お客様との大切な架け橋に選んだのは、Settefili Cashmere/セッテフィーリ カシミアの極上イタリアンニットです!!

 いつまでもバニーガールの余韻に浸ってはおられません。妄想は、現実にほんの少しだけ華を添える程度でよいのです!! なんて、自分に言い聞かせておりますが、先週から始まった2017年秋冬プレコレクションに集中せざる得ないのが、現実。我々、小売店にとってバイニングは、お客様との大切な架け橋。魅力がなければ、渡ってくれません。

 各ブランドの展示会での模様は、時間のある時にご報告していくつもりですが、まずは、こちらをご覧ください。

20161122_181410.jpg

 今回の東京出張で、素敵な方とお会いすることができました。エレガントで上質なニットが並ぶ前で、仲良く記念写真に収まっているのは、【Settefili Cashmere/セッテフィーリ カシミア】のオーナー兼デザイナーのミケーレ・パリエーロさん。ブランド自体の歴史は浅く、2009年。イタリア・フェラーラで従業員7人と共にスタートしたニットの工房です。世界的にも稀有なスイス製ヴィンテージ編み立て機を使って、手間をかけて作り出される極上のイタリアンニット。審美眼のある方の目に留まるのに時間はかかりませんでした。「運命に身を委ねることが新境地へと誘ってくれる」とまるで池波正太郎の生き方にも通じる彼の言葉が、さらに親近感をわかせます。そしてミケーレさんの信条は「古きを知って新しきを知る」。ますますファンになってしまいます。

 偶然、着ていたのが、セッテフィーリのカシミアニット。それだけで彼の顔から笑みを引き出すのには十分でした。セレクトする内容にも「グッドチョイス」のお言葉。いつもとは違う緊張感の中でのバイニングとなりました。

 

  • 1

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る