25年に感謝です。そして、これからの「時」に夢膨らませて...

1952年、ハリウッドの小さなスタジオでは、チャップリンの最新作「ライムライト」の撮影が行われていました。当時、映画雑誌の編集者であった淀川長治氏は、この最も敬愛するスターを取材する為、現場を訪れていました。

 Time is the best author. It always writes the perfect ending. 時とは偉大な作家だ。若い人を一緒にし、老人を去らしていく。(訳:淀川長治著【「生きる」という贅沢 私の履歴書】より)

 有名なこの台詞のシーンに立ち会った淀川氏は、思わず涙を流しました。撮影を終えたチャップリンは遠来の淀川氏に近づき聞きました。
 「君は何故泣いているの?」
 淀川氏はスタジオの一点を指差して言いました。
 「マイク」
 チャップリンは偉大なるパントマイム(無声映画)の王様。時という作家は、映画に「音」を書き入れ、この王様に自らの声で芝居をさせている。
 チャップリンは淀川氏を抱きしめ、氏が持参したチャップリン自伝にこうサインしてくれました。
 To my friend と

 一瞬の今、一秒前は既に過去。私たちは時の絶大な流れの中で生き、様々な出会いを繰り返し、いつかは後進に道を譲ります。その流れに添い、或いは逆らい、己の生き様を追い求める日々。裸身に布を纏うことで、人であることを表現してきた服飾の歴史の先端に居るという自覚と共に。

 グローリーガイは、25周年となりました。
 皆様との接点は、常に洋服。そして、そこに在るのは二度と手に入らない至福の「時」の共有でした。この後、皆様との「時」は如何に広がってゆくのか、夢はさらに拡がります。

 皆様の多大なるご愛顧に 心よりの感謝を込めて。

                               2015年4月 グローリーガイ代表 村主 博

 

久しぶりのブログ更新です!!

 久しぶりの更新です。とは言え、殆ど毎日のようにブログを書いているので、実感がないのが正直なところです。今日はタカイが商品紹介をさせていただいておりますので、いつもより時間がとれます。少し思いのままに綴ってみようかと思っています。

 最近、嵌っているものと言えば、カート。ショッピングカートではありませんよ。レーシングカートのことです。

20150422_174627.jpg

 私のデスク横に飾ってある写真です。現在、蔵庫/マガジーノで見習い中の息子が3歳ごろでしょうから、16年ほど前。当時、趣味で乗っていたLotus Seven Sr3に満悦の二人。この後、息子はエンジンの音にびっくりして、大泣き。二度とこの車に近づきませんでした。今ほど忙しくなかった当時は、休みになると、あてもなく野山をかけ、途中、お茶を飲んだり、露天風呂に入ったりと、今思えば贅沢で、 のんびりとした時間を過ごしていたんですね。

20150127_150524.jpg

 そして今は、髪の毛を労わってヘルメットを...違います!! レーサーです。チーム名は、もちろん「チームSUGURU」。ただメンバーは、まだ息子と二人。近いうちにナグラが参加するはずです。

 もう一つ嵌っているのが、黒。ブラックです。

 黒に嵌るのは、学生時代...学生服ではありませんよ。大学の頃です。赤のスイングトップ(ジェームスディーンに憧れて)と黒の革ジャン(マーロンブラ ンドに憧れて)は、青春のブルゾン。ちょっと不良を演じたい年頃の憧れの黒は、Tシャツであり、またブーツでありと、様々なアイテムにまで飛び火していっ たんですね。服飾の仕事を始めた頃からめっきり着なくなった黒。今、不思議とマイブームなんです。

122.JPG

 EMMETY(エンメティ)のレザー。昨年購入。写真は今季の物です。

125.JPG

127.JPG

 新作にかかる「スタッフ着用制限」が解けました。その勢いで購入したCruciani(クルチアーニ)の27GクルーネックニットとTAGLIATORE(タリアトーレ)のウールホップサックブラックジャケット。ジャケットは、今週の土曜日に開くグローリーガイ25周年のパーティでデビュー。この春夏は、ブラックで妄想します。

 

