色が恋しい年頃、いや季節です!!

20180415_114532.jpg

 初めまして、スグルです...ではありません。長年のお客様には見飽きた顔です。絵になるからって煽てられて写真に収まった場所は、すぐ隣りのワークスタジオ内のカフェ。ただ気になるのは視線。この先にあるのは、ナノユニバースさんやや鎌倉シャツさんの入る2階へと繋がる階段。きれいな方を見ると、ついつい目で追ってしまうのは、男の性(さが)というものです。そして今日も着ているヴァッツォレールのレザーシャツ。いかに気に入っているかがお分かりいただけるでしょうか。ここ最近、落ち着いた色目が多い中、一際目を引くワインの艶に嵌っているのかもしれません。そろそろ色が恋しい年頃、いや季節ですね。

「蔵ダスッ!!」お得に掘り出し物が見つかる蔵出し祭、開催中です!!

20180412_180947.jpg

20180412_180927.jpg

 グローリーガイのお古を使っていた蔵庫/マガジーノのマネキントルソー。「新しいのが欲しい!!」なんて最近好調な売上を理由に言い出したのは、ジュニア。「じゃぁ、揃えたら」と任せたら、控えめに一体のみ新調していました。真ん中のトルソーがそうです。おかげでディスプレイにも熱が入るようで、今回のテーマは"モナコの夜"だそうです。モナコなんて行ったことないじゃん...いやいや、5年前に行っておりました。初めて、イタリア出張に同行させた時、帰り道にモナコへ寄ったのでした。その後、フランスに入り、マルセイユに一泊、パリに2泊と。たぶん次のテーマは"マルセイユの夜"か"パリの夜"...に違いありません。

dm-thumb-400x769-54636.jpg

 そして本日より開催の"お得に掘り出し物が見つかる蔵出し祭"。朝から多くの方にご来店いただいているようで、ホッとしております。蔵に眠ってしまっていた宝物?とは、実は私が思いを込めて仕入れした物ばかり。ただ、ついついの勢い余ってか、かっこつけの性格が災いしてか、実力以上のバイニングをするせいか、在庫が増えてしまっているのが正直なところ。深く反省しながら、蔵の鍵を店長のマスヤマに渡し、"蔵ダスッ"と相成りました。

039.JPG

 そこで、責任を感じている私も援護射撃です。本日の、いや、本日はスーツでした。昨日の出で立ちから"お得な掘り出し物"をご提案させていただきます。

019.JPG

 少し前に大ブレークした【VAZZOLER/ヴァッツォレール】。いつのまにか日本の代理店も代わってしまい、最近は姿を見せておりません。バイニングは、2015年の春。ご紹介は2月12日でした。一旦、ご案内した後、大切に保管しすぎてしまい、オンラインショップ「SUGURU SHOP」にも掲載されておりません。そこで、今回の蔵出しに合わせて、もう一度、スポットを当てることにしました。ちょうど今の季節にあると便利だし、デビュー当時より、熟したワインのような味わいが出てきています。私もここ2日ほど立て続けに着ており、なんとなく今の気分にも沿うのではないでしょうか。価格も魅力的ですので、お見逃しなく...です。

042.JPG

 私が所有しているのは、ボルドー。ご案内の際のコーディネートは、

039.JPG

 着こなしの嗜好は、ほとんど変わりませんね。ジーンズとドレスパンツの違いだけです。色合いも似ています。変わったのは、体型。当時(下の写真)はサイズ44をややタイトにでしたが、今は46でジャストサイズです。こちらのボルドーは、現在、サイズ42と48があります。

021.JPG

 タンブラウンも素敵な色合いです。頑張って、サイズ44を着てみましたが、「やや」ではなく、タイトでした。

018.JPG

 グリーンは、サイズ42のみとなっておりますので、当時の写真を使わせて頂きました。今ならネイビーやブラックのパンツでシックに。足元は白のスニーカーでしょうか。

 蔵庫/マガジーノで展開中です。ぜひ直接触っていただき、質感をお試しください。

MODEL:「ACERO」 シープ スエードレザーシャツ
SIZE: 42 ・ 44 ・ 46 ・ 48
COLOR:グリーン ・ タンブラウン ・ ボルドー
MATERIAL:羊革  裏地...レーヨン
PRICE:¥60.000(本体価格)+税

*商品のご購入をご希望の方は、こちらまでご連絡ください。在庫の有無、お手続き方法等をお知らせいたします。
なお、商品に関するお問合せも、こちらから。

毎日が楽しい、服=福のある生活です!!

128.JPG

135.JPG

 本日の出で立ちです。今季、初めて着るStile Latno(スティーレ ラティーノ)のコットンスーツです。体型が変わり、サイズ44のウエストが収まらず、2.5cm出しの修理をしていた為、登場が遅くなりました。今夜は久しぶりに息子といつものイタリアンへ。貫禄をつけるためにも、自然とコーディネートに力が入ります。ただ、あまり堅苦しくなるのはどうかで、選んだシャツはミニチェック柄。今回、ボタンダウンでご提案しているMario Muscariello(マリオ ムスカリエッロ)です。ネクタイはご案内したばかりのLUIGE BORRELLI(ルイジ ボレッリ)のリネン100%ペイズリータイで可愛く?です。残念ながら、まだまだ寒さには勝てず、靴下は履いております。いつもの場所だけに、知り合いに会う確立は高く、また新たな出会いがあるかもしれませんので、気は抜けません。

