英国ニット【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】からハーフジップモデルTAPTON/タプトンを紹介します!!

 スグルjr.です。

 本日は、【JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレー】のニットをご紹介したいと思います。1784年、創業者であるジョン スメドレー氏とその共同経営者により、イギリスのダービシャー州マトロックのリーミルズに同社が設立され、綿糸の紡績と生地作りからはじまり、徐々にニットウェアの生産へと事業を拡大していきました。

2世紀以上も支持され続けているのには理由が色々とあるのですが、まずは全ての工程を自社で、妥協を許さない拘りが、絶大な支持を得ているオーセンティックなニットを作り続けております。ベーシックなデザインに秘められた可能性は無限大です。着用する人の年齢や合わせ方によって表情が変わり、流行りに左右されないシンプルなニットは長く愛用出来ます。

どうしてもジョンスメドレーで欲しかったのが、ハーフジップモデル。スポーティでエレガントな雰囲気が印象的なハーフジップですが、探すと展開しているブランドはかなり少ないんです。90年代に流行っていたのですが、昨今ではメゾンブランドでも展開が増えてきており、若者を中心に人気が高くなってきております。

L1030767.jpg

 定番モデルではないのですが、ジャケットやブルゾンなどのレイヤードに新鮮さを加えるなら、ハーフジップモデルのTAPTON/タプトンがお勧めです。色は2色ご用意しておりまして、まずは王道のブラック/BLACK。ドレスシーンからカジュアルシーンまで幅広く使え、スポーティーな雰囲気があるので軽快な首元を演出可能。

 タイドアップスタイルに合わせるのが憧れでした。タイドアップスタイルにグレイフラノのパンツを合わせた、シンプルな着こなしをしているのを、イギリス映画で見てからずっと憧れていた組み合わせです。ベストも良いですが、たまには違ったスタイルも新鮮ではないでしょうか。

シャツ GUYROVER パンツPT01  ネクタイ F.Marino

L1030766.jpg

 生地は程よく厚みのある24ゲージを選び、真冬に着用することを考えますと24ゲージは万能だと思います。ジップ部分はデザイン性のあるパーツを採用することで、シンプルながらも洒落感のある雰囲気に魅せてくれます。

L1040316.jpg

 続いては、かなり深いグリーンで青みがあるようにも見えるORIONGREEN/オリオングリーンをご用意しました。最高品質と称されるジョンスメドレーのニュージランド産のメリノウールは発色が良く、色の種類がとにかく豊富で色違いで揃えたくなります。

ハーフジップの良さは首元のアレンジでモックネック風にしてみたり、ジップを下ろしてシャツと合わせて、こなれ感を出したりとシーンに合わせて選択出来ます。

L1040313.jpg

 ロンドンの若者をイメージした装いです。パンツをグレイのフラノパンツに変えると、エレガントな英国紳士の休日スタイルと言ったところでしょうか(イメージです)フルジップも良いですが、BARACUTAのG9などに合わせた際にハーフジップの方がバランスが良く、クルーネックやタートルネックなどの定番とも全く違った印象を楽しんで頂けるアイテムではないでしょうか。

ブルゾン BARACUTA  パンツPT01 未公開  シャツGUYROVER 未公開

モデルは身長181cm・体重74kg・胸囲96cmで、サイズLを着用しております。

MODEL:「TAPTON 」STANDARD FIT 24Gハーフジッププルオーバー
SIZE: S・M ・L
COLOR:オリオングリーン・ブラック
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥38,000(本体価格)+税

こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

僕が毎年、買い足しているのは24ゲージのタートルネック。無駄のないシルエットと柔らかい着心地は、英国ブランドの質実剛健なモノ作りとベーシックなニットだからこそです。1枚も持っていない方は、タートルネックから挑戦してみてはいかがでしょうか。

506.JPG

412.JPG

515.JPG

 モデルは身長175㎝、体重65㎏、胸囲92㎝で、サイズMを着用しております。

MODEL:「CONNEL」STANDARD FIT 24Gタートルネックセーター
SIZE: S・M ・L
COLOR:スノウホワイト ・ライトキャメル ・ブラック
MATERIAL:ウール100%
PRICE:¥31,000(本体価格)+税

こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

  • 1

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る