ついに明日からCachette/カシェートby SUGURU SHOPのコンセプトショップ始まります!!!

 こんばんは、スグルjr,です。

明日からレディースショップCachette/カシェートで新たなコンセプトショップが始まります。本日は、ご挨拶とコンセプトテーマや取り扱いブランドについてお伝えさせて頂きたいと思います!!!今まではレディースメインでしたが、明日からはメンズレディースショップに変わり、メンズ担当として僕が店頭に立つことになりました。いつもカシェートにいるわけではなく、グローリーガイとマガジーノの中間地点にあるので、明日からは3店舗を走り回ることになると思います。見かけたら気軽に声をかけて下さい。マガジーノで働いて4年が経ちましたが、まだまだ修行中の身。新たな場所でも皆様に楽しんで買い物して頂けるような空間を作っていきますので、宜しくお願い致します。新しいショップを作るとしたらどんなテーマが良いかずっと考えていました。新しいショップテーマは「ワードローブ」になります。時代によって日々変わっていくのがワードローブですが、変わらずワードローブにある、不朽の名作達を展開したいと日々考えており、新たな場所で叶うことになりました。メインはイギリスやフランスなどのインポートブランドを展開しますが、時代によって商品展開は変わっていきます。さらにグローリーガイ展開のブランドの中でも、僕やオーナーのスグルが選んだこだわりの一点なども展開予定です。

L1000388.jpg

L1000391.jpg

 Cachetteはフランス語で隠れ家を意味します。道沿いではなく一本入った道にお店はあります。

L1000396.jpg

 スタジオは継続しております。ご興味がある方はお問い合わせ下さい。僕も運動不足なのでそろそろ参加したいと考えております。

■Archive_Ad.JPG

 最後は展開ブランドについてです。変わることのないクオリティーの高さと唯一無二の生地、グレンフェルクロスで作られている英国ブランド【GRENFELL/グレンフェル】をメインで展開していきます。さらに店頭では、リピータ続出のフランスカットソーブランド【MAISON CORNICHON/メゾンコルニション】や、英国ブランド【BARACUTA/バラクータ】なども入荷してきております。寒くなってくればダウンなども入荷してきます。楽しみにしてて下さい。これから商品の移動をします。内装などは変えていませんが、置いてある洋服が変わるだけで雰囲気も変わります。 

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

※最後に嬉しいお知らせです、【GRENFELL/グレンフェル】をお買い上げの方に英国の老舗ブランド【Pantherella/パンセレラ】の靴下をノベルティとしてプレゼントさせて頂きます。

L1010010.jpg

magazzino blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram更新中!! **

 FacebookInstagramを更新中です。こちらからも、色々な情報を発信しております。

昔と変わらないのが魅力的なんです!!BARACUTA/バラクータG9 and G4のご紹介!!!

 スグルjr.です。カナダから帰国して3週間が経ち、日本での日常に慣れてきました。この間の休みは、楽しみにしていた映画、ワンス・アポン・ア。タイム・イン・ハリウッドを見に行ってきました。少し予習をしてからではないと理解するのが難しい映画でしたが、3時間があっと言う間に終わってしまうくらい、集中してしまいました。映画の内容は悲劇の話しなので、明るくはありませんが、ハリウッド俳優のライフスタイルや苦悩など、リアルに表現している映画なので、とても面白かったです。本日は映画の番宣ではなく、映画内でレオナルド・ディカプリオが着用していた、名品モデルをご紹介させて頂きます。英国マンチェスターで誕生した【BARACUTA/バラクータ】G9ハリントンジャケット、誕生以来名だたる有名人が愛用している不朽の名品になります。

IMG_9389.JPG

 映画ではブラックを着用してたと思いますが、それに刺激され、次の日はバラクータG9を着ていました(笑)昔から映画には影響されやすいですが、映画好きあるあるだと思っています。

fullsizeoutput_1cfa.jpeg

 本日は、初回なので顔出しさせて頂きました。改めましてスグルjr.です。今後は、SUGURUblogでブログを書いていきますので、宜しくお願い致します。ドヤ顔で羽織っているのが、新色のチョコレートになります。これからの季節に馴染む配色ではないでしょうか。店頭では既に人気があり、次のシーズンには展開していない可能性が高いので、更に人気が高くなると思います...早い者勝ちかもしれません。

合わせたアイテムは全て私物になります。

fullsizeoutput_1cf9.jpeg

 色の名前は甘そうですが、雰囲気はシックで大人っぽいです。パンツはネイビーやブラックと合わせても素敵ですが、ホワイト系のパンツとも相性が良さそうですね。

fullsizeoutput_1ce3.jpeg

 次は冬にこそオススメしたいオフホワイト(MIST)。暗い色のタートルネックに合わせるだけで、上品なムードが漂います。冬が終わればインナーだけ変え、そのまま春アウターとしての出番が待っています。定番化している2プリーツサイドアジャスター付きのクラシックなパンツと合わせれば、モダンな装いになるはずです。

