マガジーノ featuring ナグラ先輩です。

DSC_018765432411.jpeg

 今日は、グローリーガイのナグラ先輩に着用モデルを務めてもらい、ご案内を試みます。2週間前にナグラ先輩に出演してもらったところ、いつもと違って面白かったとか、体型が違う人を見れて参考になった...などの声が上がりましたので、リピートです。このまま人気コーナーになるかもしれません。

 まずお見せしたいのは、

fullsizeoutput_287c.jpeg

 CIRCOLO 1901/チルコロのグレンチェック柄ジャージースーツ(上下別売り)です。ジャージー素材のラフな着流しスーツですが、いつもスーツやジャケットをクラシックに着こなすナグラ先輩だけに、程よいラフ感に。シワを寄せたり・動きを加えていただくのも、それはそれでチルコロらしさが出ますが、一方で、このクラシック風な雰囲気もチルコロらしさ。個人的には、この写真、とても気に入っております。

DSC_0417.jpeg

 カフェでも、酒場でも。何気なく腰掛けているだけで、不思議と絵になるのは、セットアップの不思議な魅力...なんでしょうね。

DSC_0423.jpeg

 身長158cm・体重53kg・胸囲88cmで、上下ともに42サイズを着用。中のタートルネックはmorgano、靴はDOUCAL'Sのチャッカブーツです。

  

 今度は、もうちょっとスポーティに。

DSC_0436.jpeg

 良いのが撮れました。スポーティ&エレガントな雰囲気を演出してくれるのは、EMMETIのレザージャケット。スーツでクラシックな日もあれば、レザーでラフな日もあると、メリハリの効いたファッションを楽しめそうですね。

fullsizeoutput_1ee9.jpeg

 ここでちょっと割り込みです。ナグラ先輩が着ているのは、泥色(ファンゴ)とネーミングされた、薄からず・濃からずのブラウン。光沢のあるエンメティのラムレザーとは、抜群の相性を見せる色です。早々にサイズが欠けていくなか、44サイズが1点残っています。...そこで、ナグラ先輩の出番というわけです。コンパクトなサイジングのエンメティですので、42~44の方にお勧めしたいところです。

DSC_0496.jpeg

 下半身は、ウールパンツ(BERWICH)に、白レザースニーカー(Pantofola d'Oro)で、やはりスポーティ&エレガント狙いでした。

 もう少し言及しておきたいのは、パンツ。ツープリーツモデル「SCOTCH/スコッチ」は、ゆとりのあるウエスト・太ももから、裾にかけてテイパードした所謂キャロットシルエット。コンテンポラリーな雰囲気を味わえる今風な1本ながら、身長が低いと似合わないのでは...という先入観も。裾をやや短めにスッキリ仕上げておけば、背が高くても低くても、そんなに大きな差は出ません。身長158cm・体重53kgのナグラ先輩には、42サイズを着用してもらいました。

 

DSC_0482.jpeg

 白シャツを覗かせながらのニットは、Drumohr/ドルモアのケーブル編みニット。昨日の記事でも登場したお値打ちな在庫品でして、42と46サイズの在庫がございます。

 

fullsizeoutput_2635.jpeg

 グローリーガイ、カシェート、マガジーノの3店舗の在庫品が、「蔵」ことマガジーノに大集合しています。アウトレットの方も盛りだくさんですので、是非ともご注目ください。

ちょっとだけ前のシャツとニットでも、お気に入りの物が見つかりそうです。

 冬になると、昔の歌謡曲が聴きたくなります。石原裕次郎さんの"北の旅人"や"恋の町札幌"なんか、良いですね。ちょっと逸れますが、男性が低い声で歌う唄は、心に沁みるものがあります。ポップスの唄は高音のものばかり。それはそれで良いのですが、ナチュラルな低い声で心を込めて歌えば、これはこれでセクシー。セクシーな男の条件の一つに、セクシーな歌声を出せること...を加えても良いのかもしれませんね。

