BARACUTA/バラクータのG9という選択 いつまでも繋げていきたいブルゾンです!!

 一昔も前のことです。親父が亡くなって、1週間ほど経った頃でしょうか。母親から連絡があり、父の服の整理を頼まれたのです。「貴方が洋服屋だから、お父さんの服が一杯。整理できないから手伝って」ということでした。実家に戻り、親父のクローゼットを開けると、次から次へと懐かしいものが出てきます。「これは、あの時の...」なんて思い出に浸りそうになるのを我慢して、思い切って片付けていきます。ただ、どうしても捨てきれないものがあり、何かと言えば、BARACUTA(バラクータ)のジャンバー。親父が最も愛用していた英国のブルゾン。色違いや素材違いのG-9(ハリントンジャケット)を何枚か持って、出かける時だけではなく家にいるときでも着ていました。その横には、いつも愛犬。名前はドンでも、ウエストハイランドホワイトテリアと、こちらも英国犬。趣味の写真を撮りに出かける時や、趣味部屋で絵や習字を描くときも、G-9と共に一緒でした。

IMG_8981.JPG 

 昭和6年生まれと、昔の人ですから、お洒落には気を使っていましたが、BARACUTA(バラクータ)を知っていたわけではなく、もちろん、スティーブ・マックイーンや高倉健に憧れていたわけでもありません。憧れていたのは父親ではなく、実は、私のほうでした。当時勤めていたショップで扱いがあり、27歳の時、ようやく手に入れたG-9。「いいの着ているなぁ」から始まった親父のバラクータ好きは、それ以来、不動のものとなっていったのでした。洋服ダンスから出てきたものは、どれもが擦り切れるまで着込んだものばかり。ただ、捨てることはできません。母親が捨てていなければ、今でもクローゼットの片隅にかかっているはずです。

301.JPG

 本日の出で立ち。ジャケットの代わりに羽織ってみました。自分で言うのもなんですが、20代の頃より、はるかに似合っていました。やはり洋服は、特に不変の名品は、歳を重ねるごとに、しっくりと調和され、板についてくるものなんですね。歳はとるものです。

306.JPG

 1937年に作られたBARACUTA(バラクータ)のG-9モデル。エージェントが変わり、展開を諦めていた私ですが、どうしても諦め切れなかったのが、面白いことに、ジュニア。新たに契約を結びなおして、再び登場です。私よりも早く、若干23歳で、このブランドの虜になっているジュニア。私が父親に紹介し、また今、息子から刺激を受け、あらためて魅せられている私と、三代に亘るバラクータ信仰。参考までに、2013年春から2015年春までのブログが、こちら

320.JPG

 今春のシーズンカラーは、ラベンダー。最初は、おっと思いましたが、見慣れてくるといい色です。羽織ったら、さらに欲しくなる、そんな新しい色のG-9でした。

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

  • 1

SUGURU BLOG

カテゴリー

TWITTER

feed

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る