秋冬のCIRCOLO 1901/チルコロのジャージースーツは、暖かいのもメリットです。

 昨夜は、ちょっとだけ居残りをして店内整理をしていたので、ソウルをTAXIで回る番組を見逃しました。家に帰るまですっかり忘れていました。今夜はBS日テレで、『おぎやはぎの愛車遍歴』という番組があります。

DSC_0370.jpg

 久しぶりのプライベートフォトです。最近サボり気味の波乗り。というのも、冬用のウェットスーツのお尻に小さな穴が空いてしまっていて、浸水して冷たいのです。動いている内に忘れるので、平気といえば平気なのですが...。寒さに弱いだけに、億劫になっております。

 暖かい洋服に目が行く時期です。一昨日・昨日はコートを取り上げましたが、今日手に取ったのは...、

fullsizeoutput_2816.jpeg

 【CIRCOLO 1901/チルコロ】のジャージースーツ。ジャージーというイージー・カジュアルな素材を、大人が遊びで着れるようなクラシック風に仕上げる...というのが、ここのキャラクター。そんな雰囲気に洒脱感や遊び心を感じていただけると嬉しいのですが、特に秋冬のジャージー素材は、暖かいのものが多く、ここが隠れたアピールポイントになるかも...なんて。

fullsizeoutput_2819.jpeg

 肉厚なコットンジャージーの生地は、裏地も起毛しています。着心地は至って楽チンなのに、その上暖か。どちらかと言えば、春夏よりも秋冬に強い【CIRCOLO 1901/チルコロ】です。

fullsizeoutput_2141.jpeg

 シングルのジャケットは、ブラックとネイビーをご用意。

fullsizeoutput_213c.jpeg

 丁度良くラフな感が、飲みに行く時なんかピッタリ。よく外へ飲みに行くよ〜という方には、ついチルコロのジャケットを持ってきて、お勧めしている自分がいます。その他、ちょっとした集まり、旅行などにいかがでしょうか。移動の際にノンストレスだった、なんて話も聞きますし。

fullsizeoutput_24cd.jpeg

 ダブルの方は、魅惑のブラウン。ジャケット単体で使うのも、勿論お勧めです。

 

fullsizeoutput_281a.jpeg

 パンツです。こちらも同じく裏起毛で、コンフォートかつウォームなパンツであります。秋冬のチルコロの気持ち良さを味わうには、1番分かりやすい存在かもしれません。

 お見せしたいのは、ダブルのブラウンジャケットのセットアップパンツ。 

 fullsizeoutput_280f.jpeg

 今まではスーパースリムの提案が多かったですが、ほんのりゆとりのあるテイパード型のシルエットのものを選んでいます。股上深めで、ウエスト・太ももにゆとり確保したフォルムです。

 fullsizeoutput_280e.jpeg

 なので、お尻や太ももがパツッと張りにくい形になっています。ウエストは、ジャージーということもあり、やや緩め。もしサイズで迷った場合は、ご体型にもよりますが、小さいサイズを選んでいただく方が、しっくりくる可能性は高いと思います。

fullsizeoutput_281b.jpeg fullsizeoutput_281c.jpeg

 グレンチェック柄のジャージーパンツが、同じ形になります。慣れると穿きやすくてやみつきになる形で、しかもコンフォート&ウォームですので、見逃せない選択肢になるのではないでしょうか。

fullsizeoutput_24cb.jpeg

 次いでと言ってはなんですが、ジャケットです。セットで合わせると、もっと魅力的になります。42サイズもあるので、次はナグラ先輩に着用してもらおうかな、と目論んでおります。

 

fullsizeoutput_2635.jpeg

 グローリーガイ、カシェート、マガジーノの3店舗の在庫品が、「蔵」ことマガジーノに大集合しています。アウトレットの方も盛りだくさんですので、是非ともご注目ください。

 「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONSとJOSHUA ELLISのマフラー、そして、TAGLIATOREやGRENFELL、PALTOのコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

ウール素材のポロコートは、押しのブラックです!!

