2017年冬、恒例の慰安旅行。北海道の巻です!!

 恒例の慰安旅行。振り返れば、事の起こり?は、2011年の11月。岡崎のある居酒屋で、お客様でもあり、友人でもあり、今ではフラ仲間でもある辻観光のT氏と飲んでいたときのこと。「なんか仕事ないかな」「じゃぁ、慰安旅行つくろうか」「いいね、行くなら北海道。絶対、後悔させない旅行にするよ」「じゃぁ、決まり。頼むよ」なんて会話があったはずです。詳しくは、こちらの12月8日16日21日のブログに地味に掲載させていただいております。

002.JPG

 慰安旅行と言えば、数々の伝説を残してきたナグラさん。中部国際空港(セントレア)で余裕のポーズを取る彼の出で立ちはフィナモレのシャツにザノーネのドルチェヴィータを重ね着し、パンツはヴィガーノのチェックパンツ、靴はたぶんトリッカーズのモンキーブーツでしょうか。「いつもの仕事着じゃん」なんて、突っ込まれるのを覚悟でのお出ましです。ジャケットに代わって、手に持ったのはヘルノのダウンコートとシゼイのトートバッグでした。出発時間は、余裕の11時30分と、いつもながらの、のんびり旅行です。

20171205_131312.jpg

 13時10分、離陸して1時間40分後には新千歳空港に到着。早っ!!です。ここから快速エアポート135号に乗り換えて小樽に向います。その前に記念写真。ただ、どうも皆の表情が硬くて、よそよそしい。そこで、

20171205_131322.jpg

 撮り直しです。ナグラサンの肩に手を掛ければ、自然と寄り添い、一体感がでました。

003.JPG

 今回、カメラマンを担当したのは、ナグラさん。たぶん、夜の打ち合わせ中の絵でしょう。私も、まだ余裕の表情でした...

005.JPG

 が、小樽駅を出ると吹雪が待っていました。慌てて、この旅行のために購入したムーレーのダウンコートのフードを被り、グローブに手を入れます。タカイちゃんも、この旅のために購入したヘルノのダウンコートのフードを慌てて...いや、彼はまだ若い。フードはそのままでした。旅なれた辻観光のT氏と高校、大学と北海道で過ごした悪友O氏は全く動揺しません。さすがです。

20171205_144617.jpg

 小樽の駅前は、真っ白。霞んで遠くが見えません。さてさて、この後、どうしましょうか。

 時間が来ました。明日も引き続き、ご報告をしていくつもりです。見ているだけで寒くなりそうです。皆さまも風邪を引かないように、暖かくしてお過ごしください。

嬉しくもあり、楽しくもありの充実した長い一日でした!!

長い一日になりました。昨日の午前中にお越しいただいたのは、FILLIPPO DE LAURENTIIS/フィリッポ デ ラウレンティスの代理店を務めるミレニアムの鈴木さん。業界歴の長い女性で、一人でブランドをコントロールされています。以前は、Gran Sasso/グランサッソも彼女の手で紹介されていました。約束の時間より、ずいぶん早めに岡崎入り。駅から徒歩で岡崎城周辺を散策され、しきりに情緒のある町だと褒めていただきました。住んでいる町を褒められるのは、とても嬉しいことですね。

156.jpg

 そして、この写真です。インポーターの藤原さんと吉澤さん。駒井さんの結婚式の際、「今度、フラを習いに岡崎に行きたい」なんて、冗談のような話が昨夜、実現してしまいました。夕方に岡崎入りした彼らはビシッと決め込んだスーツを脱ぎ捨て、動きやすい服装に変身。7時半から始まるフラのレッスンにやる気満々です。「いや、難しい!!」なんて首をかしげながら、休憩なしの90分のレッスンを無事終了。ラテンのノリが彼らを奮い立たせたのかは分かりませんが、初めてにしては上出来。いや驚きました。そして、フラ後のいつもの楽しみが、食事会。この日、選んだのは、小料理屋エキュメさん。美味しい料理とワインにフラフラ、ちょうど居合わせたドイツ人とイタリア人の美しい女性にメロメロです。もう少し鍛えようと、私の隠れ場のスナックへ。そしてクールダウンを兼て、締めにもう一件と梯子です。ホテルに戻ったのが、日をまたいだ4時頃でしょうか。夏なら、そろそろ明るくなる頃ですね。ちゃんと起きれるかなと心配しましたが、お昼前には元気なメールが戻ってきました。どうやら岡崎の夜を満喫してくれたようです。良かった、良かった!!

PT01/ピーティーゼロウーノ 設立10周年 晩餐会のご報告、後編です!!

