出勤前のお花見は、岩津天満宮の梅の花。遅咲きの花が美しい!!

 玄関を開ければ、冷たい風に再び家の中に戻されます。自宅の横に駐車場が確保できた為、以前のように歩く必要がなくなったものの、向う場所が山手にある岩津天満宮。きっと寒いだろうなとコートを羽織って出かけたら、山裾にある我が家とは違い、風もないポカポカ陽気でした。早速、梅園を散策です。

20170317_094551.jpg

 既に満開は過ぎましたが、遅咲きの花が見ごろです。春の穏やかな空気の中、白や紅の花の色が、澄んだ青空と美しいコントラストをとります。梅の香りは...残念ながらでしたが、木に咲く花は生命力と可憐さの両方を感じることができ、父が好きだった理由が、ようやく分かるようになりました。

20170317_102308.jpg

 時間は9時半。この時間は境内も静かです。昨夜、久しぶりのスナックで、美しいお姐さん方とデュエットしていた自分が恥ずかしい...なんて思えてしまうほど、厳かな空間。感謝の気持ちを込めて、しっかりお参りしてきました。

20170317_095445.jpg

 境内に咲く紅梅。こちらは妖艶な美しさでした。お参りしたら、直会(なおらい)です。直会とは、神社に於ける神事の最後に、神事に参加したもの一同で神酒を頂き、神饌(供え物のこと)を食する行事。本殿と神楽殿横に隣接する「余香殿なおらい」さんに入れば、

20170317_095918.jpg

 語らい処に囲まれた中庭には梅の古木があります。この木に咲く花は、"白玉の花"と呼ぶそうです。生憎、散り始めていました。

20170317_100456.jpg

 そして私が、直会で頂いたのが、甘酒。いつもなら珈琲を頼むのですが、昨夜の余韻を惜しむかのごとく、朝酒?を注文です。

20170317_100504.jpg

 暫く来ないうちに、こんなメニューまでが。大好物なカツカレーにカレーうどん。いやいや我慢です。昼までには、まだ時間がありますし、それに今から出勤です。次回の楽しみに取っておきましょう!!

 "美しや 紅の色なる 梅の花 あこが顔にもつけたくなるぞ" 菅原道真公が5歳の時、庭前の梅の花を見て読まれた詩です。道真公の幼名は、「阿呼(あこ)」。庭に咲く紅梅の花を見て、その花びらで自分の頬を飾りたい...いや、5歳の子供が読むにはませた詩ですが、天神様と梅の花との因縁の初めなんですね。そういえば、我が家の家紋も「梅鉢紋」。なにか因縁でもあるのでしょうか。

昨夜、おにがしまに行って来ました!! 見て聴いたのは、"スーパーギタートリオ"、食べたのは、手打ちうどんです。

 昨年11月から始まった2017年から18年にかけての秋冬物のバイニング。いつもながらの長丁場でしたが、ようやく一段落。先週は疲れ知らずの岩手への旅を決行。旅日記をそろそろ書こうと思っておりますが、その前に昨夜、面白いライブがありましたので、その模様をご報告します。

20170315100408.jpg

 岡崎市の隣街、安城にある手打ちうどんの「おにがしま」さんで行われた"スーパーギタートリオ"のライブ。ピアニストである妹、まゆみと心友の村岡氏とで結成する女は50歳からの意味で名付けられた「Duo ごじゅう~」。その元となる「あたたかい会」が主催です。

20170314_193516.jpg

 ジャズのスタンダードを中心にオリジナル曲をふんだんに取り込んだギター演奏。一つの曲の中に様々な曲が入り込むアンサンブルな演奏。3人のアドリブとパロディの面白さ、またトークの掛け合いも絶妙で、ギタートリオの前にスーパーが付く理由に納得です。この場所が、うどんやさんではなく、まるで中尊寺の金色堂の中で演奏されている...そんな錯覚に陥ってしまうほど神がかりなライブでした。

20170314_212530.jpg

 家族との写真にも、こんなポーズで応えてくれました。どうです。3人とも神がかりでしょ。演奏している時よりも人間離れしておりました。写真左の中村さんは40代。センターのトニーさんと小笠原さんは50代。今からです。オトコは60歳からですから、この後のご活躍が楽しみです。

20170314_212708.jpg

20170314_212909.jpg

 いかがでしょう。ここは間違いなく、うどん屋さん。フラのイベントも開催されていることもあり、家内から話は聞いていましたが、訪れるのは初めて。行きつけのうどん屋さんが店を閉めてしまったので、うどんを食べるのは久しぶり。大好物の親子丼定食を注文し、家内が頼んだカレーうどんと共に美味しく頂きました。場所は、愛知県安城市池浦町池東20-1 0566-93-9797。

 今年のイブパーティー、もしかして""スーパーギタートリオ"と共に過ごすことになるかもしれませんね。

 

インドア派からアウトドア派への転向!? これもフラ効果です!!