 家に帰ってTVをつけると、NHKのBS1で『地球タクシー』という番組がやっていました。世界中の都市の景観を、タクシードライバーという人間模様を交えながら映し出す番組で、なかなか面白い番組です。昨夜の舞台は、ダブリン。イギリスの隣、アイルランドの首都で、人口は136万人ほどだそうです。かつては西欧の最貧国とも呼ばれていたアイルランドも、今では経済発展を遂げ、ダブリンの一角にはグーグルやフェイスブックの欧州本社が立ち並ぶ未来的な街並みも。一方で、地上げによって馴染みのある地域に住めなくなった人も。また、ダブリンを2分するとしたら、のノースサイドとサウスサイド。かつては山の手のサウスサイドの方が裕福で、ノースサイドを蔑視する風潮があったとか。イギリスに対するデモの記憶や、お酒のパブの話など。今夜21時からは、ソウルが舞台のものが放送されるそうです。

 さて。今日は、自分の格好からご紹介したいと思います。

fullsizeoutput_27f6.jpeg

 冷え込みの厳しい朝でした。今季初の着用となったのは、MooRERのダウンコート。中にはZANONEのミドルゲージニット。今からこんな格好をしていては、もっと寒くなったらどうするの?...なのですが、まだ身体が冬の気候に慣れていません。それに、着用したいと思った時が、着用のベストタイミングですので、積極的に投入です。パンツは、BERWICHのワイドパンツ「lucano」。ニットとパンツがブラックですが、黒びいきのマスヤマ。自身のワードローブには、黒のアイテムがたくさん収納されています。

 

fullsizeoutput_2807.jpeg

 今日は、このウールコート。【Luigi Bianchi Mantova/ルイジ ビアンキ マントヴァ】のポロコートです。敢えてネイビーやキャメル(昨年キャメルをやりました)を選ばず、モダンなブラック1色に絞って選んだもの。好みは分かれるかもしれませんが、ブラックの持つモードなテイストやクールな表情が存分に醸し出されており、自慢の1着であります。黒好きや、黒に興味が出てきた方にお勧めしたいですね。

☞ 同ブランドでは、ロロピアーナのストームシステムのコートでネイビーとグレイのご用意があるので、一緒に注目をしてもらえると嬉しいです。

 

fullsizeoutput_27f7.jpeg

 さて。カジュアルにスタイリングを試みました。キツい印象のあるブラックですが、案外デニムや白スニーカー(Pantofola d'Oro)とよく合います。ハイゲージのタートルネック(morgano)でアダルト感を保ちつつ、ニット帽(Johnstons)で愛嬌をプラス。もっと崩したい方は、肉厚フーディにベースボールキャップ...そんな合わせにトライしてみるのも良いでしょう。

fullsizeoutput_27f9.jpeg

 カジュアルに振ったものの、ウールコートに宿った端正な雰囲気が、全体の印象を引き締めます。特に、後ろ姿が魅力的です。

fullsizeoutput_27fc.jpeg

 黒ニットに、黒パンツ。本日の服装を利用して、オールブラックで撮影。もっと明るい場所で動きを出せば良かったですね。実際はそれぞれのアイテムの素材感が異なるため、鏡の前ではもう少し格好良く見えます。ちょっとワルそうな雰囲気にしたいとき、どうでしょうか。

fullsizeoutput_2800.jpeg

 元はテイラードのきちんとしたコートですので、ドレスやエレガント系に着こなすのは難しくありません。折角ならば、オンオフでたっぷりお使いになっていただきたいと、カジュアルに振ってのご紹介となりました。

MODEL:「9202773887009」ウールカシミア ポロコート
SIZE:44 ・ 46 ・ 48 ・ 50
COLOR: ブラック(3)
MATERIAL:表地:毛90%・カシミヤ10% 裏地:肩部分:レーヨン52%・綿48% 袖部分:アセテート60%・レーヨン40% 
PRICE:¥119,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

  

fullsizeoutput_2803.jpeg

 途中で引っ張り出してきたのは、EMMETIのライダースジャケット「JURI」。これからの寒い時期は、レザーの上にコートやベスト、ダウンジャケットを重ねることをお勧めしたいところです。

fullsizeoutput_2805.jpeg

 ウールコート×レザージャケット。多少の嵩張りはありますが、問題ありません。もし予算が許せば、ウールコート+レザージャケット。ご一緒にいかがでしょうか...最後に本音が出てしまいました。

 

fullsizeoutput_2635.jpeg

 グローリーガイ、カシェート、マガジーノの3店舗の在庫品が、「蔵」ことマガジーノに大集合しています。アウトレットの方も盛りだくさんですので、是非ともご注目ください。

 「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONSとJOSHUA ELLISのマフラー、そして、TAGLIATOREやGRENFELL、PALTOのコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

