フィレンツェならではの伝統的なHotel degli Orafi/ホテル デリ オラフィ

 帰国が一日、遅れたなら...。出国が一日、早ければ...。そんな一日違いのことで、事態はずいぶん変わっただろうと、そんな運に恵まれた?旅だった今回のイタリア出張。イタリアに滞在中から気になっていた日本の天気。ちょうど帰国の日に雪マークが付き、空港から車で帰ることが難しいかと心配していましたが、一日ずれた事でスムーズに自宅に戻ることが出来ました。また、出国が一日早ければ、強風の為、フィレンツェの空港に降りれない事態に。多くの方がボローニャや他の空港に着陸変更となり、フィレンツェに入るために大変な苦労されたようです。PITTI会場で最初に訊かれたのは、このこと。幸い、到着した夜には風も収まり、何事も無く到着です。

 フィレンツェの3日間、一日は終日、雨に見舞われましたが、昼間のコートが要らない暖かい日に恵まれました。ミラノに入り、気温はぐっと下がって、最高で2.3度、最低ではマイナス1.2度。建物の中は暖かく、外は冷たい、着るもので温度調整しないと体調を崩します。特に乾燥には注意。水分補給は、とても大切です。ホテルでバスタブの有り無しに拘るのも、湯船に浸かりたいという思いだけではなく、バスタブにお湯を溜めることで乾燥を防ぐからです。これは、これから始まる国内出張でも同じです。

イタリア出張で、日本のエージェントさんに必ず聞かれることの一つが、宿泊先。ミラノのサボイやパリのプラザアテネなど、何度と最高級と呼ばれるホテルには泊まりましたが、毎回のことではありません。それに必ずしも、そのホテルが良いとは限りません。ただ、泊まってみないと、その価値は分からず、時々、セレクトをしているに過ぎません。今回、フィレンツェとミラノで選んだのも初めてのホテルです。

20160113_085453_001.jpg

 Hotel degli Orafi/ホテル デリ オラフィは、13世紀の旧アウグスティヌス修道院を利用したホテルです。

20160113_085216.jpg

20160113_085210.jpg

 目の前に流れるのは、アルノ川。ホテルを出ると、すぐヴェッキオ橋が見え、ウフィツィ美術館にも隣接しています。観光やショッピング、食事には最高なロケーションですが、PITTI会場までは徒歩で15分以上かかります。元気なうちは問題ありませんが、疲労が溜まる後半は、もっと近いところに泊まればよかったと愚痴っぽくなります。

20160113_085841_001.jpg

 ホテル内に掲げられている案内図。まるで迷路のようです。見ていても良くわかりません。初めのうちは、迷子になってしまい、なかなか部屋にたどり着けませんでした。あちこちに段差のある廊下も慣れてしまえば、趣があります。

20160113_073423.jpg

20160113_073513.jpg

20160113_073509.jpg

20160114_182230.jpg

 案内された部屋は、メゾネットタイプ。一階がキッチン付きのリビングで、2階が寝室。当然、バス・トイレも2階になります。料理なんかしないし、重いスーツケースをわざわざ運ばなければならないし...なんて、最初のうちは文句たらたらでしたが、慣れてくると意外に使い勝手がよく、落ち着ける空間でした。ミネラルウォーターはサービス。スリッパやバスローブ、そしてTシャツのプレゼントもあり、香りなども含め、所々に気遣いを感じるホテルです。ただ、部屋にもよりますが、この部屋の外の眺めは、今一つでしたね。

20160113_082826.jpg

20160115_085044.jpg

 フラスコ画で飾られた高い天井の清潔感ある食堂です。スタッフの対応もよく、サラダやフルーツ、パンの種類も十分です(安いホテルですと、サラダやフルーツがありません)。実は最上階にバーがあって、ジュニアとでなければ、夕暮れ時のフィレンツェをうっとりと眺めながら、愛を語らう...。妄想は日本にいるときだけにしたいものです。