 話を昨日に戻します。

20180410_150142.jpg

 「スグルさん、やっとオープンします!!」って、わざわざ伝えに来てくれたのは、輔くん。以前、ここ竜美丘ガーデンプレイスにあるワークススタジオで美味しいコーヒーを淹れてくれていたのが、彼。ようやく共同経営から、一国一城の主となりました。場所は、"カルジーナの森"。桃パフェが火付け役となった、話題の「ミールカフェ」さんと同じ建物です。入り口側にあるのが、彼のカフェ。もともと、この場所でコーヒーを焙煎していたのですが、改装してコーヒースタンドを併設です。

20180410_150216.jpg

20180410_150321.jpg

20180410_150329.jpg

 改装は、全て彼の手で。職業、間違えたんじゃない?なんて冷やかしながらも、1ヶ月半ぶりの再会は嬉しいものです。この日、時間を合わせて、三匹のオヤジ会で紅一点のFちゃんも合流。久しぶりに、のんびりです。話に花が咲きすぎて、3時に着たのに、カフェを後にしたのが6時頃。日が暮れると急に寒くなり、凍えた体を温める為に、フラ後の食事会でよく使う居酒屋へ。女将さんに暖かいものって頼んだら、メニューには無い卵とじうどんを作ってもらい、炊き立てのご飯と一緒に食べたら、体も心大満足です。居酒屋なのに、お酒は飲まず、ご馳走様って9時前には帰宅。暖かい部屋で、大好きな葉室麟さんの世界から、いつのまにか夢の世界へ。とても福のある一日でした。

感動のマイストーリーを描いてくれるのが、カット&ソーブランドの mey story/マイストーリーです!!

 何を着れば、最も快適に過ごせるのか...この問いは、オトコの衣に携わる仕事をしている以上、何時も付きまとうことです。もちろん、T(時).P(場所).O(場合)があり、何を選ぶかは、そのシーンで変わります。食の仕事をしている方が食に拘るように、我々も身につけるものに拘り、生活レベル以上に贅沢な服を手にします。

062.JPG

 硬い前置きの後の写真にしては、「なに、これっ」ですが、お許しください。裸足で登場は、今までのブログでは初めてのこと。もしかしてフラの練習スタイルですか?なんて尋ねていただけると話が前に進めやすくなります。学生時代は別としてスポーツは何もしていない私。そのためか、スポーツ店で売っているウェアを一枚も持っておらず、フラの練習用ウェアは、もっぱらグローリーガイで。穿いているパンツもインコテックスのジャージパンツです。そして、一昨日の練習用に購入したのが、現在、蔵庫/マガジーノで展開中のmey story(マイストーリー)

 その着心地に感動しなければ、裸足になることもなかったはず...と、それほど、皆さんにこの感動を伝えたい、そんな思いがブログになってしまったのです。以前より、このドイツ生まれのカットソーブランドの凄さは聞いており、念願の仕入れも果たした昨年。入荷してすぐに購入したポケット付半袖Tシャツの着心地も素晴らしかったけど、このスウェットシャツには完全に参ってしまいました。まずは見た目の美しさ。コットン100%(ペルー産ピマコットン)の半袖Tシャツより光沢があるのは、コットンに混じって再生セルロース繊維の一つ、リヨセルが使われていることです。テンセル(コールズ社の商標)と言ったほうが分かりやすいかもしれませんね。そして厚すぎない生地はストレッチ素材の伸縮性と相まって、手の動きを邪魔しません。フラにおいて、会話の役割をする手の動きは、思っている以上に激しく、通常のスウェット地では腕が疲れてしまいますが、これなら半減です。趣味のフラをより楽しい時間に誘ってくれるmey story (マイストーリー)。長年、多くのカットソーを扱ってきましたが、他に類を見ない優れもので、予想以上の機能美です。ぜひ、この感動を皆さんと分かち合うことができれば、仕事冥利に尽きます。ぜひぜひ、お試しあれ!!

ファッション関係に携わる方に一言です!!

001.JPG

 フィナモレのシャツ、スカリオーネのサマーニット、エレクティブのコットンパンツに足元はクロケット&ジョーンズのタッセルスリッポン。羽織ったのは、MooRER(ムーレー)のリバーシブルブルゾン「AXTEN」。ご紹介の際に実際の色が出ないことから、再度、撮り直しましたが、やはり色が出ません。

商品画像

 凄く魅力的な色なのに、画像で伝えることができない"もどかしさ"。通販サイト「SUGURU SHOP」のこの写真が最も近いでしょうか。二重染色による深みのある色合いや、ちょうど時期的にもお勧めしたいアイテムだけに再トライでしたが、残念です。

 最低気温と最高気温が15度近くある時、皆さんの服装はどちらに合わせますか。昼間ですか、夜ですか?

今日は雨で肌寒く感じますが、ここ2.3日の最高気温は20度を超え、汗ばむ陽気に。ただ夕方にもなれば、気温は徐々に下がります。寒がりな私は当然のように活動する夜の気温に合わせております。頑張って、春、いやサッカー地の夏パンツを穿いていたナグラサンはどうやら風邪を引いたようで、もう治りかけとは言え、花粉症と相まって苦しそうです。接客の仕事だけに自己管理の甘さと言えるでしょう。

 1月、出張の移動中に、あるショップのウィンドウ越しに店内を見るとノースリーブにミニスカートの若い女性が立っていました。ファッションは季節の先取りとは言うものの、大変です。ただ店内の暖房はフル稼働で、外の気温に合わせて着込んでいるお客様にとっては暑くてたまらないことでしょう。過去にそんな経験もあり、いくら店内の女性が魅力的でも、中に入ろうなんては思いません。汗をかいて外に出れば、風邪を引くのは目に見えています。自分の体調管理は自分で...。大人なら、当然のことです。くれぐれも無理をしないでくださいね。

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る