程よい距離感と気配りは、居心地の良い空間を作ります。

 只今、2015年秋冬展示会の真っ最中。3週続けての東京出張は、日帰りの時もあれば、一泊、二泊の時も。この時期、決まって寝不足になるのは、 頭の中が仕事のことで一杯になるせいでしょう。失敗の許されないインポートの仕入れ。セレクトする際の集中力とオーダー後の自問自答。仕事が終わっても、 興奮は冷めやらずです。特に寒い、この時期の展示会は、体調管理が大切。大体、体調を崩すのは、連泊の際。ホテルの部屋の暖房による乾燥と寝不足は、風邪 引きの大きな原因になります。

053.JPG

 バスタブにゆっくり浸かって、体の疲れをとり、気持ちをリラックスさせます。そして、そのまま湯をため、浴室のドアを開けておきます。これだけでも乾燥を防ぐことはできますが、まだまだ充分ではありません。

050.JPG

  加湿器は必要です。部屋によっては付いてていません。この日もチェックインする際に、フロントに頼んだら、すぐに手配してくれました。3年以上、定宿にし ているホテルだけに、最近はスタッフの方とも顔なじみに。多少の我儘?も聞いてくれます。ある程度、気に入ったなら、とことん利用することで、さらに良い サービスが受けられるのはホテルだけではありません。ホテルの中ですが、朝食で選んでいる和食屋さんも連泊の際には、メニューを変えてくれます。暇な時な ら、女性スタッフの素敵な笑顔と共に会話を楽しむこともでき、程よい距離感を保ちながら、気にかけてくれるおもてなしは、とても居心地の良いものです。ホ テルは、出張先の勝手知ったる我が家のようなもの。良い仕事をする為にも、体調管理のためにも疎かにはできませんね。

「毎日が地獄です」...第4回グローリーガイ慰安旅行最終報告

20141210_143142.jpg

  大分と言えば、源泉数、湧出量ともに日本一を誇る別府温泉。最後の目的地に到着です。ここは、露天風呂。それも混浴...なんちゃってです。名勝「海地獄」で す。今から約1300年前、鶴見岳の噴火によりできた熱湯の池で、海の色に見えるところから名付けられたそうです。間違って入ろうものなら、温泉玉子状 態。なんせ、湯の温度は98度もあるんです。

IMG_0814.JPG

 この感動は、彼に表現してもらいます。

IMG_0817.JPG

IMG_0818.JPG

IMG_0819.JPG

 こんな感じです。相変わらず、カメラマン、タカイが撮った写真にダントツの多さで登場しております。

 そして、この方にも、

IMG_0815.JPG

IMG_0816.JPG

  コメントしづらいリアクションです。この方、私のブログによく登場するので、既にご存知の方も多いかと思いますが、念のために。もちろん、スタッフではあ りません。アパレルのフランチャイズ業界の中では、とても有名な方。昨年もファッションビジネス専門誌「繊研新聞」の一面を飾っておられました。業界の方 なら、「どこかで見かけたような...」と思うに違いありません。25年来の友人で、ここ竜美丘ガーデンプレイスのデベロッパーでもあります。街外れの住宅地で静かに商いをしていた私をたぶらかして?、こんな賑やかな場所に引っ張り込んだのも彼です。でも今のグローリーガイがあるのは、この方のおかげですね。感謝しております。

IMG_0850.JPG

 女性が一人、ポーズを撮りながら自画撮りをしています。美しい方です。ただ、声をかけたら、そこから恐ろしいことが始まる予感が。そう、ここは名勝「血の池地獄」。

IMG_0841.JPG

 鬼が出て、地獄で血祭りに上げられてしまいます。「くわばら、くわばら」です。ここは"触らぬ神に祟りなし"の精神を貫き通しましょう!

 切角ですので、ナグラさんの意見も聞いてみます。

20141210_151513.jpg

 だそうです。

IMG_0845.JPG

 「また、後ろからっ!」。いや、私の横にいるのは、タカイ。ということは、誰が撮ったのでしょうか?まぁ、この角度なら大丈夫ですが...。先程、自画撮りしていた女性が足湯をしておりましたので、急ぎ、靴と靴下を脱ぎ、裾をまくりましたが、ほんの数秒差です。行ってしまわれました(涙)。

 福岡、佐賀、大分と九州3県にまたがっての一泊二日の旅。欲張りな日程でしたが、この場所を後に福岡空港に戻ります。

20141210_145740.jpg

 今回の旅は、どうでした?  ナグラさん。

 地獄と反対の天国にいるような気分でした!!