 さて。今からお見せするものに、昔...という言葉は、適当ではありません。1年、2年、3年前のものですので、ちょっと前の...の方が正確です。というのも、今お出ししている在庫品のこと。今季物と並んで動き出しを見せておりますので、ちょっとばかしブログで取り上げたくなりました。

fullsizeoutput_281d.jpeg

 【Finamore/フィナモレ】のシャツです。こちらは、すべて37サイズ。右から、マルチチェック柄ボタンダウンのストライプメランジのツイル無地ダークトーンのチェック柄。目ぼしいものがあれば、今の内に手に入れておくと良さそうです。

fullsizeoutput_2820.jpeg

 こちらは、38サイズ。右から、フィナモレのバッファローチェックに、ネル地のブロックチェック。冬らしいチェック柄やネル生地が良いですね。それから、【Giannetto/ジャンネット】の黒ネル生地シャツ。こちらはSとMサイズがございます。

fullsizeoutput_282c.jpeg

 39サイズは、1番数が多いです。右から、オリーブのネル地のブロックチェック、グリーン系のダークなチェック柄、やや薄めなグリーンの、メランジのツイル無地と続きます。

fullsizeoutput_282d.jpeg

 まだ良い物がありますよ。ブラウン系は、右がフィナモレのネル地のブラウン無地、左がジャンネットのブラウン・千鳥格子柄。プリントではなく、織りによる格子柄で、立体感があります。

fullsizeoutput_281e.jpeg

 40サイズです。左から、マルチチェック柄バッファローチェックメランジのツイル無地です。チェック柄はニットとの重ね着に。ツイルの無地は定番のネイビー。なぜか一つだけ在庫が残っています。

 寒がりの私マスヤマ。魅力的なニットには目がありません。

fullsizeoutput_282a.jpeg

 右から、ZANONE/ザノーネのアンゴラ混Vネック。編み柄とベージュの色味が目を引きます。46サイズですが、コンパクトなザノーネですので、44~46サイズの方にお勧め。左の2つは、Drumohr/ドルモア。綺麗なコバルトブルーのシャギーニットに、ほんのり青みを帯びたグレイのリブ編みタートルネック。両者ともに44サイズです。

fullsizeoutput_2825.jpeg

 さり気なくキュートな雰囲気なのは、SCAGLIONE/スカリオーネのパネルボーダーのセーター。どちらもSサイズで、44~46相当です。

fullsizeoutput_2826.jpeg

 ケーブル編みのクルーネックは、Drumohr/ドルモアから。雰囲気の出るニットだけに、アウターを脱いだ後の店内着や、年末年始の室内着としても活躍しそうです。ブラウンは46サイズが、ネイビーは42と46サイズの在庫があります。

fullsizeoutput_2829.jpeg

 タートルネックとジップアップカーディガン。タートルは、Gran Sasso/グラン サッソのヘリンボーン編み柄。air woolの名の通り、とても軽いです。そして、ジップアップの方は、なんとヤク100%。うっとりするような柔らかい素材感が、何よりの魅力です。FILIPPO DE LAURENTIIS/フィリッポ デ ラウレンティスのニット。どちらも46サイズです。

fullsizeoutput_2828.jpeg

魅惑のダークグリーン、オリーブは、両者ともにDrumohr/ドルモア。リブ編みタートルネックに、変形ビスコッティ編みモックネック。またもや46サイズ。46サイズの方は、ニットが当たりです。

  

  fullsizeoutput_2635.jpeg

グローリーガイ、カシェート、マガジーノの3店舗の在庫品が、「蔵」ことマガジーノに大集合しています。アウトレットの方も盛りだくさんですので、是非ともご注目ください。

秋冬のCIRCOLO 1901/チルコロのジャージースーツは、暖かいのもメリットです。

 昨夜は、ちょっとだけ居残りをして店内整理をしていたので、ソウルをTAXIで回る番組を見逃しました。家に帰るまですっかり忘れていました。今夜はBS日テレで、『おぎやはぎの愛車遍歴』という番組があります。

DSC_0370.jpg

 久しぶりのプライベートフォトです。最近サボり気味の波乗り。というのも、冬用のウェットスーツのお尻に小さな穴が空いてしまっていて、浸水して冷たいのです。動いている内に忘れるので、平気といえば平気なのですが...。寒さに弱いだけに、億劫になっております。