 我が家には、広い玄関に備え付けたアウター・コート専用のクローゼットがあります。なんて、いきなり自慢話になっておりますが、家を作る際に拘った箇所です。レザーやウールのコートは別として、ウインドブレイカーやダスター・レインコートは、靴と同じように部屋の中に持ち込まず、玄関で収納するのが理想です。ましてやオイルドコートを部屋に持ち込むなんて、もってのほか。オイルでモノが汚れるし、匂いはするしで、家族から不興を買うのは目に見えています。最近はオイル抜きもあるようですが、本来、納屋にかけておくものです。昨年の初秋に15歳で逝った愛犬シェリー。彼女の散歩と共に歩んだ歴史あるナイロンブルゾンは、取り残されたようにハンガーに淋しくかかっていましたが、先日、思い切って片付けてしまいました。今、かかっている私のコートと言えば、ミドルとロングのトレンチコート、そして合いと中綿入りのレインコートコートのみ。部屋の横にあるクローゼットにはダッフルコートやセミチェスターコート。一着、ロングのウールダウンコートがありますが、後はレザーばかりです。見渡せば、季節の入れ替えの為に、倉庫で作業するショート丈のアウターがない...、まだ寒いし...という事で、ISAIAのジャケットを購入して以来の買い物です。

20170201_122115.jpg

 手に入れたのは、invicta(インヴィクタ)の中綿入りフーデットブルゾン。シンプルなデザインです。顔入りの写真も撮ったのですが、どうもこの手のアウター、今一つ似合わないんですね。でも、今年はアクティブに行動と、実は封印していたゴルフなんかに再度トライしようかなんて考えていたりもします。そのためには練習。フラ効果の波及は、夜だけアウトドア派?だったインドア派の私をどうやら変えようとしているようです。まずは、このブルゾンが似合うように体を鍛えなければなりません。今夜もこれを着て、夜の街へ出陣、いや倉庫に行って参ります!!

"ALL YOU NEED IS LOVE 愛こそはすべて"がテーマの「イブに集う愛ある宴」のご報告です!!

077.JPG

 24日に行われた"イブに集う愛ある宴(うたげ)"。今回、カメラを任せたのは、ジュニア。最初に写っていた写真が、受付を任せたマスヤマとのツーショット。蔵庫/magazzinoの鍵番の二人。相変わらず、少しだけピントのずれた名コンビです。

 今回は、ジュニアがカメラに収めた写真をもとにご報告していきます。

079.JPG

 会場となったのは、グローリーガイと同じ敷地内にあるワークスタジオ。8時の閉店を待っての設営。既にご来場されているお客様もあり、大慌てです。

084.JPG

 ほぼ会場が整い、ライトが落とされると、宴の始まりです。クリスマスソングが流れる中、階上にはサンタも登場です。

107.JPG

 宴には絶対に欠かせない料理。このイブの繁忙期に店を閉めて、協力していただいたのは、いつものイタリアンこと「ワインとイタリア料理 Maru'es マルズ」さん。岡崎で最も予約の取れない人気店。大人のオトコ達の癒しの場所でもあります。打ち合わせの際に、彼女が拘ったのが、照明。料理が美味しく見える空間作りは、料理に対する情熱以上でした。

086.JPG

110.JPG

 皆さん、食欲旺盛。いや、この料理なら、当然です。

112.JPG

 あれよあれよと言う間に料理が減っていきます。

103.JPG

 それを見て、いかん! と思ったのかどうか...は分かりませんが、こんな写真が。ジュニアの皿でしょう。かつてのパーティーで、接待に追われ、何も食べれなかったことがあり、今回はその経験を生かしたみたいです。

159.JPG

196.JPG

161.JPG

 ワークスタジオの一角にあるBIO カフェ。私のサボり場として大切な場所です。今宵は、一夜限りのバーに。

180.JPG

 会費3.000円。飲み物代は別です。飲みたい方、そうでない方と、それぞれです。飲兵衛さんは、ツケで飲んでました。

122.JPG

 9時を回った頃、なにやら会場がざわつきだします。そして、ある方向に視線が集まります。

128.JPG

136.JPG

137.JPG

 今宵のサプライズは、フラ。カシェートスタジオでインストラクターを務める瀬尾さん。その背後、階段の踊り場で踊る私スグル。特訓の成果は出た?ようです。ただ、気になるのは、タカイちゃんの頭。それに全然見てないじゃん!! と責めようと思ったら、