 そんなに良かったの?

 いやぁ、美女に囲まれて、幸せでした!! まるで夢の中にいるような...

IMG_0855.JPG

 それって、夢でしょう。ナグラさんの隣りにいつもいたのは、この二人ですよ。

  ・・・・・

IMG_0864.JPG

 無事、名古屋空港セントレアに到着です。年を跨いでの旅報告。お付き合い頂き、ありがとうございます。第5回の慰安旅行が実現できるように、今年も皆で頑張ります!! 応援、よろしくお願い致します。

 

向うは、大分。その先にあるものとは...第4回グローリーガイ慰安旅行報告、2日目の巻

16歳の時、初めての一人旅で選んだ地が、九州北部。名古屋から、19時ちょうどの夜行列車"阿蘇"に飛び乗り、鳥栖に着いたのが昼頃。自由席に座 り続けた長旅の最初に降りた駅が鳥栖でした。今では長崎道、九州道、そして大分道の分岐点として九州最大の交通の要衝として知られています。福岡から佐賀 に、そして再び福岡・博多で宿泊した私たちが次に向かったのが、大分。この鳥栖のJCTを西に向い、山越えをすれば、大分に着きます。

IMG_0789.JPG

 相変わらず、夢の中のナグラさん。よく寝ます。それにしても、タカイの撮った写真の中で、ダントツに多く写っているのが、彼なんですね。どうも気になる存在のようです。

IMG_0769.JPG

IMG_0787.JPG

 途中、立ち寄ったのが、九重"夢"大吊り橋。長さ390m、高さ173m、幅1.5mの日本一の人道大吊橋です。

IMG_0758.JPG

 素敵な表情のナグラさんとは異なり、どうしても後姿です。これからは、撮影禁止にしました。

IMG_0773.JPGIMG_0774.JPG
IMG_0776.JPGIMG_0775.JPG

 その後に写っていたのが、自画撮りの4枚。省略せずに載せてみました。カメラマンの辛さは、よく分かりますが、何も4枚撮らなくても...。

20141210_121143.jpg

 ♪岬巡りのバスは走る~♪なんて、岬ではありませんが、煙を吐いて登っていくバスの後ろで、山本コータローさんの歌を思い出します。当時、失恋した後の九州一人旅。この歌が流行ってただけに、当時の気持ちが蘇ります。

20141210_121204.jpg

 そんなセンチメンタルな気持ちも束の間。このダンスをする男女の案山子を見て、スケベ笑い。う~ん、オヤジにはなりたくないものです。

IMG_0794.JPG

 大分に入り、別府大学駅近くにある「いけす割烹平家」が、本日の昼食場所です。

20141210_131009.jpg

 玄関前には掛けられた、歓迎「グローリーカイ様」。指2本のちょんちょんで、正解です。

20141210_131456.jpg

 目的は、大分の佐賀関で水揚げされるサバ「関さば」。水産品の高級ブランドとして知られています。旅の醍醐味は、その土地の食材をプロの料理法で食べること。旬のものなら尚更です。

IMG_0802.JPG

 三河湾に面した一色出身のマスヤマ。あっという間に完食。そういえば、タカイは焼津が故郷。二人とも海が近いだけに、魚は身近な食材です。眠りから覚めたナグラさんは、食欲旺盛。欲の深いお方です。

IMG_0795.JPG

 もう後姿とは、おさらば。カメラマン交代ということで、ナグラサンがカメラを向けているところを撮ったタカイ???

 食べ過ぎたせいでしょうか。お腹辺りが...。いや、隣りのふくよかな方にあやかりたくて、真似をしてみましたが、どうも貫禄がないようです。

 この後、今回の旅の最後に向ったのは...。次回が最終回です。もう暫く、お付き合いください。

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る