コートが好きで、その中でもウールコートが好きです。

 明日、明後日と本格的に冷え込みそうですね。先週は冬の入り口などと口にしていましたが、いよいよ冬です。冬の対極は、夏。酷暑が続く夏は、可能な限り装う物を減らしたい時期。洋服屋的には最もしんどい時期かもしれません。一方で、冬。当然ながら、装う物が最も多くなる時期です。この寒さをきっかけに、冬の気分が盛り上がる方もいらっしゃることでしょう。これから年末にかけては、例年客足が増える時期でもありますし、店内には冬物が勢揃いしていますので、これからが楽しみであります。

 そんなタイミングで紹介しておきたいのは、コート。コートも色々ありますが、ウールコートが気になります。

fullsizeoutput_277a.jpeg

 コートの魅力と言えば...何でしょう。個人的には、コートが持つダンディな雰囲気...というが1番でしょうか。特に好きなのは、ウール素材のコート。ウールのきちんとした感がアダルトな雰囲気を醸し、自然とエレガントに見せてくれるから...です。

IMG_1692.jpeg

 【PALTÒ/パルト】のウールコートでした。色はキャメルで、シングルのチェスターコート型。このコートの美点は、カチッとし過ぎていないところです。ストイックにエレガンスを追求したコートも素敵ですが、本コートは、程よくエレガントで、程よくスポーティ。コートの持つ魅力を味わいながらも、気軽に着用できそうな点が、今の気分にマッチするんではないでしょうか。

IMG_1720.jpeg

 生地の素材感も、やや緩めなフォルムも、ほんのりカジュアル。ただし、襟の返り具合など、立体感が必要な部分は、きちっと作り込んできています。

IMG_1727.jpeg

 時に襟を立てて着こなしてやると◎。何気ない仕草が格好良く見えるものです。

IMG_1759.jpeg

 ここでちょっと余談ですが、中に着ていたのはSettefili Cashmereのタートルネック。カシミアのリッチな素材感も素晴らしいものがありましたが、体に吸い付くような、でも軽やかな着心地に感動しました。その他、パンツはBERWICH、ストールはnorlhaを着用しておりました。

fullsizeoutput_2307.jpeg

 滑りの良い裏地が、重ね着を容易にします。肉厚なフードパーカーに、ジャケットや薄手のブルゾンなど、重ね着を楽しむのも良いですね。マガジーノ的には、レザーの上(EMMETIのライダースJURIなどがピッタリです)に重ねるなんてのも、お勧めの1パターンです。

fullsizeoutput_2304.jpeg

 10月12日に、【PALTÒ/パルト】と出会った感動とともに、紹介記事を綴っておりました。冬本番となる今、是非ともご注目をいただきたい商品です。身長183cm・体重66kg・胸囲95cmで、46サイズを着用しています。

MODEL:「AGOSTINO」ソフトメルトン地 チェスター型コート
SIZE:44 ・ 46 ・ 48 ・ 50
COLOR:キャメル(972)
MATERIAL:表地:毛90%・ナイロン10% 裏地:ポリエステル100% 袖裏地:ポリエステル55%・レーヨン45% 
PRICE:¥118,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

fullsizeoutput_2635.jpeg

 グローリーガイ、カシェート、マガジーノの3店舗の在庫品が、「蔵」ことマガジーノに大集合しています。アウトレットの方も盛りだくさんですので、是非ともご注目ください。

  

 「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONSとJOSHUA ELLISのマフラー、そして、TAGLIATOREやGRENFELL、PALTOのコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

ここぞとばかりにご案内したいロングスリーブのカットソー。

 今日もジュニアがカシェートから動けないと思っていたら、勘違いでした。カメラマンがおりましたので、本日も更新です。今日は、暖かいですね。寒さを覚えなくて済むと、ちょっとだけ一安心。北向きで日光の差し込まないマガジーノだけに、既にミドルゲージのタートルニットも何度か着用済みだったりするのですが、折角の暖かさです。ここぞとばかりに案内したいアイテムを見つけました。

 それは、ロングスリーブのカットソー。

fullsizeoutput_275e.jpeg

 【CIRCOLO 1901/チルコロ】のモックネック型、ロングスリーブのカットソーです。ニットと比べれば、ラフな見た目に、自宅での洗濯が可能。また、首元の締め付けがないのもメリットで、より気軽な存在と言えそうです。