 毎日が刺激的である必要はありません。単調な日々の繰り返しの中にある特別な日。人が集う事で生まれる温もり。もてなす方、招かれる方、両方の心づくしが人生を豊かにするはずです。

 11月10日に行われた"PT01 設立10周年パーティー"の後編です。

20171110_201716.jpg

20171110_211843.jpg

 この日、私達の耳を満たしてくださったのは、この御二方です。ヴァイオリン奏者の古澤 巌さんとメゾソプラノ歌手の愛羽 薫さん。音楽好きならご存知の古澤さんは、古田織部役で大河ドラマ「江~姫たちの戦国」にも出演されていました。この日はTAGLIATORE/タリアトーレのスーツを纏い、美しい音色を聴かせて頂きました。またスレンダーの愛羽さんは舞台に上がった瞬間に男性の目を釘付け、ソプラノとコントラルトの間ほどの声質になるメゾソプラノが会場を包み込みました。

20171110_212924.jpg

20171110_212938.jpg

 最後はお二人のコラボ。滅多に見られない、貴重な組み合わせです。耳だけではなく、目も楽しませてくれる、そんな贅沢な時間が流れていきます。

20171110_213756.jpg

 7時から始まった宴も終わりに近づきました。コーベル社の4代目ピエランジェロ氏とファミリー、そして2017年秋冬のコレクションよりディレクターに就任したドメニコ・ジャンフラーテ氏。実は、この日、到着後の荷物7つのうち、今宵着るはずのタキシードを含め、5つのロストバゲージ。ピエランジェロ氏が着ているのは、小林社長のもの。急遽、買い揃えたりの大慌てだったそうです。洋服屋で幸いでしたが、小林社長の締めの挨拶でした。

20171110_215446.jpg

 TAGLIATORE/タリアトーレのピーノ氏もお祝いに駆けつけていました。右隣りは、ジュニア? ...に間違いはなさそうです。賑やかで豪華なパーティーです。

20171115181128.jpg

 私も参列させて頂きました。右手に持っている携帯がおのぼりさんの証拠です。

20171115181208.jpg

 PT JAPANの看板娘たち。少し遡っていただいて、2014年8月12日14日のSUGURU blogをご覧ください。わざわざ東京から、ここ岡崎まで遊びに来てくれたのが、このお二人。会場の受付や裏方としてお客様のサポートをしていました。パーティー終了後、ホッとした彼女たちと記念写真です。小林社長はじめ、スタッフの皆さまに感謝です。特別な日は、こうして幕を下ろしたのでした。

PT01/ピーティーゼロウーノ 設立10周年 晩餐会のご報告です!!

 師走を前に始まる来年秋冬のプレコレクション。毎年、この時期になると頭の中はフル回転です。特に展示会以外で東京に出掛けることが多い今年。東京に店でも作って、マンションを借りようかなんて...全くの冗談ですが、明日の展示会を皮切りに来週、再来週と東京です。今日はタカイちゃんがブログを作っており、少し時間がとれそうなので、10日、先週の金曜日に開催されたPT01(ピーティーゼロウーノ)の設立10周年の模様をご報告します。

20171110_184440(0).jpg

 まずは、ここからでしょうか。受付を済ませると、シャンパンと共にお出迎えしてくれたのは、バニーガールの御二方。昨年のTAGLIATORE(タリアトーレ)のパーティーの時と違って接する時間は、ほんの僅かでしたが、手に持ったグラスを落としそうになるほど、右腕が心地よい一時でした。

20171110_184800.jpg

 この日、招待されたのは、40名。その中に堺正章さんご夫婦もいらっしゃいました。着用されているジャケットはTAGLIATORE、パンツはPT01のはず?です。ゲストの殆どがスーツにタイドアップされており、一瞬どきっとしましたが、ジャケットスタイルの仲間が出来ました。ドレスコードは"エレガント" 実は私もスーツを用意していたのですが、パンツブランド、PTのパーティーとなれば、プロデューサのドメニコ氏もコーベル社の関係者も出席。ならば、穿いていかなければということで、私の下半身をご覧ください。ドメニコ氏デザインのPT01の「FORWARD」。NEWS blogでは11月1日にご案内しております。足元はスニーカですが、ハイカットにした事でお許し願いました。

068.JPG

 そして、ポケットに付いた毛ばりをジャケットのラペルに。これが後でドメニコ氏の目に留まり、ファミリーとの写真にと繋がったのでした。目論見が外れなくて、良かった!!です。

20171110_192548.jpg

 今回のパーティーで最も驚いたのが、開催場所。ウェイティングルームの仕切りとなった右奥のカーテンが通常はなく、L字型のショールームです。今週から、プレコレクションが始まり、この景色は様変わりしていることでしょう。

004.JPG

 写真が見つかりました。角度は違いますが、この場所です。一夜限りのレストランが、いや主催者の小林社長は、自宅にお招きをして、おもてなしをしたいという強い思いが、この開催会場に込められているのです。

