在庫があるのは、XS(37~38相当)、L(40~41)、XL(41~42)の3点。ジャンネットらしくコンパクトな丈感ですので、初めて開襟シャツを選ぶ方も安心かと思います。

 

fullsizeoutput_17d7.jpeg

 時に、濃い色のシャツを着たい衝動に駆られます。白や薄い色とはガラリと雰囲気が変わり、ダンディ、ムーディー、セクシー、モード...そんな雰囲気に。男の艶感をアピールする存在は、やはりワードローブに備えておきたいところでしょう。

IMG_1604.jpg

 やや明るめで、表情のある色感のネイビー。控えめな艶感が良い塩梅です。この手のシャツはタックインも出来た方が得ですので、「SLIM FIT」でご用意しています。

IMG_1657.jpg

 夜遊びに出掛けるのがお好きな方は、ブラックシャツが素敵です。ちょっとだけ...というのが重要ですが、ちょっとだけワルそうな雰囲気は、白シャツにはない別のセクシーさを引き出してくれることでしょう。

IMG_4410.jpeg

 最後は、物撮りを忘れてしまいました。パープルの「VINCI FIT」の1枚。パープルってずっと気になっていたのですが、中々良いものと巡り会えません。淡めの色合いに、無造作なシワ感。艶っぽすぎない、程よいパープルです。

IMG_8324.JPG

 Plum rain sale 開催中です!!

 

** Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

MAGAZZINO BLOG

カテゴリー

TWITTER

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る