 そんなカットソーだからこそ、特にお勧めなのは、やや暗めで落ち着いたトーンのダークレッド。タグの色名には、barolo/バローロとあります。バローロとは、イタリアの赤ワイン。イタリア赤ワインの象徴的存在だそうで、ナグラ先輩が詳しそうな話題です。

fullsizeoutput_275f.jpeg

 保温力が高く、スポーティな見た目のものが多いダウン系のアウター。ロングスリーブのカットソーが、使い勝手の良いインナーとして浮上するのではないでしょうか。写真のアウターはEMMETIのムートンダウンです。

fullsizeoutput_2761.jpeg

 色違いは、ブラック。もう1点付け加えるとすれば、やや肉厚で・ストレッチ性のある生地のこと。モチっとした質感で、綿100%のオーソドックスな生地に比べ、ちょっぴり秋冬向き。気持ちの良い生地感で、リピートされる方も多いです。

fullsizeoutput_2760.jpeg

 そして、カーキブラウン。こちらはマイサイズが完売で、以前の写真を使用させていただきました。身長183cm・胸囲95cm・体重66kgで、Sサイズを着用しています。

MODEL:ロングスリーブ モックネックTシャツ
SIZE: XS ・ S ・ M ・ L
COLOR:ダークレッド(170) ・ カーキブラウン(2211) ・ ブラック(NER)
MATERIAL:綿92% ポリウレタン8%
PRICE:¥15,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

 それだけ魅力的な生地ということで、襟型違いでご用意しています。

fullsizeoutput_2763.jpeg

 こちらは、タートルネック型。先のモックネック(ハイネック)型よりも襟が高くなります。色は、ボルドーとブルー。

fullsizeoutput_2765.jpeg

 ブルーの方は、店頭でグレンチェック柄ジャケットと陳列中でした。身長183cm・体重68kg・胸囲95cmで、Sサイズを着用しています。

MODEL:「9CU203206」ロングスリーブ タートルネックTシャツ
SIZE: XS ・ S ・ M ・ L
COLOR: ネイビーブルー(274) ・ ボルドー(982)
MATERIAL:綿92% ポリウレタン8%
PRICE:¥15,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

fullsizeoutput_2766.jpeg

 クルーネックのような、ボタンを外せばVネックのような顔つきを持つのは、チルコロのヘンリーネック。シャープなデザインに、ヘンリーネックにありがちな無骨感はありません。秋から春まで、多様な用途で活躍することでしょう。

fullsizeoutput_2768.jpeg

fullsizeoutput_2769.jpeg

 ホワイトの他に、ライトブラウンとブラックをご用意しております。

fullsizeoutput_276a.jpeg

 ヴィンテージ感を強調したPALTOのガーメントダイダウンジャケットと。小振りながら、光沢のある貝釦がアクセントになりそうです。身長183cm・体重68kg・胸囲95cmで、Sサイズを着用。ライトブラウンとブラックはやや緩めにMサイズを着用しています。

MODEL:「9CU203306」ロングスリーブ ヘンリーネックTシャツ
SIZE: XS ・ S ・ M ・ L
COLOR:ホワイト(BIA) ・ ライトブラウン(979) ・ ブラック(NER)
MATERIAL:綿92% ポリウレタン8%
PRICE:¥15,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで

 

fullsizeoutput_2635.jpeg

 グローリーガイ、カシェート、マガジーノの3店舗の在庫品が、「蔵」ことマガジーノに大集合しています。アウトレットの方も盛りだくさんですので、是非ともご注目ください。

fullsizeoutput_2636.jpeg

 ※ 営業時間は、正しくは11:00〜20:00(土日は10:30〜20:00)です。

 

 「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONSとJOSHUA ELLISのマフラー、そして、TAGLIATOREやGRENFELL、PALTOのコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

晩夏から冬の入り口へ。ここ数ヶ月を振り返ってみて...