20161229132657.jpg

 彼の携帯にちゃんと写真がありました。よしよしです。

141.JPG

 挨拶の前の余興。これで、どこに出ても、笑いは取れるはずです。

189.JPG

215.JPG

 そして舞台は、2部へと。妹がピアニストのおかげで、音楽には困りません。ミラノ在住のオペラ歌手、加地早苗さんとも妹を通じて知り合いになれました(SUGURU blog 1月6日、1月23日、5月8日)。また6月に行われた、"健康な心と体は食から"を掲げた「あたたかい会」主催の料理教室。そのイベントの一環として行われたミニライブで知り合った岡崎在住の三祢沢(みねさわ)信(のぶ)氏。妹とのコンビが見事でしたので、その場で今回の演奏を依頼。ドラムとパーカッションを同時に使って不思議な調和やバランスを生み出します。ヴォーカルの村岡千佳さんは、妹の幼馴染。ボランティア活動「あたたかい会」代表で、健康・美容面のアドバイザーとして活躍されてもいます。妹と結成した「Duo ゴジュウ~」として参加していただきました。私を近所のガキ扱いする優しい姉のような存在です。

179.JPG

 2部は、妹の作詞・作曲したオリジナル曲を中心に「Duo ごじゅう~」のオリジナルフラを瀬尾さんが踊ります。"大切なあなたへ""風が""和子へ"と、瑞穂から流れる曲に合わせて踊る彼女。中には涙される方もあるほどです。

098.JPG

099.JPG

100.JPG

 会場に目を移しましょう。気になる写真がありましたので、ご紹介を。オヤジたちの会話にひたすら耳を傾けてくれる若い女性が目に留まりました。実は4日前が父の命日。お寺さんも世代交代で、ここ1、2年ほど息子さんがお経を読んでくれます。この日も般若心経、観音経を読んだ後、雑談になり、パーティーの話をしたら、新婚ほやほやの奥様を連れてご参加いただきました。こういうひとコマは嬉しいもの。ついつい写真を3段で載せてしまいました。

181.JPG

 飲み仲間の辻観光の辻村君も駆けつけてくれました。今年は慰安旅行がなく、いつもの楽しみがなくなってしまいましたが、年が明けたら、企画しましょう!!

191.JPG

 3部は、再びクリスマスソングで。アメリカ人のアダムは、♪サンタが街にやってくる♪を熱唱。フラを習っている彼には来年こそ踊ってもらいましょう。暑がりな彼にとって、この衣装は大変。最初から最後まで、場を盛り上げていただき、ありがとうございました。信さん、Duo ごじゅう~からのお二人、瀬尾さん、素敵なライブをありがとうございました。

199.JPG

 もう一人のセクシーなサンタさん。彼の苦労も、これで報われたことでしょう。この女性、誰?って訊かないでください。確か、マルズさんで隣の席になったことがあるのですが、酔っていて記憶が...。そんなことはありません。ちゃんとお客様がエスコートされてこられた女性です。寒い中、ありがとうございました。

239.JPG

 ベストドレッサー賞は、この方々でしょうか。MEN'S EX 10月号に特集された「お洒落道場」。堂々の段位認定と免許皆伝を授かった小木曽様と片岡様。そしてエントリーしていれば、間違いなくトップを飾ったであろう尾野さん。素敵な奥様と参加してくださいました。ありがとうございます。

211.JPG

 遠慮がちに撮ったカメラマンのジュニア。もっとお客様の懐に飛び込まなければいけませんね。次回は、きっとご来店された方々のスナップ写真を沢山撮ってくれることでしょう。浜松からお越しの中村様ご夫妻、浅井様、村瀬様、大野様、稲垣様、太田様、柘植様、仲川様、柴田様、須磨様、奥村様、本田様、平野様...すいません。略させていただきます。皆さん、ご参加ありがとうございます。

190.JPG

 後姿になってしまいましたが、仕事を終えて参加してくれたナノユニバースのスタッフの面々。若い人たちがもっともっと参加して盛り上げてくれるといいですね。すばやい動きで後片付けしてくれて、ありがとう!! ベージュのジャケットを着たワークススタジオの館長である丹羽さん。控えめながらも、今回のパーティーで最も骨を折っていただいた方です。心より感謝しています。

152.JPG

 マルズのシホさん。美味しい料理をありがとう!! 手作りの味は、愛の味でした。

170.JPG

 いつものカフェを素敵なバーに変えてくれた輔くん。助かりました!! そして、お手伝いをしてくれた、3匹のオヤジ会に時折参加してくれる深津ちゃん。遠慮してカウンターに控えていますが、ありがとう!!