20171110_191140_001.jpg

 小林社長の挨拶でパーティーは始まります。隣の美しい着物姿の女性は、奥様。10月29日に行われたコマコ・オフィチーナの駒井さんの結婚披露宴でもお会いしましたが、品のある素敵な方です。

20171110_195605.jpg

 グリッシーニにも、PTのロゴが。粋な計らいです。そして、この細長いスティック状のパンは、コーベル社のあるトリノで14世紀に生まれたとされています。

 この日のメニューは、食事前だけに思い出すのが辛いのですが、毛蟹とグリーンアスパラのサラダ クロケッタ添え、秋ポルチーニ茸の丸焼き、黒トリュフのリゾットサルタート、和牛フィレ肉のビスカッテ 白トリュフ包み、ティラミス、カフェ。ワインも全てトリノから取り寄せたものでした。

20171110_201613.jpg

 なんとも贅沢な...興奮のあまり写真がピンボケです。キャビア、フォアグラとともに世界三大珍味のトリュフ。そして、

20171110_201214.jpg

 和牛フィレ肉のビスカッテに、なんとも贅沢です。今晩の食事をコンビにで済ませようかと思っているのに...いやいや、この日は特別なんです。

20171110_211102.jpg

20171110_211240.jpg

 ドルチェは、やはり北イタリア生まれのティラミス。この意味がまた面白いんです。イタリア語で「私を引っ張り上げて」が転じて「私を元気付けて」に由来するんですね。ここまで来ると、もうお腹いっぱい、元気いっぱいです。トリノ風の食べ方はエスプレッソをかけて掻き混ぜ、焼き菓子と一緒に食べるんです。立食と違い、着席のパーティーは、ゆっくり食事を楽しむことができる贅沢な晩餐会です。

 そろそろお時間となりました。この続きは、金曜日にでも、いや近いうちにご報告させていただきます。明日も元気に展示会に行ってきます。buonaseraブオナセーラ...良い夜をお過ごしくださいませ

笑福梅な結婚披露宴にお招き頂きました!!

 結婚式や披露宴に出るのは、何年ぶりでしょう。31年ぶり、いやいや、これは私の結婚式。グローリーガイのタカイが9年前、カシェートの店長が、確かその後だから、7年前? いずれにしても久しぶりです。今年は10月14日に親友の娘さん、そして昨日はエージェントさんの披露宴に。お目出度い席は、やっぱりいいですね。幸せそうな二人を見て、回りも笑顔。幸せのお福分けです。

20171028_114700.jpg

 場所は、東京、代官山の「TENOHA&STYLE RESTAURANT」。家具やインテリア雑貨のショップやスタジオ、ミーティングルームなどの多目的スペースを有する複合施設。一階奥にあるレストランが会場です。会の参加者は130人。大勢の方がドレスアップして、この日の主役を待ちます。

20171028_113246.jpg

 音楽と共に入場してきた幸せいっぱいの二人は、TIBERIO FERRETTIの代理店を勤めるコマコ・オフィチーナの駒井さんとアシスタントのさくらちゃん。今年5月、展示会の後の食事会で、結婚の報告を受けたのでした。その時のレストランが、青山学院近くのナポリ出身のジーノさんが経営するイタリアンレストラン"ナポリマニア"。友人でもある彼もお祝いに駆けつけていました(一番上の写真、左隅に一際目立っております)。

20171028_113904.jpg

 まず最初に挨拶をされたのは、TAGLIATORE、Bagutta、DREW&CO.など錚々たるブランドの代理店を勤めるトレメッツォの小林社長。「皆さん、おはようございます!!」の一声は、まるで朝の朝礼。皆さんの背筋がピンと伸びたのではないでしょうか。さすが貫禄があります。

20171028_130601.jpg

 顔見知りの多いパーティ。話に夢中になってしまい、料理や女性の写真をすっかり撮り忘れてしまいました。辛うじてカメラに収めたのが、幸せな二人を囲んでの記念写真。皆さん、ご存知の京都グジのタノさん(右端)と盛岡、菅原靴店の菅原さん(私の左隣)。お二人とも業界を担うべきショップの経営者。ところで左端の方は? 幸せ者の駒井さんに似ているので兄弟かと思いましたが、聞けば、古くからの友人で三井物産インターファッションの金田さんでした。

 期間内で駆けずり回らなければならない展示会。いつもは挨拶だけになってしまいますが、今回は比較的、ゆっくりと話をする時間が取れました。次に会うのは、2018年秋冬のプレコレクションのどこかで...いや、その前にPT01のブランド設立10周年のパーティで会うことになっています。

083.JPG

084.JPG

 遠方からの出席に恐縮されていた駒井さんご夫婦。こんな素敵な空間と時間を提供してくださり、こちらこそ感謝の気持ちでいっぱいです。また私の大好物を知っていたかのように、お土産としていただいた梅干。それも最高級の紀州南高梅。幸せのお福分け、本当にありがとうございました。末永くお幸せに。

 

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る