合わせたニットは、FEDELI(未公開)パンツ、BERWICH、靴はCROCKETT&JONES

fullsizeoutput_1ceb.jpeg

 生地は綿50%、ポリエステル50%になっており、生地の撥水性や耐久性は上がり、昔より軽くなっています。サイズは変わらずレギュラーフィットを選んでいます。細身なフィッティングでスマートなサイズ感になっているので、野暮ったさはありません。

L1000381.JPG

 バラクータと言えばドックイヤーと名付けられた特徴的な襟元、ジップの開き具合で印象が変わります。裏地には由緒あるフレイザー家のタータンチェックが採用されており、英国ブランドの証となります。肩は可動域を広げるためラグランスリーブ仕様。

fullsizeoutput_1cea.jpeg

 ミリタリーテイストが好きな方から絶大な支持を得ているのはカーキ(BEECH)、G9は元々英国軍で採用されていたブルゾンをベースにしているので相性の良い配色です。

fullsizeoutput_1ce6.jpeg

 毎年必ずセレクトしているタン(TAN)、1stバラクータはTANを選ぶ方が多いです。変わることのない人気の高さ、大定番が欲しい方は間違いなくこの色味をオススメします。僕の好きなイギリス人俳優のジェイソンスティサムもTANを着用しています。合わせ方は王道はデニムですが、昨今人気が高まってきている、ハイテク素材のパンツとの合わせもトレンディかもしれません。

fullsizeoutput_1ce7.jpeg

 続いては、ヴィンテージブラック(FADED BLACK)FADEDとは色褪せたなどの意味。名前の通りブラックが褪せて薄くなった絶妙な色味に仕上がっております。ヴィンテージの服屋に置いてありそうな雰囲気に心を惹かれてしまい、セレクトしてみました。セレクトしているお店もあまり無いらしく定番色の中ではレアかもしれません。今季はパープルな気分だったので、FEDELI(未公開)でちゃっかりセレクトしたパープルニットに合わせました。

fullsizeoutput_1ced.jpeg

 店頭から一番最初に完売してしまうのがダークネイビー(DARK NAVY)になります、タンかダークネイビーを選んで頂ければ間違いありません。最近では僕と同世代の方が探しに来られたりすることも増えてきました。昔から変わらない魅力がバラクータにはあり、僕が大人になっても変わらず支持されていると思います。そして今季は、色の数が豊富なので、この時期でしたらサイズも揃っており、楽しく色を選んで頂けます。

合わせたニットはsettefili cashmere、シャツは私物、ネクタイは、Holliday&Brownになります。

モデルは身長181cm・体重74kg・胸囲96cmで、サイズ40を着用しております。

MODEL:「G9 ジャケット」 ハリントンジャケット
SIZE:36 ・38 ・40・
COLOR:チョコレート(CHOCOLATE) ・ オフホワイト(MIST) ・カーキ(BEECH)・タン(TAN)・ヴィンテージブラック (FEDED BLACK)・ダークネイビー(DACK NAVY)
MATERIAL:表地 コットン50% ポリエステル50%・裏地 コットン80% ポリエステル20%・袖裏 ポリエステル100%・リブ コットン92% ナイロン5% ポリウレタン3%
PRICE:¥46,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 実はもう一色あります。個人的に所有しているブラック(BLACK)。サイズは38と40のみご用意がございます。本当によく着ました。実用性が高いので、つい選んでしまいます。もう一色購入してしまいそうです。

L1000404.JPG

 いつもならここで終わりですが、本日はもう1型ご紹介させて頂きます。僕も現物を見たのは展示会が初めてでした、セレクトしているお店はかな〜り少ないモデルG4になります!!!

fullsizeoutput_1cfc.jpeg

 G9との違いが分かりにくいとは思いますが、袖や裾がリブ仕様ではなくなっており、よりクラシカルなデザインになっています。細かいディテールはG9と同じデザインですが、着用してみると...全く雰囲気が違います。

ご用意したのはスタンダードな2色。

fullsizeoutput_1cfd.jpeg

 安定のタン(TAN)は外せません。生地は綿50%、ポリエステル50%でG9と同じで実用性のある生地になります。着丈はG9に比べ長く、ややゆとりを持たせておりますが、全体的に細身なのは変わりません。

fullsizeoutput_1cff.jpeg

 続いてはダークネイビー(DARK NAVY)G9はゴルフジャケットとして作られていますが、G4はドライビングジャケットとして作られているので。スポーツカーに乗る際の必需品で、車好きの僕としては絶対にセレクトしようと決めていました。