171.JPG

 そろそろ宴もたけなわです。私ども3店舗のご挨拶です。

163.JPG

 グローリーガイ、カシェート、そしてマガジーノ。2017年、共通のテーマは、"All You Need is Love 愛こそはすべて"です。洋服への愛、仕事への愛、家族への愛、友人への愛、隣人への愛、地球への愛など様々な愛があります。私たちは、そんな愛にスポットを当てて、皆様に発信していきます。

252.JPG

263.JPG

1482620913356編集.jpg

 愛というテーマを言葉ではなく、踊りで表現すると、こうなります。表現者はカシェートスタジオでZUMBAズンバとリラクゼーション&ストレッチのインストラクターを務める星野さんとオーナーのスグルです。

 残り少ない2016年、迎える2017年、愛で乗り切りましょう!!

冬籠もりの時季!? でも購買意欲は、一向に下がりません!!

眠いのです。出だしから不謹慎な話ですが、とにかく眠いのです。季節が更に進んだ昨日から、特にです。昨日も午後から欠伸が止まりません。ブログを作っている際にも何度も居眠り。当然、集中力もなく文が進みません。実は昨日立ち上げるはずのARALDI1930も今日の午前中にアップした次第です。まるで冬眠、いや冬籠もりと言った方が正しいかもしれませんが、冬の寒い間は活動を低下させていくほうが理に適っているのかもしれません。逆に、地中の虫たちが活動を始め、草木が萌え芽ぐみ、花がつぼみをつけ、満開になる春から初夏にかけて、今度は眠れません。眠れないと言うより眠くないのです。睡眠時間が2.3時間でも平気で仕事をしてます。友人が冗談で、発情期?なんて冷やかしますが、それは年中です(笑)。いずれにしろ自然に逆らわず、無理をせずに生きていけたらいいですね。

 本日も皆さんの「いいね」の賛同を頂きたく、自己主張をさせていただきます。

002.JPG

 昨日の出で立ちです。本当はARALDI 1930の財布に合わせて、ネイビー系のコーディネートをしてきたのですが、うまく繋げることが出来ませんでした。眠さのせいです。

033.JPG

 自慢したいのは、ニットとパンツ。11月も後半になって、ぐっと購買意欲が湧いてきた私スグル。以前から気になっていたZANONE(ザノーネ)のVネックを購入。アンゴラ混の起毛感と結晶のような地柄がクリスタルな妖精のようです。そして合わせて購入したパンツは、PT01(ピーティーゼロウーノ)。ウール・コットンのデニム調のストレッチパンツです。冷たい朝、足入れが優しく、ズボン下要らずの温かい肌触りです。ラフさの中にきちんと感もあり、今の気分にぴったりのパンツ。ありがたいことに店頭で穿いているとよく売れるのです。事務所に引っ込まずになるべく多く売り場に出たほうが良さそうですね。

 ジャケットはMONTEDORO、シャツはBARBA、チーフはFRANCO BASSI、ベルトはTIBERIO FERRETTI、靴はParaboot、全て私物です。

005.JPG

 そして本日の出で立ちが、こちらです。テーマはキャメルを使ったコーディネート。トレンドカラーのキャメルは、やはりグレイやブラックと合わせると映えます。昨年購入したZANONE(ザノーネ)のタートルネックの下にBARBA(バルバ)のシャツを着て、BOGLIOLI(ボリオリ)のブラックジャケットを羽織りました。ボトムはSIVIGLIA(シヴィリア)のグレイパンツ、足元はキャメルに合わせて、最近出番の多いParaboot(パラブーツ)のブラウンのサイドゴアブーツ。唯一、私物ではないのが、手に持ったZANELLATO(ザネラート)のポスティーナ。ほぼ購入が決定しておりますが、ライバルは、

IMG_5267.JPG

 同じポスティーナのこちらなんです。洋服や靴に季節があるように、バックも衣替えしたい時があります。ビジネス用は別として、オフに使うバッグは尚更、季節感を出したいですね。ベロア素材のカモフラージュ柄にするか、ゴブラン織り風のオリエンタル柄にするか、悩むところです。店頭在庫の状況をみて、近日中に決めます!! 自分の物を選ぶ時は楽しいですね。ただセレクトの決め手が、自分が好きであるか否かなので、店頭の全てが愛おしいものばかり。冬籠もりになっても購買意欲だけは一向に下がりません。

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る