 暖かい洋服に目が行く時期です。一昨日・昨日はコートを取り上げましたが、今日手に取ったのは...、

fullsizeoutput_2816.jpeg

 【CIRCOLO 1901/チルコロ】のジャージースーツ。ジャージーというイージー・カジュアルな素材を、大人が遊びで着れるようなクラシック風に仕上げる...というのが、ここのキャラクター。そんな雰囲気に洒脱感や遊び心を感じていただけると嬉しいのですが、特に秋冬のジャージー素材は、暖かいのものが多く、ここが隠れたアピールポイントになるかも...なんて。

fullsizeoutput_2819.jpeg

 肉厚なコットンジャージーの生地は、裏地も起毛しています。着心地は至って楽チンなのに、その上暖か。どちらかと言えば、春夏よりも秋冬に強い【CIRCOLO 1901/チルコロ】です。

fullsizeoutput_2141.jpeg

 シングルのジャケットは、ブラックとネイビーをご用意。

fullsizeoutput_213c.jpeg

 丁度良くラフな感が、飲みに行く時なんかピッタリ。よく外へ飲みに行くよ〜という方には、ついチルコロのジャケットを持ってきて、お勧めしている自分がいます。その他、ちょっとした集まり、旅行などにいかがでしょうか。移動の際にノンストレスだった、なんて話も聞きますし。

fullsizeoutput_24cd.jpeg

 ダブルの方は、魅惑のブラウン。ジャケット単体で使うのも、勿論お勧めです。

 

fullsizeoutput_281a.jpeg

 パンツです。こちらも同じく裏起毛で、コンフォートかつウォームなパンツであります。秋冬のチルコロの気持ち良さを味わうには、1番分かりやすい存在かもしれません。

 お見せしたいのは、ダブルのブラウンジャケットのセットアップパンツ。 

 fullsizeoutput_280f.jpeg

 今まではスーパースリムの提案が多かったですが、ほんのりゆとりのあるテイパード型のシルエットのものを選んでいます。股上深めで、ウエスト・太ももにゆとり確保したフォルムです。

 fullsizeoutput_280e.jpeg

 なので、お尻や太ももがパツッと張りにくい形になっています。ウエストは、ジャージーということもあり、やや緩め。もしサイズで迷った場合は、ご体型にもよりますが、小さいサイズを選んでいただく方が、しっくりくる可能性は高いと思います。

fullsizeoutput_281b.jpeg fullsizeoutput_281c.jpeg

 グレンチェック柄のジャージーパンツが、同じ形になります。慣れると穿きやすくてやみつきになる形で、しかもコンフォート&ウォームですので、見逃せない選択肢になるのではないでしょうか。

fullsizeoutput_24cb.jpeg

 次いでと言ってはなんですが、ジャケットです。セットで合わせると、もっと魅力的になります。42サイズもあるので、次はナグラ先輩に着用してもらおうかな、と目論んでおります。

 

fullsizeoutput_2635.jpeg

 グローリーガイ、カシェート、マガジーノの3店舗の在庫品が、「蔵」ことマガジーノに大集合しています。アウトレットの方も盛りだくさんですので、是非ともご注目ください。

 「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONSとJOSHUA ELLISのマフラー、そして、TAGLIATOREやGRENFELL、PALTOのコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

ウール素材のポロコートは、押しのブラックです!!

 家に帰ってTVをつけると、NHKのBS1で『地球タクシー』という番組がやっていました。世界中の都市の景観を、タクシードライバーという人間模様を交えながら映し出す番組で、なかなか面白い番組です。昨夜の舞台は、ダブリン。イギリスの隣、アイルランドの首都で、人口は136万人ほどだそうです。かつては西欧の最貧国とも呼ばれていたアイルランドも、今では経済発展を遂げ、ダブリンの一角にはグーグルやフェイスブックの欧州本社が立ち並ぶ未来的な街並みも。一方で、地上げによって馴染みのある地域に住めなくなった人も。また、ダブリンを2分するとしたら、のノースサイドとサウスサイド。かつては山の手のサウスサイドの方が裕福で、ノースサイドを蔑視する風潮があったとか。イギリスに対するデモの記憶や、お酒のパブの話など。今夜21時からは、ソウルが舞台のものが放送されるそうです。