 次回は、ミラノで泊まったSTARHOTELS ROSA GRAND/スターホテル ローザ グラントをご紹介します。

瞼を閉じれば、ここはイタリアのオペラ劇場!? いや、間違いなく我が実家の仏間でした。

 明けましておめでとうございます。

 昨年は、商品紹介のNEWSブログには、ずいぶん力を入れたつもりですが、私個人のSUGURU BLOGは、やや手抜きでした。旅をテーマにしたブログをと思いながらも、7月に出かけた萩・出雲・松江の旅や、昨年12月に出かけた恒例の慰安旅行の旅日記さえ未だ書けずです。そうこうしている内に新しい年になってしまい、来週からはイタリア出張です。出来なかったときのために、有言実行から不言実行に変えようか...なんて、ずるい考えも浮かんできてしまい、新年早々からお叱りを受けそうです。今年は、波乱の年。心して物事に立ち向かっていかなければならないと深く反省しておる次第です。日々の他愛のない話でも良いから、もう少し頻繁に書かせていただきます、いや、そのつもりですので、引き続き、お付き合い下さいますようお願い申し上げます。

20160105211816.jpg

 昨夜、実家に戻ると、オペラ・ソプラノ歌手の加地早苗さんが音合わせの為、お見えになられていました。来週の日曜日に豊田で、翌月曜日は安城で開催される「あたたかい会」主催のリサイタルの準備です。我が家の仏間にイタリア・ミラノ在住でサンタマリアノヴェッラ(これはフィレンツェですが...)の香り漂う彼女がいることが、不思議ですが、彼女も日本人。暫くすれば、違和感なく溶け込んで行きます。ただ、その豊かな声量を聴くと、空気は一変。目を閉じれば、ここが日本の田舎町とは思えない、まるでイタリアの古い劇場にいるかのような、そんな空間に身を委ねることができます。歌声の魔力、あるいは神通力というのでしょうね。

20160105211845.jpg

 打ち合わせは、始終和やかな雰囲気で進んでいきます。今回、ありえないリサイタルを企画した「あたたかい会」代表の村岡女史と、そんな凄い歌手のピアノ伴奏を担当する妹の眞裕美。我が実家が我が実家ではないほどに明るく輝いていました。

20160105_191613.jpg

 お見えになられると知っていれば、もう少しダンディーに...。でも偶然にもイザイアのスーツを着ており、また襟元は、まるで申し合わせてきたかのように黒と、身だしなみに落ち度はありません。が、しかし、緊張したせいかどうかはわかりませんが、釦の掛け違いをしてしまいました。いやはや、業界人とはしては、お恥ずかしい話です。

 前回のブログでリサイタルのご案内はさせていただいております。私は11日(月)の安城市の東部公民館でのリサイタルに参加するつもりです。ご一緒に行かれる方がございましたら、お声をかけてください。

 また来月早々にミラノにお戻りになられる加地さん。その前に一度お会いして、グローリーガイのイベントに参加していただけるよう、無理なお願いをしようかと思っております。実現できれば、いつものイタリアンで、なんて妄想しておりますので、ご期待ください。

 

 

 

 

日本で楽しむ西洋的ライフスタイル。美味しい食事とお酒、そして音楽、そこには"あたたかい"仲間がいます!!

20151228_210945.jpg

昨夜は、ごくごく身内だけの忘年会。場所は、いつもの西洋小料理屋エキュメさん。写真左から、もしかしたら初公開かもしれない家内、その隣が家内の踊り仲間でもあり、エアロビのインストラクターをしているホシノ先生、両手ピースの華やかな女性は私の妹の心友でもあり、生活アドバイザーでもあり、様々なイベントを企画している「あたたかい会」代表の村岡さん、そして彼女をサポートしながら、世界情勢の勉強に勤しんでいるジュラさん。このあと、毎日2回は通っているカフェのタスク君も合流です。いつもの3匹のオヤジたちの飲み会とは違い、いたって知的で健康的な話で花が咲きました。

