妄想と物欲を掻き立てるLE PAR-DESSUS/ルーパーデッシュ&Rencontrant/レンコントラントの新顔コンビ

 着るものに困る季節です。昨日の東京出張、何を着ていようかと迷いながら東京の気温を見れば、昼間の最高気温が18度と意外に暖かい。ただ日曜日の冷え込みが未だに体に余韻として残っており、なるべく温かい服装でと思いながら、業界人らしく...なんて選んだのが、こちらでした。

005.JPG

 先日、購入したばかりですが、秋冬ものです。展示会で初めて見たときから、ときめいており、年を越してもその熱は覚めやらず。ただ新しいブランドだけにまずはお客様優先。そう自分に言い聞かせて我慢していたのは、LE PAR-DESSUS/ルーパーデッシュのダッフルコート。3月に入っても、ネイビーの48のみが、春物と並んでハンガーに掛かっておりました。これは、きっと神様が「お前が着なさい!!」と言っているのと同じ。薄い中綿入りで保温性もありながら、見た目はすっきりとしたモダンなフォルム。ざっくりしたニットやジャケットも着ることのできる、ゆったりめなフォルムと、普段使いにも旅行や出張にも申し分ありません。ただ、既に在庫がないのに、力説しているのが、ちょっぴり残念なことです。

163.JPG

 インに着たのは、Rencontrant/レンコントラントのクルーネックセーター。こちらは春の新作で、実は今日も着ており、3日連続です。ドロップショルダーのボリューミーな丸みのあるフォルムと、レーヨンと和紙との混紡素材がみせる独特な風合いが人目を引きます。夜の街で大好評だった久しぶりのモテニット。今日もこれを着て、東京でモテるぞぉ~なんて妄想しておりましたら、

20190320162323.jpg

 「よく見えたよぉ~」と調子良く送られてきたのは、富士山の写真。昨日、私より早く東京に出かけたカミさんからのLINEメールでした。妄想を打ち消し、気を引き締めて、2時間遅れの新幹線で東京に向かいました。

 正午に品川駅に着き、山手線で恵比寿駅。そこでエージェントさんと会食の為、待ち合わせです。静かな岡崎から人で溢れる都会。何度訪れても、目が泳ぎます。特に恵比寿界隈はきれいな人が多い...なんて話は置いておき、冬物のコートを着てる方が3割、春物コートが3割、残りはコートを着ていませんでした。おおよそです。出かける時はちょうど良かった私のコートも、この日の東京ではややオーバースペックだったようです。

020.JPG

 となると気になるコートが、こちら。同じくLE PAR-DESSUS/ルーパーデッシュのマウンテンパーカー。この季節から活躍するスピリングコートです。ただ残念なことに、在庫がキャメルのサイズ2のみとなってしまっていること。サイズ2と言えば、46から48に相当し、私にもピッタリサイズ。カミさんは「買ったら」と言ってくれますが、神様からの声は未だに届かずです。

025.JPG

 2019年秋冬のバイニングは、昨日の東京出張でようやく終了しました。ほぼ1ヶ月半に及ぶメイン展示会。できれば仕事から解放され、心も体も休めたい気分。そうなると色違いの静かなるブルーが欲しくなるのが人情でしょうか。現実的には無理な話だけに、せめて着るもので気分転換をしたいものです。

175.JPG

 と言いながらも仕事をしてしまう私スグル。今日、蔵庫/マガジーノのブログでご案内させていただくBARACUTA/バラクータの新作。羽織ってみれば、意外にも本日の服装にぴったり。いやはや、妄想と物欲には際限がないようです。働くしかありませんね。

体調管理は、大人の嗜みです!!

 寒の戻りに購入したのは、JACOB COHEN(ヤコブ コーエン)。コットンダックの5Pパンツです。

278.JPG

373.JPG

 夏物に比べ、ウエイトはあるものの、製品染め&洗いの抜け感のある良い顔つき。そして今、この時に穿きたい生地感です。ホワイトとブラックは完売。なぜか、このブラウンのみ在庫があります。夜の気温に合わせた服選びが基本の私スグル。昼間の気温はあくまでも参考程度。今日も、この後、フラレッスンがあり、その後の食事会に合わせています。寒さで、背中を丸めて歩くのはナンセンス。男ぶりが下がります。それに体調管理は、大人のたしなみです。

IMG_E4160.jpeg

 大人の嗜みといえば、こちらはいかがでしょうか? 遂に入荷...いや、再登場したのは【GRENFELL/グレンフェル】。何年ぶりでしょう。1890年、フェイソン・スウェイトによって設立...なんて、私のブログで紹介してはいけません。グローリーガイで展開を考えていたのですが、英国つながりのBARACUTA(バラクータ)の隣りに置くのが、理想的でしょう。明日、蔵庫/マガジーノでご紹介する予定になっています。昔を知る私がご案内するより、初めて見て感動したマスヤマとジュニアに任せたほうが、新鮮な文面になることでしょう。ご期待ください。

歳を重ねるほど、洋服を着るのが楽しくなります!!