 さて。今日は、自分の格好からご紹介したいと思います。

fullsizeoutput_27f6.jpeg

 冷え込みの厳しい朝でした。今季初の着用となったのは、MooRERのダウンコート。中にはZANONEのミドルゲージニット。今からこんな格好をしていては、もっと寒くなったらどうするの?...なのですが、まだ身体が冬の気候に慣れていません。それに、着用したいと思った時が、着用のベストタイミングですので、積極的に投入です。パンツは、BERWICHのワイドパンツ「lucano」。ニットとパンツがブラックですが、黒びいきのマスヤマ。自身のワードローブには、黒のアイテムがたくさん収納されています。

 

fullsizeoutput_2807.jpeg

 今日は、このウールコート。【Luigi Bianchi Mantova/ルイジ ビアンキ マントヴァ】のポロコートです。敢えてネイビーやキャメル(昨年キャメルをやりました)を選ばず、モダンなブラック1色に絞って選んだもの。好みは分かれるかもしれませんが、ブラックの持つモードなテイストやクールな表情が存分に醸し出されており、自慢の1着であります。黒好きや、黒に興味が出てきた方にお勧めしたいですね。

☞ 同ブランドでは、ロロピアーナのストームシステムのコートでネイビーとグレイのご用意があるので、一緒に注目をしてもらえると嬉しいです。

 

fullsizeoutput_27f7.jpeg

 さて。カジュアルにスタイリングを試みました。キツい印象のあるブラックですが、案外デニムや白スニーカー(Pantofola d'Oro)とよく合います。ハイゲージのタートルネック(morgano)でアダルト感を保ちつつ、ニット帽(Johnstons)で愛嬌をプラス。もっと崩したい方は、肉厚フーディにベースボールキャップ...そんな合わせにトライしてみるのも良いでしょう。

fullsizeoutput_27f9.jpeg

 カジュアルに振ったものの、ウールコートに宿った端正な雰囲気が、全体の印象を引き締めます。特に、後ろ姿が魅力的です。

fullsizeoutput_27fc.jpeg

 黒ニットに、黒パンツ。本日の服装を利用して、オールブラックで撮影。もっと明るい場所で動きを出せば良かったですね。実際はそれぞれのアイテムの素材感が異なるため、鏡の前ではもう少し格好良く見えます。ちょっとワルそうな雰囲気にしたいとき、どうでしょうか。

fullsizeoutput_2800.jpeg

 元はテイラードのきちんとしたコートですので、ドレスやエレガント系に着こなすのは難しくありません。折角ならば、オンオフでたっぷりお使いになっていただきたいと、カジュアルに振ってのご紹介となりました。

MODEL:「9202773887009」ウールカシミア ポロコート
SIZE:44 ・ 46 ・ 48 ・ 50
COLOR: ブラック(3)
MATERIAL:表地:毛90%・カシミヤ10% 裏地:肩部分:レーヨン52%・綿48% 袖部分:アセテート60%・レーヨン40% 
PRICE:¥119,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

  

fullsizeoutput_2803.jpeg

 途中で引っ張り出してきたのは、EMMETIのライダースジャケット「JURI」。これからの寒い時期は、レザーの上にコートやベスト、ダウンジャケットを重ねることをお勧めしたいところです。

fullsizeoutput_2805.jpeg

 ウールコート×レザージャケット。多少の嵩張りはありますが、問題ありません。もし予算が許せば、ウールコート+レザージャケット。ご一緒にいかがでしょうか...最後に本音が出てしまいました。

 

fullsizeoutput_2635.jpeg

 グローリーガイ、カシェート、マガジーノの3店舗の在庫品が、「蔵」ことマガジーノに大集合しています。アウトレットの方も盛りだくさんですので、是非ともご注目ください。

 「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONSとJOSHUA ELLISのマフラー、そして、TAGLIATOREやGRENFELL、PALTOのコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