 皆が帰った後は、月曜恒例?のハナちゃん(エキュメのオーナーさん)と近くのbar めがねさんへ。

20151229_005206.jpg

 家では、まず飲まないお酒も、外に出れば、食事をしながら、ビールからワインへと、量はさほどではありませんが、ほろ酔い気分になるまで飲みます。その後、お酒だけなら、やはり"命の水"ウイスキー。グラスを傾けた時の氷の音を楽しみながら飲むハーフロックかロックが好きです。名前に惹かれて、オーダーしたモルトウイスキーの越百。「こすも」と呼び、日本アルプス山系、駒ケ岳にある信州マルス蒸留所から届けられた、口当たりの良い、まろやかな香りが特徴のウイスキーです。

 と、昨日の夜話になってしまいましたが、お知らせしたいことがあります。

 加地早苗さんというイタリア・ミラノ在住のソプラノ歌手をご存知でしょうか。愛知県出身の方です。名古屋芸術大学音楽学部の声楽家を首席で卒業。1997年にイタリア留学。数々の賞を受賞し、イタリア国内外にて、数多くのオペラやコンサートに出演されています。詳しい方にとっては、お馴染みの歌手ですね。そんな、凄い方が上の写真に登場している村岡さんの熱いリクエスト(彼女の言葉を借りれば、非常識を承知の上での懇願)に応えていただき、豊田と安城でコンサートを開くことになったのです。

001.JPG

 場所は、豊田市御幸本町7-211-1 City Cafe/シティーカフェ 0565-29-2480

002.JPG

 安城市大岡町源覚16 安城市東部公民館大会議室 0566-77-7881

 この話を昨夜、聞いて、東部公民館を知っているだけに驚きです。かなり熱く口説いたことでしょう。それにピアノを担当するのは、実は私の妹なんです。今日、会ってきましたが、かなりのプレッシャーのようでした。上手く弾いてくれるといいんですが...。

 ただ、磨きぬかれた美しい歌声を間近で聴く機会は、そうそうあるものではありません。また彼女と身近に交流できるのですから、この機会を逃す手はありません。私もイタリア出張の前だけに、ぜひお会いしたと思っております。ご興味のあられる方は、グローリーガイのスグル宛にご連絡ください。

 参考までにですが、彼女のご主人は、イタリアで年間最優秀ソムリエ賞を受賞したミシェラン3星レストランの日本人ソムリエであり、現在、「リストランテ・ダル・ぺスカトーレ」のプリモソムリエを勤める林 基就 氏です。

イタリア服に包まれて、日本芸能を堪能する粋な時間です!!

先程、TIBERIO FERRETTI(ティベリオ フェレッティ)のブログを立ち上げましたが、冒頭で述べさせていただいたお茶屋さんが、こちらです。

20151208_191720.jpg

 京都の祇園、それとも東京の浅草、いやいや金沢の西茶屋??? ではありません。岡崎市の隣り、安城の桜町にある"一駒"さんです。安城市には、現在、6件の置屋があり、芸姑衆は現在、約16名おり、いまだに伝統文化が受け継がれています。ただ、ここは安城の芸姑衆とは、また別の道を歩かれている茶屋になります。

20151208_210758.jpg

20151208_210607_001.jpg

20151208_211201.jpg

 食事をしながら観る艶やかな着物姿と磨きぬかれた伝統芸。舞台が一度に華やぎます。写真上、中段の右側に座っているのがお母さんの駒子さん、その隣が一葉さん、そして一舞さん。

20151208_203650_001.jpg

 お母さんの駒子さんと一舞さん。一舞さんは、ウクライナの女性です。日本人より日本的かもしれませんね。

20151208_203840.jpg

 スケベそうなオヤジ3人組です。いつもの3匹のオヤジ会のメンバーが一人欠けていますが、この他にボスの異名をもつO氏と氏の知り合いが二人。総勢6名での参加です。高いでしょう?なんて声が聞こえてきそうですが、京都や金沢で遊ぶより、はるかにお値打ち、なんて値段の話になった途端、粋ではなくなりましたね。次回、グローリーガイでツアーを組もうかと思っておりますので、興味のある方は声をかけてください。

自然の恵みに集えば、思わず笑みがこぼれます!!