L1000504.JPG

 袖にはボタン、サイドにはアジャスターが付きウエスト部分を絞れる仕様となっております。アジャスターの金具にはBARACUTAと刻印されております。

モデルは身長181cm・体重74kg・胸囲96cmで、サイズ38をタイトに着用しております。

MODEL:「G4ジャケット 」 ドライビングジャケット
SIZE:36 ・38 ・40・
COLOR:タン(TAN)・ダークネイビー(DACK NAVY)
MATERIAL:表地 コットン50% ポリエステル50%・裏地 コットン80% ポリエステル20%・袖裏 ポリエステル100%・
PRICE:¥46,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

※現在はmagazzinoで展開中ですが、展開場所が変わる可能性がございます。決まり次第ブログにてお伝えさせて頂きます。

 GLORY GUY blog,cachette blogも更新しております。ぜひ、ご覧ください。

** Facebook・Instagram 更新中です!! ** 

◆Facebook 該当ページへは、こちらから
◆Instagram 該当ページへは、こちらから

モノとの出会いは、まず人との出会いから始まることを忘れてはなりません!!

 モノとの出会いは、まず人との出会いから始まることを忘れてはなりません。今まで多くのブランドを扱ってきましたが、創業時や幾つかの例外を除いて、殆どがメーカーやエージェントさんからのご紹介によって取引を始めています。もともと服は好きでも、流行や経済変動の動向などトレンドに鈍感な私。情報を吸収しないかわりに、惑わされることも少ないと言えるかもしれません。変な先入観はなく、自分が心地良いと思えるモノや人にしか興味を持たない...ビジネスとしてはマイナスかもしれませんが、そうやって29年間商売を続けてきただけに、今更変えることはできないのです。

021.JPG

 本日の出で立ちに羽織っているレザーブルゾンは、【BENHEART FIRENZE/ベンハート フィレンツェ】のもの。昨夜、マガジーノのマスヤマから BENHEART JAPAN 代表・醍醐さんのインスタグラムhttps://www.instagram.com/p/B11Ouq6Fbri/に、今回のイベントの詳細が素敵に載っていることを聞きました。文面を読み、当時のことを思い出しながら、そんな彼の思いを知ることもでき、改めて人との出会いの大切さを思う時でした。

036.JPG

 新しく取り扱う場合、ブランドを知らなくても、そのものを扱う人となりや、思いの深さを感じるようにしています。練馬ナンバーのレンジローバーの荷台一杯に商品を詰め込み、突然現れた、ちょいヤンチャ風のオトコ。いつもなら事務所にいて、アポなしの営業は断ってしまうのですが、偶然、その時は売り場にいたんです。見た目とは違う礼儀正しい振る舞いと商品を語るときの真剣な眼差し、そして何よりも彼が着ているレザーに釘付けでした。その場で、扱うことを決めました。思い出せば、確かに彼は驚いていたようでしたね。

040.JPG

045.JPG 

037.JPG

048.JPG

 無名だけど理想のオトコを目指して...いや【BENHEART FIRENZE/ベンハート フィレンツェ】は、既に無名ではありません。2015ヴェネチア国際映画祭や2016サンレモ音楽祭において卓越した技術、独創性、全品ハンドメイド製作、フィレンツェ伝統の手法を守り続けていることを高く評価され、"GRAN GALA Premio ECCELLENZA"を受賞。レザーの街、フィレンツェを中心に世界各地で高い評価を得ています。

 バイイング担当のマスヤマに、このモデルだけは外してくれるなと懇願?したのが、リブ袖、リブ裾の「FRANKIE」。オリーブがかったグレイの渋いレザージャケットです。一緒に、これ着て、いいオトコを目指してみませんか。

 モデルは、身長175㎝、体重64㎏、胸囲92㎝で、サイズ46を着用しております。

MODEL:「FRANKIE」ラムレザー シングルライダース
SIZE:44 ・ 46 ・ 48
COLOR:オリーブグレイ(ANTRACITE)
MATERIAL:表地:羊革 裏地:コットン・ナイロン
PRICE:¥120,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

服育=素材の良さを知ることは、物事の本質を見抜く力を養うことになるかもしれません!!