コートが好きで、その中でもウールコートが好きです。

 明日、明後日と本格的に冷え込みそうですね。先週は冬の入り口などと口にしていましたが、いよいよ冬です。冬の対極は、夏。酷暑が続く夏は、可能な限り装う物を減らしたい時期。洋服屋的には最もしんどい時期かもしれません。一方で、冬。当然ながら、装う物が最も多くなる時期です。この寒さをきっかけに、冬の気分が盛り上がる方もいらっしゃることでしょう。これから年末にかけては、例年客足が増える時期でもありますし、店内には冬物が勢揃いしていますので、これからが楽しみであります。

 そんなタイミングで紹介しておきたいのは、コート。コートも色々ありますが、ウールコートが気になります。

fullsizeoutput_277a.jpeg

 コートの魅力と言えば...何でしょう。個人的には、コートが持つダンディな雰囲気...というが1番でしょうか。特に好きなのは、ウール素材のコート。ウールのきちんとした感がアダルトな雰囲気を醸し、自然とエレガントに見せてくれるから...です。

IMG_1692.jpeg

 【PALTÒ/パルト】のウールコートでした。色はキャメルで、シングルのチェスターコート型。このコートの美点は、カチッとし過ぎていないところです。ストイックにエレガンスを追求したコートも素敵ですが、本コートは、程よくエレガントで、程よくスポーティ。コートの持つ魅力を味わいながらも、気軽に着用できそうな点が、今の気分にマッチするんではないでしょうか。

IMG_1720.jpeg

 生地の素材感も、やや緩めなフォルムも、ほんのりカジュアル。ただし、襟の返り具合など、立体感が必要な部分は、きちっと作り込んできています。

IMG_1727.jpeg

 時に襟を立てて着こなしてやると◎。何気ない仕草が格好良く見えるものです。

IMG_1759.jpeg

 ここでちょっと余談ですが、中に着ていたのはSettefili Cashmereのタートルネック。カシミアのリッチな素材感も素晴らしいものがありましたが、体に吸い付くような、でも軽やかな着心地に感動しました。その他、パンツはBERWICH、ストールはnorlhaを着用しておりました。

fullsizeoutput_2307.jpeg

 滑りの良い裏地が、重ね着を容易にします。肉厚なフードパーカーに、ジャケットや薄手のブルゾンなど、重ね着を楽しむのも良いですね。マガジーノ的には、レザーの上(EMMETIのライダースJURIなどがピッタリです)に重ねるなんてのも、お勧めの1パターンです。

fullsizeoutput_2304.jpeg

 10月12日に、【PALTÒ/パルト】と出会った感動とともに、紹介記事を綴っておりました。冬本番となる今、是非ともご注目をいただきたい商品です。身長183cm・体重66kg・胸囲95cmで、46サイズを着用しています。

MODEL:「AGOSTINO」ソフトメルトン地 チェスター型コート
SIZE:44 ・ 46 ・ 48 ・ 50
COLOR:キャメル(972)
MATERIAL:表地:毛90%・ナイロン10% 裏地:ポリエステル100% 袖裏地:ポリエステル55%・レーヨン45% 
PRICE:¥118,000(本体価格)+税

*こちらの商品は、SUGURU SHOPでもご購入いただけます。
尚、商品に対するお問い合わせは、こちらまで。

 

fullsizeoutput_2635.jpeg

 グローリーガイ、カシェート、マガジーノの3店舗の在庫品が、「蔵」ことマガジーノに大集合しています。アウトレットの方も盛りだくさんですので、是非ともご注目ください。

  

 「SUGURU STORY」配信中の最新作第6弾は、"冬のコーデはこれで決まり! マフラー、ストール特集&ラグランスリーブコート特集やっちゃいました!"です。JOHNSTONSとJOSHUA ELLISのマフラー、そして、TAGLIATOREやGRENFELL、PALTOのコート&アウターと、盛りだくさんでご案内しています。この冬のコーディネートに、ぜひお役立てください。

MAGAZZINO BLOG

カテゴリー

TWITTER

  • feed
  • Facebook
  • instagram

MOBILE QR

QRコード

ページ先頭へ戻る