 今年も残すところ、後2ヶ月。2ヶ月めくりのカレンダーが、遂に1枚になってしまいました。振り返ってみれば...私の個人的なブログも、5.6回ほど記事を載せただけ。なんとも余裕の無い一年だったことやらです。昨年末から年始にかけての第4回グローリーガイの慰安旅行記は順調な書き出しだったのに...。展示会を駆け回り、商品入荷と同時にご紹介に追われる日々。今年は国内を旅しようと決めたのにも拘らず、出かけたのは萩から出雲、松江の一回だけでした。そのブログさえ、未だ書けていない状況です。一年があっという間に過ぎていくのを忙しさのせいにしてはいけません。日々の過ごし方を改善する必要があります。

 今日は、グローリーガイのブログをタカイに任せています。時にはナグラサンに手伝ってもらうのも良いかもしれません。年末にかけて、少し時間が取れるように工夫していこうかと思っています。

001.JPG

 10月24日、土曜日でしたが、妹とその仲間のライブに出かけてきました。東岡崎から名鉄に乗り、下り立ったのは神宮前。この駅で降りれば、目の前に熱田神宮の緑が広がります。ライブまで時間もあり、熱田神宮を散策です。夕暮れ時でしたが、思いのほか人は多く、特に外国人と若い人の姿が目に付きました。日本神話にゆかりのある神社で、三種の神器の一つである草薙剣を祀り、伊勢神宮に次いで権威ある神社として有名です。あの織田信長が桶狭間の戦いの前に戦勝を祈願して見事に勝利を収めた話も地元の方なら周知のことです。古くは伊勢湾に面した岬上に立てられいたそうで、現在の神社終周辺からでは全く想像もつかず、驚きです。

 散策をしながら、目的地の白鳥庭園へ。

003.JPG

 白鳥庭園にある"Slow Food Restaurant 白鳥物語" この場所が、今宵のライブ会場です。高校時代の友人が、ここでギター演奏をしており、フェイスブック繋がりで妹とその仲間の出演が決まったようです。

012.JPG

 右が妹です。身内の話は、少々照れくさいので、こちらをご覧ください。そして隣りでオペラ歌手並に歌っているのが、妹の心友、村岡さんです。彼女は、料理教室、健康・美容セミナーを定期開催する他、ポリネシアンダンスサークルを手掛けている「あたたかい会」の代表。8年ほど前に妹を介して知り合い、彼女の健康アドバイスで低体温を克服。免疫力を高める方法を指導してもらい、疲れやすかったり、風邪を引きやすかった私の体質改善の大きなきっかけを作ってくれた恩人でもあります。現在、この二人でデュオを組んでおり、そのグループ名は「Duo ゴジュウ~」。聞いた時、笑いが、いや微笑んでしまいましたが、本人達は真剣です。人生は50歳から...。確かに二人とも50歳を過ぎております。作詞は彼女、作曲は妹が担当。二人の今後の活躍が楽しみです。

017.JPG

 そして今回、参加してくれたのは、50にはずいぶん満たない瀬尾さん。現在、ハワイアンダンスサークル「アロハート安城」の講師を務めています。覚えていらっしゃるでしょうか。以前、グローリーガイで「ハワイアン・タヒチアン」のイベントを開催したことを。

024

012

 上の2枚の写真は当時のもの。今から3年前でしたね。会うのも3年ぶりです。下の写真の手前が彼女です。月日は人を育てます。こんなにも美しく魅力的な女性に成長していました。彼女の深い表現力に、涙される方も多いと聞きます。私もつい箸を止めて、見とれてしまいました。ということで、次のイベントは決まりですね。

007.JPG

 自然の恵み一杯の料理は、自然に笑みがこぼれ、心が躍ります。特に普段、洋食の多い私にとって、ありがたいメニューです。元来、ビュッフェスタイルは面倒なのと落ち着かないことから、あまり得意ではありませんが、素朴な和食に何度も往復。それに高校時代の友人が家族連れで参加してくれたこともあり、テーブルを囲んで、始終和やかな雰囲気です。参加してくれた友と妹、そして、その仲間に感謝するとともに、集うことの大切さを改めて感じさせられた夜になりました。いつも、ありがとう!!

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る