 懐かしいブランドです。私が20代の頃、憧れていたり、愛用していたものが、再び注目を浴びています。蔵庫/マガジーノに初登場したSUPERGA/スペルガもそんなブランドです。バイニングしたのは、30代のマスヤマと20代のジュニア。彼らにとっては、新鮮に映るのでしょうね。BARACUT/バラクータも然りです。映画や音楽に敏感であり貪欲な青春時代。スターたちが愛用している写真を見て憧れたりするのは当然のことです。そんな時代は遠く昔のことですが、歳をとることで楽しみは2倍に増えました。それは、読書も同じ。若い頃に読んだ本を読み返すと、新しい発見があります。年を重ねることの楽しみです。

 そんなことを思いながら、この年齢になって、実に似合う...なんて自惚れているアイテムがあります。それは、CINQUANTA/チンクワンタのレザー。かつてピエランジェロ・ダコスティンと奥様のグン・ヨハンソンの二人が立ち上げた「hLam/ラム」。モナコへ旅した際に受けたインスピレーションからデザインされたコレクションです。特にレザーの美しさは格別で、レザーの虜となったきっかけを作ってくれたブランドなんです。ただ、このブランドが作り出すレザーはかなりマニアックでした。今は、もっとシンプルなレザーに惹かれます。EMMETI/エンメティも素敵ですが、最近はややミーハー的で、私の年齢では若いかな、なんて思ってしまいます。

022.JPG

009.JPG

018.JPG

 シンプルでエレガント、そして服に丸みがあります。その丸みがセクシーと呼べる大切なことなんです。これは人も同じ。体型ではありませんよ。心のことです。丸みがあるからこそ、人の魅力も増します。懐の深さと置き換えてもいいかもしれません。

 顔は写っていませんが、かなりのドヤ顔です。全部欲しいと思うのは、選んだ本人としては当然の思いでしょう。どれか一つに絞らなければなりません。どれにするかは内緒...というより、当面はお客様優先です。

BARACUTA/バラクータのG9という選択 いつまでも繋げていきたいブルゾンです!!

 一昔も前のことです。親父が亡くなって、1週間ほど経った頃でしょうか。母親から連絡があり、父の服の整理を頼まれたのです。「貴方が洋服屋だから、お父さんの服が一杯。整理できないから手伝って」ということでした。実家に戻り、親父のクローゼットを開けると、次から次へと懐かしいものが出てきます。「これは、あの時の...」なんて思い出に浸りそうになるのを我慢して、思い切って片付けていきます。ただ、どうしても捨てきれないものがあり、何かと言えば、BARACUTA(バラクータ)のジャンバー。親父が最も愛用していた英国のブルゾン。色違いや素材違いのG-9(ハリントンジャケット)を何枚か持って、出かける時だけではなく家にいるときでも着ていました。その横には、いつも愛犬。名前はドンでも、ウエストハイランドホワイトテリアと、こちらも英国犬。趣味の写真を撮りに出かける時や、趣味部屋で絵や習字を描くときも、G-9と共に一緒でした。

IMG_8981.JPG 

 昭和6年生まれと、昔の人ですから、お洒落には気を使っていましたが、BARACUTA(バラクータ)を知っていたわけではなく、もちろん、スティーブ・マックイーンや高倉健に憧れていたわけでもありません。憧れていたのは父親ではなく、実は、私のほうでした。当時勤めていたショップで扱いがあり、27歳の時、ようやく手に入れたG-9。「いいの着ているなぁ」から始まった親父のバラクータ好きは、それ以来、不動のものとなっていったのでした。洋服ダンスから出てきたものは、どれもが擦り切れるまで着込んだものばかり。ただ、捨てることはできません。母親が捨てていなければ、今でもクローゼットの片隅にかかっているはずです。

301.JPG

 本日の出で立ち。ジャケットの代わりに羽織ってみました。自分で言うのもなんですが、20代の頃より、はるかに似合っていました。やはり洋服は、特に不変の名品は、歳を重ねるごとに、しっくりと調和され、板についてくるものなんですね。歳はとるものです。