018.JPG

 涼しげなのは髪型。ジャケットを着ての撮影は、短い間とは言え、暑いものです。

004.JPG

 その上にこんなものを着たら、まるでいじめに遭っているようなものです。

038.JPG

 ジャケットを脱いで着たとしても、我慢できるのは数分。それほどに温かいヤク素材の羽織りもの【COMOLI/コモリ&norlha/ノラ】のコラボ"羽織るストール"です。NEWSでご案内する際には、ちゃんと冬装束でご紹介しますが、今日のところは、お許しください。ただ、それまでに商品があるかどうかが心配です。本日より開催の【THE GIGI/ザ ジジ】新作フェアをご覧になられながら、気持ちがこちらに向いてしまわれる方が多いのは、驚き、いや、今までになかったアイテムだけに、惹きつけられてしまうのは当然かもしれません。

 参考までに、ジャケットは数年前に購入したTAGLIATORE(タリアトーレ)、ニットはFEDELI(フェデーリ)、パンツは購入したばかりのBERWICH(ベルウィッチ)、靴は毎度のCROCKETT&JONES(クロケットアンドジョーンズ)です。

058.JPG

 今までになかった服といえば...バイイングに同行したジュニアが、またなにやらとんでもないものを見つけてきました。モロッコ・マラケシュ発のメーカー【MARRAKSHILIFE/マラケシュライフ】です。詳しくは、彼自身が、こちらの記事で書いております。当然ながら、着用分までちゃっかりオーダー。現在、残りの一着が蔵庫/マガジーノの奥にひっそりと飾ってありますが、見るたびに気になる存在。小森氏とノラのコラポによって生み出された"羽織るストール"に似た素朴さ。加えて古い木製の織機を使った、人の手の温もり。便利さを追い求めるが故に失われつつある気持ちのゆとりや豊かさ。この服を羽織っていると、そんな思いが沸き起こってくるから不思議です。親子揃って購入!!になるかもしれません。

20190817182256.jpg

20190817182226.jpg

 スタイリストのMikakoさんより、メールをいただきました。"服育" いい言葉です。ありがとうございました。

素敵なオヤジを目指します!!

20190814171808.jpg

 Mikakoさんにご来店いただきました。大学の講師を務めながら、日本では珍しいパーソナルスタイリストの仕事をされている中村ミカコさん。いつも息子さんの服を選びに来ていただきます。今日は弟さんの方。お二方ともイケメンです。ご購入されたのは、eleventy(イレヴンティ)のジャケットBRIGLIA(ブリリア)のパンツ。とてもお似合いでした。近々、渡英される際に着用されるとの事。日本人の着こなしの上手さを見せつけてきてください。

20190814172952.jpg

 盗撮!!なんて怒られそうですが、昨日、デザインボックスの代表 行方さんと食事に出かけてきました。名古屋のことなら任せてという彼女から指定された店は、栄にある"博多串焼き 八乃助"。地下鉄矢場町駅から歩いて5分ほどの池田公園すぐ隣り。かつての憩いの場所、東急ホテルのロビーラウンジからも近く、懐かしい場所です。ミシュランガイドにも掲載されている、予約の取れない店としても有名で、この日、6時に待ち合わせて店内に入ると、ほぼ満席。煙もうもうかと思いきや、空調管理もしっかりしており、全く気になりません。最も入り口に近いカウンター席、それも狭いと不機嫌になりそうな私の気持をなだめてくれたのが、お店の方の心地良い接客。最初の料理が出された頃には、すっかり上機嫌になっておりました。たかが串焼きや、されど串焼きやです。人気店の理由は、料理だけではありません。そこで働く方の心行き。勉強させて頂きました。

20190814172554.jpg

 次に向ったのは、ここ。どこ? まるで夜行列車のバーに来ているかの、そんな雰囲気の空間。名古屋への移動手段として使った名鉄の急行電車。車内では全く不釣合いなジャケットスタイルも、この場所ならしっくりきます。良い空間です。ここはどこ?ですよね。ハイボールとワインで心地良く酔った後、向ったのは、金山にある"e oriental banquet/イーオリエンタル バンケット"。2階に広いバンケットスペース、1階では様々に演出された空間をもつフレンチ&イタリアンのダイニング・バーです。オーナー自ら案内していただき、最後に通された部屋は、

20190813_213331.jpg

 重厚なレザーソファー席のシガールーム。45年前、初めてバーを開いた際の経緯や趣味の話など、面白い話を伺いながら、勧められたのは、シガー。キューバ産コイーバを中心に10種類ほどお見せいただいたのですが、正直、どれがよいのか分かりません。唯一馴染みがあるといえば、ダビドフ。久しぶりにシガータイムです。そうなると欲しくなるのが、ブランデー。香りや味を一番楽しめる飲み方がストレート。ただ好きなのは、邪道かもしれませんが、オンザロックです。

20190814173550.jpg

 シガー片手にブランデー。それだけでも贅沢なのに、さらにサプライズです。なんと、誕生日のお祝いまでしていただきました。一ヶ月以上、みっちり働いたご褒美でしょうか。もっと素敵な大人になれよとのメッツセージかもしれません。いずれにしても、ロウソクは1本。ようやく歩き出した私に贈られたエールだと思い、かっこいいオヤジになることを宣言いたします!! ありがとうございました。

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る