 今日、明日とジュニアがカシェートから動けない為、カメラマンがいません。今日はブログをお休みしようかと思いながら、店内を清掃・整頓した後、やっぱりPCと対面しております。ブログを書くことが、本当に好きなようです..。

fullsizeoutput_274c.jpeg

 こちらは、夏休みの際のひと時。8月末でしたので、もう3ヶ月も前のことです。洋服を活用しながら遊んでナンボですので、どこかで記事にしようかと考えていましたが、完全に時期を逸しましたね。それにしても、3ヶ月経つと大きく気候も変わるものです。あの頃は晩夏、今は冬の入り口。陳腐なことを言いますが、1日1日を大切にしたいものですね。

 あれから、たくさんの秋冬物をご紹介しました。写真も大量に保存されております。そこで、個人的にお気に入りの写真を、今の気分と注釈を交えながら、お見せすることにしました。

fullsizeoutput_1b77.jpeg

 Giannettoのシャツ系セットアップ。太畝のコーデュロイに、ベージュの色目が目を引きます。シャツ系、と言葉を使ったように、ジャケットもパンツも、力の抜けたカジュアルな表情が洒脱感を高めるはず。中にはクルーネック(私物)を合わせていますが、タートルネックモックネックにしても良いですね。上下別売りですので、ジャケットパンツ、それぞれのページをご参照ください。

IMG_2460.jpeg

 正統派路線なのは、L.B.M. 1911のネイビー・フランネル無地のセットアップ。オフホワイトのニット(eleventy)に、白スニーカー(Spring Court)と。カジュアルに振る場合は、白とのコントラストを活用すると、上品にまとまるでしょう。ジャケットパンツ、別売りです。

IMG_7210.jpeg

 カジュアル・遊びスーツ、なら、コレ!...CIRCOLO 1901のジャージースーツです。抜群に動きやすいし、自ずと漂うラフな表情。ならば、モダンなブラックなんてどうでしょうか。カジュアルブラックスーツ...LEON風にアレンジするも良いでしょう。

 スーツと言いましたが、ジャケットパンツ別売り。パンツにはドローコードも付いています。ニットはFEDELI、靴はBAUDOIN&LANGE、コートはGRENFELLでした。 

 

IMG_9817.jpeg

 書き始めると、なんだかんだで真面目に商品紹介してしまいますね...。この1枚もお気に入り。ラフなCIRCOLO 1901のジャケットだからこそ、フードパーカと合わせても自然な雰囲気に。パーカは完売しましたが、グレンチェック柄ジャケットは、引き続きご提案中です。

fullsizeoutput_274f.jpeg

 自分のイメージ通りの写真が撮れると、テンションが上がります。EMMETIのスエード立ち襟ブルゾンは、ダークブラウン。オトコの上がるダンディなブルゾンは、白、ネイビー、デニムブルーとコーディネート。シャツはGiannetto、ニットはSettefili Cashmere、デニムはCare label、靴はC&Jでした。 

IMG_0036.jpeg

 キメキメのポーズで写真を撮るのは、実はあまり好きではないのですが、この写真はキマったなぁ...と。自分のプロフィール写真にしたい位です(笑)。EMMETIのバーガンディのレザーJKTは、写真以上にお気に入り。morganoのオフベージュのタートルに、White sandのネイビーパンツと、でした。

IMG_6060.jpeg

 一時期、THE GIGIのイベントをやっていたマガジーノ。鏡を見て、こういう緩めの格好の方が、案外自分に合ってるかもなぁ...と、新境地発見だった1枚。こういう瞬間があるからこそ、洋服って面白いんでしょうね。

 羽織っているのは、THE GIGIの新ジャケット「STARMAN」。緩めのフォルムで、コンテポラリーな新境地へと誘います。ダークトーンのヘリンボーン柄にも、非常に雰囲気がありました。中の肉厚パーカーは、その後完売。ベージュのパンツも同じくTHE GIGIでした。

  

IMG_1082.jpeg

 新境地の感動は、しばらく続きました。キャメルのボアフリースジャケットは、今のTHE GIGIらしい巧みな脱力感。肉厚なニットの上にも難なく羽織れます。パンツはWhite sandのリラックスパンツと。白スニーカーはキャンバス素材のSUPERGA(夏に完売)ですが、今はレザー素材のものが入荷し、そちらを提案しております。

 

fullsizeoutput_2635.jpeg

 グローリーガイ、カシェート、マガジーノの3店舗の在庫品が、「蔵」ことマガジーノに大集合しています。アウトレットの方も盛りだくさんですので、是非ともご注目ください。

fullsizeoutput_2636.jpeg

 ※ 営業時間は、正しくは11:00〜20:00(土日は10:30〜20:00)です。

 

 「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONSとJOSHUA ELLISのマフラー、そして、TAGLIATOREやGRENFELL、PALTOのコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

MAGAZZINO BLOG

カテゴリー

TWITTER

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る