306.JPG

 1937年に作られたBARACUTA(バラクータ)のG-9モデル。エージェントが変わり、展開を諦めていた私ですが、どうしても諦め切れなかったのが、面白いことに、ジュニア。新たに契約を結びなおして、再び登場です。私よりも早く、若干23歳で、このブランドの虜になっているジュニア。私が父親に紹介し、また今、息子から刺激を受け、あらためて魅せられている私と、三代に亘るバラクータ信仰。参考までに、2013年春から2015年春までのブログが、こちら

320.JPG

 今春のシーズンカラーは、ラベンダー。最初は、おっと思いましたが、見慣れてくるといい色です。羽織ったら、さらに欲しくなる、そんな新しい色のG-9でした。

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

2019年秋冬メインコレクション、ご報告です!!

 春は立ったのに、この寒さ。とは言え、2月は一年の中で最も寒い月です。遂にMooRER(ムーレー)のダウンが、クローゼットから引っ張り出されました。先週の東京出張で購入を考えたStile Latino(スティーレ ラティーノ)のコート。月曜日の気温が20度近くも上がると聞いて、見送りましたが、今また物欲の虫が騒ぎ出しております。本当に活躍するのは、この時期ですから...なんて事を考えながら、2019年秋冬メイン展のご報告をしていきます。

20190204_112009.jpg

 この日、ジュニアと最初に向ったのは、グリフィンさん。CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)でお世話になっている、もう20年以上もお付き合いさせている代理店さんです。かつては、カナダグースでずいぶんお世話になりましたが、今回は、この冬より扱いを始めたPYRENEX(ピレネックス)のバイニングです。このブランドの取り扱いを強く要望したのは、ジュニア。セレクトも彼に任せます。

20190204_144635.jpg

20190204_144645.jpg

 次に向ったのは、中目黒にあるJOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)の展示会。今年の秋、新しいコンセプトで展開を予定しているショップ。その品揃えに、スメドレーは必要のようです。プロデュースは、ジュニア。ここも彼に任せます。その後、彼は英国の商材を扱う真下商事さんに行き、私はZANONE(ザノーネ)INCOTEX(インコテックス)のバイニングの為、スローウェアジャパンさんへ。ここで彼とは別れます。

20190204_212955.jpg

 定宿から見る東京タワー。私の還暦祝い?なわけはありませんが、かなりインパクトのある電飾でした。この夜は、あるエージェントさんと食事の予定をしておりましたが、先方に流行もののインフルエンザにかかられた方がおり、残念ながら延期です。仕事を終え、ホテルに戻り、夕食に選んだのは、天ぷら。カウンターで、一人、担当の?、いや、いつも3人ほどの板前さんがみえるのですが、なぜか決まって同じ方に揚げていただいています。時間は9時頃。この時間になると、空いていて、板前さんとの会話が楽しめます。やはり天ぷらはカウンターで、一人、揚げたてを食べるのが一番です。

20190205_112759.jpg

 翌朝、一番で向ったのは、南青山にあるHERNO(ヘルノ)。直営店の上がショールームになっています。担当のタカイちゃんと合流です。かなりのモデル数があり、セレクトには時間がかかりますが、決まれば早いのがグローリーガイ。その場で数量も入れて、次に向かいます。

20190205_145040.jpg

 「タカイさん、このジャケット、どう思います?」「いいんじゃない」なんて会話があったかどうかは分かりませんが、TAGLIATORE(タリアトーレ)は、グローリーガイのメインブランド。それぞれの思惑が交差します。

20190205_145016.jpg

 英国スタイルに嵌っているジュニアは、トレンドと上手くかみ合っており、すんなりと着用分を決まったようです。このあと、同じビルにあるPT01(ピーティーゼロウーノ)に向かいましたが、そこでも、かなり英国色の強い柄行きのパンツを選んでおりました。

20190205_175641.jpg

 二日間のバイニングに疲れた私は、セレクトをタカイちゃんに任せて、椅子で休憩。新しく取り扱うことになったJoshua Ellis(ジョシュア.エリス)。JOHNSTONS(ジョンストンズ)の対抗馬だけに、かなり真剣に、そして慎重に選んでおります。

20190205_175628.jpg

 英国物を多く取り扱う代理店さんだけに、ジュニアの目は輝いておりました。そして見つけたのが、このニットブランド。現在、検討中ですが、たぶんいきそうです。

 今週から、蔵庫/マガジーノのバイニングも始まります。蔵番のマスヤマも同行です。そして、火曜日は東京、木曜日は大阪と、暫くは、東奔西走です。またご報告させて頂きますね。

 

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る